調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京都記念出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/02/12 Sun.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 仕事が落ち着く今時期は,競馬分析作業時に体力が残っていて本当に充実した朝を迎えられます。疲労とストレスが蓄積した中で作業を行うと,ちょっと思考がズレたりします。馬も同じで,次走に向けていかに疲労とストレスを残さないか,これって大事ですよね。


◎ 京都記念出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アクションスター音無

栗坂併せ馬終い仕掛け50.8-37.7-25.2-12.8

馬場の真ん中を走らせていますが好時計出してきました。動きはいつもとさほど変わらないものの,時計は出してきた点は評価したい。

第64回日経新春杯(G2)
京都芝右 外2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 稍重
12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1
12.8 - 24.3 - 35.6 - 47.8 - 60.2 - 72.5 - 84.8 - 97.3 - 109.3 - 121.8 - 133.6 - 145.7
(35.6-36.4)
10-10-8-8-9着【36.8:12位】

後方から溜めても弾けきれない現状ではどうも重賞では格下感強すぎる。



ウインインスパイア高橋祥

美南W併せ馬終い仕掛け強め69.4-54.0-39.4-13.2

後ろからコーナリングしてインから併せます。しっかり自分で前に出て終いは追われてギアを上げます。併せ馬でしっかり内面に負荷をかけられている点は非常い良いです。

→ 福島で出世してきた馬で前走を観ても中央場所の重賞となるとどうも足りない気が・・・・・



ガリバルディ藤原英

栗CW単走川田馬なり66.3-50.5-37.0-11.9

脚も長くて大きく走れています。コース追い切りでしっかりフォーム伸ばしてきている印象を受けます。近走は1800~1600mですが,馬体的には距離伸びても問題ないと感じます。フォトパではデキ落ちたなぁと思わせましたが,追い切りは自分でしっかり単走で動けているので問題なさそうです。距離変更はプラスに出そうな雰囲気の走りです。

→ 前走の京都金杯でも後方からのレースでペースが速いと脚が溜まらないといった内容でした。この兆しからも距離延長はプラスの方向に働くはず。藤原英師の判断は正しいと思います。あとは一気の距離延長をどう馬に理解させて走らせるか。



サトノクラウン堀

美南W併せ馬終い仕掛け69.8-55.1-40.6-13.3

併せ馬でインの後方から直線併せて仕掛けるとしっかり馬がヤル気を出して前に出て,鞍上が手綱を絞って馬なりフィニッシュしています。フォトパドックでも状態面の良さはしっかり確認できます。若干太そうな感じはありますが許容範囲です。このひと追いでちょうどよくなってくるでしょう。

→ とにかく一頃と違って追い切りで自分で楽に動けている。これは改めて心身レベルが高まってきた段階の可能性が高いです。

→ 昨年も重馬場を楽勝したように,重馬場は鬼レベルの適性でしょう。



ショウナンバッハ上原

美坂単走馬なり52.9-38.2-24.9-12.4

追い切りでは元気よくしっかり走れています。ただどうもレースに行くととぼけてきているというかズルくなってきているというか,物足りなさがあります。完全にリズムを崩してしまってスランプ期にいる馬です。



スマートレイアー大久保龍

栗坂併せ馬馬なり54.3-39.2-24.8-12.1

併せ馬で後ろ目から追走,馬なりで楽に登板させて終いも12.1秒と動きには鋭さを感じさせ,気持ちもしっかり乗っています。加齢を感じさせない気の良さはしっかり持てています。いつも好時計をバンバン出せる身体能力を持っていますが、今回は距離を意識してか,G1戦でもないのでゆったりとした追い切りで仕上げてきたのでしょうか。2週前には51秒台でビシっと追って好時計は出せています。仕上がりに関してはかなり良いレベルだと感じます。

→ しっかり掻き込める力強いフォームなので重馬場も苦にしないはずです。そのへんはホワイトマズルの血が助けてくれるはず。54kで走れる設定も非常に有りがたい。G1でガチンコハイレベル戦よりも少頭数で落ち着く流れのほうが走りやすいタイプです。

→ 白くなってきて膨張色なので太く見えそうなシルエットではあります。シルエット的には一度使って絞れて来れば完璧という印象を受けます。それでも馬体の各パーツの造りは悪くはないです。



マカヒキ友道

栗坂単走馬なり53.6-39.0-25.0-12.4

バネ感もありながら母父フレンチの影響でしょうか、しっかり地を掻き込んで走れています。欧州でも走れているように重たい馬場もしっかり対応できそうです。単走でも真面目に前向きさを持って走れています。走りにも無駄が無くてちゃんと線で走れている点が非常に良い。やはりいい馬です。

→ マカヒキだけ一週前追い切りの映像が先週のグリーンチャンネルで放映されていました。主催者的にも評価が大きい馬という設定です。

≪一週前≫

栗CW3頭併せ藤岡康終い仕掛け強め80.2-64.9-50.0-36.8-11.5

インから併せてちょっと促すと前に出て仕掛けたら併走馬を楽に突き放す走りです。本気を出さないで楽にこれだけ走れている印象を受けます。やはりスケールがありますね。

→ 体全体使わないでの走りでこれだからすごい。しっかり成長して身体がしっかりしてきた印象を受けます。


=隙はないか?=

 というテーマで探ると,ややピッチなタイプで追うとキレます。弾けます。キレながら長くトップスピードを走る能力は高いです。そのキレを削ぐには「ドロドロの不良馬場」になることです。そして,京都はロングスパートコースなので,一瞬のキレよりも,長く脚を使いたいところ。キレが生きない馬場でかつ,差し馬のキレが削がれるくらいの重たい馬場になれば,マカヒキの圧倒的なパフォーマンスに陰りが見える結果になるはず。

→ それでも、マカヒキ は強いです。


→ フォトパを見ると,ダービーよりも皐月賞のほうが良く見せていた。良くダービー勝てたよなぁ。凄い馬です。(その辺を考慮してサトノダイヤモンド単勝で勝負していたのは内緒(笑))

→ 4歳になって馬体は一層芯が通ってきて力強さも増してきた印象を受ける。いい馬です。



ミッキーロケット音無

栗坂併せ馬和田終い強め51.2-37.4-24.2-12.3

外から併せ馬で登板、終い追ってムチも最後見せて、遅れそうになるのでムチも軽く入りましたが、併走馬に首差遅れます。好時計で実戦並みにしっかり動けているのでそこまで気にしなくても良さそうです。むしろ併走馬を評価してあげるべきです。気持ちも前面に入っており,ここでも結果を出したい意志を感じさせます。

→ キングカメハメハのいいところを受け継いでいて,しっかりグリップもできるタイプです。重馬場でも対応はできます。ただ,体力で押し切るというよりは,キレで差し込むタイプなので,体力を要する馬場設定になると良さは削られる。馬場設定要確認

→ フォトパドックは前走よりもキレキレで完璧です。



ヤマカツライデン池添

栗cw単走池添馬なり76.3-63.1-50.,6-37.8-12.3

時計は攻めてきましたね~まぁ馬場の真ん中をコーナリングから直線と入っているので大外を回す馬たちよりは時計は出せるコース取りです。この馬なりには動けています。キレはなく,体力で勝負したいタイプなので重馬場は他馬比較で歓迎でしょう。

→ 前走も逃げて目標にされて6着,レースの上3Fも36.4と上がりがかかるレース設定でも厳しいとなると,ここでも結果を出せるかとなると,万策尽きている感じはある。

→ 叩き2戦目,少頭数で楽に逃がしてもらえる可能性有など,今回が条件的に短期的なラストチャンスでしょうか。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  マカヒキ

B+ スマートレイアー,ミッキーロケット、サトノクラウン

B  ガリバルディ(重馬場はどうかなぁ),ヤマカツライデン(スケール負けしているが今回が短期的な馬券圏内ラストチャンス)

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

(1)天気

 http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-61286.html

 http://www.tenki.jp/leisure/horse/6/29/32007-1hour.html

 寒いですが,積雪や降雨はなさそうですね。土曜競馬時より馬場が酷くなるということはなさそうです。


(2)土曜傾向

11R洛陽ステークスOP
12.5-11.5-12.4-12.4-11.9-11.5-11.6-11.9
36.4-35.0
03ダッシングブレイズ6-6-1着【34.5:1位】0.2差 イン強襲

 レースの上がりは35秒とちょっと時計かかるかなというくらいの内容でしょうか。


10R飛鳥ステークス準OP
12.9-11.5-11.8-12.5-12.7-12.3-12.0-11.6-11.3
36.2-34.9
10アドマイヤリード12-9-1着【34.2:1位】0.4差 大外強襲

 圧倒的な強さでラスト1Fも後傾ラップを刻む。これはまだ奥があるという勝ち方です。今後の活躍に期待したい。重馬場発表ですが,上3F上位馬は34秒前半から後半くらいで走れそうな馬場設定でしょうか。天気予報と併せて考えても、思ったよりキレが死ぬ重馬場にはならない設定でしょう。


(3)レース傾向

 道中折り合い区間が長く,ラスト4Fのスパート戦になるレースが多い。適性もそうですが,穴をあけるとしたら「スローペースの恩恵を受ける【位置取りが非常に大事】」です。

 ですので,穴馬は前述条件に該当しそうな馬をピックアップすべきです。

 あと,馬場にマッチする脚が使えるかの確認は必要です。



(4)最終的な落とし込み

 前日発売がないので、オッズチェックはできません。

◎03マカヒキ
〇09ミッキーロケット
▲04スマートレイアー =ポジション&展開利期待馬=
☆02ヤマカツライデン =ポジション&展開利期待馬=
☆10ガリバルディ   =条件替わってパフォアップ期待馬=
△06サトノクラウン


 馬場が重馬場異常になるなら,サトノクラウン本命で考えていましたが,逆に回復傾向にあるので,ちょっと悲しい見解にならざるを得ませんでした。

 マカヒキはこの条件は落としてはいけない設定です。少頭数も歓迎で一気の末脚で圧倒する設定です。

 マカヒキの動きですが,速めに動くよりも,自身の競馬を意識するはず。ですので,セオリー通り,前でkeibaをしそうな馬を穴馬設定で期待値を込めて狙いたいところです。指名馬は,スマートレイアーが本線,馬場がもっと渋ればヤマカツライデンも有でしたが,一応該当馬ということでピックアップしておきます。

 ミッキーロケットはデキ万全で稍重くらいがちょうど合う馬です。斤量も有利でマカヒキと一緒にキレる脚をみせてくれそうで割り引けません。

 各馬コメでも書きましたが,距離伸ばして良さが出てきそうなのはガリバルディ,人気ないならしっかり絡めたい馬です。

 サトノクラウンは,香港ヴァーズでも上3Fは36秒くらいか,やはり古馬になってから「キレて勝つ証明」ができていないことから,マカヒキを評価する以上タイプが違うサトノクラウンは割り引きたい。斤量も不利です。
 


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

共同通信杯出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/02/12 Sun.

 
>おーのさん

 おーのさん、いつもどーもです^^ 完璧に的中できたみたいですね!素晴らしい!東京新聞杯は思ったより3複つきませんでした。初心貫徹でワイド若しくは複勝ドカーンと行くべきでした。度胸が足りないので3複でセコく買ってばかりいます^^;

 昨年は惜しかったですね~あれは獲りたかったですね^^;



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 共同通信杯出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




アサギリジョー相沢

美南W併せ馬石川終い一杯65.2-50,.5-38.0-13.5

毛艶良く馬体も引き締まって状態面の良さは非常に感じさせます。ただ、この馬の弱点は「追ってからどうも頭が高い」というところで,一瞬の脚はあるのですが,そこからのトップスピードの持続力には難がある。追い切りをみてふとそう思ったので過去レースも確認しましたが,前走の5着の内容はモロにそれが出てしまっての内容です。トップスピードの持続力勝負となると,この辺を矯正してこないと「適性力はない」という判断になってしまう。

→ デキ自体は恐らくかなり良いです。楽に動けて突き放せています。ただ,追われて沈み込まないで頭が高い。超スローでイン前ポジからラスト3Fのキレ勝負に持ち込めるなら「あり」ですが,追い切りの感じからだと「差しに動く設定」なのでどうでしょうか。


第57回京成杯(G3)
中山芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 11.2 - 13.1 - 12.1 - 12.6 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 12.1
12.6 - 23.8 - 36.9 - 49.0 - 61.6 - 73.8 - 86.2 - 98.4 - 110.4 - 122.5
(36.9-36.3)
6-9-6-6-5着【36.2:7位】0.6差




ヴェルラヴニール加藤征

美南W3頭併せ大野終い仕掛け68.4-53.2-38.7-13.3

3頭併せでインから併せてどうも余裕に走る併走馬に対して同馬は頑張ってついていくというちょっと格下感がある追い切り内容でした。レース内容は東京向きの感じがあります。現状なりの仕上がりでしょう。

→ ハーヴィンジャーのゴツさは感じさせない華奢な感じな小柄馬ですね。前走レースの動きを見ると軽くキレを持っていそうでどうみてもハービンジャーらしさがないタイプです(笑)


2歳未勝利
東京芝左1800m / 天候 : 晴 / 芝
12.7 - 11.3 - 11.8 - 12.6 - 12.5 - 12.6 - 11.8 - 12.1 - 12.0
12.7 - 24.0 - 35.8 - 48.4 - 60.9 - 73.5 - 85.3 - 97.4 - 109.4
(35.8-35.9)
14-11-7-1着【35.1:2位】0.1差




エアウインザー角居

栗CW3頭併せ武豊終い仕掛け強め85.8-68.4-52.5-38.2-11.7

3頭併せで真ん中から併せます。直線半ばで仕掛けてしっかり前に出ます。我慢も効くし真面目で素直なタイプです。走りのピッチを見るとやはり大きく伸びやかに飛ぶタイプではないので東京では限界値があるタイプだと思います。極力前目でスパートするタイミングを遅らせてキレで乗り切りたいタイプでしょうか。後方過ぎると一瞬キレますが,キレの持続となると限界がありそうな感じが現状では感じさせます。いい馬ですが,乗り方や展開ひとつで「勝ちきれない隙」はあります。

福寿草特別
京都芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 11.3 - 12.3 - 11.3 - 12.2 - 13.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 11.7
12.6 - 23.9 - 36.2 - 47.5 - 59.7 - 73.0 - 85.2 - 97.3 - 108.6 - 120.3
(36.2-35.1)
8-8-7-2着【34.4:1位】0.3差

パドックチェックすると.前肩が立ち気味で大きく前に伸ばせない。前肩のタイプでいうとラブリーデイタイプでスローからの瞬発力勝負だと対応できるが,ラップが持続力戦になるとパフォーマンスを落としそうなタイプです。世代戦のうちは真面目だし、しっかり走りそう。ボディは無駄に太くないし、後肢の筋肉も質が良い。

走らせてみると,しっかり折り合って柔らかく走れていますね。兄エアスピネルはキンカメ産駒でもダイワメジャーのようなゴツさがあるタイプですが,この仔はしっかり柔らかいタイプです。




エトルディーニュ小桧山

美南W単走馬なり72.2-55.8-41.1-12.8

頭が高くて後肢の可動域も小さく硬めな走法、ただ一瞬の加速力はあります。ただし、キレには限界値があるタイプでしょうか。前走の様に絶好のポジションからスローで一瞬のキレで乗り切るレースができるなら再度穴は開けられますが,重賞戦になってどうなるかでしょう。現時点での完成度と闘争心の強さが内包する真面目さがあるので今の時期は走れていますが,スケール感はないので今後はわかりません。

→ エイシンサンディというのもあってやはりこれ以上のクラスで走らせるにはダートが良いのでないでしょうか。

セントポーリア賞
芝左1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5
12.7 - 24.1 - 35.9 - 48.5 - 61.2 - 74.0 - 85.4 - 96.2 - 107.7
(35.9-33.7)
2-3-3-2着【33.6:6位】0.4差

2014年のようなスロペでイン前競馬なら一発穴紐は期待できる。

同レースはポジションの優位性が問われたスローペースのキレ勝負レースです。位置取り負けした「ジュンヴァリアス、バルデス、キセキ、ベストアプローチ」は条件変われば結果は出せるはずで度外視で良いと覚えておきたいレースです。



スワーヴリチャード庄野

栗CW3頭併せ終い仕掛け85.3-68.2-52.5-38.0-11.6

3頭併せでコーナリング後直線迎えた段階でも大分後方から追走します。大外を回して楽に追い込み切るという設定の練習で余裕の動きで差し切ってしまいます。同馬も首が高めですが首はしっかり使えており、ハーツらしく脚が長くてストライドも伸びます。特に後肢の蹴り返しも良い。

→ エアウインザーより明らかに「東京適性高いタイプ」です。東京で追い込み切るイメージで最高のパフォーマンスを見せる追い切り設定です。

→ フォトパを見ると,いかにも東京適性ありそうで,ダービー適性も感じさせるボディです。


第21回東京スポーツ杯2歳S(G3)
東京芝左1800m / 天候 : 小雨 / 芝 : 稍重
13.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 12.0 - 11.2 - 11.9
13.0 - 24.4 - 36.1 - 48.2 - 60.6 - 73.2 - 85.2 - 96.4 - 108.3
(36.1-35.1)
10-9-9-2着【33.6:1位】0.1差



タイセイスターリー矢作

栗CW単走ルメール馬なり82.5-66.5-52.2-38.8-12.2

同馬も足が長くて大きく走れるタイプです。柔らかく動けて後肢の可動域が大きく,トップスピードの持続力となると長く良い脚をしっかり使ってくれそうなタイプです。逆に「一瞬の切れ味勝負」の展開になると脚を余してしまうタイプです。それに関してはスワーヴリチャードも同じです。ですのでスローだと,ラスト4~5F辺りから動いて前を射程に入れないと行けないでしょう。この馬の走法パターンだと,ここで楽逃げか,2番手辺りにつけさせて、平均ペース流し,速めに抜け出しを図って粘り切る。ストライドが大きいので楽に前につけられる展開なら,これで好走できるはずです。あとは,陣営が「溜める競馬で末脚を使う練習させてくれ」と指示出さなければ,ルメールのフワっとした騎乗で前につけたいところです。

→ 追い切りは楽走といった感じで馬場の大外を走れています。状態面はいい意味で平行線でしょうか。

→ フォトパからは馬体の良さは◎です。


第51回日刊スポシンザン記念(G3)
京都芝右 外1600m / 天候 : 雨 / 芝 : 重
12.1 - 11.0 - 11.4 - 12.6 - 12.4 - 12.8 - 12.7 - 12.6
12.1 - 23.1 - 34.5 - 47.1 - 59.5 - 72.3 - 85.0 - 97.6
(34.5-38.1)
10-8-2着【37.3:2位】0.6差

 1着のキョウヘイは重馬場適性の高さから浮上してきた馬です。マイル戦で追い込んできているので距離延長は問題ない。大飛びの馬なので良く重馬場で走れたと思います。マンカフェ補正で頑張れたか。




チャロネグロ大和田

美南W併せ馬内田馬終い仕掛け70.0-54.6-39.3-13.6

しっかり掻き込んで蹴りますね。後肢は深く前から蹴りの挙動に入ります。いいものはもっています。ただ挙動としては「キレ」ではなく,長く豪快な脚を使うタイプには見えます。どちらかというと上がりがかかる設定や馬場のほうが望ましい印象を受けます。追い切りは併せ馬でしっかり内面に負荷を掛けます。ちょっとまだフワフワしていそうなそんな素振りは見せます。


3歳未勝利
中山芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 10.9 - 13.0 - 12.2 - 13.3 - 12.4 - 12.1 - 11.9 - 11.7 - 11.9
12.6 - 23.5 - 36.5 - 48.7 - 62.0 - 74.4 - 86.5 - 98.4 - 110.1 - 122.0
(36.5-35.5)
11-11-10-07-1着【34.7:1位】0.9差

未勝利戦では圧倒的な強さを示しての勝ち鞍ですね。上3F2位と0.9差なので未勝利レベルでは全く問題ない能力を証明して勝ちきってきた。



ディアシューター高木

美坂3頭併せ田辺馬なり52.7-38.1-24.5-12.1

坂路で楽に駆け上がって52秒-12.1秒と動きに関しては文句なしです。東京に替わって良くなるかといわれたらどうでしょうか。


若竹賞
中山芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.2 - 12.5 - 11.8 - 12.5 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 11.9
12.2 - 24.7 - 36.5 - 49.0 - 60.8 - 72.8 - 84.7 - 96.4 - 108.3
(36.5-35.5)
6-7-7-7-5着【35.8:6位】1.1差

パドック観ましたが,スケール感はないです。どうでしょうか。



ビルズトレジャー田中剛

美南W単走調教師馬なり69.8-55.1-41.1-13.3

軽いスピードとキレがありそうな機敏な動きを見せてくれます。ダノンシャンティ産駒なんですか。ダノンシャンティらしいゴツさと硬さはなく,軽さをもってギュンとキレます。蹴り返した時の手先は軽さが合って切れ味を印象つけます。距離さえこなせれば,馬場タイプ的には合いそうです。あとは操縦性が課題になってくるでしょうか。ちょっとガツンと行きそうな気配があるので気性コントロールするなら後方折り合い専念,勝ち負けするならそれなりの位置で折り合わせたいなぁ。

→ 適性理論的に言えばマイラーです。でも世代戦なので折り合い能力さえあればOK


第33回ホープフルステークス(G2)
芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.4 - 10.9 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 12.5
12.4 - 23.3 - 35.6 - 47.8 - 60.3 - 72.4 - 84.7 - 96.8 - 108.8 - 121.3
(35.6-36.6)
14-14-13-12-7着【36.0:2位】0.3差

折り合わせてしっかり終いの脚を使ったというのは距離延長レースとしては完ぺきな経験値になる。今回に生きてきます。でも今回も勝春が乗るのか―(笑)



ムーヴザワールド石坂

栗坂併せ馬馬なり53.1-38.3-25.2-12.8

坂路で併せ馬,楽に登板します。仕掛けたり、追ったりすればもっと時計は出せましたが,あえてこの調整なのでしょう。デキに関しては陣営の計算通りで見た感じも問題ないと判断できる。大きめのディープ馬でギュンっと加速できる挙動が確認できてくると完璧です。タイプ的な長く良い脚を使うパワー内包型というのが現時点での見立てです。


第21回東京スポーツ杯2歳S(G3)
東京芝左1800m / 天候 : 小雨 / 芝 : 稍重
13.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 12.0 - 11.2 - 11.9
13.0 - 24.4 - 36.1 - 48.2 - 60.6 - 73.2 - 85.2 - 96.4 - 108.3
(36.1-35.1)
8-7-7-3着【33.8:3位】0.3




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  スワーヴリチャード

B+ タイエイスターリー、ムーヴザワールド、ビルズトレジャー、エアウインザー

B  以下略

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


(1)レース傾向

2016 35.8-35.6(稍重)
2015 35.2-34.5
2014 36.7-33.4
2013 36.0-34.0
2012 37.3-33.6

 基本的に世代戦のtoukyou1800mということなので,スローペースになることが多い設定ですが,ここ3年はクラシック戦線で活躍する馬が同レースを使うようになってきていることから,レースレベルが上がって「超スローペース」というのはなくなりつつある。今回もメンバーレベル次第ではそういった「駆け引き」が出てくるであろうと予測する。(本文を書いている段階ではまだ出走メンバー未チェック)


= 好走しやすいタイプ =

 イン前ポジでスローで折り合えて東京向きのキレとトップスピードの持続力を持つ馬

 ポジションとスローペースであれば「極上の切れ味」が欲しいところです。



(2)最終的な落とし込み

 ちょっと時間ないので,共同通信杯の補足は簡略化で(笑)

 ダービーを狙えそうな素材であるスワーヴリチャード

 今回は距離1800mなので,芝2400mを意識するなら,東スポ杯と同じような仕掛けをしてくるはずです。

 それでもこのメンバー相手だったら「勝ち切って欲しい」という期待は持っています。

 追い切りやフォトパドックの感じを観ても,「東京適性はメンバー中トップ」でしょう。

 ムーヴザワールドは「戸崎騎手」に替えてきました。初騎乗なのでその辺には「隙」があるでしょう。

 石坂Qは,ジェンティルドンナの件で戸崎騎手を評価しています。その辺も意識しての「期待を込めた乗り替わり」だと思われます。

 ムーヴザワールドはちょっと馬格が合ってパワーが勝っている感じがあり,キレやトップスピードとなるまだ超一流の証明ができていないと思います。そういう意味では,適性理論的にスワーヴリチャードのほうが上と評価したい。

 エアウインザーは,走り的に一瞬のキレがありそうなタイプで仕掛けるタイミングが非常に大事,タルい競馬になれば位置取りも大事,3着狙いの騎乗をするなら,限りなく3着に来る確率は高い,ただ,勝ち負けを意識して騎乗したら圏外になる可能性も限りなく高い,乗り方ひとつです。その辺はベテラン武豊騎手が120%の能力を引き出してきそうです。でも東京適性はかなり高いわけではないので、そこだけでしょう。

 このレースに対して,個人的に評価が高い穴馬は

 ビルズトレジャー です。(追い切り評価表然り)

 3着狙いの騎乗に徹してくれれば,3着確率はそれなりに高まると思います。でも掲示板で終わる確率は高そう(笑)。騎手も微妙です。でもこの人気は美味しい。


 いずれにしても

 ◎01スワーヴリチャード

 3着内確率は鉄板級です。

 オッズほど見劣りはしない

 〇03タイセイスターリー

 辺りに頑張ってもらいたいところです。


 馬券は,◎の単複か3単フォメ,特にタイセイスターリーとビルズトレジャーが馬券圏内に来る設定で強気にフォメして夢を見たい。まぁ、パドック観てその辺は考えます(笑)



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-02