調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

札幌記念出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/08/19 Sat.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新中
  → 今週もできる範囲で更新していきます。途中で終わる可能性もありますのでその場合はご了承ください。

◎ 札幌記念出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。





アングライフェン安田隆

札幌芝併せ馬調教師終い強め仕掛け66.8-50.8-37.0-11.8

併せ馬で外から上がっていって直線見せムチからムチで仕掛けられるとしっかり反応して併走馬を突き放します。函館記念でもしっかり走れているように洋芝適性は高そうです。それが頷ける追い切りでの走り方,柔らかさが足りない中で蹴り返しの強さで反応するステゴ産駒らしい走りができています。

→ 前走時でもデキは抜群に良く評価した馬です。走り的に重馬場で時計のかかる設定はマッチした。今回はG2でレースの格が上がって斤量アップ,条件的には厳しくなるが,追い切りからもデキは引き続き良いと判断できる。

→ 仕掛けられてからの反応の良さと内面の挙動は素晴らしい。



エアスピネル笹田

函館W単走終い仕掛け69.4-55.0-40.4-12.7

時計的には軽め設定ですが,コースの外々を走らせてのモノ,終いもギア上げるとしっかり反応はできていました。内面も前向きさがある真面目なタイプで休み明けでも走れるタイプです。走りからもカチっとした走りをするタイプで,東京コースでキレ負けしているように逆に【洋芝が合うタイプ】だと個人的には判断します。レース選定としては,札幌記念を選んだのはマネジメントとして正解でしょう。札幌コースならコーナリングしながらでも加速できるタイプです。

→ 安田記念は仕掛けるタイミング一つで馬券には絡めた結果でした。ちょっと運がなかった内容ですが,逆に能力の高さを証明できています。あとは,距離延長しても対応することができれば結果は自ずとついてきます。厩舎はその辺を意識して仕上げてきている感はあります。

→ 休み明けでもフォトパの感じからは仕上げレベルは高めです。




サウンズオブアース藤岡

函館W3頭併せ馬なり69.9-55.1-40.1-12.9

3頭併せで真ん中から併せますが,コーナーから終始噛んで力んで走っています。元気いっぱいで闘争心強いところは良いですが,中距離設定ですのでうまくメリハリつけた走りが出来た方が良い。走り的にはパワータイプなのでキレ勝負より持続力勝負になる設定のほうが合います。その点はプラス材料です。

→ 内面の強さはしっかり出して怒って併走馬より前に出ているので,そういう点では良い。ただ,脚をしっかり馬群で溜めさせる競馬はできない可能性はある。先手先手の競馬を意識するなら対応可能な内面状態でしょうか。

→ 鞍上がノリさんなので,ポンと出て馬が走る気出して来れば上手くエスコートしてくれるはず。逆に分裂気味に走ってしまうなら「ヤラず」で終える可能性はある。



サクラアンプルール金成

函館W併せ馬終い仕掛け71.0-55.1-40.8-12.5

併せ馬でコースの大外走らせてインから併せます。じっくり溜めてからギュンと弾けさせる追い切りです。仕掛けてからの反応は良く,真面目さと反応の良さを感じさせます。足先が柔らかいタイプなので洋芝が完ぺきに合うという感じではないですが,心身面の良さは感じさせます。

→ 前走の函館記念は重馬場だったのでそういう意味では条件は合わなかった。今回良馬場でやれるならパフォーマンスは改善できるでしょう。

→ 戦績を見ると,中山巧者な感じがありますね。




サングラス谷

札幌D単走終い一杯64.3-50.7-38.3-13.1

単走で終いしっかり追われます。四輪駆動で四肢で力強く走れており,スピードがあるというよりはタフなダートのほうが現状は合っていそうです。札幌記念は格が高いのでダートで勝ち上がってきたタイプには荷が重い。大雨振って不良馬場なら。




タマモベストプレイ南井

函館W単走終い一杯68.1-53.4-39.5-13.6

単走でコースの外目を走らせます。コーナーを回って追い出されると,首を使わないようにして抵抗するズブさを見せて走りフィニッシュします。馬体は太目感なく,キッチリ仕上がっている感じは伺えます。

→ フォトパは函館記念時より張りが良くなって見せているので雰囲気は良いです。

→ 上りのかかるレースになった万葉ステークス勝ち馬で,天皇賞春のあとのダウン戦,時計のかかるタフな函館記念になったおかげで適性が上手くマッチし,好走できたという見立てになる。時計が速くなるようだと,函館記念のような激走は厳しいか。条件が整えば再度走れるだけのデキは持てている。



ツクバアズマオー尾形

札幌D単走勝浦馬なり68.5-52.3-38.3-12.1

単走でコースの外目を走らせます。走りは安定していてカチッとした走りができており,洋芝は合うタイプでしょう。芯も入った走りができており,状態面に関してはしっかり仕上がっているように感じさせる動きです。

→ 前走時でも追い切りの動きは悪くはなかった。一度使って更なる良化を期待できる。

→ 函館記念は「さぁここから伸びるぞ!」というところから伸びなかった。ステゴでカチっとした走りはできているので重馬場は対応できるタイプだとは思えた。間隔を開けた後でもリフレッシュが功を奏さずに内面的に集中力がキレていると判断すると,ちょっと買いずらい時期にいるかもしれません。(適性的には条件合うし、ハンデ戦より定量は歓迎)




ディサイファ小島太

札幌芝単走馬なり67.7-50.9-36.5-13.0

同馬なりに動けてはいます。キレ負けする面があるディープ産駒で実績からも洋芝は地味に合うタイプでしょう。高齢化してハイレベル戦で負け癖がちょっとついてしまった戦績ではあります。ダウン戦の距離延長はプラス材料ではあります。状態面は高齢馬なりに安定といったところでしょう。

→ 二年前に札幌記念を制した時も芝追い切り,終いしっかり仕掛けて集中力高く走れていた姿が確認できる。




ナリタハリケーン中尾

札幌D単走藤岡康終い一杯85.2-69.8-54.5-39.6-11.9

走りが硬く,トルクが強い感じです。走らせている感じを見ると芝よりダートのほうがマッチしているようには見えます。内面は充実しているようで促されてからしっかり反応して終いを伸ばしてきます。函館記念は馬場が渋って適性的にはマッチしていた舞台設定ではありました。それで7着でしたので,良馬場替わりで格上げ重賞となると本質的には足りない可能性はある。内面がしっかり真面目に動けている点は評価したい。




マイネルミラノ相沢

函館W単走丹内馬なり67.4-52.1-38.8-12.7

追い切りはコースの外目をしっかり安定して走れています。走りも軽快で状態面は悪くはないです。同馬も7歳でどうも安定化してきた節があるようです。前走はOP1着後,エプソムカップで逃げて0.4秒差で目いっぱい走らせた結果,疲労とストレスが蓄積した状態で函館記念への出走でした。馬場的に歓迎でこなせると判断していましたが,スムーズに逃げられなかったせいもあり,疲労とストレスの影響も高齢にともない耐性が低下し,競争を4角後投げ出したような形になっている。今回は疲労が抜けているので走れるタイミングですが,レースの格は上がるので,次走以降のOP戦のダウン戦で狙うべきでしょうか。




マウントロブソン堀

札幌D併せ馬モレイラ馬なり54.8-39.6-12.6

併せ馬でインから追走,自然に直線向いて併走馬を突き放します。内面的にも真面目さが合って集中して走れている、馬体も良し。脚の出し方から蹴り返しまでしっかり力が入って判定した走りを見せてくれている。ディープ産駒ですが,ちょっとミスパスカリ系は硬い面が出やすいので,むしろ洋芝のこの条件は合います。心身はしっかり仕上がってきており,さすが堀Qといったところ。モレイラとのコンタクトもしっかりできています。

→ 前走レースを見ても,最後まで伸び切る強い意志を感じさせる走りです。心身は充実しています。




ヤマカツエース池添

函館芝単走池添終い仕掛け61.9-47.3-35.0-11.8

芝コースの馬場内側を走らせる。直線向いて終い仕掛けてギュンと反応は見せてくれる。馬体は太目感なし。欲を言うともっと迫力ある動きができると完璧も秋初戦なのでこのくらいの仕上げで指導するのが先を見据えている馬の位置でしょう。昨年の札幌記念時よりは心身レベルは改善されています。能力は出せる仕上がりです。池添騎手もしっかり跨って調整しています。

→ 休み明けは【0002】なので,過信は禁物か。走法的に洋芝は合います。



ロードヴァンドール昆

函館W併せ馬太宰馬なり67.1-52.1-38.5-12.7

併せ馬でコースの大外を走らせて直線併走,逃げを意識させた強化する追い切りではないスタイルですね。いい意味で落ち着いていますが,もっと闘争心を出して欲しいなぁという面は残る。

→ 格上戦でこれまでの心身疲労が一気に出てしまったのが大阪杯です。宣伝目的での強硬出走だったので致し方ないところもあるでしょう。今回は休み明けでリフレッシュ,ダイワメジャーは休み明けでもイキナリ走れるタイプ産駒です。パワフルさもあるので洋芝は合います。ただ,追い切りはもっと内面から強さを感じさせるものが欲しかったというのが本音です。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

B+ ヤマカツエース、エアスピネル

B  アングライフェン、サウンズオブアース

B- サクラアンブルール、タマモベストプレイ

注  なし 

( 補 足 )

 ちょっとキツめに評価して掲載しました。ここに載せていない馬でも条件揃えば走れる馬はいます。その辺のニュアンスは各馬コメントから感じ取ってください。


(1)オッズ配列チェック


1番人気 単複馬連 3複
単複 → 
馬連 → 
3複 → 
短評 → 
圏内 → 


人気グループ --------------------



伏兵グループ-------------------- 



穴馬グループ-------------------- 



準穴馬グループ-------------------- 



-------------------- 以下略


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

札幌記念の追い切りチェックする前に・・・・・・2017 

2017/08/17 Thu.


 追い切り分析ブログですが,札幌記念に関してはちょっと事前データをアップしたほうが良心的かなぁと思い,記事を簡単にエントリーしてみます。

 無題

 昨年は稍重の影響で,馬場を味方にして逃げ切ったのがネオリアリズム

 2015年,2014年はトウケイヘイローという逃げ馬がいることで前に重力がかかり,4F,5Fも11秒台で走る持続ラップを作ってくれるレース設定だった。

 レースラップや,上がり3F最速馬の数字やキャラタイプをチェックしてみると


 中央場所ではキレ負けするが、タフに長く良い脚を使える馬にチャンスがある重賞


 という 適性 が求められるように感じさせます。


 そういう馬をしっかりピックアップできれば良いでしょうか。


 また,今年もトウケイヘイローのような馬がいるのか?というところもチェックするポイントになりそうですね。


 簡単過ぎてすいません。ここから皆さんが深く考えてくれるキッカケになれば幸いです。

<追伸>
 最近,子供たちが朝起きてくると「お父さん。何書いてるの?」とのぞき込んで,「これは何?」とか色々聞いてきます。困りました。大きくなって字も少しずつ読めるようになって知恵がついてきています(笑)

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

関屋記念出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/08/13 Sun.


--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 久しぶりにじっくりと観察することが出来ました。時間と体力があると競馬に向き合えて楽しいです!


◎ 関屋記念出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ウインガニオン西園

栗坂単走馬なり54.8-38.5-24.8-12.5

コースのインを綺麗な馬場で走る。掻き込むフォームは力強い。中京記念からの臨戦で精いっぱい走った影響かフォトパも前走比で緩んでおり,追い切りも前走より軽い設定です。心身レベルは高い位置に持続できる時期ですが,良い意味で平行線といった評価になるでしょうか。上積みはない。

→ 中京記念は4角イン馬場が荒れており,外に回して走らせなきゃ伸びない馬場設定,しかし同馬は少々の荒れ馬場は飲み込める走りができるので最内で伸び切ったという鞍上のファインプレーもあり優勝できました。心身レベルの高さと「運」も持っていたのが中京記念ですべてを出し切った結果というモノ。今回はそこから条件が変わり、尚更上積みはないという設定,評価は落としたいタイミングです。

→ 中京記念はウインガニオン軸で安い3複的中,単勝勝負が良いレースでした。^^;



ウキヨノカゼ菊沢

美坂併せ馬菊沢馬なり51.1-37.2-24.6-12.4

坂路で併せ馬です。見せムチをするとしっかり反応して真面目に伸び切ります。走りにも芯が入っており休み明けでもしっかり心身面で仕上げてきています。過去の戦績からも夏場も合うタイプでしょう。

→ 仕掛けると一気に加速できるタイプでピッチ気味にも走れることから小回り競馬に理がありそうなタイプではあります。新潟コースは脚が長くて速い脚を持続できる能力が高い馬が有利であり,対応はできるでしょうが,「最適コース」ではない印象を受けます。



オールザゴー矢作

栗CW3頭併せ中谷終い強め80.7-65.5-51.3-37.9-12.4

3頭併せで真ん中で併せます。しっかり仕掛けられて前に出る動きを見せてくれているので及第点はクリアできています。心身はそれなりにしっかり仕上げられてきている印象を受けます。



クラリティスカイ斉藤誠

美坂併せ馬終い一杯52.1-38.3-25.5-12.9

速い脚がないタイプなのでそこまでに帰することはないかもしれませんが,最後しっかり一杯に追われて伸びで見劣りました。前走のエプソムカップでも気を抜いて走っている姿を確認できています。ちょっと内面の真面目さが足りなくなってきているタイミングかもしれません。




ダノンプラチナ国枝

美坂併せ馬終い仕掛け51.6-37.6-24.9-12.6

余裕の動きで登板できています。動きも素軽く,ここ目標にキッチリ仕上がってきた印象を受けます。飛びが大きく,東京コース向きな走りができる直線走力が高いタイプであり,新潟もマッチするでしょう。軽さをもって動けている点,しっかり楽に先着できている点からも,休み明けでも心身がしっかり仕上がってきたと判断できます。




ダノンリバティ音無

栗坂併せ馬松若終い仕掛け50.8-37.3-24.6-12.4

坂路で大外を併せ馬で走ります。体重が軽い松若騎手が乗っているとしても,楽に動けていて好時計,中京記念時と比較しても楽に動けています。フォトパからも追い切りからも明らかに「上積み」を感じさせる馬で順当に前走比で良化していると判断して良い。馬も身体が動くようになって内面も前向きになってくるタイミングです。




ブラックムーン西浦

栗CW単走終い仕掛け87.7-70.5-54.7-39.7-12.0

コースで単走追いです。ダラっと楽に直線の入りを走りますが,ラスト手綱から仕掛けるよう意志を伝えると真面目にギュンと反応します。馬体は素晴らしく馬もオンとオフをしっかり持てており,これは良い傾向にあります。馬体や仕掛けてからの動きを確認すると充実期に入ってきていることは間違いない。

→ どちらかというと,ラスト1Fの上がりがかかる展開で差し込み有利設定でズドンと決めるタイプです。前ポジ有利からのロングスパートかつトップスピードの持続力戦になると,3着までだった・・・ということも想定したい。




マイネルハニー栗田

美南W単走柴田大馬なり68.8-52.9-39.0-12.9

馬場の大外を単走で楽に走ります。馬なりですが,しっかり集中して気を抜かずに走れている。身体の張りや筋肉の付き方も良く走りに芯が通っている。心身は高い位置で安定できています。

→ 凡戦スローになるなら前ポジが生きて好走できそうですが,ロングスパート勝負になると最後辛くなりそうな走法ではある。いかに上手に前ポジで器用に進められるかが鍵




マルターズアポジー堀井

美南W併せ馬武士沢馬なり68.7-52.5-38.2-12.1

筋肉のボリュームが素晴らしく,パワフルな走りを見せてくれている。ちょっとトルクが強い走りになっているので,初速は早く,トップスピードの持続力勝負となると分が悪い感じがある。そういう点からも新潟コースは本質的に合わないタイプに見える。

→ 時計が適度にかかる馬場で小回り馬場が理想です。軽い馬場で直線で徐々にギアを上げて最後までスピードを持続するレースにはタイプ的に逆の性質を持つタイプ




メートルダール戸田博文

美南W併せ馬馬なり66.3-51.1-37.8-13.2

併せ馬で併走,直線向いて鞍上が促すとしっかり反応して前に出る。仕掛けたときもっと反応が良いのが理想ですが,楽には動けていて前に出てセーフティーリードをとれているので追い切りの評価としては悪くはない。

→ 基本的には中距離のほうが良いイメージでしたが,前走マイルで1着,レースペースは,37.3-61.3-33.0という超スロペの11頭立て,要するにマイル戦としては「凡戦レース」です。このステップからマイル重賞戦となると,対応できるか不安にはなる。

→ キャロット1歳馬募集時期に合わせてミルコを確保できたのは政治力の高さを物語っている。陣営的には結果を出したい意志はありそうですが。。。。。




ヤングマンパワー手塚

美坂併せ馬肩ムチ終い強め53.7-38.9-25.5-12.7

追い切りは動かない感じです。もともと癖が強かったですが,戦績的にも癖が走る方向よりも,サボる方向に向いてきている印象を受ける。今回は前走比でダウン戦なので対応してほしい面はある。

→ 上昇志向が失われた戦績になってきており,徐々に安定化してきそうな雰囲気があります。以前ほど期待値は高くないか

→ 昨年関屋記念時の追い切りを確認したが,昨年は集中状態にあった心身充実期,一度スランプに入ってしまっただけに追い切りの動きは昨年時のほうが良いです。



レッドレイヴン藤澤和

美南芝単走杉原馬なり54.4-39.0-11.8

芝追い切りですが,馬体は良くしっかり掻き込んで蹴り込めている。デキ自体は悪くない。ただ高齢化してきている馬がマイル戦を走らせてくるのは今後レースを使うために「心身活性化させたい」という意図しか感じさせない。走法的にもグリップあるので洋芝が合うと思います。新潟に来るより,過去の戦績からも北海道に行くべきだったのでは?とマネジメントを考えてしまいます。




ロサギガンティア藤澤和

美坂3頭併せ大野馬なり54.5-40.5-26.5-12.7

普通に動けてはいますが,いつもの迫力が動きに感じさせませんね。最強キャロ馬でこの時期結果を出したいはずもオッズや騎手起用の観点からもやる気は感じさせません。



ロードクエスト小島茂

美南W単走調教師馬なり53.6-39.4-13.1

走りを見ると,4歳夏になってマツリダゴッホ産駒らしい走りが強く出てきました。溜めて弾けますが,前捌きに硬さがあるので,長くハイスピードを持続させるには、前ポジでは溜めを失ってしまうので後方から行かないとこの馬の良さが出ない。ただ,新潟なので前ポジで惰性で持続力ある末脚を使える心身充実した馬が有利なレース,レース展開で前に重力がかかって前ポジ馬が溜めをうまく作れず展開破綻を差し込んでくる設定だったら差し込める。人気先行しているのに展開破綻待ちという軸にはしずらい設定馬です。追い切りの動きは素晴らしいです。馬体も良し。デキに関しては文句なし。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 人気ブログランキングへ

A  ダノンプラチナ

B+  ウインガニオン、ブラックムーン、ロードクエスト、ヤングマンパワー

B   ウキノヨカゼ、マイネルハニー、メートルダール

B- マルターズアポジー(悪くはないが適性違い)

注  なし 

( 補 足 )


(1)新潟条件得意馬の個人的短評

04トーセンデューク【1000】藤原英Q,6歳にも関わらず短距離戦へ変更からのマイル戦,東京マイル,1800m戦での挫折からの路線変更だが走るフォームがトップスピード持続力戦向きではなかったためのもの。そう考えると今回の条件もベストではない。
07ショウナンバッハ【1011】ここ2戦はしっかり上がり3F手中して走れている点はローテ論から評価できる。
 → 新潟好走履歴は2015年が最後
10ダノンリバティ【1200】昨年関屋記念2着,中京記念叩いて順当良化で実績からも狙ってくるタイミング
11ヤングマンパワー【1110】昨年の関屋記念馬,G1凡走をきっかけにリズム崩す。スロー凡戦なら走れる。再度心身活性化必要
12ブラックムーン【1000】500万下勝ち上がりなので使ったのは大分前
14ロードクエスト【1000】新潟2歳S勝ち馬,2歳戦の話なので。。。。。
15ウインガニオン【2001】心身充実集中力高い時期,左回り得意で新潟◎,前走後楽させている感じはあるが。



(2)オッズ配列チェック

1番人気06メートルダール 単複4.9 1.8-2.1馬連6-12 14.3 3複 6-12-15 28.4
単複 →  不安
馬連 →  不安
3複 →  不安
短評 →  押し出された1番人気で1番人気不在レース,下位人気馬チャンス有
圏内 →  12番人気クラリティスカイまで出現しやすい配列


人気グループ --------------------

なし


伏兵グループ-------------------- 

06メートルダール
12ブラックムーン
15ウインガニオン
14ロードクエスト
10ダノンリバティ
01ダノンプラチナ
11ヤングマンパワー

穴馬グループ-------------------- 

13マイネルハニー

準穴馬グループ-------------------- 

08オールザゴー

03マルターズアポジー

16ウキヨノカゼ
09クラリティスカイ

-------------------- 以下略

 どの馬にもチャンスありますね(笑)



(3)最終判断


人気ブログランキングへ

 同レースを目標に渾身に仕上げてきた同馬を評価したい。昨年5F57.1のハイペにも関わらず大きく崩れずに走れた。今年もメンバー的にペースが緩む感じはないが,昨年以上の仕上げレベルの高さ,新潟適性,そして,陣営の「ヤリ度の高さ」をしっかり評価したい。混戦メンバーでどの馬を軸にするか,そう考えたら,必然的に同馬を評価しました。

 追い切り評価表等を参考に,3複,馬連をフォメします。

 
 今日は実家の網走に帰省します。家族サービスメインになるので,今週もリアルタイムで競馬鑑賞できません。。。。。

 
 せっかくBSでグリーンチャンネル加入しているのに最近全然メリットが生きてきません・・・・まぁ大きい画面で良い画質で追い切り映像を確認できるというメリットしか享受できていません(笑)


<追伸>

 更新間際で,新潟が雨が降っているということが確認しました。◎馬は前受けなので血統的にも雨は対応できると考えます。雨の影響が強くなるなら,差し込めない馬場なら,ウインガニオン、マイネルハニー評価上げがよいでしょうか。

 
= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

小倉記念回顧2017 

2017/08/09 Wed.


 束の間の休息ではないですが,今週~お盆休みまでは楽できそうなスケジュールになりました。ただ,お盆休みは家族サービスでスケジュールがビッシリですが・・・・・苦笑。


 お盆明けは,今動かしている業務を管理しながら,9月の〆切ラッシュに追われる日々が続きそうです。


 10月中~末くらいになってくれば,落ち着いてくると思われます。その辺りを目標にブログの本格再開を目指したいと思っています。


 仕事が一休みできている期間だけあって,朝起きても疲れがなく,集中してパソコンに向き合えています。

 
 物事に真摯に取り組むには,疲労がなく,心身フレッシュで集中できる環境が大事ですね。


 無題


 レース映像を先ほど確認しました。

 一言に サンマルティン が 強い!!

 タツゴウゲキは,枠順と展開利を得ての漁夫の利を得た形,サンマルティンは4角で先に仕掛けていった馬たちに息を入れさせないプレッシャーを外からかけて完全に潰していきました。

 明らかに評価すべきなのは サンマルティン です。負けてなお強しです。

 タツゴウゲキは,1角前の直線でも煽らずにじっくり息を抜いてイン前のポケットに入れたのが勝因です。秋山騎手の好騎乗があってのものです。

 同じ有利なインを追走できていたのがフォルメッツァとスピリッツミノル

 フォルメッツァはなんとか3着は入れましたが,この結果を受けて今後評価されるなら割り引きたい。

 スピリッツミノルは完ぺきな位置取りでしたが,速い脚が足りないスピード不足馬だけにこの展開は合わなかった。

 展開的に前に重力がかかっていたので,ベルーフも結果を出せる設定が揃っていましたが(仕上げレベルも高かった)結果が出せなかった。今後同馬も割り引いていきたいタイプです。

 
=条件替わりで評価したい馬=
 
カフジプリンス スピード不足で決め手もジリで負け,距離延長で適度に時計がかかるのが理想

ケイティーズプライド デキは良かった。加齢のせいもあって凡戦スローのインポケが理想,次走そういうレースでなら

スピリッツミノル 明らかにナチュラルスピード負け,もっと中盤緩むレースが良い。あと時計のかかる馬場やコースで



>おーのさん

 いつも応援ありがとうございます!励みになります!^^

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

小倉記念フォトパドック2017 

2017/08/04 Fri.


 とりあえず,仕事のピーク第一弾は乗り切りました。少し重荷から解消されたので,軽くブログも書いていける状況になりました。

 ただ,土曜日~日曜日で子供の同級生の家族と近場で共同キャンプすることになったので日曜朝の更新は厳しいです。

 メンバーを見ても,妙味がありそうで狙いすましたい!というファーストインプレッションを受ける馬はいないので,個人的にはパスしてもいいかなぁと思っている次第です(笑) 

 昨年は小倉記念でまさかのスローペースからのロングスパート戦,スパート時の位置取り,ロンスパ適性が勝敗を分けた印象を受けます。その一つの原因は「12頭という少頭数立て」という設定だったということ。今年も13頭という少頭数レースなので,スローペースになりえることも考慮しておいた方が良いですね。

 ロングスパートということは,「キレ味で鮮やかに勝つ馬」と正反対に適性を持つ馬が走れる設定条件です。キレ負けして馬柱が汚れているが,ロンスパ適性を持っていて心身レベルが高い馬を探し出したい!というレースです。


フォルメッツァ

七夕賞時でも芯が通って好馬体を見せてくれていた同馬,今回は更にスッキリ見せて後躯もより強くなってきた印象を受ける。順当に良化してきている印象を受ける。


バンドワゴン

皮膚は薄く品の良い馬体です。ただしもっと芯がしっかりしてくれば信頼感が強くなるでしょう。バランス良いです。後肢の造りがちょっと硬めでここが本当に惜しい馬体構造だったりします。鳴尾記念比較で少頭数&メンバーレベルダウンということで,この条件替わりは大きなプラスにはなる。


クランモンタナ

馬体は昨年のほうが逞しくて良いですね。今年は若干見劣ります。加齢もありズブさが更に出ている印象で昨年同様に恵まれないと厳しいでしょう。


ストロングタイタン

中山金杯とのj比較になりますが馬体は当時より明らかに良いです。背中のラインも良く芯が入っています。お腹もダポっとしている感じはありますがこういうタイプです。むしろバランスは崩れていない。あばらも見せていて皮膚感も薄い。いいですよ。


ペルーフ

昨年同様良い馬体をしっかり作れています。フォトパを見る限るデキは間違いなく良い。陣営的にも過去に好走している舞台なのでここは結果を出したい設定で仕上げてきていると推測できます。このくらいの季節もこの馬好みの可能性はある。


ヴォージュ

この馬なりにデキは良さそうですが,さらなる上積みとなるとどうでしょうか。脚も長くはないタイプです。もっと馬体が強くなってくると重賞でも戦えると考えます。



edit

CM: 1
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-08