調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

スプリンターズステークスフォトパドックデータ2017 

2017/09/28 Thu.

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

神戸新聞杯出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/09/24 Sun.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 神戸新聞杯出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アダムバローズ角田

栗CW単走終い仕掛け85.9-69.0-53.7-38.9-12.4

非常に柔らかく動けていますね。ゆったり走らせて終いを伸ばす内容です。中距離以上をスロペで逃げてそこからギュンと弾けて馬券になるというイメージを感じさせる走りです。スロペで前楽な展開になるなら一発はあっても良さそうです。

→ 走りを見ると軽快なタイプで理想は「平坦ベスト」に見えます。新潟コースあたりを狙って走らせてみてほしいですね。



アドマイヤウィナー須貝

栗CW併せ馬秋山馬なり85.3-68.9-53.9-39.7-12.1

併せ馬で外から併せます。終始併せるような形で走らせてしっかり馬の意志で併走馬を抜かせるように仕向ける意図ある追い切り内容です。いい意味でワークフォースらしくない強い意志で走るタイプです。馬体もしっかりシェイプできている。瞬発力勝負タイプには見えない馬体タイプなので,その辺を意識した騎乗が必要です。心身構造はしっかりしているのでこの点は評価できる。



エテレインミノル北出

栗坂単走北村友終い仕掛け54.8-39.0-24.8-12.0

首が高めに走るタイプです。馬場は綺麗で時計が出やすい時間帯の追い切りですが,その割には時計は平凡ですがこの馬なりには動けています。ギアを上げてからもっと伸びてほしい感じはありましたが,あまり早く動けていない印象を受けました。まだこのクラスでは能力的に荷が重いかもしれません。

→ 前走新潟1800mで先行して2着,今回は条件的にメンバー的にも大きく変わる。



カデナ中竹

栗坂単走福永終い仕掛け強め52.3-38.1-25.2-12.7

追い切りは動かないタイプですが,しっかり時計は出してきます。手前替えてからもスムーズに動けており,この馬なり及第点です。もっとスマートに動けるようになってほしいというのが理想です。

→ アドミラブルと同じ位置から伸びてきますが,伸び切るアドミラブルに対してカデナは途中で止まってしまいました。バネならアドミラブルのほうが上だったので致し方ないところもありますが,ちょっと物足りない内容ではありますね。馬格がしっかりしているタイプなので,阪神は合います。あとはしっかり最後まで力強く伸び切れる意志と身体を作れているかでしょう。個人的にはもっと追い切りで動くところを観たかった。



キセキ角居

栗CW併せ馬Mデムーロ終い一杯67.2-51.8-38.5-11.6

併せ馬でインから併せます。馬なりで馬の意志で併走馬の前に出ることを期待して乗っていましたが,キセキはまったり走って現状に満足していたので最後しっかり追って促したという感じですね。筋肉の質感をみても非常に柔らかいタイプで強いて言えば,ギュンっといった剛性がもう少し欲しいというタイプです。こういうタイプは軽い設定馬場で東京や新潟のトップスピード持続力勝負に適性があるはずです。(チェックしたら前走新潟で圧勝していますね。)

→ 中京でも強い勝ち方が出来ているのでこれは阪神での評価も高い。
→ 2戦連続上3F1位で圧勝,非常に良い臨戦です。心身が充実して集中しています。格上戦歓迎なタイミングです。



サトノアーサー池江

栗CW併せ馬川田馬なり83.1-67.0-51.8-38.5-11.7

併せ馬で併走馬をものともせず伸び切れています。身体もしっかりと作れていて動きも良いです。真面目さもしっかり追い切りから感じさせます。走り的には,正直「マイラー」な感じがあるタイプです。しっかり溜めてギュンと弾けるという感じよりも、ある程度のペースで流れてここから伸びるようなタイプに見えます。適性的には神戸新聞杯タイプではないという仮説を立てたいです。ただいいものは感じさせます。



タガノシャルドネ川村

栗坂単走馬なり61.3-44.7-28.9-14.2

馬場は荒れている状態でインから馬なりで走らせます。軽い追い切りですが,動きそのものはしっかり動けています。カチっとしている感じでいい意味でギュンと動けそうな剛性を持っている感じです。いいものは感じさせます。



タガノヤグラ千田

栗CW単走竹之下終い強め84.3-67.9-52.9-39.7-12.4

単走でしっかり動けていますね。前捌きは適度に硬くて後肢はしっかり後ろまで蹴り返せています。力強さもありますね。阪神コースは得意のタイプに見えます。


ダンビュライト音無

栗坂併せ馬終い一杯50.9-38.0-25.5-12.8

併せ馬でしっかり負荷をかけて最後までしっかり伸び切ります。心身的には非常に充実してきている感じがありますね。どちらかと言えばトライアルホースタイプだと思っていますので,この仕上げで臨んでくるなら非常に面白いかもしれませんね。


ベストアプローチ藤原英

栗CW併せ馬岩田終い仕掛けムチ84.6-69.0-54.3-39.8-11.7

併せ馬でコースの半ばインを走ります。併走馬より終始前にいてそこから仕掛けると強い意志でしっかり伸び切ります。四肢の連動性も良く、後肢の可動域を大きくしっかり動かせています。柔らか過ぎないという点も良いです。阪神コースは合うと思います。

→ しっかり育成されているのか,走りのフォームが良い。連動性もよく,外産ですが硬くなりすぎてない点が良い。さすが藤原英Qという感じです。


第84回東京優駿(G1)
芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4
13.0 - 24.2 - 37.1 - 49.9 - 63.2 - 75.7 - 87.8 - 100.4 - 113.1 - 124.6 - 135.5 - 146.9 (37.1-33.8)
17-7-9-12-9着(上3F33.7:6位:上3F1位【3着】と0.4差)



ホウオウドリーム矢作

栗坂併せ馬藤岡康終い一杯53.0-38.2-24.4-12.1

カフジプリンスと併せていた馬ですね。先輩馬には完全に見劣りますが,しっかり追われてこの馬なりに諦めないで登板はできています。ただ,世代上級戦で戦うにはまだ心身面は足りないかなぁという印象は受けます。

→ 負けん気を出してカフジプリンスに食らいつこうとしている意志は良い。もっと上手に身体を使えるようになってくると格段に走りが良くなりそう。


マイスタイル昆

栗CW併せ馬横山典終い仕掛け83.2-67.7-52.7-38.5-11.5

コースの大外をインの後方から併せます。しっかり溜めてそこから伸びるという一連の動きをみせてくれます。突き抜けると馬は手を抜こうとしますが,少し追ってその辺は矯正されていました。併せ馬の後方から入るときにしっかり溜めるという挙動ができて伸びることができています。これは,フォトパ評価と重ね合せると非常に面白いです。心身レベルは夏を越して大きく成長してきています。

→ ノリさんが栗東まで駆けつけて追い切りに騎乗しています。意外と気に入っている馬のようですね。

→ 背中や腰がしっかりしてきた走りができるようになってきた。好印象です。

【フォトパ評価】
春より明らかに馬体が成長して完成度が高くなってきました。インビジブルレイズもそうですが,ハーツクライは母父が剛性強いスピードタイプのほうが合いそうですね。(私の個人的なシルク馬ローブレガリアはゴーンウェスト、ケイティーズソレルはファルヴラヴだからどちらもイメージ合うか?(笑))肩も良し、背中も良し、お尻トモ良し,逃がしても前付けてもいいですが,しっかり溜めを意識して弾けさせてみてほしい。弾けられるだけの酔い身体つきはしている。これは今回どういう競馬ができるようになってくるか楽しみではあります。

第84回東京優駿(G1)
芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4
13.0 - 24.2 - 37.1 - 49.9 - 63.2 - 75.7 - 87.8 - 100.4 - 113.1 - 124.6 - 135.5 - 146.9 (37.1-33.8)
1-1-1-1着(上3F34.1:10位:上3F1位【3着】と0.8差)

逃がしていますが,ノリさん得意のスロペ落とし!しっかり溜めて末も弾けられている。展開が向いて好走できたことは確かですが,溜めて弾けさせる練習ができたことは今後の自信になる。前目の馬群の中でもしっかり溜められて弾けられるなら非常い楽しみな面があります。



レイデオロ藤澤和

美南W併せ馬ルメール終い仕掛け67.6-51.1-38.2-12.7

併走馬の大きく後方から前を意識して仕掛けます。しっかり反応して併入します。同馬の良いところはカチっとした走りができる点でパワーも兼備した強いキレを引き出せる。ただ,勝ちっとし過ぎていると距離の融通がききずらくなるのでその辺は心肺能力などをしっかり鍛えていくしかない。動き的には悪くはないです。スロペからの瞬発力勝負戦に
持ち込みたいところです。追い切りから確認する分には内面はしっかりスイッチ入っています。

【フォトパ評価】
ダービ時は明らかにフォトパレベルが上がっていましたね。身体の線形が綺麗で理に適っていて素晴らしい。当時どういう評価したかな?^^;
今回はまだやや余裕残しも皐月賞時よりは仕上げレベルは高いです。柔らか過ぎずしっかり剛性を感じさせながら背中や体全体の造りが理にかなっており,溜めて弾けさせるとギュンと動ける雰囲気がある。阪神は軽くなりやすい東京よりむしろ合うはず。

第84回東京優駿(G1)
芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4
13.0 - 24.2 - 37.1 - 49.9 - 63.2 - 75.7 - 87.8 - 100.4 - 113.1 - 124.6 - 135.5 - 146.9 (37.1-33.8)
13-14-2-2-1着(上3F33.8:8位:上3F1位【3着】と0.5差)

スロペを見越してのポジションアップからの仕掛け,最後まで伸び切った内容は勿論馬の心身レベルが高かったということは言うまでもないが,展開を読んで味方につけた騎乗をしたルメール騎手の好騎乗が光ったダービー馬です。スロペなら好走可能性があると評価した馬でそのとおりになった。本質的には最上級2400m戦は適性馬ではないという評価をしており,今後もこの評価は維持していきたい。神戸新聞杯はトライアル戦かつ阪神なので,スロペからの上がり勝負になるなら再度好走可能,トライアルなので厳しいレースぺースにはなりずらいないと思うのでここで好走させて,天皇賞秋かJCでしっかり飛んで欲しい。菊花賞は行かないよね??行くなら、平均ペース以上の菊花賞で適性負けするストーリーも視野に入れたい。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  キセキ、マイスタイル、ベストアプローチ

B+ ダンビュライト、レイデオロ

B  カデナ、サトノアーサー

B- ホウオウドリーム

注  なし 

( 補 足 )


(1)オッズ配列チェック


1番人気08レイデオロ 単複2.4 1.2-1.4 馬連5-8 4.8 3複2-5-8 8.7
単複 → 安定気味も2番人気虎視眈々
馬連 → 安定
3複 → 安定
短評 → オッズ的にはそれなりに信頼感はある
圏内 → 圏内は単勝9番人気アダムバローズまで,頑張るべき伏兵評価は04と09


人気グループ --------------------

02
05
08
03

伏兵グループ-------------------- 

04
09
11

穴馬グループ-------------------- 

14

準穴馬グループ-------------------- 

なし

-------------------- 以下略

 
無題

 いかにも菊花賞トライアルという感じで「スロペからの瞬発力勝負になりやすいレース」です。ここでガンガン飛ばすようだと,菊花賞に向けては「割引材料」としかならない。ですので,折り合い重視でレースを「すすめなくてはならない」というのが有力馬にとってこの前哨戦での意義になる。

 そして,スロペからの上がり性能重視になりやすいというのが,過去のデータが示す通りです。
 
 データから注目すべきなのは,2戦連続上3F最速で1000万クラスも圧勝してきた キセキ

  
 馬体や過去の戦績からもスロペから弾けさせることができるカッチっとした レイデオロ



 人気でもこの2頭は外せない。


 ただし,ここで狙いたいのは


 夏を越して心身レベルが相当上がってきた マイスタイル と ベストアプローチ


 ◎09マイスタイル
 〇05キセキ
 ▲04ベストアプローチ
 ☆08レイデオロ

 
 レイデオロよりキセキを上に取ったのは,使われながらグングン充実しているという点です。レイデオロは一度頂点に輝いて休ませる→トライアル仕様な面がある。取りこぼしても良いタイミングではある。

 マイスタイルかベストアプローチが馬券圏内にはいったらしっかり儲かるように馬券を買いたい。







= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ



競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-09