調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/03/09 Fri.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新中

◎ 金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アクションスター音無
栗坂併せ馬終い仕掛け強め53.0-38.9-25.8-13.3

追い切り動かないなりに動けています。手前も変えてしっかり最後もこの馬なりに伸びています。この馬の縦の比較でみるとデキは良いレベルだと思います。ただ,もう勝ちきる生命力はないので基本参加メインです。



サトノダイヤモンド池江
栗CW併せ馬ルメール終い仕掛け84.1-68.8-53.4-39.1-11.9

菊花賞,有馬記念時と比較すると充実度が明らかに違いますね。一度スランプ期に入ってしまったということが想像つきます。非常に優等生で真面目だった馬が挫折し,そこから立ち上がろうとする過程にいます。フォトパを観ても,シルエットは仕上がっているように見えますが,張るべきところの筋肉あまだ良化途上という印象を受けます。フランス遠征前に見せたパフォーマンスをしっかり出すことができるかと考えると,若干今はまだ別馬になっているという表現が妥当でしょうか。

→ 体の使い方はやはり良いです。基本的に平坦巧者な走りで東京コースが理想条件です。

→ 追い切りで先着できていてしっかり末は伸ばせているのでイメージは良い。ただ,どうももっと馬体が充実できるはずな馬なので,過去のハイパフォーマンス時と比較してしまうため物足りなく見える。横の比較だと基本的に上位には来るでしょうか。


-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-03