調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/12/03 Sat.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ヴォルシェーブ友道

栗坂単走馬なり54.2-39.5-25.6-12.8

ネオユニ産駒なのですが非常に柔らかく身体全身で弾ける動きが出来ているタイプです。柔らかいのでタフな急坂登る中京設定よりも弾けて勝負できる東京のほうがイメージ的にあっていそうな感じがします。デキに関しては引き続き良いです。心身レベルは高いです。

→ 馬場にしては脚が細目でパワーというよりもキレを感じさせるタイプです。タフな中京で伸び切るパワーのイメージを感じさせないところに死角がありそうです。理想は軽い設定のキレが生きる馬場だと思っています。



サトノノブレス池江

栗CW単走終い仕掛け54.4-40.2-12.5

前走時でもしっかり仕上がっていたのでそれを維持するといった中身の追い切りですので問題はないでしょう。馬自身前向きさは途切れておらず集中力を持って走れています。心身レベルは高い位置で維持できています。

→ 東京2000mG1戦は合わないことはわかっていた。キレ不足を補える中京2000mで相手弱化とここで結果を出せる条件は揃っている。



シュンドルボン矢野英

美南W単走馬なり53.5-38.5-12.6

単走ながらしっかり終い伸ばして来る。状態面は安定して良さそうです。もっと体をつかったダイナミックな動きが出来てくると良いでしょうか。



スズカデヴィアス橋田

栗CW単走終い一杯79.1-64.5-50.9-37.8-11.9

どうも走りがこじんまりしていて馬も集中しきれていない。チョコチョコ走るタイプなので中京2000mは合うイメージが湧かない。馬体もイマイチです。



デニムアンドルビー角居

栗坂併せ馬バルザ馬なり54.0-39.0-25.1-12.5

長期休み明けですが馬自体は意外にしっかり作れている。芯がしっかりしている走りで馬自身も非常に前向きさを持って走れています。さすが角居Qですね。

→ 気性的には休み明けでもすぐに走れそうなスイッチは入っている印象を受けます。これは侮らない方がいいでしょう。角居Q凄い。



トルークマクト尾関

美南W併せ馬吉田隼終い強め54.8-39.9-12.5

併せ馬でしっかり内面に負荷がかかっています。一連の状態の良さはキープできているように見えます。

→ 阪神でも好走歴有、左回りもOKです。あとは強いメンバー相手なので・・・・



トーホウジャッカル谷

栗坂単走坂終い一杯52.4-38.6-25.2-12.6

大きく力強い走りは相変わらずスケール感をかんじさせます。レースに行って勝ち負けの走りをしないという「ズルさ」を身に着けてしまったのでスケールある身体能力があってもレースに行って能力を発揮できないという事態になっています。非常にもったいないです。今回も追い切りでズルい感じは確認でき、鞍上がそれw矯正するように一杯に追っています。どうでしょうかね。レースに行って本気出してくれればいいのですが。

→ 能力高いですが最後追われてもフォームが沈みこまない。

→ 池江Qや角居Qにいれば同馬の内面をしっかりケアできたはず。非常にもったいない素材です。

→ この馬まともに育成できていたら宝塚記念は獲れたのになぁ。



マイネルラクリマ上原

美南W併せ馬終い気合69.9-54.2-39.7-13.1

さすがにそろそろ安定化してきましたね。追い切りでも昔のようなダイナミックさをみせる追い切りパターンではなく、しっかり内面に負荷をかけて闘争心を復活させようとする試みに替わっています。




ヤマカツエース池添

栗CW3頭併せ池添終い仕掛け80.2-65.1-50.5-36.7-11.6

追い切りは明らかに良くなってきました。馬の前向きさに身体もしっかりついていけるようになりました。走りがカチっとしているいかにもキンカメ産駒らしさがある。しっかりグリップして適度な大きさでギュッギュッギュとテンポよく走れるので、大箱よりは小箱のほうが,大箱適性ある馬と戦うには分がある。理想はスローペースから前ポジションのインからgyンと抜け出す、そんな良い走りができています。

→ 全体のバランスとして,まだまだ筋肉の付き方が全盛期と比較して物足りなかった天皇賞のパドックです。ここからどこまで変わってくるかでしょう。この馬の最高パフォーマンス時のパドックは2015年福島記念だと思っています。




リアファル音無

栗坂併せ馬シュタルケ終い仕掛け51.3-37.6-25.1-12.9

ゼンノロブロイ産駒で走りもしっかりグリップするタイプでダートも走れるタイプです。(インビジブルレイズもこんな走りなので目指せ!リアファル!ですね(笑))追い切りはこの馬らしいいつもの感じで走れています。騎手が乗って若干手も動きましたが時計的にもOKで馬体も良し、脚の蹴り返しの強さも良いです。あとはブランクがあってもレースに行って真面目に走れるかですね。中京という舞台は合っています。使い詰めよりは間隔開けた方が良いタイプだと思いますが。

→ 有馬記念惨敗後の休み明け復帰です。



レコンダイト音無

栗坂併せ馬終い一杯51.1-37.7-25.2-12.9

この馬なりにしっかり追い切りで動けていますね。リアファルと併せていたのですね。基本的に追い切り動かない馬ですが、それでも51秒出して動いている点は評価高いです。前走時もデキの良さは評価しています。フォームを考えると東京より中京のほうが合います。坂路で鍛えている面も生きてきます。






☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  サトノノブレス

B+  リアファル、デニムアンドルビー、ヤマカツエース、レコンダイト

B   ヴォルシェーブ、トルークマクト

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 こちらはエアレーションはないようですね。

 http://ktsn.jp/magazineIssue?genre_id=3&magazine_id=585&id=35204


 ローテ論や厩舎力を考えると,サトノノブレスは金鯱賞勝たせるためにいるので,基本的に本命馬は

 ◎07サトノノブレス

 ただ,騎手が外人もシュミノー騎手って誰??池江Q預かりの身元引受人が吉田勝巳さんなら乗れる騎手なのかな?不安点としたらまだ日本競馬に対応できるか怪しいという騎手が乗る面でしょうか。それなら、和田騎手で全然よかったのに。

 相手関係は,B+馬でしょうか。

 デニム、レコン、ヤマカツ辺りを出現させてほしいですね。

 個人的には,デニムアンドルビーの激走に期待!!
 


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ステイヤーズステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/12/03 Sat.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ ステイヤーズステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




アルバート堀

美南W3頭併せムーア終い仕掛け強め69.6-54.3-40.5-12.8

3頭併せで内から追走します。しっかりサインだすまで後ろで我慢して,GOサインが出たら追われてしっかり反応します。高い位置で安定して良い心身状態をキープできています。前脚の使い方からも中山替わりも問題ない。



ウインインスパイア高橋祥

美南W単走終い仕掛け85.6-68.9-53.4-39.2-12.9

折り合い問題なく動けて直線向くとしっかり手前変えてギュンと伸ばしてきます。非常に操縦性が高く折り合いなど問題ないでしょう。馬もしっかり走り方を理解しています。賢いです。この馬なりの良さはあります。あとはしっかり負荷をかけるなどして重傷仕上げができるようになって来れば良いのですが。

→ 福島で結果を出しているので,このあとの福島OP特別狙いのローテの可能性がある。


カムフィー池上

美南W単走終い伸ばす田辺67.0-52.5-38.8-12.8

馬のリズムで走らせて馬自身で覚えていることを反復するかのようにしっかり終いを伸ばしてきます。太目感なく一度使って順当に良化してきています。過去の実績からもこのレースに対しては色気を持って仕上げてくる設定です。

→ 馬体はスッキリ見せて、動きも軽い。マラソンランナー体型にしっかり仕上がってきています。



サイモントルナーレ田中清

美南D併せ馬終いムチ一括66.8-52.7-39.5-14.2

もうズルくなっちゃって動きません。ファイティングスピリットが減退して安定化しています。厳しいですね。



サムソンズプライド杉浦

美南P併せ馬調教師馬なり68.0-52.5-38.4-12.1

併せ馬でしっかり内面に負荷をかけています。馬もリズムよく走れて終いもしっかり伸ばせている。ステイヤーというよりは中距離~ディスタンスで時計のかかる設定が良い走りには見えます。時計が速くない馬場でスローペースで流れてくれれば対応はできそうです。心身面は少しずつ安定してきていますが悪くはないです。



ジャングルクルーズ藤澤和

美南W単走馬なり70.6-54.6-40.4-13.3

走りに芯がと追ていてしっかり真っ直ぐ走れている印象を受けます。時計は遅いですが追ったらしっかり弾ける雰囲気を持って走れている。休み明けですが雰囲気は非常に良く仕上がりレベルは高い。休み明けでストレスない方が走りそうなタイプです。

→ ちょっと噛んでいる感があるので内枠配置でインでじっと我慢させて乗りたいタイプです。じっくり溜めて弾けさせたいタイプです。

→ タイプ的には走りを見ると中距離タイプと感じる面はある。



タマモベストプレイ南井

栗CW併せ馬終い一杯83.7-67.8-52.8-38.0-12.2

コースで併せ馬、外から併せます。終い仕掛けて最後までしっかり脚を伸ばします。追い切りは動かなくなりましたが。動かないなりに動けている方です。馬体も作れており,相手関係が楽な重賞ということで狙ってきたい背景が揃ていそうです。

→ 安定化して激走後疲労&ストレスから凡走しやすい交互質になっている。相手関係と展開次第では結果は出せる。理想はOP戦で相手が弱い方が結果出せる。



ファタモルガーナ荒川

栗坂単走終い仕掛け53.4-39.0-25.8-13.1

坂路で単走追いです。高齢化で活力低下、安定化している印象を受けます。走りはディープインパクト産駒らしく柔らかみがあり良いものはもっています。馬体良し、雰囲気良し、理想は良馬場です。安定化してきていますが、真面目さも残っている感じはある。

→ 前走後方から仕掛けて33.9の末脚を使えています。前哨戦としては良い追い切り設定としてひとたたきで来たレース内容です。(今映像みたら不利がありましたね・・・パドックも太目残りで良化できる余地あり)



プレストウィック武藤

美南W併せ馬終い仕掛けムチ84.1-68.3-53.7-40.0-13.4

どうも追い切り動かないですね。それでも前走パドックからデキは素晴らしかったです。どちらかというとジリでキレないタイプなのでパワーっぽい設定が良い。あとは距離次第です。ダイワメジャーでステイヤーは考えずらい(笑)



プロモントーリオ荻原

美坂併せ馬北村宏終い仕掛け強め52.3-38.4-24.6-12.2

しっかり坂路を駆け上がります。併せ馬で遅れますが仕掛けたタイミングが相手のほうが速くてトップスピードに乗り切る前にフィニッシュした形です。ただ,常識的に考えるとまずは一度使ってからでしょう。動きはまずまず動けています。



マイネルメダリスト田中清

美坂併せ馬終いムチ52.5-38.7-26.1-13.1

この馬なりには動けています。ただパドックでみても太いし,追い切りの動きも太目感ありそうな感じがある。長距離戦は無駄な肉はそぎ落とすのが理想です。



マドリードカフェ荒川

栗坂単走川島終い強め53.5-38.5-24.6-12.0

単走追いですが闘争心の強さもあって前向きに走れています。捌きもマンカフェらしく力強さというか反発力がしっかり強いです。デキ自体は悪い感じはしません。

→ 前走負け過ぎているのがちょっと気になりますね。前走パドックは雰囲気は悪くない。ここから更に上の仕上げで出てこれるかがポイントです。パワーもあるので馬場は多少重いくらいのほうがベター



モンドインテロ手塚

美南W3頭併せ終い強め68.5-53.9-39.9-13.3

併せ馬でインから併せ馬ます。コースで追い切っているのでフォームに伸びがあるのですが,一流ディープインパクトになりきれないゴツさと硬さがあります。柔らかさを持って「しなやか」にギュンと弾けられない,やはり母父ブライアンズタイムが悪さしている点はあります。逆を返せば,パワーはしっかり保有しているので東京よりごまかせる中山のほうがベターでしょう。エアレーションが生きて適度に時計のかかる馬場だと理想的です。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  アルバート、モンドインテロ

B+  カムフィー、タマモベストプレイ、ジャングルクルーズ

B   ファタモルガーナ、マドリードカフェ

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 追い切りを見た感じ,こんな感じでしょうか。

 基本的に、アルバートとモンドインテロはいいですね。

 馬場傾向がイメージできていない開幕週の土曜日なので深くは考えません。

 1頭だけピックアップするなら


  人気ブログランキングへ

 東京だとフォームが伸びないのでトップスピード負けするタイプです。それなら中山コースのほうが断然合う。中山はエアレーション馬場とのことで単純な前受け馬ではなく,しぶとく伸びるタイプをピックアップするとすればアルバートとの逆転もあっても良いと考えています。





= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------


edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-12