調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

アルテミスステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/10/28 Sat.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ アルテミスステークス出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。





ウラヌスチャーム齊藤誠

併せ馬でインから併せる形、終始併走で最後は手甫多恵で明らかに上でフィニッシュです。ちょっと首が高いですがしっかり前脚を前に出してピリっとした動きもできそうな後肢の挙動もある。ルーラー産駒にしては緩すぎない点は良い点です。

→ 新馬戦はスロペでしたが直線だけで差し切った内容は良い。2着カーボナートを物差しにすると有力候補でしょう。



グランドピルエット田村

併せ馬でインから併せます。先行して仕掛けて直線併せ馬という形になることなく走り切ります。脚が長くて前脚もしっかり前に出して後肢の可動域も大きいです。これはいかにも東京・新潟でトップスピードの持続力勝負向きです。しかもロードカナロアでスピード値もしっかり持っている。気も良いタイプでいい感じですね。もっと走りに芯がはいってくれば完ぺきです。現状でも通用するものはもっている印象を受けます。

→ 前で競馬させて4角先頭から押し切る競馬イメージでの追い切りです。2歳世代戦ならハマ理想な感じがあります。

→ 中山でデビューさせていますが追い切り観る感じ東京は問題無さそうです。前走は田辺騎手が卒なく乗れていますね。非常に上手い。ギアの上げ方も完全に手のうちに入れてきそうな雰囲気で手が合いそう。



シスターフラッグ西村

時計は遅いですが最後手前を替えてしあっケルトしっかり伸びますね。大きく飛べていてカチっとしたフォームでもありルーラーの緩すぎる感じがない点が良い。気持ちもしっかりスイッチ入っていて真面目さがある。結構良いです。

→ 札幌2歳時の追い切り映像も見ましたが、スパイキュールが強く出ているのか硬い感じがでていますね。



シンデレラメイク鮫島

内を走らせるので馬場を考慮しても時計は出やすい。しっかり溜めを作らせて走らせられていないしここに入ると完成度が低めです。最後の弾けさせ方も不満でブリランテ産駒らしい硬さが強そうな走りです。東京替わりはやや不安です。



スカーレットカラー高橋亮

追い切り自体は軽めなのですが,走りを見ると非常に四肢の連動性が良さそうな走りができている。やや硬そうな感じはあるが東京でも十分ヤレそうな走りではある。内面もしっかり真面目でまとまっている感じを受ける。好走できても不思議ではない。あとは横の関係次第です。




ダノングレース国枝

ディープインパクト産駒あんんですがどうも走りが小さいというか硬い走りをしちゃうタイプですね。スケール感を感じさせない。札幌デビューをさせたのは納得といったところはある。東京コースに替わってポジティヴという感じを受けない。むしろ小回り競馬で適度に時計掛かる方が良いさそうに見えてしまう。追い切り設定としては後方からしっかり仕掛けて前を捕えるという難易度の高い追い切りで馬自身は真面目に走れているので悪くはない。

→ ギュンとい使う筋肉は強いのでスロペからのキレ勝負という形に持ち込めるなら完成度の高さでパフォーマンスは出せそう。なるべくロスなく競馬させてインからギュンと弾けさせる競馬をしたい。内面は良い。




トロワゼトワル安田隆

調教師自ら騎乗していますね。四肢は乱れることなく真っ直ぐ線で連動して使えていますね。いかにもスピードがありそうという走りができている。内面も真面目で前向きさがあり操縦性も高い。完成度は高いですね。いい馬ですよ。

→ 前走パドック観ると脚が長くて筋肉の感じはいかにもロードカナロアといった雰囲気を感じさせますね。レース揉み明日が、腰が強いですね。前で受けてしっかり最後まで伸び切ります。坂路でビシビシ鍛える安田Qらしい馬です。



トーセンブレス加藤征

飛びが綺麗で手前を替えるとしっかり伸び切りますね。いかにもディープインパクト産駒の良いものを受け継いでいるという感じがあります。どちらかというとしっかり溜めさせてから弾けるというバネがあるので,前受けはしたくないですね。レースペースもスロペからの瞬発力戦が得意なタイプです。ハイラップ戦になると前で受けてしまったら脚が溜まらなくなって惨敗もありえます。

→ 新馬戦であのいレースをされるとそれは評価は高くなりますよね。基本的に新馬戦では凡走位置にいました。そこから上げて行って最後直線の外に持ち出すとギュンと一気の加速,上3F2位の馬と1.1秒の末脚差です。これは現状において「別格」という証明ができたレースです。

→ この時期にこのレースぶりをみせられると,短期的には評価しなくてはいけないタイミングです。ルメールも起用します。

→ 2着馬は募集馬見学ツアーでじっくり見せてもらったシルクのプリモシーン、次走順調に勝ち上がっています。

→ 母父ファルブラヴいいですね~ケイティーズソレルも必然的に期待したくなる。



ラッキーライラック松永幹夫

オルフェらしいカチっとした走りをしますね。内面もしっかりしており真面目さと強さは持てている。ただ今で2番人気ですが,そこまでのポジティヴさは正直感じないが・・・・・。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ トーセンブレス、

A  トロワゼトワル

B+ ダノングレース、ウラヌスチャーム、グランドピルエット

B  スカーレットカラー、ラッキーライラック

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 ラテュロスは追い切り映像ありませんでした。9/6の映像を確認しましたが、走る動きは柔らかく出素晴らしいです。ただ、内面はフワフワして幼く,完成はまだ先といった印象を受けました。身体能力は高く,前走パドックからも馬体派素晴らしいので走ってきても不思議ではないです。


 今の段階では,ハイパフォーマンスな決め手を持つ トーセンブレスが軸馬 で致し方ないでしょう。

 逆に今なら「単勝1倍台ではない状態で買える」ということをポジティヴに評価すべきです。

 トーセンブレスに継ぐキレを持っていそうなのは「ラテュロス」です。いかにも良血ディープ馬といった動きが出来ている。インで上手く脚を溜めて気分を害さないで直線仕掛けて来ればギュンと弾けそう。体力戦になって精神力勝負になると幼さを出して投げ出す可能性はあります。

 後方から差す位置のトーセンブレスが重力を背負うので,前で自分の競馬に徹してここで結果を出せそうなパフォーマンスを持つ馬を評価したいレース設定にはなる。

 このことを考えると,心身完成度の高い 08トロワゼトワル を 個人的には評価したい。

 あと積極策が生きる展開と馬場なら,グランドビルエットにもチャンスはありそうです。

 前受け馬に有利な馬場設定か,先週の雨の影響が芝にどう与えているか確認してから再評価を与えたいところです。
 


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10