調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

高松宮記念出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/03/29 Sun.


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 ちょっと仕事のスケジュールがぎっしり詰まってきました。疲労とストレスを適度に抜けるように調整していきたいですね。

 今週は、金曜日、お世話になった方が退職するのでお祝い会に参加してきます。仕事において「師匠」といっても過言ではない人なのでたくさん感謝の気持ちを伝えてきます。

 ですので、土曜日朝は更新できません。多分二日酔い確定です(笑)。


 かつくんさん、どーもです。

 このブログの最初のログを見て頂ければわかりますが、私も競馬初心者みたいなものでした。馬見は、継続していくことが大事です。頑張ってください!!


≪3/29追記≫

 すいません。これから仕事もオンシーズンとなって忙しくなってくるので,ブログに時間をかけることはできなりつつあると思います。その辺はご容赦ください。競馬に接する時間も減ります。

 宮杯ですが、各馬コメを書ききっていたのですが、アップ忘れていました(笑) 毎日杯も途中まで見て書いて,大体狙い馬は決めていましたが、アップしませんでした。すいません。

 追い切りが断然よかったのは、ダノンリバティでした。次点でアッシュゴールド。ワイド一点で買っていたら外していましたが、ダノン複勝ならしっかり的中できていました。この辺は当日しっかりそういう選択ができたかどうかがキーになります。

 土曜中京競馬をサラっと観ましたが、宮杯の大きなポイントは「馬場と枠順」だと思っています。

 さぁどうなるでしょうね!後段で少し触れてみたいと思います。

<< 更新情報 >>

〇 更新完了



◎ 高松宮記念出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アフォード北出

栗坂単走馬なり51.4-37.1-24.1-12.2

前走比でしっかり追い切りで走るように変わってきました。ひとたたきの効果はあります。デキが良い時のアフォードの走りが確認できます。

→ 基本的にピッチ走法なので,大箱でタフな中京タイプというイメージは持てない。こういうタイプで狙うなら距離短縮ショックが欲しい。





アンバルブライベン福島

栗坂単走田中健馬なり56.8-41.7-26.9-12.8

馬なり楽走調整です。やはり脚が長くていい馬です。ただ適性値は合わないはず。逆に違うコースだと強いのでそういう時に狙いましょう。盛り上げ役設定です。




エアロヴェロシティ香港

中京芝単走馬なり57.5-43.2-13.8

重心が低くて脚は標準か短め、骨格がしっかりしておりパワーも内包していそうな馬体です。パっと見た感じ適性面としてはこなせる素材だと思います。気配面は安定している感じです。




オリービン橋口

栗坂併せ馬菱田馬なり50.7-37.2-24.2-12.3

鬼時計を出してきました。適性値は持っています。ただちょっとメンバーが強いかな。前走も次走に繋がる競馬が出来ていれば評価できましたが、案外でしたのでここでは役不足という評価になる。デキは前走でも良かったので上積みはないと思います。それでも好時計は出しているので高い位置で安定している。

→ 基本的にOP特別クラスの馬でしょう。





コパノリチャード宮

栗坂単走終い気合52.1-37.6-24.5-12.1

溜めてから終いビュっと伸ばす追い切りができています。しっかり時計も出せていて良いです。動きも芯がしっかりできていて力強く走れている。

→ 前走の追い切りは、前へ前へという走りだったので「溜め」が作れていなかった。それがレースに出た形,今回はしっかり溜めを作る追い切りができている。

→ 阪急杯ステップは正解で,前走からの距離短縮は生きてくる。最後まで勝ち負け争うしていないのでストレスも疲労も最小限なのも良い。巻き返せる良いローテです。





サクラゴスペル尾関

美坂単走終い一杯53.5-37.8-24.8-12.8

追い切りの反応が悪くなっているのは加齢の影響でズブくなっている感じなんでしょうね。

→ 中山1200mを上手に走れるタイプなので逆にこの舞台の適性は不安,加齢で活力も減っており、好走条件レンジが狭くなっているはず。




サドンストーム西浦

栗坂単走国分優終い一杯52.9-38.2-24.8-12.6

使い詰めているのに真面目に走ってくる姿は非常に馬主孝行な馬だと思います。追い切りでも一生懸命走っている。後肢の力強さが伝わるくらいのウッドチップの飛散は素晴らしい


→ 使い詰めないで、ここ目標にしっかり仕上げてきたらある意味面白かったと思います。使い詰めでも走らせてくる西浦厩舎の手腕が凄いのかもしれない。ホッコータルマエも然りです。

→ 好走条件は、追い込める外差しバイアスが効いていること、消耗戦になって追い込み勝負になったら馬券圏内争いできるタイプ



ショウナンアチーヴ国枝

美坂併せ馬吉田隼馬なり53.9-40.3-26.9-13.5

坂路の大外を走らせて楽に好時計を出して来る。馬力の証明もできていますね。馬の内面も良く,上積みは見込める。若駒の時よりしっかり坂路で時計を出せるようになった強さは感じさせる。

→ 前走はウッド追いでした。今回は坂路追いで若駒時は坂路主体で鍛えていたはずです。




ストレイトガール藤原英

栗坂単走岩田終いムチ51.3-37.7-24.6-12.1

一言に「イイ!」ですね。フォトパの印象では「まったくいらない」と判断していたのですが、追い切りを見て動きを見て「当初の見解は否」と感じ取りました。とにかく真面目で闘争心も強いチャンピオンタイプの内面を持つ馬です。真面目なので,グレさせないためにも,大事に使ってあげるべきです。この厩舎とはそういう意味で合っているでしょう。

→ 坂路でしっかりギュンギュン真っ直ぐ力強く走れています。2週連続しっかり岩田騎手とコンタクトを取ってレースに行ってもしっかり動けるように岩田騎手が鍛えています。




ダイワマッジョーレ矢作

栗坂併せ馬Mデム終い気合51.7-37.7-24.7-12.5

完全に仕上がっていますね。グイグイ走れて余裕でこの時計を出せています。完全にスイッチが入った状態で連勝モードに入っています。ミルコとも手が合っているようでここは狙って獲りに行けるタイミングです。




トーホウアマポーラ高橋亮

栗CW単走馬なり85.9-68.5-52.9-38.6-12.0

馬体の感じも良いし、デキ自体は高いレベルで仕上がっている。ただ、コースではなく坂路で追い切ってほしかったなぁという部分はあります。




ハクサンムーン西園

栗坂単走終い一杯51.8-37.9-24.4-12.2

一杯に追われながら元気よく走ります。生涯充実期を終えた後、安定期に入った中ではしっかり走れて追い切りでも攻めてきています。そういう意味では良いと思います。



マジンプロスパー中尾

栗CW単走終い強め77.9-63.7-50.4-37.7-13.3

時計は鬼時計出せていますね。ただ、時計は出せているけど、プラスアルファが感じ取れない。加齢のせい活力は落ちているのでダウン戦で狙うタイプです。




ミッキーアイル音無

栗CW3頭併せ浜中馬なり85.8-68.2-53.1-39.3-12.2

前走から最終追い切りはコースで後ろから行って差し込む練習をするようになっています。まだ、「練習」を意識している時点で競馬に対する完成度負けしているのかなぁというイメージはあります。その差がG1では大きく影響して来ると思っています。

→ 基本的には、宮杯は坂路でしっかり身体面を鍛えて出走してきてほしいというのが理想です。

→ 追い切りの動きは軽さが合ってスっと前に行けている。前走で不良馬場もこなせていたので馬場の不安もなし。馬体もいい感じです。




リトルゲルダ鮫島

栗坂単走馬なり50.6-37.0-24.1-12.1

短距離走る割には胴に長さが合ってそれでストライドがある。長く良い脚を使う能力がわかる。それでいて楽に好時計を出せるということは身体能力が高いということ。馬力もあって牝馬ながらにも中京コースをしっかり走れるイメージを持たせてくれる。



レッドオーヴァル安田隆

栗坂併せ馬終い一杯52.0-38.2-24.7-12.2


グイグイ行きますね。この馬は坂路で鬼時計出せる身体能力の持ち主で今回も溜めてから弾けさせているのでこの時計でも十分良いです。ウッドチップが舞うくらい脚力の強さを見せてくれています。




ローヴティサージュ須貝

栗坂単走池添馬なり52.7-38.3-25.4-13.0

前走比で大きな上積みは期待できます。同馬は坂路でしっかり動けるタイプではなかったのに今では単走でもしっかり動けるようになっています。捌きは硬さもあるのでキレ勝負よりも重厚な馬場のほうが向く可能性はあります。牝馬同士でしたらなおさら利はあります。ここは混合戦なので牡馬とのパワー比較の部分では負けそうですが。


→ 一口馬主出資に置いては,牝馬は古馬でも一流として戦うにはスプリント路線で活躍見込める馬に出資すべきでしょうかね。牝馬は「軽さ」を持てる部分があるので、血の重厚さとうまくマッチングさせれば良い感じです。

→ 牝馬で活躍したカレンチャンも重厚なクロフネ産駒ですよね。





ワキノブレイヴ清水久

栗坂単走馬なり52.7-38.4-24.6-12.2

コース主体の馬でしたが今回は坂路で追い切ってきましたね、いい判断だと思います。デキに関してはいい意味で安定しています。使っている割にはいい方だと思っています。

→ 京都OPを勝っていますが、基本的に阪神や中京でこその馬だと思っていた馬です。久しぶりに中京挑戦ということで適性値としては大幅に改善される。

→ ここは相手が強いので、私が馬主だったら最大目標はCBC賞にむけてのローテです。中京で上手く走れることを確認してから底目標にローテを組んで行きたい。






☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ ストレイトガール、ダイワマッジョーレ、リトルゲルダ、レッドオーヴァル、コパノリチャード

B  ショウナンアチーヴ

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 冒頭にも書きましたが、キーポイントは,「先週と違って馬場設定を大きく変えてきた」ということです。

3/15トリトンステークス1600万下芝1200mフルゲート 勝ち時計1.10.9 
3/28500万下芝1200m 勝ち時計1.09.4

 クラス差もあるのに大きく時計が違う。すべて馬場設定の変更が原因です。


 レース映像を見ましたが,坂を登る前までしっかり砂を巻いていますね。砂煙が凄いです。そして芝丈も短くなっている感じです。

 絡みつくような馬場をイメージしていましたが,スピードが生きる馬場に設定しなおしてきている印象です。


無題


 再度復習ですが、全体的なイメージは,スピードが生かせる設定ですが、中京コースということで「坂があってタフさ」も要求されるということです。 

 あと大事なことは,ハクサンムーン、アンバルブライベンというスピードを主張する馬がいるということ。

 彼らの作るレースペースに対応できた実績があるとなおよいですね。

 
 個人的には阪急杯ステップは評価しています。ただ、この馬場設定に替えられて、不良馬場で激走させてしまったストレスと疲労は気になりますね。阪急杯組で評価するのは,馬場負けして能力を出し切れなかった馬の巻き返し組と見たいです。

 ハクサンムーンはすっかり人気被らなくなりましたね。そうですか。


 諸々の要素を統合して今回は穴軸で勝負します。


◎01リトルゲルダ

 前走は「ただ使っただけ」という印象です。仕上がり自体は悪くなかったのですが、使って変わるタイプなのでそれを見越しての判断だったと考えます。

 今回も坂路でグイグイ動けていて非常に良いです。

 スピードが生きる馬場で坂路でもグイグイ走れる先行タイプ,セントウルステークスでハクサンムーンのペースを勝ちきっている。(スピード生きる設定の阪神コースを勝っているという点も実績評価)

 ハイラップでレースが動いて、インでじっと脚を溜めて直線ロスなく抜け出して来て勝ち負けするイメージで勝負します。

 あとは、丸田君次第です。騎手判断で、G1では・・・・・となると掲示板かなぁという見方もできる。

 個人的には2~5着にはいそうかなぁと思っています。


 〇09レッドオーバル

 坂路でグイグイ走れるタイプで前走能力を出し切れていない巻き返し期待で


 ▲18ストレイトガール

 休み明け【2200】で渾身仕上げ



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

高松宮記念出走馬フォトパドック診断2015 

2015/03/25 Wed.



 先週の私の馬券は、最後の最後の2択で選択ミスを犯すという、ちょっと運の無い外しが続いてしまいました。

 阪神大賞典は,ゴルシは「堅いと判断して、そこから紐をデキ抜群のデニムアンドルビーとカレンミロティックまで絞りましたが、2点ワイドで買うと、回収率が低いので、一点に絞って、カレンミロティックとの馬連ワイド一点買いで行きました。

 馬場が読めているミルコが乗るという点で最後決めましたが、どうも後味が悪い結果になってしまいました。自信あったんだけどなぁ。

 デニムとの馬連結構つきましたね。欲張らず2点買いすべきでした。

 
 スプリングステークスは,軸馬は予定通りリアルスティール、ちょっと太目で仕上げ切っていませんでしたが、本番は次走なのでそれでも連軸視できると判断しました。

 一方、ダノンプラチナは、大飛びでもあり、仕上げレベルも次走以降を見据えた仕上げで取りこぼしてもいい背景があるので評価を落としました。

 そこで、どうしてもここで権利を獲りたくて仕上げてきている、背景がある馬としてピックアップしたのが、キタサンブラックとブラックバゴの黒2頭(笑)

 ここで、齊藤師を評価して仕上げレベルも高いブラックバゴを上にとってことらとワイド一点買い。見事撃沈。

 続く中山最終レースでも、01-10-12 3頭BOX買いで1-4着・・・・・・・やりきれませんね(笑)


 今週は流れを変えていきたい!と思い切や、古馬G1で短距離戦ですか・・・・・短距離戦って地味に苦手なんです・・・私(笑)

 それでも、高松宮記念はバイアスがきいていそうでその辺をしっかり見定めて評価していければ的中アプローチを踏めるとは思っています。


◎ 高松宮記念出走馬フォトパドック診断2015


ハクサンムーン

馬体に関しては安定しています。前走より馬体は引き締まった感じでデキ自体は悪くはないです。第一次生涯ピークを過ぎて、安定期に入ってきたタイプで好走条件は以前よりはレンジは狭くなってくると思われます。




コパノリチャード

馬体に関しては前走と同じ感じにキープできています。昨年の宮杯と比較するとまだ絞りきれる余地はありそうです。その部分での負けが阪急杯だったのでしょうか。いづれにしても、阪急杯の最後気が抜けてしまった内容は次走に繋がりずらい部分はありそうです。先行させてからの距離短縮で望める点は良い。

→ ここでガラっと馬が替わってきていることが確認できたら、仕上げレベルの分の負けで改善余地が高いと考えられましたが、フォトパを見る限り大きく変わってこない。



ミッキーアイル

前走は素晴らしく強かった、重たい不良馬場もこなせたし、前で溜めて伸びてこれた内容は素晴らしいです。デキという面では、前走は完ぺきに近いくらい仕上げてあった。それと今回を比較すると幾分緩くて筋肉の張りも前走比で落ちている。G1戦なのでこの気配面はちょっと割引材料です。

→ デキは落ちている雰囲気ですが、馬そのものの資質は高い。デキもめちゃくちゃ悪いという訳ではない。



ダイワマッジョーレ

きっかけ待ちだった馬が、阪神カップで目覚めました。そこから連続好走と馬が完全に目覚めてきました。ミルコのおかげで着火した状態で宮杯を迎えられるのは非常に良い材料です。馬体に関しては高い位置で安定しています。ただ、欲を言えば、前走のフォトパのほうが良く見せている部分はあります。お尻、トモの張りは前走の写真のほうが上です。



リトルゲルダ

前が硬めの造りで胴が長くお尻やトモも貧弱に見える馬体、ただこれでも走れているのがリトルゲルダの特徴です。この馬体を見るとハイパフォーマンスを出せる馬場は、軽い馬場設定のように見えます。




ストレイトガール


いつもボテっと見せ気味のシルエットですが、今回はそれが一段と際立つ。それは、肩の筋肉やお尻mなどの筋肉がしっかり作れていないからその比較で目立って見えるというモノ。要するに仕上げレベルだと過去の同馬比較で相当低いレベルにあるということになる。




アンバルブライベン

脚が長くて胴もそれなりになる。ただの短距離場ではないです。しかしながら、脚の長さでストライドを稼いで最後粘り腰を聞かせるタイプにみせるので、中京のタフな坂があるのは大きな課題でしょう。いい馬です。無駄が少なくてスピードに特化もできている。



ローブティサージュ

お腹が巻き上がっているくらいの馬体で好走してきているのでそれと比較するとちょっと太いでしょうか。それでも馬体はカッチリと固まっておりバランスよく、良い感じで仕上がっている。




サクラゴスペル

無駄がなく薄くスピードに特化させている。一言でいうとスポーツカーみたいです。ただ、中京のタフな馬場バイアスをこなせるイメージが湧いてこない馬体である。



ショウナンアチーブ

馬体に関してはパっと見て背タレに見えましたが、首を上げているのでそう見えるだけで問題はないです。馬体はパワーを感じ差sるものでコース替わりはプラス、中山→中京替わりである意味距離延長みたいなもので、ローテ論的にもプラスです。休み明けはボケている傾向の馬で一度使って距離延長というローテは理想ローテです。馬体的にもパワー馬場はこなせると見ます。



レッドオーヴァル

相変わらずバランスよく安定感ある馬体です。ただ、いかんせん馬格が無い馬だけに今の中京コースを考えると不安な部分が多い。デキ自体は安定しています。



≪ 総 評 ≫

 やっぱり厳しいですね(笑)


結構厳しく評価してきましたが、有力であろう阪急杯組は前走比でガラっと良くなってきたという馬はいません。

 むしろ、厳しい競馬の反動が出た可能性が高い感じです。

 最後、楽させたコパノリチャードでさえ、馬体は変わらず。蓄積ストレスか疲労の影響でもあるのでしょうか。


 それでもあえて印をつけてみるなら、

 
 プラス材料は少ないが、横の比較でも上の存在感はある

 
 ○ダイワマッジョーレ


 大穴は一度叩いてここを目標に仕上げてくる、適性も持っていると考える


 ▲ショウナンアチーヴ


 前走は恵まれた部分が大きかったですが、馬体を見る限り出来は良い
 

 ☆ローブティサージュ
 


 押さえは、阪急杯で高パフォーマンスを見せたが、デキは下降線


 △ミッキーアイル


 といったところでしょうか。


 あえて、赤字太文字で書かないでおきます(笑)


 最後まで読んでくれている しっちぃ☆ファン へ いつものプレゼントです☆

 アンチも含めて、どうぞ!(笑) >>> にっこりちゅー☆


人気ブログランキングへ
(25位~50位)

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2015-03