調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

安田記念出走馬フォトパドック診断2016 

2016/05/31 Tue.




 おーのさん、いつもコメントありがとうございます。うちの子供の靴を見てみたら裏がすり減って滑りやすくなっていたので親の準備が悪かった感じもあります。とにかくワンパクで靴が2~3か月くらいでダメになってしまいます。参ったもんです・・・苦笑。馬券の買い方の選択は,究極の命題ですね。私もサトノダイヤモンドの単勝ドカンと行こうかかなり迷っていました。結局、マカヒキとサトノダイヤモンドのワイド爆弾と馬連軽く一点で買いました。3着ディーマジェスティだったので、結果的には3単熱く勝負で狙えばよかったですが、その時々での決断はなかなか難しいものですね・・・・お互いに頑張りましょう!

 また,御祝儀的?に過去の課金記事購入頂いた方、ありがとうございます。ブログを継続させる励みになります。m(_ _)m

 時間も限られているので早速本題に入っていきます。

 ますは簡単に傾向分析


無題

無題

 ステップレース分析などちょっと深く傾向分析したいところですね。


 安田記念のラップの特徴としては,11秒台で走り切る速さを持ちながら1600mを走り切る体力を求められる「究極の強さ」を求められるレースだと思われます。


 フォトパドックを見ても、筋肉ある程度硬くて強さがあり充実していて下半身が強くという馬が基本でしょうか。  


 今日は時間が無いので、時間がとれるならしっかり書き込んでいきたいです。 


 また、好奇心が湧いた皆様は各自で諸々の材料をもとに考えてみてください。


◎ 安田記念出走馬フォトパドック診断2016





≪ 総 評 ≫

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

安田記念フォトパドックデータ2016(PASSは人気ブログランキングで掲載) 

2016/05/31 Tue.

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: THINKBACK 【 回 顧 】

日本ダービー回顧2016 

2016/05/30 Mon.



 昨日は疲れて夜9時には爆睡、、、、さすがに早く寝たおかげで今朝は5時くらいに起きれました(笑)

 
 ダービーはなかなかに熱い戦いでしたね。


 
皐月賞時に書いたサトノダイヤモンドの見立て(各馬コメントより)

----------------------------------------------------------

11サトノダイヤモンド

栗CW併せ馬終い仕掛け84.2-67.5-53.4-39.6-11.9

インからゆったり併せて自分で併走馬を追い抜き、ハミ越しで軽く鞍上の意思を伝えたらしっかり突き放す強さをみせる追い切りをみせてくれています。前足の出し方後躯の踏み込みの深さ、ここから推進力を得るための後ろまでの蹴り返しの一連の動作をみると、やはり直線走力が高いタイプで長く良い脚をフルに出せる優秀な身体、関節の作りを生かした走りができている。やはり中山よりも「東京コース向き」な走りができていて陣営もここステップで「日本ダービー勝負」という気配はあります。もちろんここでも通用する資質もありますが、適性面を考えると東京コース替わりのほうがハイパフォーマンスを発揮できる。ダービーへは更に体調が上がって成長してくると完璧です。

→ 走りは柔らかく力強さもある。これがもっとビュっと弾ける一連の動きができてくると完璧です。この弾けるビュっという動きができているのはマカヒキがそうです。マカヒキは基本はマイラーから2000mまでの馬、サトのダイヤモンドは2400m適性馬でダービーはキレが生きる展開を作ってしまうとマカヒキのほうがビュっと弾ける強さが上なのでキレ負ける可能性も覚えておきたい。理想はある程度流れるペースをつくる役者がいるかどうかでしょう。リオンディーズがそれをやってくれれば面白いでしょうね。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬ルメール終い強め83.2-67.2-52.3-38.8-11.7

関節の可動が素晴らしい馬で非常に直線走力が高い走りができているタイプです。走りのフォームから言うと、いかにも「ダービー向き」だと思っています。併せ馬でインでじっと我慢できていて、ここから仕掛けてしっかり最後まで真面目に伸びきる。柔らかく走れている中でフワっと大きく飛べてしっかり推進力に変える走りが出来ています。馬のスケールは非常に高いものを感じさせる。

→ ローテ理論の観点からも、皐月賞から始動でピークは日本ダービー狙いだと思っています。馬の適性もダービー的性が高いです。皐月賞も能力と資質の高さだけで充分馬券圏内はあると思っています。もちろん、ダービーでは本命最有力候補です。皐月賞のレースぶり(できれば脚を余す追い込みきれない内容が良い、勝つなら圧勝、圧勝だと次走人気しすぎて困るので前者が良い)と順調度(フォトパと追い切り)の確認次第な面はありますが。

----------------------------------------------------------


 基本的に初志貫徹だったダービーの狙い馬です。ただ,落鉄の影響もあったのか,鼻差2着で栄冠はマカヒキに譲るものでした。金子オーナーは本当に運が強い!凄いですね~!運も実力のうちといいますが、万全の対策を打っているからこそ、運もたぐりよせられるものだと思っています。


 逆に,完全に歯車がズレてしまったのは,角居Qのリオンディーズです。


 ダービーで選んだ戦法は「逃げ」ではなく「差し」でしたね。しっかり押さえる競馬をしましたが,馬群の最高方で溜めるのではなく馬群の中の後方で溜める競馬,精神コントロールさせるには、ノリさんがやるいつもの「ポツン競馬」が大事です。結果的に中途半端な競馬になってしまいました。末脚絶対値勝負でははやり分も悪かった。


 ただし!!先のことを考えると、この判断は「英断」です。しっかり溜める競馬を教える序章になったと思われます。あとは本気で馬がそれを覚えてくれるかどうか。ただ、溜めすぎるよりはあるい程度前で折り合って押し切る強さを教えた方が良さそうな馬ではあります。先行策で折り合えるようになるためにも、溜めることを覚えさせていきたい。


 ダービーで逃がしていたら、好き勝手に馬が走れておそらく勝ち負けだった可能性は高いです。ただし、3~5着だったかな。


 逃がして馬がストレスなく走りますが、次走以降馬群に入れると、馬が一層ストレスに感じて再教育が必要になってくる。逃がすことは先のことを考えると「諸刃の剣」だったりします。

 
 朝日杯FSでリオンディーズに完敗だった、エアスピネル


 今回はしっかり先着できました。陣営の育成力の高さを感じさせました。武豊さんも凄いです。この物語もある意味感動しました。


 スマートオーディンは,やはり本質的に距離は長かった印象です。対応はできていますが、適性負けの分敵わなかった内容です。でもこの馬は相当強いので覚えておきたい。パワーある豪脚が生きる設定で圧倒的なパフォーマンスを示します。


 レッドエルディストは、四位イズムな大外一気追い込み狙いで不発、今後良くなってくる可能性は見せてくれています。



 ヴァンキッシュランは弱かったですね(笑) この馬については賭神さんのブログを参照ください。


 ディーマジェスティは強かった。内面が特に優秀で崩れにくいタイプです。ただ、体形的に菊花賞タイプではないので今後どうなるでしょうか。


 距離適性という面では,菊花賞に一番近いタイプは,サトノダイヤモンドだと思っています。


 マカヒキは今春で仕上げ過ぎたので,今後蓄積疲労とストレスがどう影響を与えてくるかでしょう。秋になって更に良くなってきそうなのはサトノダイヤモンドのほうだと思っています。


 安田記念の一週前追い切りについてチェックしてメモはしたのですが,今日はダービー後記ネタのみとして、明日更新しますね(笑)


無題


【東京優駿】(東京)~マカヒキがハナ差の激戦制して世代の頂点に

東京10Rの第83回東京優駿(GI、3歳、芝2400m)は3番人気マカヒキ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒0(良)。ハナ差2着に2番人気サトノダイヤモンド、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ディーマジェスティが入った。

マカヒキは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マカヒキ(川田騎手)
「この馬がダービー馬になってくれたことがとても嬉しいです。ゴールに入った瞬間は出ているような感じがありましたが、写真判定の結果が出た時には込み上げてくるものがありました。ゲートを上手に出てくれて、位置もしっかり取れました。直線は狭いところを割って来てくれて、"届いてくれ"という思いで追っていました。ダービーは乗れるだけでも光栄ですし、その中で一番いい結果を出せて何よりです。ダービー馬になってくれて今後も楽しみですし、この先も無事に行って欲しいですね」

2着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「完璧でした。リラックスしていい感じでしたし、直線の反応も良かったです。マカヒキとはポテンシャルは同じくらいでしょう。ただ、サトノダイヤモンドはまだ良くなってくると思います」

3着 ディーマジェスティ(蛯名騎手)
「伸びてはいますが、ゴール前で寄られてしまいました。そこで脚が鈍ってしまいました。競馬はいい形で出来ました。運がなかったです」

4着 エアスピネル(武豊騎手)
「いいレースが出来ました。思い通りでした。今日は状態が良かったです。生まれた年が悪かった、というしかありません。一瞬は勝ったと思ったのですが...」

5着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「引っ掛かりました。リラックス出来ませんでした。直線はすごく伸びて勝てると思ったのですが、最後は止まってしまいました。前走は出して行きましたし、その分もあったかもしれません」

(角居勝彦調教師)
「チグハグになってしまいましたね。折り合いがつきませんでした」

6着 スマートオーディン(戸崎騎手)
「もっと後ろから行きたかったです。馬はすごく良かったです。返し馬からいい感じでした。もっとリラックスして走らせられれば良かったのですが...力はあります」

7着 マウントロブソン(T.ベリー騎手)
「最後までよく走ってくれましたが、スタートで出負けしたことが痛かったですね。それがなければもっと上へ行けたと思います。2400mの距離は問題ありませんでした」

9着 レッドエルディスト(四位騎手)
「今日は春の大一番で小細工なしでした。前半はあの位置から進めて、最後は来ています。秋はグンと良くなると思います」

12着 アジュールローズ(ボウマン騎手)
「本当にきれいでいい馬です。今日は疲れがあったかもしれません。GI級の馬です。メンタルと肉付きが良くなってくるといいでしょう。今日は馬場が硬すぎました」

14着 アグネスフォルテ(松山騎手)
「1コーナーで不利があり、少し力み気味でした。馬は頑張ってくれました。何とか長浜先生にいいところを見せたかったです。残念でした」

15着 イモータル(石川騎手)
「どこかで内側へ入れられたらと思ったのですが、コーナー、コーナーで外を回らされてしまいました」

16着 マイネルハニー(柴田大騎手)
「納得のレースです。折り合って走っています。最後まで反応していますが、速い脚は使えませんでした。あとは距離が長かったです」

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

日本ダービー出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/05/29 Sun.





 土曜日の本日は我が家の日本ダービー(小学1年生の長男坊の運動会)です(笑)。

 水曜日に総練習を行ったみたいですが,徒競走はトップスピードタイプに鼻差差し切られたという判定で2着(うちの長男坊はピッチ走法で回転速いタイプでスタートを決めて先行逃げ切りタイプです(笑))でした。

 選抜リレーでは,一番手でスタートなのですが,まさかのスタートで躓きから8馬身出遅れスタート・・・・苦笑、それでもコーナリングを利して(ピッチ走法はコーナリングしながらでも加速できる(笑))一人交わして3位でバトンを渡したとのことでした。

 スタートさえ決めれば練習では一位でバトンを渡せるといっていたので、本番の当日はしっかり結果を出せるよう期待しています。

 運動会で活躍して、クラスのヒーロー的な存在になってくれればなぁと親バカ心を持っている私です。

 どーもすいません!真面目に記事を書いていきます^^;


 一週前追い切りを確認して,結構的中できる自信があったので課金にしようか迷いましたが、日本ダービーはお祭りですよね!姑息な真似はしないで時間を許す限り全部出し切ります。乞うご期待!(笑)


--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了

 → しっかり時間作れずすいません。簡単に更新して終了とします^^; 

◎ 日本ダービー出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



01ディーマジェスティ二ノ宮

美南W蛯名馬なり80.1-64.2-48.8-35.7-11.9

しっかりパワーもありながら軽やかにスピード感持って走れている。やはり手先の軽さもあるタイプでフォトパで見たブライアンズタイム感を一蹴する動きを見せてくれている。内面も真面目さと集中力をしっかり保持しており、この条件でもしっかり能力を出し切ってくれるはず。1枠1番は大きな好材料です。流れに乗ってインから諦めずに伸びてくる姿がイメージできる。

→ 人気薄で一発決めた内容だった皐月賞ですが,今回の追い切りを見ると内面がチャンピオンタイプでフロック視できず、動きも軽やかでインバイアスを利用できるのであれば侮れないという判断になる。人気になっているので割り引きたい面は持っていますが。

≪一週前追い切り≫

美南W3頭併せ馬なり66.8-52.0-38.1-13.3

溜めてから手前を替えるとしっかりビュっと反応できる強さがある。フォトパでみた雰囲気よりも走らせてみると軽さもあり、後躯の可動域の広さや返しの強さも良いタイプです。ディープインパクトの良い部分をしっかり受け継いでいる。内面も真面目で集中力高くこれは侮れません。馬体は重苦しさはないです。軽やかに走れていて内面も非常に良い状態です。



02マイネルハニー

美南W単走柴田大馬なり70.2-55.2-40.9-13.6

パワーがあって硬いタイプでありフォームが伸びない逃げ馬です。高速馬場で2400mという条件は合わない。あくまでペースメイクの存在です。せめてパワー質な馬場なら。



03マカヒキ友道

栗坂単走馬なり52.9-38.5-24.7-12.1

坂路で楽に躍動して駆け上がり好時計です。一週前は抜群な動きを見せてくれて川田騎手はそれをしっかり確認でき,当日のイメージを作れています。最終追い切りは坂路で調整程度といった内容でしょうか。それでも楽に駆け上がれているだけに身体はアスリートとしてしっかり鍛え抜かれています。


≪一週前追い切り≫

栗CW併せ馬川田馬なり82.9-67.2-52.5-38.7-11.6

凄いですね。ここにきてもう競争馬として完成形に近い状態に仕上がってきている印象を受けます。馬体は素晴らしく充実していて、飛びも力強さとバネが融合していてしっかり弾けられている。内面の真面目さと集中力の高さも素晴らしい。母父フレンチで量も保管されていてしっかり捲る競馬もできていることから距離延長も対応できるタイプです。これだけしっかり溜めて弾けられて身体も作りこみながらアスリートとして高い位置に鍛えぬかれています。早くも生涯ピークの位置まで仕上げられていて、これはここメイチで結果を出さなければいけない設定にまで仕上げてきました。大ヤリ設定ですね。



04レインボーライン浅見

栗坂単走馬なり59.5-41.9-25.9-12.5

NHKマイルカップでは参りました。評価ミスでした。ステゴ産駒で更に距離延長は厳しいでしょうと思っています。NHKマイルカップは展開がハマった側面も強い。デキは高い位置で安定しています。



05エアスピネル笹田

栗坂併せ馬馬なり53.4-38.8-25.0-12.1

この馬なりにデキは素晴らしいです。あとは本質的にダービーの設定に合うのかどうかです。個人的には合わないと思っています。能力は高く、距離伸ばしても対応できるよう作ってきているので善戦はできるとは思っていますが良くて掲示板まででしょうか。

≪一週前追い切り≫

栗坂併せ馬武豊馬なり52.3-37.9-24.6-12.2

楽に坂路で時計を出せるパワーとスピードを持っている馬でダイワメジャー産駒の傑作でしょう。ただし、溜めてからの切れ味勝負はディープ産駒には劣ります。どちらかというと硬い筋肉を持つ産駒が多い。そのかわり、スピード値が高く、闘争心も強い産駒がでやすいのが特徴です。デキに関しては絶好です。あとは適性だけです。馬場が渋って溜めてもキレが生きずらい設定になれば主役になれる。



06アグネスフォルテ長浜

栗坂単走松山終いムチ一杯52.4-37.7-24.8-12.6

真っ直ぐ身体を使えている良さはあります。ハービンジャーの割には重ぐるしく無い点も良いです。脚をしっかり掻き込むタイプで脚の蹴り返しも強い。体力勝負に持ち込めるなら見せ場はあるはずです。キレ勝負になる展開だと出番はないでしょうか。


07ロードクエスト小島茂

美南W調教師単走終い仕掛け68.1-52.2-38.4-12.6

しっかり伸び切れるこの馬の良さは感じさせる動きです。距離は長いので脚を溜めてイン強襲、これで3着これれば御の字でしょうか。岩田騎手なのでその辺は意識しているでしょう。



08サトノダイヤモンド池江

 そろそろ時間なので続きは後日^^;



≪一週前追い切り≫

栗CW3頭併せ終い一杯81.6-66.4-51.8-37.1-11.9

プロフェットと併せて終い追われて豪快に抜け出してきます。もう少し抜け出す時の脚がもっと速かった素敵ですが充分OKです。ダービーを見据えて長く脚を使う、抜け出しても気を抜かないなど、その辺を意識してしっかり追う追い切りをこなしてきている雰囲気はあります。馬体構成や脚や関節の稼働を見るとやはりダービータイプで皐月賞より明らかに能力を発揮できるコース設定です。筋肉の弾力性がもっと出てくると完璧です。その辺はマカヒキに劣る部分ではあります。

→ 皐月賞は一度ブレーキングしてから再度最後まで諦めないで伸び切るという「真面目さ&集中力」を持っていることを再度証明された。一応ストレスのかかったレースではあるが,生まれ持っている真面目さや生涯ストレスはまだ蓄積されていないので問題なく走れるはず。皐月賞→ダービーでのコース替わりで適性値アップしパフォーマンスアップは見込めるという判断です。




09マウントロブソン堀

≪一週前追い切り≫

美南W併せ馬ベリー終い一杯69.8-54.4-39.8-12.8

前の出し方は硬いのですが後躯は可動域が合って力強いのでその辺で能力の高さを出せているタイプに見えます。追い切りでは追われて相手についていくというちょっとトボけているというかズブい面を見せています。この馬としては馬体はキレキレで雰囲気は良いです。ちょっとストレスが溜まってきているのでしょうか。





10スマートオーディン松田国

≪一週前追い切り≫

栗CW併せ馬馬なり85.0-68.8-53.6-39.2-11.9

筋力の強さは素晴らしいですね。終い3F勝負なら一番強いタイプでしょう。しかも追い切りをみた雰囲気でもコントロールが効くようになっており、それを京都新聞杯で証明できている。坂路でビシビシ筋力トレーニングをするだけではなく、師もしっかり判断してコース追いでフォームに伸びが出るように意識して追い切りも工夫しています。状態は絶好です。

→ 基本的にパワー&末脚絶対値を持つマイラータイプです。溜めさえ効けば距離は持たせられるのが世代戦なのでその辺は京都新聞杯で証明済で課題をクリアした上でのダービー挑戦です。理想は超スローペースな展開になって外から射程圏に入れて終い3Fの圧倒的なエンジンで差し切るという展開が欲しい。締まった流れになるならロスなくインから追い上げて弾けさせるイメージで騎乗してほしい。鞍上戸崎騎手ということで東京コースは上手く乗る騎手です。期待値は高いです。結果を出すだけの武器は持っている。あとはそれを生かせるバイアスがかかるか次第です。



11アジュールローズ



12リオンディーズ角居

≪一週前追い切り≫

栗CW3頭併せデムーロ馬なり84.6-67.8-52.7-38.5-11.6

3頭併せで後ろから追走させます。折り合いを意識しながらしっかり前を捕まえるといった内容で前走もリラックスしてこういう走りが出来ていながらもレースに行くと噛むという結果になってしまったのが印象的でした。馬体的には距離問題ないし、自分の能力を上手く出し切れるかが一番のカギになる。ここで一発で結果を出すには、思い切った騎乗をする必要がある。持続的なペースで逃がすか、最高方待機で追い込み競馬に徹するかです。極端な競馬で精神コントロールをさせつつ、最後までしっかり能力を出させる競馬をするということです。追い込みだと、スマートオーディンやマカヒキの末脚絶対値と競わなくならないのでリスクは高い。となると,勝つか負けるかの競馬をするには,終い勝負で末脚が届かないような競馬をする必要があり,「思い切った逃げ」が最良の選択となる。ただし、現状まだ人気を背負う立場でマークされてしまう嫌味はある。要するに結果を出すには非常に難しい設定になってしまったというのがリオンディーズのダービーだということです。デムーロ騎手や陣営の英断はいかに下るでしょうか。

→ パワー馬場で体力で押し切ったJCの兄エピファネイア、同じような競馬ができる設定がベストです。闘争心が強く、コントロールしきれないくらい強いというのは距離延長戦では諸刃の剣となりやすい。

→ 身体能力の高さはしっかり感じさせる追い切り自体は良いです。基本的に良い馬ですが、レースに行っての精神コントロールができないで皐月賞を終えてしまったというローテ論からのマイナス評価が大きい馬です。ステップを踏むには、前哨戦の負け方という点も非常に大事になってくる。




13レッドエルディスト









14ヴァンキッシュラン角居


≪一週前追い切り≫

栗CW3頭併せ終い仕掛け82.6-66.3-51.1-37.5-11.9

速い段階で前に出ていてそこから気合をつけられて終いまで伸ばしてきます。ストライドは大きく伸びる感じはないですが、ディープインパクト産駒らしい柔らかみのある動きが出来ていて収縮力ある走りが出来ている。

→ 青葉賞はピタっと好位の内で折り合ってこの距離で勝ち上がってきた完成度の高さをしっかり見せつけた内容でした。追ってからもしっかり弾けられているとおり、ディープらしい弾け方とこの距離でも器用に前で脚を溜められる強みをしっかりみせつけた好内容です。




15イモータル



16ブレイヴスマッシュ



17プロフェット




18プロディカルサン








☆ 追い切り評価 ☆

A+ 03マカヒキ,08サトノダイヤモンド

A  10スマートオーディン、14ヴァンキッシュラン

B+ 01ディーマジェスティ、09マウントロブソン、13レッドエルディスト、05エアスピネル

B  略

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 家族サービスでちょっと時間とれませんでした。すいません。

 土曜10Rを見てバイアスはイン前有利,大外一気に決めやすいバイアスにはないと判断

 ある程度器用さを持って抜け出してこれるディスタンス適性馬有利と判定して適性評価をうつと
 

 ◎08サトノダイヤモンド
 〇14ヴァンキッシュラン
 ▲01ディーマジェスティ
 ☆03マカヒキ
 ☆10スマートオーディン
 △12リオンディーズ
 △13レッドエルディスト
 △05エアスピネル


 サトノダイヤモンドは走法から明らかにダービ適性馬で器用さもあり,内面も真面目で根性もある。今のバイアスを生かし切れる馬ということで迷いなく◎評価です。

 シンプルに買うなら、ここからの単複でしょうか。

 オッズから見ると,ディーマジェスティ中心に3連複が買われている印象です。下位人気馬も出現しやすい配列ではない。強いて言えば,伏兵評価でエアスピネル、穴馬でレッドエルディストが評価されている程度です。

 マカヒキは状態面絶好で生涯ピークですが、バイアス設定が合っていない1番人気馬という設定です。川田騎手なので極端な競馬しかできないタイプで逆に器用な競馬をしようとすると空回りさせてしまう騎手です。勝ちきるにはバイアス等が厳しい可能性はあります。ダービーまでに外差しが決まるようになっていれば評価はしたい存在です。飛びが綺麗で一気に加速するタイプで馬群に突っ込んでブレーキングしながら仕掛けさせられると良さは生きてこないので理想は大外強襲タイプです。

 イン馬場有利で起用に立ち回って抜け出してきそうな雰囲気は、01ディーマジェスティですね。今回は馬連ベースで2番人気です。

 スマートオーディンも脚溜めてイン強襲してくるなら面白い。

 リオンディーズは地力高いが、距離延長でドボンと読んで押さえまで。こういうタイプはこういう条件で一気に割り引く。

 ヴァンキッシュランは,青葉賞圧勝のパフォーマンスを評価、うまく立ち回れるならバイアス生かせるはず。ちょっと枠が外過ぎる嫌いはあります。その辺を考慮すると〇と▲は入れ替えても良いでしょうか。


 バイアスが土曜のままで迎えられるなら、サトノダイヤモンドの3着以内確率は相当高いと思っています。


 ダービーを楽しみましょう!今日もダービーの時間まで子供たちと外遊びです・・・・・・苦笑。


 ※エアスピネルはキンカメ産駒だったんですね!皐月賞のときからダイワメジャー産駒だと思っていました。謹んでお詫び申し上げます。産駒タイプとしては,キンカメよりもダイワメジャー産駒に近いタイプです。(馬体&内面ともに)





= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

日本ダービー出走馬フォトパドック診断2016 

2016/05/27 Fri.


 コメントもらっているのにブログ上でレスできずすいません。 PCと向き合える時間が限られているので余裕がありません^^;

 日本ダービーのフォトパデータも作りましたが,オークスのフォトパデータは2拍手のみと思ったよりニーズはなさそうなので,貼るか貼らないか迷い中です(笑)

 とりあえず,更新を進めていきます。(ってもう7時ですね・・・・・・時間が足りない・・・・苦笑)

 まずはレース傾向から

無題

無題

 2012年は特殊なレースペースでしたが,基本的には折り合い区間があってしっかり最後まで伸び切れる、東京の直線とバイアスを生かし切れる馬が有利です。オークスと似ている感じですね。

 若駒戦でキャリアが浅い馬が多いのと,距離適性から距離が長い馬が多かったりすると「折り合い」を重点に乗る傾向がある。上級戦になれば,段々とハイレベル戦にはなりますが,ダービーはやはり3歳春段階の世代戦という部分もあって傾向は出ている面はある。

 ステップレースとしても、基本はハイレベル馬が揃う皐月賞が基本で、他では青葉賞若しくは京都新聞杯が基本ですね。

 時間がとれたら、馬体的な視点からも書いていきたいと思います。ダービーウィークなのでしっかり更新はしていきたい気持ちはあります。ご期待ください^^;



穴馬・伏兵で結果を出した馬の確認(過去3年)

2015年2着サトノラーゼン(ディープインパクト産駒)

胴が標準も足が長く肩も寝気味、馬体バランスよく充実度もあった。京都新聞杯を勝って心身充実した状態で仕上げててきた池江Qの手腕と岩田騎手のインに拘った経済コースの攻め方があいまって2着確保


2014年3着マイネルフロスト(ブラックタイド産駒)

肩が立ち気味で根本的に距離は長いと判断していたがしっかりインの経済コースを利して対応してきた馬です。胴も標準ですが脚が長く馬体バランスよく状態面は充実していた。インバイアスを利用して穴をあけきった印象を受けた。馬の資質の高さがあったからバイアスを利用して結果をだせたというもの。

青葉賞2枠3番3番人気6.5倍で6着のあとの臨戦でダービ3着、青葉賞は勝ち馬に0.2秒差


2013年3着アポロソニック(bigboron バウンダリー ダンチヒ)

胴が長めで筋肉がしっかりしているパワーももっているスタミナタイプな馬体です。馬体バランスも良く完成度も高い馬体を見せてくれている。距離適性的にはドンピシャな馬体でした。

青葉賞9番人気逃げて頭差2着、ダービーはキズナが追い込み位置で重力背負い、逃げる同馬は自分のペースで行けた重力解放的な展開でバイアスが向いた点もある。


過去3年であぶりだしてみると

インバイアスを利用しきって結果を出した馬と逃げて重力が後方にあり自分のペースで競馬できた2400m適性馬体の充実度が高い逃げ馬という感じですね。

3頭とも,京都新聞杯と青葉賞ステップで、マイネルフロストは青葉賞で0,2差、アポロソニックは逃げて頭差負けでした。


今回のダービーの設定を再度確認して同じようなタイプから穴があけられそうなら穴馬狙い馬を炙り出してみたいですね。


と結局今日もフォトパコメントまで行きつけなかった・・・・・orz


っと拍手多くリクエストと判断して、馬体データ貼っておきますね(笑)


>>> 日本ダービーフォトパドックデータ https://drive.google.com/file/d/0B6AjId0hqQ0FWFYtd0pWSERzazA/view?usp=sharing

>>> 日本ダービー過去好走馬体 https://drive.google.com/file/d/0B6AjId0hqQ0FeEMwQ3dSaklKM1k/view?usp=sharing


◎ 日本ダービー出走馬フォトパドック診断2016



ディーマジェスティ

皐月賞時と比較して一層「パワータイプになってきた」という印象を受けます。腹袋もしっかりして筋肉も充実しています。いかにもブライアンズタイムの影響が出ている馬体ですが、ディープの良いところも受け継いでいるでしょう。G1でしっかり結果を出せるチャンピオンタイプの精神構造を持っていそうな感じですね。力強く伸び切る条件では適性値高いが,高速馬場でトップスピード勝負になるとタイプ的にちょっとズレる。リズムよく充実していて内面完成度高いので勝ちきれなくても上位に顔を出している可能性は高いタイプです。

→ 皐月賞はリオンディーズが暴走しつつ重力を引っ張ったので枠順の不利を跳ね除けて展開バイアスを利して差し込んできた。馬場設定も合っていた。今回は同じことができるかと考えると、それは難しいという判断になる。リオンディーズはおそらく前受けになるが、今回はそこまで重力を持つ存在になるかどうか。



マウントロブソン

馬体的な迫力は足りないが,地味に頑張った皐月賞です。馬体は研ぎ澄まされた状態をキープできています。立ち姿のバランスも良く、顔つきも◎です。状態面は良い。

→ 皐月賞はリオンディーズの流れを前受けして重力に巻き込まれたタイプです。位置取りショックで今回は差し位置から競馬できれば距離延長も対応しながらも鮮度は高まる。あとは末脚絶対値勝負で戦えるか次第です。トップスピード勝負より、持続的な流れで捲りこんで体力勝負のほうが得意に見えるタイプだと思っています。ディープの血である程度対応できる面は持っていると思いますが。



マカヒキ

撮影したタイミングでしょうか色あせて見える感じですが、肩・お尻・トモの筋肉レベルは過去最高に作られてきています。基本的にマイラータイプですが、バネが素晴らしいという追い込み一閃の武器で世代戦の距離を克服できている現状です。しっかり脚を溜められるタイプなのでイン前有利バイアスにならなければ持ち前の武器でしっかり結果を残せるだけの状態レベルにある。内面も真面目でリズムよく,この強い世代でも戦いなれているのであとは走りやすい条件に替わって更にパフォーマンス値を上げたい。道中小脚を使うと最後のバネの弾け度が落ちるのでゆっくり走らせて溜めさせることが必須です。



エアスピネル

脚が長く,メジャーエンブレムよりも力強さがありそうな上体ながらも無駄にガチムチに作らないで距離に対応できる質の馬体造りをしてきている印象を受けます。皐月賞より馬体はは更に研ぎ澄まされて馬体バランスは抜群です。この馬体なら乗り方次第でダービーに対応できるのでは?という期待感を持ってしまいます。東京コースを生かすには最後まで伸び切る精神力と直線を生かせるトップスピードの持続脳力です。どちらかというとスピードとパワーを持つタイプなので若干適性的にはズレがあるでしょうか。

✳︎キングカメハメハ産駒ですが、私として本馬をダイワメジャー産駒と勘違いして記述しております。ご指摘ありがとうございます。謹んでお詫び申し上げます。馬のタイプとしてはキングカメハメハ産駒ではありますが、非常にダイワメジャー産駒に近いタイプだと個人的には思っての記述を行っています。m(__)m



サトノダイヤモンド

馬体的にはまだまだ完成は先に感じさせますが,現状としてはしっかり作ってこれています。皐月賞と比較して馬体は更に良くなっています。同馬については,皐月賞で散々書いたので,皐月賞記事(課金設定ですが)を参照ください。



プロフェット

胴が短くて肩が立っている。脚の長さで距離克服できてきましたが、さすがにローテ的にも2400mの距離延長は克服は困難なタイミングでしょう。



ロードクエスト

さすがに厳しいローテーションんで馬体が緩くなってきている。距離的にも長いのでどうでしょうか。



リオンディーズ

馬体は良い意味で変わりはないです。脚も長く腰高なのでまだこれから更に成長してきそうな雰囲気はあります。単なるパワーではなく、ぐろっぷよく力強く走りながらもスピード値も高い素晴らしいタイプです。ただ、前受け競馬からの臨戦なのでここでいきなり脚競馬にさせて一発クリアできるのか、これまでの癖で先行させてしまうのか、内面的にガっとキツイ面を持っているので、そういう面を考慮すると距離延長は割引材料です。位置取りショックで追い込み競馬で精神コントロールをしっかりできたら面白いかもしれません。潜在能力の高さはピカイチです。



スマートオーディン

いかにもガチムチで脚も長いわけではなくて標準的、タイプ的には阪神ん1800m戦なんかめちゃくちゃ強いタイプだと思います。馬体もしっかり作りこんでデキ自体は素晴らしいです。マラソンランナータイプではなく、排気量が凄いアメ車的なパワーとスピードが自慢な馬体という印象です。ただし、前走で京都新聞杯を圧勝とポテンシャルの高さは見せてくれている。理想はパワーが生きる設定ですが,軽い京都+距離延長でしっかり溜めて差し込んで勝っち切った内容(ガチムチマイラーが苦手な条件&インバイアスを跳ね除けて大外追い込みで勝ちきったということの意義)からはこの条件も対応できる可能性を感じさせる。



アジュールローズ

パっと見た感じはマイルから2000mタイプで脚の長さで2000mまでいけそうな体型です。無駄がなくしっかり研ぎ澄ませて作れているので現時点での同馬の能力は出し切れるはず。



レッドエルティスト

ショウダウンからやっと大物が出てきたか?と個人的に嬉しいですね。立ち姿はいいですね。脚も長く、胴もスラっとしていて2400m適性はある。ただ、ロブロイなのでちょっとパワー寄りな印象を受ける。もっとスラっと見せるくらいのほうが個人的に好きですが、これはこれでしっかり対応できるタイプです。



ヴァンキッシュラン

胴の感じからは距離は長くない方が良い感じですが、脚が長くレースセンスが良いので距離をうまく走れている印象です。陣営もダービーを意識したローテとレースでの練習をさせており、かつ青葉賞を勝ちきった内容からもここでは評価をするべきタイミングと考えるのがローテ理論と角居Q的思考からの判断になる。馬体も充実できており,厩舎的にはここで結果を出すべくこれまで鍛えてきたタイミングです。距離をこなせる証明は馬体からというより実績から評価できる。




≪ 総 評 ≫


 ちょっと時間をオーバーして書いていますので、省略します。すいません。各馬コメントから各自で想像してみてください(笑)


edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

オークス出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/05/21 Sat.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ オークス出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


フロムマイハート宮本

栗坂単走馬なり54.0-39.2-25.5-12.6

坂路を単走馬なりで駆け上がる。芯がブレない走りが出来ていて真っ直ぐしっかり飛べている姿は好印象です。しっかり気持ちを持って走れている真面目なタイプです。フォームがカチっとしているのでしっかり貯められれば弾ける雰囲気はある。

→ もっと脚が長かったら素敵でしたが,中距離は走れそうな馬体で脚も貯められるタイプでもあることからオークス適性はありそうです。3戦してしっかりそれなりのポジションから上位の末脚を使えている。ハーツクライの血も距離伸びてOKという判定

→ 前走は完璧な競馬ができて2着に負けてしまったという点は割引材料ではある。相手関係更に強化でその点は厳しい。



アウェイク斎藤

美南W単走馬なり52.0-38.2-13.3

しっかり前で掻き込んで叩きつけるフォームでディサイファっぽさにある走りをするタイプです。ですので阪神や中京コースのほうが合いそうな雰囲気がある走りをする。馬体はしっかり作れていて雰囲気も良い。出来は上向いている。

→ レース映像を見ても叩きつけるフォームで推進力転換ロスがあるタイプで末脚絶対値となると平坦やダラ坂で時計が速いと分が悪い。道悪や時計のかかる馬場だとプラス材料になるので今後のためにもこのことは覚えておきたい。

→ 上がりがかかる展開で消耗戦になるなら量的な面もあるのでプラスになる。好走するにはそういう展開バイアスが欲しいところ。



シンハライト石坂

栗坂併せ馬池添馬なり53.6-39.2-25.6-12.8

時計は平凡ですが、馬なりで軽く流してのもので動きは圧倒的です。脚の返しも力強く楽に推進力に替えられている。真面目さもOKです。しっかり溜める競馬もできることから距離延長もOKです。しかも単なる阪神スペシャリストというわけではない。むしろ平坦のほうが良いと当初は思っていた馬です。



アットザシーサイド浅見

栗坂単走終い仕掛け57.5-41.0-25.8-12.3

馬体は胴が適度に長さがあって脚も長いタイプということで短距離馬ではなく距離は伸びても対応できる形ではある。調教でもゆったり走れる区間とスパートする区間と分けて乗られており、オンとオフをしっかり使えていることから本番でもしっかり脚を貯めれる雰囲気があるので距離延長は大丈夫でしょう。

→ 前脚の使い方からみると阪神の急坂タフネスコースよりダラ坂設定に変わったほうがパフォーマンスは高まってきそうな雰囲気はある。先行させるよりはしっかり脚を溜めて弾けさせたいタイプです。

→ キンカメ×タキオンということでカチっとした走りではある。もっと柔らかみも内包する走りが出来ていたら距離延長には不安は全くない。それができているのがシンハライト



ペプチドサブル木原

栗CW併せ馬馬なり86.5-69.3-52.3-37.9-12.1

インでじっくり我慢させて終い伸ばす内容です。ちょっと馬は噛んでる感じはありますが許容範囲内でしょう。馬体は充実していて内面も真面目さがしっかり出ている。動きも余裕の動きを見せてくれていて雰囲気は非常に良い。心身充実できている。


アドマイヤリード須貝

栗CW3頭併せ終い仕掛け岩田78.2-63.0-49.9-36.9-12.3

鬼時計を出しながらも楽に動いてきましたね!ここに来て状態面は急上昇で良くなってきています。桜花賞で調教的にしっかり追い込んでくるレースを行い,馬の集中力も高まってきて追い切りでもしっかり動くようになってきました。心身レベルは急上昇してきています。

→ 典型的なステイゴールド産駒らしさがあるタイプで筋肉に強靭さがあるバネをもつタイプです。基本的には締まった流れを差し込むタイプでCS系、量的なタイプではありません。よって桜花賞や阪神JFは理想的な舞台でここから距離延長で東京2400mの条件替りはこの馬のタイプ的に合いません。身体的な良さを活かすには、ダラダラ先行させるよりしっかり溜めて弾けさせたほうが良い。ただ、スローの流れだと集中力と闘争心が刺激されず。かつ身体的にも条件は合わない。出来がいいタイミングですが適性外条件ということで非常にもったいないタイミングです。



ゲッカコウ高橋義

美南W単走馬なり70.5-54.8-39.2-12.5

馬体よく身体の使い方も良い。出来は安定して高い位置にある。リラックスはしれている感じも良い。ただ基本的にはマイラー臭さがあるタイプです。使い詰めているタイプで上積みはない。



デンコウアンジュ荒川

栗CW単走川島馬なり68.7-52.0-38.2-12.2

一週前では抜群な動きをみせてくれていた馬です。バネ感があってしっかり弾けられそうな雰囲気がある。ダラっと先行させることなくしっかり溜めてはじけさせる走りをさせられればこれまでの不振を脱却できるタイミングではあります。

→ 阪神の急坂はパワー不足で苦手ですから、東京コース替わりは合うのですが,胴が短めでピッチ走法気味に走るので基本マイラー的な面を持っている馬です。この馬の良さを生かすには、しっかり最高方で溜めて直線勝負に徹する必要がある。そこまでの度胸と勝負強さが鞍上にあるかと考えると不安な面がある。



ウィンファビュラス畠山

美南W単走松岡馬なり69.0-53.4-39.0-12.8

動きに重苦しさがなく非常に軽快な動きができている。馬体もシェイプされながらも筋肉は高いレベルで鍛え上げられている。馬体は相当研ぎ澄まされています。ただ,グリップ良いタイプでステイゴールドらしさがある面を持ち,高速馬場2400mというタイプではない。非常に惜しい。一雨降って重馬場になるなら大きく狙いたいタイプではあるが,今週末は天気は良さそうなので。。。。

→ 過去実績から34秒の末脚は使えていますが,基本トルクが強いタイプでキレが削がれたり,馬場的にパワーが必要な設定の方が合う走りができているタイプです。ステイゴールド産駒はこういうタイプが出やすい。東京高速ダラ坂設定は2歳時のうちは資質だけで対応できるが,ハイレベル戦になって適性力を問われるようになってくると,段々とボロが出てくる。

→ しっかりコントロールついて溜めて走れている追い切りは良いです。



ダンツペンダント本田

栗CW単走終い一杯81.8-65.9-51.1-38.3-12.7

体幹が強く芯が通った走りが出来ています。ただ、追われて首高く伸びきれない。レースに行ったらちゃんと動けるタイプでしょう。量と体力が豊富そうで雰囲気は悪くはないですが、メンバーレベル一気に強化でここでは厳しいでしょう。



エンジェルフェイス藤原英

栗CW併せ馬鮫島馬なり70.3-53.2-38.0-11.9

フォトパで感じていたようにやはり前捌きが固く、トルクが効いた走りになっている。こういうタイプはトップスピード負けするし、道中ラップが速いとついていくだけで体力を消耗する。前走は条件的にピッタリと判断して狙いましたが,今回は条件が逆に合わなくなってパフォーマンスダウンするタイミングです。

→ 雰囲気は良く出来は良さそうです。ただ,適性負けする結果になるはずです。



フロンテアクイーン国枝

美南W併せ馬蛯名馬なり83.5-67.9-53.0-38.8-12.6

併せ馬でインから併せます。しっかり自分の意思で前にでて軽快な動きで走りきります。フォトパで見えるとおりやはり前脚の出し方は硬そうにみえますが、脚が長いので其の辺でストライドはカバーできているタイプです。重苦しくなく素軽く走れている点は良いです。オークス適性はあると思われます。

→ 適性あると踏んで前走狙いましたが、4着です。前走で4着で相手強化となると本質的に厳しいでしょうか。



チェッキーノ藤沢和

美南W3頭併せ戸崎馬なり68.8-53.2-39.4-12.5

基本的に硬いというかカチっとした走りをするタイプで、馬で表現するならオルフェーヴル的なカチっとした走りをします。ピッチも良いタイプなので先行させるとスローペースではないと末脚を失いそうです。ですので前走のように後方で自分のペースで走らせてから一気にギアを上げるという方が良いタイプということになる。出来は安定していて悪くないです。

→ キンカメらしい硬さがあるので、高速馬場よりは道悪や重たい馬場のほうが他馬比較で有利になるタイプです。

→ 距離延長で脚を貯められていて、量が豊富、前哨戦圧勝とオークスで好走するためのパフォーマンスの証明はできている。更に距離延長となっても逆にスローで流れやすくしっかり脚を貯められると判断でき、気性的にもオークス適性は抜群です。




ビッシュ鹿戸

美南芝併せ馬馬なり67.7-52.4-38.3-11.8

芝追い切りですか。どうでしょうかね。




レッドアヴァンセ音無

栗坂併せ馬松若馬なり53.6-39.2-25.2-12.2

ディープインパクト産駒の良駒らしいバネの効いた走りができている。しっかりギュンと伸びきる走りが出来ていて折り合って姉妹抜け出せるイメージを感じさせる。もともと京都向きの走りができていると評価していた馬で阪神替わりは微妙と評価していた馬です。桜花賞時は素晴らしい出来と評価した馬ですが、今回もそれを維持できている雰囲気です。

→ チューリップ賞はリズム崩して凡走としても、出来は抜群だった桜花賞は7着まで。これを能力が低いと判断するか、阪神適性が低かったと判断するか、私は後者です。東京ダラ坂に変わって適性値アップし、パフォーマンスは上げてくると判断します。あとは距離延長対応次第でしょう。

→ 前走はしっかり後方で折り合わせて末脚を伸ばしてくるという集中力を高めてこれるレースができた。貯めをしっかり作ることで距離延長でも対応できる基礎を作ってこれている。

→ やはりディープインパクト産駒の良駒です。見くびらない方が良いです。




ジェラシー菊沢

美南W単走馬なり57.5-41.5-13.2

うまなりで単走軽めです。カチッとしすぎていてマイラーっぽい走りになっている。気性も前向きさがあって先行馬、距離一気に延長に耐えられるかが鍵です。筋肉量もしかkりあるタイプでパワーを持っているタイプです。



ロッテンマイヤー池添學

栗坂併せ馬大下馬なり54.7-39.7-25.7-12.8

胴が長くストライドを持って走れるタイプでクロフネ産駒らしい量も豊富ながらもタキオンらしい真面目さがあり、身体的にも重苦しくなくカチっとした蹴り返しの強い走りができるなど素晴らしいものを持っている馬です。スケール感も高いほうで前走はスローで逃げて勝っていますが、今回もリズムよく走れるなら同じだけの結果を出せる可能性はある。

→ 鮮度があって真面目、長距離でも対応できる量も豊富なタイプです。ただ、前走逃がしてしまったので、逃げれなかった場合はリズムよく走れなくなってパフォーマンスを落とす可能性はある。番手でもリズムよく運べるなら上位争いをできる資質を持つ。



ダイワドレッサー鹿戸

美南芝三浦68.2-52.7-38.6-11.8

芝追い切りですか・・・・・・




☆ 追い切り評価 ☆

A+ シンハライト

A  人気ブログランキングへ

B+ アットザシーサイド、ロッテンマイヤー、チェッキーノ

B  デンコウアンジュ(出来抜群で東京替わりも◎だが,距離は長く乗り方と展開バイアスなど注文がつく)、ウインファビュラス(出来に関しては絶好調も適性割引)

B- アドマイヤリード(出来抜群も適性低い設定、涙)、アウェイク(出来良いも相手関係強化で高速馬場だと適性負けする)、フロムマイハート(出来は良いが相手関係強化で更に前進できるかは微妙)

注  なし 

( 補 足 )



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ




edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

オークス出走馬フォトパドック診断2016 

2016/05/19 Thu.


 まず簡単にレース傾向について整理してみます。

無題


無題


 基本的に3歳牝馬のディスタンス戦なので,折り合い区間がしっかりあるレース傾向にあります。

 持つべき資質としては,

 道中消耗することなくじっくりリラックスして折り合って,GOサインが出たらしっかり伸びきる素直さと強さが求められる

 ということになる。

 前向きさ(闘争心)が強すぎて,コントロールしずらい馬は基本的にドボンレースです。距離延長ローテでしっかり脚を溜めて末を伸ばせている実績がある馬は評価したいですね。

 逃げ馬や2番手馬で結果を出した馬は2011年ピュアブリーゼ、2010年アグネスワルツでどちらも2着、天候は雨で差し込みづらい設定になったのでしょうか。

 基本的にしっかり脚を溜めて折り合えて,位置も後ろ過ぎない器用さもあり,ラスト3Fは34秒台でまとめてこれそうな馬がターゲットでしょうか。 


◎ オークス出走馬フォトパドック診断2016

 フォトパ短評書く予定でしたが、時間が足りませんでした^^; 

 最近朝は早起きできず,作業時間30分くらいしか取れないので・・・・・調べたいことなどたくさんあるのですが、すいません^^;



≪ 総 評 ≫





人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 一週前追い切り(2012高松宮記念以降)

オークス出走馬一週前追い切り2016 

2016/05/18 Wed.



オークス出走馬一週前追い切り2016


アウェイク斎藤誠

美南W3頭併せ終い強め52.6-38.5-12.4

ディープアンクらしい筋肉の質感と飛びを見せてくれています。しっかり掻き込んで蹴れているタイプでグリップ力は強いタイプに見えます。もっと推進力に変えられるようなギュンとした走りができた方が良い。高速馬場の速いキレ勝負になると分が悪い可能性がある。戦績からも34秒台後半の上がりが最速の展開若しくは馬場設定が欲しいところ。

→ 馬体はキレキレで仕上がりは良いです。内面的にはもっと強さが出てくると良い。まだ成長途上感はあり,内面的な完成はまだ先です。



ウインファビュラス畠山

美南W併せ馬松岡馬なり68.8-53.5-39.0-14.0

馬なりで終い流す形の合わせ馬です。馬体は素晴らしく充実できています。馬の気持ちリズムも乗っています。ただし、ステゴ産駒の弱点は「硬い産駒が出やすい」ということで能力的なスケールがないと高速馬場条件では結果は出せない。阪神から高速東京に替わる設定もプラスには働かない。大雨が欲しいところ。



エンジェルフェイス藤原英

栗CW併せ馬ルメール終い強め81.9-66.3-51.6-38.5-12.2

併せ馬でインの後ろから仕掛けていきます。仕掛けられてしっかり前には出ます。ビュンと弾けるような面はなく、基本的に前で競馬させるタイプでしょう。馬体はピカピカでフォルムも良いです。ただ,オークスタイプじゃyないような匂いはします。




キンショーユキヒメ中村均

栗CW併せ馬終い強め80.3-65.2-51.2-37.6-11.7

前足をしっかり前に出して後躯の可動域も大きく蹴り返しも良いです。メイショウサムソンらしさもある馬体で少し時計のかかる設定での東京中距離以上は合う。高速馬場適性はそこまで高そうではなく、スローからの上がり勝負も良くない。淡々としたペースで体力勝負に持ち込みたい。馬場設定も時計が掛かって欲しい。ですが追い切りの動きをみるとオークス向きの良いフォームで走れています。リズムよく走らせられるなら距離延長は問題ない。



ゲッカコウ高橋義

美南W単走馬なり72.0-56.5-41.3-13.4

出来は高い位置で安定しています。フォームが伸びないので東京向きの長く良い足を使うというところに課題がありそうな前走でしたね。其の辺は追切からも感じさせるところです。



シンハライト石坂

栗坂併せ馬池添終い強め53.8-39.2-24.8-12.3

坂路で合わせ馬です。終い仕掛けてしっかり伸びてきます。ディープ産駒らしく手先が軽やかでしっかり飛べています。連戦してリズムよく内面的にも真面目で充実しているタイミングです。普通に有力馬でしょう。



デンコウアンジュ荒川

栗CW併せ馬川島強め81.5-65.3-50.1-36.4-11.7

併せ馬でインから追走、仕掛けてしっかり伸びきります。チューリップ賞時から出来自体はかなり良くなってきている馬でこれまで結果が出ないのは問題です。今回も強めの追い切りを消化してしっかり動けているので心身レベルは高い位置で安定できています。



フロンテアクイーン国枝

美南W併せ馬馬なり67.4-52.6-38.5-12.9

併せ馬でインから追走、内面にしかkり負荷をかけられて前に出る強さをみせてくれている。気配はすこぶる良い。前足の使い方も伸びがあって後躯の蹴り返しも力強く出来は高い位置で仕上げてこれている。



ロッテンマイヤー池添学

栗CW3頭併せベリー馬なり71.1-54.4-39.1-11.4

タキオンや黒船らしいカチっとしたフォームではありますが、前足をしっかり前に出せている点で距離を上手くこなせている面はある。本来こういうタイプはカチっとし過ぎてスピードがあり距離は持たないタイプが多いはずだと思います。思ったより胴に伸びがあるフォームで走れているのが良いでしょうね。後躯が硬すぎず柔らかいのも良いです。気性は真面目で闘争心も持っており、早い段階から活躍できているのは納得です。いいものは持っています。

→ シルク一次募集で出資するならこの馬が一番手!と評価していた馬がロッテンマイヤーです。一次募集の段階で決めるのはリスクがあるから様子見したいなぁと迷っているうちに満口でした。この感覚を忘れないで、1次募集で素晴らしい馬がいた場合はチャレンジしていきたい。

→ パワータイプの種牡馬で牝馬で生まれるとスピードとパワーを適度に兼ね備えた馬が出やすい。それがこの馬が典型です。



一週前追い切りの馬の中で個人的な穴馬としての注目馬は、

デンコウアンジュ です。

その理由は,人気ブログランキングへ に書いておきます。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

オークスフォトパドックデータ2016(PASSは人気ブログランキングブログ紹介欄で) 

2016/05/17 Tue.

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/05/15 Sun.




--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ウインプリメーラ

馬なりで抑える追い切りです。出来は悪くなく、高い位置でしっかり安定できています。

→ 使い続けている馬で上積みはないです。



ウキヨノカゼ

調教師自ら乗って仕上げるときはこの厩舎は頑張りたい意思を示している時です。基本的にフォームが伸びるタイプではないのでやはり距離は短いほうが良いです。脚質的にも後方からのタイプで高速馬場で追い込みだとこのフォームでどうかなぁと思うところはある。硬めでピッチ気味に走れるのでコーナリングしながら加速できる優位性があり、中山や札幌で追い込んで結果を出してきたのは納得するところがある。

→ 出来そのものは悪くないです。もっと上げてこれる余地もありますが。



ウリウリ

芝コースでの単走追いですか。これまでこのような調整をしたことがない馬ですので個人的にはネガティヴ評価とせざるを得ない。

→ 動きそのものは悪くはなさそうで単走でもしっかり闘争心持って走れています。ただここ2戦結果を出せていないのでそのへんが非常に気にかかります。特に得意の京都で完全凡走の5着は問題あり。



カフェブリリアント

非常に脚のグリップが強く機敏で蹴り返しが強いです。後躯の可動域の大きさも非常にいいですね。脚も前に出せながらも俊敏に動かせている。スピード勝負でもやれそうなくらい高く仕上げてきている印象を受けます。まさしく堀Q最強でしょうか!

→ 気性的にガツンと噛むところがあるので、ハイペース勝負に持ち込みたいところ。逃げるとしたら・・・・ってあまりいないのね(笑) レッツギードンキあたりでしょうか。ドンキも前走追い込ませているので本当は逃したくないタイミングではあります。

→ もしかしたら、牝馬特有の前半ペースはあがらないヴィクトリアマイルになるかもしれませんね。

→ 前走も出来は良かった。それをしっかり維持できている。



クイーンズリング

馬ナリで楽な手応えで上がってきて52秒の時計ですか。本格化してきた雰囲気を感じさせます。

→ 基本的に繋ぎが硬めの馬で高速馬場適性は微妙な可能性は高い。馬のものは非常に良い。レース適性がちょっとズレそうなのでそこだけです。この馬を知り尽くしている鞍上も良い。


シャルール

ブレないでしっかり真っ直ぐ走れている。体幹がしっかり作れている印象を受けます。飛びも綺麗で大きさもよし。手先の返しも強くこれはいい状態に仕上がってきていますよ。

→ 連勝後、福島牝馬で1番人気2着、1番人気に指示される格があり鮮度もある状態での出走でした。その勢いでここにも出走してきています。今はリズムが良い時期で格上戦に怯まないタイミングでもあります。鮮度の高さとリズムの保持と評価は高いです。

→ 天才ノリさんが継続騎乗です。前走は1番人気で大外配置の困難をクリアしているだけあって評価は高い。

→ 東京マイル替わりで走りやすくなってパフォーマンス上がる可能性もある。



シュンドルボン矢野

併せ馬でしっかり負荷をかけます。矢野厩舎の典型的な追い切りパターンです。一週前追い切り同様、出来の高さはもっています。申し分ない状態でG1に迎えます。



ショウナンアデラ

前足をしっかり上げて掻き込むフォームで坂適性が高そうな走りをします。雰囲気は悪くはないですが、いきなりここでどうなのかなぁという部分もあります。



ショウナンパンドラ

柔らかくしっかり飛べていてこの馬の良さをしっかり感じさせます。スローペースからの追い込み勝負になればこの馬にも出番はある。ハイペースになっても無理に脚を使わないでしっかり直線で脚を使うリズムを崩さない競馬をしてもらいたい。変な競馬をしてリズムを崩すと次走以降問題になる可能性がある。


ストレイトガール

カチっとしたフォームでしっかり集中力持って走れています。一週前より出来は上向いてきました。スピードがあるので、できればスローで他の馬が脚を貯められる展開になるよりハイラップでも脚を貯められるスピードを持つこの馬有利の流れになって欲しいタイプです。枠順は昨年の方が良いですね。


スマートレイアー

出来は一連の良さをキープできています。モコモコっとしたパワーと量が豊富なタイプなので高速馬場適性となるとマッチしきれない部分も出てきそうなイメージは感じさせます。うまくスローペースに落とした逃げができるか、まずはそこからですね。



トーセンビクトリー角居

キレがある馬体で飛びも綺麗でいいものを持っている馬です。本格化はまだ先の印象です。心身レベル充実してきたらおそらくかなりいい馬になってくると思います。



マジックタイム

ピッチが強い印象だった2~3歳時と比較するとゆったりと走れる感じになってきましたね。併せ馬でしっかり内面に負荷をかけて気持ちも負けていません。心身レベルは高く充実しているタイミングでG1を迎えられます。



ミッキークイーン

柔らかさと力強さがしっかり同居できているマイラータイプです。脚も貯められるので距離もある程度融通が効く。いい感じです。



メイショウマンボ

内面的な問題が大きい馬です・・・・・・。馬体や走りをみるといい馬なんですけどね



ルージュバック

しっかり貯めながら大きく走れている。バネ感も素晴らしく出来もすこぶる良い。これは今回大きなチャンスを持っている馬です。



レッツゴードンキ

出来に関しては絶好調です。ちょっと硬めのワンペースタイプですが、重力から逃れてセーフティリードが得られれば面白い。昨年のミナレットをすれば一発あっても良い条件設定です。心身レベルも高い。



レッドリヴェール

安定化してきた印象を受けます。しっかり問系を出せている点は良い。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ルージュバック、ミッキークイーン、シャルール

B+ レッツゴードンキ、マジックタイム、ショウナンパンドラ、ストレイトガール

B  スマートレイアー、クイーンズリング、シュンドルボン

B- なし

注  レッツゴードンキ


( 補 足 )

 今週は時間が取れなくて簡単になります。すいません。

 オッズから穴馬指示が高いと思われるのは 人気ブログランキングへ  

 結構はっきり出ています。これが結果を出せるか、ダメなのか、今後に向けて良いサンプルになると思います。

 他には01ウインプリメーラ、11レッツゴードンキ、18ショウナンアデラ にサインは出ている印象です。


 個人的にこの条件が合いそうだと思って狙いたい馬は 

 ◎07ルージュバック

 です。

 オッズからの穴馬も非常に気になりますね。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 一週前追い切り(2012高松宮記念以降)

ヴィクトリアマイル一週前追い切り2016 

2016/05/13 Fri.






ヴィクトリアマイル一週前追い切り2016



アイライン

美南W併せ馬馬なり83.1-67.1-52.2-37.7-12.7

胴が長くてパワフルに走る四輪駆動型、気性的にも闘争心が強いのでコントロールしずらいが、しっかりコントロールできたときは爆発力がありそうな走りができている。こういうタイプは消耗ラップでの体力戦が良く、ミナレットが飛ばすようなペースでうまく流れに乗れたら面白い。ずっと心身レベルは高いと評価して狙っていた馬ですが、精神面に危うさがあって結果が出せてこれなかった。条件さえ揃えば一発はある。

→ 京王杯に出そうですね。条件的に◎です。



ウキヨノカゼ菊沢

美南W併せ馬馬なり67.4-51.5-38.5-13,2

併せ馬でインから併せる。外からの馬が先行しているのをしっかりインから捉えきって前にでる。内面も充実してきて身体の感じも良い。これは侮れません。

→ 宮杯後次走以降狙いたいと書いた仕込み馬です。



カフェブリリアント堀

美南W併せ馬馬なり84.6-69.2-54.4-39.7-12.8

併せ馬でインから併せる。外の馬が闘争心を持って前にいてインから差を詰めようとするが最後は突き放される。カっとならないで落ち着いて走れている点は良い。走法は硬めで、パワー質な短距離競馬がよさそうなタイプではある。スピードはあるし阪神マイルで戦えた点は強めです。あとは東京マイルですね。

→ 馬体はキレキレで素晴らしい。グリップ強いのでそういう馬場がベストではある。



シュンドルボン矢野

美南W単走終い強め82.7-66.4-51.8-37.5-12.5

追われてちょっと頭が高いところはあるが馬体は素晴らしい。蹴り返しもよく高い位置で充実できている。とにかく馬体の締まり具合と筋肉の充実が◎です。東京マイルG1戦が合うかどうかは未知数な面はある。



ショウナナデラ二ノ宮

美坂単走計測不能

動きは悪くはないですね。身体をしかkり使えています。後躯の蹴り返しがもっと強くなってくると良いでしょうか。




ショウナンパンドラ高野

栗坂併せ馬池添終い強め54.7-39.3-25.5-12.6

しっかり脚を伸ばしてきます。柔らかさがあって良い走りができるタイプだが、逆にマイル向きのスピード値があるか?と言われたら疑問なタイプです。昨秋の追い切りのほうが動きも良い。最終追い切りでどこまで変わってくるか。

→ 追い切りの感じから中距離以上タイプに見えてしまう。春の東京マイルはスピード値が求められる傾向にあるので・・・・



ストレイトガール藤原英

栗CW併せ馬岡田馬なり81.0-65.7-51.5-38.0-11.7

併せ馬でしっかり先着、走りから脚の速さは感じさせる。こういうタイプがここ2年ヴィクトリアマイルで結果を出せているのでやはりスピード値がある走りができる馬を評価すべきレースか。併せ馬でしっかり先着もできている。真面目な優等生です。

→ 前走の負け方からのステップだとちょっとローテ論的には評価しづらい。加齢で生命力と鮮度も落ちてきている。



スマートレイアー大久保龍

栗坂併せ馬馬なり52.4-37.9-24.3-12.1

今春は絶好調です。動きは素晴らしいです。東京新聞杯は冬場の東京馬場、阪神牝馬は阪神特有のパワー質な馬場、今回はスピード値が求められる可能性が高い馬場、条件が大きくかわります。タイプ的にパワー兼備な量豊富なタイプでスローペースになるヴィクトリアマイルで逃げるなら馬券になれますが,そうではない展開になるなら条件的には厳しくなる。出来に関しては非常に良いです。



マジックタイム中川

美南W併せ馬宮崎終い仕掛け66.8-52.1-38.3-12.0

後方から仕掛けてしっかり前に出て走りきります。スピード値をもったピッチ走法で走れているので無駄に貯め殺しをしなければ結果を出せる資質はあります。心身レベルは高い位置にあることは確認できる追い切りです。

→ ボウマンですか・・・・苦笑。



ミッキークイーン池江

栗CW3頭併せ浜中終い強め81.3-65.8-51.6-37.8-11.5

中距離タイプかマイラーか?と言われると、どちらかといえばマイラーよりな感じで走れています。これがパンドラとは違う面です。馬体もよく返しの力強さも良い。一度使ってしっかり順当に良化してこれている。

→ トライアルは無駄な消費をしないで終いに徹するのはいつものパターンで勝ち負け前提ではなく、次走にむけた調教レースをする馬です。それをしっかりこなしてきたのでここでは結果を出すべきタイミングです。ローテ論から。



edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ヴィクトリアマイルフォトパドックデータ2016(PASSは人気ブログランキングのブログ紹介文に記載。期間限定公開) 

2016/05/11 Wed.

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: RAP ANALYSIS ~ ラップ分析

ヴィクトリアマイルレース傾向 

2016/05/09 Mon.


無題

東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は5番人気ストレイトガール(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒9(良)。アタマ差の2着に12番人気ケイアイエレガント、さらに1馬身3/4差の3着に18番人気ミナレットが入った。

ストレイトガールは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牝馬で、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド(母の父タイキシャトル)。通算成績は26戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 ストレイトガール(戸崎圭太騎手)
「ここまで多くのGIに乗せてもらって、結果を出せていなかったので、今日は本当によかったです。ゲートの出はいちばんかなというぐらい、いい出方をしてくれました。ペースは少し流れるかと思いましたが、いい位置で我慢してくれて、これでしっかりと伸びるだろうと思いました。前が結構しぶとく粘っていましたが、いい切れ味で馬に助けられました。センスのある馬で乗りやすく、強い競馬をしてくれました。距離も問題なくこなしています。(私も)ようやくGIを勝てました。ファンの皆さんのおかげです。馬も今後が楽しみです」

2着 ケイアイエレガント(吉田豊騎手)
「行ければ逃げようと思っていましたが、向こうが思ったよりも離していってくれたので、逃げているような感じになりました。この馬は脚をためてヨーイドンの競馬よりも自分のペースで後ろが構えるような形がいいので、この馬にとってはいい形になりました。4コーナーを回って追い出し始めて、いけるかなと思いましたが、残り100mぐらいで左手前に替えたときに脚が上がってしまいました。しのげるかなと思いましたが、交わされてしまいました。残念ですが、自分の競馬はできました」

3着 ミナレット(江田照男騎手)
「自分のレースでよくがんばってくれました。タメても仕方ありませんし、行こうとは決めていました。今日はノーマークで行けたのが大きかったです」

4着 レッドリヴェール(C.ルメール騎手)
「今日は状態が完璧でした。いいスタートを切って、ペースもよく、馬はリラックスしていました。強い馬との対戦でいいレースをしてくれました。これからもっとよくなりそうです」

5着 カフェブリリアント(福永祐一騎手)
「枠なりで流れに乗れました。直線でも勝ち馬のそばにいて、同じように伸びてくれたらと思っていました。伸びてはくれましたが、速い流れで縦長の展開だったので、きついレースになりました。徐々に力をつけてきた馬で、GIの厳しい流れのなかでよくがんばってくれました。これからの馬ですし、GIでもやれる力を見せてくれました」

6着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「結果的には3番手に行っていればよかったかもしれません。勝ち馬の後ろでしたが、反応がありませんでした。元気があって、雰囲気もよかったのですが......」

(斎藤誠調教師)
「1600mでなし崩しに脚を使ってしまいました。道中は手綱を持つところがなく、脚がたまっているように見えて、たまっていませんでした。そのぶん弾けなかったのだと思います。このクラスになると、距離適性が出ますね」

7着 ディアデラマドレ(藤岡康太騎手)
「中間にゲート練習をして、駐立はよかったです。ただ、少し遅れ気味に出て、進路がありませんでした。最後はいい脚でしたが、流れが前の馬に向いていました。能力のある馬で結果を出せずに申し訳ないです」

8着 ショウナンパンドラ(浜中俊騎手)
「縦長の流れで、展開が向きませんでした。外枠もよくなかったです。スタートは出てくれましたが、二の脚がつきませんでした」

10着 スマートレイアー(武豊騎手)
「折り合いはついていましたが、それほど伸びませんでした」

11着 リトルゲルダ(M.デムーロ騎手)
「楽に運べましたが、距離が長かったです」

12着 スイートサルサ(田中勝春騎手)
「さすがに厳しかったです。最後は伸び負けしました」

13着 バウンスシャッセ(北村宏司騎手)
「いつも通りの雰囲気で、スタートはスムーズに切れました。終いを引き出すために前半はリズム重視で、ポジションをとりにいきませんでした。こちらが思っているより不発でした。久々のマイルが原因かはわかりません。馬のコンディションはよかったと思うのですが......」

15着 アルマディヴァン(勝浦正樹騎手)
「位置をとりにいった後、どの馬も控えてしまいました。前が止まらないのは見えていたのですが、自分のとりたい位置をとれませんでした。また力をつけて、来年もがんばってほしいです」


 ラップ表を見てもわかるとおり,1200~1400m戦のようなラップを刻んで残してしまった3着ミナレット

 この速いラップで刻んでも残せてしまう馬場とメンバー設定だったということなのでしょう。(溜めがなくてもある程度逃げ馬が残せるという馬場が軽すぎる設定だったということ)

 決着時計も,1.31.9と速め決着でこの時計で走れるスピード値があってマイルに対応できる馬が走れる展開だった。

 4着レッドりヴェールは最高の展開も、グリップの強さがあるタイプで最後は適性差でしょうか。もう少し摩擦がある馬場だと完璧マッチだった。

 7着ディアデラマドレ(馬券はこの馬から買った)は,中距離でパワーももって走れるタイプで設定が軽すぎたのと時計も速すぎての負けでした。

 NHKマイルカップを見ても、東京マイルG1は,ペースが流れると、中距離でも走れる資質を持つタイプはスピード値負けする可能性があるということは,今後のためにもしっかり覚えておきたい。

 NHKマイルカップを見る限り,馬場は軽すぎるという感じではないと思っています。

 メジャーエンブレムは強く、彼女を目標に追いかけた馬はオーバーペースで終いの脚を失ってドボン、重力に縛られずしっかり追い込んできた馬が2・3・5・6着にくる展開でした。

 NHKマイルカップは、メジャーエンブレムが勝つ展開なら、前衛総崩れと読むのが正解でした。逆にスローペースで逃げ残すタイプだと、前衛連れてくる可能性は高い。

 NHKマイルカップは素直にメジャーエンブレムを評価できなかった時点でドボンでした・・・・・涙。
 
 

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 2ndSTAGE 【 TRAINNING&DATA ANALYSIS 】

NHKマイルカップを獲る!!2016 

2016/05/08 Sun.

【更新情報】

・ レース傾向について更新しました。(5/3)
・ フォトパドックについて更新しました。(5/4)
 → 個人的には、フォトパドック記事でほぼほぼ結論は書いてあります(笑)
・ 一週前追い切りについて更新しました(5/5)
 → フォトパドックでダンツプリウスについて書き漏れていたので追記しておきました。
・ 最終追い切りについて各馬コメントから追い切り評価まで更新しました(5/7)
 → 無料ページにおける追い切り評価表の更新は5/8の午前中に行います。 
・ 補足更新しました(5/8)
 → おまけで新潟大賞典の追い切りを見ての各馬短評も書いておきました。



 今は仕事が落ち着いてきたこと、今週はしっかり時間をかけられること、NHKマイルカップは個人的に自信がある?ことから,クローズドでしっかり見つめた思考を書いていきたいと思います。


 追い切り分析評価表については,日曜朝に本ページで更新します。 

☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  人気ブログランキングへ

B+ トウショウドラフタ、ティソーナ,ブレイブスマッシュ

B  ロードクエスト、メジャーエンブレム、ストーミーシー

B- なし

注  なし 



 詳しい各馬コメントやバイアス分析などは,ブロマガで販売したいと思います。(すいません^^;)


 私が追い切り等を見てどう感じているのか、読み物的に接してくれると嬉しいです。
 

 価格は150円です。


 また,購入されたからと言って、的中を保証するものではありません。その辺を十分理解したうえで購入してください。迷われる場合は「購入しない」という選択肢をとってください。

 
↓以下、ブロマガ販売用定型文になります。

※注:このボリュームでこの価格かよ!大した内容でもないのに,全然当たらない分析の癖に高過ぎる!と思われる方は、 ” 絶対に購入しないで ” ください。返金はできません。


 基本的に追い切り映像を見て,各馬を評価しています。そのほか,ローテーション理論や各馬の個性(Mの法則や血統的な特徴)などを整合させて,レースの適性値をイメージしながら,状態と適性値を評価しています。

 詳細については,過去のページをご覧ください。

 >>> 中山金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016
 >>> 京都金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016
 >>> 中京記念出走馬最終追い切り・調教分析2015
 >>> ラジオNIKKEI賞出走馬最終追い切り・調教分析2015
 >>> 宝塚記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 各馬の状態や態勢を見て,材料を炙り出す方式で書いています。皆様に多くの選択肢(検討材料)が持てるように意識して書いています。

 これを参考に,プラスαで自分の理論と融合させて頂いて的中を目指してもらいたいです。

 最終的なピックアップは,当日のパドックやバイアスチェックまで引っ張ります。(私の場合は)

 ブログに書いている内容は,原則として自分用のメモをベースに第三者へ見せるように書いています。

 ①事前段階の検証 → ②当日のバイアス・パドックチェック → ③最終決断 → ④自分なりの仮説再検証(回顧) → ⑤自分の思考の最適化

 この作業ループが大事であり,各自で継続して欲しい作業です。ブログでは,①の作業を行っています。(時間が取れれば④も)

 私の追い切り分析に価値を感じられ無い方,課金だったら価値が無いという方,は購入しないでください。
 ↑コレは非常に大事です。


 しっちぃ✩さんだったら小銭くらい寄付でもしてやるか!という感じで購入される方のみでお願いします。


 ブログを通じて様々な出会いがありました。本当に色々とありがとうございます。今後も支持頂ける方々に御恩返しできるよう頑張っていきたいと思います。



【販売価格】
150円


-------------------------------------------------------------------
事前にFC2ID管理画面の「決済/FC2ポイント」欄からFC2ポイントを購入し、
購入したFC2ポイントを消費してコンテンツを購入していただけます。
コンテンツの購入に必要な金額は、
1ポイント=1円として計算し、各コンテンツごとに異なります。
販売価格は各コンテンツごとに表示しています。
▼参考URL
http://help.fc2.com/fc2id/manual/group79/315
-------------------------------------------------------------------

【商品代金以外の費用】
-------------------------------------------------------------------
記事の閲覧やお申し込みなどにかかる通信費はお客様のご負担となります。
-------------------------------------------------------------------

【商品引渡方法、引渡時期】
-------------------------------------------------------------------
決済完了後、該当する記事を閲覧できます。
-------------------------------------------------------------------

【返品に関する事項】
-------------------------------------------------------------------
商品の特性上、コンテンツおよびポイントの返品(キャンセル)は承れません。
-------------------------------------------------------------------

【動作環境】
-------------------------------------------------------------------
下記URL先に記述されている、「推奨使用環境」を満たすデバイスが必要です。
購入前に当ブログが問題なく閲覧可能か、
必ず動作確認を行ったうえでご購入ください。
▼推奨使用環境
http://help.fc2.com/requirements
-------------------------------------------------------------------
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: CHARENGE!!【 一口馬主 】

160502シルクホースクラブ募集馬(残口有)からの注目馬 

2016/05/02 Mon.


 天皇賞春は,完全に展開負け&騎手判断負けでした。素直に人気でもキタサンブラックから入れば良かったですね(笑)

 フェイムゲームもここで結果出せるだけの心身レベルに仕上げてきた馬でした。ただ,結果を出すには歯車が合わなかった。逆にキタサンブラックとカレンミロティックは絶好の展開と馬場設定だったということになりますね。しっかり馬場チェックしておけばよかった(笑)

 さて、今日は簡単にシルクホースクラブで気になり始めた馬をピックアップしてみたいと思います。

 個人的に、シルクホースクラブはまだ儲けさせてくれていないので、お世話になっている訳ではないですが(笑)、個人的な趣味から気分転換に自分の思考を書き記してみたいと思います。(時間は無いので簡単ですが(笑))


34.ワンダーレディアンエルの14
2016年4月段階
無題
2015年12月段階
無題


完全に成長が遅くて馬体のも小さかった牝馬で様子見されていたディープインパクト牝馬です。預託予定厩舎は平田修厩舎です。

まず馬体バランスが良い。肩の角度もキツくなくて前足がしっかり前に出せそうな造り、品格ある雰囲気,皮膚感からも品の良さがある,馬体バランス的に足が長めで良い、筋肉の質がビュっと弾けそうなディープの血の良い部分を受け継いでいそう、背中からお尻、トモ、下半身と筋肉がしっかりしてきたと、個人的には「成長力あってコレってかなりありじゃない?!」と思ってきました。

もともと気になっていた馬ではありました・ディープインパクト産駒なのに全然売り切れないなぁ?と思ってみていた馬でした。よくよく調べてみたら、馬体重380kg台と小柄で調教ペースも遅れていた馬で、まぁ様子見しないとリスク高い馬という扱いなんだろうなぁという感じでした。

たまたま目に付いたきっかけは、久しぶりに会報(4月号)を読んでいて、「この時期くらいまで待ってくれれば自信持って出資できるできないの判断が出来るんだけどなぁ」と思いながら眺めていたら、「あれ?なんでこんな馬まだ売れ残っているの?」と目に付いたからです。





最新の動画をみてみましたが,前足は硬すぎずしっかり前に出せていますね。後ろ足は瞬発性能が強そうな収縮力と反発力の高さが目に引きました。いかにも「キレるタイプのディープインパクト産駒」になりそうな雰囲気です。

まだ、調教は軽いところしか始めていませんが、これからしっかり育成が進んで馬体も進化してくると非常に楽しみな素材だと思います。理想はもうちょっと馬体が増えて430~440kgくらいになってきて欲しいですね。まぁ小さいからシルクに回されたと思います。


このまま順調なら「出資しても良い」という判断を下せそうです。

個人的には,1歳夏~秋の一次募集で馬を見抜ける眼力はないので,この時期まで残っていて有力になりえるだろうという馬がいたら逆にこのタイミングでしっかり拾っていきたいと思っています。

他には、リゾネーター(ブルーグラスサラの2014)にも注目していましたが、ワンダーレディアンエルの14を見て気づいて、こちらのほうを優先して様子見したい気持ちが強くなりました(笑)

やはり、ディープインパクト産駒に出資できる強みはあります。募集価格3500万ならOKでしょう。一次募集時では不確定要素が高いのでというお値段設定だったと思います。順調にいけそうなら・・・・と考えればお買い得なのかな?と思ったりします。


本ブログとしては蛇足でしたが、自分のメモとしても記録を残しておきたいと思います。





edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

天皇賞春出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/05/01 Sun.


 マイラーズカップはドボンレースでした。私の思考で的中は厳しいパターン配列です。クラレントの出来の良さはしっかり推せていたのでまぁ良しとしますか(笑)

 期待したテイエムイナヅマですが、スローなら早め捲くり出しをきたしていたのですが、どうも古川騎手がスタートからリズムが悪くしっかり流れに乗せられない騎乗でドボンでした。久しぶりに「へたくそ!」と思いました・・・・苦笑。

 今週末は金曜~土曜と家族旅行で札幌に行きます。

 ですので、ブログ更新が滞る予定です(笑)

 天皇賞春は頑張りたい気持ちはありますが、できなかったらごめんなさい^^;

 ましんさん、おーのさん、コメント返せていなくてすいませんm(_ _)m



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ 天皇賞春出走馬最終追い切り・調教分析2016

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アドマイヤデウス橋田

栗坂単走馬なり53.8-38.5-24.6-12.1

坂路で単走追いです。脚が長くて捌きも硬すぎずストライドが持てている。走りも真っ直ぐ走れて無駄な動きがなく,気性的にも落ち着いてきた今年ならこの馬の持つ平坦適性がある走りを生かしきれそうな雰囲気はあります。

→ 昨年のステップとの違いは、阪神大章典を使うことで事前に長距離レースを経験できたこと。ここである程度結果を出せているので昨年の天皇賞春のような負け方はないはずです。阪神大章典は無駄に狭いところを突こうとして詰まったロスを考えると成績以上の評価はして良い。


《一週前追い切り》

栗坂単走終いムチ51.3-37.3-24.9-12.8

単走でしっかりムチを入れてきました。長丁場戦は最後はキレではなく、しぶとく伸びる能力が求められるのでこの追い切りはプラスに出てくると思います。真っ直ぐ走れるように身体を使えているので今は高い位置で安定できています。脚も長く京都ロングスパートは合うと昨年から思っている馬です。
(昨年は気性面が甘く、2周するレースを一周目で力を使い切ってドボンでした。馬が長距離戦を理解していなかった。)



アルバート堀

美南W単走終い仕掛け69.5-54.3-39.9-12.9

コースで単走追いです。馬体はキレキレですね。ダラっとした感じではなくてビュっと弾けそうな走りができているので本質は脚を溜める競馬をしたいタイプです。操縦性の高さも追い切りから確認できます。走りに無駄な力みがなくて長距離戦で結果を出してきた点も評価できます。理想は差しバイアスが欲しいタイプです。

《一週前追い切り》

美南W3頭併せ終い仕掛け69.0-53.6-39.3-12.8

3頭併せで外から追走、仕掛けてしっかり反応させる。馬の内面は生き生きとしていて集中力が出てきています。しっかり内面に負荷をかけている効果が出ている。この馬なりに順調に仕上がってきている。




カレンミロティック平田

栗坂単走藤懸終い一杯53.3-38.6-25.4-12.8

坂路単走追いです。前向きさを持ちながらもしっかり集中してはしれていて最後追って力強く最後まで走れています。基本的に京都より阪神や中京タイプだとは思っている馬です。それでも近年結果を出しているのは京都の舞台なので問題はないでしょうか。操縦性はあるのでその点で長距離も対応できているタイプです。逃げ・先行なので内前有利バイアスが欲しいです。

《一週前追い切り》

栗CW併せ馬池添終い一杯85.0-69.5-54.2-39.9-12.1

コース追いでしっかり追ってきました。8歳ですがまだ元気は良さそうです。馬体もよく充実しているように見えます。前走は追い切りは良くて事前段階では評価しましたが、当日パドックで余裕残しな感じがしました。更に状態を上げてくる伸びしろはあると思っています。



キタサンブラック清水久

栗CW併せ馬黒岩馬なり80.2-64.7-50.4-37.7-12.1

ステップレースが2000mの大阪杯だったことから、急かさないでゆったり走らせることをイメージして追い切りしている印象を受けます。前向きさはありますがしっかり併せ馬でコントロールはついています。馬体の線形もスラっとして脚長タイプなのでマラソンレースにタイプで来ても良い馬体ラインです。雰囲気は非常に良いです。

→ 前走で58Kを克服できた点は大きいです。菊花賞を勝って有馬記念も好走、格ある大阪杯で僅差の2着と「格が高い証明」ができており、鮮度を考えると本レースで有力な一頭だと考えます。

→ 前足の出し方がもっと前に向けられて連動できていたら完璧なんですが、その点が平坦適性を高めきれていない面でもある。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬黒岩馬なり81.2-65.8-51.6-38.2-12.0

外からの併せ馬で馬なり調整といった感じです。馬体は太め感なくキレある動きをみせてくれている。脚も長くてやはりスケール感はある。



ゴールドアクター中川

美南W3頭併せ吉田隼人馬なり68,8-53.6-40.0-13.4

併せ馬で馬ナリでジワっと併せて調整する内容です。一週前にしっかり追っているので最終追い切りはメンタルを鍛えながら調整するといった内容ですね。心身レベルは充実期に入っている馬で負けず嫌いな勝負根性があるところも前走で確認できました。」充実の5歳を迎えて本格化する一年になると思われます。前走と比較して順調な仕上がりです。

《一週前追い切り》

美南W3頭併せ吉田隼人終い強め80.2-64.0-50.1-37.0-12.4

3頭併せで後ろからインを突いてぶっこぬきます。しっかり折り合って指示を待てるし、仕掛けてからしっかり反応して抜け出せる強さと賢さがあります。長距離ランナーとしての内面の質は高いです。

→ まだ仕上げきっていない余力残し仕上げでサウンズオブアースを力でねじ伏せるのですから、相当力をつけています。充実の5歳を迎えるであろう馬です。目覚めて連チャンしているときのスクリーンヒーロー産駒は無敵でしょうか。


サウンズオブアース藤岡

栗CW併せ馬藤岡佑終い一杯80.5-64.2-49.6-36.4-11.9

併せ馬で追われてしっかりビュっと反応して伸びきる。パワフルな伸び方をするタイプで馬体もどちらかといえばボリュームがある馬体です。しっかり溜めて弾けられる。高い位置で状態はキープできています。前走でも出来の良さは確認できていたので上積みとなると,叩き台設定だった馬たちよりは期待値は落ちそうです。パワフルに走ってビュっと伸びるので、理想は時計のかかるパワー質馬場が理想です。軽すぎる設定だと適性負けしそうな感じはあります。パワーに優れている配合ネオユニ×フレンチです。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬終い一杯84.8-68.9-53.1-38.5-11.6

併せ馬でインからしっかり追われてきます。コンスタントに良い状態を維持して使っているので、バイオリズム的にそろそろ状態は落ちてくるかなぁと思って見ているのですが、馬体は良く追い切りでもしっかり動けています。前足をしっかり前に出して走るタイプなので意外と京都は合いそうな雰囲気はあります。



サトノノブレス池江

栗CW3頭併せ和田終い一杯82.8-67.1-53.0-39.1-11.9

併せ馬で真ん中でしっかり負荷をかけ終いしっかり一杯に追ってしっかり伸びてきます。出来に関しては非常に良さそうで心身レベルは再度充実してきています。走りや動き的には軽さというよりパワーが伴っているタイプで京都よりは中京・阪神が良さそうに見えます。長距離戦というのも過去の戦績からもプラスではなく、それを理解して厩舎は中距離を使い続けていると思っています。心身レベルは高めなので得意な条件なら困難に立ち向かえるチャンスはありましたが、ちょっと適性的には合わない可能性が強い。

《一週前追い切り》

栗CW併せ馬和田終い一杯81.6-66.6-52.5-38.4-11.6

前は硬めですがコース追いをすることでフォームを伸ばそうとしている意図はある。しっかり追われて馬もそれに答える走りは出来ている。出来自体は高い位置で良いです。

→ 厩舎としては2軍のトップクラスとして君臨している馬です。連戦で好結果をだしているのでその勢いを利して使ってくる。ローテ理論からだと、ここを目標にした使い方ではないので評価は落ちる。




シュヴァルグラン友道

栗CW併せ馬福永馬なり84.5-68.8-53.2-39.0-12.3

馬ナリで余裕の動きです。操縦性も高そうで折り合いに不安なし。一週前で見た印象よりも大きくフォームを作れてはしれているのでこれなら大丈夫でしょう。馬も内面が真面目でしっかり自分の能力は出してくるタイプです。あとは古馬最上級戦で適う能力を持っているか、否かでしょう。軽量のハンデもなく定量戦です。

→ 阪神大賞典は、得意の阪神で終いも35秒程と時計のかかる設定で差しやすい設定で適性が向いた内容です。しかも斤量55Kです。今回は直線急坂がなくてラストは前受け馬が止まりにくい設定で差し込む必要がある。しっかり差し込んでくるタイプなので理想は差しバイアスになることです。

→ 真面目な馬なんですが、L質っぽさも併せ持つ量的なタイプだと思っています。今は鮮度の高さで真面目さが優勢です。相手関係一気にアップ&斤量58&阪神ではなく京都コースと大きなハードルが立ちはだかります。これをクリア出来るだけのポテンシャルを持っているかどうか、試金石です。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬藤岡佑終い一杯84.4-67.8-52.8-39.1-12.3

コース追いを選んできている点はプラス材料ですが,筋肉の質と身体の使い方(特に前足)をみると京都向きの伸びがあるフォームがつくりきれていない印象を受ける。スローからの瞬発力勝負になるなら対応可能ですが,ある程度淀みのない流れになると長く良い足が持続できなくてドボンというシナリオも考えておきたい馬です。(気にし過ぎかもしれませんが^^;)

→ 気が良さそうで真面目な馬でちゃんと自分の能力は出してきてくれるが、適性が合わないと掲示板までというシナリオもあり得る。背負い慣れていない58K斤量も大きな壁



タンタアレグリア国枝

美南W併せ馬蛯名終い仕掛け70.4-54.1-39.4-12.4

馬体はよく、大きなストライドで走れています。基本的には平坦やダラ坂巧者です。ただ、筋肉的にビュっというキレを生む反発力の強さはないのでトップスピード負けするタイプであり、京都コースでスローペースだと良さが生きてこないタイプです。スタミナ勝負に持ち込んで戦うタイプです。出来はここのところしっかり成長してきてパワーアップできています。

→ 平坦巧者で京都の下り坂スパートをしっかり利用してロングスパートをかけられる京都コース適性タイプです。ただ、格負けしている面があるのと、58kは背負い慣れていないという点から課題もあるタイプです。

《一週前追い切り》

美南W併せ馬終い仕掛け80.9-64.9-50.3-37.7-12.6

馬体は充実している感じはありますね。ただロブロイらしい筋肉で速いスピード勝負になるとギュンっという伸縮力は足りないです。長距離適性の高さは過去に言及しているとおりです。菊花賞時に比べてパワーアップしてきています。



トゥインクル牧田

栗CW併せ馬終い強め82.9-66.7-51.9-38.2-12.1

一週前と比較してしっかり動けているほうです。やはりフォーム的にはカチっとした反発力が強いステゴ産駒らしい走りをするので,京都コースタイプではないです。京都で戦うなら道悪になって他馬が苦手な条件になってもらう必要ある。


《一週前追い切り》

栗CW併せ馬終い一杯81.6-65.3-51.4-38.0-12.5

追い切りは動かない馬なのでこんなもんでしょうか。コースで追っていますが、どうもステゴ産駒らしくフォームが伸びません。万葉ステークスでも差し負けているので京都コースは合わないタイプと考えてよさそうです。前走東京で好走できていますが、走法からも渋った馬場がプラスに出たと思っています。

→ ステゴ産駒やエンパイアメーカー産駒は、スラリと見せる馬が多くても、捌きが硬い馬が多いのが特徴です。筋肉の返しの強さで勝負するタイプでこういうタイプは、渋った馬場に強い産駒傾向があるということは覚えておきたい。



トーセンレーヴ池江

栗CW3頭併せ終いムチ82.7-66.9-53.1-39.1-12.2

基本的に中距離~マイラータイプで個人的には適性はないと判断している馬です。



トーホウジャッカル谷

栗坂併せ馬終い強め52.9-39.0-25.9-13.2

うーん、一週前同様動きが物足りない。追われてからギュンと反応する感じがない。

《一週前追い切り》

栗坂併せ馬酒井学終い強め52.7-38.1-25.0-12.7

正直言って動きが物足りませんね。迫力も薄いです。非常に良い素材の馬だけに、ノーザン育成+一流厩舎だったら相当厚役で来たのでは?と思ってしまいます。馬を活かすも殺すもヒト次第なんでしょうね。



ファタモルガーナ荒川

栗坂単走馬なり56.4-41.0-26.7-13.6

馬なり調整で時計は軽めです。ディープ産駒らしい柔らかい動きで走れている。雰囲気も大分よくなってきている印象で京都コースもこの馬の感じだとピッタリ合う可能性は高いです。大穴で必ず押さえたいタイプです。

《一週前追い切り》

栗CW単走終い強め80.8-65.9-51.8-38.5-12.1

加齢の影響でしょうか馬体にも走りにも迫力がなくなってきているなぁと思わせる面はあります。ディープ産駒らしい弾けるフットワークで走れている点は京都は合いそうです。



ファントムライト藤原英

栗坂併せ馬終い一杯55.4-40.4-25.9-12.7

追い切りは動かないタイプですが、動かないなりに動けています。ただ、動き的に軽さは足りない方で京都替りはポジティブではない。

→ 時計のかかる設定での中距離ローカル重賞タイプです。京都コース替りは適性合わないし、慣れない長距離戦も課題です。



フェイムゲーム宗像

美南W3頭併せ馬なり85.7-69.6-54.5-40.1-13.2

3頭併せで真ん中から併せる。しっかり内面に負荷をかけられながら暴れることなく落ち着いて走れている。無駄に力まず操縦性は高い状態です。馬体もよく雰囲気もよし。順当にここを目標に仕上げてこれました。

→ 前走は厳しい条件で2着は地力の高さの証明でもある。順当に出来は良化、条件も改善されるので前走比で伸びしろが大きいはず。ボウマンを読んだのもここで勝ち負けを期待する意図がありそうです。

《一週前追い切り》

美南W併せ馬丸田馬なり83.8-68.3-53.6-39.4-13.1

インから併せてゆったりと後ろに入って直線を迎えますが馬なりでしっかり前を最後捉えに行く動きが出来ています。雰囲気は良く順当に量化して本番を迎えられそうです。



マイネルメダリスト

美南D単走馬なり68.7-53.9-40.4-13.9

雰囲気はよく出来は大分良くなってきています。ただ、G1に入ると格負け感は否めない。



ヤマニンボワラクテ

栗坂単走終い一杯55.2-40.0-25.7-12.8

力強く走ります。ここに入ると格負け感は否めない。



レーヴミストラル

栗坂併せ馬終い強め55.7-39.9-26.0-12.8

ちょっと噛んで走る面があります。これがあると長距離の折り合い戦だと不安があります。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  キタサンブラック、ゴールドアクター、フェイムゲーム

B+ アドマイヤデウス、サウンズオブアース、ファタモルガーナ、シュヴァルグラン

B  アルバート、タンタアレグリア

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 時間がないので,天皇賞春は簡単にしか更新できません。すいません^^;

(1) オッズチェック

 上位拮抗でゴールドアクターが抜けた評価を受けている訳ではない。

 1~12番人気まで出現する確率が高く、下位人気が出現しやすい配列でもある。

 オッズ的には穴でトーホウジャッカルが狙われていますが、追い切り&フォトパドック的に推せる材料は乏しく、個人的には「フェイク」だと思っています。


(2) 事前段階の判断


 ◎人気ブログランキングへ
 
 ここ目標にしっかり仕上げてきた印象を受けます。ローテや騎手配置も好感、操縦性が高く、長距離も問題ない。成熟するタイミングでここでも勝ち負けを期待できるはず。この人気なら迷わず狙います。



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


edit

CM: 1
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-05