調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

みやこステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/11/06 Sun.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ みやこステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アスカノロマン川村

栗CW単走和田終い仕掛け強め84.4-66.5-51.9-38.4-12.5

追われても俊敏に動かなくなってきているのでちょっとズブくなってきた印象を受けます。昨秋から春先にかけてがかなり心身が充実した状態だったので,ここにきて安定化してきたか?と思わせる傾向は追い切りから感じさせます。

→ 休む前までは追われることなく、自分でしっかり動けていました。今回は追われて馬がイヤイヤ走っているように見えました。嫌な兆候ですので軸にはしずらいタイミングです。



アポロケンタッキー山内

栗坂併せ馬松若終い一杯51.0-37.6-24.8-12.7

坂路でビッシリ追って最後まで動けています。追われてからの脚の挙動は良く、仕上がり自体は悪くはない。前走がローテ理論的にもヤリ設定だったはずでそこで負けてしまっている点が解せないですね。

→ シリウスステークスで激走させてしまった反動で心身疲労があった可能性が高い。接戦は特にストレスが残ります。辛い経験を思い出して馬が頑張ることを拒否したのが前走の結果でしょうか。それが尾を引かなければよいですね。

→ パワーと体力豊富なタイプなので,京都D1800mは若干条件が軽すぎる印象はあります。



インカンテーション羽月

栗CW併せ馬藤岡康馬なり83.9-53.4-39.3-12.7

ゴリゴリした筋肉をまとっていた印象が強いインカンテーションですが,再度復帰の今回はやけに軽快に動けています。馬体の造りが当時と変わってきました。個人的には嫌いじゃないです。むしろこの軽やかさは京都1800mでしっかり対応できます。フォトパドックをみても前回復帰戦の東海S時と比較すると明らかに今回のほうが良いです。馬自身も集中して走れています。終いギュンと反応させて来れば完璧でしたが,それでもいい雰囲気は感じさせます。

→ 羽月Qの一番馬で厩舎としても復活させたい馬です。



カゼノコ野中

栗CW単走北村友終い一杯80.8-65.5-51.2-38.0-12.2

前走時も追い切りで評価した馬です。今回もしっかり動けて終い伸ばせています。カチっとして走るタイプでこういうタイプは前半からダラダラ脚を使うよりも後半だけに使って終い弾けさせた方が良いタイプです。距離をこなすのもそういう配慮が必要になってきます。基本的に走りはマイラーです。距離短縮はプラスですが,前が止まりづらい京都で追い込み馬というのは昨年みたいに大きなバイアスが生まれてくれないと厳しいでしょうか。

→ 飛びが綺麗でしっかり蹴れる後躯と前の連動性は非常に良い。



キョウエイギア矢作

栗坂単走強め52.2-37.8-24.5-12.3

ハミをかけてしっかり気合を入れながらですがサラっと52秒台をだせています。ギュンと弾ける挙動はないですが,体力で押し切る身体能力は持っていそうなタイプです。馬場は軽い設定よりパワー質な方が合いそうです。内面も闘争心が強いというよりもL質な淡白さを感じさせます。

→ 相手弱化、時計掛かる馬場、距離延長、などの「変化」が欲しい。今回は相手強化、距離短縮、軽さが必要な京都1800mと条件が合わない。




グレンツェント加藤征

美南W4頭併せ終い終い一杯84.0-67.7-53.0-39.3-14.1

後方から追走してインから併せます。終いしっかり追って何とか先着するといった内容です。終始重なっているので動きは確認できません。もともと稽古動くタイプではなさそうなのでこれでも良いのかもしれません。個人的には前走の追い切りのほうが動きは良かったように思います。

→ フォトパドックの馬体は悪くないですね。軽い設定のダートコースも合いそうです。




サクラエール羽月

栗坂単走終い仕掛け50.7-37.9-25.5-13.2

終いは時計掛かってしまっていますが、元気いっぱいに動けています。基本的には距離は長いでしょう。同厩のインカンテーションのための出走の可能性は高い。



タムロミラクル西園

栗坂単走終い仕掛け強め52.8-39.3-26.0-13.2

最後辛そうで若干ヨレてはいますが最後までしっかり走れています。このひと追いで良くなってきそうな雰囲気です。

→ 前走時のパドックを観ると、半端なく仕上がっていましたね。勝負のヤリ設定でした。

→ 前走時の追い切り比較をすると、今回のほうが一週前の時計が甘いですね。まずは重賞レースを感じさせることがポイントの出走でしょうか。リズム良く心身が充実していそうな臨戦です。。



ナリタスーパーワン松永昌

栗坂終い仕掛け51.2-37.8-25.4-13.1

四肢の連動性よく真っ直ぐ走れていますね。距離は短い方が良さそうなタイプだと思います。


メイショウイチオシ庄野

栗坂併せ馬終いムチ53.9-39.3-25.1-12.4

ゴツっとしたタイプで淡白ながら体力がありそうなタイプですね。この馬なりにしっかり駆け上がってきます。
パワータイプにみえるのでそういう条件のほうが良さそう。こおはちょっと適性ずれている。



メイショウヒコボシ安達

栗坂単走松山終い仕掛け強め53.3-39.1-26.1-13.5

追い切りは動きませんね。ズブいです。でもダート馬らしい感じではあります(笑)。相手強化で距離短縮、これが合っていそうなタイプにはみえませんので今回はどうでしょうかね。


モルトベーネ松永昌

栗坂単走小牧気合51.8-37.8-25.1-13.1

前半から噛んでグイグイいきますが折り合わせようと手綱は引き絞っています。馬がそのうち苦しくなってきてヨレるのを鞍上が矯正しています。どうも追い切り的にはちぐはぐです。距離短縮はプラスでしょう。



モンドクラッセ清水英

美南W併せ馬馬なり56.5-41.8-13.3

昨年と比較すると,ガツンといったところがなく大人になったなぁという印象を受けます。それでもレースになるとちゃんと逃げるようですね。もうちょっと追い切り的には攻めてほしい面はあります。輸送を考慮しているのでしょうか。

→ 距離短縮は合います。体力保管されるローテで重賞慣れしている今年のほうが条件は良いかもしれません。



ラニ松永幹夫

栗E単走終い仕掛け74.5-59.7-46.8-34.6-11.1

Eコース追い切りって久しぶりに見ました(笑)間隔詰まっていてスピード値つけようとの試みでしょうか。動きは悪くないです。基本的に時計の速いダート向きの走りには見えません。この馬にとっては軽すぎる条件に見えるので対応できるかがポイントになってきます。馬体は◎です。



ロワジャルダン戸田博文

美南W併せ馬田中博終い強め67.0-51.3-37.4-13.6

持ち前の闘争心をしっかり感じさせる面があるものの、衰えも否めません。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし

B+  アポロケンタッキー、インカンテーション、タムロミラクル

B   モンドクラッセ、グレンツェント、アスカノロマン

B- カゼノコ(追い切り良いが適性不安)、ラニ(デキ自体は◎も適性不安で人気過剰)

注  なし 

( 補 足 )


(1)オッズ配列チェック


1番人気11アスカノロマン 単複4.0 1.8 馬連6-11 10.4 3複1-6-11 15.6
単複→ 不安定
馬連→ 不安定
3複→ 稍不安


人気グループ --------------------

11アスカノロマン 4.0 1.8
06グレンツェント 4.6 1.5
01ラニ 4.6 2.0

伏兵グループ-------------------- 断層有

09アポロケンタッキー 8,8 2,7
03モンドクラッセ 8,6 2.3
04カゼノコ 12.1 2.3
07ロワジャルダン 14.8 3.7

穴馬グループ-------------------- ここに断層有

05キョウエイギア 18.1 4.1
16タムロミラクル 22.6 3.4

準穴馬グループ-------------------- ここに断層有

10インカンテーション 19.3 4.0

-------------------- 以下略

基本的にこのに書いた馬で決まりそうなレースです。しかも,配列的には,穴馬・準穴馬が出現しやすい配列にも見えます。

 デキはラニが素晴らしい。あとは対応できるかどうか次第です。

 オッズからだと、穴馬から入りたいレースという評価になるので


 10インカンテーション
 18タムロミラクル


 この2頭にしっかり穴馬として役割を果たしてもらいたいところ。




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

アルゼンチン共和国杯出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/11/06 Sun.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ アルゼンチン共和国杯出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




アルバート堀

美南W併せ馬終い仕掛け53.5-38.6-12.7

インから併せてしっかり抜け出します。脚もしっかり前に出ており,後肢の踏み込みも深くしっかり足先まで蹴り返せており,東京向きの四肢連動性を見せてくれている。馬体はもうちょっと絞れる余地はありそうです。心身ともにしっかり高い位置に仕上げてきました。

→ 中山でも勝っていますが,同馬は本質的に平坦のほうが良さそうな走りをします。そういう意味では東京コースは理想なタイプです。



ヴォルシェープ友道

栗坂単走馬なり54.5-39.7-25.6-12.5

坂路を単走馬なりで走ります。上体や、足先の挙動が軽く,軽快に登板します。もっと大きく動けたほうが個人的には評価は高い。蹴り返しは強く,デキの良さは感じさせます。

→ しっかりデムーロを確保してきた点は評価したい。

→ 前走のようなスローからの瞬発力勝負になると,この馬の軽さが生きるというのは理解できる走りです。トップスピードの持続力勝負になると持続しきれずに途中で脱落するかもしれません。今後その辺を強化していくと更に上を目指せると思います。

→ 前走パドック観ましたが後肢をもっと大きく使って歩けるようになってほしい。



クリールカイザー相沢

美坂単走終い終始見せムチ53.0-37.9-24.3-12.0

前走時でもデキは良かったです。フォトパドックをみると更に馬体は引き締まって最高の仕上げに感じさせます。坂路でもコースの大外を走らせて終いも12.0で余力たっぷりです。文句なしに仕上がっています。

→ 2014年アルゼンチンで2着でした。前哨戦は今年と同じオールカマーで後方の馬群の中からしっかり追われて差し込んでくるといった内容で非常に調教効果が高かった内容です。今回のオールカマーはヤリ設定で4角早め抜け出しから押切る予定もつかまってしまった内容と臨戦の内容が大きく異なる。距離延長で東京替わりとなるとローテ論としては2014年の評価が高く、今回のローテ論評価は低い。



コスモロビン清水英

美坂単走終い強め52.6-38.5-25.5-12.7

時計が出るようになってきましたね。それでも動きがどうも鈍重にみえてしまう。もう少しピリっとした動きが出来てこないと重賞では厳しいか。



シュヴァルグラン友道

栗CW併せ鵜馬福永終い仕掛け80.7-66.5-52.7-39.5-13.4

やっぱり追い切り動かないタイプですね。馬なりで動く併走馬のインに併せて抜け出すタイミングで鞍上の指示があるも前に出ないで下がってフィニッシュです。ズルいところがありますが、こういうところがあるから距離も対応できるように思えます。カッチリしているタイプなので惰性で走らせるよりもしっかり脚を溜めて弾けさせた方が良い。東京でも対応できる走りは確認できます。

→ 前走は距離も短くてテンに流れる展開を前目で受けてしまい、最後はアンビが下がってきて万事休す。アンビがいなくても勝ち負けは厳しかったでしょう。ある程度距離ある設定でしっかり溜めて弾けられる競馬が理想で今回は変わってこれるタイミングとレース設定です。このハンデをクリアしてくれば本物です。



ショウナンバッハ上原

美南W単走馬なり58.3-42.0-13.8

ゆったり走らせようとしますが馬はムキになっている感じです。距離延長でポジション取りに行くのは厳しいでしょう。気性的にも延長設定は合わない。最近追い切りで気性の悪い面が目につきます。そのせいもあって成績が安定してこない。走ることに集中しきれていない印象です。

→ カチっとしてステゴらしい蹴り返しが強く剛性溢れる走りをしている。軽さよりもグリップ感強いので時計掛かる設定がモアベター、次走距離短縮で狙うタイプです。ここは集中力アップするように最高方から末脚伸ばす競馬でメンタル力つけさせて次走という臨戦を望みます。



トレジャーマップ石栗

美坂単走馬なり52.9-38.3-25.0-12.3

馬なりで楽に登板できて時計も良し。今は本当にデキが良いタイミングなのでしょう。脚の蹴り返しも強くしっかり四肢で連動できています。ステゴらしいカチっとした走りも印象的です。

→ 格という面では明らかに劣りますが、デキは間違いない。前走は稍重という馬場設定があっていた。また少頭数で大外一気という面はステゴらしくないなぁという面もある。

→ パドック観ましたが,伸びがあるフォームではない。スローペースで脚を溜めたいタイプで前走それがハマった印象、レースレベル上がると適性ラップにはならなさそうで不安面有



フェイムゲーム宗像

美南W併せ馬北村宏終い仕掛け強め70.7-54.7-39.6-13.2

併せ馬でインから併せて走らせますが、併走馬がフェイムゲームをしっかり煽ってフェイムは追わないとついていけない状況になる。どうも休み明けの仕上げとしては少々不安です。追い切り動かなくなったのでしょうか。

→ G1戦線を賑わしてきた馬なのにフォトパドックはありませんでしたね。

→ 昨年のアル共時の追い切り映像と比較しましたが、時計は同じくらいですが、手ごたえが全然違います。今年はそういう意味では不安です。




フェスティヴェイル畠山

美坂併せ馬田中勝馬なり52.1-38.6-25.3-12.4

シンボリクリスエスらしい雄大な馬体でパワーがある走りをみせてくれている印象を受けます。東京芝で勝負所でギュンと加速する性能を求められた場合はちょっと適性負けしそうです。

→ 札幌2000mで4角1番手で抜け出して勝ち、東京変わって距離延長して鞍上も弱体化してとなると期待値は基本低い

→ パワー質な馬場で体力勝負になれば適性値はあってくる。やはりクリスエスらしいパワーがあるタイプ

→ この馬にデキ自体は良いです。





プレストウィック武藤

美南W併せ馬併せ馬終い一杯68.0-53.7-40.6-13.5

追い切りは思ったより動かないですね。併走馬も動かないので一応突き放した形ですがギュンと反応して突き放した形ではないです。重苦しさはないのでこの馬なりに動ける設定で仕上げてきています。

→ どうも前の捌きが伸びないので東京のハイメンバーでは適性負けしそうな感じですs。準OP勝ちも阪神で重馬場とパワーが必要な条件がマッチした印象を受けます。今回よりは前走のほうが条件は向いていたはずで,それで4着ならここでは出番は期待できないでしょう。



マイネルメダリスト田中清

美坂3頭併せ終い仕掛け52.5-38.6-25.4-12.8

併せ馬でコースの大外を走ります。雰囲気自体は良くしっかり走れています。ただやはりステゴらしい硬さはあるのでそういう馬場設定が良い。また,安定化してしまってハイパフォーマンスを出せていない近走だと相手弱化が必要です。




ムスカテール友道

栗坂単走終い一杯55.0-40.1-26.5-13.4

高齢ということもあり安定化してズブくなって追い切りは動きませんね。相手弱化でしっかり反応したのが2015年4月のメトロポリタンSです。当時よりも活力は低下していそうなのでどうでしょうか。

→ 前走の内容は悪くないです。ローテ論的にここからの距離延長ステップは悪くない。ちょっと馬場が軽すぎた設定だった。もう少しパワーが必要な馬場だと馬券になっていたかもしれません。




モンドインテロ手塚

美南W併せ馬馬なり70.6-54.6-39.6-13.3

ディープインパクト産駒なのですがブライアンタイム色が強い硬めな走りをするタイプで東京コースで伸びやかに弾けきる1流ディープ産駒ではありません。目黒記念の時はデキの良さから推しましたが、この結果は妥当なところだったのでしょうと再認識できます。ですので前走のような条件が逆にベストでした。ブライアンズタイムですが後肢の蹴り返しは足先までしっかりできているのである程度対応して来るとは思います。デキは元気いっぱいで内面もしっかりしていますので良い評価を与えて良いです。



レコンダイト音無

栗坂併せ馬松若終い一杯51.6-38.9-26.3-13.6

追い切りは動かないタイプなので気にしなくても良いです。それでも最後は抜かされないような内面の強さを見せてほしいというのが重賞レベルの基本です。東京で結果だしていますが、走法的に東京向きではないタイプでリズムを失って安定化してからはどうも結果が出なくなってしまっている。それでもこの馬なりにしっかり仕上げられて頑張ってはいます。今回も仕上げレベルとしては高めです。ただ、本質的にはチョコチョコ走るタイプで上手くロスなくインを走らせるなどの工夫が必要なタイプだと思います。




ワンアンドオンリー橋口

栗CW単走馬なり82.5-65.8-50.6-37.3-12.6

前脚もしっかり前に出せていて柔らかくかつしっかり蹴り返して走れています。馬体も無駄なく造れていてコース追いしているだけにしっかりと伸びあるフォームでリズムよく四肢連動できています。身体能力的には十分通用するはずですが,どうも「最後まで走り切って結果を出そうとする意欲というか集中力に欠けてしまっている」感じが強いレースが目立ちます。

→ 前走も早い段階で内田騎手にガンガンムチ入れられて追われて矯正させられていました。精神状態はやはり難しいゾーンにあります。素晴らしい身体能力もっているのに本当にもったいない。前走パドックでは太かったので絞れて来てほしいです。

→ ガシガシ追える内田騎手のほうが良かったなぁ。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  人気ブログランキングへ

B+ シュヴァルグラン

B  クリールカイザー、モンドインテロ、ヴォルシェープ

B- ワンアンドオンリー、ショウナンバッハ、レコンダイト、ムスカテール

注  なし 


( 補 足 )

 
 追い切り等々チェックしてしましたが、メンバーレベルが低いですねぇ。


 人気ブログランキングへ  は東京向きの弾け方がしっかり出来ている点を評価しました。仕上げに関しても抜かりなしです。まずここでしっかり結果を出したはずです。 


 デキが良く,格上のシュヴァルグランをB+

 デキは良いが若干ローテ論や適性的に割引の馬をB

 メンバーレベル低いのできっかけやバイアスひとつで馬券圏内も・・・・という馬をB-

 にしてみました。



(1)オッズ配列チェック


1番人気01モンドインテロ 単複 馬連1-13 8.4 3複 1-11-13 13.4
単複→ 不安
馬連→ 安定
3複→ 安定

 上位四つ巴といった配列です。1番人気は実質いないと考えて良い。それでもこの4頭は拮抗して評価されています。
 伏兵グループの評価はさほど高くない印象でそれなら,穴馬グループの出現に期待したい配列ではあります。


人気グループ --------------------

01モンドインテロ 4.3 1.7
13ヴォルシェーブ 4.5 1.5
11シュヴァルグラン 4.8 1.6
05アルバート 5.6 1.8 

伏兵グループ-------------------- 断層有

06クリールカイザー 18.3 3.3
08フェイムゲーム 15.6 3.8

穴馬グループ-------------------- 小さい断層有

02トレジャーマップ 27.5 4.5
03ワンアンドオンリー 14.2 3.3 ←単複異常
12レコンダイト 29.4 4.7

準穴馬グループ-------------------- 小さい断層

10ブレストウィック 42.6 6.7
15ムスカテール 10.9 5.5 ← 単勝異常

-------------------- 以下略

 個人的には「伏兵グループ馬で出現確率高い馬がいるときが勝負レース」という判定をしているので,今回はどうも配列的に馬券を買いたい気にならないです。

 オッズから穴馬をピックアップするなら

 03ワンアンドオンリー
 12レコンダイト
 15ムスカテール

 ここらへんが出現してくれれば配当は跳ね上がりそうです。ただし,個人的にそこまで出現確率は高いかというと牡妙かなぁという判定にはなります。

 パドックと返し馬観て,人気ブログランキングへ  が横の比較で狙っても良さそうだったら,軽く単複買って観戦にしようかと思っています。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 2
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-11