調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

フローラステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/04/24 Fri.

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 今週はどうも疲労が抜けなくて、なかなか起きれませんでした^^;



<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 



◎ フローラステークス出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アスカビレン中尾

栗坂単走終い仕掛け55.6-40.9-25.9-12.4

芯がしっかりしている感じでブレないで真っ直ぐ走る。時計的には攻めてはいないが,走りに関しては非常に良い。

→ 東京コースなので、しっかり真っ直ぐ走る挙動は大事

→ 肩は立っていてブラックタイドの良い部分の脚の長さはそこまでない部分はある。前走パドックは気配良かった。




アドマイヤピンク戸田博文

美南W併せ馬馬なり67.6-53.2-40.0-14.0

調教時自ら稽古をつける。胴や脚が長くて中山というよりも東京でも走れそう。ただ、速い脚も無さそうでスローからの瞬発力勝負になると辛そうな感じはする。馬体は引き締まっており,デキに関しては高い位置で仕上がっている。

→ 前走マイル戦で後方から追い込んで3着,明らかに距離が延びて良くなる臨戦,あとは内枠先行有利の開幕週バイアスにならなければ良い。

→ タフに追い込んでくるタイプに見えて、軽さ勝負の瞬発力戦は向かない印象の追い切りでの走り



エバーシャルマン堀

美南W単走二本柳馬なり55.8-40.4-12.9

胴が長くて走法はしっかり掻き込めてバネが効いているタイプ。瞬発力は秘めている走りを見せてくれている。馬体は締まっていて牝馬らしい軽さも備えているタイプ。キャリア三戦目という完成度部分で劣るが素質で勝負できるかがポイントになりそう。

→ 堀先生なのでここでもやれると踏んでこのレースを選んできた可能性は高い

→ 後躯の可動域とバネ感は◎



グリーヌシチー相沢

美南W併せ馬三浦馬なり67.4-52.6-38.6-12.9

併せ馬でしっかり内面に負荷がかかっている。ハーツ産駒で後躯の稼働が良い感じです。




ゴージャスガール大竹

美南W併せ馬馬なり69.5-53.9-39.6-13.5

馬体はキッチリ仕上がっていてデキに関しては問題ない。ただ、ちょっと硬い感じがする走りでキレ勝負になると劣ってしまうイメージを感じさせる。ガッチリと作りこんでしまっているという印象でこうなるとダートのほうが良いのでは?という印象を受ける。

→ ショウナンワダチにしても、個々の厩舎はガチっと作ってしまう印象です。

→ 内面にしっかり負荷がかかって、デキという面では文句はなさそう。馬体レベルでは仕上げレベル高い。





サダムブルーハワイ藤岡

栗CW併せ馬城戸終い一杯68.3-53.4-38.7-12.1

とにかく究極に硬い。牝馬特有の良さが無いので個々の条件で好走するには特殊条件である必要がある。




シングウィズジョイ友道

栗坂単走終い強め52.9-39.1-26.2-13.2

しっかり真っ直ぐ走ってくるが、ちょっとゴツゴツしたところがあってキレるというスマートさが無いタイプ。それは戦績に示されている通りです。

→ 牝馬同士でパワー勝負設定が合うので阪神や中京ベターな馬




タマモボレロ伊藤圭

美南W併せ馬馬なり68.0-53.2-39.5-13.3

極めて仕上げてきたという感じはしないこの馬なりに調整してきたという感じ。




ディアマイダーリン菊沢徳

美坂併せ馬馬なり56.9-42.1-27.8-14.0

馬なり調整で負荷は軽め。この馬なりのペースで仕上げてきている印象です。





ナガラフラワー高橋亮

栗CW単走川島馬なり84.0-67.2-51.8-38.7-11.9

胴は標準で脚もそこまで長くはないタイプなので,基本的にはマイルくらいがちょうどよい馬の印象ですが、飛びが非常に良い馬です。力強くまっすぐ,そして肩を前に出しながらも俊敏に走れている。スローペースになれば、距離はごまかせそうなタイプでそこからの末脚勝負に持ち込めるなら面白い存在です。

→ ベルルミエールで信頼を得ている川島信二騎手を起用

→ この馬はいいものを持っているのでここで走らなくてもこの先走ってきます。




バンゴール尾関

美南W併せ馬終い気合68.5-53.3-38.2-13.3

脚が長くてスマートに走る。キンカメ産駒らしい真面目さも持つ。

→ 心身仕上がりレベルは高い




フロレットアレー小島茂

美南W単走馬なり70.4-53.8-38.8-13.2

ディープインパクト仔らしい柔らかそうな筋肉を持つタイプです。ただ、前枝の出がちょっと硬めでもう少しバネ感が出ているともっと良かった。それでも後躯の可動域や柔らかさなど良い部分はしっかり引き継がれている印象です。

→ 真面目さもあります。




マキシマムドパリ松元

栗坂単走馬なり55.2-40.1-25.6-12.5

いい馬ですね。ちょっと硬めの印象もありますが、いい意味でキンカメの血を引き継いでいる走りが出来ている。真面目でしっかり駆け上がれている。馬体も良くブレない感じで身体もしっかり仕上がっている。




リアンドジュエリー奥村

美坂3頭併せ馬なり58.2-43.4-27.9-13.8

クロフネ産駒の牝馬らしい柔らかさと強さを持って走れているタイプで気が良さそうなタイプです。気が良いタイプなので普通に凡走から巻き返せている戦績です。ただ、気が向かなかったり、ストレスがあると普通に凡走しそうです。

→ 走り的には距離は長くない方が良さそうも、この時期の牝馬限定戦はスローになるので誤魔化せる部分はある。



レッドカーラ松永幹夫

栗坂併せ馬終い一杯55.2-40.1-26.5-13.2

ちょっとまだ完成度が低い印象です。それでも500万下で結果は出していますが、基本的に安定しないタイプに見える。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ アスカビレン、ゴージャスガール、ナガラフラワー、マキシマムドパリ、アドマイヤピンク

B  エバーシャルマン

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 サラっと追い切り映像を見ましたが、この段階では勝負するレースではなく、軽く遊ぶレースといった印象が強いです。

 そのくらい、抜きで他馬がいない小粒な馬が多いということ。

 とりあえず、デキは間違いなく良い馬をB+,いいものを持っている馬をB評価で挙げておきます。

 個人的には、無理して参加しなくてもいいかなと思う設定です。




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 1
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

マイラーズカップ、フローラステークス出走馬フォトパドック診断2015 

2015/04/21 Tue.

 皐月賞はすいませんでした。やはりG1、しかもクラシック!!ということで、熱く一点に賭けて、二人の諭吉さんの逃亡を許してしまいました(笑)

 まぁクラシックをしっかり的中させたい!そういう想いで競馬を観察している部分もあるのでこればかりは、「イベント」と割り切っていきたいと思います。あとは、的中できる勝負勘をしっかり育成することでしょうね。

 ドゥラメンテは強すぎました。ダービーでこその馬という見立てで、次のダービー舞台への変更は明らかにプラス材料で一番人気で重力を背負う以外は一番勝ちに近い存在でしょう。

 適性面を絶対能力でカバーできた事実、ミルコの道中イン溜め、ハイペ―スなど条件が揃って皐月賞は結果を出した。次回はそこまで材料を求めなくても自力で結果を出しやすい舞台です。

 ドゥラメンテに違和感を感じさせたのは、朝のオッズ、単勝ベースで完全三つ巴で、「ここまで売れて評価されるの?皐月賞は厳しいんぢゃない?」というのが感想でしたが、ある筋は自信を持って仕込んでいたということになるのでしょうね。

 自分の想定しているオッズ以上に売れている場合,何か裏があることが多いことが良くあります。そういう違和感を感じながら当日BETしましたが、やはり違和感にやられた感じです。この辺も含めて感じ取って馬券に落とし込める感性が欲しいですね。

※当日、ドゥラメンテについて、何度も自分なりに見直しをかけている呟きが、その葛藤の履歴です(笑)

 サトノクラウンの敗戦は、出負け、ナチュラルスピード負け、道中大外からの大振られ と 負の条件が揃ってしまった。やはり多少時計がかかる条件のほうが合いそうで、ベストな条件ではなかったということになる。

 パドックは、ブライトエンブレムがやはりかなり仕上げていました。

 ドゥラメンテはやはり、胴長く脚も長くて小回りよりも大箱向きの馬体構成という判断でした。

 キタサンブラックは、追い切りも良かったし、パドックも良かったです。ただ、前走恵まれているので乗り替わりも含めて大きく評価しなかった。負の部分をうまく克服してきての3着、サトノクラウンと真逆の利を得た形です。


 結論として,スピード対応できなかった部分もありますが、サトノクラウンに関してはちょっと「運」が足りなかったということになりそうです。サトノ馬はそういう運命にあるのでしょうか(笑)


 とりあえず、ダービー馬は自分の中でほぼ確定してしまっているので、今後の楽しみはこの馬が強い競馬でダービーを勝つことを見ることくらいでしょうか。


 ただ、ミルコが「この馬のテンションの高さは課題」と言っているので、スローペースで折り合い欠いて・・・・・・・・・というストーリーはありえる話です。皐月賞の速いペースに助けられた部分もありそうですからね~折り合いに関しては。競馬に絶対はないということでしょうか。


 ただ、馬体理論的にはダービー向きなのは確かで、陣営がしっかり溜めを作れる教育を施して出走してこれるかが大きなカギになりそうです。



◎ マイラーズカップ出走馬フォトパドック診断2015

 最近は,起床が朝の6時過ぎになってしまって、雑務もこなしてからの7時までの分析&更新時間・・・・・・ちょっと短いですね・・・・・そんな限られた時間で対応しています。小出しになってスイマセン。


フィエロ

休み明けですが、馬体に関してはしっかり仕上がっている。個人的にはマイルチャンピオンシップのときより良いように見えます。昨年以上に成長してきた姿を追い切りやレースで確認したいです。

→ 昨年のマイラーズカップのフォトパも素晴らしい馬体を見せてくれている。

→ マイルチャンピオンシップでも語りましたが、デインヒルらしさも見られる馬体、かといってハービンジャーのような鈍重様ではないのでしょうね。それがディープの血でしょうか。



ダノンシャーク

細いかな?というくらいスッキリした馬体で逆に結果を出してきているので、前走比でスカっとしてきたのは好材料ととらえて良い。フォトパ時点では良い印象を受けます。


グランデッツァ

休み明けですがまったく太目感はない。あばらが見える感じで研ぎ澄ましている。張り・艶が出てくれば完ぺきです。京都開幕戦を狙いすましてじっくり充電させてきたローテはヤリ気配という意味で好感が持てる。



フルーキー

いい意味で安定しています。この馬は走らせてみると身体の使い方が硬いタイプで京都の軽さ勝負に向くのか?といわれると厳しい部分があると思っています。


ディアデラマドレ

牝馬限定戦では、上位にいることを証明した昨年でした。今年は牡馬混合でもやれるか?その辺を試すためのここのステップです。エリ女より明らかに馬体は絞れており、毛艶も良くて皮膚も薄い、仕上がりは上々です。あとは脚質的に追い込み系なので、京都開幕週の馬場が助けてくれない可能性が高いということだけがポイントでしょうね。


サンライズメジャー

ダイワメジャーらしい強靭な筋肉を見せてくれている。胴は短く見えるが、胴にボリュームがあるせいでそう見える部分もある。脚は長いしその部分でも距離は誤魔化せる。肩が立っていて足元も柔らかい感じではない。基本的に軽さ勝負は向かないパワー型というイメージを感じさせます。そういう意味では、京都向きの軽さはこのクラスに入ると足りない印象です。デキ自体は良さそうです。

→ 馬柱を今見ましたが、それでも京都コースで好走している実績を持つ。ただ、距離的にはマイルになってどうでしょうね。1400mは対応できている事実はある。立ち肩な部分を見ると軽さ勝負の距離延長は不利な印象


≪ 総 評 ≫


 ここではまだ序列はつけない方が良さそうです。ですので、あくまで各馬コメントということで終わらせておきます^^;






◎ フローラステークス出走馬フォトパドック診断2015





≪ 総 評 ≫





人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 2ndSTAGE 【 TRAINNING&DATA ANALYSIS 】

皐月賞を獲りたい!!2015 

2015/04/19 Sun.

 疲労がピークで,土曜日は保育園の参観日を終えて外食から帰宅からの昼寝爆睡でした(笑)

 夜も引き続きしっかり睡眠をとって、疲労とストレスはしっかり抜けました。時間は限られているので言葉足らずになる部分は多いと思いますが、しっかり分析していきたいと思います。

 桜花賞はうまくハマりすぎた部分はありますが、各馬のポイントをしっかり押さえていたからこそ、読み切れた部分はあります。あとは騎手特性ですね。

 (補足:コンテッサトゥーレは、距離は足りませんが、インでうまくロスなく立ち回るなら・・・・という設定をえていた状況で切ったのは判断ミスでした。しっかり押さえて的中している皆様はおめでとうございます!)

 皐月賞もしっかりツボを押さえた予想ができればいいと思っています。
-- 続きを読む --


= 当記事内容の取扱いについて =  あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています。

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

皐月賞出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/04/17 Fri.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 豆大福さん、儲け過ぎです(笑) 上納金待ってます!(笑)




<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ 皐月賞出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。




キタサンブラック清水久

栗CW3頭併せ馬なり浜中81.6-65.2-50.8-37.6-12.0

脚が長くて身体を上手にコンパクトに使って推進力に替えられている。しっかり最後まで気を抜かないで伸び切れる強さもあるので心身ともに今は本当に具合が良さそうですね!充実しています。身体の使い方がほんとにいいです。

→ 前脚の出は硬いところありますが,こういうタイプのほうが小回りでの器用さがある。脚の長さでストライドも稼げているyタイプ。

→ デキに関しては本当に充実している感じを見せてくれている。




クラリティスカイ友道

栗DP併せ馬川須馬なり78.2-62.8-49.0-35.7-11.5

前脚がしっかり前に出せるタイプで大きく走れるが骨太で筋肉が硬く,力強い走りに偏ってしまうタイプ。小回り向きではないです。大箱でパワーが必須な条件で激走しますので、その条件を目標に仕上げてきてほしい馬です。条件が揃ったときは激走しますので穴馬として的中させましょう。




コメート土田

美坂単走加藤馬なり59.2-44.3-29.9-15.4

成長力でどうでしょうか。G1でという厩舎でもない。




サトノクラウン

美南W併せ馬馬なり54.8-39.8-12.6

馬なりからの一気に弾け飛ぶ。馬が真面目で身体もしっかりできている。充実しているから必然と内面も走ることに楽しさを見出しているというそんなプラスの連鎖を引き起こしているようにみえます。一瞬で弾けられる性能は小回りコースではある意味武器になる。


≪一週前≫

美南W併せ馬終い一杯83.9-68.8-53.4-38.4-12.7

堀きゅう舎としては珍しい一杯追い調整です。肩ムチを入れて気合をつけて併走馬を突き放す。1頭になっても集中して走れていて真面目さと闘争心を持つことが確認できる。一週前にビシっと追ったので今週はその効果が確認できる追い切りを見せてもらいたい。




スピリッツミノル本田

栗CW併せ馬酒井学終い一杯83.7-66.4-51.5-38.0-12.1

この馬は典型的な硬いタイプでどちらかと言えば、ダート馬っぽい走りをするタイプです。不良馬場でパワー重視の馬場にならないと基本的には出番にはないと思います。芝のトップスピード勝負になると明らかに分が悪いタイプです。





タガノエスプレッソ五十嵐

栗CW併せ馬菱田馬なり84.6-68.5-54.0-39.5-12.1

馬なりでしっかり併せ馬を消化し、最後まで内面に負荷がかかっています。ゴチャついた状況のインから併せているので馬体や挙動が見ずらい難点があります。



ダノンプラチナ国枝

美南W併せ馬蛯名馬なり69.9-54.5-40.1-12.7

筋肉のボリュームが素晴らしく,パワーを持っているディープ産駒型という見立てです。前脚をしっかり前に出して走れて大きく飛べるタイプであり、明らかに東京コースや阪神、中京でハイラップ戦に強いチャンピオンタイプだと思います。基本的に小回りでパフォーマンスを出し切れる走りではないと思っています。デキに関しては,一週前と比較して明らかに良さそうです。


≪一週前≫

美坂併せ馬終い気合56.0-41.6-27.6-14.1

ちょっと終いの反応が甘い部分は気になります。ディープ産駒ですがパワーフルな部分も持つバランスの良いタイプです。馬場が重い設定にしても併走馬に後れを取ってしまった点は気になる材料です。





ダノンリバティ音無

栗坂併せ馬岩田終い気合54.6-39.4-25.5-12.6

馬場は重そうでしたが、最後まで集中してしっかり伸び切る姿勢を見せてくれている。

→ パワーがある馬でグイグイ伸びる力強さがある。パワーが生きる馬場だとハイパフォーマンスを見せられる出来にある。




ドゥラメンテ堀

美南W併せ馬Mデム馬なり56.0-40.2-12.6

いい意味で力強くなって成長してきた馬体と走りを見せてくれている。これならパワー負けはしません。逞しく成長しています。胴と脚の長さを生かせるストライドを持っているので,良さが生きる展開、差し馬場など条件は揃うことが好走条件になってくると思います。

→ 中山コースはトリッキーで騎手力も大事です。





ブライトエンブレム小島茂

美南W3頭併せ田辺馬なり67.1-51.9-38.5-13.0

併せ馬の最内で終始併せている形なので挙動は見えないのですが、楽に併せて内面に終始負荷をかけている。フォトパと繋げても万全な状態で仕上げてきたと思っています。

→ 直前でビシビシ追ってくるよりは、こういう余裕持って仕上げてくるパターンが個人的には評価出来るタイプ

→ 当日で差し馬場であることが確認できたら面白い。





ベルラップ須貝

栗坂併せ馬終い一杯53.2-38.3-25.0-12.8

一杯に追ってきますが追われて併走馬に劣ってしまう部分はちょっと物足りなさを感じさせる。



ベルーフ池江

栗DP併せ馬終い一杯82.2-66.4-52.1-39.0-12.3

ポリトラ追いですか。追ってからは突き抜けてくる。この部分は良い。時計面に関しては平凡です。



ミュゼエイリアン黒岩

美南W3頭併せ柴山馬なり68.1-51.8-38.8-13.3

前脚を前に出して大きく豪快に飛んでいる感じなので,小回りでは加速力負けしそうなイメージです。前で上手く流れを作れるならその不器用さはカバーできるが後手後手になってくると前が止まる展開でないと厳しい。

→ 内面はしっかり真面目さと強さを出している。




リアルスティール矢作

栗坂併せ馬福永終い見せムチ52.1-37.8-24.5-12.3

この不良馬場で楽に52秒出す身体能力は凄い。最後まで伸び切るし,柔らかさだけではなくパワーも兼備しているということになる。基本的な身体能力は高い。加速するときの反応は良いタイプで,大箱よりも小回りコースで他馬よりパフォーマンスを出せるタイプに見えます。内面は真面目で安定しています。



≪一週前≫


栗CW併せ馬福永終い一杯81.1-66.0-51.2-37.4-11.8

ゆったり走らせてからギュンっと反応させて終いまで伸ばす追い切りです。完歩ピッチが大きい方ではないので、仕掛けたときの反応の良さは見ていてわかります。どちらかと言えば、ギュンっと反応するタイプで大きなストライド型ではない。東京コースもこなせますが、スローからロスなく瞬発力戦になるときは強いパフォを出せるが、ハイレベル戦になると最後遅れは獲りそうなタイプです。完歩の器用さで勝負できる皐月賞でこそ勝負したいタイプです。





ワンダーアツレッタ河内

栗CW併せ馬岩崎馬なり85.7-68.6-53.6-39.3-12.0

併せ馬で終始内面に負荷をかける感じです。出来に関しては更に上昇してきているという感じはしません。






☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  リアルスティール、サトノクラウン
    
B+ ブライトエンブレム、ドゥラメンテ、キタサンブラック。ダノンリバティ

B  ダノンプラチナ

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 時間があれば当日までに特設ページを作るか、ここで簡単に考えたことを書いてみます。






= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

皐月賞出走馬フォトパドック診断2015 

2015/04/15 Wed.

 お疲れ様です!日曜日は朝早くから仕事で地方に出ていました。時間的に余裕があるときに携帯からコッソリブログに記事をアップしておきました。

 それが、たまたまハマったようでしたね^^;

 twitterでもリアルタイムで呟いていましたが、33秒台の脚を使って差せる馬場なら,重馬場負けしたクルミナルは熱いと判断していました。

 馬券は完璧や!と思いきや、3着に距離長いと判断していたコンテッサトゥーレが来てしまって、ワイド2本獲り+3連複的中とはいかず、馬連とワイド1本のみの渋い的中でした^^;

 この勢いで皐月賞にも臨みたいですね!

 多くの激励コメありがとうございます。レスしたいですが、時間が無いので申し訳ありません。 

 G1恒例ですが、とりあえず、データだけ作りましたので・・・・・いつものを(笑)

 なかなか疲れが取れません。休みが欲しいです。ゆっくりと温泉につかりたいなぁ。無理が効きずらくなってきたということは私ももう若くないですね。うまくドーピングしながら今週も乗り切っていきます。。。。。


◎ 皐月賞出走馬フォトパドック診断2015

 >>> にっこりちゅー!

 サトノクラウン

デキは弥生賞より明らかに良くなっています。馬体が引き締まって無駄肉が落ちている。一度使った効果が見られます。前走時でも良い馬体を見せてくれていましたが、それ以上に引き締まって良い部分を見せてくれているというもの。



リアルスティール

いい馬ですね~!スプリングステークスのときでもいい馬体です。馬体はどっしりしてきて牡馬らしい雰囲気を見せてくれている。バランスも良い。パワーもついてきていい感じです。共同通信杯から比較してもかなり成長しています。




ドゥラメンテ

脚が長くて胴がしっかりしているタイプで、いかにもダービー向きな馬体を見せてくれている。。皐月賞では器用さ負けする部分があるので、そこを理解してダービーに繋がるレースが出来ればよいタイプだと思います。立ち姿はバランスよくなってきた感じです。




ダノンプラチナ

脚が長くディープ産駒らしさがある。この馬は前走の返し馬で凄く集中している姿を見せてくれて、内面は非常に優秀な馬だと感じさせてくれました。肩が立ち気味なので前で書き込めるグリップ力がありそうなタイプ。距離は脚の長さと飛びでカバーできる。ただ、豪快なタイプなので、小回りで急かされるよりもじっくり追い込めるコースが良い。パワーもあるので中京や阪神が良いタイプです。デキに関しては安定しています。馬体という面では朝日杯から大きく成長した感じはそこまでないです。




ブライトエンブレム

前走でもメイチに仕上げてきた馬で今回もその良さは持続できている馬体です。更に背中や腰、お尻が強くなってきた感じで明らかにピークに仕上げてこれている感じです。ダービー勝負ではなく、皐月賞勝負の「メイチ勝負態勢」にあるという判断になります。(フォトパ段階では)




キタサンブラック

脚が長くて肩もしっかりしているタイプ、いい馬ですね。前走比で更に上昇してきた感じはないですが、この馬としていいものは持っている馬です。肩の感じを見ると、ダービーよりは皐月賞で前走のように上手く立ち回れるなら見せ場はあるはず。



グァンチャーレ

基本的に胴が短くてマイラー体型なんですが、武騎手が上手く乗って距離を誤魔化せているのが前走です。脚が長い部分でもカバーできていると思われます。基本的にそこまで皐月賞ドンピシャタイプの適性を持っているとは思っていません。イン馬場生きている設定でロスなくインから競馬できれば適性を誤魔化すことは可能です、




ペルーフ

京成杯の時点でしっかり仕上がっていた馬でそこから大きく成長してきたかといわれるとそこまでの成長は感じさせない。前走時でもデキの良さはあった。今回も仕上がり面は悪くない。




クラリティスカイ

基本的に筋肉が勝っている硬そうなタイプで、パワー重視タイプに見えます。馬場が重たいパワー偏重のレース質になるなら出番はありますが、上位人気に想定される馬が走れる馬場なら明らかに柔らかさ負けするタイプです。




ミュゼエイリアン

肩が立っていて胴が長くパワーも内包していそうな馬体です。繋ぎも立ち気味でちょっと硬そうなタイプに見えますが、それが生きる設定なら楽しみはある。デキは悪くない。



タガノエスプレッソ

脚が長く胴は詰まっており、基本的にはマイルベスト。今の時期は同世代戦なので乗り方次第で距離は誤魔化せている。デキ自体は非常に良い。

→ ブラックタイド産駒でもいい馬が出ますね~ さすが「血」ですね。


≪ 総 評 ≫





人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 2ndSTAGE 【 TRAINNING&DATA ANALYSIS 】

桜花賞を考える2015 

2015/04/12 Sun.

桜花賞を簡単に予想してみました。

◎06レッツゴードンキ

フォトパみてまず思ったのは、とにかくデキが良いということ。阪神JFよりデキは明らかに良い。一度使って確実に上向きで上積み必死です。

追い切り映像も見ましたが、一週前ビシっと追って好時計、今週は流しながら非常に良い動きを見せてくれている。

基本的にキレよりもパワーも内包しているタイプで阪神向きのタイプです。

阪神マイル実績も0200

前走はココロノアイに負けましたが、戦法的な不利があったのと、重馬場適正差が出ただけ。今日くらいの馬場なら逆転があってもよい。

プラス補正評価として、岩田騎手鞍上であることも評価できる。

勝負強いジョッキーで伏兵評価のときこそ能力を発揮するタイプです。

デキは万全、適正証明もできており、マークする側の立場で勝負強い騎手が乗る。

ここで結果を出せる条件が揃ったと判断します。


ルージュバックですが、抜けた断然人気という部分というオッズ補正(関東馬でB級厩舎、地の利も不利でマークされる側)でレッツゴードンキを上に評価しています。

 馬券は、単複、3連福、馬連、ワイド、どう買おうかこれから迷います(笑)

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

桜花賞出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/04/10 Fri.






※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 飲み会ラッシュも今日で最後です。二日酔いにならないように気を付けます(笑)

 今週は土日も出勤ですので、続編が書けるか心配な部分はありますが、可能な限り、追い切り映像等をチェックしてみたいと思っています。フォトパの続きも書きたいところです。


<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ 桜花賞出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



コンテッサトゥーレ安田隆

栗坂単走ルメール馬なり55.8-40./1-25.7-12.6

走りを見ると,しっかり掻き込めてグリップも効いているし、重馬場をこなせないタイプには見えない。それでいて前走負けたのは,距離とタフな馬場でスピード性能が生きなかったというものでしょう。資質の高さは間違いなくあるタイプですが、適性面では前走での証明と追い切りでの動きでみて、やはり1400m以下のほうが良いという判断になる。

→ 内枠で上手く器用に脚を溜めて弾けさせられたら距離を誤魔化すことできるかもしれない。

→ 前走映像チェックしましたが、上手く道中は溜めてましたが弾けさせられ無い内容で距離が長いという判断になる。





ムーンエクスプレス鈴木孝

栗坂単走松山馬なり54.3-39.2-25.7-12.7

この馬なりに大きく走れている。力強さもある。マイルはベストではないですが、こなせる身体能力はある。あとは相手関係次第です。理想は1400mくらいで瞬発力ギア勝負にならないレース。それを考えると桜花賞は厳しい舞台でしょうか。

→ 馬場はキレが死ぬ設定のほうが良い。




ノットフォーマル中野栄

美南P併せ馬馬なり69.7-54.6-40.4-12.3

毛艶はピカピカで馬体の張りは良い。追い切りとしては控えた感じでポリトラックなので見栄えはさほどしません。ただ、馬体や動きを見てみると、この馬としてピークに仕上げてきたことがわかる感じです。




トーセンラーク菅原

美南W併せ馬吉田隼馬なり59.5-43.1-13.3

併せ馬でしっかり内面に負荷は掛かっている。早熟馬で完成胴の高さで勝負していた馬,この時期に来ると先行者メリットは生きてこないでしょう。




ペルフィカ岡田稲

栗坂単走終い気合55.9-39.7-25.4-12.5

動きは機敏に動けている。前脚の返しも良いですね。前走以上の気配はある。仕上げてきている。





レッツゴードンキ梅田智

栗坂併せ馬馬なり54.8-39.4-25.8-12.3

コースの大外を回らせて我慢させながらの馬なり調整、それで楽に好時計を出せるということは基本的にこのメンバーの中に入ると身体能力は上位であることを示す。走法もコンパクトに脚をたたんで推進力を得られる理にかなった走りが出来ている。完成度は高い。デキも良しです。

→ 前走は重馬場でもタイプできていて、外枠だったので前に壁も作れず、ペース的にも楽に前に出てしまったという結果論的なもの。桜花賞のペースなら普通に能力は出せそうです。

→ 渋い馬場で上手に走れるので究極のキレ馬場になると足元はすくわれる可能性は高い。

→ 前走逃がしてしまった・・・・・・という部分は、ステップレースとしては余りよくない。今後の馬の制御面(溜めを作る動作)で悪影響が出る。ただし、キャリアを重ねている馬でもあるので、完成度も高く、一回くらいこういうことがあっても自在性があるということで片づけられる可能性はある。





クルミナル須貝

栗坂単走池添終い気合53.5-39.1-25.2-12.5

大きく走れているし、躍動感もあり力強さもある。飛びを見る限りではマイルはこなせるタイプで前受けできる気性と身体能力を持つ。

→ 前走の敗因は完全に馬場でしょう。スピードに乗り切れなくて、完全に良さが殺されていた。馬場設定が大きく改善されるなら巻き返せる可能性は高い。

→ 前受けして押し切れそうな身体能力の高さは感じさせる。





ルージュバック大竹

美南W併せ馬馬なり65.2-50.3-37.4-12.8

併せ馬で楽に好時計を出す。この馬としては調整レベルであっても楽に時計が出てしまうというモノ。飛びは大きく真面目さと闘争心が上手くマッチしている。力強さも内包できている。

→ 完成度は高く、素直に桜花賞好走確率は高い。競馬に絶対はないので必ず勝つとは言えないが、掲示板以上は限りなく高い確率である。







アンドリエッテ





アースライズ






キャットコイン






ローテッド




クイーンズリング





テンダリーヴォイス






ココロノアイ






メイショウメイゲツ





レオパルディナ





クールホタルビ


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )








= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

桜花賞出走馬フォトパドック診断2015 

2015/04/07 Tue.


 
 いやー、目から来る疲れの眼精疲労が酷いです。何か良い対策法ないでしょうか??

 パソコン作業が多いせいで、目から来る疲れ・・・・・・現代病ですね・・・・・・・・。

 取り急ぎ資料だけ作ったので、G1レースでもありますので、いつもの、アレですね☆

 どうぞ >>>> にっこりちゅー☆


≪4/8追記≫

 今週も忙しなく過ごしています。時間もないのでとりあえず書いていきます。

 コメント等々ありがとうございます^^

 自分は, 映像解析専門です。映像で分析してばかりなので、実際に実場を現場で見ても、評価の仕方が逆にわからない、馬を見る環境の変化に戸惑ったりします。とにかく試行錯誤でTRY&ERRORの繰り返し、仮説と検証の反復で今に至っています。


◎ 桜花賞出走馬フォトパドック診断2015

無題

 改め舞台設定やてラップを見ると,強い馬が勝つべき材料が揃っている舞台だと思います。

 基本的に勝ち負けするには,「上がり性能は必須」であるということ。

 先週の土曜日のレースを見ていても、前につける器用さが合っても最後まで伸び切れる強さとギアの深さがないと勝ち負けはできない。ワンペースの馬には不利だということは覚えておきたい。

 過去3年の好走馬の馬体も掲載しましたが、似ている点は多々あります。距離が延びても走れるような馬体をしている馬が多い。

 レッドオーヴァルやハープスターはマイラー色が強いですが、前者は、内面の完成度の高さや距離経験でフォローしてきたタイプ(同世代戦なら経験や勉強次第で距離はごまかせる)で後者は、並外れた身体能力かつ追い込み戦法で距離をごまかしてきているというタイプになる。

 各馬に共通することは、「馬体バランスが素晴らしい」ということ。これは必須条件です。


ルージュバック

基本的に早い段階から完成している馬です。蹄は小さく道悪でもグリップできそうな形ですが、飛びが大きい馬なので滑るとバランスを崩す可能性があるので道悪になり過ぎると多少パフォーマンスは落とす(しっかり飛べなくなる)タイプだと思います。蹄の形からは多少は対応できるというモノ。馬体だけではなく、心身間s寧度も高く真面目で闘争心が強い。若駒戦の今という段階では,持っている資質は一つ上のものを持っているという判断で良い。


テンダリーボイス

脚が長いいかにもディープ産駒というタイプ。背中を見ると距離はあまり長くない方が良さそうですが、脚が長くて飛びで距離をカバーしてきそうな感じです。先週見たショウナンパンドラも胴はそこまで長くないが、脚が長いという点は共通しています。しっかり馬体は絞れデキに関しては良くなってきていることは確認できる。肩も立っているタイプで阪神でもしっかり走れるタイプ。



ムーンエクスプレス

馬体は締まって毛艶が良くなってきた。明らかにデキは上向き状態です。マイルまでこなせなくはないでしょうが、上がり勝負になるマイル戦だと柔らかさ負けしそうな部分がありそうです。もう少し馬格が合って、パワーで推せる設定の馬場なら面白かった。ステップをフィリーズレビューを使った背景もそのへんのものがあるはずです。



クイーンズリング

肩が立っていてトルクが効く感じの馬体です。前走の立ち姿は明らかに繋ぎが立っていて・・・という感じに見えましたが、今回の立ち姿だと繋ぎは許容に見えますね。前走は権利取りのためにメイチ仕上げで強い競馬でした。今回もその勢いを維持している。ただ、前走比で上積みは感じさせない。むしろちょっと落ちる感じ。(フォトパ時点でのもので変わってくる可能性はありそう。)



ペルフィカ

馬体完成度ではまだ幼い部分を残している成長途上といった感じです。それでも現段階では良い馬体は見せてくれている。ただ、前走は明らかに上手くインが開いて恵まれて追い込めたもので、「ラッキー」的な要素が強い好走ではある。


クルミナル

わかりやすく言えば、ハープスターに似ている馬体です。チューリップ賞に比較して馬体がどっしりとしっかりしてきた印象を受けます。古馬になったらスプリントを目指すタイプになりそうです。そういう部分をフォローするには、やはり追い込み力をこの舞台に来るまでに鍛えておきたかった。それをしてきたハープスター(追い切りでも追い込みを教える松田博厩舎)とクルミナルの差ということになる。デキは良い感じです。真面目そうな馬な印象もあるので、デキ改善、馬場も良くなるならパフォーマンス改善が合っても不思議ではない。

→ デキは明らかに大幅アップしている。


じかんなのでまた今度







≪ 総 評 ≫


人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ダービー卿チャレンジトロフィー出走馬最終追い切り・調教分析2015(簡易版) 

2015/04/05 Sun.

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

 超簡易版で行きます。


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ ダービー卿チャレンジトロフィー出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


 追い切り観て、まずデキは間違いなく良いと感じた馬

 クラリティシチー、カオスモス、コスモソーンパーク、フラアンジェリコ


 デキはなかなか良いと感じた馬

 シャイニープリンス


 良い意味で安定していると感じた馬

 ラインスピリット、モーリス、ウインマーレライ、ブレイズアトレイル、アーデント


 中山コースの馬場はどんな感じでしょうかね?良馬場発表なのでそこまで気にしなくても良いでしょうか。


 一番最初に書いた4頭は非常に良いです。最低でも3連系の押さえは入れた方がいいです。


 フラアンジェリコは、いかにも硬いタイプでパワーがある馬です。パワー必須馬場なら評価上げて、軽さ勝負の馬場なら評価は下げてください。

 クラリティはどちらもこなせる。後躯のケリの良さが俊敏性を増している。今は本当にデキが良く真面目な馬で崩れにくいゾーンにいる。

 コスモソーンパークも遠征して距離延長格上戦で普通に好走できてしまうという「覚醒」している域にいる状態で崩れにくい状態です。中山、マイルという条件も合う。馬場は渋った方が良い。キレない馬なので。

 
 カオスモスは相変わらず絶好調です。ダート質な一本調子な部分があるので、渋った馬場でパワー勝負の前有利設定だと馬券になる。良馬場だと、距離延長でギアの深さで負けてしまいそう。その辺次第です。

 以上、馬場次第で最終判断したいですが、4頭のうち、軸にするなら、コスモソーンパークかクラリティシチーかなぁといったところ。

 モーリスは能力で圧倒してきている臨戦でここでも地力上位ですが、取りこぼしても不思議ではない臨戦と条件です。この馬は覚醒させてJCあたり狙ってきてほしい。やはりスクリーンヒーローか!みたいな感じで。


 馬場は外差し優勢なら、自信もってクラリティを評価したいところ。
 



↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

大阪杯出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/04/05 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

 
 昨日、仕事の打ち合わせをしましたが、どう考えてもゴールデンウィーク明けまでは激務なスケジュールです。あーだこーだ言っても始まらないので、こういう「困難」こそ、楽しんでいきたいと思います。どんな状況も楽しんだもの勝ちです。こういう思考法で乗り切っていきたい。逃げる行為だけはしたくない。運が良いことにも仲間はいますので。

 今月は土日出勤もありますので、なおさら競馬と距離をおかなければいけない時期になりそうです。

 すいません。

 コメントで激励頂きました、ファンですさん、matsujonさん、yoursさん、エスペランサさん、ありがとうございます。拍手で激励頂いた皆様もありがとうございます。それぞれの歩んでいる環境でお互いに頑張っていきましょう^^


≪4/5追記≫
 
 眼精疲労でくたばって爆睡していました。首のツボを刺激したら血行が結構良くなって生き返ってきました(笑)

 今日は奥様がお仕事なのでちょっとズルをして日中に更新していきます。タイヤ交換や子供たちと遊んだりもしなきゃいけないので、ダビ卿は時間が合ったらということで。 



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ 大阪杯出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


注:先週はまともに競馬を見ていない&復習をしていないのではっきり結論出してはいませんが、桜花賞に向けて時計が出やすい馬場設定に替えてきている感じでしょうか?>阪神馬場



エアソミュール角居

栗CW併せ馬Mデム馬なり68.7-52.7-38.3-11.7

追い切り後ろから追走で余裕の動きで併走馬を突き放します。内面もしっかりヤル気に満ちており,身体面に関してもしっかり仕上がっている。デキに関しては万全です。

→ 阪神大賞典での渾身の仕上げだったデニムアンドルビーといい、狙い澄ませてピークに仕上げてくる手腕は角居先生は随一です。抜けて凄いです。


→ 気性的にカーっとなってしまう部分はあるので弱点はそこです。うまく乗りこなす必要はある。前走はスローでもあったので距離短縮&内回りはプラスに作用する。




カレンブラックヒル平田

栗坂単走松山終い一杯51.7-37.8-24.9-12.4

好時計は出せていてグイグイ走る気配は見せてくれているので前走に引き続き状態は良さそうです。キレ負けするタイプなので馬場は渋って他馬のキレが削がれる設定が欲しいタイプです。


→ 前走好走は馬場が完全にマッチした部分が大きなポイント




キズナ佐々木昌

栗CW併せ馬武豊馬なり77.9-63.3-49.6-36.6-11.8

CWで楽に好時計出せる身体能力の高さは見せてくれている。パワーも内包しているタイプであるといいうことの証明でもある。ダービーは勝ちましたが、大きくというよりは平均的なピッチで走れているので小回りタイプもできる。パワーもあるということで阪神コースは意外にマッチングしているタイプです。

→ 前走はリハビリとしたら、ここに向けて大きな「調教的経験値」を得ている。上積みは大きい。

→ 重馬場も苦にしないで走れるタイプ




キングズオブザサン荒川

栗DP併せ馬馬なり63.1-49.3-35.9-11.9

中距離を使ってくる路線を選んでいるんですね。出来に関しては大きく変わってきた感じはしません。この馬なりといった感じ。

→ 基本走りが硬いタイプで柔らかさ不足の馬です。阪神のパワー馬場は合う。あとはマッチングするか次第。中距離で前受けするならスローになりやすい展開のレースを選ぶべき。





ショウナンパンドラ高野

栗坂単走浜中馬なり53.8-39.6-25.2-12.2

単走ながらしっかり気持ちをもって走れている、真面目さと闘争心を感じさせます。柔らかくて大きく走れるタイプなので本質的にはここの設定が合うかは不安な部分はあります。デキに関しては良いと思います。

→ 中山記念を勝ったヌーボレコルトを物差しにすると牡馬混合でも・・・・・という判断になるが、ヌーボはそもそも闘争心が非常に強くて格上相手にも戦える精神構造,パンドラはそこまでのものは持っていないので、その部分でどうかなぁと思います。基本的には牝馬限定戦で活躍するタイプだと思っています、




スピルバーグ藤澤和

美坂併せ馬北村宏終い仕掛け56.1-40.1-26.2-13.2

東京コースに特化させてしまっている馬で走りを見ても、東京コース用の馬になっているなぁと思ってしまいます。輸送競馬で小回り2000mとこなさなければならない課題は多くある。

→ G1で勝つには、大きな武器を持っている必要がある。精神面も然り。この馬が持っていた武器は、東京コースに特化しているものである。これから更に成長していけるかがポイントです。




ゼロス石橋守

栗坂単走52.4-38.1-25.1-12.4

しっかり走れてこの馬なりにデキは良いです。横の比較をすると一枚落ちる感じはします。いいものは持っている馬です。

→ 逃げ馬は人気薄でこそ。人気馬が重力背負って追い込むタイミングが遅ければハマる。人気薄で狙うタイプ。





タガノグランパ松田博

栗CW単走終い仕掛け83.8-67.3-52.4-38.0-12.5

デキ自体は悪くはなさそうです。自分のペースで走れています。マッチする条件になれば走れる。ただ、困難を乗り越えるプラスアルファの充実ぶりは感じさせないので,このメンバーだと恵まれる部分が出てこないと上には走れない感じでしょう





ダノンヨーヨー音無

栗坂単走一杯51,6-38.2-25.7-13.4

相変わらずズブさが出ている。一頃よりも追い切りで動いていますが、操縦するのが大変なレベルにある。騎手泣かせだと思います。




トラストワン庄野

栗DP単走終い強め80.8-63.6-49.4-36.4-11.6

馬場の大外を平均ペースでしっかり走らせる。終いまでしっかり伸びている通り単走で真面目に走れている状態です。前走より状態面はアップしています。前走も評価している馬です。あとは相手関係ひとつといったところです。




ムスカテール友道

栗坂単走終い一杯53.5-38.0-25.0-12.7

力強く走れている。このひと追いでしっかり仕上がってくると思います。パワーがあるタイプでそういう設定の馬場になれば出番が合っても不思議ではない。




ラキシス角居

栗CW3頭併せ終い一杯84.2-67.4-52.4-38.4-12.0

角居馬でも追い切りは動かないほうだと思っていましたが、今回は動かなすぎる。ムチ入れて一杯に追っても遅れているようにここはまだ仕上がりきれていない段階での出走です。角居流ではそういう判定になる。




ロゴタイプ田中剛

美南W単走馬なり66.7-50.2-36.5-12.1

前走が完ぺきなデキで明らかに勝ちに来ていた馬でした。中山1800mのラップ癖や馬場などもマッチした中で岩田騎手の勝負強さに屈してしまった。陣営としては取りこぼしてしまった中山記念だったロゴタイプです。今回はベストの条件で仕上げ切ったあとの条件変更と前回よりはパフォーマンスを落とすタイミングになる。デキ自体は悪いという訳ではないです。むしろ良い方です。ただ、前回はめっちゃ良かった!というもの。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ エアソミュール、キズナ

B  スピルバーグ(いいものは持っている。現在覚醒できている時期)、カレンブラックヒル、ムスカテール

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 更新時間が日曜午前中ということなのでオッズが見れるので確認してびっくり(笑) これは美味しい感じですね(笑)


1.過去の傾向など

無題

 昨年は少頭数でも前掛かりになってしまって後半失速したレース。それでも阪神内回りということで早め早めの競馬という印象が強いラップです。(重賞はガチレースなので条件戦よりハイレベル戦になりやすい。)
 
 土曜阪神10R確認しましたが,条件戦でスローからの瞬発力戦,イン馬場も生きていて上手く立ち回って前目でポジション獲った馬有利といった内容です。追い込みきるには,ハイレベル戦になる必要はあるということ。

 阪神は雨が降っているということなので、今後馬場にどういう影響を与えるかを確認する必要はある。8R、10Rの馬場状況がレースにどういう影響を与えているかチェックしたいですね。



2.フォトパ簡易コメ


キズナ

太目が解消されてきた。


ラキシス

無駄肉が付きづらいタイプ。比較的に仕上がっているがこの馬の縦の比較では緩さもある。


ショウナンパンドラ

カッチリしておりデキ自体は良さそう。ちょっと緩さはある。脚が長くてしっかり飛べる。


スピルバーグ

まだ緩さが残るが、当日までに絞れてこれば能力は出せる。


ロゴタイプ

前走比較だとちょっと落ちる。


3.事前段階判断

1番人気評価・・・・・キズナ

オッズ的に被っているが,否定できないタイミングです。前走比でデキは格段に上で前走のレース内容も非常に復帰戦としては良いものです。次走に繋がる内容ということ。ここは,基本的に3着以内は確保して来ると思っています。


 基本的に馬場を確認してから・・・・決めたい部分はありますが、今の段階で決め打ちするなら

◎06カレンブラックヒル

 現段階で雨で重馬場という発表。まだ雨が降り続くなら,もっと馬場は悪くなる。キレが削がれてパワーと持続力ある馬が有利になる。再度天の利を得られた馬ということと,デキ自体も良いということを加味してこの馬を評価します。

 良馬場なら、エアソミュールでした。重馬場ということでこちらを評価します。


〇04エアソミュール

 エアソミュールは,重馬場はこなせなくなないですが,不利な部分はあると思っています。

 ただ、それ以外の要素においては非常に好走条件は揃っている。

 角居厩舎として、まだ成長が足りないとして敢えてG1を使わなかった。逆にGⅡを本気で獲りに来る仕上げを施してきている。GⅡレベルで安定して好走できるように「覚醒(成長)」を促してから今年の宝塚記念や天皇賞秋を視野に入れるローテで来ると思っています。まずは、相手関係からもここを本気で獲りたいスタンスでミルコまで確保してきた背景は軽視できない。馬場が不良馬場ではなければ自身の本命馬でした。

 馬場条件を考慮すると,カレンブラックヒルを引き上げたいという判断になる。


 キズナは,走法からも不良馬場はこなせる。そういう馬場になったら、勝ちにはこだわらない乗り方をしてきそうで3着外もありえるが、シレっと3着には入ってきそうな匂いはします。


オッズ的に紐で狙いたいいい位置にいる馬は、デウスルト、ショウナンパンドラ

ただ、ショウナンパンドラは,次走以降に繋げるレース設定だと思うので、デウスルトに期待したいですね。

ちなみに、デウスルトは追い切り映像なしです。


まとめ

ダート質な重たい馬場になっているなら、カレンブラックヒル

雨馬場でもあっても、芝馬で走れる馬場なら エアソミュール

心身レベルは、カレンよりもエアソミュールのほうがレベルが高い。馬場次第ではカレンブラックヒルを上の評価といったもの。




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: TAKE A BREAK 【 雑談 】

近況について 

2015/04/02 Thu.


 ちょっと公私ともに忙しなくしています。競馬に注力,集中できていません。宮杯も的外れですいません^^;

 明日から少しづつ競馬分析作業にも着手したいと思っています。

 人事異動も出て、諸々の態勢を確認すると、今年もちょっと忙しくなる感じがします。競馬とうまくお付き合いできない時期もありますが、自分のペースで付き合っていきたいと思います。

 諸々の諸事情について、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

edit

CM: 4
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2015-04