調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

宝塚記念出走馬フォトパドック診断2014 

2014/06/25 Wed.


 残業上がりでしたが、頑張って早起きしてサッカー見ています(笑)

 コロンビアに追加点が入りました。。。うーん、やっぱり厳しいでしょうか。

 フジさん、激励ありがとうございます。クリスマスの評価はすいません^^;

 ただ、馬そのものをみると激熱で買いたい感じはしなかったのであのような書き方になりました。それでも馬券にくるということはやはり「資質」が高いということでしょう。一流厩舎でしっかり育成されて馬のためのローテを組んできていたらもっと結果を出せている馬という評価です。馬も可哀想だよなぁというのが本音です。

◎ 宝塚記念出走馬フォトパドック診断2014

無題
先週日曜日の米子ステークス(OP特別マイル戦)で上がり3F35.5と上がりがかかっていてパワーが必須な馬場に仕上がっている印象です。しかもパワー型種牡馬ダイワメジャー産駒2頭が1着・2着。この傾向が今週も続くかが大きなポイントだと思います。


過去傾向からは,後半4Fスパート戦で小回り適性とパワーを求められる展開となるのが基本的な考えで,諸々のスパイスが効くとここ2年のような特異なラップになります。


昨年は,速め意識から重力が完全に前になったので致し方ないところでしょう。一昨年はハイレベル戦で小回り適性ある馬の後半スパート戦になりました。


後方から競馬するタイプは,過去に小回りコースでスパート実績がある必要がある。走法的にはピッチ走法であることが大事です。


ブエナビスタは,それをはねのけて好走(有馬記念でも)しているのである意味怪物的な馬です。相当真面目さと闘争心、身体能力が高かった馬なのでしょう。


ゴールドシップは後半溜めて一気にスパートではなく,早い段階からペースを上げて外から捲るタイプなのでまた別なタイプとなります。


ゴールドシップ

天皇賞春では無駄肉をそぎ落として長距離仕様に仕上げてきましたが,京都適性負けしました。今回はふっくら見せてきて中距離パワー仕様に馬体を替えてきています。いい身体しています。出来に関してはこれで十分に走れそうです。馬の立ち姿に「気持ち」も感じさせます。



ジェンティルドンナ

ドバイではムーア騎手の好騎乗もありましたが、この馬が立ち直るよい「きっかけ」を得たレースでもあります。馬体に関しては去年の宝塚記念よりは落ちますが、JC、京都記念以上といった感じでしょうか。キャリアとともに硬くなりつつある気配はみせています。個人的には生涯ローテ的に昨年よりは落ちると思います。馬の適性的にも小回りパワー勝負は合わない。昨年はデキの良さでカバーできたが、あの厳しい戦いで馬の内面が硬くなりはじめるきっかけを与えたレースだとも思っています。



ウインバリアシオン

高い位置で安定しています。安定して能力を出せる状態です。この手のタイプは高齢化してもしっかり自分の能力を出してこれる。身体能力が高いからできることでもあります。天皇賞秋のデキは秀逸でした。そのとき以上かといわれると、良い意味で平行線です。個人的にはもっとパワーがついてこれば完璧です。立ち姿もちょっとおっとりしている部分に加齢を感じさせます。ただ、レースではしっかり走れるタイプです。



カレンミロティック

脚が短めでドシっとみせるパワー型です。このコースでは結果をだなければいけない馬ですが、鳴尾記念の惜敗はちょっと残念でした。適性値からはこのレースはベストの舞台です。馬体は有馬記念、大阪杯との比較で大きく良化しています。穴馬と言えばまずこの馬でしょうね。



トーセンジョーダン

まだ種牡馬としておろさないのですね。この馬も加齢の影響が出てきているよなぁという印象です。加齢は「安定化」をもたさせますが、「120%」の能力を出すためのエネルギッシュさが失われる現象です。馬体はまだ太い印象です。毛艶をみると状態面自体は悪くはないです。


メイショウマンボ

縦の比較でみると馬体はこれまでで一番良いですね。カチっと定まってきました、牝馬らしい線ですが、かっちりしっかり作れている。非常に強さを感じさせます。絶好調のタイミングで出走できそうです。



ヴィルシーナ

良い意味で平行線です。ヴィクトリアマイルはすべてがハマった馬なんおでそれ以上を求めるとなるとどうかなlと思う部分はあります。




デニムアンドルビー

先に書くと「仕込み馬」です。馬体は更に良くなってきましたね!昨年の秋は京都コースで軽さ負けし続けた馬で東京コースに替わって適性値改善で結果を出してきた馬です。デキに関してはかなーり良さそうですね!パワーが必要な阪神の舞台はこの馬に合うはずです。面白そうなタイミングで出走できます。




ホッコーブレーヴ

天皇賞春で激走したのは正直びっくり。軽さ負けすると思っていましたがうまくこなしてきました。デキに関しては高い位置で安定しています。良い意味で平行線です。



マイネルラクリマ

追い切りでは動かなくなってきたのか,以前とは馬の内面が変わってきた印象です。それでもレースに行って能力を出し切る点は素晴らしいの一言です。馬体は叩いてスカっとしてきました。これを良い評価をするか割り引くかは微妙なところです。ただ、闘争心が強いタイプなので今は走れる時期の可能性はあります。




ヴェルデグリーン

間隔を開けての出走ですが、おなかが巻き上がり過ぎているのがきになります。線が牝馬のようにみえます。牡馬の場合はマイナス材料でうまく調整できていなかった可能性が高いです。


◎ゴールドシップ
〇デニムアンドルビー
▲カレンミロティック
☆メイショウマンボ




≪ 総 評 ≫

関連記事

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://paddocklive.blog.fc2.com/tb.php/1005-69206f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06