調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

中山金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/01/05 Tue.

中山金杯

--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

 ちょっと時間が足りなくて、京都金杯のチェックは途中のままです。今日まで仕事は休みなので朝の家事をこなして子供たちを保育園に連れて行ってから分析モードにもどりたいと思います。

 中山金杯は課金にしてもいいかな?というくらい手応えはありましたが,新年一発目だし、追い切りチェックは2回チェックできていないので,設定なしで更新します。

 ぬほさん、コメントありがとうございます。ご要望について、時間できたら返信しますね!少々お待ちください。

 なお、「(2)オッズチェック」については本記事では割愛しております。

 メモ内容については,先月の課金記事に掲載しておきます。
 →  http://paddocklive.blog.fc2.com/blog-entry-1197.html
 

<< 更新情報 >>

〇 更新完了

◎ 中山金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016

最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

ステラウインド尾関

美南W単走馬なり57.0-41.6-13.0

単走で馬場の大外を楽に力強いフットワークで駆け抜けます。無駄な力は入っておらず,しっかり推進力に替えられている。内面にも前向きさがある。変則開催でも仕上がりレベルは高いです。

→ 基本的に走りは硬さがあるので中距離馬という設定になる。軽すぎる設定よりも適度に時計がかかるほうが良いタイプに見える。(中山の持続質は合う)

→ 福島記念では4着で取りこぼしているが能力は出し切れている。調教での動きは前走より良いです。

→ 福島2000mで結果を出せているので持続質なスパート戦が向くタイプで中山2000mも同じ傾向にあるので適性面では再度良い条件ではある。上手くイン差しを決められる条件が揃えば良い。




スピリッツミノル本田

栗CW単走馬なり74.9-59.7-45.2-15.2

単走で馬なりで走らせる。前走時でも出来の良さは確認出来ていた馬で今回も引き続き良い状態をキープできている。基本的に硬い馬なので時計のかかる馬場設定が良い。

→ 前走は追い込み決め打ちで調教レース、展開もハマって6着に来た内容です。追い込みの練習をさせているようなので展開が向いた前走以上に走らせてくるのであれば、上手く流れに乗せたほうが良い。外から追い込みバイアスではない可能性が高い面も。




ネオリアズム堀

美南W併せ馬馬なり56.7-41.7-13.9

併せ馬でインから併走させますが、気性が勝っていてどうも制御が効いていない面がある。こういうタイプは色気を持って出していくと折り合いを欠きそうでノソっと出して後方から追い込みに徹する方が良い。動きには躍動感があって力強さがあるので出来自体は良い。問題は能力を出しきれるか否かという自分との闘いでしょう。

→ 戸崎騎手は折り合わせてフワっと乗るのが上手です。あとは中山で後方から競馬をする決心がついているか、後方からでも勝ち負けできる競馬ができるかどうか。其の辺はしっかり考えなければいけないファクターです。




バロンドゥフォール久保田

美南W単走馬なり56.9-41.7-13.1

馬なりでコースの大外をしっかり走れています。前足をしっかり前に出して全身で走れているので直線走力で勝負したいタイプではありますね。準OP戦の福島で結果は出していますが、展開に恵まれた部分があった内容です。

→ 福島記念ではポジションも後ろで差し負けている。時計のかかる馬場設定もプラスではなかったようです。今回も引き続き中山2000m、理想は東京コース向きの走りができているのでここも展開待ちな面がある。

→ 休み明け2走目「1021」鞍上もノリさんへ強化と統計的なローテとしては良いタイミング




ブライトエンブレム小島茂

美南W単走馬なり調教師70.8-54.7-40.4-13.5

なんぼか前足は出せていますが骨っぽい感じで前足を叩きつけるようなフォームで前の出が大きく伸びない。後躯にも硬さがあって可動域がイマイチ、こういうタイプはトップスピード負けするので平坦な京都やダラ坂でトップスピード勝負の東京は合わない。菊花賞は基本的に適性外だったというこになる。(世代戦だと多少適性ズレていても好走できることはある。)

単走で馬場の真ん中を走らせますが思ったより躍動感が無いです。菊花賞のときは凄みのある仕上げだったのでそれと比較するとちょっと足りないように感じます。ただ、単走で走らせているのでその違いが出ているのかもしれません。

→ 過去実績から中山中距離は適性設定で陣営としても結果を出したいレースであるはず。ルメール器用もその背景があると読む。陣営としては、ヤリたいタイミングではある。




フルーキー角居

栗坂単走馬なり54.7-39.6-25.6-12.9

単走で楽に駆け上がります。時計は出ていませんが、動き、脚力は抜群です。ちょっと内面的に真面目さに溢れていて一生懸命走るタイプではある。内面的に距離延長というのはやはりプラス材料には働かない。せめて距離を上手く誤魔化すためには内枠が欲しかったというのが本音でしょう。

→ 馬としてのポテンシャルや出来の良さは基本的にこのメンバーだとトップレベルにある。陣営としてあとはデムーロ騎手に任せるといった形になります。



ペルーフ池江

栗坂単走馬なり56.1-41.2-27.5-14.0

時計は出していませんが,馬体はピカピカでブレずに真っ直ぐ単走で登板してきます。前走でも出来の良さはパドックで評価したとおり、今回も出来に関しては問題なく仕上げてきている印象を受けます。動きに躍動感もあって素晴らしいです。

→ あの出来で6着というのは正直残念だったのは金鯱賞でした。上級メンバーが揃っていたので致し方ないでしょうか。

→ 大きく崩れたのは皐月賞のみで一線級相手に健闘できている面はある。相手弱化+得意の中山コース,鞍上強化で改めて期待したいタイミングではある。

→ 中山コース傾向として正直内枠が欲しかった面があります。セントライト記念はスローペースからのキレ負けで差はないです。展開としては締まった流れが希望です。持続質な展開を差し込んできたいタイプです。

→ 金鯱賞のレースを見るとあまり急坂が得意ではない可能性はありますね・・・・・



マイネルディーン鹿戸

美南P単走馬なり54.2-39.1-12.6

単走で馬場の大外を走らせます。捌きは硬いのですが,筋肉の強い反発力でしっかりと終いを伸ばせている。休み明けですが,仕上がりレベルの良さは目立つ1頭です。

→ 裁きが硬めの走りなので時計のかかる設定が理想です。柔らかくて大きなフットワークタイプではないので,小回り設定は向きます。

→ 内面的にな素直そうで気の良さがあるのでいきなりでもやれる態勢にはあると思います。



マイネルフロスト高木

美坂単走軽め調整

軽め調整です。馬体は悪くはなさそうで気持ちも乗っています。叩き4戦目で前走メイチだった面は不安ですが、出来が維持できているなら面白そうな側面がある馬です。パドックでしっかり注視したい。

→ 金鯱賞のパドック姿は非常によかったです。追い切りでも嫌気を出さずにしっかり併せ馬を消化できていました。1着・2着はポジション&コース取り利があった馬、3着馬は出来抜群でヤリ設定馬だった馬です。これらの馬相手に大外から追い込ませて1着と0.3秒差は優秀な内容です。

→ オールカマーは出来がイマイチ、アルゼンチンは出来良かったが距離長い判定で軽視、金鯱賞でやっと出来が良い状態で適距離を使ってきて結果を出してきたローテ,得意とする中山コースで狙ってくる設定となるタイミング

→ 金鯱賞も松岡騎手が遠征しているのでヤリたい側面があったはず。今回は前走ヤレなかった部分をカバーしたい意志が強いタイミングだと思われる。

→ マイネル軍団は,隙間重賞狙いというイメージが強い。G1ラッシュが終わったこのタイミングで重賞狙いで仕掛けてくるはず。





ヤマカツエース池添

栗CW単走馬なり71.0-54.6-39.6-11.9

フォトパドックでも書きましたが、毛艶は素晴らしいですね。溜めて終いを伸ばす追い切りができていてこれが前走の勝ちに繋がっている印象を受けます。この溜める行為ができることによって中距離レースでの活躍が期待できます。動きには躍動感が溢れていて力強さもある。出来に関しては文句なし。

→ 札幌記念4着はフロックではなかったということが証明された前走内容です。時計のかかる馬場設定もプラスに働いた印象です。今回は斤量2k増とこれまでの恩恵がなくなるタイミングです。そういう意味では「試練」があるレースです。

→ 出来に関しては非常に良いです。心身レベルが高くて「覚醒してくるタイミング」であるなら困難は乗り越えられるタイミングでもあります。


ライズトゥフェイム加藤征弘

美南W単走馬なり57.3-43.0-13.5

硬さがあって反発力の強さもあり回転良い走りができているタイプです。ぱっと見て、やっぱり中山向きなんだろうなぁ!と感じとれます。単走で軽め設定ですが、馬にも前向きさがあり,筋肉の反発力も良い。出来は高いレベルにあります。

→ 得意ではないはずの前走で終い伸ばして2着できた点は評価高い。1着馬ヒストリカルはチャレンジカップ2着、3着ファントムライトは福島記念3着と重賞で好走できている。

→ 基本追い込み力を高めている馬なので,馬場バイアスが合うかどうかは心配です。大外配置で陣営的にも後方から競馬を余儀なくされる。

→ 最近は石川騎手にいい馬が集まるようになってきている。石川騎手も結果を出すので良い循環作用が生まれている印象です。




ロンギングダンサー勢司

美南P併せ馬馬なり55.7-40.3-12.8

足が長くてスパっとキレる脚を持っている印象です。出来は上場ではありますがここ最近は左回り中心に使っています。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ヤマカツエース

B+ ライズトゥフェイム(バイアス負けしそうだが出来◎)、ステラウインド、ペルーフ、フルーキー(距離こなせれば)

B マイネルフロスト(パドック次第で現時点ではこの位置)

B- バロンドゥフォール(出来はいいが適性は東京)、ネオリアズム(能力は高いが能力出せるかが課題)

注 なし


( 補 足 )


(1)馬場の確認

4日(月)正午現在の中山競馬場の馬場状態は以下のとおり。

 天候:晴
 馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
 今開催はCコース(Aコースから6m外に内柵を設置)を使用。コース変更に伴い、全体的に良好な状態。
(芝の草丈)
 野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm
(中間の降水量)
 28日(月)以降、降雨はなかった。
(中間の作業内容)
・芝コース
 29日(火)、2日(土)~3日(日)芝の生育管理のため、散水を実施した。
・ダートコース
 28日(月)、4日(月)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

 コースはAコースからCコースに変わります。6m分囲われるということで踏みならされていて馬場も良好な部分が内馬場になる設定であることから、基本的にはインコースを使える馬が有利設定になると予測される。

 ※当日のレースを見て確認は必要です。


(2)オッズチェック

 クローズド記事ではないので、ここは割愛します^^;

 ここにメモした内容については、先月の課金記事に掲載しておきます。
 →  http://paddocklive.blog.fc2.com/blog-entry-1197.html
 

(3) 事前段階での評価

人気ブログランキングへヤマカツエース
人気ブログランキングへマイネルフロスト
人気ブログランキングへバロンドゥフォール(ライズトゥフェイムのつもりで書いていたのですがリンク先に間違えて書いていました・・・苦笑)
人気ブログランキングへステラウインド

この4頭は,しっかり材料が揃っている馬です。4頭の印の上げ下げは各自で決めても良いと思います。▲馬は一発あるか否かでしょう。ですので▲評価です。

△09ペルーフ(出来は良く鞍上強化)
△10フルーキー(出来は良くてミルコ配置)
△06ブライトエンブレム(出来は評価していないが、ルメール配置で結果を出したいタイミングではある)

好みで△を押さえるか否か。

個人的にパドックと馬場バイアスをチェックして,上位評価4頭のうちから入りたいと思っています。馬券は相手がわからなければ単複、相手を見いだせれば、馬連ワイド3連複で買います。



= 当記事内容の取扱いについて =

あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京都金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016 

2016/01/05 Tue.



京都金杯

--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 京都金杯出走馬最終追い切り・調教分析2016

最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


 17頭中11頭しか追い切り映像の更新がありません。追い切り分析でフォローできていない馬が多いことは理解しておいてください。

ウインプリメーラ大久保龍

栗坂軽め調整

軽め調整ですが非常に躍動感ある動きができている。近走でも出来の良さが目立つ馬です。ステゴらしい反発力が強いタイプです。

→ 京都でも走れている実績はありますが,基本的に硬いタイプなので展開利は欲しいタイプです。牝馬なので軽さも持っている。ロングスパートの軽さ勝負になると最後硬さがある分勝ちきれない面がありそうです。そういう意味で京都上級戦は適性といった面でちょっと不安な面はある。

→ 昨年は適性でちょっと不安だったマイネルメリエンダが3着できているので上手く乗れれば出来も良いのでチャンスはある。



エイシンブルズアイ野中

栗坂軽め調整

無駄がなく真っ直ぐ走れていて躍動感もあります。出来自体は安定して高いレベルにある。

→ OPレベルだと結果は出せるが、重賞戦になると今一歩足りないというのが1200m戦を使い続けた結果です。今回はマイルに距離を伸ばしてきました。1200m仕様になっているのでまずはマイルの流れを思い出させるタイミングです。

→ 基本的に相手が強くなるとダメなようで、相手弱化戦でストレス無い時に強いレースができそうです。




シベリアンスパーブ手塚

美南W併せ馬嶋田馬なり70.3-55.3-40.9-13.2

馬なりでしっかり前向きさをもって走れている。心身レベルで充実している印象を受けます。併せ馬でしっかり内面に刺激を与えて、馬もそれに応えている。

→ 上手く流れに乗って差し込めた前走内容は良かったですね。上手く乗れた部分はあります。

→ 鞍上がここのところ乗り替わってばかりです。そういう面では狙った出走ではなさそうで不安はある。

→ 準OPですが中山マイルで強い競馬で勝てて、前走も結果を出せて馬の出来が良い、陣営としてはヤレると判断させて京都金杯に来たでしょうか。中山マイルで強い競馬できているなら京都マイルも期待できる。




ダイワマッジョーレ矢作

栗坂単走軽め調整

前走は追い切りで出来落ちの気配はありました。さすがにここでは強気の評価はできない。




テイエムタイホー鈴木孝

栗坂単走軽め調整

軽めで調整していますが、馬は行きたがるくらい元気いっぱいです。前走最後流しているので疲労は少ないはずです。

→ 基本的には阪神タイプです。今の距離で結果を出している逃げ・先行馬の距離延長は結果が出づらいのでどうでしょうか。



トーセンスターダム池江

栗坂単走軽め調整

坂路で軽め調整です。出来は特段強調する材料はないですが安定していそうです。

→ 道中12.5秒があるスロー気味なマイルチャンピオンシップで先行して0,5秒差の7着,上位4頭が抜けて強かったと考えれば善戦している。ただ、展開利はあっての結果だということは覚えておきたい。

→ 馬体的にそこまで京都タイプだとは思っていない馬です。それでいて大外枠に入ってトップハンデ、一番人気と不利な要素が多く持つ。狙いたくないですね。




バッドボーイ河内

栗坂単走軽め調整

特に可もなく不可もなくといった感じです。

→ 停滞期に入って安定化してきました。更に弱い相手とのレースではないと評価はしずらい。



マジェスティハーツ松永昌

栗CW単走森ムチ84.0-68.0-52.6-38.8-12.4

主戦騎手が乗ってもどうも集中して走れていない嫌いがある。力強く駆けるタイプで差しバイアスも欲しいところ。

→ 京都に替わって内馬場有利となるとどうも食指は動かないタイプ



マーティンボロ友道

栗DP単走終いムチ一回85.6-69.1-53.3-38.8-12.2

安定して走れていますが、まだ良化途上という段階にはありそうです。

→ 見慣れない外人騎手の一発目なので、コースの癖を掴んでいないタイミングでもあるので評価はしずらい。




ミッキーラブソング橋口

栗坂単走軽め調整

軽め調整だとちょっと行きたがる素振りは見せる。そのくらい内面は強さがありそうです。脚捌きは軽快でスピード能力は高そうです。

→ 1000万は京都マイルで勝ちあげましたが、少頭数のスローで楽な展開だったというものです。その後、マイルでは連敗でした。

→ 阪神1400mくらいの設定があっていそうでそれが前走の内容でした。京都マイル代わりでプラスになる要素はあまり感じられない。イン馬場有利で流れに乗れる枠にいるのはプラス材料でそれを生かせてどこまで結果を押し上げられるか。




メイショウマンボ飯田

栗坂単走馬なり55.3-39.3-24.8-12.0

基本的に身体能力は高い馬です。ただ、レースに行ってまったく走る気にならないのが問題であってそれが解消されてこない結果は伴ってこない馬です。メンタルは上級アスリートにとって非常に大事だということです。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A 該当なし

B+ ウインプリメーラ、シベリアンスパーブ

B なし

B- エイシンブルズアイ(マイル慣れさせるタイミング)、テイエムタイホー(前走がヤリだったので・・・・)

注 なし


( 補 足 )



(1)馬場バイアスの確認事項


4日(月)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下のとおり。

 天候:晴
 馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
 Aコース(内柵を最内に設置)を使用。昨年の第5回京都競馬終了後、損傷箇所に洋芝を追加播種し、開催直前までシートで養生した。播種した洋芝は順調に生育し、概ね良好な状態。
(芝の草丈)
 野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm
(中間の降水量)
 28日(月)以降、降雨はなかった。
(中間の作業内容)
・芝コース
 28日(月)~3日(日)コース全面をシートで養生した。
 28日(月)、30日(水)、1日(金)芝の生育管理のため散水を実施した。
・ダートコース
 4日(月)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。


 Aコース替わりでイン馬場がどれだけ良好か確認したいですね。基本的には例年通りイン馬場有利という判定、ただ、一本調子なだけのタイプが押しきれていないのが2015年の特徴ではあった。逃げ・先行でも溜めを保有しながら直線に向くことが大事なはずです。

 ※そのへんについては当日しっかり確認したい。


(2)オッズチェック

 クローズド記事ではないので、ここは割愛します。

 ここにメモした内容については、先月の課金記事に掲載しておきます。
 →  http://paddocklive.blog.fc2.com/blog-entry-1197.html

 
(3)事前段階での評価

 ◎04ケイティプライド
 〇07ウインプリメーラ
 ▲12エキストラエンド
 ✩06ミッキーラブソング
 ✩03シベリアンスパーブ
 ✩09オメガヴェンデッタ

 追い切り映像がない有力馬が多いので,評価が難しいです。特にオメガヴェンデッタとエキストラエンド、ケイティプライドの追い切りは見たかったところです。

 パドックでじっくり考えます。個人的には、上位評価3頭のうちから軸馬を選びたい予定です。


= 当記事内容の取扱いについて =

あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

edit

CM: 1
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2016-01