調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

弥生賞出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/28 Wed.




◎ 弥生賞出走馬フォトパドック診断2018


 いやー,クラシックが楽しみになるいい時期になってきましたね!春先は人事異動や年度始めなど忙しい要素が多いのですが,せめて日本ダービーまでは競馬観戦に体力と時間を当てていきたいものです。


オブセッション
シルクツアーの高額ディープ馬で出資するならこの馬!と思っていた馬です。同じ父産駒のプレイニーランやピボットポイントより大きくて馬格がしっかりしており,父の良さももって歩けていた馬です。高額牡馬ならこの馬とルーカス辺りが個人的に評価していた馬です。
馬体を観る限り大型馬という重苦しさがないですね。天栄スタッフがしっかりクラシックを意識して育成してきたことが伺えます。馬体バランス良く,いい意味でディープらしいしなやかさも感じます。ただ,あとに触れていきますが,ディープ特有の柔らかさという点は他馬に負けますが,まだ,東京コースの軽い芝馬場という設定ではないなら十分こなせるタイプだと思います。ダービーも適度に摩擦がある馬場になるならピッタリなタイプだと考えます。とにかく背中からお尻、トモの感じが良く立ち姿も良いですよ。想定していたより仕上がりレベルは高いです。



ジャンダルム
脚が長くて筋肉がいかにも柔らかそうな形で出ています。肩も良く背中がいかにも柔らかそうで腰お尻もしっかりしています。ホープフル時よりも馬体は良くなっています。脚が長めでこの辺で距離はカバーできます。柔らかく弾けられるので差し競馬をしっかり教えて行けば距離も伸ばしていけます。



サンリヴァル
いいですね~しっかり力強く立てています。肩・背中・お尻トモと力強くていいですね!馬体も前走比で明らかに良くなっています。馬体的には中距離タイプでダービータイプというイメージではないです。皐月賞全力で結果を出していきたいタイプです。いいですよ。


ダノンプラチナ
スロペからギュンっとキレを生かす勝負になると明らかに性能が違うだろ~!と思わせるディープ馬です。筋肉の反応速度が良さそうで,ギュンと動けるキレある力強さを感じさせます。背中も良くお尻、トモ、下半身も著しいです。朝日杯と比較しても明らかに馬体が良くなっています。これは一流のキレを持つ馬です。あとは,しっかり馬群でも折り合えてそこからもキレる脚で抜け出せるというスキルを持てれば完璧です。いいですよ!


ワグネリアン
腰高に見えるシルエットでまだこれから成長して来る余地を感じさせます。とにかく腰が強そうで背中も良く、特にお尻トモと良いです。いかにも力強く弾けてくるだろうと感じさせるシルエットでこれも素晴らしいディープ産駒です。現状でしっかり差し込んで弾ける競馬を教え込めている点はプラスメリットになる。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

チューリップ賞出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/27 Tue.




◎ チューリップ賞出走馬フォトパドック診断2018

無題


近年,このチューリップ賞に出走してくる馬は,桜花賞有力馬候補になる馬が多いです。今年は阪神JF1~3着馬が出走,このメンバー相手にしっかり勝ち負けできれば,この先の桜花賞,オークスは楽しみを増してきます。頑張れ!サラキア!高価格帯馬なので重賞レース出走&結果を出さなければいけない馬なのですが,それでも愛馬がフォトパに掲載されると感激ですね!次は低価格帯の出資馬が掲載されて喜びたい!(笑)

ラッキーライラック
冬場ですが皮膚は薄く馬体のラインもシャープ,立ち姿も良く表情も良い。後肢の造りはいい形ですね~下半身にもしっかり力が入って立てており,一応前哨戦ということで若干緩さは残すものの,ほとんど気にならないレベルです。バランス良くて背中も良く後肢の形も良いと来てこれはやはりいい馬ですね。今後の活躍が楽しみです。


マウレア
クイーンカップを使って緩さが若干解消されてきました。ただ,背中やお尻トモのボリュームは阪神JF時のほうが良く見えるので,その辺をどうとらえるかでしょう。クイーンカップで凡走してしまったのでここら辺が改善されてこないと阪神JF2着時のパフォーマンスを出せないと思ってしまいます。


リリーノーブル
いい馬ですね。どちらかというと,ラッキーはバランス良いキレ型としたらこちらはパワーもって走れるタイプでしょうね。筋肉の質が違います。それでもしっかり稼働できそうな各パーツと肩、背中お尻、トモの良さを持っています。皮膚も薄く,骨も太い,健康そうですね。トップスピードの持続力勝負になってくると今後遅れを獲りそうなタイプに見えます。東京コースだとディープ馬のキレに負けそうな馬体タイプです。


スカーレットカラー
立ち肩で背中も短め,フォルムをみるとマイルはギリといった感じです。筋肉も剛性が強そうでポンとでてスピードの持続力で押し切りたいタイプに見える。脚が長いのでこの辺でストライドは稼げますが,阪神に変わるとその本質的な適性面が悪さして終い甘くなりそうな予感がします。馬体自体はキレキレで充実感が凄いです。絶好調です。


サラキア
これまで見てきた中では,一番キレ味がありそうな体型です。肩の立ち方も良く背中がしなやかでいかにも柔軟,筋肉の質を見てもゴリという感じではなくしなやかな質の良い感じが見て取れます。一目見て良血という感じです。過去にこの路線で活躍したレッドオーヴァルを思い出しますが,それよりキレと良血さが目を引きます。阪神よりは京都,東京でキレを生かしたいタイプでしょうか。それでも阪神でも十分戦えます。顔つきも良く,とにかくお世辞抜きに背中が良いですね。


シグナライズ
逆にこちらはゴツと見せて脚も短くなり,サラキアと比較してスマートに見えないタイプです。馬体派太目感なくしっかり作れていますが,超一流になれるかどうかといわれると、それは感じさせない。


レッドランディーニ
馬体を観る限りディープの良い面は持っています。しなやかさを感じます。ただちょっと脚は短めでしょうか。まだ馬体にも若干余裕がありそうです。背中の感じからお尻にかけてのラインは良い。




-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

中山記念回顧2018 

2018/02/26 Mon.


>アイスクライマーさん、ありがとうございます。惜しいですね~!チューリップ賞は期待していてください。サラキア,個人的には
単勝狙いたいと思っています。5~8倍くらいつくかなぁ!(笑)

>piさん、いつもありがとうございます。阪急杯はまったく予習する時間なかったのでパスでした(笑)。個人的に芝1600m以上のレース,又は世代限定戦に注力していこうと決めています。時間と体力と限りがあるので,限りある資源を狙ったところに集中投下します。

>ペンさん、アザッス!^^


 褒められたので,時間もあるしたまには的中記録を(笑)


 無題


 事前段階でブログで色々検証しているところですが,ブログの題名どおり,「パドック(返し馬も観れればモアベター)」で最終チェックして馬券を組むのが私の基本路線です。


 無題


 最近,小倉大賞典でもスズカデヴィアスを引き上げてワイドで的中させたり,クイーンカップでも馬券しっかり的中できたこともあり,パドックチェックもしっかり機能しているところです。また,事前段階で好走可能性がある馬をしっかり引き上げることができれば,馬券的に的中率が高まります。今後も,事前分析スキルとパドック眼をしっかり鍛え上げていきたいです。


 馬券の組み方で,A評価だったペルシアンナイトは,フォメの2頭目に組み込みませんでした。

 基本的にマイラーで,マイル的な流れになるなら適性的に出現確率は高まりますが,

 1番人気で旨味がないのと,「やはり歩かせてみても柔らかいタイプなので,冬場の中山馬場よりは,パンパンの良馬場で走りたいタイプ」なので,ゴリっとしたウインブライトが好走できると判断するなら,逆に柔らかい同馬は割り引いて考えるべき,という判断でした。

 ここら辺をパドック観ながら考えて,馬券を組んでみています。

 アエロリットの引き上げは,パドックの馬体の良さ+事前見解で「展開は向く」と考えていたので,素直に評価は上げやすい馬でした。

 ウインブライト,マルターズアポジー,パドックでしっかり引き上げたアエロリットの3頭で決まっているので,もっと楽に高配当を獲れるように馬券を組めるよう「度胸」を鍛えていかないといけません。(基本チキン♡なので(笑))

 
無題


 マルターズアポジーで例年の中山記念らしいラップになりました。逆に昨年の田辺騎手が騎乗したロゴタイプ,こちらは上手く自分が楽して走れるようにレースメイクしたと感じさせられるラップです。田辺騎手は天才ですね。(おかげで,3連単2枚も買っていた1-2-4着で首差悶絶・・・・・・。)


【中山記念】(中山)~ウインブライトが押し切る

中山11Rの中山記念(4歳以上GII・芝1800m)は2番人気ウインブライト(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒6(良)。クビ差の2着に5番人気アエロリット、さらにアタマ差の3着に6番人気マルターズアポジーが入った。

ウインブライトは美浦・畠山吉宏厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は12戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインブライト(松岡正海騎手)
「スタートが良くて、いい位置を取って折り合いも完璧でした。出来が良くて自身を持って長所を生かすように乗ろうと思いました。長くいい脚を使います。東京がダメではなく、中山が合っています。この馬でGIを、と思っています。頑張ります」

1着 ウインブライト(畠山調教師)
「少しずつ進歩している段階です。上手いタイミングで騎手が仕掛けてくれました。この馬も力をつけています。騎手から辛口にコメントが出ることもありますけれども、それだけ期待していると思います。1週前の追い切りで、動けはしたのですが反動が出てしまいました。今後はオーナーと相談して、GIへ向かおうと思います。間違いなくGIを勝てる馬を相手にして、力をつけていると思いました。前走、前々走とは違う流れでしたが対応できるようになっています。2000mも守備範囲です。関西遠征の経験はありませんが、福島で1泊してのレースも経験していますし、問題ないと思います」

 → 中山が合っています。しかも,寒い時期にグングン良くなるタイプです。今後はちょっとどうなるかわかりませんが,しっかり見つめていきたいです。東京でパンパンの良馬場だと,勝負所の速いトップスピードの持続力負けしそうなタイプなだけに宝塚記念辺りでピークになるようにローテを組んでほしい。有力馬は宝塚ではデキがピークアウトしている馬がいるはずなので。


2着 アエロリット(菊沢調教師)
「この馬にとってはいいペースで運べたと思います。この形はメンバー発表の段階から考えていました。上手くいきすぎたくらいです・芝を使う馬としては、左回りと比べると右回りでは反応にロスが出ます。勝ち馬に被されたのですが、よくファイトしてくれました。牝馬らしからぬところがあります。今後はヴィクトリアマイルに向かうことになると思います」

 → パドック観ていてちょっと入れ込みがキツイなぁという印象はありましたが,馬体の充実ぶりを観て、自分のペースで走れれば問題ないだろうとも考えました。今後は,自分のペースで走れない展開ではドボン、自分のレースペースが生きる設定なら好走できると好走パターンが決まってきそうです。基本逃げ馬になってしまった印象を受けます。


3着 マルターズアポジー(柴田善臣騎手)
「惜しかったです。直線で盛り返して、最後もうひと踏ん張りしてくれました。道中はこの馬のペースで行けました。もたれるところはありますが、ラチを頼りながら走ってくれました。本当によく頑張っています」

 → 凡走後の休み明けで変われるタイミングであり,馬場バイアス,レース適性も合うと判断して評価した馬です。想定通り好走してくれてありがとうと言いたいです。

4着 サクラアンプルール(蛯名正義騎手)
「自然に流れに乗れました。最後もうひと伸びしてくれれば届いたと思います。去年よりローテーションに余裕がありますし、次につながるいいレースでした」

 → この流れでもなんとか対応できたのは収穫ですが,最後伸び切れなかったところはやはりレースペースでしょう。それでも好走できたのは同馬が充実しているからであり,次走以降はポジティブ評価する必要がある。


5着 ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手)
「全然いいところがありませんでした。スタートで遅れてしまい、その後もうまく運べませんでした。体重は減っていましたが、デキは良かったですし、瞬発力もある馬なのに、今日は残念でした」

 → 柔らかく終いも弾けられるタイプなので遅れたあとは無理して出していかないのは先先のためで致し方ない。前で体力勝負する馬が結果をだしたとおり,馬場も向かなかった。今回は度外視で良い。


7着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「前走から引き続き状態が良さそうです。差のないところまで来ているのですが、残念です」

 → 大穴は同馬だろうと期待していましたが,最後止まりましたね(笑)


8着 ヴィブロス(内田博幸騎手)
「今日はついて行けませんでした。早めに動こうと思っていましたが、久々の分なのか反応出来ませんでした。ただ、次につながる競馬はできました」

 → ここ勝負設定の馬ではないのでこれでよいのだろうと思います。


 今週末は,サラキア、ブライトクォーツ、ローブレガリアと愛馬が3頭出走する予定です。各馬も勝ち負けできるものをもっているので時間が作れれば,狙える根拠等を紹介したいと思います。


 今週は,チューリップ賞と弥生賞がターゲットレースになります。よろしくお願いします。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

中山記念出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/25 Sun.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 遅くなりました。すいません。阪急杯は時間的に厳しそうです^^;

◎ 中山記念出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アエロリット菊沢
美南W併せ馬調教師終い仕掛け52.9-38.8-12.9

併せ馬で外の後方から直線併せて仕掛けます。後ろで待機しながら最後スっと前に出る形で折り合いがついている点は良かったです。適性的にはやはりある程度流れる設定のほうが良くて,マイルから1800m(コース次第では2000mまで)が良い印象を受けますね。馬体も素晴らしく蹴り返しも良い。メンタル面もしっかり前向きさがあり,自分の能力が生きる適性舞台ならしっかり走ってこれる状態に仕上がっている印象を受けます。

→ 秋華賞は,逃げ先行馬の人気馬が負ける典型例で重力を背負ってしまった結果,馬場に対してペースが速く,追い込み展開となってしまった。これは度外視で良い内容でここは改めて仕切り直しの舞台となる。

→ マルターズアポジーが出るんですね。これは意外とマイルを走れる同馬にとって走りやすい展開になるかもしれません。



ヴィブロス友道
栗坂単走馬なり54.7-39.7-25.4-12.6

馬なり単走です。真面目で気持ちもしっかりスイッチ入っており単走でも十分動けていますね。蹴り返し、四肢の連動性良いですね。バネ感もって走れています。距離的にはこのくらいのほうが合いそうです。

→ フォトパでの印象よりも追い切り時の印象は良いです。ここ使ってドバイを目指すようですね。

→ 一週前の追い切りでしっかり併せ馬で負荷をかけて先着もできています。
→ 栗CW併せ馬終い仕掛け一杯80.5-66.0-50.9-37.1-11.8
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

中山記念出走馬フォトパドック診断2018&20180218(日)小倉6RD2400m結果 

2018/02/20 Tue.


 今週のターゲットレースは,中山記念です。時間と体力が残るなら阪急杯も芝レースなので触れてみたいと思います。


>アイスクライマーさん、ありがとうございます。精進します!たまに課金記事で出すので,普段の記事で参考になる機会があるなら,その時購入頂ければ幸いです^^; ブログ課金のおかげで,一口馬主にチャレンジすることができました。一口馬主は自分の人生の夢の一つだったので本当に感謝です!


 少し一口馬主ネタも入れていきます。

無題
↑栗東トレセンにて
 
助 手 2.14栗坂良 52.8- 39.0- 26.0- 13.1 一杯に追う
助 手 2.11栗P良 70.0- 52.9- 38.8- 12.9[9]馬なり余力
川島信 2. 7栗坂良 53.0- 38.7- 25.6- 12.9 一杯に追う
助 手 2. 4栗P良 69.8- 52.6- 38.8- 12.4[9]馬なり余力

 飛びが大きくて弾けるように収縮する動きができないタイプですので基本坂路では時計が出ません。それでもしっかり52秒台で動けるようになってきましたから身体的にも非常に成長してきたことが伺えます。これは今回明らかに「ヤリ設定」ということが縦の比較からわかります。

無題

 単勝も7.9倍もつきます。これはニヤっと笑って単勝に突っ込みますよ(笑)


無題
 
 4角後続を突き放し,1番人気馬とマッチレースで追い比べ,脚色では断然ブライトクォーツ有利

無題

 さぁ抜け出した!あとはゴールするだけ!あとは2走前のシフォンカールみたいな追い込み馬さえいなければ・・・・・・・・


無題


 って、差されるのかーい!(笑)


 未だ未勝利なブライトクォーツ,単勝買って散った私・・・・・なんか愛着わいてきますね(笑)


◎ 中山記念出走馬フォトパドック診断2018

  
 ちょっと一口馬主ネタで遊んでいたら時間なくなってきました^^;


ウインブライト
馬体は変わらず素晴らしいです。この馬は恐らく「冬馬」なのでしょうね。この時期とこの時期のタフな馬場が合うタイプでしょう。馬体バランス良く馬体の引き締まりは前走以上です。心身レベルはここでも勝ち負けであることが想像つきます。いい馬ですね。


アエロリット
昨年と比較すると成長してどっしり馬体を作れるようになった。特に前肩が強くなって背中腰も良い。太いかもしれないシルエットなのでその辺は追い切りで動きをみて確認したいところです。個人tれ期には評価高い馬体です。中山1800mは脚質的にもピッタリなレース設定です。牡馬相手でもノリさんが神騎乗するなら頭であります。


サクラアンブルール
とにかくトモが凄いですね。肩も良し背中・腰・お尻もかなり高いレベルで仕上がっている。冬でも走れるタイプで今の時期設定も体調に合うのでしょうね。馬体を観る限り「凄み」が伝わってきます。有馬記念でも不利が無ければ一発ありそうな直線だったのでこの歳で覚醒してきたか!?と思わせる部分はあります。中山得意な蛯名騎手が乗るなら,これは面白いかもしれません。


ペルシアンナイト
相変わらず均整取れた素晴らしい馬体です。品があり柔らかさを感じさせます。逆に冬場の特殊な中山記念が合うかといわれると,ここでは凡走する可能性はありそうです。仕上がり面は◎で素質の高さも◎です。


ヴィヴロス
エリ女のときのフォトパの馬体は凄かったのですが,どうも仕上げ過ぎてしまったのか,レースで終始掛かってしまって能力を出し切れませんでした。今回の馬体は昨年と同じ感じです。冬よりも暖かくなってきた方が良さそうなタイプです。


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

小倉大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/18 Sun.



--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新多分完了
 → 方針ブレずに小倉大賞典チェックしました。フェブラリーステークスが良かった方,すいません^^; 日中時間作れたら軽くチェックしてブログにアップするか、twitterで呟くかします。


>piさん、お役に立てましたか?ありがとうございます☆


◎ 小倉大賞典出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



サトノアリシア平田
栗坂単走川須馬なり53.1-38.3-24.8-12.0

坂路で単走追いなんですが,凄い芯が通った走りで四肢を上手に連動させる走りを見せてくれていて全然ブレないで真っ直ぐ走れていますね。身体が動くので必然的に内面も充実しているイアン賞を受けます。デキに関しては間違いありません。ただ,小倉1800~2000mって体力戦なので牝馬よりも牡馬向きの条件ではあります。

→ 小倉準OP戦以上とかでの牝馬成績(人気面含めて)データある人教えてください(笑)小倉大賞典で過去の3着以内馬は,2011年までに牝馬は該当なしですね・・・・苦笑。



スズカデヴィアス橋田満
栗坂単走終い仕掛け52.3-37.7-24.4-12.1

馬場は綺麗なので時計は出やすい設定です。最後までしっかり気を抜くことなく走れています。一連のデキはキープできていそうです。

→ 前走好走してしまったせいで人気しやすい状況になってしまいましたね。福島記念で好走できている点は適性的に評価高い。あとは吉田隼人騎手が上手に御すことができるかどうかでしょうね。


ストレンジクォーク小島太
小倉ダート終い仕掛け70.2-54.1-38.9-12.0

小倉先入りは好感が持てます。コースの大外を単走で走ります。力強く確実な歩容でしっかり地面をけれ散ます。芯も入っていて単走でも気力充分ブレない走りを見せてくれています。走りが硬めなのでキレ味生かすロングスパート向きな馬ではない。ですので小倉は合うでしょう。

→ 柴山騎手もここにに来てくれているのは評価できる継続騎乗です。



タイセイサミット矢作
栗坂併せ馬中谷終い仕掛け強め52.5-37.6-24.4-12.1

ちょっと併せていてもとぼけているような側面は確認できる。ですのでどうもレースに行っても近走集中しきれないのでしょうか。身体能力は高いところをしっかり証明できているので,あとは気持ち一つだと思われます。活性化してくるタイミングで今後狙いたい。小倉の設定はキレ勝負よりも適性的には合う。ただ,小倉は最後までのファイト能力必要なので,内面がまだ高くない位置だと狙いずらい。



ダッシングブレイズ吉村
栗CW浜中3頭併せ終い仕掛け82.0-65.6-51.0-37.8-11.9

併せ馬でインの後方からしあっけます。真ん中の馬がしっかりファイトして来るので最後の最後でギア上げて併入する形になります。余裕持ってスパートできており非常に操縦性が高いところが確認できます。デキに関しては非常に良いです。ただし,東京でキレ味生かして重賞勝てる馬なので,小倉でこそ!という適性イメージはわかない。デキは良いので乗り方ひとつで結果は出せる可能性もあるかもしれないが人気を考慮すると妙味がない。



ダノンメジャー橋口
栗CW併せ馬馬なり86.1-68.3-52.2-37.9-11.5

併せ馬でインで折り合わせてから最後抜け出す形の追い切りです。距離延長なので折り合いを意識している点も垣間見えます。逃げるという訳ではなくしっかり前を観ながらGOサインを出して前に出る意志を持てているということは操縦性高く非常に良いですね。

→ 前走の京都金杯は勝負の一鞍と読んで馬券も勝負しましたが,まさかの4着(笑)。G1レースにも使ってくるだけ陣営は評価している馬であり,G3であれば充実してきている今なら昨年以上に走れる設定ではあります。
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京都牝馬ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/17 Sat.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 京都コースで牝馬限定1400mとちょっと特殊な設定ですね。ステップ的に次走以降には繋がりずらいレース設定です。勝ち方次第ではありますが。
 → だいちゃんのデアレガーロ出るんですね!頑張れ!(/・ω・)/

◎ 京都牝馬ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アリンナ松元
栗坂単走松若馬なり59.5-43.0-26.8-13.1

軽い馬なり設定ですが,、大きくしっかり掻き込めているフットワークは良いです。京都なら1400m走れそうなフットワークではあります。


ヴゼットジョリー中内田
栗CW単走和田終い仕掛け51.8-37.3-11.5

しっかり大きく伸びやかなフットワークで走れています。直線半ばで手前を替えるとギュンと加速できます。単走ながら真面目にしっかり走れるタイプで条件さえかみ合えば自分の能力を出し切り,結果を出してくれる真面目な仔という印象を受けます。

→ ずっと前から,同馬の得意条件はマイルくらいの【平坦設定】と言い続けてきました。今回距離は若干短いのですが,念願のマイルくらいの【平坦設定】に使ってきます。右回りが全くダメという感じはしないので,今回和田さんの渾身の騎乗を決めることができるなら,ワンチャンあるタイミングであると考えたい。

→ 軽やかに走れるタイプなので馬場は重くない方が良い。当日の芝レースの時計の出方見て,適性合うか見極めて狙いたいところ。先週のような馬場だと厳しいでしょうか。。。。。(非力な面があるのでその一点です。)


エスティタート松永幹夫
栗坂単走終い仕掛け強め53.8-38.8-24.8-12.0

坂路で大外を走ります。回転良いフットワークで仕掛けてからも更にギアを上げて伸び切ります。動きが非常にピリっとしているので心身状態は高い位置で作れています。侮れません。


エンジェルフェイス藤原英
栗CW併せ馬岩田終い仕掛け66.8-50.9-37.2-12.1

走るフォームが硬いところがあるので,コースでフォームを伸ばす意識を持って追い切るのはプラス材料です。休み明けで勝ちきれたところも大きな収穫です。ただ,「展開的にも恵まれた」というのは本音のところでしょう。しっかり差し競馬を覚えさせてくれば安定して来るとは思いますが,前走逃がしてしまいましたからね。追い切りでは差しを意識しています。硬い面はありますが,時計がかかる設定ならこのフォームは合います。


オーヴィレール今野
栗坂単走終い仕掛け見せムチ52.8-37.3-23.8-11.9

コースの外を単走、馬場綺麗です。仕掛けるとしっかり反応します。スピード能力高そうで走り観ると,ワンペースな1200mのほうが良さそうな気はします。距離延長を意識した溜める追い切りではありませんでした。



サザナミ堀
美坂単走馬なり60.2-43.4-27.9-13.2

堀Qのいつもの南W併せ馬仕上げではなく,坂路単走軽め追い切りですね。しっかり掻き込めて最後まで蹴り返せています。走りのバランスも良いです。格下馬ですがデキは良いです。軽いタイプなので時計がかからない設定が理想ですね。京都も合いそうです。


ソルヴェイグ鮫島
栗坂単走馬なり52.5-37.9-24.7-12.3

余裕あるフットワークで楽に時計出してきますね。基本的には1200mの馬ですが,格は持っています。リフレッシュして内面の状態も非常に良いです。ストレスなく,しかも走りに前向きでしっかり自分の能力は出してきます。どちらかというと格上相手に食らいつくのが理想で,今回は格下相手,そういう意味では妙味はない。


タマモブリリアン南井
栗坂単走馬なり54.5-39.3-25.7-12.2

最初は押さえるのにいっぱいでした。末は伸ばしてあげて馬の走りたいスピードで走ります。追い切り観ると距離延長はちょっと不安ですね。


デアレガーロ大竹
美南W併せ馬池添終い仕掛け52.3-37.4-12.5

併せ馬ですが,併走馬を相手にせずに自分の世界で突き抜けてしまうという「心身タイプというのは格上戦においてはプラスメリット」ですね。格上相手でも十分戦えるものは持っています。GOサイン出すと反応も良く動いて,最後まで気を抜くことなく走りますね。走りは硬いタイプなので今の時計掛かる京都馬場は合います。馬場が合いそうな点は「運」を持っています。本来の時計の速い京都なら「合わないタイプ」だと思います。

→ 池添騎手との息もピッタリです。しっかり能力は出し切ってくれると考えます。

-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/16 Fri.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新中
 → 特殊な重賞レースです。逆にここを目標に狙ってくる馬もいるレースだと考えています。そういうヤリ馬をしっかり見つけて馬券にしたいですね。


◎ ダイヤモンドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


グランアルマダ西園
栗坂単走終い仕掛け強め53.1-39.0-25.8-12.9

坂路ですが,飛びが非常に大きいです。パワフルで力強い。強いて言えば,フラフラせずに真っ直ぐのびてくるだけの体幹の強さは欲しいところです。大飛びなので,自分でペースを作る方が走りやすそうです。パワー型なので時計のかかるキレが生きない馬場のほうが良い。目標にされる分,格不足なので展開で恵まれないと厳しさはありそう。


ソールインパクト戸田
美南W併せ馬終い仕掛け強め66.8-51.8-38.5-13.2

追い切りは目立った動きをしなくなってきていますが,飛び自体は非常にきれいに走れています。しっかり四肢連動できて後肢の挙動はバネ感充分です。追い切り観てもズブい面が出てきているように距離もこなせるようになってきている感じはあります。それでもしっかり最後は先着できているので心身レベルは高い位置で仕上げてきている印象を受けます。馬体もキレキレです。

→ 東京コースで2戦好走後の京都右回り,どうも左回りのほうが走りやすそうな印象を受けますね。前走で人気を落とすなら今回は面白いタイミングです。陣営もあえて東京重賞に絞って仕上げてきた印象を受けます。

→ 根っからのステイヤーというタイプではない。ただ,現状ステイヤータイプが少ないのが今の馬作りでしょうか。キレがある動きがウリです。


ハッピーモーメント角居
栗CW3頭併せ終い仕掛け65.3-50.7-37.7-11.9

3頭併せの大外を走ります。最後まで意欲的に併せ馬で走り切ります。内面的なものはしっかり仕上がっています。目黒記念時に仕上がりが素晴らしく,そこからも追い切りはしっかり動けていたことから穴馬で推し続けてきた馬ですが,どうも成績が伴いませんでした。現状,左回りの設定が良いようで,ここを目標に再度立て直してきた印象を受けます。ディープ馬ですが,トニービン的なタイプであり,東京の長丁場は意外と合うと考えられます。

→ 休ませて,メンタル面はリフレッシュ,過去の成績から変われるタイミングです。

→ 津村騎手騎乗時【1203】,すべて準OPです。1~3月成績【4014】,5勝中4勝はこの時期にあげている馬で冬は合うタイプです。



フェイムゲーム宗像
美南W併せ馬終い仕掛け強め55.8-40.8-13.4

追い切りでは馬なり併せ馬調整が基本ですが,今回は馬がしっかり気持ちを出しており,最後まで気を持って走り切れています。後肢の蹴り返しも強く,まだまだ現役で走れるぞ!という強い意志を感じさせます。仕上がりに関しては不安はなさそうです。

→ G1では足りないので,割り切って裏路線でしっかり賞金を稼ぐ方針の馬です。斤量が課題ですが,キレ勝負にならなければ能力の高さでカバーできる可能性はある。昨年はキレ勝負になってしまい,軽量な格下馬に遅れてしまったものです。



プレストウィック武藤
美南W併せ馬終い仕掛けムチ一杯83.5-68.3-53.9-40.3-13.4

しっかり仕掛けると強い意志で前に出てきます。ここ目標にしっかり仕上がってきました。ただ,走りが硬いのでキレ勝負になると分が悪い。最後ダラっとなって底力戦になるならしぶとく伸びてきます。若しくは,馬場が悪化して時計がかかるなら大歓迎です。



ホウオウドリーム矢作
栗坂併せ馬終い一杯53.1-37.9-24.6-12.2

初見です。併せ馬でしっかり中盤から最後までビッシリ追ってきました。スパっとキレるという印象ではなくて長く良い脚を使う印象を受けました。それでも実際レースでは末脚に徹して毎回上がり最速を計時していますね。東京コースで好走しているように,現状左回りと終いにしっかり長く脚を使えるので東京コースが合っているのでしょうね。陣営も格上挑戦ですが,色気を持って仕上げてきたい意志を感じさせます。ハンデも軽く,末脚でしっかり長く弾けてくれそうなイメージが湧きます。



ラブラドライト斉藤崇
栗CW単走終い仕掛け82.4-67.4-53.0-39.5-12.4

コースの大外を単走で走らせます。脚が長いキンカメ馬でカチっとしすぎていないである程度ダラっと走れている面が良い。なので現状長距離もこなせるのでしょうね。ただ,高齢で昨年と違ってリズムも悪いです。巻き返すだけの意志の強さがあるかどうか。



リッチーリッチー奥村
美南W併せ馬終い仕掛け強め69.2-53.8-39.2-13.4

追いkり位動きませんね。ズブいです。飛びは大きくてストライドもてており,走法的には平坦コースむ向きです。阪神で結果出してきている点は凄いですね。ただ,どうもこの秋は走る意欲が途切れてしまったようでそのメンタル面を立て直してこれるかが鍵です。追い切りは動かないのでその辺が改善されてきたかどうかはちょっとわからないですね。

→ 馬体は良いですし,長距離は合いそうです。

-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

フェブラリーステークス出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/14 Wed.



 追い切りチェックは他の芝重賞レースを優先しますが,時間が作れたら軽くチェックしたいと思います。

>アイスクライマーさん ありがとうございます!惜しかったですね!アルーシャもいい馬でしたからね。フィニフティ思ったより人気無くてうれしかったです(笑)


◎ フェブラリーステークス出走馬フォトパドック診断2018

 
ゴールドドリーム
チャンピオンカップと比較するとちょっと厚ぼったい感じはありますが前駆明らかにパワーアップしてきている印象を受けます。背中も良く筋肉の張りも良い。これは心身レベル高充実期に突入してきた可能性があります。



アウォーディー
チャンピオンズカップは素晴らしい馬体でしたが,それと比較するとちょっとバランス崩れたかなという感じがあります。それでも高い位置で安定して作れています。


インカンテーション
昨年のフェブラリーSの馬体も素晴らしかったのですが,結果は出せませんでした。ただし,G1の舞台で逃がすことで内面が活性化したのか,その後復活を遂げました。馬体はできていたのですが,レースに行っての気持ちがスランプ状態であったためでしょう。内面が改善されてきたので今年は面白そうです。東京大賞典の敗因はちょっと見ていないのでわかりませんが,過去に1回の凡走後の巻き返し実績はあるのでおそらく大丈夫でしょう。馬体はキレキレです。


テイエムジンソク
心身高位置充実期で強い相手と戦っても崩れない強さがります。脚が長く馬体バランス素晴らしいです。無駄もない。持続的なスピードを維持するという能力にたけているのは理解できます。前走よりも場体は良くなっています。



サンライズノヴァ
前走時といい意味で変わりません。前走も良い競馬でしっかり追い込んできました。競馬の内容からもここで戦えるだけの能力は見せてくれている馬です。顔つきも良い。



キングズガード
前走時も馬体派良かったですが,今回もしっかり作れています。左回り1400mでヤリ設定が多い馬で前走もヤリだと思いましたが,ヤリきれなかったようですね。ここは距離延長と相手強化上手く立ち回りが必要でしょうか。


ケイティレイヴ
ゴツっとしていかにもパワーがある馬体です。時計のかかるパワフルあ設定が理想でしょう。そう考えると東京マイラータイプの馬体ではない。仕上がり自体は悪くはないです。


ベストウォーリア
昨年のフェブラリーステークスと同じくらいのシルエットで作ってきました。ただ,昨年よりは若干筋肉の緊張感が落ちるでしょうか。雰囲気はそこまで悪いわけではなく,能力は出してこれそうです。顔も良い。


ニシケンモノノフ
馬体バランス良く無駄ない馬体で皮膚も薄い。良いですね。距離は短い方が良さそうでマイルが課題です。


ノンコノユメ
馬体派いい意味で前走時の状態をキープできています。前走はしっかり追われて「ここは久しぶりに勝つ!!」という鞍上の意志を感じさせました。その最後まで頑張らせた分の疲労と見えないストレスが心配になってきますが,馬体は悪くない。これまでも馬体がは悪くはなかったので,ここで「活性化してきた?」と考えると評価はできる。


サウンドトゥルー
皮膚は厚い感じがありますが,締まりは良い。背中も緊張感ありお尻も良し。デキ自体は良さそうです。昨年のフェブラリーより良いですよ。


ロンドンタウン
チャンピオンズカップよりしっかり締まっています。ただここに入るとどうかなぁ。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

共同通信杯回顧2018 

2018/02/13 Tue.


>PIさん ありがとうございます^^

>おーのさん 買い方もったいない!今週末しっかり巻き返しましょう!フェブラリーはダートなので,他の芝レース中心にブログ更新するつもりです^^;

 
 時間ないので簡単にまずは共同通信杯回顧記事アップしておきます。


無題



【共同通信杯】(東京)~オウケンムーンが3連勝で重賞初V
東京11Rの第52回共同通信杯(GIII、3歳、芝1800m)は6番人気オウケンムーン(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。3/4馬身差2着に3番人気サトノソルタス、さらに1馬身1/4差で3着に10番人気エイムアンドエンドが入った。

オウケンムーンは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ(母の父エリシオ)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 オウケンムーン(北村宏騎手)
「坂下からの反応も良く、しっかり伸びてくれました。東京は合うと思っていましたし、リズム良く走れましたね。走りのフォームにもまだ若さがありますし、その分、伸びしろもあると思います。国枝先生の馬で初めて重賞を勝つことも出来たので嬉しいです」

(国枝栄調教師)
「調教よりも実戦にいっていいタイプで、表に出ない部分に良さがあるのでしょうね。競馬が上手ですし、折り合いにも苦労しない馬です。賞金を加算出来ましたし、この後は皐月賞へ直行になるかなと思います」

 → パドック観た印象は,「キレキレの馬体に仕上げてきたなぁ!」という好印象でした。位置取り良し,末脚良しと馬と鞍上共に好プレーでした。今回ピークだった印象でこの先クラシック本番に向けてもう一度ピークに造ってこれれば面白い。


2着 サトノソルタス(ムーア騎手)
「まだ1戦しかしていなくて、馬体もこれからでしょう。将来がとても楽しみな馬です」」

 → 馬体を観ると,まだ完成していない粗削りさはあるが,良いものは持っているという印象を受けました。最後までムーア騎手と一緒に伸びてこれるだけの強さがありました。頑張り屋さんです。この経験を糧に次は更に前進できるはず。


3着 エイムアンドエンド(ミナリク騎手)
「今日はリズム良く走れることを一番のポイントにしていました。スタートが良く、ポジションも取ることが出来て、まさにその通りに走れました。直線も手応えが良く、一生懸命に最後まで走っていました。今日のような馬場も向いていました」

 → パドック見ると,意外にしっかり仕上がってきた印象を受けた。ただ,走法的に東京は厳しいと感じたが,展開を味方につけて位置取りが最高に素晴らしく,最後までファイトして3着残した。馬も頑張ったがミナリク騎手が素晴らしかった。次走以降は今回恵まれた形なので評価は特に挙げる予定ない。

4着 ゴーフォザサミット(田辺騎手)
「行き脚がつかず、道中も追走することがやっとでした。ただ、ゴーサインを出してからはしっかり反応していました。前半からいいレースが出来ればもっといい競馬になると思います」

 → パドック観ましたが,まだまだキレキレに造れる余地はあったが動きが柔らかくて強さが合って良い馬でした。位置取り負けした形で悲観する4着ではない。上がり最速をしっかり示しており,オウケンムーンでも33.5秒の上がりを使っているので今回は運がなかっただけ。


5着 カフジバンガード(内田博騎手)
「ゲートでは落ち着いていましたが、スタートの出がイマイチでした。最後に並んで追い込めたことも良かったです。長くいい脚を使えるタイプです。最後は力負けしましたが、上位馬と差はないですので、経験を積めばさらに良くなります」

 → 人気が無さすぎて,旅先からニヤニヤしながらこの馬とグレイル2頭軸で買って狙った馬です。キレ勝負になった分好走できなかったがそれでもある程度対応できている点は評価高い。上位と差がない競馬ができているので条件一つで逆転可能です。次走は人気かなぁ。人気ないときに好走してほしい。


7着 グレイル(武豊騎手)
「思いのほか伸びませんでした。現時点での敗因は分かりません。輸送は問題ありませんでしたし、パドックでの雰囲気も許容範囲でした。素質がある馬なので今後に期待します」

 → パドックも特に悪くなく,追い切りの動きは良かったです。ただ,レースでギュンと弾けられませんでしたね。フォームは悪くなかったですが,馬の内面でしょうか、最後までファイトしていなかったように見えました。ウーン、追い切り観た時点ではこの馬が強いでしょうという感じでしたが,これは残念でした。すいません。負けるにしても,せめて上がり最速で負けて差し届かずが良かった。これは精神面の可能性もあるので,復活するのに時間がかかる可能性もあり得る。


10着 ステイフーリッシュ(中谷騎手)
「敗因が分かりません。色々な要因があったと思います。もしかしたら3戦目で目に見えない疲れがたまっていたかもしれません。ただ、心配していた折り合い面はまったく問題ありませんでした。この馬の力はこんなものではありません」

 → パドックでチャカつきが酷く,これは見えない疲労及びストレスが溜まっているなと判断して切って買った馬です。一度リフレッシュが必要でしょう。いい馬なんですよ。



edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

デイリー杯クイーンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/10 Sat.



--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 旅先で時間作れれば続きを更新します。

◎ デイリー杯クイーンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

共同通信杯出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/09 Fri.

--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 今週末は家族旅行なので,ブログ更新はおそらくレース当日できません^^;

◎ 共同通信杯出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

京都記念出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/08 Thu.


 先週土曜日出走のMY出資馬インビジブルレイズ,明らかに「距離が長い」といった負け方でしたね。スタート,折り合いはまったく問題なく,パドック,返し馬でも非常に雰囲気良くて「真面目な優等生タイプだなぁ」と感じさせました。

 自分の得意条件ならしっかり走ってくる馬なので,次走は阪神マイル辺りでお願いしたいですね。今回の敗戦でも今後の期待度は変わりません。

 さて,古馬戦なので,ラップは確認しておいた方が良いと判断して久しぶりにまとめてみました。

無題

 昨年は,ヤマカツライデンの逃げラップになっていますね。

 ヤマカツライデンの残り1200m位置からのヤマカツライデンとサトノクラウンの位置差を考慮すると,サトノクラウンのペースは1000m62~63秒くらいでしょうね。

 3番手以降は実質そのくらいのスロペで折り合わせて,からのスパートといった感じですね。

 今年も少頭数でいかにも「休み明けで狙いは今後のG1戦,ここはひとたたきだよ!」という馬が多く,スロペになることが予想されますね。

 狙いは,今後のG1うんぬんではなく,まずここを勝ちたい!という馬がしっかり頑張れるかでしょうね。
 

◎ 京都記念出走馬フォトパドック診断2018

 続きは明日書きます。
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

共同通信杯・クイーンカップ出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/06 Tue.


 今週は3重賞,世代戦及び古馬マイル以上の芝レースはしっかりアプローチしたいのですが,時間と体力次第になります。今週もどうぞよろしくお願いします。

◎ 共同通信杯・クイーンカップ出走馬フォトパドック診断2018


-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

東京新聞杯回顧2018 

2018/02/05 Mon.


 金曜日に飲み過ぎた影響で,体内バランス崩れて東京新聞杯記事作れませんでした。すいません^^;


【次走注目】ダノンプラチナ → 出負け。道中後方から直線大外へ。内が伸びれる馬場で時計も速くすべてが噛みあわなかった結果,まともならもっとやれる。

サトノアレス → 後方から競馬もインが綺麗に開いてラチ沿いから馬群を抜けてくる。今回はこの馬の理想な条件がハマった結果で次走は外枠配置で嫌いたい。

リスグラシュー → フォトパはイマイチも追い切り抜群+パドックも素晴らしかった。道中中団で真ん中にポジション,直線向いても余裕の手応えで追うとしっかり弾けきる。しっかり仕上がっていただけに能力を存分に発揮できた内容です。

デンコウアンジュ → 東京コースは合うはずで追い切りからも仕上がりは高かったと判断,蛯名騎手が上手にエスコートしてくれたが,僅差の4着は痛いですね。上手く乗っていた部分もあるので次走平坦若しくはダラ坂以外で人気するなら割り引く。


グレーターロンドン → 外目からスっと先行して流れに乗る。直線向いても手応え抜群でここから突き抜けるか!と思わせたが,追って案外・・・・気分よく行かせると,マイル戦だと脚が溜まらないか。連勝で勝ち上がってきた馬がスランプ期に入ってきたか。

【次走注目】ストーミーシー → マイルもこなせるが理想は1400mの馬,その馬が外目から差し込む競馬,このインも伸びる馬場設定だと辛い。人気にならないタイプなので引き続き狙っていきたい。条件噛み合えば馬券になるはずの馬

【次走注目】ハクサンルドルフ → ダノンプラチナより少し前の位置から大外に出して追い込んできた。馬場的にインにやられたのが大外差し込み勢なので引き続き注目

アドマイヤリード → フォトパでもイマイチ評価をしたように集中力がキレている。スランプ期に入った。

クルーガー → 追われるタイミングが早かったようにこのペースだとナチュラルスピード負けしていた印象です。若しくは前走の反動があったかもしれません。心身充実していると思わせましたが、これで崩れるとなると今後は信用しずらい。

ディヴァインコード → 頭が高いので追って末脚勝負は分が悪いので勝ち負けするならこの競馬は正解,インが延びる馬場で頑張ってはいましたが,東京の直線は長かったですね。もう少し有力馬の仕掛けるタイミングが遅ければ良かった。展開一つ。能力は出し切っている。


ダイワキャグニー → ノリさんのヤリ設定でしたが,常に外々回されて外の中団から差し込む。1・2着馬との差は枠順と立ち回りの差で枠順が中枠からインなら同じだけ走れていたものはある。根幹は主催者の辛口ジャッジに泣かされた形


ベルキャニオン → 馬体からは完全に東京向き,でも安定している馬で突き抜けるだけのものは持っていない。次走は同じような設定で相手弱化戦なら。でもそういう条件だと人気しやすいので馬券妙味の無い馬です。




【東京新聞杯】(東京)~リスグラシューが馬群を割って抜け出す
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

きさらぎ賞出走馬最終追い切り・調教分析2018 

2018/02/04 Sun.


--------------------------------------------------------------
※読み進める前のお願い


≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

<< 更新情報 >>

〇 更新中
 → また最近早起きができなくなってきました。最近起きるのが6時で作業時間が足りません。。。。途中までアップします。


◎ きさらぎ賞出走馬最終追い切り・調教分析2018

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

きさらぎ賞・東京新聞杯出走馬フォトパドック診断2018 

2018/02/01 Thu.



 いやー,土日もずっと長男坊のフットサルイベントに付きっ切りだったので,どうも疲れが抜けません。やはりもう若くはないですね。。。。苦笑。


 アイスクライマーさん,ありがとうございます!サラキア号,できれば桜花賞から,最悪でもオークスへクラシック路線へと進んでほしい馬です。期待して観察していてください!(笑)。

 
 今週末も長男坊の小学校のサッカーチームのフットサル大会です。予想はしていましたが,こんな日々が今後も続くのですね。親も割り切って楽しまないとやってられませんね(笑)。


 子供たちが一生懸命フットサル・サッカーをやって,負けて悔しくて泣いている姿を観ると親もウルウルと来ます。悔しいと思えるくらい一生懸命プレイできているって素晴らしいですよね。

 
 また,自分もフットサルをやりたくなってきました。今はバスケをやっているのでそちらで意識高いプレイをできるようすおっちが入ってきましたよ(笑)


 雑談ばかりでスイマセン。今週のターゲットは,東京新聞杯ときさらぎ賞です。時間と体力が許す限り,アプローチして行きたいと思います。


◎ きさらぎ賞出走馬フォトパドック診断2018



-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2018-02