調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

東京新聞杯回顧2016 

2017/02/06 Mon.



>信者さん

 どーもです!今回はちゃんと出現してくれました。まぐれでもうれしいです^^;


>きゅうちゃんさん

 どうも初めまして^^ マグレな週もあります。競馬予想は様々な要素が複雑に絡み合って結果が出るので難しいがゆえに取り組んでいて楽しいですね。



無題


 スローからの位置取り&上がり勝負になった凡戦レース,ただ,事前に想定はできた設定ではある。


=パドック観て=

ダイワリベラル 瞬発力向きではない。重厚

ブラックスピネル スッキリして好仕上がり

マイネルアウラート 一連のデキ

ストーミーシー ゴツゴツするも腰の入りは良い

→ 4着ということでスローペースからの瞬発力勝負は歩容からも合うタイプなのでしょうね。パドックの感じとその辺の印象は一致します。

プロディカルサン +22Kで!?と思うもマイル戦ということを考えれば腰やお尻,肩がしっかりしているので問題ないと判断,基本的に逞しい造りになった。理想はもうひと絞り欲しい

ブラックムーン 柔らかく動けて悪くない。絶好調時は外々周回するのでそれよりは落ちる

エアスピネル 無駄がなく馬体も良し。高い位置で安定できている。落ち着いていて東京替わりも問題ない

タガノブルグ 馬体の造り自体は悪くはない。ちょっとチャカチャカして売るらい面を見せる

ロイカバード まだ研ぎ澄ませる余地が残っている段階,それでも各パーツの良さはある。キレというよりも長く脚を使う印象をやはり受ける馬体の造り,もう少し絞っても良さそう。

ヤングマンパワー +6Kもキレキレな馬体を見せてくれている。気合をしっかり示して雰囲気自体は非常に良い。



=レースを観て=

 完全に前楽でブラックスピネルが利する展開でした。同じように好ポジションだったマイネルアウラートがダメだったのは,「スロー&マイル適性」です。基本的に1400mくらいで淀みないながれからスパートするレースで強さを証明している馬で,今回は全く条件が違ったということで「度外視」で良いです。

 収穫だったのはプロディカルサン、エアスピネルをマークして,エアスピネルを後ろから差し切った内容,上がり性能だったらエアスピネルには負けないことをしっかりレースで証明しました。逆にエアスピネルは上がり性能に限界があることを露呈しました。まぁこうなるシナリオは個人的に持っていたので想定内です。

 4着だったストーミーシー,もうちょっとタフな設定のほうが合っていますね。馬場もそうだしインでせこく乗っていたのでペースも上がった方が良かった。トップスピ―ドにギュンと持っていく能力は普通程度も長く良い脚を使っていた点は◎

 タフさが持ち味のヤングマンパワーにとってはどうも展開が合わなかった印象を受ける。前で受けて力んでしまった面も悪さしている。前で受けるからにはペースが流れないとちょっと戸惑ってしまうタイプでしょうか。度外視で次走以降左回り&ペースアップが見込めるなら勝ち負け設定

 ロイカバードは,スローペースでノリさんポツーンスキル発動,勝負圏外でドボン,平均的なペースで上がりがかかるレースが最適なタイプでしょうか。そうなると前走のような阪神や中京が現状モアベターなのでしょうか。

 ブラックムーンは厩舎指示で後方からの外差し,展開・馬場と全くマッチしておらず度外視で良い。


【東京新聞杯】(東京)~ブラックスピネルが逃げ切って待望の重賞初V

東京11Rの第67回東京新聞杯(GIII、4歳以上、芝1600m)は3番人気ブラックスピネル(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。クビ差2着に5番人気プロディガルサン、さらに1/2馬身差で3着に1番人気エアスピネルが入った。

ブラックスピネルは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父タニノギムレット、母モルガナイト(母の父アグネスデジタル)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックスピネル(M.デムーロ騎手)
「スタートが良かったです。ペースは遅くなると思いましたが、ハナまでは考えていませんでした。ずっといい手応えで、逃げるのは初めてで馬が物見をしていました。最後までバテず伸びていました。距離は問題なく、次も楽しみです」

2着 プロディガルサン(田辺騎手)
「ゲートはうまく出てくれて、思ったよりもいいポジションにつけられました。しかし、誰も絡んでいかないので緩い流れでした。前の馬は楽をしているなとは思いました。直線ではスムースに前が空いて、よく伸びてくれました」

3着 エアスピネル(武豊騎手)
「道中の折り合いはつきました。流れが遅くなるとは思いましたが、ここまで遅くなるとは...。上がりが速くなりすぎました」

4着同着 マイネルアウラート(柴田大騎手)
「勝ち馬に先に行かれてしまい、2番手からレースをして、早めにつついて行ったのですが...。よく頑張っていると思います。今日のところは仕方ないです」

6着 ヤングマンパワー(戸崎騎手)
「久々の分、少し力んでいたようでした。直線ではいつもの感じがありませんでした」

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-02