調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

チャンピオンズカップ出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/12/04 Sun.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 日曜朝に追記及び評価変更かけています。


◎ チャンピオンズカップ出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


01カフジテイク

栗坂単走終い気合51,9-38.2-25.0-12.7

最後ズルさは見せていて怒られていましたが,芯がブレずに真っ直ぐ走り,脚の回転も良いですね。いかにも充実しているのが感じ取れる追い切りの動きです。馬体も良し。


02アウォーディー松永幹夫

栗CW併せ馬終い一杯82.1-66.9-52.6-39.0-12.3

同馬の追い切りみたの久しぶりなのですが、こんなに動かない癖馬でしたか?(笑)凄い鞍上に対して反抗しています。相当舐められています。ズル賢いですねぇ(笑)。でもレースの雰囲気を察知して武豊さんが乗るとしっかり走るのでしょう。動かないなりに動けている面もあるし、馬体も良い,動かないないのに66.9-12.3って時計は簡単にでないですよ。体調自体は良さそうです。

→ 昔から追い切りで気を抜くところはありますね。でも目に見えて反抗している姿が今回面白かった(笑)


03ブライトライン鮫島

栗坂単走馬なり55.7-38.0-24.4-12.7

もっと負荷をかけてもいいのでは?という感じはありますが、この馬なりにブレずに真っ直ぐ駆け上がれています。デキは悪いわけではない。



04アスカノロマン川村

栗CW単走馬なり82.8-67.2-53.6-40.4-13.3

追い切りでも攻めれていない。フォトパからも不安、どうもここは厳しい状態です。



05ロワジャルダン戸田

美南D併せ馬横山典馬なり82.3-65.7-51.9-38.8-13.0

この馬のリズムで走らせてしっかり心身リンクを図ろうとしているノリさんの姿が印象的です。ガツンという挙動がまったくありませんでした。時計もしっかり出ており、フォトパからもデキは安定して良いでしょうか。馬体も太くなく良いラインです。



06モンドクラッセ

美南W単走終い仕掛け68.9-53.4-39.1-12.5

脚が長く大きく動けて蹴っぱりも良い。素材はいい馬ですよねぇ。溜めてギュンと差し込めるタイプなら楽しみがあるのですが。栗東厩舎で坂路トレ取り入れて、距離はマイルから1200m戦の差し馬あたりに育てられれば良かっただろうなぁと思うところがあります。マイルで差せれば,気性コンロトールさえ効けば1800mもOKです。

→ G1ということを意識すると仕上げレベルはその域にはなさそう。太目感はない。



07ラニ松永幹夫

栗E単走内田博終い強め72.0-59.2-47.2-35.8-12.5

気性もおっとりでスピードも足りないという典型的なパワー型ダートステイヤーなのでしょうね。前走より条件は
向きますが、G1では厳しいでしょう。個人的には可愛くて好きな馬ですが。



08サウンドトゥルー高木登

美坂単走大野馬なり52.2-38.5-25.4-12.8

馬なりですが動きに躍動感あります。ブレずにコースの大外を真っ直ぐ走る。単走でも集中して走れている。心身状態は悪くないです。むしろ順調に仕上がってきました。



09ノンコノユメ加藤征

美南W併せ馬ムーア終い気合69.7-54.8-40.1-13.4

基本的に追い切りでは良く見せないタイプで今回もしっかり遅れてしまっているし良く見せません。最終追い切りでムーアが乗ることで本馬のクセを理解した感じはありそうです。



10メイショウスミトモ南井

栗坂単走古川吉終い仕掛け53.2-38.8-25.0-12.7

もうちょっと真っ直ぐ走れる体幹の強さが欲しい。ブレてこれだと直線勝負には向かない。



11コパノリッキー村山

栗CW単走馬なり87.4-69.5-52.6-38.3-12.3

しっかり折り合えるて溜められていて直線向いてしっかり脚を伸ばせています。走りも芯が通っていてカッチリしており,雰囲気は悪くない。ただ,走りのイメージを見ると急坂がある中京よりは平坦に近い条件で走らせたい。もしくは、完全にスローペースで前受けする設定なら対応できそうな雰囲気はある。



12ゴールドドリーム平田

栗坂併せ馬終い一杯50.8-36.7-23.7-12.1

他厩舎の馬と併せ馬になる形で外からねじ伏せしっかり先着します。坂路でしっかり負荷をかけて仕上げられているのは非常に良い。しっかり坂を登りきってもまだ伸び切る姿勢を見せている。体幹もしっかりしており,脚力も強い。内面も若々しく,鮮度高く,可能性に満ちています。

→ 前走時はどうもこじんまりとして見えてしまってパドックで評価を落としてしまいました。馬体の張り等は素晴らしいので、こういうタイプだということで記憶しておきたい。





13ブライトアイディア宮

栗坂単走終い仕掛け52.8-38.4-24.8-12.6

単走でしっかり動くと見せかけておいて若干最後脚があがってしまいました。この馬なりに悪くはないでしょうが、G1という舞台設定ではどうでしょうか。

→ ここを使って次走OP特別で好走を目指すパターン



14アポロケンタッキー山内

栗坂併せ馬終いムチ53.6-38.4-25.1-12.6

併せ馬でムチが入ってしっかり末を伸ばしてきます。4戦目ですがしっかり負荷をかけてきている点は評価したい。ただし,2走ボケがあるタイプで前走は接戦の末の1着,これはストレス疲労が残りそうで更に格上げ戦となると不安を残す臨戦ではある。もともとG1狙いの使い出しではない点もありそう。



15モーニン石坂

栗坂単走終い仕掛け51.1-37.0-24.0-12.0

追い切りはしっかり動いてきます。溜めて終い伸ばすという挙動もできていますがスピードが勝っているので距離延長は前走の負け方からのステップを考慮すると強気に離れない。デキ自体は素晴らしい動きです。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ゴールドドリーム

B+ アウォーディー,ロワジャルダン,アポロケンタッキー,サウンドトゥルー

B  モーニン(ローテ論,適性考慮すると割り引いてこの位置)、ノンコノユメ,カフジテイク,コパノリッキー

B- なし

注  なし 


( 補 足 )

 ※日曜朝に再度通して全馬の追い切りを見て再評価し直しました。
 
 A評価はゴールドドリーム,距離的にはマイルくらいがちょうど良さそうなので本質的には200m長いです。ただ,武蔵野Sのハイラップを8番手から差し込んでこれているので距離延長はプラスと考えます。追い切りを見ていても若々しく鮮度あるタイミングで格上げ戦でも対応できるはずです。前走武蔵野Sでも古馬相手にしっかり戦えています。坂路でしっかり鍛えている点もプラスで中京の坂も難なく登るトレーニングができていると判断します。鞍上もデムーロ騎手も◎,外目の枠から自分の取りたい位置取りができるのも良さそうです。


 アウォーディーは追い切りは動きませんが動かないなりに動けていて馬体も良いです。阪神ダートを勝ちきれているように適性的には大丈夫です。ただ、内枠配置はストレスかかるので正直言って割引材料です。飛びも大きいタイプで自分から動ける位置にいたい。窮屈な位置だと脚を余す可能性がある。

 カフジテイクは,追い切りを見て明らかに「心身充実度が高い」タイプです。レースペース、距離延長が合わない可能性はありますが,デキの良さは間違いない。坂路で鍛えているので登板力もあるはず。あとは1800mの競馬に対応できれば良い。本来ならこの舞台にくるまでに1800mを使ってトレーニングするのが理想なローテでしたが。その分オッズが穴位置にいるということ。

 ロワジャルダンは,インから差してこれる強さがあり,体調面に関しても高い位置で安定できています。今回もイン突く想定と枠順から評価アップかけています。もちろんデキも良しです。ノリさんが無駄に溜めすぎないことを祈りたい。もちろんインで詰まるリスクもあります。


 アポロケンタッキーは,しっかり坂路を意欲的に登板できているので評価しました。京都コースよりはタフな設定のほうが合うという評価です。ただ,休み明け3戦で格上げで2戦消化,しかも接戦、ストレスと疲労が蓄積しているのでその辺はちょっと不安な材料もあります。馬場はパワーが必要な方が良さそう。雨降らない設定は歓迎です。


 コパノリッキーは追い切りのシルエットをみると正直言ってちょっと太そうかなぁ。当日まで絞れて来ればよい。脚力がしっかりしていて軸もブレません。やはり能力は高いです。ホッコータルマエがいないので今回はマークがないはず。そのストレスがないだけ今回は楽に逃げを打てるかがポイントになります。ルメール騎手乗せるなら、田辺騎手で良かったような気がしますが。


 サウンドトゥルーもデキは高い位置で安定できている。常にアウォーディやリッキーの影に隠れていますが,展開など差しバイアスになればズドンと馬券圏内あります。格あるレースで結果をだしているので侮ってはいけない格上馬です。

 モーニンはやはり基本的に1400~1600mの馬でスピード値高いです。溜めてもそこまで追って味があるタイプに見えないので距離延長は本質的にアウトでしかも急坂があったら尚更でしょうか。追い切りの動きは一番良く見えました。適性が大きなポイントです。
 

 ノンコノユメは正直よくわかりません。追い切りも動きませんし。ただ、古馬になって更に成長してきた感じはなく,昨年維持していた連チャン期も途切れているようにもみえます。ムーアがそれを復活できるのかがカギになります。



(1)オッズ配列チェック


1番人気02アウォーディ 単複2.5 1.3 馬連7.2 3複14.1
単複→稍安定
馬連→安定
3複→稍安定

 G1としては,オッズ的に1番人気は安定しているほうです。


人気グループ --------------------

02アウォーディ 2.5 1.3
12ゴールドドリーム 5.7 1.6
09ノンコノユメ 6.6 1.9
11コパノリッキー 6.9 2.3
15モーニン 8.5 2.4
08サウンドトゥルー 15.3 2.4

伏兵グループ-------------------- 断層有

14アポロケンタッキー 23.9 4.3

穴馬グループ-------------------- 断層有

95ロワジャルダン 33.1 5.4
97ラニ 22.8 4.3

準穴馬グループ-------------------- 断層有

04アスカノロマン 35.3 5.4
01カフジテイク 39.9 5.3

-------------------- 以下略


 追い切り評価とオッズを見比べると,どうもやはり買いたいレースではないです。それでも印に落とし込むとすると


 ◎12ゴールドドリーム
 〇02アウォーディ
 ☆人気ブログランキングへ(配当を上げる役割を持つ馬)
 ☆人気ブログランキングへ(配当を上げる役割を持つ馬)
 △追い切り評価した馬たち

 でしょうか。そこまで本気で分析していませんので,あくまで「参考」でお願いします^^;




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------





edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/12/03 Sat.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 金鯱賞出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ヴォルシェーブ友道

栗坂単走馬なり54.2-39.5-25.6-12.8

ネオユニ産駒なのですが非常に柔らかく身体全身で弾ける動きが出来ているタイプです。柔らかいのでタフな急坂登る中京設定よりも弾けて勝負できる東京のほうがイメージ的にあっていそうな感じがします。デキに関しては引き続き良いです。心身レベルは高いです。

→ 馬場にしては脚が細目でパワーというよりもキレを感じさせるタイプです。タフな中京で伸び切るパワーのイメージを感じさせないところに死角がありそうです。理想は軽い設定のキレが生きる馬場だと思っています。



サトノノブレス池江

栗CW単走終い仕掛け54.4-40.2-12.5

前走時でもしっかり仕上がっていたのでそれを維持するといった中身の追い切りですので問題はないでしょう。馬自身前向きさは途切れておらず集中力を持って走れています。心身レベルは高い位置で維持できています。

→ 東京2000mG1戦は合わないことはわかっていた。キレ不足を補える中京2000mで相手弱化とここで結果を出せる条件は揃っている。



シュンドルボン矢野英

美南W単走馬なり53.5-38.5-12.6

単走ながらしっかり終い伸ばして来る。状態面は安定して良さそうです。もっと体をつかったダイナミックな動きが出来てくると良いでしょうか。



スズカデヴィアス橋田

栗CW単走終い一杯79.1-64.5-50.9-37.8-11.9

どうも走りがこじんまりしていて馬も集中しきれていない。チョコチョコ走るタイプなので中京2000mは合うイメージが湧かない。馬体もイマイチです。



デニムアンドルビー角居

栗坂併せ馬バルザ馬なり54.0-39.0-25.1-12.5

長期休み明けですが馬自体は意外にしっかり作れている。芯がしっかりしている走りで馬自身も非常に前向きさを持って走れています。さすが角居Qですね。

→ 気性的には休み明けでもすぐに走れそうなスイッチは入っている印象を受けます。これは侮らない方がいいでしょう。角居Q凄い。



トルークマクト尾関

美南W併せ馬吉田隼終い強め54.8-39.9-12.5

併せ馬でしっかり内面に負荷がかかっています。一連の状態の良さはキープできているように見えます。

→ 阪神でも好走歴有、左回りもOKです。あとは強いメンバー相手なので・・・・



トーホウジャッカル谷

栗坂単走坂終い一杯52.4-38.6-25.2-12.6

大きく力強い走りは相変わらずスケール感をかんじさせます。レースに行って勝ち負けの走りをしないという「ズルさ」を身に着けてしまったのでスケールある身体能力があってもレースに行って能力を発揮できないという事態になっています。非常にもったいないです。今回も追い切りでズルい感じは確認でき、鞍上がそれw矯正するように一杯に追っています。どうでしょうかね。レースに行って本気出してくれればいいのですが。

→ 能力高いですが最後追われてもフォームが沈みこまない。

→ 池江Qや角居Qにいれば同馬の内面をしっかりケアできたはず。非常にもったいない素材です。

→ この馬まともに育成できていたら宝塚記念は獲れたのになぁ。



マイネルラクリマ上原

美南W併せ馬終い気合69.9-54.2-39.7-13.1

さすがにそろそろ安定化してきましたね。追い切りでも昔のようなダイナミックさをみせる追い切りパターンではなく、しっかり内面に負荷をかけて闘争心を復活させようとする試みに替わっています。




ヤマカツエース池添

栗CW3頭併せ池添終い仕掛け80.2-65.1-50.5-36.7-11.6

追い切りは明らかに良くなってきました。馬の前向きさに身体もしっかりついていけるようになりました。走りがカチっとしているいかにもキンカメ産駒らしさがある。しっかりグリップして適度な大きさでギュッギュッギュとテンポよく走れるので、大箱よりは小箱のほうが,大箱適性ある馬と戦うには分がある。理想はスローペースから前ポジションのインからgyンと抜け出す、そんな良い走りができています。

→ 全体のバランスとして,まだまだ筋肉の付き方が全盛期と比較して物足りなかった天皇賞のパドックです。ここからどこまで変わってくるかでしょう。この馬の最高パフォーマンス時のパドックは2015年福島記念だと思っています。




リアファル音無

栗坂併せ馬シュタルケ終い仕掛け51.3-37.6-25.1-12.9

ゼンノロブロイ産駒で走りもしっかりグリップするタイプでダートも走れるタイプです。(インビジブルレイズもこんな走りなので目指せ!リアファル!ですね(笑))追い切りはこの馬らしいいつもの感じで走れています。騎手が乗って若干手も動きましたが時計的にもOKで馬体も良し、脚の蹴り返しの強さも良いです。あとはブランクがあってもレースに行って真面目に走れるかですね。中京という舞台は合っています。使い詰めよりは間隔開けた方が良いタイプだと思いますが。

→ 有馬記念惨敗後の休み明け復帰です。



レコンダイト音無

栗坂併せ馬終い一杯51.1-37.7-25.2-12.9

この馬なりにしっかり追い切りで動けていますね。リアファルと併せていたのですね。基本的に追い切り動かない馬ですが、それでも51秒出して動いている点は評価高いです。前走時もデキの良さは評価しています。フォームを考えると東京より中京のほうが合います。坂路で鍛えている面も生きてきます。






☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  サトノノブレス

B+  リアファル、デニムアンドルビー、ヤマカツエース、レコンダイト

B   ヴォルシェーブ、トルークマクト

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 こちらはエアレーションはないようですね。

 http://ktsn.jp/magazineIssue?genre_id=3&magazine_id=585&id=35204


 ローテ論や厩舎力を考えると,サトノノブレスは金鯱賞勝たせるためにいるので,基本的に本命馬は

 ◎07サトノノブレス

 ただ,騎手が外人もシュミノー騎手って誰??池江Q預かりの身元引受人が吉田勝巳さんなら乗れる騎手なのかな?不安点としたらまだ日本競馬に対応できるか怪しいという騎手が乗る面でしょうか。それなら、和田騎手で全然よかったのに。

 相手関係は,B+馬でしょうか。

 デニム、レコン、ヤマカツ辺りを出現させてほしいですね。

 個人的には,デニムアンドルビーの激走に期待!!
 


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------


edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-12