調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

エリザベス女王杯女王杯出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/11/12 Sun.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 疲労蓄積のため,朝起床できず更新遅れています。すいません^^;
 

◎フォトパ簡易コメント

スマートレイヤー 
前走時のフォトパでも走れた点は評価できる。今回のほうが絞れている。L質な馬ですが,牡馬混合戦でも安定して能力出せて通用できている点は評価高い。牝馬限定戦になるならやはり能力は最上位評価

ルージュバック 
前走は背中の張りが良く,トモ、お尻も力強く芯が入ったフォトパでしたが,今回は太目感なくそしてゴリっとした筋肉ではなくスマートな形で見せる絵になってきました。この変化をどうとらえるかでしょう。2015のエリ女もこんな形で仕上げてきて走れているので問題はなさそうです。無駄なくスッキリと仕上げられています。

ウキヨノカゼ
ボテっとした造りで脚も短めでどちらかというと京都タイプには見えない。ピークは過ぎた感を受ける。戦績も伴っていない。

ヴィヴロス
充実一途という言葉がピッタリで馬体の迫力が素晴らしい。脚が長いディープ馬で京都はピッタリでしょう。今一番勢いがあり,今後の牝馬戦線では主役になりえる器だと思えます。絶好調です。

ミッキークイン
どうもお腹をボテっとみせて筋肉の張りが物足りない。背中や腰、トモなどにに芯が入り切っていない。個人的には評価しずらい絵です。

クイーンズリング
筋肉がもっとボリューム感良く見せてくる馬体なのですがその辺が物足りなく映る。太目感はさほどないが,全盛期に比べると物足りない絵です。

クロコスミア
毛艶が悪くなってきていますね。距離も伸びてプラスではないし、ステゴの硬さも京都向きではない。前走は好走できたが今回は割り引きたい。

トーセンビクトリー
高い位置で仕上げてきましたね。さすが角居Qです。後肢なんかは凄い迫力ですね。背中も良くバランス良し。しっかり出来はピークに仕上げてきた印象を受けます。

マキシマムドパリ
ちょっとボテっとした感じには見えますが,意外と肩と腰としっかり芯が入っています。前走先行して負けましたが,使って馬体派良化しています。芯が更に入ってきました。

ディアドラ
脚が長い点は京都コースに対応しやすいのでプラス材料です。背中も良く前も後ろも力強い。秋華賞時より馬体はパワフルになってきました。これは充実一途で連チャンできるタイミングに入っている可能性は高い。いいです。

リスグラシュー
ローズS時から仕上がっていた馬で3戦目、上積みはなさそうですが,高い位置でデキはキープできています。能力の高さは馬体からも確認できる。

モズカッチャン
立ち姿がトモが流れてバランスよく見えないですね。背タレにみえてしまう。毛艶も悪い。前走は好走できましたが,どうでしょうか。


去年穴を開けたのは,シングウィズジョイ
脚が長い系のマンカフェ産駒,スロペ&距離延長でハメた形で馬自身もフォトパでも充実度が高かった馬です。
京都は下り坂スパートなので最後は平坦,自分でギュンと弾ける剛性の強さよりも,下り坂を利用できる完歩の大きさからのスピードの持続力が重要です。良馬場だったら尚更、脚の長い馬をしっかり評価したい。
(この舞台まで上がってくる馬は大概脚長い系が多いが。)




◎ エリザベス女王杯女王杯出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ヴィヴロス友道
栗坂併せ馬ルメール52.0-38.1-25.3-12.9

余裕の動きですね。併走馬は最初から相手になっていません。追えば弾けますが,完全馬なりでペースを維持した形で流したものです。四肢の連動性も良く、バネがあり追うと弾ける躍動感があります。一度レースを使って型通り良化し,このレースを制覇したい意気込みを感じさせる動きです。

→ 走りに芯が合って無駄にぶれるような挙動もない。素晴らしい。

≪一週前追い切り≫
3頭併せ馬でインから併せます。大きく後方から追走してコーナリングで併せる形、そこらしっかり溜めを作ってゴーサインを出すとしっかり楽に弾ける内容です。非常に操縦性が高く,馬の集中力も高い。安定して高い能力を出せる状態です。



ウキヨノカゼ菊沢
美坂併せ馬調教師52.3-38.6-26.3-13.8

調教師自ら騎乗していて陣営としても復活してほしい位置付けの馬です。坂路でもグイグイ併せ馬で気持ちが入っています。なんぼか良化してきている印象を受けます。いい頃は、もっと躍動感があったのでまずはレースを使って活性化してくることを望みます。

≪一週前追い切り≫
併せ馬でインから併せます。併せてから最後ムチを入れられても前に出ることはなかった。どうも安定化してきている印象を受けますね。以前は追い切りで豪快な動きを見せてくれた馬です。内面的にもピークアウトした可能性が高い。




エテルナミノル本田
栗CW単走四位馬なり83.8-68.8-54.2-40.6-13.0

ちょっと馬体のアウトラインは立派かなぁという感じはありますが,走りに関しては力強さがあり集中して走れています。雰囲気は良いです。ただ、G1ならもっと無駄のないボディが理想です。

→ 前走圧勝も重馬場血統エンパイアメーカーという点が働いた。今回も馬場が渋るなら面白い。


クインズミラーグロ和田正道
美南P単走74.7-58.5-42.9-12.8

コースの大外を単走追いです。いい意味で安定しています。安定していますが,上位厩舎と比較するとトレーニングの質が違いますね。前走は鞍上と喧嘩して凡走してっしまった。これが悪いきかっけになる可能性はある。距離延長を意識しての押さえようとした競馬でしたが,それで凡走なのでこのステップもきになるところ。連戦好走で心身ストレスが溜まっていた可能性も有る。

≪一週前追い切り≫
ポリトラックで単走追いです。溜めを作ってしっかり終い弾ける内容で操縦性高く状態面も高い位置で安定できている。


クイーンズリング吉村
栗CW併せ馬Cデムーロ84.3-68.2-53.2-39.4-12.1

併せ馬で後方から直線向きインから併せる形になる。終始馬なりで併走馬を圧倒します。楽に動けて馬にも前向きさある。溜めも効いて我慢してから動けているので操縦性も良い。意外と仕上がりは悪くないです。持っている能力をしっかり出し切れる心身状態には持ってこれています。評価としては良いです。

→ こちらはクリスチャンデムーロなんですね。ミルコはモズカッチャンですか。そうですか。

≪一週前追い切り≫
併せ馬でインから併せます。直線向くrとスっと動いて楽に前に出ると終いはしっかり追って1F11.5秒と集中して走れている。一週前の追い切りを見る感じはフォトパの印象ほど悪い感じはしません。むしろ上げですね。



クロコスミア西浦
栗坂単走53.6-39.1-25.2-12.5

闘争心をしっかり保ちながら集中力も有,しっかり走れています。この馬なりにデキはキープできている。ただ,強い蹴り返しが売りのステゴ産駒だけに良馬場だと軽さがあってロングスート向きの流れになると適性負けする可能性はある。スロペ凡戦になるか、やはり湿った馬場になるなどのオプションが欲しいです。

≪一週前追い切り≫
坂路で単走追いです。内面はピリっとしており闘争心旺盛です。手脚の返しの力強さは良く,フォトパの印象ほど悪い印象は受けません。デキは維持できています。


ジュールボレール西園
栗坂単走一杯52.6-38.0-24.7-12.3

西園先生、二週連続坂路でハードに追ってきましたね。先生的にはここで結果を出したい強い意志を感じさせます。坂路でビシビし追っていますが、フォームが小さくなることなく意外と大きく走れている点は非常に大きな評価ポイントです。馬も追われてからしっかりふぁおとできているし、精神的にまだやられていません。ここは勝負の一鞍です。

→ エリ女を本気で獲りに来るなら,もう少し距離を意識したレース選択や乗り方をする必要があった。ヤリ意志は強くても,レーシングマネジメントに甘さがあるという隙がある。

≪一週前追い切り≫
坂路で単走追いです。終いしっかりムチ入れてしっかり追ってきます。走りに無駄がなく身体を線で真っ直ぐ使えている点は非常に良い。馬も真面目でしっかり心身を鍛えられている。評価できますね。


スマートレイアー大久保龍
栗坂併せ馬52.3-37.8-24.6-12.3

併せ馬で坂路でも一週前同様楽に動けます。一言に絶好調です。これだけデキが良くて馬の内面もスッキリしているのであれば、ここは是が非でも獲りたい舞台ですね。鞍上が武豊騎手負傷のため川田騎手に変更です。これは非常にもったいないですね。ただ、これまでしっかり溜めを教え込んでいるし,デキも素晴らしいので代打騎乗があっても結果は出せる状態にあるという評価で良いと思います。一言に評価は良いです。

≪一週前追い切り≫
コースで併せ馬インから併せます。直線でしっかり併走状態に入って仕掛けるとしっかり伸び切ります。身体が非常に動きますね。77.9-61.7-49.3-36.7-11.9です。身体が楽に動くので馬自身も非常に内面がリラックスしています。一言に充実できていてピークに仕上がってくる気配を感じさせます。


タッチングスピーチ石坂
栗坂併せ馬松山終い強め52,9-38.2-25.1-12.5

追われてしっかり最後伸びてきました。走り的には坂路が得意なタイプではないですが時計は良いです。ただ,内面が安定化してきているので前走比で格上げ条件走るには前走圧勝(楽勝)というオプションが欲しいというのが本音です。ここをつかって平坦性高いコースのローカル重賞若しくはOP特別戦狙いが理想なローテです。まずはここで活性化させてきたいところです。

→ 京都コースは本質的に合うタイプです。

≪一週前追い切り≫
併せ馬でインから併せますが,直線向いて手前を替えてもちょっと首が高い位置にあってギュンと沈み込んで弾けきれない。いいものを持っている馬ですが,もっと追い切りでも前向さが出てくるなどきっかけが欲しいところです。本当にもったいないです。


ディアドラ橋田
栗坂単走54.0-39.0-25.0-12.2

前半は押さえて流して半ばから手前を替えて仕掛けて終い重点の追い切りです。しっかり動けています。ただ、やっぱり動きをみると京都より阪神のほうが良い。古馬混合になってこの部分がどう影響するかでしょう。インからロスなく突くならこの走法でも良いですが、流れに乗って外目からロンスパするならちょっとやや心配です。デキは良いですよ。

≪一週前追い切り≫
坂路で単走追いです。パワフルに楽に駆け上がって51.9-12.4です。デキに関しては文句なく,心身が非常に充実していることが一目でわかる。このパワーを生きるのは京都より阪神のほうがモアベターな感じはあります。


デンコウアンジュ荒川
栗坂単走馬なり52,8-38.5-25.2-12.8

大き目の調教助手が乗ってアンバランスに見えますが、それを物ともせずに芯が入った良い走りができています。軽快でスっと動けている。この馬としてはしっかり仕上げてきた印象を受けます。

→ 基本的に直線加速力タイプで平坦性高いコースが良い馬です。新潟・東京が良いが京都外回りも対応は可能


トーセンビクトリー角居
栗坂併せ馬アッゼニ馬なり52.0-37.6-24.5-12.3

馬なりで余裕の動きで駆け上がります。しっかり併走馬と内面の負荷をかけあって最後は自分でしっかりスと前に出て登り切ります。陣営としては,手を尽くしてしっかり仕上げ切ったということを感じ取れます。あとは,レースに行って上手く流れに乗れるか、展開が向くか次第で好走できる準備はできている。

→ 中山牝馬のときよりもグングン良くなっています。

≪一週前追い切り≫
コースで3頭併せ真ん中から併せます。インの馬もグイグイくるところ真ん中からしっかり負けん気を出してファイトします。フォームもこの馬なりに伸びやかさがあってよいです。内面はしっかりスイッチ入っています。ここは角居Qの育成の良いところです。


ハッピーユニバンス平田
栗坂単走池添終い強め53.2-38.6-25.1-12.2

グイグイ力強く走ります。走りを見るとスパートはスムーズな感じではなくエンジン掛かるのに時間がかかりそうで京都を器用に走るタイプには見えません。阪神くらいのほうが合っている感じがします。ただ、坂路でグイグイ走る姿を見ると、末脚は確かなものをもっていることは確認できます。馬自身もここにきてグングン充実している感じが受け取れます。


マキシマムドパリ松元
栗坂単走藤岡佑馬なり54.4-39.0-24.8-11.8

しっかり馬なりで走ってから楽にスっと伸び切ります。ギアを上げる際は非常にスムーズで掻き込みは力強くしっかりキレがあります。芯がしっかり入っていて軸がぶれない点が非常に良いです。デキに関しては間違いなく良いですよ。

→ 戦績を見るとここ2戦負け過ぎて集中力が切れている嫌いはあるが、デキだけは素晴らしいのですがね。


ミッキークイーン池江
栗坂併せ馬浜中終い仕掛け52.0-37.6-24.4-12.1

併せ馬で坂路を駆け上がります。時計が出やすい馬場でしかもコースの内側を走っています。速い時計が出やすい設定でどうも「意図的なのか?」と勘繰ってしまう。動きは思っていたよりもキレていて内面もしっかりしています。想定よりは仕上がりは悪くないようには見えます。

→ ノーザン産の池江Qなので。ケアや育成はピカイチです。当日のパドックでしっかり判断したい。

→ 前走宝塚記念3着の戦績なのに単勝3番人気に甘んじている。本来であれば古馬の1番手で1番人気に評価される設定では?そういう意味でもインサイドでは不安視している可能性がありそう。

→ コース追いで仕上げるイメージが強かったですが、坂路追いでしたね


プリメラアスール鈴木


≪一週前追い切り≫
コースで単走追いです。単走でコースの大外を走りますが、どうもワンペースなところがあります。この馬なりに動けていますが,条件的に恵まれないと厳しい感じはありそうです。


モズカッチャン鮫島
栗坂単走馬なり55.9-40.9-26.8-12.6

軽め設定です。芯が入って良い走りができています。悪い感じはないですね。順調です。

≪一週前追い切り≫
坂路で単走追いです。四肢の連動性良く動きに躍動感があります。ただ,ディアドラ同様京都よりも阪神のほうがモアベターな感じがあります。脚の長さを考慮するとディアドラのほうが京都対応力ありそうです。フォトパの印象ほど動きは悪い感じはありません。


リスグラシュー矢作
栗坂併せ馬坂井終い強め51.4-36.8-24.1-12.2

しっかりムチを入れて終い伸ばしてきます。最終追い切りとしてはしっかり負荷をかけてきました。前走時でも非常に良い仕上がりだっただけに,ここは大きな上積みはやはりないでしょうね。それでもこの馬なり動けているという評価で良いと思います。

≪一週前追い切り≫
坂路で併せ馬です。併せ馬で遅れていますが、あえて遅れるような形をとった押さえた追い切りです。いつもだと一週前は鬼時計出してきますが、もう充分仕上がっているという判断なのでしょうか。上積みはないかもしれないですね。動き自体は良いです。


ルージュバック大竹
美南W3頭併終い仕掛け軽くせ51.7-37.4-12.3

3頭併せでインから併せますしっかり内面に賦課をかけてスっと動く内容です。一週前にしっかり負荷をかけているのでこの程度で問題ないのでしょう。内から併せているのでイメージはイン突きでしょうか。ただ、枠順は大外配置ですね^^;

≪一週前追い切り≫
コースで単走追いです。フォームが非常に大きく動きも豪快です。ロングスパート型で京都は合いますね。一番は平坦性の高いコースで新潟や東京がモアベターですが、京都もOKです。馬体もしっかりシェイプされていて動きも機敏です。仕上がりもこれは大きな期待が出来そうな感じがあります。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ ヴィヴロス

A  スマートレイアー、ルージュバック

B+ ディアドラ,トーセンヴィクトリー、マキシマムドパリ

B  ミッキークイン、クイーンズリング、リスグラシュー

B- クロコスミア、ジュールポレール(やはりマイルくらいが良い)、ハッピーユニバンス(京都じゃないコースで次走狙いたい)、デンコウアンジュ(展開向く必要あり)、モズカッチャン(京都最上級戦よりは違う条件で)

注  なし 

( 補 足 )


(1)オッズ配列チェック


1番人気16ヴィヴロス 単複3.2 1.5 馬連11-16 10,7 3複5-11-16 21.2
単複 → 上位人気混戦も1番人気は意外としっかり評価
馬連 → 上位人気混戦も1番人気は意外としっかり評価
3複 → 上位人気混戦も1番人気は意外としっかり評価
短評 → 上位混戦オッズ
圏内 → 単勝12番人気マキシマムドパリまで圏内,
     単勝10番人気ジュールボレールまでが出現可能性大


人気グループ --------------------

16ヴィヴロス 3.2 1.5
17ルージュバック 6.0 2.7
11ディアドラ 7.0 2.4
10ミッキークイン 7.7 2.2
05モズカッチャン 7.7 2.0

伏兵グループ-------------------- 

12スマートレイアー 9.8 2.6
07クイーンズリング 15.2 3.4
06リスグラシュー 14.1 3.1

穴馬グループ-------------------- 

13ジュールボレール 28.6 4.7
04クロコスミア 24.6 4.7

準穴馬グループ-------------------- 




03トーセンビクトリー 73.4 9.6
15マキシマムドパリ 91.6 10.2


-------------------- 以下略


無題

 昨年は牝馬限定戦のスロペ凡戦ペースで位置取りできた馬のレースでした。

 今回も同様の展開になるなら,大外枠配置でゆったり走らせてしまうとドボンとなってしまうのがルージュバックとヴィヴロスという枠順設定で主催者が盛り上げる設定をしてきた印象を受けます。

 4歳牝馬で明らかに心身充実度の高さが伺える同馬をやはり評価しないといけないというのが私の馬観スタイルです。鞍上もルメールで脚を余さない騎乗をしっかりするはず。脚を余さない騎乗を意識し過ぎて外を回し過ぎて,足元をすくわれるということもありえます。ですが,3着以内確率は高いと思います。

 ◎16ヴィヴロス

 相手は,川田騎手が意識して前につけてきそうな

 〇12スマートレイアー

 心身レベルも高く,操縦性高い状態で川田騎手でも問題ない。距離も加齢とともにこのくらいは合う。前走古馬牡馬混合戦で今回と比較してもメンバーレベルは悪くない。デキも上向きで素直に評価する。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

デイリー杯2歳ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/11/11 Sat.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ デイリー杯2歳ステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



カクリョウ加藤敬

坂路で単走で終い強めに追っています。馬場は内目でキレイ、時計が出やすい状況で53.7-12.3です。とりあえず動けていますが、重賞レベルになるとそこまで大きな強調点はない。

→ ダートで逃がして勝ち上がり,距離一気に延長で短距離逃げで圧勝でもないとなるとローテ論からは不安が多い。


カツジ池添
栗CW併せ馬松山終い仕掛け80.8-65.5-50.8-37.6-12.1

馬体バランス良いですね。併せ馬でインから併せます。もっとしっかりギュンと弾けてほしいというのが本音ですが,これはこれで良いものは持っています。どちらかというと阪神より京都で上手く立ち回る競馬のほうが現状合いそうです。


ケイアイノーテック平田
栗坂併せ馬川田終い仕掛け51.5-37.1-24.3-12.0

飛びが大きくてしっかり駆け上がってきますね。馬場の真ん中目ですが,時計も良いです。、最後も比較的余力充分で馬の内面も真面目さと強さがしっかり内包できています。坂路でしっかり力強く駆けあがれるので阪神のほうが生きそうですが,十分京都でやれるタイプの走りです。柔らかくて大きな走りができるので京都は合うはず。


ジャンダルム池江
栗CW3頭併せ水口終い強め83.0-65.8-51.3-38.1-11.6

併せ馬で真ん中から併せます。外の馬からしっかりプレッシャーを受けますが、しっかり内面で反応できています。最後までしっかり内面に負荷をかけられてそれに応えている内容は評価できます。難易度は高めの追い切りです。


ナムラアッパレ目野

首が高くて軽快なスピードがありそうです。もっと動きに芯が入ってくれば先先走ってくる馬でしょう。距離は短い方が良さそうでマイル戦は厳しいかなぁ。未勝利勝ちも少頭数でメンバーレベル低く、その後レース使い詰めで上積みも無さそう。


ヒシコスマー清水久
栗CW併せ馬終い仕掛け浜中80.9-65.6-51.7-39.3-12.8

併せ馬でインから仕掛けますが,馬がどうもズブく、ムチを入れてはみますが最後は流すような形になる。飛び自体は力強さが合って意外と良いです、追い切り動かないタイプって感じでしょうか。どちらかというとキレよりグリップがあるような走りです。


フロンティア中内田
栗CW3頭併せ中井終い仕掛け82.3-65.3-50.8-37.4-11.5

真ん中から併せます。しかけるとしっかり反応して伸び切ります。首が高くて脚の回転も速く,いかにもスピードがありそうな馬なのですが,溜めも効くので,距離は長くても【スロペ凡戦だったらしっかり距離長くても能力出し切れる】タイプに見えます。本質的な走法適性から言うと距離は短いところです。脚が長い面もプラスに出ている感じです。内面の真面目さ,操縦性の高さ,身体面の完成度から他馬比較で今は活躍できているという感じです。

→ 抜け出す時の脚は速いです。東京コースや阪神でガチレースになった時は勝ちきれないと思います。瞬時の反応は良くギュンとキレますが,長く脚が続かないはず。(首が高い走法なので)。スロペ凡戦だとスパート区間が3Fで行けるのとしっかり溜め作っておけるのでで対応できる。



メガリージョン野中
栗CW併せ馬Mデムーロ馬なり64.2-50.0-36.8-11.8

大きく離れた後方からじっくり溜めて動き出し,最後仕掛けるとしっかり反応して前を捕えます。かなり難易度設定高い追い切りでそれをクリアしてきた。キンカメですが、硬いといった感じはなくゆったりとしたフォームながらカチっとした部分もありいい感じで同居できています。これはぜひとも東京コースで走らせてみて欲しかった。タイプ的に差し・追い込みなので,混戦向きとなるのでこのレースだと勝ちきれないでしょうが,掲示板から2着までには来る資質は感じさせる。

→ 追い切りは完全に溜めて走らせていますが,レースでは前に行っているんですね。これなら勝ち負けできるかな。スロペ凡戦だとフロンティアのほうが抜け出す脚は速いのでそこは意識して乗らないといけない。ロングスパート勝負に持ち込むのがベスト

→ レース映像観ましたが,前走噛んでますね~ガッツリ。逃がすか後方ポツンかしかできないタイミングかもしれない。。。。。これは困った(笑)。レース映像観ると評価しずらい(笑)

→ 後方ポツンから溜めて追い込む練習をしたいというのが先を目指す上での育成者の判断、それが追い切りで感じさせる。ここは勝ち負けではなく育成の場にすべきでしょうね。。。。。。


ロードイヒラニ千田

3頭併せでインから併せます。終始前にいて最後までキープしてフィニッシュです。この馬なりに動けています。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ フロンンティア

A  ケイアイノーテック

B+ ジャンダルム

B  略

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 本レースの位置付けだと,現時点で完成度の高いフロンティアで致し方ないでしょう。

 相手本線は,追い切りからはケイアイノーテックが本線でしょうか。

 パドック次第では、ジャンダルムもピックアップしてみたい。池江Q育成馬です。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ


edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-11