調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

中京記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/26 Sun.


 当日のバイアス次第といった部分はありますが、個人的には手応えがあると思っている分析内容です。

 仕事に追われて睡眠時間を削って分析&記事にしましたので、有料記事にしようか迷いましたが、外れたら嫌なので、通常更新にします(笑)

 この記事を参考に大きな馬券を的中で来た際は、御祝儀お願いします(笑)

 まぁ、おそらく当たらないから大丈夫か?(笑)


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 中京記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アルバタックス石坂

栗坂併せ馬終いムチ入れ52.8-38.1-24.9-12.6

坂路でしっかり走れているタイプで重厚感もある。基本的にはパドックみていても阪神が向くだろうなぁと思っていた馬なんですが、休み明けから復帰して阪神で7着、4着と微妙な成績です。京都コースで二連勝でOP入りした背景もあるので適性論的には迷いが出てくる。基本的にOPではまだ能力は足りない可能性はありそう。

→ キンカメ産駒で硬さもあるタイプで走りを見る限りでは中京も合うはず。タフな追い比べになるはずなので追える騎手のほうがベターな部分はある。(武豊騎手は追える騎手というよりもテクニックタイプの騎手、テクニックタイプは完成している馬に乗ると強い)




アルマディバイン高橋文

美坂併せ馬馬なり55.8-40.1-25.8-12.7

元気よく賭けが上がれているし、エネルギッシュでこの馬なりにかなり充実している。

→ 中京で1000万クラスを強い勝ち方ができている。

→ 前走は追い込み切るには条件が軽すぎた、距離延長でかつ中京替わりはこの馬にとって大きなプラス材料

→ ハンデも考慮すると,適性通アップ&デキはかなり充実しているということで激走できる可能性は持つ




エールブリーズ鮫島

栗坂単走終い強め52.5-38.0-25.0-12.7

追い切りを見る限りは淡白になって来つつあるも、しっかり力強く走れていてデキ自体は良い。

→ キレ負けして好走できていない近況からは、中京替わりはプラスに出る可能性はある。

→ 過去の成績からは東京1400mがベストだが、OPに入ると決めて負けしている現状から、坂路でしっかり動けているタイプなので中京替わりはプラスになるはず。

→ 追える川田騎手もプラス材料

→ 理想は1400mという部分はありそうですが・・・・・停滞していることから適性位置が替わっている可能性に賭けるというもの




オツウ須貝

栗坂単走中谷終い強め54.2-39.1-25.3-12.5

しっかりと掻き込むフォームなので適性的には持っていそうです。動きも力強さが合って仕上がりは良い。

→ 速い脚には限界がありそうなフォームなのでこの条件は良いし、前で競馬することで良さが出てきている。あとは前有利のバイアスが働くか次第で、上級戦で多頭数になるとハイレベル戦になりやすい部分はある。




オリービン橋口

栗坂併せ馬馬なり51.4-37.9-24.8-12.6

デキは素晴らしく良い。自分で走れているし、パワフルに走れている。前走でマイルで結果を出したという点は評価したい。

→ 前向き過ぎて初めからエンジンがかるタイプ、こういうタイプは強引に走れる1400mが基本的にベスト、ただ、マイルをこの強さを持って走り切った点は大きな評価ポイント

→ とにかく充実している部分もあり、阪神が得意キャラなので中京コースも向くはず。追い込めないバイアスで前有利ならこの馬が馬券になる可能性はある。





カオスモス森

栗坂併せ馬福永馬なり49.0-36.3-24.3-12.6

坂路で楽に好時計と身体能力の高さは見せてくれている。ただしっかり前向きさをもって好時計で走れるタイプは距離は短めにシフトしやすいのでマイル戦という条件には不安はある。

→ 鞍上が矯正しながら真っ直ぐ走らせようとしていた部分があるため、おいくらべになったときに追いづらそう面はありそう。




カレンブラックヒル平田

栗坂単走秋山馬なり51.7-37.3-24.4-12.2

馬なりで楽に好時計を出して来る。ズブさはなく、動きも素軽い。デキに関しては絶好調です。小倉1800mを勝ちきる強さと体力があるので,前向きさと力強さがある走りであってもマイルは十分にこなせると見て良い。

→ 基本的にパワータイプ向きの条件が合う

→ 東京の軽さ勝負は向かないはずだが、後方から差し込んできた安田記念の内容から、いかに今が充実してきているかが想像つく。それが線で繋がる追い切りの動き

→ トップハンデは辛い条件だが、適性値とデキの素晴らしさからは軽視はできない




ゴールドベル庄野

栗坂単走松山馬なり51.2-38.3-25.2-12.9

グイグイ引っ張る部分がある走りなので、前走のようにハイラップに流れてくれると適性はマッチしそう。逆にスロー~ミドルペースだと、道中折り合いロスして終いの脚がなくなるイメージを持つ追い切りの動き

→ 位置取り&コース替わりショックをきめたあとでの再度距離延長格上戦は少し荷が重いか。




スマートオリオン鹿戸

美南W併せ馬っ木幡初馬なり66.4-51.1-38.1-12.8

グイグイ引っ張る内面の強さがることから、更なる距離延長でタフなマイル戦は不安のほうが先行する。

→ ミルコが乗るので新しい一面を引き出してサプライズがあるということもありえるが、基本進んで狙いたいタイミングではない。デキ自体は悪いわけではなく、良いデキ




ダローネガ佐々木昌

栗坂単走終い一杯53.7-39.3-25.3-12.8

ストライドが大きく追われてしぶとく伸びるタイプです。同じダイワメジャー産駒でもピッチ走法のオリービンとは真逆の位置にいる馬です。前走でも追い込めているように走りからは充実していそうな部分は感じられる。

→ キャラ的にミッキードリームっぽい走りが出来ているので、中京マイルが逆にハマりそうなタイプでもある。でも人気的には嫌いたいのですが・・・・・。




トーセンレーヴ池江

栗CW単走馬なり57.2-41.2-12.7

硬い走りをするタイプなので距離には限界があるタイプで距離はマイルぐらいが合うのでしょう。デキの良さはからは申し分ないです。あとは、適性だけです。

→ 硬いタイプなのにディープ産駒という中途半端な位置にいる馬で適性的には微妙なタイプ。硬くて前向きさもあるので1400mなんか走らせてみたいです。意外と好走できると思います。




ナリタスーパーワン松永昌

栗CW単走馬なり82.7-66.8-51.7-38.5-12.0

単走でも集中してしっかり伸びる。走りが硬いなぁと思って観ていたら、ダート走っていたんですね。なるほどです。基本キレ負けする走りに見えるので条件替わりはOKで馬場は渋ってもっとダート質がもとめられるバイアスが来たら穴馬になれる。




ネオウィズダム矢作

栗坂併せ馬51.6-37.0-23.7-12.0

併走馬が走り過ぎているだけでこの馬なりにしっかり走れている稽古でデキ自体は良さそうです。

→ 基本的に1400mで強い強引に押し切るタイプなので中京マイルは疑問




ミッキードリーム音無

栗坂併せ馬太宰終い一杯53.0-38.8-25.3-12.6

ここ最近の中では稽古は動けている方で、年に一度の好走チャンスという部分で厩舎も理解して仕上げてきたのかなぁという匂いはします。

→ ローテ理論からは昨年のほうが評価できる。っと思ってマイラーズカップの成績をみたら、この馬も33.5秒の末脚を使っている。単純に軽さの絶対値負けするレース設定だっただけで、この馬なりには走れていると考えられる。

→ 鈍足でも走れる開催末期の中京馬場なら、大きく適性値はアップする。京都コースを走らせてからのショックもかかる。(苦から楽になる適性値大幅アップショック)

→ 年に一度の激走条件は揃ったタイミング



メイケイベガスター木原

栗CW単走終い気合66.8-51.1-36.7-11.7

この馬なりに良いですが、ここで走る適性持ちには見えない。



レッドアリオン橋口

栗坂併せ馬馬なり52.1-38.3-25.0-12.4

追い切りでは最近動かないイメージだったのですが、今回はしっかり動けています。この動きからは中京もこなせる部分は持っていると考える。京都で2連勝しているように、軽さも持っているタイプでもある。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

展開分析

1番人気カレンブラックヒル 逃げ・先行
2番人気レッドアリオン 先行
3番人気ダローネガ 自在(先行もできる)


基本的に重力を持ちそうなのは、カレンブラックヒルでレースを作りにいきそうです。

その他、闘争心旺盛でダッシュ力があったり、先手を主張しそうな馬

オリービン 闘争心強くダッシュ効くピッチ走法
カオスモス 1400mで先行馬、追い切り好時計
スマートオリオン 闘争心強い 1200~1400m馬
ゴールドベル マイル戦だと前に行きそうな気性
ネオウィズダム 闘争心強くて前受けタイプの1400m馬


意外と展開的に流れそうな雰囲気のあるメンバー構成、こうなると中京適性を持つ差し、追い込み馬を評価したい条件が揃う



昨年はしっかり三連複をゲットしたレース、今年もしっかり的中を目指したいところ。


◎08ミッキードリーム

前走太宰騎手を乗せて、この馬のイメージを感じ取らせた采配、追い切りでも太宰騎手が乗ってしっかり追い切っている。この布石はこのレースで激走させたい背景があるがゆえの入念な仕込みである。

前走単勝オッズ359.9倍 → 好走させる予定が無かったのでインサイドからもお金が入っていない位置
今回単勝オッズ28.0倍(am2時現在)→ 明らかに前走比でお金が流れてきている。ここを走らせたい意志を感じさせるオッズ

要するに、お金の動きの変化から、今回は「ヤリ」采配で、陣営としても馬券にさせたい背景があるということ。

 → ヤリたくても、ヤリ失敗というケースも多々ある。ヤルるもりがない馬より、ヤリたい背景がある馬を狙うのが競馬の鉄則


〇03カレンブラックヒル

とにかく充実している。一度停滞してから再度充実期に入る過程で一番充実しているタイミングと言っても過言ではない。トップハンデで1番人気と好走しずらい条件は揃っているが、ローテ理論と心身充実度からは軽視できない。


▲10ダローネガ

人気位置にいるので正直買いたくないのですが、ミッキードリームが追い込めるレースになって、この馬も差し込み位置から競馬するなら一緒に馬券になる確率が高そうだという判断です。パワーもあるし長くしぶとい脚を使うタイプでミッキードリームとはセットで買うべき馬です。近走の充実度も大きな加点ポイントです。



☆01アルマディヴァン(穴馬)

まったく出番がない可能性もありますが、生涯充実期に入っていて、適性もあるはずの中京コース替わりを狙う。


☆12エールブリーズ(穴馬)

デキ自体は問題ない。近走がキレ負けしているので条件替わりで激走しても不思議ではないはず。追える川田騎手をあえて乗せてきている背景にも穴馬の資質があるという判定材料になっている。




馬券の買い方

3連複フォメ

1頭目 ◎,○及び▲のうち、パドックから上位2頭を軸にする。(人気馬を軸にするくらいなら、ミッキードリーム一頭の軸でもいい)
2頭目 印を売った馬とダイワメジャー産駒でマイルローテのオリービンも入れる
3頭目 ここはお好みで流す。どこまで手広く流すか。

3連複フォメで50~60点で買って、荒れ馬券を獲る網をかける。



日曜日は,買い物や家族サービスで地方のイベントに行く予定なので、競馬できない可能性が高いです。パドックみれないときは、ミッキードリーム軸で3連複を仕込んでおきたいと思っています。


土曜競馬は、意外に後方から大外追い込みがハマっていないという点は気になる材料で、主催者がしっかり馬場を補修しているイメージがあります。メインレースまでに追い込める状況になるのであれば、的中確率は高くなるはずです。当日のバイアスチェックは非常に大切な作業です。


オッズ配列

明らかに穴馬が出現したがっている外列です。オッズからも◎馬は大きく評価したいです。人気どころでは意外とカレンブラックヒルよりレッドアリオンが評価されている印象なので注意はしたい。


時間の関係上、函館2歳ステークスは分析作業をおこなっていません。スイマセン。不定期更新で改めてスイマセン。


GOOD LUCK!!


追伸:久しぶりに深夜の更新作業、眠たいです。今日から毎日、子供たちをラジオ体操に連れて行くことになったので、朝の更新ができないと判断して、この時間帯に更新しています。さて、寝ます(笑)






= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

函館記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/19 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 函館記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




アーデント加藤征

函W単走菱田馬なり71.4-56.4-41.4-13.5

とにかく完歩が大きくて力強く走れるタイプ。この手は自分でペースを掴むとリズムよく走れて良いタイプ。しっかり力強く走れているので状態面は良さそうです。

→ この手の馬の乗り方は難しいのでこの馬の力を出せる武豊騎手がノリに来てくれるのは大きなポイント

→ 馬場は重たい設定の方が良い




ヴァーゲンザイル田村

美坂単走終い仕掛け53.4-39.4-25.9-12.7

この馬なりに非常に充実しています。走りに無駄がなくなってきてしっかり真っ直ぐ走れている。

→ あとは函館適性でしょうし、田辺氏が函館入りしている点は好ましい



エアソミュール角居

函W併せ馬馬なり69.5-54.0-40.0-12.8

状態は安定しています。前走は追い切りも軽めでいつもと少し違う雰囲気があったのですが、4着という内容でした。大きな上積みは感じられませんが,状態面は安定しているという見立てです。

→ ここでもミルコを手配する、土曜競馬にも函館で乗せるなど、念入りな采配はできている。



エックスマーク角居

函芝3頭併せ三浦馬なり69.2-52.7-38.7-12.5

この馬なりに走れてはいます。本質的には函館向きではないような走りです。芝追い切りという時点で負荷という意味でどうかなぁという部分はある。




サイモントルナーレ田中清

函館D単走井上終い一杯81.8-67.0-52.4-38.7-12.1

基本的にナチュラルスピードが無さそうで、馬場は重たくならないと厳しいようにみえる。馬体の仕上がり自体は素晴らしい。いかんせん適性が超重馬場タイプ





サトノプライマシー堀

函館D単走馬なり72.8-58.6-41.6-13.1

基本的には力強さがあって足も長くはないというダートで良いタイプには見えます。今回は条件が変わってどうかなぁという部分はあります。出来に関しては悪くはないです。




ダービーフィズ小島

函館W併せ馬岩田馬なり67.9-52.6-39.0-12.7

前と後ろがしっかり作れていて力強く推進力に変えられる走りができている。出来に関しては申し分ない。

→ ここ最近ずっと追い切りもパドックもよく見せている充実しているタイプ。それでいて成績にムラがあるのはちょっと困ります。近走は左回りの時に結果が出ているので、今回はどううまく乗るかが問われそう。追い切りは右回りでしたが、とくに不安はないようには思えました。

→ 前走比からの相手関係の弱化はプラス材料、クラス慣れしてから勝ち上がるという特性を持っていそうで前走でハイレベル経験を出来たのは良い。




ツクバコガネオー尾形

函館D単走終い強め66.8-52.2-38.3-12.1

非常に力強く走れており、単相でも集中して走れている強さを見せてくれている点が良い。ただ基本はダートでしょう。馬場が不良馬場になるなら稽古の良さが生きてくる。




デウスルト平田

函館W単走荻野終い一杯68.6-52.1-38.0-12.7

馬体はとにかく素晴らしい。無駄がない。走りからも明らかに新潟よりも小回り向きでしょう。器用さがあるような走り方ができている。ただ、追い切りは中山金杯や中日新聞杯のときのほうがよかった印象は受ける。




ハギノハイブリッド松田国英

函館W併せ馬藤岡康太終い一杯56.8-41.0-12.7

どうも蛋白になってきたのか,良さが感じられなくなってきている。こうなると距離延長の相手弱化で狙いたいタイプ





ホーカーテンペスト藤沢和

函館W併せ馬馬なり74.3-57.8-42.2-13.3

馬体や出来はいいのですが、基本的に癖馬っぽい仕草を見せていて、能力を出せるかが不安な面がある。能力を出せれば激走はあり得る。




マイネルミラノ相沢

函館W併せ馬丹内馬なり71.4-54.0-39.2-12.7

足の回転が速くて闘争心も旺盛なタイプ。距離延長には限界はあるが,この回転の速さで先手は奪えそう。仕掛けてからも伸びないなりに前足をしっかり目に出して走れてギアを上げれているので、走りに関しても充実している。

→ フォトパドックは明らかに中山金杯より上の状態は確認できる。



ヤマカツエース池添

函館芝併せ馬池添終い一杯65.3-50.0-36.4-11.6

追われてしっかり伸びる真面目さがある。今はいい時期にいます。あとは距離でしょう。以前から距離は1400mがベストと言っていた馬で、コーナー4回をはいsる競馬も経験が少ない。課題は多い。

→ 最内枠で軽量と主催者が穴設定で配置してきた感はある。





ラブイズブーシェ村山

函館W単走古川終い仕掛け65.3-50.8-38.0-12.9

正直終いの推進力に物足りなさを感じさせる。




リベルタス角居

函館芝3頭併せ馬なり吉田隼人68.8-52.3-38.3-12.3

この馬なりにしっかり走れている。芝追い切りだと個人的には強調できないが。




レッドレイヴン藤沢和

函館W併せ馬柴山馬なり73.8-57.5-42.1-13.4

押さえ込まれて最後は口を割る仕草はありましたが、追い切りを押さえ込んだだけであって馬は元気があるという証拠です。馬体は良く仕上がりは上々


フォトパドックから良い馬は

マイネルミラノ、エアソミュール、ダービーフィズ





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


無題


 ラップ表を見ると、切れ味は必要ないレースで、長く平均的な脚を使えるタイプが好走できるレースです。直線追い込み力はないが、平均的な速い脚が長く使える馬を注目したいレースです。

 追い切りを見て、ハンデを見て、ダービーフィズを推そうか迷いましたが、

 ① 左回りを中心に好走している

 ② キレ味があってしっかり直線で追い込むタイプ
  → 逆に中山コースだとうまく足が使えていない
 
 ③ 馬体や走法からも直線追い込み力が高い系

 この3点から、推すほどの適性力はないと判断,辞めました(笑)


 追い切りから推したい馬は、ダービーフィズ、レッドレイヴン、マイネルミラノ

 フォトパからレッドレイヴンを落としたのは、トモがダービー時と比較して甘いという部分

 騎手の配置からプラスアルファで挙げたいのは、アーデント、エアソミュール
 
 出来と適性で推すなら マイネルミラノ

 ただ、盛り上げるために枠順は大外枠、前走の圧勝が悪かったか?(笑)

 走法からは距離延長で更にパフォーマンスは発揮しづらいタイプで大外枠、相手強化、距離延長と条件はきつくなった部分はある。(出来と闘争心の強さでこなしてきても不思議はない)

 色々、考えた、感じたことを書きましたが、この馬だ!という決め手がない函館記念という設定になったかなぁと思うところです。

 個人的には、馬場が重たくなるなら、アーデント、サトノプライマシー、サイモントルナーレの穴馬を狙うレース、良馬場ならパスして感染するレースという位置づけになりました。

 うーん、残念!!




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 号外レポート

150718~19平場出走馬追い切り分析レポート 

2015/07/18 Sat.



 平日から更新できずにスイマセン。

 若手が一人リタイアしそうな感じで,必然的に仕事量が増えてきています。やはり、12月くらいになるまでは厳しい日々が続きそうです。

 あと、最近、何気なくやっていたスマホゲームの 白猫プロジェクト に ハマりつつある部分も悪さしています(笑)

 今週は函館記念のみということで、平場追い切り馬が多くアップされていました。

 結構、平場追い切りは、お宝馬を見つけることができるくらい貴重な材料です。

 今回もお宝馬がいるはずです。よかったら参考にしてみてください。

 参考にして幸せになれたら、その幸せを私にも分けてください(笑)

 なんちゃってね!(笑)



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アサクサポイント ジョライS

馬なりで流す追い切り。仕上がりは悪くはなく能力は出せそうだがが極め仕上げではない。



アズマシャトル マレーシアカップ

馬なりで楽に好時計,充実一途です。身体が充実しているから内面も自然と余裕が出てくる。

→ ローテ的にもここは獲りに来たレースのはず。追い切りの動きからも納得。



アミカブルナンバー バーデンバーデンカップ

仕掛けてからの反応は素晴らしい。馬体もしっかり絞れているし作れている。ただ、飛びが大きめで綺麗なので小回りのコーナリング競馬よりは直線力のほうが高そうな走りではある。


アメリカンウィナー ジュライ

時計的には楽そうだが、動きはしっかりしており、筋肉や馬体もそれなりに作れている。仕上げ的には
悪くない。



ヴォーグトルネード ジュライ

馬体もできているし、追われてしっかり伸び切るという溜めが作れているハイレベルな追い切りをこなせている。この馬の場合は適性さえマッチすれば相当強い競馬ができるはず。

→ 中京D1800はちょっと条件合わない感じですね。



エアアンセム マレーシアC

力強く自分で走れている状態なので適性さえ合えば崩れにくい状態にはある。

→ 阪神がマッチするはずなので中京も合うはず。



カハラビスティー バーデン

走り方から器用さがありそうで明らかに小回りコースでのコーナリングスパートが合うタイプに見える。単走でしっかり集中して走れており,走れる状態に仕上がっている。

→ ローカル狙い厩舎のイメージがある伊藤厩舎(本当かどうかは各自調べて(笑)),福島1200mで1000万勝ちあり、近走中山しか使わないとこの馬のことを理解してローテを組んでいる感じがあり好印象を受ける。



クライスマイル 安達

美浦の坂路を楽に53秒で大外をまわして駆け上がる。仕上がり自体は悪くはない。未勝利戦は中山で勝っているが勝ち鞍は左回りばかり。休み明けで中山(右回り)で大負けしている点は少し気になる材料



クラージュドール ジュライ

馬体や筋肉のつくり、脚捌きなどは問題ない。ただ、追われてズブいところは見せている。デキ自体は悪くはなさそうでそこまで気にすることはなさそう。



コアレスキング 安達

一杯に追われて元気いっぱいに大きく走れている。連勝中の勢いは感じさせる。ただ、前走D1400mで先行させた後の距離延長は,難しい部分はありそうでそこだけでしょうか。

→ 昇級戦なので普通ならこのクラスでどこまで通用するか試すタイミング。ローテ的にも難しいタイミング



サウンドトゥルー ジュライ

一杯に追われても反応が鈍いというかズブいところを出している。リズムを失った戦績なのでそういう部分は気になるタイミングです。




サクラレグナム バーデン

いい馬体にしあがって筋肉も充実しています。単走でもしっかり反応できているし,首差しが短くて太いという明らかな小回り短距離巧者の走りが出来ている。出来に関しては文句なし。

→ サクラ馬に戸崎が乗ると勝負のタイミングのイメージがある。

→ 今までダート走らせていてからの芝替わりですか。時計のかかる芝状態だったら激推しできましたが、その辺の部分はどうかなぁ。惜しい。




ショウナンアチーブ バーデン

馬体がいいラインになってきている。筋肉もしっかりしており,いい意味で硬い走りが出来ている。こういう走りができる馬は明らかに短距離が合う。しかも小回り向きです。追い切りでもしっかり伸び切る強さを持てているのでデキに関しては間違いなく良い。

→ ここ2走東京1400mで二回つかって、0.2秒差、0.4秒差というもの。走りから明らかに小回り向きでここ2走先行できているということから、ここは大きく適性値が改善するタイミング。ショウナンカンプという血が古馬になってスプリント適性を大きく示してくるはず。


→ 蛯名騎手も手ごたえをつかんで、どう乗って勝つか考えているはず。



スズカヴィグラス 安達

まぁ平凡です。



セイカフォルトゥナ 安達

終い首を上げて辞めたがる仕草がある。ちょっと内面がまだ走る方向に充実していない




ティアップレーヴ 安達

この馬なりという感じで特出する点はない



トゥザレジェンド 池江

余裕の動きでクラージュドールを圧倒している。連勝してきた勢いを感じさせる充実したものはありそう。休み明けでもその辺はキッチリ仕上げてくるノーザンブランド。



バーバラ バーデン

馬体の感じは悪くはない。ディープらしい品の良さがある。基本的にはピッチ走法なので、今回のような条件がベストマッチする。ここ3走の大負けは適性が合わなかっただけで、今回は適性ある舞台を選んできた。なので、人気が無いようであれば穴馬として期待できるタイミングでの出走

→ 休み明けは変われるタイミング,仕上がり自体も上々です。





ブラインドサイド 安達

追い切りの感じ位は軽くてどうかなぁという部分はある

→ 去年の2着馬で、休ませてここを狙って仕上げてきたローテだということは感じさせる。




ペイシャオブロー バーデン

元気よく単走で走れている。デキ自体は悪くはない

→ 福島2歳S勝ち馬で札幌と福島に勝ち星がある。実績からも小回り向きでここは改めて実績ある条件で出直しを図った休み明けローテで穴買いのタイミング




ヘミンングウェイ マレーシア

走りが硬めにシフトしてきているので阪神や中京は本質的に合う。できれば坂路育成が理想です。前走阪神でかちあげたとおり、この番組選びは正解




ベルゲンクライ ジュライ

時計は出ていないが、馬体の感じや走りをみているとデキに関しては絶好調な雰囲気です。

→ 前走買わなきゃいけなかったよなぁ。ロイヤル軸で外したレース^^;




マローブルー マレーシアC

馬体は充実一途でさすが堀育成と感じさせるもの。フレッシュな状態なのでどこまでやれるか楽しみな素材です。

→ 相手関係は一気に強化されている事実はある

→ 牝馬ながら筋肉が凄い。育成レベルは高く,内面の充実度で好走しても不思議はない。川田騎手を押さえられた背景も評価したい



リヤンドファミユ マレーシア

時計は平凡だが、追い切りはしっかり動けていてまったく問題ない。逆にこの走りが出来ていて得意であろう阪神で結果が出ていないのが個人的にも納得できない部分はある。

→ 中京コースも合うはずなので引き続き馬券圏内評価となる追い切りと適性,オルフェーヴルは道悪の鬼だったようにこの馬も道悪は合うはず。



ロジサンデー 安達

追い切りを見る限りそこまで悪い感じはしませんが、クラスが上がってから停滞しっぱなしですね。

→ まずは溜めを教え込むなどして変化を与えてしっかりきっかけを作りたい。



ロワジャルダン 安達

走りからは小回り向きな感じで東京では負けても問題ありません。それでも東京で勝ち負けできる強さがあるので地力は上位でしょう。




最近更新しないお詫びに,今週の勝負レースを公開します。意外?かもしれませんが(笑)
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

七夕賞出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/12 Sun.




※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

 先週はハマりましたね!激励コメ等ありがとうございます。個人的にはCBC賞勝負でドボンでしたが^^;

 正直、ブログが当たり過ぎると個人的に困ります。私も人間ですので、隠したくなってきます(笑)

 適度に外れて、やる気を刺激してくれないとね!(笑)

 朝起きて追い切りみましたが、時間なくて追い切りしか見れていません。とりあえずコメントだけアップして行きます。

 今後時間が取れたら、補足なども更新するかもしれません。

 ブログに書けなかったら、twitterで呟きます。 

 今日も天気良さそうなので、家族サービスです!


<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ 七夕賞出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アルフレード手塚

美南W併せ馬北村宏終い仕掛け66.7-51.5-37.4-12.0

併せ馬でしっかり溜めてから仕掛けると併走馬を大きく突き放す。馬体は素晴らしいし,デキに関しては今本当に良い状態であることが伺える。

→ 追い切りに北村騎手が乗って手応えを掴んでそうな雰囲気はある。

→ 馬場状態の良い新潟競馬場で上がり最速を計時できた点は、福島の馬場でも対応できる証明

→ 豪快に走るタイプなので,基本的に直線走力があるタイプだけに小回り替わりはプラスには働かない。その辺は騎手のテクニックで補うしかない部分であり、デキの良さと北村宏を評価できるなら上位評価と判断できる。




グランデスバル星野

美南A併せ馬馬なり60.0-44.0-13.1

追い切り強度も弱いし、馬体の実入りも悪い。重賞ではキツイ




グランデッツァ平田

栗坂単走藤懸終い強め51.5-37.3-24.3-12.3

鞍上は軽い騎手ですがしっかり時計は出せています。最後モタれる面は見せましたが許容の範囲でしょう。

→ マイルチャンピオンシップで好走したように,基本京都専用機という考え方で問題ない。馬場は合うが2000mでロングスパート戦になるこの条件は合わない。




クランモンタナ音無

栗坂併せ馬終い仕掛け51.3-37.7-25.0-12.8

時計はしっかり出せている。終いのもうひと伸びは物足りませんが,基本性能としてはギアの深さが無いタイプには見える。そういう意味ではトルクで誤魔化したいタイプとなるので,パワー&坂設定のある中京が合うのは必然でしょうか。

→ 機動力戦になるなら推奨できるデキにはあるが、いかんせんスパート能力が試される部分があるレースで、終い踏ん張れない追い切りを見ると物足りなさを感じさせる。

→ 追い切り自体は悪くはないが、終いも伸び切る強さが欲しいという評価




ステラウインド尾関

美南W単走終いムチ67.2-52.1-38.0-12.7

単走で馬体も良いし動きも悪くはない。ただ、ムチ入れても反応しないというズルい部分はある。ズルさがあると長距離をごまかして乗ることはできるが、ここ4戦2500m以上走らせてきて、いきなり小回り2000mという設定は馬が戸惑う可能性はある。



トウケイヘイロー清水久

栗坂単走黒岩終い気合52.5-38.1-24.6-12.4

前走も追い切り自体は悪くはないと評価した馬ですが,10着と敗退。今回も単走で鞍上は軽い騎手ですがしっかり走れて時計も出せてはいる。

→ 休み明けから走れるタイプだけに前走の負け方は納得できない。となると,今後はリズムを崩した状態での連戦になるので変わり身が期待できない。(敗因に大きな理由がないと)




ヒラボクディープ国枝

美南W併せ馬終い仕掛け69.0-52.9-38.1-12.6

今は本当にこの馬なりに充実している時期である。前走でも推奨した馬ではありますが、基本的に能力負けだったのがエプソムカップの結果です。

→ 東京で好走実績が多いので理想は左回りでしょう。鞍上は天才ノリさんなので新たな一面を開花させて来る可能性はある。デキに関しては文句なし。

→ 前捌きが硬いので時計の掛かる馬場のほうが良いタイプかもしれない部分はある。



フィロパトール武藤

美南W併せ馬馬なり69.4-54.0-39.8-13.4

この馬なりにデキは良さそうですが馬体を見るともう少し絞れても良さそうな気がします。福島自体は合うがそこまで仕上げてきていない感じもあり相手関係も強い。




フラアンジェリコ齊藤誠

美南W併せ馬田辺終い強め65.2-50.6-37.0-13.3

捌き、特に前が硬くてグリップがあり、回転力と後肢の強さもあって走れているタイプです。理想は明らかに「重たい馬場」という走りな部分があるので福島記念のような馬場が荒れてきたタイミングでは適性がマッチングする。今回は絶好の馬場状態なので,適性面という部分で不安な面がある。

→ デキ自体は絶好調です。真面目に走れているし強さもある。

→ 福島記念は柴山騎手が完ぺきなコーナリングからのスパートが出来ている。要するに上手く息過ぎた結果の2着だということ。




マイネルディーン鹿戸

美南W併せ馬柴田大馬なり67.7-53.3-39.4-13.4

鹿戸厩舎の追い切りは目立たないタイプですが、目立たないなりにしっかり動けていはいる。前走も僅差の6着でしっかり最後まで追い込めている内容は非常に濃く、馬が集中して走れている証拠


→ 左回りより右回りが良いと過去にコメントあったはずなので、右回り替わりは良い材料

→ 前々走でも相手関係が揃った中で3着で来ている。福島適性も証明できているのでここを目標に仕上げてくる背景はある。斤量も有利




マデイラ荒川

栗CW単走終い一杯80.9-66.7-52.9-39.3-12.9

ちょっとストライドが伸びなくて硬くてというタイプでどうでしょうか。




メイショウナルト武田

栗CW単走馬なり84.1-66.7-51.3-37.5-11.8

大きなストライドで力強く走れている。終いもしっかり伸び切った内容も良し。一度叩いて順当に良化している。


→ 夏場に調子が上がってくるのは陣営も理解しており、去年も同じローテで七夕賞を制覇している。今年も同じローテで狙ってきているはず。


→ 昨年と同じように逃がし上手な田辺騎手に依頼出したかったですが、斉藤先生との繋がりを選んだのでしょうか。

→ 人気はない点はプラスメリット、しかし同型に人気馬グランデッツァがいるので前有利の流れにはなりずらいか




ユールシンギング勢司

美南W併せ馬内田終い一杯52.7-38.0-12.6

前走期待した馬ですが、結果は案外,豪快な馬だけに今の馬場と小回り替わりはプラスにはならない。

→ 剛腕内田騎手が馬をどう動かして来るかという面では見届けたい



レコンダイト音無

栗坂単走Mデム終い一杯51.6-38.0-25.3-12.9

前走まったく追い切りで動かなかったのに対し、今回はしっかり動いてきています。明らかに馬が前向きなったということで前走比でいったら今回のほうが上という評価になる。

→ この馬を勝たせるためにミルコが意欲の福島入り。

→ デムーロが乗ってから覚醒してきている馬,レースで経験値を踏んで馬が強くなっていく典型

→ 走りからは小回り競馬も合うタイプ。それでいて京都で結果を出せている点からも強さがある




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )








= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

プロキオンステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/12 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ プロキオンステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アドマイヤロイヤル橋田

栗坂単走終い一杯52.7-38.3-25.0-12.4

首が高く回転力ある走り,馬の内面はいい意味で若くて元気いっぱいです。

→ 走りからは今だとマイルよりも1400mのほうが適性がある。

→ 天才ノリさんが継続してくれるならよかったが。




エアハリファ角居

栗CW3頭併せ馬なり86.7-68.5-52.4-38.1-11.7

角居先生の調教は,資質ある馬を真面目で闘争心が強く、覚醒させてくることができる。大事をとってフェブラリーを回避するなど、馬の内面も非常に大事にしている。じっくり休ませて,再度特異な条件で勝ち負けを狙ってきた調整です。




キクノストーム吉田直

栗坂単走馬なり55.5-38.8-24.7-12.1

目立たないタイプですが,地味に馬体も良く動きもしっかり機敏に動けている。デキに関しては本当に充実しているタイミング



キョウエイアシュラ森田

栗坂単走終い強め52.9-38.6-25.3-12.9

追い切りはさほど目立たないですが真っ直ぐしっかり伸び切ってくる。連戦して結果を出している通り、この馬なりに充実している。




キョウワダッフィー笹田

栗坂併せ馬終い見せムチ52.7-38.4-24.8-12.3

出来に関してはしっかり仕上がっている。ピッチ走法馬で距離に限界があるタイプなので、1400mが合うタイプ。ピッチなので無駄のない競馬がしたいだけに内枠に入ると好走しやすい

→ ヤリ仕上げで仕上がってきている雰囲気



グレープブランデー安田

栗坂単走終い一杯54.8-39.4-24.9-12.1

ちょっとスピード負けしそうなタイプで前がバタっと止まる展開でないと厳しい



コーリンベリー柴田

栗坂単走松山馬なり53.5-38.7-24.8-12.4

時計は目立ちませんが,動きに関しては素晴らしいの一言。体幹がしっかりしていてブレず、それに連動して前駆と後躯を力強く動かせている。今は本当に充実しているタイミングで崩れにくい。

→ フェブラリーSでも大穴で狙った馬、出遅れてドボンでしたが

→ そのときから今後の活躍・飛躍はあるだろうと見据えていた馬




タガノトネール鮫島

栗坂単走秋山馬なり53.5-38.8-24.5-12.1

馬なりで走って終いしっかり伸ばして来る。馬体も良い。いかにも走法からも1400mが合うタイプに見える。




ドリームバレンチノ加用

栗坂併せ馬国分優終い一杯51.9-37.3-24.3-12.3

馬を目覚めさせたいからの一杯追いにみえます。要するに馬がボケてしまって減退しているということ。




ベストウォーリアー石坂

栗坂単走終い強め52.1-37.5-24.6-12.3

終いしっかり伸び切る。溜めてからの伸ばすという連動もできていて完成度は高い。

→ 斤量差はありますが、能力はやはり高い




マルカバッケン浜田

栗坂単走馬なり60.3-43.1-27.3-12.8

この馬なりに状態は悪くはないですが、スランプに入っている感じの戦績なのは気になる



レッドアルヴィス安田

栗坂単走馬なり54.0-39.2-25.5-12.6

馬なり追い切りで調整といったもの。一週前に52秒台でしっかり追っているのでこれでも良いでしょうか。

→ 個人的には「本気」をそこまで感じさせない追い切りな部分はある。ただ,東サラで2歳募集馬をラインナップした時期で宣伝も兼ねて勝ち負けしたいタイミングではある。

→ しっかりパドックで取捨選択したい



ワイドバッハ庄野

栗坂併せ馬終い一杯54.1-38.4-25.3-12.8

追い切りが動かなくなってきた
雰囲気はあるが、追われてモタレてだとか、そういう走りを見て過去を思い出すと、まだ仕上がり面で甘いという判断になる。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )








= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ラジオNIKKEI賞出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/05 Sun.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 急きょ、急ぎのを入れられてしまって、平穏だったのは昨日までとなりました。

 ちょっとまた残業が続く日々になりますので、ブログ更新も来週は厳しいくなるかもしれません。

 来週は出張もあるので週中の更新は尚更厳しいかなぁ^^;

 とりあえずラジオNIKKEI賞アップしておきます。  


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ ラジオNIKKEI賞出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アクセラレート佐々木昌

栗坂単走不良終い強め55.0-40.7-26.6-13.2

馬体は張りが合ってよい感じに見える。ちょっと素直ではない部分はありそうで癖はありそうですが,脚力は力強く、福島向きな粘り強い脚を使えそうな雰囲気はある。



アッシュゴールド池江

栗CW併せ馬終い強め55.5-39.9-12.1

ここ最近、やっぱり池江厩舎の最終追い切りパターンが替わってきましたね。これで結果が出てきている部分もあるのでしっかり注目したいですね。さて追い切りですが、しっかり我慢ができるようになっており、溜めが作れるようになっているので追ってからもしっかり伸び切ります。時間をかけてうまく仕込んできた感じがあり、ここはフォトパと繋げると勝負の一戦でしょう。なんてったって、オルフェの全弟で高額クラブ馬です。重賞は軽く勝たないと、生産者としての値付けに不満の声が上がる。

→ 完歩も力強くて伸びもある。キレ勝負向きではないタイプなのでこの条件が意外とマッチできるはず。



アンビシャス音無

栗坂併せ馬終い一杯53.4-38.5-24.9-12.5

とにかく真面目ですね。そして柔らかくまっすぐ走る能力は素晴らしく高いです。ディープですが、エルコンの重厚さが入っていい感じなのかもしれませんね。どちらかというとディープが強く出ているタイプです。やはり、走りを見ると、福島よりは、東京は京都、阪神とかのほうが舞台設定としては良い。直線加速力とトップスピードの持続力があるだけに、小回り競馬だと一定の隙はある。出来に関してはフォトパと線で繋げて素晴らしいです。



キャンベルジュニア堀

美南W併せ馬馬なり55.8-41.0-13.4

馬なりで溜めを作る追い切りです。闘志を内に秘めながら溜めが作れた走りが出来ている。2連勝しているとおり、今は真面目で前向きさもあるのでしょう。



グランアルマダ西園

栗坂単走酒井終い強め54.8-39.4-25.3-12.4

完歩が大きくて滞空時間も長いタイプです。逆に早い脚が無さそうで距離短縮&相手関係強化でどうかなぁという部分はある。2200mで連続好走している通り、距離は長い方が良いタイプです。消耗戦になる展開なら浮上はあり得るが、過去の傾向からだとどうかなぁと。



グリュイエール藤原英

栗CW併せ馬福永終い気合66.2-51.9-37.9-12.4

この馬なりに良さは見せているが、過去に絶賛した馬だけにもっと成長した姿を見せてほしいという面はある。とりあえず、この馬としては及第点の追い切りは消化できている。





ストリートキャップ齊藤誠

美南W併せ馬終い一杯68.0-53.8-39.6-13.0

馬体は素晴らしいです。毛艶も良くて締まっていて張りがある。内面も充実している。少し気になるのは,一杯に追ってギアを上げていますが、トップスピード能力はそこまで高くはなさそうな走りをしている点です。基本的にトルクが強く,うまくスピードに変換できない可能性がある走りをしている。中山の500万線までは対応できたが、このメンバーだと、限界負けする可能性はある。デキに関しては非常に良い。

→ 美浦なら齊藤誠きゅう舎は今後評価して出資しても良いと思います。馬の仕上げレベルは関東では上位厩舎です。

→ 東京には向かないタイプに見えるので中山で好走している点からも福島は合う。あとはこなせれば。デキはかなり良いので人気ないなら馬券では押さえたいタイプ




ストレンジクォーク小島太

美南P併せ馬終い強め65.6-50.0-36.7-11.8

前は硬めですが後肢の反発力はある。走りからも前走は距離がこなせなかった印象があるので、適距離に替わる面では好材料です。理想はスローペースからのスパート勝負です。

→ そう考えると低レベル戦があっていそうで、重賞レベルで福島は厳しいか。




ナヴィオン橋口

栗坂併せ馬馬なり54.3-39.2-25.6-12.9

基本的にピッチ走法なので距離伸びて良いタイプではない。好走させる条件は、最高方で歩かせて終いスパートに賭ける乗り方です。ただ、そうなると福島開幕週のバイアスとは合わない乗り方になるので好走は難しい条件だということになる。




ブランドベルグ牧田

栗坂単走馬なり54.5-39.5-25.2-12.6

ちょっと頭が高い走りの嫌いはありますが、しっかり走れている点は評価できる。




ホワイトウインド清水英

美南P単走馬なり77.4-61.2-46.0-15.9

キャンター調整レベルな追い切りです。お腹が巻き上がり気味でギリギリの状態なので負荷がかけられない面はありそうです。

→ 脚捌きの反発力は悪くない




マイネルシュバリエ和田正道

美南P単層柴田大馬なり67.0-52.5-39.0-12.5

毛艶は良く動きもパワフル、馬体の張りも良い。首を上手に使ってまだ走れていない面はあるが、力図よく元気に走れている点が良い。スムーズに先手を取って粘り腰を使えれば好走できても不思議はない。

→ 前走は軽さ勝負の京都3ハロンキレ勝負で負けただけでまったくの度外視舞台です。




マルターズアポジー堀井

美南W3頭併せ武士沢終い仕掛け69.1-52.9-38.8-12.8

素晴らしいデキ!の一言です。馬体は張りもよく素晴らしく出来上がっている。ただ前走の負け方は良くない。それが悪い影響を与えなければよいが。

→ 福島で勝ち鞍があるのでそれを期待して仕上げてきた印象です。東京コースで強気に行ったら厳しいでしょう。ただ、今回は福島開幕週で結果を出したことがある舞台設定,極め仕上げにある今回なら穴馬は断然この馬という設定になる。





レアリスタ堀

美南w併せ馬単走馬なり55.8-41.0-13.4

ちょっとコントロールが効かない面を出している。そういう面では不安が先行する。




ロジチャリス国枝

美南W併せ馬大野馬なり52.1-37.8-12.3

前脚がしっかり前に出るタイプで後肢の反発力もまずまずあり,持続力勝負向きなタイプである。マイルで前につけられるスピードがあるなら、上手く流れに乗って持続力勝負で適性を示せる舞台設定ではある。デキに関しても安定していて良い。








☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 基本的に開幕週で内馬場が絶好の状態です。内馬場有利という見立てで良い。

 能力差があれば,外からでも追い込み切れる。ただ、上級戦になればなるほど、バイアスが効いてくるはず。

 そのバイアスを大きく取り上げるなら次の馬を大きく評価したい。


 ◎06マルターズアポジー(穴馬設定)

 で大振りしてみたい条件は揃っている。

 デキに関しては絶好調,バイアスも合う。あとは、同型との兼ね合いでそこだけ制することができれば,見せ場は作れる。
  
 基本的に小回り戦で機動力を生かすタイプで東京コースでの直線加速力勝負だと分が悪い。一度使って,デキは大きく改善,この馬で勝ったことのある鞍上の手に戻れば,また違ってくるはず。ハンデ差も有利です。
 
 
〇03アンビシャス

 オッズからは鉄板配列が出現しており,ルメールもここを意識して土曜日から福島でコースを体感している。トップハンデだが、地力・完成度・真面目さは格上の存在です。


▲07アッシュゴールド

 ハンデは見込まれているが,好調池江厩舎が立て直してきた感が強い同馬を評価する。フォトパの馬体は素晴らしい。あとは操縦性だけの問題で毎回能力を完全に出し切れるタイプではないだけ。





= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

CBC賞出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/07/05 Sun.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 昨日は保育園の七夕夕涼み会に参加してきました。(夕涼みではなく、寒かったですが(笑))

 去年の子供たちの短冊には,「仮面ライダーガイムのベルトが欲しい!」「トッキュウジャーになりたい!」といったものでしたが、今年の短冊の内容は、二人とも「足が速くなりたい!」でした。

 やっと、内面的に覚醒してきたな!と思わせる内容でした。親バカですいません(笑)

 今日は先日購入したコールマンのテントを家の前で試験設営してみたいと思います。

 そして月末あたりに近場でキャンプの練習をしたいと思います。

 男二人なので、北海道住の強みを生かして、積極的にアウトドア教育をしていきたいと思います。

 まぁ私もアウトドアは凄い得意!という訳ではないので、私の楽しみを増やす意味でも面白いかなぁと思っています。

 でも、個人的にはテントで寝るよりも、ちゃんとした布団で寝たいタイプではあります(笑) 



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ CBC賞出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ウリウリ藤原英

栗CW併せ馬鮫島終い仕掛け67.3-51.8-37.7-11.9

リズムよく躍動感があるように走れている。距離は長いよりは短い方が合いそうです。馬体の造りや内面的な部分でもしっかり順調に仕上がっている状態です。

→ 上手くインを突くイメージで乗って来そうでそれがハマるバイアスにあるかでしょう。(土曜バイアスチェックは後ほど)




サドンストーム西浦

栗坂単走国分優終い一杯53.3-38.6-24.8-12.3

絶好調です。重たい設定の坂路ですが、力強く終いも更に伸びています。いかにグリップ力が良くてトルクがある追い込み馬かがわかります。フォトパと繋げると大きく評価したい状態レベルです。

→ 軽さよりもパワーを必要とする中京バイアスは合うはず。それを意識して厩舎はここ目標に仕上げてきた予感有




ジャストドゥイング中竹

栗坂単走終い強め54.3-39.3-25.4-13.1

大きな馬体で豪快に飛ぶタイプで明らかにパワータイプと評価していたところですが、前走京都で勝っちゃうところがちょっとビックリです。首の位置が高い走り方は余り好きではないですが、鞍上の乗り方等を考慮するとそこまで割引しなくても良いかなぁと思う部分もあります。パワータイプという見立てなので、条件は合うとは思いますが、軽さを求められる条件で結果を出しているのでその辺がどうでるのか。




セイカプリコーン服部

栗坂単走馬なり55.6-39.5-25.6-13.1

ピッチ走法気味なタイプで安定して走れています。成績が頭打ちになってきており、障害にも使っているだけあって今は試行錯誤している段階です。ショックをかける意味での出走でしょう。




タガノブルグ鮫島

栗坂単走秋山終い気合52.0-37.9-24.8-12.5

追い切りでは楽に時計出せています。前走内容からそろそろ古馬戦に慣れが見込めそうです。追い切りでも重たい馬場を好時計でしっかり走れているので、穴馬として押さえておきたいタイミングではある。

→ 母父スペシャルウィークでパワー補完されているのか、それが追い切りの感じに繋がっている感じ。ただ、馬体重は軽いので基本は軽さを求められる設定がベターだと考える。





ダンスディレクター笹田

栗坂単走馬なり54.2-39.3-24.9-12.0

非常にいいですね。スピードとパワーを兼備していそうな走りで条件としては合いそうです。唸るような走りでまだ馬の内面がいい意味で若い、フレッシュな状態にある。こういう状態だと軌道に乗ればまた連勝できるタイプということです。

→ 終い12.0秒ともっと時計を詰められる追い切りであることを証明している。

→ 浜中騎手はウリウリではなく、こちらを選んだのか,それともウリウイリは岩田騎手に乗り替わらされたのか,どちらでしょうか。

→ 藤原英×岩田騎手は軽視できないライン、ただ、繊細な牝馬タイプに岩田騎手はマッチングはあまりよくない。浜中騎手や福永騎手とかのほうが合う。




トーホウアマポーラ高橋亮

栗CW単走終い仕掛け84.9-67.4-52.2-38.1-11.8

安定して走れてはいますが,大きく評価するレベルではない感じです。もう少し躍動感に溢れる動きをみせてもらいたかった。




ニンジャ宮

栗坂単走馬なり53.7-38.9-25.0-12.6

非常に躍動感が合って真っ直ぐ走れていて良い追い切りを見せてくれている。出来に関しては大きく評価したい。

→ 地味にショックがかかるタイミングです。距離短縮&パワー設定替わり、これは大きくパフォーマンスが改善されるタイミングで要注意,位置取りショックで差し込んでくるはずです。

→ 今書いている途中に、中京馬場が重馬場になるという情報通知有,重馬場だと躍動感ある動きが削がれてしまう危険性有




フレイムヘイロー蛯名

美坂併せ馬終い強め57.1-42.4-27.9-13.5

この馬なりに好調期にあるようで追い切りはしっかり動けています。あとは相手関係でしょう。デキ自体は良いです。




ペステゲシェンク古賀

美南W3頭併せ北村宏馬なり69.8-53.3-39.0-13.0

内側にいるのでしっかり動きを確認しずらい部分がある。併せ馬でしっかり内面を育成されており,仕上げ状態は悪くはない嘆じる。

→ 北村宏騎手が追い切りに乗っており、本番も騎乗,中京で強い勝ち方を見せつけたときの鞍上も北村宏騎手で陣営としてはここで再起を狙っている遠征




ベルカント角田

出走取り消しみたいですね。




ベルルミエール高橋亮

栗CW併せ馬終い見せムチ53.0-38.4-11.2

躍動感が素晴らしい。仕掛けたときの反応も良し。馬体的にも充実している。フォトパとも線で繋がりますね。

→ 中京実績は追い込み有利のファルコンステークスを前受けから4着した内容がある。阪神(牝限だが)でも2着実績があり、パワー実績はある。

→ ガッチリしたタイプでこういうタイプは距離延長は苦手です。1400mで前受けできるスピードがあるので、中京1200mはちょうど良い条件が揃った感じ。

→ デキに関しては文句なし




ホウライアキコ南井

栗坂単走終い強め54.1-38.6-24.5-12.2

デキ自体は悪くはないが、牝馬というのもあって軽い条件のほうが合う気がします。




マコトナワラタナ鮫島

栗坂単走終い気合54.2-39.4-25.7-12.9

基本的に操縦性に難がありそうなタイプです。テンが早くなってナチュラルに追走できるペースからの追い込みが基本でしょう。そうなると、溜めを作る傾向のある中京は合わない。昨年のリズム良い時期でもタコ負けしている。

→ ファルブラヴ産駒なので今の追い込みバイアスの函館競馬使えば面白いのでは??厩舎として検討してもらいたい。



レッドオーヴァル安田隆

栗CW併せ馬馬なり70.5-53.4-39.1-12.6

馬なりですがしかkりと躍動感を感じさせる。小さいなりに馬体ボリュームも素晴らしくデキは良さそうです。

→ 社台馬にデムーロ器用なので注意したい休み明け仕上げです。





ワキノブレイブ清水久

栗坂単走黒岩馬なり53.8-39.0-25.6-13.0

躍動感ある走りが出来ており、デキ自体は良さそうです。阪神、中京で勝ち上げてきたタイプで京都はどうかな?と思っていたらオープンで勝ち鞍あるし、前走も3着ですね。ここでも期待できる実績は揃っている。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


無題

 土曜レースを見ると,基本的に追い込めない馬場で,前受けからパワーで押し込めるタイプがマッチしているように感じさせます。

 馬場は昨日と比較して重くなるので一層その傾向が強くなる可能性が高い。

 パワーもあって前から強く押し込めるタイプを狙いたいレース設定となる。

 
◎ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

 こういう馬場でバイアスも前有利ということならもう黙って狙う条件でしょう。デキは絶好で血統的にもダートでも推せる血です。グリップある走りもできるタイプでキレ馬場よりキレが削がれる設定のほうが良い。好走条件は大きく揃った。


〇07ダンスディレクター

 デキは良いしパワーも内包できている走りです。人気ですが能力は上位です。


▲13サドンストーム

 位置取り的に前を意識した差し位置にいれば間に合うはず。馬場設定とデキに関しては万全



△ デキが良い適性がありそうな馬たちを拾う。各馬コメント参考




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ラジオNIKKEI賞,CBC賞出走馬フォトパドック診断2015 

2015/07/03 Fri.

 宝塚記念は,事前見解がハマらずすいません。twitterでは,パドックを観て、最終的に、角居牝馬3頭+ラブリーデイを評価しました。

 私は,発走を45分だと思い込んでいて、3連複の買い目を作っていたら〆切アウト・・・・・涙。

 悲しい宝塚記念でした・・・・・。

 事前段階では,馬場を考慮してラブリーデイは評価からはずしましたが、当日の馬場ならラブリーデイを買えると判断できました。あとは、すべて展開に恵まれたこと、心身充実期に突入しているタイミングだったことと勝つための「運」を持っていた馬だということになるでしょうね。

 頑張って馬見道を極めていきたい・・・・・・・頑張ります。永遠のテーマです。一つでも生きる上で大きな娯楽があると人生楽しいですね!


 げんさん、馬単的中ですか、相変わらず凄すぎですね!おめでとうございます!
 

◎ ラジオNIKKEI賞出走馬フォトパドック診断2015



アッシュゴールド

馬体はかなりしっかりして非常に素晴らしい造りを見せてくれている。馬体のデキに関しては万全のデキです。あとは、レースに行って真面目に走ること、操縦性の課題をクリアできるかがポイントです。サンデーの高額馬、クラシックに乗せてあげられなかった池江厩舎、せめて残念ダービーのこのレースで結果は出さないといけない・・・・・そういう意思が見え隠れする仕上げレベル。



アンビシャス

この馬も共同通信杯のときに比較してかなり良い馬体に成長している。脚が長くて体質がかなり上品でディープらしさがある。アッシュゴールドとは違う良さを持っているタイプです。福島タイプというよりは、王道的な東京やディープの良さが生きる京都んおほうがマッチするイメージです。ただ、スケール感はあるのでその辺で対応できても不思議ではない。相手関係次第といったところ。


キャンベルジュニア

前2頭の完成度が高すぎて比較してしまうと見劣ってみえてしまう。この馬なりにデキ自体は良さそうです。完成はまだ先といった感じ



ナヴィオン

基本的に早熟タイプだった馬でこの時期に入ると追い付かれているレベル若しくは、第一次充実期を終えて燃え尽きかけているタイミングでもある。距離も考慮すると厳しいという判断になる。馬体的にも可もなく不可もなく。



マイネルシュバリエ

順調だったら東スポで狙いたいと思わせたくらいの馬で追い切りでも評価していた馬です。溜めと加速がしっかり出来ていた当時の追い切りは素晴らしかった。ただ、太くて話にならなかったというもの。胴がしっかり長くて馬体も太目感なく仕上げている。キレ勝負だと分が悪いので、この条件は意外に合っているかもしれない。札幌2歳Sでも2着に好走できている実績がある。(小回り&夏実績)



レアリスタ

肩が硬そうで筋肉もしっかりついているタイプで馬力がありそうな感じです。ただ、距離には限界がありそうで中距離までといった感じでしょうか。キャリアはまだ少ないですが、馬体の作り方については非常に良いものはある。



≪ 総 評 ≫

 ここは基本的に,馬体完成度でアンビシャスとアッシュゴールドが抜けている。

 ただ,馬体タイプ的には両者は大きく異なるため、適性レベルでの判断では、この2頭で馬券が決まる確率はそこまで高くないと考える。

 相手関係が弱すぎたら結果として同時出現はあり得る部分はある。

 その辺を考慮しながら、追い切りなどを見ていきたい。



◎ CBC賞出走馬フォトパドック診断2015

 中京1200mという条件は,他の1200m戦とはまったく条件が違います。ほかの条件と比較して「パワー」を要求されることが多いです。そういう面で適性と充実度を見極めていければ的中に近づけるはずです。


ウリウリ

加齢とともに突き抜ける強さが減退してきていると思っています。馬体に関しては安定しており,ヴィクトリアマイルの路線は捨てて、自己条件という路線を選んだ今春です。どちらかというとパワーよりは京都で軽さ勝負が向くタイプでそういった意味では相手強化で疑いたいタイプ。出来さえ充実していれば阪神カップのようにこの条件で好走できる。その時と同じような内枠が欲しいタイプでもある。

→ 藤原英厩舎の馬で育成面では良い条件は揃っている。


サドンストーム

カッチリしているタイプで馬体的にも過去の戦績からもこの条件は得意のはず。デキに関しては順調です。



トーホウアマポーラ

毛艶は良く。馬体バランスもよい。胴が長いタイプでいかにもスプリンターというタイプではなく、距離は伸ばしても良さそうに見える。そういう意味でもこのタフな条件が合っているタイプなのかもしれない。デキに関しては文句無さそう。


フレイムヘイロー

状態面に関してはこの馬なりに良さそうです。ただ、重賞レベルに入るとまだ仕上げレベル(鍛えレベル)としては甘そう。


ベルルミエール

非常にカッチリしているタイプで硬いタイプは基本的に距離延長はこなせません。それが前走でまったく度外視で良い内容です。デキに関しては半端なく良いです。充実している。パワーもありそうなタイプで適性値も期待できる。


レッドオーヴァル

昨年と違って北海道シリーズではなくCBCを狙ってきましたか。今春はデキ自体は良かったですが結果は出なかった。昨年の戦績を考えると。暖かくなってきたら好走してきた戦績なので、替われるとしたらここのタイミングです。ただ、パワータイプとは言いずらいので、鍛えレベルが高くないと適性的に厳しいか。フォトパの立ち姿は悪くはない。ただ、完璧でもない。






人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 1
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2015-07