調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

宝塚記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/28 Sun.

 忙しなかった仕事がひと段落ついたので,来週あたりは一息つけそうです。

 この調子で競馬で一儲け!といきたいところですが、勝負事にはセンスが無い私でもあります^^;

 うちは男児2人ですので,アウトドア教育も必要だ!と家族会議で決定しましして、テントやアウトドア用品を昨日見に行きましたが、結構いい値段しますね^^;

 これは、競馬の助けが必要です(笑)

 一昨年に買ったノートパソコン(VAIO PRO13)ですが、ファンが軸ズレするのか、グォー!と異音が出たり、普段のファンの音もカタコトカタコとうるさいです。USBの差すところも、引っ込んで端子が当たらなくなったのか、一個使えない状態で非常に不便です。PCも新調したいし,こちらも競馬で頑張ってみます(笑) 


 余談ですが,うちのペルセヴェランテ君の追い切り映像も確認できたので簡単に書いておきます。


ペルセヴェランテの追い切り映像(一週前)

インパルスヒーローと併せていた映像があったので確認できました。3頭併せで大外を先行,インパルスヒーローはデキがかなろ良くて心身充実している状態で仕掛けて突き抜けるが、外でジッっと馬なりでリラックスさせて走らせる追い切りで真ん中の併走馬には圧倒できていました。短評では併せ馬遅れですが、内容としては全く問題ないものです。十分良い調教です。

→ 少し行きたがっていて鞍上が腰を後ろに力をかけて押さえている姿勢が確認できます。上手く気性コントロールできるよう教育を重ねて行ってもらいたいです。大きなところで脳力を出し切るには「溜め」を作れるようになることが大事です。

→ 馬体は素晴らしくて良い感じです。

→ 来週の7/4(土)福島猪苗代湖特別に出走予定です。


少し平場馬もチェックしてみたので,ちょっと書いておきましょう。



函館〇Rの狙い馬
人気ブログランキングへ

この馬の好走パターンを見ればここで狙うのが必然です。条件はほぼほぼ完ぺきに揃っています。伏兵人気で狙えると思っているので激熱です。明日の種銭をここで稼ぎたいと思っています。


> トクメイさん、ありがとうございます。平場戦まで毎週カバーするとなると、競馬に対して相当時間が必要で正直厳しいです^^; 本業の仕事も忙しく、妻子持ちで休日も家族サービスが基本です。お許しください^^; 

  あと、平場戦は追い切り映像が無いので、いかんせん精度が落ちます。パドック見るまでは事前段階の評価も信用できません(笑)

  ちなみに、先週のローブティサージュは狙うべきタイミングだったのは間違いないです。かなりデキは良かったです。シルク会員なのでレース後コメントなどが確認できましたが、ヤリ設定だったのは間違いないです。ただ、「競馬には絶対はない」ということでしょう。


> チョビ丸さん、すいません、ワンアンドオンリー君、抜けていましたね^^;

> heartsさん、どうもです!私も今年は自分の馬券の調子は悪いです(笑) 勝負は時の運、勝ち負けは紙一重です。なるべく勝てる可能性が高い戦をしかけていくことが大事でしょう。なるべく楽しみながらコンスタントに勝てるように頑張っていきます。お互い頑張りましょう!

> ひろさん、お互いに頑張りましょう!現地観戦うらやますぃー!





※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 宝塚記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ショウナンパンドラ高野

栗坂単走馬なり55.4-39.6-25.1-12.3

大きく飛べていて柔らかい。真っ直ぐ走れている点も良い。見た感じはやはり軽さが生きる条件が良く、京都のほうがベターで阪神のパワー質向きかといわれると少し疑問な部分はある。デキ自体は悪くはない。




トーセンスターダム池江

栗CW単走終い強め55.3-41.3-12.6

池江Qとしては珍しい追い切りパターンで、ゴール板過ぎてから追って弾けさせるという内容です。馬体は依然と比較して明らかに良化(成長)しています。

→ ディープらしい柔らかさもありますが、前脚の出し方がしっかり地に脚をつけるタイプなので回転力もって力強くも走れる。阪神実績があることからもこなせるタイプと判断する。

→ 鳴尾記念勝った時よりも断然追い切りの動きは良い。そのくらい成長している。

→ ジっと脚を溜めて、一気に最後抜け出す、、、そういうトレーニングはできている。枠順も恵まれた。




ネオブラックダイヤ鹿戸

美南芝併せ馬馬なり65.8-50.3-36.6-12.0

この馬としてはデキは良いです。ただ、基本的に格下で適性値的にも疑問




アドマイヤスピカ松田博

栗CW併せ馬幸終い一杯86.3-69.3-53.6-12.0

併走馬に突き放されてしまう。基本的に柔軟さが無い走り方でパワータイプ,トップスピードの低さで負けてしまっている追い切りです。個人的には、ダートを試してみたら?と思わせる走りでもある。

→ 阪神替わりはこの手のタイプにはプラス材料です。

→ 松博さんの馬に幸騎手が乗るって珍しい印象です。




カレンミロティック平田修

栗坂単走蛯名終い気合52.0-37.9-25.0-12.8

楽に好時計を出せている。出来に関しては高い位置で安定しています。天皇賞春の京都コースでも結果は出しましたが、走り的にはカチっと走るタイプで基本的には中距離型で阪神が合うタイプだと思っています。阪神コース替わりはプラス材料だと思っています。


→ 前走は完ぺきな騎乗でのパフォーマンスだったので、過剰人気になるなら嫌いたい面はある。





デニムアンドルビー角居

栗CW併せ馬浜中馬なり69.2-53.0-37.9-11.5

ディアデラマドレとの併せ馬です。遅れましたが不安視するレベルではないでしょう。馬体、脚捌きの力強さなどをチェックすればいい仕上がり状態で望めていることがわかる。

→ 牝馬限定戦では阪神で強いタイプでした。ただ、牡馬混合となると,パワーでは劣る部分はある。

→ 軽さが必要な京都よりは阪神で好走している強みがあるタイプです。そういう意味ではここで狙って結果を出したい仕上げであるのは納得できる。





ワンアンドオンリー橋口

栗坂併せ馬Mデム終い仕掛け53.5-39.2-26.3-13.5

もともとズルい面は追い切りでもありましたが、今回も全然本気で走っていない。頭が高くてしっかり体をつかって走ろうとしていない。この気の悪さがレースでどう影響してくるかでしょう。リズムを崩して集中力を失い、休ませて遠征競馬で3着後の休み明け,ここでしっかり走れる追い切りだったら、休ませて良くなってきた!と判断したかったが,どうもこういう追い切りをされると評価しずらい面はある。

→ 追い切りが動かないタイプでレースで本気をだされる可能性はありえる。

→ 基本的に阪神タイプな馬である事実はある。(過去の戦績参照)




ディアデラマドレ角居

栗CW併せ馬終い仕掛け69.4-53.2-38.3-11.5

デニムアンドルビーとの併せ馬で外から併走,牝馬ながらにもパワーも持っているタイプでしっかり力強く走れている。フォトパと線で繋げると非常に良い仕上げレベルで望めると判断する。

→ 角居厩舎3頭出しですべて牝馬というのは面白い。意外と実弾なのはこの馬だという可能性もあり得る。
 (ラキシスは重力を持ってしまうので、後ろからズドンとこの馬が差し込む)




トウシンモンステラ村山

栗坂併せ馬和田終い一杯53.8-39.0-25.1-12.7

追われてからの反応がイマイチな感じで内面の完成度からもどうも格下に見えてしまう。





オーシャンブルー池江

栗CW併せ馬松山終い仕掛け54.2-40.0-12.0

併せ馬の内側なのでいまいち挙動が見えませんが、走りの力強さは意外に合って仕上がり自体はあるい感じはしない。馬体をもっとしっかり観たかったです。




ヌーヴォレコルト齊藤誠

美南W単走馬なり86.0-69.7-54.5-39.7-12.7

フォトパドックで見た印象よりは馬体は良く見えます。無駄はないです。溜めが作れるし、綺麗に走れる。前脚もしっかり前に出せている。闘争心が強く、それをコントロールできる強さもある。基本的に牝馬チャンピオンタイプで強い相手に食らいつけるタイプです。

→ ヴィクトリアマイルはデキとマイル適性負けです。今回も出来さえよければ、内面の強さで上位に入ってきても不思議ではない資質を持つ。ただ牝馬という点でパワーより軽さを持つタイプなのでその部分で牡馬には劣る。




レッドデイヴィス音無

栗坂併せ馬松若終い気合50.5-37.1-24.4-12.3

前走時でもデキ自体は良かったが伸び切れないといった内容でした。今回もデキは変わらず素晴らしい追い切りをみせてくれている。坂路で最後もギュンっと伸びる感じは素晴らしい。

→ 好時計でここまで走れちゃうとなると、阪神マイルくらいのほうが良いのでしょうかね。




ラキシス角居

栗CW併せ馬馬なり仕掛け86.1-68.3-52.4-38.4-11.8

追い切りは動かなくても結果を出しちゃうタイプですが、今回は普通に追い切りで走れています。馬体も研ぎ澄まされていて内面も良し。ここは完ぺきにな仕上がりに近いです。

→ 角居育成は,チャンピオンタイプを育てる下地がありますね。

→ 大阪杯は、追い切り追われて動かずでこれはないだろー!と思っていた中での勝利、追い切り分析者泣かせの馬です。涙。


トーホウジャッカル谷

栗坂単走酒井終い一杯54.8-40.1-25.7-12.4

基本的にはいい馬です。大きなストライドながらも力強く走れるタイプで今後の活躍を期待したい資質の持ち主です。追い切り映像を見てちょっと違和感があったので菊花賞時と見比べてみましたが,終いの動きのシャープさで言えばやはり今回は劣ります。仕上げ順調度という意味では菊花賞比較では落ちると判断し、なんとか間に合わせたというものという見立てです。

→ 基本的に良い馬です。このレベルで結果を出せれば逆に将来は明るいです。基本ステップとしてはここを使って札幌記念辺りで仕上がってきそうです。




ゴールドシップ須貝

栗坂併せ馬横山典馬なり52.9-38.2-24.5-12.2

追い切りで動かないこともあるくらいマイペースな馬ですが,天才ノリさんが鞍上で素直に走らせてあげられている姿が確認できる。化け物には天才が乗ることで脳力が開花できる印象です。

→ 今回はしっかり真面目に走っている。身体もメンタルも非常に良い状態。

→ 陣営は,適性的に「宝塚記念」と「有馬記念」に状態面がピークになるように仕上げてくる計算をする。今回は狙っていたG1戦だということ。




ラブリーデイ池江

栗CW単走終い仕掛け54.2-40.0-12.5

今春は重賞2勝と果実を得た馬でその勢いでG1挑戦という流れです。使い方を見ていると、基本的にG1では足りないからG2、G3を勝ちにいこう!というローテだったと思います。ただ、勢いに乗った流れで結果を出してきた馬に同厩舎馬だったダノンバラードがいる。ダノンバラードは目で見えてデキが絶好調だった印象があります。対して、ラブリーは,この馬もデキ自体は好調です。内面の充実度はダノンのほうが上だったでしょう。そのくらい極まっていた状態でした。

→ 後躯の挙動を見るとキレ味を使えるタイプなので,パワー馬場よりはキレる馬場のほうが良い。前脚の掻き込みである程度カバーはできている走り。


→ ローテ的には、鳴尾記念目標だった感が強い。そういう意味では連軸視向きではない。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 土曜競馬傾向ですが、明らかに時計がかかってパワー勝負向きの馬場になっています。

 今日は天気良さそうなので、どこまで馬場が回復するかがポイントでしょう。

 それでも基本的に阪神馬場はパワー傾向が強いので,内面がしっかりしている馬(嫌がらない、諦めない)やパワー馬場がマッチしていて気持ちよく走れる馬を選んでいきたい。


 ◎15ゴールドシップ

 条件的には、この馬を中心視せざるを得ないでしょう。ただ、癖馬なだけあって、不可解な負け方はすることはある。鞍上は天才ノリさんなのでヘグったり、馬の能力を出しきらないで終わる確率は少ない。ただ、背中に乗って「今日はダメだな」と思ったら消極騎乗にはなる。G1で条件としても向いているjはずなのでそれはないとは思いますが。馬券はここから買うと妙味がないのでそのへんは考慮しますが、素直に考えると、この馬が最有力という判定です。


 ○13ラキシス

 覚醒してきた女傑,大阪杯でも力強く伸び切れた内容はここでも通用するものでそれを理解して上半期の目標をここと決めて角居厩舎が極め仕上げを施してきた。前走と比較しても追い切りレベルは高く、状態面に関しては文句はない。鞍上もルメールということで不安要素はほぼない。


 ▲08ディアデラマドレ

 この馬は牝馬ながらにして明らかにパワーも内包しているタイプでそれが馬体や走りに現れている。東京マイルで間に合わなかったのは、ナチュラルスピード負け(適正負け)であって能力負けでjはない。中距離替わり、パワー馬場替わりとなれば大きく適性値はアップする。その分相手強化にもなるが,馬体や身体面の充実度も著しく、ここで一発を期待したい部分はある。土曜の馬場をみて外馬場から差せるバイアスも嬉しい条件


△02トーセンスターダム

△06デニムアンドルビー


 上半期の最終章、宝塚記念です。

 ここを目標に極め仕上げできた馬、適性値的にマッチしそうな馬を狙うべき条件です。

 明らかに、ここ目標に極め仕上げで狙ってきた厩舎は,角居厩舎です。

 ここの厩舎は明らかに仕上げ能力が高い。

 ここ目標に極め仕上げできたのは、ラキシス

 使いながらも明らかに極め仕上がったのは ディアデラマドレ

 適性的に厳しくも、この馬も極め仕上がっている デニムアンドルビー

 すべて牝馬ですが、このうちどれかは馬券になるくらい走れる状態に仕上げてきていると考えています。

 今年の宝塚記念の見立ては、


 得意の舞台 ゴールドシップ VS 角居牝馬軍団 と想定します。


 ゴルシとラキシスと堅く決まる配列もありえそうですが、個人的には、漁夫の利を狙った追い込みで3着狙いを想定するディアデラマドレを狙いたいと思っています。

 フォトパを見て「これはありえる!」と思わせた馬で、一週前追い切りも最終追い切りもGOODです。



 土曜日函館最終の狙い馬は、4着でドボンでした。すいません。パドックを見てまだ馬体に余裕があったので、先を見据えてというかんじでいたのでそのうち馬券にはなるはずです。あとは人気との兼ね合いになってしまいますが。


 今日も狙い馬が出ますので書いておきます。出来に関しては万全の出来です。あとは鞍上次第です(笑)

 東京○R 狙い馬
人気ブログランキングへ

 まぁとりあえず、この鞍上との相性はいいですのでそういう意味での再度乗り代わりでしょう。前走で久しぶりに左回りを体感して追い込める競馬ができている。これが良い調教になってここで勝負といった設定です。仕上げレベルの高さは厩舎としても勝負の意識の強さです。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

宝塚記念出走馬フォトパドック診断2015 

2015/06/24 Wed.

 時間が足りなかったので、各馬短評については,後日アップします。

 とりあえず、過去のレース傾向を貼っておきます。

 無題



 → にっこりちゅー!

 恐れを抱くな!信じてクリックすれば、何かが得られる(笑)


 不定期更新になってきて、アクセス数が減ってきているので、そのうち 誘導クリック またやっていきます(笑) 


 げんさん、いつもコメありがとうございます。儲かり過ぎですね(笑) iphoneは治りません。今日宅急便が取りに来て修理の旅に出ます(笑) 代替え機も市内で見つからなかったので、今週いっぱい、携帯電話なしで過ごします(笑)

 名無しさん、わざわざ的中コメありがとうございます。ノボバカラ、ハマりましたね~ 北村宏騎手が出来の良さを理解して能力を出し切ってくれる好騎乗でした。いい騎手です。

 太田様、導入事例等明示頂ければ、考えさせていただきます。



◎ 宝塚記念出走馬フォトパドック診断2015

 非根幹距離,阪神の馬場適性といった適性が求められる条件です。ここでは、デキについてを重視してコメントしていきたいです。


カレンミロティック

天皇賞春での写真は、太い感じに見えましたが、これで十分に結果を出せました。今回はそのときと比較してシェイプアップされている。顔はいい表情ができており、馬体も前走比で仕上がりレベルは高い。

→こちらの写真だったら天皇賞春でも評価していた。


ゴールドシップ

今年の春は体調は大きく変わってきていない。いい意味でです。AJCCは明らかに素晴らしい立ち写真でしたが、適性負けで終了(騎手の仕掛けミスもありますが)、天皇賞春でも適性負けすると思っていたら、逆に勝利。この馬にとって非常に大事なのは、やる気を引き出してくれる騎手が大事でしょうね。そういう意味では、天才ノリさんが一番合うのでしょう。(たまに明らかに好走条件が合わない、バイアスが完全に違うと判断したら、ヤラずを決め込みますが(笑))今回もまずまずの仕上がりです。仕上がりレベルは悪くないでしょう。


ショウナンパンドラ
過去の写真と比較すると、細く見えてしまう嫌いがあるが、牝馬なので許容と判断しても良いでしょうか。ただ、牝馬は軽さを伝達する種別なので。そう考えると阪神向きのパワー質の競馬になると、バイアス利を味方にできないと厳しいか。


ディアデラマドレ

肩が立っているタイプなので,東京マイルの軽さとトップスピード持続力勝負では分が悪かったでしょうか。牝馬ながらにして牡馬顔負けのダイナミックボディを作りこんでいます。お尻、トモの筋肉量は相変わらず凄い。一言でいうと、過去最高の究極の仕上がりです。角居陣営の本気度が伺える。



デニムアンドルビー

出来に関しては今季最高でしょうか。立ち姿がしっかり決まっている。天皇賞春よりも上とみて良さそう。


トーセンスターダム

クラシック路線のときまでは、まだまだ成長度で負けていると言及していた馬ですが、ここにきてしっかり馬体が作れるようになってきている。カチっとキマった立ち姿をしているので、阪神の中距離くらいが合うのだろう。距離的には中距離からマイラーです。肩が立ち気味なのでパワー質な方が良いかもしれない。そう考えると今回の条件はマッチする。


トーホウジャッカル

残念ながら、今回の写真は太いですね。仕上げレベルではちょっと厳しい。


ヌーボレコルト

基本的に見栄えないタイプです。。馬体的にもパワータイプではないのでこの条件&牡馬(パワー種別)との戦いとしては厳しいでしょう。大きなバイアス利が必要です。見栄えがしないタイプといっても、やはりデキは良さそうには見えない。



ラキシス

大阪杯のレースを見ると、ついに覚醒してきたか!と思わせるのがこのラキシスです。阪神の上級条件で結果が出たことにより、陣営は目標を宝塚記念とした。そこを目標にしっかり仕上げてこれる角居厩舎の手腕に注目です。馬体は素晴らしい。



ラブリーデイ

出来に関しては超がつくほど絶好調で基本的に覚醒しているゾーンに入っている馬です。中距離レンジであれば評価から落とせないタイプです。



☆フォトパ段階での評価は今後しないことにします。追い切りと線で繋げてから・・・・ということで一貫したいと思います。



面倒なので誘導クリック設置しませんでした(笑)。コメントを読んでフムフム!と思ったら、ポチっとお願いします^^
人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

函館スプリントステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/21 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 おはようございます。ユニコーンステークスの買い目を考えていましたが、しっかり考えると、堅く決まるイメージがわいてしまったのでパスします。

 旅行前の仕込み買いは、函館SSにします。本当はパドックみてから買いたいのですが、iphoneも壊れてしまったので、出先で馬券も買えないので諦めます。

 来週は、仕事が少し落ち着くはずですので、週中から更新していきたい(希望&予定)でいます。

 GOOD LUCK!!



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 函館スプリントステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。





アンバルブライベン福島

函館芝単走田中健馬なり53.5-39.1-12.2

馬体は良し,走りもしっかりしているし状態面は悪くはない。いつも坂路で鍛えてくるタイプなので,この芝追い切り調整がどう影響してくるかといったところはある。

→ 走りはバネや躍動感が合って良いレベル



アースソニック中竹

函館W単走丸田馬なり70.5-55.3-39.9-13.8

ちょっともっさりで迫力に欠ける。ただ、基本的にこういうタイプという部分はある。




エーシントップ西園

函館芝単走終い仕掛け65.5-50.5-37.0-11.8

相変わらずパワフルでダイナミックな走りと馬体です。基本的にパワーに特化しているのでそういうバイアスが欲しいタイプ。開幕週の軽さ勝負になるとどうでしょうか。


→ パワーと体力勝負なので、そういう展開とバイアスが欲しい。次走は距離延長で行きたい。




コパノリチャード宮

函館W併せ馬終い一杯68.6-53.1-38.7-12.5

併走馬を突き放す内面の強さは健在です。ただ,スプリントといったタイプではなく,体力と闘争心が豊富なタイプだと思えるので基本的に1400m~1600mが良いように感じさせる。1200mにしても、基本的に中京みたいにタフネス設定が良い。函館は軽すぎる印象はある。

→ 溜められるし、追われてからのストライドもある。小回りは決して得意なタイプではない。スムーズに先手が取れれば別ですが。




サトノデプロマット高橋亮

函館W単走馬なり70.2-53.0-39.1-12.5

連勝しているように、デキに関しては絶好調で馬もやる気に満ちている。馬体は研ぎ澄まされていて毛艶も良く状態面は文句なし。小足もあって小回り向きな競馬もできそうです。

→ デキだけならメンバー中上位

→ 和田騎手もわざわざこのために函館入りする。




スギノエンデバー浅見

函館W単走岩田馬なり52.7-37.9-12.4

矢のようにしっかり真っ直ぐ伸び切る姿は非常に良い。あとは,追い込み馬なのでバイアスがすべて。

→ デキが良く岩田騎手を手配できた部分はある。土曜部は勝ちきれていない騎乗が目立つ。函館入りで疲れ溜まっている?(笑)




セイコーライコウ竹内

美坂単走馬なり57.9-43.1-28.1-13.0

この馬なりに走れている。良いときはもっと良い動きはできるタイプ。




タガノアガザル千田

函館W単走竹之下馬なり60.7-44.5-13.9

セーブさせて走らせる追い切り。馬体の良さは目立つ。基本的に完歩が大きいので大箱のほうが理想な走り方です。スムーズに走らせないと流れに乗れずに能力出し切れない可能性がある。




ティーハーフ西浦

函館W単走勝浦馬なり68.6-54.0-39.4-12.4

溜めて直線手前変えてビュと真っ直ぐ走るという完成度が高い走りが出来ている。出来に関しては良い。あとは能力を出し切れるか次第です。道中中断で競馬することを生き視して乗れている近走なのでこれが生きてくれば面白い。

→ デキ自体は非常に良いです。馬としても成熟していて能力は出し切れる。



ヒラボクプリンス加藤敬

函館W単走藤岡康終い強め72.9-56.5-40.7-12.5

走法ピッチは悪くはないですが、いかんせん砂で走ってきたタイプでいきなり芝重賞だとスピード負けしそうなイメージを感じさせる




フギン森

函館W単走馬なり66.7-52.2-38.6-13.0

首差しが華奢でどうにもスプリンターというイメージが湧かない。過去の馬体はわからないが、そういう部分がしっかりできていないから結果が出ていないのでしょうか。

→ 身体も上手に使えていない印象




マジンプロスパー中尾

函館W単走終い強め65.1-51.3-38.0-13.2

力強い走りが出来ている。躍動感もあり,馬も前向きさがある。完歩が大きいタイプなのでスムーズに走らせたいタイプです。

→ この馬は相手弱化戦でこそと書き続けてきたとおり、ここは狙い澄ませてきた可能性はある。これまではG1路線の馬相手でしたが、ここならしっかり力を示したいところ。休み明けは変われるタイミング

→ 走りを見ると、パワータイプで中京や阪神がベターなタイプではある。




レンイングランド矢作

函館W併せ馬菱田終い一杯67.5-52.1-38.3-12.7

この馬は基本的に鈍足なので古馬条件で前につけるのは厳しいはず



ローブティサージュ須貝

函館芝併せ馬三浦馬なり49.1-36.1-11.7

文句なしの絶好調ですね。早くからサマーシリーズ目標に切り替えて休養に入っていた馬で調整に関しては完ぺきに近い。馬もやる気に満ちているしデキも絶好調です。追い切りで三浦騎手が跨って、おそらく三浦騎手はかなりの手応えを掴んでいるはず。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ローブティサージュ
    
B+ サトノデプロマット、ティーハーフ、スギノエンデバー、アンバルブライベン

B  コパノリチャード、マジンプロスパー、

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 土曜日のメインレースの結果を見て,

 「先手を奪って上手く立ち回れる馬」 と 「それなりの位置から上がり3F上位の脚を使える馬」

 を狙えば良さそうなイメージです。

 土曜の馬場から、騎手の意識も強くなってペースは速くなりそうな雰囲気があるので、逆張りをするとしたら、それなりの位置から差し込める馬を狙いたい。

 ◎06ローブティサージュ

 小回り競馬でもあるので,競馬には絶対はありえませんが、狙いすました一戦で仕上がりも非常に良いこの馬で個人的には文句なしです。少しでもこの馬向きの流れになれば頭まで突き抜ける可能性は高いと思っています。


〇09ティーハーフ

 京都コースで結果を出せた点を大きく評価する。要するに軽さ勝負でも対応できるようになった差し馬という見方です。デキに関しても文句なしです。不安な点が騎手でしょうか。函館に乗りに来ている印象が無いのでうまく乗れるか次第です。


▲10サトノデプロマット

 こちらは上手く立ち回れる系ということで評価する馬でティーハーフに先着歴有。デキに関しても文句なし。


☆03アンバルブライベン

 スタートが早く先手が奪うという判定、内枠も良い。軽さ勝負向きなので前走に比較して明らかに条件改善


☆14スギノエンデバー

 追い込み馬なので相当バイアスが向かないときついが、岩田騎手の一発斎内狙い追い込みで3着があっても・・・・という部分はある。デキに関してはかなり良い。


△12マジンプロスパー

 相手弱化待っていた馬で休み明け狙い。ここで走れなかったらしばらく再度いらない

 






= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ユニコーンステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/20 Sat.

 
 twitterで仲良くしている、馬面さんから,マーメイドステークスで大儲けしたということで(笑),ちょっと早いお中元を頂きました。

 ありがとうございます。

 こちらでは手に入らない九州地方の日本酒が勢ぞろい!お盆に帰省した時に親、親戚一同と味わいたいと思います!

 アザッス!! 話のネタにもなりそうで楽しみです!

写真
 

 また、多くの激励コメ等ありがとうございます。

 コメ返信したいのですが、余裕もなく、ブログ更新すら厳しい生活パターンになっています。

 なるべく分析記事をあげることを優先して取り組んでいます。なにとぞご容赦ください。
(コメントはしっかり届いています。ありがとうございます。)

 日曜日から、久しぶりの家族旅行で札幌方面に行ってきます。ですので、重賞はリアルタイムで参加はできません。

 しかもiphpne5Sがまた壊れてしまった(今回は勝手に電源が落ちるて復帰しさせてもすご落ちるという症状)のでついでにappleショップに殴り込みに行く予定です。好感してもらって一か月もたってないのになんぢゃこりゃ!って感じです・・・・・・、、、


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ ユニコーンステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アキトクレッセント清水久

栗坂単走黒岩馬なり55.3-39.5-25.3-12.7

時計そのものは速くはないが,軸がしっかりしていて真っ直ぐ走れている点は体幹がしっかりしていることが想像できる。ダイナミックな走法というよりは器用さがありそうな走りをしているので、東京コースでこそ!というタイプには見えない部分はある。




アルタイル手塚

美南W併せ馬松岡馬なり68.0-52.8-38.6-12.2

併せ馬でしっかり動けています。砂馬っぽいパワーもあってダイナミックに走れている。併せ馬で気持ちもしっかり持てている。

→ 東京コース向きの走りもできているし、左回りに拘って使っているローテもこの舞台を意識したローテだったと考えられる。

→ 中京に松岡騎手がついていった経緯もあり、松岡騎手に手戻りする今回は、松岡騎手の勝負強い渾身の騎乗が期待できるか。
(個人的に勝負騎乗の時の松岡騎手は評価している。)




イーデンホール尾関

美南W併せ馬吉田豊終い仕掛け52.7-38.3-13.2

東京向きの良さがある走りをするタイプだが、順調度といった意味では不安です。走りにパワフルさが足りないというか、もうちょっと身体が強靭になってくれば良い。非力に見えてしまう。時計の速い軽い馬場なら見直す手はある。

→ 走りからは東京は合う。芝馬っぽく見えてしまう嫌いがあるのでその点の割引



クワドブーブル小島太

美坂併せ馬淵田博馬なり54.7-40.4-27.0-13.3

軽めの追い切りでもう少しギアを上げたときの走りが見たかったです。どちらかというとストライドという部分が足りないように見えるので、クラスが上がってどうかなぁという部分がある。



ゴールデンバローズ堀

美南W単走馬なり54.4-39.4-12.9

馬体はつくべき筋肉はしっかりついていてなおかつ、太目感が無いというレベルの高い仕上がりです。馬の内面も走る気に満ちている。直前で馬なりで調整できるということは、諸々線で繋げると、理想の状態い仕上がっている可能性は高い。

→ 完成度高いですね。うちのペルセヴェランテさんはまだ完成していないので、ゴールデンバローズとまだ戦う必要はないですね(笑)。まずは、小さいところから順にクリアしていって、成長を促す考えは正解だと思います。(個人的な話でスイマセン(笑))


→ 大きなフットワークで力強さとストライドがあります。明らかな東京巧者です。



ダイワインパルス宗像

美南W併せ馬田中勝馬なり71.7-56.2-40.8-13.4

終始併せ馬で重なっていて走法がしっかりみれません。馬体はいい感じに仕上がっています。内面は真面目で集中力がある。そういう部分は非常に良い。




タップザット池江

栗CW併せ馬福永馬なり55.9-41.2-12.3

こちらも終始併せ馬で内目にいるので馬体や走り方がしっかりチェックできない・・・・涙。
後肢の蹴りも良さそうで、前脚もしっかり前に出ている。併せ馬で馬も真面目に集中して走れているので休ませて良い方向に転んでいる可能性は高い。




ダノングッド村山

栗坂併せ馬終い一杯53.3-38.9-25.3-12.5

ムチを入れてからの反応は良い。更に加速するといった内容です。ただ、フラフラ走る部分は良くはないです。東京コースは真っ直ぐトップスピードに入れて持続できる能力が上級戦では大事になってくる。ローテ的にも間に合った感が強くて当初からここが目標だったようには思えない。

→ 左回り、東京で走らせるための練習量が足りないということ




ノボバカラ天間

栗坂単走馬なり55.8-40.2-26.2-12.6

出来に関しては非常に良いですね。身体は充実しているしパワーもある。馬の内面の状態も非常に良い。これで結果が出ないなら致し方ない・・・・というくらいのデキ




ノンコノユメ加藤征

美南W3頭併せ終い仕掛け71.5-56.0-41.3-13.6

併せ馬の真ん中でしっかり走法は確認できません。内面に関してはしっかり仕上がっています。いい意味で内面に負荷をかけられてそれに応えられている強さがある。



ピンストライプ中内田

栗CW単走終い仕掛け82.0-65.4-50.4-37.0-12.2

回転が良いピッチ気味に走るタイプでどうもストライドが伸びない。東京替わりで良さが更に出てくるタイプには見えない。馬体はしかkり作れているし、内面も悪くはないが,適性という部分で不安



ブチコ音無

栗坂併せ馬終い一杯52.4-38.4-25.4-13.2

坂路でしっかり負荷をかけてきた点は評価する。ただ最後伸び切れなかった部分はあるので,まだよくなる余地を残している感じはする。

→ 終い甘いタイプなのであれば,次走は新潟1800m戦辺りを狙って遠征してきてほしいところ。まずはここで実戦経験を積むべし。




マイネルオフィール飯田

栗坂単走馬なり55.1-40.0-25.2-12.2

前の出が硬くて回転良い超ピッチ走法タイプです。瞬発力はあるのでスローペースからの瞬発力勝負になれば強さは生きるが上級戦だと厳しい。それか、距離を短くして短距離向きの育成をするべきです。




マイネルサクセサー畠山吉

美南W併せ馬馬なり53.2-38.4-13.2


この馬は東京向きの走りが出来ている。あとは仕上がりレベルだが、極め仕上げではないが、この馬なりに良い感じに仕上がっていると思います。ちょっと相手関係は厳しくてリズムも崩している嫌いはあるが、適性的には好走しても不思議な面はない。

→ 芝からのいきなりスイッチですか・・・・いきなり重賞はどうかなぁ(笑)




ラインルーフ松永昌

栗CW併せ馬武幸終い強め81.3-65.7-51.2-38.1-12.4

チークピーシーズも付けて、追われてからももたついて甘くて本気で走らないという気難しい面は持っていそうです。ただ、それでも結果は出してきているし、馬体もかなり仕上がりレベルが高い。気難しいというだけで追い切りは本気で走らないタイプなんでしょうね。

→ 力強さとストライドもあるので、これはある意味面白いタイプだと思います。デキも良いです。

→ 京都で凡走して阪神で結果が出ている点は良い。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ ゴールデンバローズ

A  該当なし
    
B+ アルタイル、ノボバカラ、ノンコノユメ、ラインルーフ

B  アキトクレッセント、タップザット、ダイワインパルス

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 フォトパドックからは,圧倒的にゴールデンバローズが良く見えます。追い切りと繋げても,この馬は馬券からは外せない存在になりそうです。

 その他、フォトパドックは,アキトクレッセント、ノンコノユメ、アルタイルが良いです。タップザットも悪くはないですが,仕上げレベルでは前者の方が上です。

 現時点での段階ですが


◎12ゴールデンバローズ

 基本的に逆らえない。

 相手には

 追い切り評価した馬たち,当日パドックを観て・・・・というのが理想ですが今回はできそうもないです。

 穴馬は

 大外枠から先手を奪って,ゴールデンバローズが支配するスローペースにになるなら,デキの良さを生かして結果を出したい

 ▲16ノボバカラ
 
 同じく出来は良く,ロスなく立ち回ってこれるなら 

 ▲01ラインルーフ


 この2頭が穴馬になると思っています。


 追い込み競馬になると読むなら,相手は黙って

 〇10ノンコノユメ
 〇06アルタイル
 ☆02ダイワインパルス

 を選ぶ感じでしょうか。

無題



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

エプソムカップ出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/14 Sun.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了

 時間が無いのでコメントのみ
◎ エプソムカップ出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


エイシンヒカリ

ストライドが伸びるタイプではなくて,前は舌にグリップ良く回転良く走れうタイプです。距離には限界はあるが,中距離までだったらパフォーマンスは出せる。筋肉の良さと四肢の連動が良くてしっかり推進力とスピードに変えられている。

→ 意外とグリップが良いので他馬が苦労する道悪で最大パフォーマンスを出せる可能性がある馬です。Sも強くてグリップ力も強いというタイプはそういうステージで強い

→ 土曜日は前に行った馬が残せている部分はある。

→ 主催者的には,この手の馬が脚光を浴びてくれると競馬が盛り上がるので,後押ししたい背景はある。



ゲシュタルト

軽めの追い切りですが動き自体はキッチリしていて悪くはない。オッズ的には目標はこの先にあるという判定



サトノアラジン

この馬は典型的な東京巧者で大きなストライドと柔らかさの持ち主です。持続質な競馬になればなるほど,トップスピードに入ると長くて良い脚が使える。逆にゴチャつくと一気のギア上げが苦手なので脚を余す。今回のメンバー的には理想の布陣でしょう。

→ リズムも良く、遅れてきた大器晩成型,池江師は地味に期待しているはず。厩舎リズムも良い



ディサイファ

坂路で追い切るイメージでしたが、ポリトラックです。動きそのものは良いです。モヤで最後しか見えません。

→ G1クラスでは敵わないと判断できた2014年,今年も挑戦するでしょうが、基本的にはG3やG2で確実に勝ちを獲りに行く路線が基本でしょう。それを理解したローテを組むはず。

→ 昨年勝利したエプソムカップを目指して休み明けローテでしっかり仕上げてきた。(休み明け0002なのが少し気になるが。)



ヒラボクディープ

とにかくフォトパドックがかなり良い馬です。内面的に一度停滞した馬ですが、ここにきて一気に身体が良くなって内面も前向きになってきそうな雰囲気を出してきている。

→ 前走も最後まで諦めないで伸びているので、内面が改善されてきている。



フェスティヴタロー

キツイ競馬をしたあとの2戦目は基本的にストレスや反動は出るが、それがないかパドックで確認する。追い切りは靄で見えない。

→ 逃げ馬の買いパターンは、ノーストレスのタイミングでショックがかかる形の逃げが理想(前走逃げられなかったとか)そういう意味では、ハマったあとに追いかけるのは危険



フルーキー

基本硬くてストライドが伸びないタイプ,こういうタイプは距離が延びて良さが出ない。内面的にはしっかり育成されていていい馬なのですが、いかんせん、この馬の適性値的には厳しい。能力値が抜けている証明があれば別ですが、G3レベルで停滞しているタイプとなるとどうでしょうかね。

→ 朝日ちぇれんじカップで好走できていますが、これは、阪神のパワー質設定が適性にマッチしたのと流れがマイルっぽいペースになったため。今回もマイルっぽいペースになるが、ストライドが無い分東京でのこの馬の良さが生きてこないという判定


→ デキそのものは良いです。



ユールシンギング

馬体は研ぎ澄まされて非常に良いですね。追い切りでも動きは悪くはない。あとは内面にしっかりスイッチが入ってくれば完ぺきです。徐々に復調の気配は見せつつある。馬券的には押さえておきたいタイミングです。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

◎02サトノアラジン

 本格化してきたストライドある東京適性馬、サトノアラジンを狙う。溜めることを覚えてきているなら、今年の秋は楽しみな器になれる。池江師も好調期に入ってきている。


〇12ディサイファ

 ここ目標に狙い澄ませてきた仕上げ,G1経験経て磨きあがってきた6歳牡馬、格下相手なら戦える。


デキが良くなってきた適性馬が穴馬

穴馬04ヒラボクディープ
穴馬05ユールシンギング



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

マーメイドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/14 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



<< 更新情報 >>

〇 更新完了

 時間が無いので簡単にコメントだけ



◎ マーメイドステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アドマイヤギャラン

しっかり飛べているし捌きにも力強さがある。阪神でもタイプできる強さは感じさせる。馬体も研ぎ澄まされている。

→ 前走はここに向けて使っただけというふうに読み取ることもできる。



アースライズ

この馬の良さは、真っ直ぐ駆け上がれる走りが出来ていること、無駄がないこと。オークス上位に来た結果はそういった部分がありそうです。

→ 仕上がり面は文句なし、あとは古馬との力関係次第



イリュミナンス

京都の軽さよりは、阪神向きのゴツさがある走りが出来ているタイプでコース替わりは良い。



ウインプリメーラ

フォトパドックを見ても、追い切りをみても今はかなりデキが良いタイプで充実しています。出来れば内目の枠で器用さを生かしタイプだっただけにこの枠順は大きなハンデになりそう。




シャトーブランシュ

馬体がきっちり仕上がっている、走りも安定感があり仕上がり自体は良い。パワータイプなので阪神もプラス



パワースポット


馬体も良く、ここ目標にしっかり仕上げてこれた感がある。明らかにパワー型で阪神の条件はマッチする。腰もしっかりしていて筋肉も強靭です。




マリアライト

この馬は牝馬としてはこのメンバーに入るとスケール感がある。ディープ産駒の良いところを受け継いでいて、牝馬特有のキレと弾ける筋肉を持っている。そういう意味では、東京コースや京都コースが合う感じで、阪神コース替わりはこの馬にとってベスト条件ではない。ただ、資質の高さは持っている。この条件をクリアできたらこの先は楽しみになる。



メイショウスザンナ

こちらもパワータイプです。どちらかというと一本調子な走りをするイメージで走る。デキ自体は良い。



リラヴァティ

いつもなりに走れていて問題はない。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 阪神タイプを狙うということを考えるとしたら、

◎13パワースポット

 明らかに中山牝馬よりデキは良い。条件マッチする。


〇02シャトーブランシュ

 デキ良し。この馬も阪神タイプのパワーある。高忠勝負週


▲15アドマイヤギャラン

 過去のレースの使い方に好感が持てる。牡馬相手に挑むということは厩舎なりに評価が高いということ。中京で勝てているので阪神も問題ない。前走は使っただけで予定通りのローテ、休み明け2戦目で2000という結果はそういうこと。


 あとは、地力上位マリアライト、リラヴァティ、バウンスシャッセあたりを押さえておけばよいでしょうか。




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

【号外】安田記念分析2015 

2015/06/07 Sun.



安田記念の一週前追い切り映像がある馬(=主催者が注目しているキャストという位置にいる馬)

ヴァンセンヌ
サクラゴスペル
サトノギャラント
ダノンシャーク
フィエロ
フルーキー
ミッキーアイル
モーリス
リアルインパクト
レッドアリオン






01サンライズメジャー

出来に関しては絶好調です。今はかなり高い位置で心身充実期です。あとは東京マイル適性次第です。デキという面から判断すると、3連系では押さえたい面はある。



02ダノンシャーク

一週前にしっかり鬼時計で追い切られている。この時計を出せるということはしっかり体力がついている証拠である。最終追い切りも躍動感が合ってよい。



03ダイワマッジョーレ

矢作きゅう舎の勝負仕上げパターンでデキに関しては文句無さそうです。ここ2走は凡走していますが、リズムを崩した負け方ではないので巻き返せるモノは持っている。ミルコの継続騎乗も良い。


04メイショウマンボ

リズム悪く硬いタイプでこのスペシャル条件では分が悪い


05ミッキーアイル

典型的なディープ産駒で非常に良いものを遺伝している。筋肉は柔らかくて大きく弾む強さがある。天性の能力を持っている。資質に関しては,このメンバー中ナンバー1だと思います。ただ、東京マイルを走るための溜めを作る経験値が足りなく、まだ完成していない状況にあるのは否めない。軸にするにはリスキーな部分はあるが、突き抜けてもおかしくない能力は持つ。デキに関しても良い。


06モーリス

悪くはないですが、基本的にパワーがある感じで硬さもある。東京マイルで伸び伸び走るという条件設定となるとディープ産駒の仕上がりが良く充実している馬たちのほうに分がある。デキ自体は良いです。充実しています。ただ、適条件としては完ぺきではないというもの。馬場も時計がかかる設定のほうがベターな走り


07サクラゴスペル

デキだけは半端なく良いです。凄く充実しています。そういう意味では押さえてい置きたい馬ですが、東京マイルを走らせるためのステップを踏めていないので大きく評価するにはリスキーな面はある。デキだけでクリアできる条件とは思ってはいないので・・・・でも配当のアクセントに3連系で押さえたい面はある。

→ ストライドが伸びなくてカッチリしている面があるので、距離の壁はありそう。スローペースなら面白いですが、レースペース次第



08レッドアリオン

フォトパでも追い切りでも馬体はかなり良いですね。最終追い切りでは真面目に走っていません。ただ、前走でもレースに行って走れているので問題ない。今なら東京コースも合うと思います。


09リアルインパクト

とにかくリズム良く安田記念を迎えられる点は非常に良い。恐らく、これまでにないくらい良い臨戦とデキで本番を迎えられると思っています。安田記念は体力勝負になるのでリアルインパクトにとっては適条件、しっかり能力を出し切らせる内田騎手との手も合うはず。


10フィエロ

追い切りを観ましたが、最終追い切りの動きは抜群でした。マイラーズカップを叩いて本番ということで予定通りに迎える本番でしょう。ただ、いつも過剰人気する馬なのは嫌な部分


11ブレイズアトレイル

出来に関してはこの馬も文句なく素晴らしいです。ただ、基本的には格下感は強い。馬場が渋ったほうが持ち前のパワーが生きるのですが、馬場が良いならディープ産駒のほうに分がある。デキだけで考えるなら押さえたい


12クラレント

ここ最近見る中では一番良い仕上げが施されています。ここ2走は好走条件から外れていたので、今回はマッチします。適性はあるので穴では押さえたい馬ではあります。


13ヴァンセンヌ

大きく飛べて追い込み勝負になるなら強そうな感じです。何故かフラガラッハと被る部分がある。追い込める条件になるなら浮上してきます。時計がかかる馬場のほうがベター


14サトノギャラント

基本的には格下でしょう。


15ケイアイエレガント

出来に関してはこれまで見てきた中で一番良い出来です。ただ、牝馬限定戦とい安田記念とでは大きくレース条件は違う。見せ場は作ると思いますが。


16カレンブラックヒル

この馬もデキ自体はかなり良いです。ただ先行馬で馬場も重い方が良い、大外枠配置と条件は悪い


17エキストラエンド

内面的に停滞してきている状態で角居厩舎としての勝負調教にはなっていない。






◎02ダノンシャーク
〇09リアルインパクト
▲05ミッキーアイル
☆08レッドアリオン
穴馬03ダイワマッジョーレ
穴馬12クラレント
押さえ13ヴァンセンヌ
押さえ10フィエロ


ダノンシャークはデキは抜群ですね。柔らかさもあるし、安田記念実績からも適性もある。7歳も衰えなし。完成度の差でミッキーアイルより上という評価です。

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

鳴尾記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/06/06 Sat.

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



 今日は保育園の運動会です!練習の話をきくと、今年はヤル気がみなぎっていて結果が出ているようです!ようやくうちの子供たちも覚醒してきました(笑)

 これから場所取りにいくので、時間もないので簡単に書いておきます。 


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 鳴尾記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アズマシャトル加用

栗DP3頭併せ和田終い気合81.0-64.5-49.5-35.8-11.5

ポリトラック追いですが、大外をまわしてしっかり終い加速が出来ている。重苦しさもなく馬体の仕上がりも上々


→ 基本的に遠征競馬よりも、京都、阪神と地元開催で結果を出しているタイプ。そういう意味では慣れない遠征競馬だった前走は度外視で良いかも。2着とは0.4秒差で大きく負けてもいない。




エアソミュール角居

栗CW併せ馬Mデムーロ馬なり70.1-54.8-40.4-12.3

レースまでにテンションを上げ過ぎないようにするための直前軽めで折り合わせる追い切りです。エアソミュールに関してはいつもの角居流とは別メニューです。馬体もスッキリ見せて重苦しさもない。




エーティータラント木原

栗CW単走終い気合83.9-68.0-53.4-40.0-12.0

動きはキビキビできているのでデキ自体は良い。もうちょっと溜めを作って鞍上と呼吸を合せる追い切りが出来れば良いが、馬の資質でカバーしている部分が多そう。ダラっと脚を使う印象で阪神よりも京都ベターな可能性は高い。





グランデッツァ平田

栗坂単走川田馬なり53.0-37.8-24.5-12.4

緊張感をもってしっかり走れている。馬は集中モードといったところ。出来に関しては文句なし。ただ、理想は京都1800mでドンピシャ条件からちょっと今回は条件が厳しくなる。




クランモンタナ音無

栗坂併せ馬ルメール終い強め52.8-39.0-25.8-13.3

馬場が重たいにしても終い1Fは一杯になっていますね。体型や走法的には阪神タイプではある。近況リズムも崩していて不安面もある。デキも一息




トウケイヘイロー清水久

栗Cw単走黒岩馬なり83.4-67.2-53.3-40.0-12.7

鬼時計を出すイメージだが、抑えた走りです。それでもしっかり溜めを作りながら走れているのでリズムを崩したあとの流れですが、悪くはない感じです。休み明けは変われるタイミングです。




マジェスティハーツ松永昌

栗CW単走武幸終い仕掛け82.1-65.6-51.2-38.1-12.0

見せムチしてからギュンと仕掛ける、躍動感が合ってデキ自体は良い。もっと上手に身体をつかえたらと思う部分はありますが、走法からは阪神はマッチしそうです。京都だとフォームが伸び切らないので限界値があるが、阪神のパワー質は逆に合いそう。




マックスドリーム宮

栗坂単走終い一杯52.6-38.4-25.6-13,2

馬体はパンとしていて躍動感が合ってデキ自体は素晴らしいと思います。ただ、脚が長いタイプでロングスパート型、追い込みが効く京都設定が良く、阪神は得意な走りではない。




メイショウナルト武田

栗CW単走終い強め82.7-65.8-51.7-38.2-13.2

なんか首差しや前の筋肉の付き方が物足りない感じです。夏馬なのでそろそろナルトの時期ですが、デキ自体は良い感じがしません。




ラブリーデイ池江

栗CW単走馬なり54.5-39.8-12.2

デキは引き続き良い。長丁場は明らかに合わないタイプでこの条件が合う。前脚の出し方からも京都より阪神タイプだと思っている馬でここは狙って仕上げてくるタイミングです。勢いある厩舎設定も良い。



レッドデイヴィス音無

栗坂併せ馬松若馬なり52.3-38.5-25.4-12.8

出来に関してはかなり良さそうですね。しっかりと仕上がっています。阪神タイプの馬でここは復活できるチャンスがある。あとは鞍上とのマッチング次第



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 時間が無いので簡単に。

◎10ラブリーデイ
〇02レッドデイヴィス
▲04アスマシャトル
穴06マジェスティハーツ
押さえ03エアソミュール



edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

安田記念出走馬フォトパドック診断2015 

2015/06/03 Wed.



 しばらくお休みしていたので、どうもリズムがつかめません。このままブログ辞めてもいいかな?ってくらいヤル気が冷え切っています(笑)

 習慣が途切れるというのは恐ろしい限り。

 仕事の第一次ピークがピークアウトしたので、比較的睡眠充電とれるようになりました。

 さて、安田記念ですね!

 昨年はダノンシャークから入ってショウナンマイティにぶっ刺されて悶絶したレースです。

 フォトパや追い切りからもグランプリボスは推せていました。悔しい限り。今年こそリベンジと行きたいです。

 ダービーも最後に読み間違えて、軸馬を変えて悶絶,サトノラーゼンで良かったでしたね・・・・・・・・

 どうもリズムが悪いですが、しっかり改善していきたいと思います。


→ にっこりちゅー!



◎ 安田記念出走馬フォトパドック診断2015


モーリス

腿からのラインから見ると繋ぎが急に寝ているので故障に注意が必要ですね。ちょっとアンバランスで曲飛な感じのほうが自然な形になる脚の形です。馬体はカッチリして仕上がりに関しては申し分ないでしょう。ただ基本的に前の肩の造りが硬くできている構造なのでそのへんをしっかりカバリングできる飛びが出来ているか追い切りで再確認してみたい。安田記念はトップスピードの持続力と根性勝負になるレースです。そういう意味では東京向きの走りが出来ていることが好走必要条件です。


リアルインパクト

阪神カップを期に再度目覚めた古豪です。昨年の安田記念でも馬体自体は良かったです。ただ、馬の目が覚めていなかったというもので今回はしっかりリズムがある点は良い。あとは遠征疲れさえなければ対応できる。馬体を見る限り、デキに関しては落ちているようには感じさせない。勢いある堀Q所属馬です。


サクラゴスペル

忙しくて競馬は見ていませんが、京王杯を勝ったんですね。びっくり(笑)。馬体は無駄がなく毛艶も良い。デキに関しては絶好調でしょう。勝って勢いもあり、やる気満々で良いリズムで出走できる。状態面は絶好調


サンライズメジャー

マイラーズカップでも距離不安説を挙げた馬でここで格上マイル戦になるとやはり不安点は残る馬体です。マイラーズカップはバイアスをうまく利用できたという強みもあったのでここでも強調するのは難しい。


カレンブラックヒル

重厚に作れています。ダイワメジャーらしさが出ていますね。デキに関しては良さそうです。ただ、昔のようにチャンピオン気質な部分が落ちてきているので好走レンジも狭くなっている。ダウン戦で自分の適性に合う舞台で好走してきた部分もあるのでこの条件は性格や適性的に厳しい。3歳時のハイパフォーマンスは逆に凄かった。


ダノンシャーク

間隔を開けていますが、馬体の仕上がりに関しては良い。パワフルにどっしり作れている。昨年同様に安田記念仕様のパワフル仕様に作り上げてきている。適度に間隔開けた方が良いタイプなので逆に良いローテになるイメージはある。



ダイワマッジョーレ

ガッチリ作れていてデキ自体は非常に良い。ちょっと脚が長くはないタイプでガチっとし過ぎている面がある。こういう体型だと、東京向きのストライドというよりは阪神向きのパワーが向くタイプに多い。そういう意味で足りなさが出てしまった京王杯だった可能性が高い。

→ 過去に【京王杯やマイルチャンピオンシップを好走できているのでまるっきりダメという訳ではない。今回の馬体の造りがそちら方面に特化した形になっている嫌いがあるということ。デキ自体は絶好調



フィエロ

マイルチャンピオンシップでも信じれなかったようにフォトパでは緩く見せるタイプです。それは今回も同じでむしろマイラーズカップのほうが良く見せているように見える。大きな上積みは感じさせない。



レッドアリオン

馬体がカッチリ決まっていますね。とにかく絶好調なのでしょう。前走評価できなかったのがちょっと悔しいですね。(追い切りで真面目に走らなくなっていたので騙されました。)心身ともに充実しているリズムを有していて、最高のステップとデキでの出走タイミングになる。もともと東京コースは馬体的にもOK



ミッキーアイル

溜めを覚えて新味を出してきた。馬体的にもスケールはある馬で今後マイル以下で主役になれるスター性を持っていると感じます。資質は高い。胴が長く筋肉の質も良い。スピードも合って大きく飛べる。内面が成長してしっかり溜められるようになれば文句なしと思っていた馬でそれができるようになってきた。ここでもそれができるなら最有力候補になれる器である。デキに関しても良し。


ヴァンセンヌ

こちらもディープらしさをもつ足長くんで質のよい筋肉を受け継いでいるタイプです。馬体もしっかり仕上がった折。能力は出せる状態です。




≪ 総 評 ≫

 デキが悪いという馬は総じて少ないです。しっかり仕上げられてきている馬が多い。

 東京向きでトップスピード能力がありそうな馬体を持つ馬を推してみると


◎ミッキーアイル
〇レッドアリオン
▲ヴァンセンヌ
☆ダノンシャーク


 どちらにせよ、ディープインパクト産駒は特注で注意したいですね。

 中でも推したい馬は、ミッキーアイル になる。

 一番人気になるなら嫌いたいが、伏兵人気に位置するなら、この馬を中心視したい可能性は高い(現時点においては)






人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2015-06