調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

スプリンターズステークスフォトパドック観察2016 

2016/09/29 Thu.



スプリンターズステークスフォトパドック観察2016


 昨年は思いのほか,スローペースになって,これが中山スプリント戦?!とびっくりする内容でした。今年はどうなるでしょうか。

 スプリント戦の評価はあまり得意ではないので,簡単にサラっと書きます。



ビッグアーサー

一度使って明らかに身体にボリュームが出てきましたね。順当に良化しています。暴力的なスピードとパワーが売りの馬です。それを感じさせる素晴らしい馬体に仕上がってきました。



ダンスディレクター

セントウルの時はどうも薄っぺらく物足りない感じでしたが,そこからは良化はしてきましたね。春先の充実していた馬体に近づいてきました。


ネロ

デキ自体は安定しています。軸がしっかりしており体幹の強さが感じられます。デキ自体は長く良いので更なる上積みはないでしょう。


シュウジ

馬体の造りが柔らかくなってきた感じがありますね。スプリント目指すならNHKマイル時みたいにガチムチ感を強く造ってきたらよいと思いますが。立ち姿も凛々しく、筋肉も充実,下半身もしっかりしていて雰囲気は良いです。状態は前走より上がってきています。


ソルヴェイグ

腹が巻き上がり系牝馬で初見で見ると割り引きたいタイプなのですが、これで走れているので評価を訂正しないといけないタイプ。でおもG1となると馬体スケール負けしているとは思うのですが。デキは平行線です。見る感じだとデキ落ちもないでしょう。


ブランボヌール

春先から呟いていましたが,やはりスプリントくらいのほうが良いディープ産駒でしたね。顔つき良く筋肉量も良し、バランスOKと仕上がりレベルは高い。


ミッキーアイル

相変わらず素敵なスタイルですよね。立ち姿に「品格」がある。昨年に比較するとガチっとした筋肉ではなくバランスよい柔らかさと質の酔い筋肉の付き方をしている印象を受ける。パっと馬体を見るとスプリンターではなくマイラータイプに見えてしまいます。そこがどう出るか。

→ 高松宮杯と比較すると、スプリント仕様仕上げという面から言うと今回は「甘い」レベル


ベルカント

ギリギリですがデキの良さは維持できています。下半身にも力強さはある。筋肉も落ちていません。デキの良さは維持できている。


レッルゴードンキ

馬体がどっしりしてきてボリュームが増えてきました。牝馬ながら牡馬に負けていません体型は明らかなスプリント体型になってきました。身体面はかなり良さそうです。


スノードラゴン

一度使っていい意味で馬体に丸みが出て馬体は良くなっています。デキ自体は良いです。真っ白で眼もめんこくて愛嬌たっぷりです。こんなに可愛かったらもう誘導馬になるしかない!(笑)



レッドファルクス

馬体バランスよく背中も真っ直ぐなので短い距離のほうが良いタイプでしょうね。筋肉もしっかり作れており,CBC賞時とそん色ないデキにありそうです。



サクラゴスペル

休み明けですが,馬体は太目感なくしっかり作れています。皮膚も薄く下半身にも力が入っています。雰囲気自体は悪くない。能力は出せそう。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ローズステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/09/17 Sat.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 時間が作れたので更新しておきます。これ以上は更新しない予定?です^^;


◎ ローズステークス出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アットザシーサイド浅見

栗坂単走馬なり59.8-42.7-26.5-12.5

単走馬なり調整で浅見流で特に問題ない設定です。カチっとしてブレずに力強く弾めるフォームで走れています。馬体の張りも良く,馬もリラックスしながらも適度な緊張感を持って走れている。出来に関しては休み明けでも十分動ける心身レベルです。

→ もともと芝1400mから使い出したように,陣営的には「距離は短め」という認識だったはず。オークスでは,一気の距離延長で末脚が鈍り,距離に壁があることが露呈している。今回は1800mということになるので,条件は好転はする。阪神向きのカチっとしたトルクもあるタイプでコース替わりはプラス材料です。あとは1800mをこなして来ればOKという設定、しっかり脚を溜めさせて距離を克服したい設定です。

→ 福永騎手はしっかりフィリーズレビューや桜花賞で脚を溜めさせる競馬が出来ている。これを意識して距離を克服するレースをしてくれば良い。



アドマイヤリード須貝

栗坂3頭併せ馬なり53,5-386-24.8-12.4

坂路を楽に登板しますね。脚の蹴り返しも強く体幹も作れていて走る姿勢はブレがなく良い。ステゴらしくトルクが効いた走りをするのでダラ坂で量的な東京2400mよりも阪神1800m戦の方が合う。桜花賞の内容からもしっかり溜めて終いに賭ける競馬をした方が結果が出せる。陣営もそれを理解しているはずだと思うので、ここでもルメールがしっかりとフワっと乗って溜めを作ってくると思われます。

→ アットザシーサイド同様、条件替わりはプラス材料です。阪神コースで適性値アップします。



カイザーバル角居

栗坂併せ馬馬なり54.0-39.0-24.8-12.2

硬いなりに柔らかく動けている印象を受けます。角居先生何かやりましたか?(笑)。基本エンパイアメーカーなので硬めな稼働になるはずです。ですのでトルクで勝負できる阪神コースは合う。軸もブレずに真っ直ぐ走れる体幹の強さが合って蹴り返しも良い。併せ馬でしっかり集中して走れていることからもしっかり仕上げてこれています。追い切りも手綱を引き絞って持ったままでのゴールです。

→ 以前から書いていますが、この馬はエンパイアメーカーで走らせると硬さが合ってトルクがあるタイプです。ステゴ産駒に似ている感じです。ですので阪神替わりで狙うと決めてチューリップ賞で狙いましたが、後ろ過ぎて届かないという残念な騎乗でした。そのあとの君子蘭賞は確勝レースでしっかり単勝狙うレースでした。(マークするの忘れていました(笑))




クリノサンスーシー大根田

栗坂単走終い強め53.6-39.0-25.7-12.8

これまで見てきた馬たちが優秀過ぎてどうも動きがイマイチに見えてしまいます。途中で集中力が薄れてきて鞍上がムチ入れします。ちょっと格下に見えてしまう。



ジュエラー藤岡

栗DP併せ馬終い仕掛け64.8-50.2-36.8-11.2

併せ馬でインから併せて4角手前で併走状態になるタイミングでムチを持つ仕草で仕掛けを促す。すると馬がスっと反応してしまいビュっと伸ばし鞍上も反応の良さを確認して惰性でフィニッシュします。身体も十分に作れており、内面も良好、休み明けでも不安なしです。



シンハライト石坂

栗坂単走終い強め54.7-39.5-25.1-12.2

フォトパドックでは不安視する声が多く聞かれましたが、とりあえず追い切りでこれくらい動ければ及第点にはあると思います。ただし、やはりオークス時のほうが動きが素晴らしいのは言うまでもありません。若干登板時の躍動感に物足りなさがあります、もっとフラつかないで楽に走れて来てほしかった。登りきってからも止まらず伸びている姿はいつもどおりの良さを示します。



デンコウアンジュ荒川

栗P単走馬なり66.2-50.2-36.6-11.8

単走で集中して終いまで伸ばせています。コース追い主体ということもあって走りを見るとやはり平坦向きに見えてしまう脚捌きではある。デキは素晴らしく内面も研ぎ澄まされているが、阪神替わりは正直なところ微妙かなぁと思うところが適性面での評価になる。




バレエダンサー尾関

美南W併せ馬終い強め54.8-39.9-12.9

馬場の大外を併せ馬で走らせて終い仕掛けてしっかり末を伸ばしてきます。量が豊富そうに見えるタイプで距離は長い方が良さそうです。阪神1800mを末脚絶対値で走り切るタイプではないので今回は微妙な設定です。



フロムマイハート宮本

栗坂単走終い仕掛け54.6-39.6-25.4-12.3

単走でしっかり自分の意志で集中して走れている。鞍上がハミで意志を伝達するとギアを上げて終いまでしっかり伸び切ります。阪神でも走れそうな部分はありますが、そこまでパワーがあるタイプにはみえないので東京のようなダラ坂くらいがちょうど良さそうなタイプにも見える。緊張感持って走る真面目なタイプなので距離は長過ぎない方が良いので距離短縮は+です。



ラベンダーヴァレイ藤原英

栗cW併せ馬終い仕掛け83.5-67.7-52.3-38.4-12.2

併せ馬で余裕の動きを見せてくれていますね。これは明らかに春先より馬が良くなってきている感じがあります。ディープインパクトの良さを受け継いだ軽快な走りが出来ているし、かと言って非力ではないトルクも持ち合わせている。心身レベルは相当高いです。

→ 1200m2番手前受けで0.0秒勝ちステップですか・・・・・・・・ローテ論からはまったく評価できない・・・・・苦笑。



レッドアヴァンセ音無

栗坂併せ馬終い一杯53.0-38.8-25.3-12.3

脚をしっかり前に出して走れるディープインパクト産駒です。しっかり追われて終いまで伸ばしてきます。走りを見るとやはり阪神よりも平坦なほうが良さそうな気はしますが、坂路でしっかりトレーニングされている面で適性カバーできてくればという部分はある。

→ ここで阪神負けする競馬をして消耗も最低限にし,次走京都替わりで一発・・・・・!!というシナリオが理想的です^^;




☆ 追い切り評価 ☆

A+ ↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

A  該当なし

B+ アットザシーサイド、カイザーバル、アドマイヤリード

B  レッドアヴァンセ、シンハライト(オッズに対しての期待値不足補正)

B- デンコウアンジュ(デキ良いも阪神微妙)

注  なし 

( 補 足 )



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ローズステークス、セントライトキネンフォトパドック観察2016 

2016/09/15 Thu.



 今週中に最後まで書けるかは不安ですが記事をエントリーしてみます。(書けました(笑))



ローズステークスフォトパドック観察


シンハライト

もともとボリューミーな馬体ではなく見栄えはしなく,それでもしっかり追い切りでは凄い動きを見せてきたのがシンハライトの特徴です。今回もフォトパドックでは見栄えはしない。皮膚の薄さは感じさせるがどうも張りや肌艶の良さがないのがオークスと比較しての評価になる。馬体の線形自体は過去と比較して悪くない。むしろバランスは崩れていない。

→ フォトパよりも追い切りでしっかりジャッジしたいタイプです。



アットザシーサイド

いい意味でオークスと変わらない立ち姿を見せてくれている。馬体の締まりはオークス時より良く見える。根本的なところは,マイル以上でしっかり能力を出せるか?という点になってくる。阪神コースはカッチリした馬体と走りなので合う。最高方で脚を溜めるくらいでこの距離に目途をたたせる競馬をするのが今回の課題となるはず。先行させてしまうとどうかなぁ。。。



デンコウアンジュ

昨春は馬体をしっかり作りこんでこれていて評価が高かった馬です。東京替わりのオークスで穴馬という評価をしましたが、0.4秒差の9着、それにしても上位入選馬は能力適性力高かった内容になる。全体に対して脚が長く見える背中も良く前も後ろも弾力性ありそうな筋肉がついていて評価は高い。ただ、これまでずっと見てきた中で考えると,阪神はいまいちで、やはり平坦性のある条件のほうが良いという判定になる。飛びがしっかりいていてコース追い切り主流馬



ジュエラー

桜花賞時でも素晴らしい馬体を見せてくれました。今回はまだ研ぎ澄ます余地は残すものの,バランスよくしっかり馬体と筋肉を作れています。下半身にしっかり力が入る立ち姿は表亜は高い。キ甲が抜けてきて前が一生強くなってきたように感じさせっ舛。4輪駆動で力強く走る姿が想像できそう。


レッドアヴァンセ

皮膚が薄く、しかもふっくらと作れていて具合の良さは確認できる。背も伸びたようで成長も感じさせます。春より具合が良さそうなのでここは楽しみな一戦です。追い切りでは坂路ですが,どうも阪神よりも京都という感じがあるので阪神をしっかり走り切るパワーもついてきているかが課題です。


フロムマイハート

毛色から見ると、ハーツクライというよりアグネスデジタルという印象も背中や脚をみるとハーツっぽさも感じさせます。バランス良く背中・胴の感じからも中距離は合う体型です。太目感もなく筋肉も付けれていて下半身に力入る立ち姿、休み明けもキッチリ仕上がっています。


≪ピックアップ≫

出来の良さ、適性力評価を与えるとやはり阪神は得意な4輪駆動で末脚絶対値高い

 人気ブログランキングへ




セントライト記念フォトパドック観察



ディーマジェスティ

はち切れんばかりのボリュームある馬体を見せてきた日本ダービー、それと比較するとどうもこじんまりと映ってしまう嫌いがあるのが今回のフォトパドック写真です。ただ、ダービーのときよりは馬体バランスが良くなった印象は受けます。菊花賞を意識するならもう少しシェイプしてほしい感じはある。見た印象からは,基本2400mまでの体型です。菊花賞は世代限定戦なので誤魔化せる面はありますが。


マウントロブソン

私が見てきた中ではどうもディープインパクトっぽくないタイプの馬体です。ゴツゴツしたところがありそうな馬体、立ち写真でどうも硬さがありそうな感じです。こういうタイプはトップスピード勝負向きではないので中山コースなどの持続ラップを刻むレースの方が合うはずです。馬体バランスは良く、前も後ろも筋肉量が増えてパワーアップしていますね。若干お腹は緩く太目残り。


プロフェット

休み明けでも馬体はしっかり作れています。本番は菊花賞ではなくここだと言わんばかりの仕上げレベルです。ハービンジャーらしい重苦しさはないです。休ませてストレスと疲労が無い状態で中山トライアル設定、好走させて穴をあけてほしい希望はありますがどうでしょうか。脚の感じはハービンジャーっぽさがあります。トップスピード勝負では分が悪いタイプで時計掛かる設定のほうが良い。


ゼーヴィント

ゼーヴィント、遂にクラシック戦線に乗ったのか・・・・・シルクの追っかけ馬なので嬉しく思います^^
ディープ産駒らしい柔らかそうな筋肉に覆われていますがその中でも硬さも内包していそうな感じがある馬です。その辺は母父ブライアンズタイムの影響でしょうか。馬体はどっしりしていて雰囲気は良いです。ただ、若干太目残りな印象はあります。トップスピード勝負は脚や筋肉の感じを見ると分が悪そうな面はあるので、菊花賞ではなくまずここで結果を出しておきたいタイプです。



アルカサル

回避でしょうか。出走予定に入っていませんねカチっとした後躯を見せてくれているのが印象的な馬体です。背中は適度にゆとりあるので中距離までならOKです。脚は長くはないのでトップスピードの持続力勝負向きではないですが、瞬間的に加速する能力値は高そうな印象を受けます。



プロディカルサン

なんか直飛気味なディープ産駒が多いですね(笑)だからこそこの舞台を選んでくるのでしょうか。皮膚感薄く後躯はしっかり作りこめて馬体バランスが良い。しっかり仕上げてきた印象を受ける。背中の感じからも中距離はOKです。しっかり立て直して来たなら馬券的に面白いタイミングです。


カルヴァリオ

間延びして直飛気味な馬体です。登録から外れていますね。まだちょっと格下感はあります。


≪ピックアップ≫

 ディーマジェスティを不安視するなら,穴っぽい馬が台頭するタイミングです。
 
 個人的に一発が合って欲しいと思う馬は

 人気ブログランキングへ


 クラシック戦線が近づいてくると、やはり気分も高まってきますね。夏競馬は配当的には面白いですが、この秋のシリーズも競馬観戦的には面白い時期です。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ローズステークス、セントライト記念フォトパドックデータ2016(PASSは人気ブログランキンにブログ紹介欄に掲載) 

2016/09/15 Thu.

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

セントライト記念、ローズステークス2016 

2016/09/12 Mon.


 
 体力がある月曜日のうちにこれだけは更新しておきます(笑)
   
 時間が無いので,貼るだけにします。大体傾向があることがわかると思います。各自でじっくり読み取ってみてください。

無題

無題


無題

無題


 あとは,このレースに合う適性馬及びデキと心身レベルが高い馬をピックアップすることですね。




edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 2ndSTAGE 【 TRAINNING&DATA ANALYSIS 】

京成杯オータムハンデ 直前分析メモ 

2016/09/11 Sun.



 ちょっとあと2~3週激務が続きそうな感じです。ブログ更新は不定期確実になります。すいません。

 10月辺りから本格的にブログについても稼働し始めたいと思っています。様子見ながらスタート時期は考えます。


 >エスさん
 先週はまったく見当はずれでした。的確ではありません。すいません^^;

 >ツキイチバンさん
 素晴らしいですね!アデイは穴人気し過ぎてちょっと嫌いたくなる病がでてしまい軸にはできませんでした^^;
 ルミナスの相手本線はアデイだったのでルミナスがもっとかんばってくれれば;;

 >ヒデさん
 初めまして!貴重な意見ありがとうございます!やはり飲まれちゃいましたね、ミラノ。それでも差は僅かでデキの良さは間違いなかったと思っています。展開的な重力負けですね。ここまで追い込みバイアスになると思っていなかったのでもう参りました^^;

 >ぶちおさん
 直接レスできずすいません。でも意識してムスカテールは先行して書いておきました^^; アルバートドックはパドックで抜群のデキでした。あれを見せられると切りずらくなりましたが、一番人気で買いたいタイミングではなかったので切りました。でも戸崎が上手く乗りましたね。アルバートドックが馬券に来た時点で私的に的中が無理なレースでした^^;

 >クリスエスさん
 いやー、もう「老い」とうまく付き合っていくしかないですね・・・・・ もう少し楽なポジションに異動できれば競馬ライフも充実するのですが、なかなかそういうものはうまくいかないもんです^^;


京成杯オータムハンデ 直前分析メモ


(1)1番人気判定

10ロードクエスト 3.3 1.7~2.0 馬連10-14 10.5 3複18.2

評価:1番人気不安

●全体的のオッズ配列からだと,上位信頼ではなく、下位人気の出現を期待したくなる配列です。

ロードクエスト

≪フォトパドック≫
筋肉はそれなりに仕上がっている。まだ馬体は研ぎ澄ます余地はある。全体的なフォルムは均整取れていてバランスは良い。休み明けなりに走れるレベルです。

≪ローテ≫
ダービーはローテ的にクラブ宣伝向けの「記念出走扱い」で度外視,距離適性も頑張って1800mまでで基本マイラー体型,溜めて追い込む競馬を続けているので中山マイルだと適性的に若干不安面はある。馬場・展開面で追い込みバイアスになるなら間に合う。
休ませて疲労とストレスが抜けている点は良い。

≪追い切り≫
直線向いて反応するタイミングで若干もたつく。最後は追いついて併入です。動き的にも内面的にもピリっとした点は足りない感じもあるので一度使ってからの良化を期待した面はありそう。


(2)出現を期待したい位置にいる馬


07ピークトラム
11ダンスアミーガ
01ダイワリベラル
03カフェブリリアント

08ラングレー
13トウショウドラフタ
06クラリティスカイ

上4頭が断層で出現しやすく評価されている位置,下3頭は穴的な位置


07ピークトラム

デキはいい意味の平行線で上積みはないもののいい状態は維持できている。

→ 前走は時計が速すぎて同馬の適性外レースとなってしまっての敗戦,馬場設定も合わなかった。
→ 今回は開幕週も適度に時計はかかっているエアレーション馬場です。前走よりは適性はマッチする舞台です。
→ 中山マイルは若干特殊でマッチしない可能性もある。スローで流れるようだったら適性は合う。ハイラップだと厳しいか


11ダンスアミーガ

絶好調ですね。動きはブレが無くしっかり登板できている。

→ フォトパドック◎で身体は充実できている。
→ 中京記念で4着は評価高い。新潟より時計がかかる馬場設定で中山マイルという下り坂スパートだとマイルも十分守備範囲、登板力があるので坂OKと今回バッチリ適性合う舞台&デキも良いというチャンスあるタイミング
→ 急きょ勝浦騎手に乗り替わりです。この辺がどう出るか。ここ2戦テン乗りで結果は出ているのでそこまで乗り難しいタイプではないでしょうか。


01ダイワリベラル

併せ馬で馬場の大外を元気いっぱいに伸び切る。最後も突き放せているので内面もしっかり作りこめている印象を受ける。休み明けも不安はない。

→ 中山×ダイワ×北村宏と好走させたい条件が揃った配列,ダビ卿は狙って買って4着で悶絶した馬(笑)
→ 中山マイルで勝ち上がらせてきているので、中山マイルの走り方は体で覚えている。休み明けでも狙ってきた仕上げで「ヤリ設定」でしょう。オッズもしっかり入っている印象



03カフェブリリアント

フォトパドックを見ると身体はしっかり作りこめている。気性も前向きさが豊富で闘争心が強いタイプ,追い切りでも強いところを見せてくれている。柔らかく弾けるという走りをするタイプではないが、中山マイル的な強く更にスパートをかけられる走りは適性を感じさせる。休み明けでもいきなり走れる設定です。堀Qの馬

→ トサーキは最近活躍素晴らしく、騎手+補正必要、有力厩舎の馬に乗るので尚更結果を出すべきタイミング



↑上記4頭はしっかり材料ありますね。




08ラングレー

坂路は楽に駆け上がって好時計を出せている。追って弾けるという印象はなく一本調子めなスピードの持続力がありそうなタイプです。こういうタイプは意外に中山マイルが合うのでこのタイミングで馬券になっても不思議はない。厩舎のレース選択は正解です。


13トウショウドラフタ

デキ自体は素晴らしく充実しています。馬も内面は◎です。前の出が硬くカッチリ走り,追ってからの伸びの素晴らしさがあるので,追い込みバイアスの東京・中京・阪神1400mが合うタイプです。中山マイルだと適性が若干ズレている印象を受けます。

→ グリップがいいのでダートに転向してきたときは要注意です。東京ダート1400mあたりオープン戦で走らせてみてほしいですね。覚えておいてください。


06クラリティスカイ

大飛びのパワータイプでスピード値負けしそうな雰囲気はあります。時計のかかる馬場でスタミナ勝負になると惰性で伸び切って結果をだsる。ちょっと今回も条件は合わないか。一発を狙うなら逃げるくらいの戦法が必要です。出来に関しては併せ馬でこの馬なりに反応して突き抜けているので◎です。


ここの3頭で注目する3頭で評価するなら 08ラングレー です。


(3)2・3番人気分析

14ダノンリバティ

フォトパドックは無駄肉が一気に削がれましたね。それでいて筋肉はしっかりしているのでガレた感じはないです。追い切りはしっかり時計を出せていて動きも良し、絶好調です。

→ 前走前々で気を抜かせないように走らせて2着残し切った内容は◎です。57.1-34.7 の時計の速い展開に対応できた点も良い。今回も同じように走らせて結果を残せるだけのステップとデキはある。これは人気馬でも評価は高め。



05ダノンプラチナ

休み明けでも余裕の動きを見せてくれていますね。デキに関しては悪い感じはしません。内面も良い。過去にも書いていますが、この馬は飛びがダイナミックで東京向きの走りをするタイプです。中山マイルという設定はちょっと適性的には走りずらい設定です。ただし、能力値は高いので能力だけで適性の無さをカバーして来ることは考慮しておきたい。



(4)最終評価

 このレースも先週同様,色々な入り方がありそうです。その辺を落とし込みは各自で考えたらいいと思います。

 個人的には,オッズ妙味・位置からも,

 01ダイワリベラル
 03カフェブリリアント
 11ダンスアミーガ

 この3頭の評価が高いです。

 ここから騎手評価補正を加えると


 ◎03カフェブリリアント
 〇01ダイワリベラル
 ▲14ダノンリバティ
 ☆11ダンスアミーガ
 ☆05ダノンプラチナ
 △07ピークトラム
 △08ラングレー

 

 こんな感じでしょうかね。さぁ私に騙されないように気を付けてくださいね(笑)

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

新潟記念出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/09/04 Sun.





--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


札幌2歳Sで個人的に注目している穴馬は・・・・・↓
人気ブログランキングへ


◎ 新潟記念出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




アデイインザライフ

美南W単走終い一杯82.2-66.1-51.3-37.4-12.9

大柄なディープインパクト産駒でちょっとまだ動きに素軽さが足りないかなぁという印象は受けるが,これはズブさが出ているレベルでしょう。前、背中、後ろと筋肉はしっかり作れているのでそういう面では良さは確認できる。大型馬の割には馬体の締まりも良く,休み明けでもしっかり動けるレベルに作ってきた感じはある。

→ 前走中山2000mで1番人気トップハンデを背負って後方から大外ぶん回しで追い込み一気で勝ちきる内容は本馬が持つ「格」の証明となる。

→ 間隔開けてノーストレス状態で走れるのは良い。適性面では、馬体的に見るとパワーで推せる条件が良さそうで軽い直線走力向きには見えずらい。ただし、過去に東京でしっかり実績残しているので杞憂な感じはある。

→ 溜める競馬が良いと陣営は理解しているのでノリさんも同じ戦法で来るはず。当日馬場設定が追い込み切れない設定だったら割り引くべし。

→ 休み明け【2110】と、休み明けでも走れる気性で陣営もしっかり馬を作ってくる傾向にある。



アルバートドック

栗CW単走終い仕掛け84.0-68.2-53.8-39.5-12.9

こちらもガッチリ見せるタイプのディープ産駒で軽い馬場適性+直線走力向きのタイプには見えずらい。戦績からは東京、京都ではイマイチで,上がりのかかる展開の七夕賞でしっかり適性補正を受けて結果を出してきた。新潟記念は重賞戦で早めスパートからラスト1F失速するという面はあるが,軽いスピードの持続力となるとちょっと適性面では疑いたい要素を持つ馬です。

→ フォトパドックはまずまず良いも、前走のほうがスッキリ仕上がっている。今回は若干重めに見えた。

→ 捌きは硬めで蹴り返しは強いタイプ

→ アデイインザライフのほうが前脚をしっかり前に出せてアルバートより柔らかい動きが出来ている。この違いが顕著である。



アロマカフェ

美南P単走馬なり66.1-50.9-37.1-12.1

直線向いてスっと反応し、しっかり単走で伸び切れる素直さを感じさせる。馬体も太目感なく動きが非常に軽快です。新潟の直線走力向きの走りもできている印象で、相手次第では結果を出せる条件だと思われる。重賞ではなく、OPレースだったら面白かったか。

→ パワーという面が足りなくちょっと非力に見えてしまう嫌いはある



エーシンマックス

栗坂単走終い一杯54.4-39.3-25.1-12.7

ビッチリ追ってきた割には時計は平凡です。追い切りでも淡白なタイプでしょうか。動き自体はこの馬なり体幹に強さを感じさせる動きはできています。

→ 前走がどうも疲労とストレスが残るレース内容でした。更に格上げで重賞戦、過去の馬柱を見ても連続好走するタイプではなく一発屋という印象です。



エキストラエンド

栗坂併せ馬馬終い仕掛け53.8-38.1-24.5-12.4

軽く仕掛けられてスイッチを入れましたが、動き自体は楽に動けていて身体面は充実しているであろうと感じさせる動きを確認できる。仕掛けられたのは馬が加齢でちょっととぼけるようになってきているからでしょうか。

→ 距離延長を対応できた内容は◎です。しかもしっかり溜めて追い込ませて上がり2位での内容です。小倉記念組&差し込んで更に状態を上げてきそうな馬はこの条件マッチする可能性が高い。

→ フォトパドックも馬体が研ぎ澄まされていて◎



クランモンタナ

栗坂併せ馬一杯51.2-37.9-25.4-13.1

まず、フォトパドックを見て「いやー絶好調だなぁ!」とすぐに感じました。追い切りでもズブいので終始追われていますが、時計は出せているのでやはり状態面はすこぶる良いと思われます。

→ どちらかというと軽い芝用のスピードは持っていないタイプなので新潟という条件はマッチしないが,デキの良さ、あと、しっかり前受けして失速ラップになってもへこたれない強さを持って走れそうなので、馬場が時計が掛かってくるようだと面白さはある。

→ 充実していて、和田騎手も小倉記念で乗り方を掴んだように同じように乗ってくるはず。新潟記念は前受け馬は毎年馬券に絡むので要注意

→ 大外枠を引いてしまったので迷わず押して、逃がすか、エーシンマックスの二番手につけるでしょうか。



サトノギャラント

美南W3頭併せ馬なり71.2-55.1-40.8-13.2

3頭併せで真ん中追走、しっかり内面に負荷をかける追い切りを消化できている。身体もしっかり動かせており状態面に関しては高い位置で作ってこれている。

→ 関屋記念は最高方待機からの大外回して末脚勝負という変態競馬をして13着,キレる脚は持っているが一瞬なのでイン差しを狙うのが鉄則の馬,隊列が長かったのも悪さした印象,脚の使いどころが難しく良さを引き出すには乗り難しい馬

→ 前走のレース内容から,距離延長は問題ないステップローテ,あとはイン強襲狙いで上手く乗れるか次第で穴をあけられる可能性はある。(でも2000mは若干長いかな・・・・^^;)



ダコール

栗坂単走馬なり55.5-39.8-25.4-13.0

調教強度が落ちてきており,状態面の維持を基本とした調整です。七夕賞のときからしっかり作ってきてのヤリ仕上げだっただけに,そこから3戦目の上がり目は見込めずむしろ、維持するのが精いっぱいでしょう、馬柱からはミルコも乗るので人気しやすいでしょうが,ローテ論や馬の心身面を考慮するとオッズからみた好走期待値は低いと感じる。



バーディイーグル

美南W併せ馬終い仕掛け68.0-53.1-38.9-12.8

併せ馬でしっかり負荷をかけて馬も前向きさをもって走れています。ブライアンズタイム産駒ですが、足先の蹴り返しが力強く芝適性を示してきました。

→ 七夕賞のフォトパを見ると骨太でいかにもパワータイプに見える。それでも馬体は無駄に重苦しく見えない点は良い。パワータイプではあるが芝に対応できている実績からもうなづける点は追い切りの動きからも感じさせる面はある。

→ ダート中心に使ってきた時代の特徴からも同馬は「サウスポー」である。東京芝に変わって素晴らしい直線走力を見せてくれており、前走の七夕賞は右回りでコーナリングしながらの加速に戸惑っていた感じがある。よってレース評価としては度外視で良い。適性値は大きく改善される舞台に変わるのが今回の設定である。




ファントムライト

栗坂併せ馬終い一杯53.1-38.6-24.7-12.2

追い切りは動かないのはいつものことなのでそこまで心配する必要はない・・・・・と思いたいところですが、春先の良い頃の動きと比較するとやっぱりちょっと物足りない感じはあります。函館記念でも重苦しいパドックだったように良化度はスローといった感じでしょうか。

→ 昨年実績残しているので陣営としても仕上げてきたいタイミングではありますがどうでしょうか。

→ 藤原英先生は勝負の時は戸崎騎手を手配する。今回は前走の縁もあってですが内田騎手



ペルーフ

栗CW併せ馬終い一杯84.5-68.7-53.8-39.7-12.9

併せ馬でしっかり追い込ませようとするのですが、馬が頭を上げてギアをあげることを拒否します。明らかに気難しさを出しているので、レースに行って素直に走るかという面ではちょっと心配な面があります。(メンタル的に)

→ 前走の追い切りでもズブさやズルさはあったが、あったなりにしっかり動いた。今回はあからさまに馬が抵抗していた。久しぶりの競馬でしっかり走らされてストレスが蓄積してしまった可能性がある。2走ボケに注意は必要




マイネルディーン

美南W併せ馬馬なり69.3-53.9-40.2-12.9

この馬なりに動けています。前走3着できているとおり条件が揃えば好走はできる。今回は直線走力が求められる&メンバー強化となるので前走比で条件は厳しくなる。それを乗り越えられる充実度があるかと言われるとそれはちょっと足りないか。



マイネルミラノ

新潟芝単走馬なり68.5-52.2-37.0-12.0

芝追い切りかよ!思って色々調べてみたら函館でしっかり調整して新潟入りさせたみたいですね。脚もしっかり前に出せているし蹴り返しも良し、単走でもしっかり前向きさをもって闘争心を維持できている。心身レベル良しです。

→ 馬場が渋っているのもあり,小回り&イン有利馬場の優位性を生かして圧勝しました。圧勝したポテンシャルの高さからここでもしっかり戦える集中力は維持できている。



ルミナスウォーリアー

美南W単走馬なり69.9-54.9-40.0-13.7

毛艶良く馬体もスカっと見せていて悪くない。理想はもう少し腹回りがスッキリしてくると完璧な印象は受ける。走法を見ると直線走力ありそうな関節、足回りの使い方をするのでコース替わりはプラスになりそうな感じはある。

→ 2015年青嵐賞から連続好走しているが、すべて投稿新潟中京と大箱コースが多い。一つ阪神内回りの好走はあるが。

→ 前走時の追い切り映像より動きに軽さがあるのは大きなプラス材料



ロンギングダンサー

美南P併せ馬馬なり81.0-64.9-50.7-37.3-11.9

3頭併せで内から追走、直線向いてしっかりビュっと弾ける動きが出来ていていかにも新潟向きな走りが出来ている。この馬なりにしっかり仕上がってきた。

→ 実績からも新潟は適性ある。それは走法と一致する。相手は強いが、休み明けでもしっかり仕上げてきている点は評価できる。休み明けのほうが走りそうなL質な雰囲気も後押し。



ムスカテール

栗坂単走終い強め54.7-40.0-25.4-12.5

一度使って動きは良化してきました。馬体的にもパワータイプなので多少スピード不足なところがあり、過去の実績を見ても良績は2000m超えの距離で結果をだしてきています。この傾向からだと、陣営もそういう条件でヤリを決めるために作ってくるはずでここが目標レースではないと判断します。適性的にも新潟は軽すぎる印象です。

→ 1年開いてプロキオンステークスを使ってきました。オッズ域からは完全に「お客様」出走です。休みが長引いたので、陣営としては、馬をピリっとさせようとわざと短いダートを使ってきたと思わせます。これは度外視で良いです。意図的な参加レースです。

→ 過去に速い時計で新潟記念を走っていますが、これは馬が若い時期&軽量ハンデだったもの。加齢の影響を受けると馬は安定化してきて楽なペースで走れる方が好走しやすくなる傾向にある。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ルミナスウォーリアー、マイネルミラノ、アデイインザライフ

B+ エキストラエンド、バーディイーグル、ロンギングダンサー、クランモンタナ

B  ダコール(徐々に下降中もなんとかデキは維持)

B- アルバートドック(デキはまずまずも適性値的に評価しずらい)、ペルーフ(馬体も良くローテ論的に評価できるも追い切りで気難しさ有、レースに行って真面目に走れば問題ないが前走時より懸念在り)

注  なし 


( 補 足 )

 混戦オッズなりに面白い感じですね!

(1)オッズ評価

1番人気不在
馬連1番人気3-14 16.2 混戦オッズ域
3連複1番人気 3-14-17 31.2 混戦オッズ域

<下位人気馬が出現しやすいオッズ配列>
 
 単勝14番人気15エーシンマックスまで出現しやすい評価配列

 複勝断層から見ると

 04バーディイーグル
 18クランモンタナ
 12ロンギんグダンサー 辺りの位置が私的に好き(笑)



(2)土曜競馬を見て

土曜11R準OPマイル 
クラウンロゼ逃げ切り勝ち
12.9-11.3-12.3-12.1-11.6-11.4-10.6-11.5
道中12秒台があるので新潟マイルラップとしては中間緩んだスロー気味ラップ

レース上がり3Fが33.5と芝は軽め設定

参考レースは新潟10Rのほうが良いか。各自で確認してみてください。要約すると

広い外から直線走力あるトーセンデュークが勝ち切り、リノリオが3着
心身充実している状態のダイワスキャンプが馬群を縫ってきて2着
ペースは5F58.4と速めではあった。


(3)適性値とローテ論に注目

1.小倉記念組でしっかり追い込んできて集中力が高まるローテ評価

01ペルーフ
02エキストラエンド
03ダコール

中でもレース評価は01と03が高め


2.東京コース、新潟コース適性ある直線走力証明している馬

04バーディイーグル
07ファントムライト
08ルミナスウォーリアー
12ロンギングダンサー

ファントムライトは仕上がり的に疑わしい

適性的に面白いタイミングで買えるのは

04バーディイーグル 前走惨敗で評価落としている
12ロンギングダンサー 休み明け【4102】と走る新潟得意馬

の2頭

08ルミナスウォーリアーはバーディイーグル惨敗と同じレベルなのに高めな伏兵人気となっている。恐らくインサイドから評価高い票が入っていると予測する。

この4頭の中で一番新潟向きの走りが出来ているのは、 08ルミナスォーリアー


(4)最終判断

 色々な入り方があって良いと考えています。ただ、それでもいつものように評価を決めるとすると

 レースペースとして展開はそれなりに流れる想定で


 ◎人気ブログランキングへ

 前走は右回りで走りずらかったので馬が本気を出せていなかった。今回は左回りで直線の長いコース、馬としては走りやすいコースに替わって、苦→楽ショックがかかるタイミングです。メイショウサムソンでL質なところもあり、急かされないで走れる条件なので「巻き返し」が効くタイミングです。これまで連続好走してきた集中力もあるので,再度巻き返すならこのタイミングです。デキも前走より良い素軽い動きでスペックアップは期待できる。


 〇10マイネルミラノ

 今週はトラストが走ったのでマイネルヤリの可能性があります。前受け馬で一番充実しているのは同馬で新潟コースは溜めて最高方から追い込み切れるコースではない。ある程度の位置で競馬して平坦坂を生かしたトップスピード入ってからの惰性で走り切るコースです。同馬は最後まで粘り切ろうとする闘争心と集中力が今高い位置にあるので頑張りきれる可能性が高い。函館でしっかり調整して予定通りの新潟入りです。


 ▲04バーディイーグル
 
 蛯名騎手に乗り替わりで地味に国枝ヤリの配列である。2走前のレースは評価高い。アデイインザライフが人気になるならむしろ重賞ローテでペースとクラス経験慣れさせた同馬をピックアップしたい。
 
 ☆17アデイインザライフ

 △追い切り&(3)で評価した馬たち


 的中させたいですね!




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 4
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-09