調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/10/15 Sun.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


★アエロリット菊沢

美坂単走調教師馬なり52.4-38.0-24.8-12.3

単走馬なりで坂路駆けです。坂路でもブレがなく待っ過ぎ綺麗なフォームで大きく走ります。身体がしっかり動くので内面も非常に充実しています。菊沢師の馬造りの情熱が映像を経由してしっかり伝わってきます。この情熱が実を結び,結果につながることを期待したいですね。

→ ノリさんも師の情熱を引き継いでレースでは渾身のヤリ騎乗を見せてくれるでしょう。インサイドとしては「大ヤリ設定」なのは間違いないです。

→ バランスよく毛艶も良い。理想はもうひと絞りあっても良い印象もこれでも十分走れるデキにはある。貧相に見せるよりもこのくらいのほうが健康的で良いか。

≪一週前追い切り≫

美南W併せ馬調教師馬なり79.7-64.6-51.1-38.1-12.8

併せ馬でインから併せます。ハミをかけただけで大きく気合をつけることなくしっかり反応して,直線半ばでしっかり自分の意志で前に出ます。動きも無駄なくスムーズに動けています。心身共に充実していることが見てはっきりわかります。

→ 調教師自ら稽古をつけているとおり,厩舎として気合を入れて調整している馬という位置にいる。


第65回クイーンステークス(G3)
芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.2 - 11.2 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.5 - 11.9
12.2 - 23.4 - 35.2 - 46.8 - 58.3 - 70.2 - 82.3 - 93.8 - 105.7
(35.2-35.5)
1-1-1-1-1着(35.5:8位)<6-7-6-5-2着:34.4:1.1差>

上がり最速馬が2・3着であるが,それを完封して勝ちきったことには大きな意義がある。洋芝も適性的に合っていたのも事実で京都馬場でも同じパフォーマンスを示せるかがカギとなる。



ヴゼットジョリー中内田

栗CW単走馬なり67.8-52.1-37.2-11.6

馬場の大外を馬なりで大きく駆けます。前脚をしっかり前に出して軽快に走れるタイプで平坦競馬が理想ということで新潟2歳S時にはしっかり推奨した馬であります。その後はすべて阪神コースに使用して善戦止まりというレース内容です。今回初の京都替わりということで適性面は大きく改善されると考えています。線が細く使い詰めると仕上げが難しかった春先ですが,今回は仕上がりに関しては悪くないと判断できます。あとは,距離伸ばしても対応できれば完璧です。

→ 軽やかにしっかり弾けきれている。四肢の連動性も良い。マイラー的な流れになるのであればインで上手く流れに乗って馬券圏内進出の騎乗を期待したくなる適性面を持つ。

→ 内面的にはまとまっている系なので,一気の相手強化はプラスにはなら無さそう。ハイラップの阪神1800m戦を使っておいて200m距離延長というシナリオがベストだった、

ポートアイランドS
芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.9 - 11.7 - 11.0 - 11.5 - 12.0
12.6 - 23.5 - 34.9 - 46.8 - 58.5 - 69.5 - 81.0 - 93.0
(34.9-34.5)
3-4-5着(34.5:9位)<12-12-3着:33.5:1.0差>

前半ちょっと気が入り過ぎた感じがあるも道中折り合いは問題なし。やはり阪神の坂では弾けきるものはなかった。京都替わりでうまく立ち回ることができれば穴馬としての資質はある。



★カリビアンゴールド小島太

美坂単走馬なり55.6-41.2-26.8-12.8

大外を馬なり単走です。楽に駆け上がれていて心身面は文句なく仕上がっていそうです。

→ やはりステゴ産駒なので捌きは硬めで蹴り返しが強いタイプです。京都の軽い設定だと良さが生きてこない可能性はある。鞍上もアウェイの京都で田中勝春,好走イメージ湧かない。

→ フォトパはバランスよく良い状態です。個人的にはオークスのほうが上と判断

≪一週前追い切り≫

美坂併せ馬田中勝馬なり55.2-40.6-26.0-12.8

併せ馬でそとから追走します。脚の回転があり,蹴り返しも強いです。ステゴ産駒らしさが合って良いですが,ステゴ産駒で京都大舞台となると良いイメージは持てない。内面も集中力高く非常に走ることに前向きさを持てている点は大きく評価できる。

→ 昨年は菊花賞でレインボーラインがステゴ産駒として京都G1好走,世代戦ならボーダーラインでしょうか。また過去に硬いタイプのクイーンズリングも好走できているのもプラス材料です。



★カワキタエンカ浜田

栗坂単走馬なり53.6-39.3-25.0-12.5

追い切りの動きを見る限り,疲労とストレスはしっかりケアされていて問題なさそうです。内面も闘争心がしっかり入っており,へこたれるよりも更に燃えてくるタイミングのように見える。フォトパで見たときもそうでしたが馬体が素晴らしく,カチっとした動きで走れているので,こういう部分が阪神1800mをハイラップで走っても残れたというのは納得する部分はあります。前走は,「トライアル&阪神」ということで奇策がハマった形,今回は本番で各馬気合入っております。鞍上も逃げの天才ノリさんからの乗り替わりはマイナス材料ではあります。

→ フォトパは張り満点で絶好調です。

≪一週前追い切り≫

栗坂単走北村友馬なり54.1-38.6-25.3-12.7

内面がしっかり強い意志を持てている点は非常に良い。ディープ産駒ですが,カチっとしたところがあり,内面の併せて前受けでハイパフォーマンスを出せている要因にも感じさせます。飛びも綺麗で真っ直ぐ無駄なく線で身体を使えている。厳しいペースで激走したあとですが,順調さは保てている。

→ 前走はノリさんの天性で走らせた部分がある。アエロリットに乗るはずなので鞍上は替わる点は大きな割引材料です。



タガノヴェローナ中村均

栗CW単走馬なり84.9-67.5-53.1-39.4-12.6

走るフォームがダラっとしていて溜めが足りない。また,俊敏性があるという感じもないのでやはり芝よりダートというタイプに見える走りです。記念参加設定です。



★ディアドラ橋田

栗坂単走終い一杯54.6-39.4-25.4-12.3

サインを出すとしっかり反応しますが,手前を替えるとどうも持たれるような形で走ります。欲を言えばしっかり真っ直ぐ走って欲しかった。馬体的にも柔らかいという感じではないので軽い京都でどこまで戦えるかでしょう。

→ モタれてはいますが,最後はムチが入って真っ直ぐという形でしっかり伸び切れています。ハービンジャーらしさはありますがこの馬なりに素軽く動けている点を考慮すると,デキ自体は充実しているように受け取って良さそうです。

→ 日曜朝に確認しましたが,開催当日雨予報ですね。軽すぎるよりも適度に摩擦がある馬場が理想で,これは「恵み」になるタイプです。

→ フォトパを見るとギリギリという造りに見える。当日パドックで確認したい。

→ 紫苑S上位組ではやはり最上位に推したいのは「ディアドラ」ではある。中山開幕週で軽い馬場を大外大捲りから力でねじ伏せるのは「格の証明」ができている。


≪一週前追い切り≫

栗坂単走ルメール終い仕掛け軽く54.4-38.8-25.0-12.2

ハービンジャーらしくちょっと硬い走りをする感じがあります。そこが京都に替わっての気になる点にはなります。手前を替えてからギュンと加速してしっかり楽に伸び切ります。身体もそうですし,自然と内面も充実してきている感じがあります。

→ 大外から大捲りして勝ちきった内容は力を証明した形になる。これは大きな強みです。ただ,スロペだったので,これが京都のハイペに替わってしっかり対応できるかがポイントです。評価ポイントはここがかなり重要になりそうです。



ハローユニコーン鮫島

栗CW併せ馬今井仕掛け51.4-37.9-12.0

この馬なりにまとまっている感じは受けますが,絶好調という強さは感じさせません。ローズSでも後方から末脚を使えていないように完全にリズムを崩している点はG1で巻き返す要素を感じさせません。



ファンディーナ高野

栗CW単走岩田終い強め85.9-69.3-53.8-39.3-11.9

パワーと量が非常に豊富そうな雰囲気がある走りです。気になる点は,「闘争心が足りない」ということです。どうも完全にリズムを崩してしまったようで,内面にスイッチが入り切っていません。良い素材を持っている馬なので今一度休ませて心身リフレッシュさせて完全復活させてあげて欲しい。ここが休養期間中におけるノーザン系と比較した育成面の違いなのかと感じる側面です。

→ 単走だから気持ちが入らないのかもしれません。ただ,騎手が鞍上に乗っているのでもう少しピリっとしたところを見せて欲しかった。L質が強くなっている印象を受ける。

→ 秋華賞でフルゲート京都内回り,闘争心が一定程度欲しい設定ですのでこの内面の感じは個人的に割引材料です。

→ 1・2番人気に押されない点からもインサイドからの評価は低いのでは?



ブラックオニキス加藤和

美南W単走大野馬なり83.5-67.2-52.6-38.7-12.8

単走ですが集中力高く操縦性も良い。直線向いてしっかり手前を替えて加速できている。この馬なりに非常に良い状態です。紫苑Sで4着があったのは納得の状態面です。

→ 今回も同馬の能力はしっかり出し切れる仕上がりにあります。少し硬めに動く面があるので,ステゴ産駒っぽいたいぷではありますが,後肢の稼働は大きめで悪くないです。



ブラックスビーチ角居

栗坂単走馬なり53.0-37.7-24.6-12.4

しっかり弾けられていて筋肉の躍動感は良い。軽さがあるタイプです。気持ちも非常に前向きさがある闘争心タイプで操縦面を考えると距離はマイルから1400mくらいが理想になってきそうです。前走ローズステークスで速いペースをインポケでついていきますが,坂で止まってしまいました。競馬を辞めているので疲労はないですが,距離延長となるのでもう少し距離が持ちそうなとこをはみたかった。追い切りみると気持ち強いので軽すぎる馬場設定で前が止まらない京都馬場という設定なら穴で考慮してもよいが,雨予報なので今回は静観すべきか。次走以降距離短縮かつ阪神中京以外の競馬場で狙いたい。



★ポールヴァンドル上原

美南W併せ馬三浦馬なり82.1-65.7-51,2-38.2-12.5

真面目でしっかりコントロールが効くダイワメジャー産駒という感じです。今は集中している時期にあり,しっかり自分の能力は出すことができる。その内面の充実ぶりは追い切りからも感じ取れる。スイートピーステークスなどで東京競馬の走りっぷりを見ていたが,キレ負けしてしまう側面があるので,雨予報は同馬にとってプラス材料となります。運は持っていそうです。

→ シルク馬の当たりでしたね。正月明けまで残口があった馬で,こういう馬に出資できる「眼」を持てるようにしないといけません。自戒です。

≪一週前追い切り≫

美南W併せ馬馬なり83.6-67.9-53.6-39.5-12.6

併せ馬でインから併せます。直線では併走状態で外の併走馬が一杯に追って来るも抜かせない気持ちを出して頭差先着します。身体もスムーズに使えており,非常に真面目で闘争心も持てている馬です。

→ 前走は負けて強しの内容です。ただ、スムーズに脚を溜められたという「恵まれた面」は持っている。皇成が上手く乗っていた印象を受けます。



ミリッサ石坂

栗坂併せ馬終い一杯52.9-38.5-25.4-12.8

坂路でしっかり終いまで追われてきます。途中フラフラしていて登板も一生懸命さがあったように「非力」なタイプなのでしょうね。ダイワメジャーっぽくないタイプです。前走レースを見ても「坂を上り切ってからしっかり伸びていた」ところが確認できます。そういう点からも「京都替わりはプラス」に働きそうな馬なのは間違いなさそうです。

→ どうも溜めることを意識して近走レースしているので,もう少し前で意識して脚を溜められるなら面白味はある。ただ,そういう器用さがない福永騎手という点はマイナス,馬に任せるような溜め方をするタイプで無理して前で溜めさせるタイプではない。


メイショウオワラ岡田

栗CW併せ馬松若馬なり80.8-65.5-50.9-37.6-12.3

コースで併せ馬インで併せます。外の後ろからプレッシャーを受けるもしっかり気持ちの強さを出して走り切ります。捌きは硬めでどうもフォームが伸びないタイプです。心身は充実しているでしょうが,京都の軽さ向きの適性とはちょっとズレているタイプだと考えます。



★モズカッチャン鮫島

栗坂併せ馬馬なり57.0-41.4-26.2-12.6

併せ馬でしっかり内面に負荷を掛けます。脚の回転が良いタイプで,理想はスロペからのキレ勝負なのでしょうね。ですので上手くインで立ち回った内容でしたが,それでも伸び切れなかったのはカワキタエンカが演じたハイペ展開だったのでしょう。今回も速いペースが想定されます。適性面的にもやはり厳しい可能性が高いです。

→ ローズSではイン強襲を図り,器用さがあるところ見せてくれたのは良い点です。ただ,あの競馬ならファンディーナは最低でも交わして欲しかった。そういうところからも大きく評価したいという材料はない。勝負強いミルコが乗るという点くらいでしょうか。休み明けは良くも悪くも変われる(変わってしまう)タイミングです。

≪一週前追い切り≫

栗坂単走終い仕掛け強め56.3-41.0-26.0-12.7

ちょっと動きに硬さが目立ちます。この走りだと京都に替わるのは良い印象を感じさせません。馬もどうもこじんまりと見せて覇気を感じさせない点も少々懸念材料です。



★ラビットラン角居

栗坂単走馬なり56.0-40.9-26.4-12.8

馬の気持ちがしっかり乗っており,それでいて「操縦性が高い状態」に見えます。フォーム的には砂で走るタイプに見えますが,捌きは軽やかなので牝馬という形が出たメリットが生きている感じですね。心身レベルのデキに関しては上手くピークに造れています。あとは,中京・阪神とタフな競馬馬で後方一気で結果を出してきているとおり,大きく条件が変わる京都内回り2000mで同じように結果が出せるか??が大きなポイントでしょう。走り的には「不器用なタイプ」だと個人的には感じ取っております。

≪一週前追い切り≫

栗CW3頭併せ終い仕掛けムチ67.1-52.4-38.6-12.3

3頭併せで外から併せます。しっかり併せ馬で内面に負荷をかけながらラスト1F仕掛けて追って更に負荷をかけます。質の高いトレーニングを行えている点は評価できます。

→ tabit×dixなんですね~牝馬だから芝対応できている感じでしょうか。
→ ローズステークスは観戦できませんでしたが,ラビットラン、コイツはしっかり狙える要素は持っていましたね。展開が向いたのもコース適性があったのも事実ではあります。京都替わりで同じパフォーマンスを出せるかどうかでしょうね。今度は最後の急坂がないロンスパコースです。そういう意味ではカワキタエンカのほうが京都向きの競馬が出来ている。(ただ、キツイレースをしているので陣営の疲労とストレスケアが課題にはなる。)



リカビトス奥村武

美坂併せ馬横山和馬なり51.1-38.8-26.3-13.5

始めてみましたが,真面目で闘争心も持っている優秀な仔という感じですね。大事に使われていてそれが良い方向に出ていると感じさせます。こういうタイプは鮮度があって格上戦でも「対応できてしまうことがある」タイプです。ただ,ゲートの出や不器用さがちょっとレースでは目についたので,そこは難点ですが,追われて諦めないで最後まで伸びるという点は評価できます。ラビットランを狙う方は同馬もセットで買うべきですね。

→ 溜めて追える浜中騎手とは手が合いそうですね。一か八かイン強襲できる騎手です。



★リスグラシュー矢作

栗坂単走坂井終い仕掛け52.4-38.3-24.7-11.9

仕掛けてしっかり伸び切ります。青写真どおりここ設定に仕上がってきたでしょう。ただ,走りを見るとやはり「ハーツクライらしさ」があって前脚がちょっとガニ股,京都コースで器用に立ち回るスムーズさという印象は悪いです。それでもスっと反応できている点はデキの良い証です。やはり阪神や東京で狙いたいタイプで京都内回りだと死角はあるタイプだと思います。仕上げ面では特に割引はないです。前走のレースも無難に疲労を残さないレースをした点も評価高いです。

≪一週前追い切り≫

栗坂併せ馬武豊馬なり51.8-37.8-25.0-12.5

併せ馬で終いハミをかけたくらいでほぼ馬なりです。スムーズに楽に身体を動かせていて無駄がない。一度使って確実に仕上がってきている。武騎手とのコンタクトもよい。最後も明らかに余裕たっぷりです。順調の一言です。

→ 賞金的には秋華賞出走できるので,秋華賞に向けて無駄な消耗をせず,しっかり自分の能力だけは最低限走らせたというのがロースステークスでの武騎手の乗り方でしょう。これは本番に繋がってくると思われます。



★レーヌミノル本田優

栗CW単走池添馬なり81.6-65.9-51.1-36.8-11.7

併せ馬でしっかり先着します。硬くて伸びのないフォームですが,内面的にコントロールは効いていて操縦性は高い状態です。そういう意味では距離はOKですが,やはり走るフォームが京都のソレ向きではないというのが私の評価です。良い馬ですよ。ただ、適性違いという一点です。

≪一週前追い切り≫

栗CW併せ馬終いムチ80.1-64.7-50.3-37.2-12.1

併せ馬でそとからしっかり伸び切りますが,やはり剛性が強く,飛び的には短い距離のほうが良いです。しかも京都中距離向きという走りでもない。ちょっと適性理論的に厳しいか。少しずつ安定化しつつある兆しも見えてきている。速く適性レースに戻したほうが良いと思います。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  アエロリット(雨馬場もプラスという強運の持ち主)

B+ カワキタエンカ(充実一途で侮れない)
   ディアドラ(格ある)
   ラビットラン(内面OKで充実,あとは京都適性次第)
   リスグラシュー(能力高くデキ良いので評価せざるを得ない)

B  ポールヴァンドル(真面目で闘争心有,格上OK)
   ミリッサ(京都替わりはポジティヴ)
   リカビトス(真面目で鮮度抜群,器用さがない点割引)

B- ヴゼットジョリー(もっと闘争心が強ければ◎で内枠欲しかった)
   モズカッチャン(闘争心は持てている点は評価)

注  なし 

( 補 足 )


(1)オッズ配列チェック


1番人気01アエロリット 単複4.4 1.9-2.4 馬連1-7 12.5 3複1-7-14 19.2
単複 → 1番人気不安定(押し出される形)
馬連 → 不安定
3複 → 不安定
短評 → 実質1番人気不在配列,1番人気評価不安定
圏内 → 単勝13番人気メイショウオワラまで可能性有,11番人気ポールヴァンドルまでチャンス高い


人気グループ --------------------

★01アエロリット 4.4 1.9-2.4 N S 天才ノリ継続
★07リスグラシュー 5.0 2.0-2.4 N C 武豊継続
★14ディアドラ 7.0 2.2-2.9 N ルメール

伏兵グループ-------------------- 

★02ラビットラン 7.7 2.4-3.1 外 角居Q
★04モズカッチャン 8.7 2.7 3.4 デムーロ
16ファンディーナ 6.2 2.3-2.9 DP イワータ継続

穴馬グループ-------------------- 

11ミリッサ 15.7 3.6-4.7 N C 牝馬なら福永 石坂Q
★08カワキタエンカ 24.4 3.8 5.0 DP 

準穴馬グループ-------------------- 

★17ポールヴァンドル 29.5 5.3-7.0 N SL 
★12レーヌミノル 27.8 6.9-9.2 

-------------------- 以下略


 混戦オッズですね。今現在京都は雨が降っているということ。

 馬場がガッツリ渋ってくるなら,ダート血統馬が走れそうですね。

 その場合の穴馬は,タガノヴェローナ、メイショウオワラなのでヒモに組み入れたい。

 雨の影響がどこまで出るかわかりませんね。


 ただ,馬場が渋れば渋るほどプラスに働きそうなのは


 アエロリット です。


 フォトパの蹄の形を見ても,立ち蹄で明らかに良馬場ではない設定のほうが合うタイプです。本当に「強運」の持ち主でしょう。

 このレースを制するために,調教師も鞍上も情熱が入っており,人気でも個人的には「勝ってドラマを見せてほしい」と考えています。運も実力のうちです。


 蹄から考えると,リカビトスなどディープブリランテ産駒,ラビットランやハービンジャー産駒も押さえたいですね。


 皆様の競馬予想参考となれば幸いです。(真面目に考えて書いたら途中からでしたが3時間くらいかかりました(苦笑))


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-10