調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: THINKBACK 【 回 顧 】

AJCC、東海ステークス、京都牝馬ステークスを終えて2015 

2015/01/27 Tue.



(1) AJCC回顧2015


 重賞戦(特に上級戦でメンバーが揃う)と言えば,基本的にペースは流れるという定義を持っていましたが,こうなってしまうものなのですね。まぁそれだけゴールドシップが重力を背負っていた、そして鞍上が判断をミスったというものでしょうね。

 道中13秒が2F続いているので,この時にスっとポジション上げておいて自然体で折り合っていなければいけません。

 ノリさんだったらそれをやっていたんぢゃないのか?と思っています。

無題

 メンバー的にスローペースの展開は予想できましたが,結局のところ,ゴールドシップが仕掛けて激流を作ると判断していたので,前は潰されると判断し,漁夫の利を得るノリさんフラガラッハとゴルシの一点馬券で勝負しました。

 ノリさんは最高の騎乗をしました。ただ,上がりがかかる展開にならないと基本的に出番がないので,ゴルシが仕事をできなかった結果,出番はなかった。

 逆ポジで期待値高かったクリールカイザーが完勝と展開を読み違えた判断だった。

 あと,予想外に,先週より馬場が差し優勢馬場ではなかったということです。先週比で時計が出やすい軽めの馬場に主催者が変えてきた。

 いかにも,怪物が好走しずらい環境設定を作るかのように。。。。。

 10Rの結果を確認して,時計を出しやすい馬場だとスっと判断し,スローでイン馬場が死んでいない状態で時計が出やすい,ゴルシはちょっと期待値が大きく下がると判断し,クリー^ルカイザーの単複で勝負!と機転を利かせなければならなかった。

 ここら辺までスっと判断を下すには,当日の観察眼ととっさに下せる判断力が求められます。勝負勘って奴ですね。


 ほとんどの馬が34秒台前半から後半の範囲で上がり3Fをまとめています。要するに,ほぼ4角ポジションどおりの順位で決まったというモノ。コーナリング位置や多少の上がり性能差で変動はありますが,大きく変化はない。

 後方に位置して,しかも外回された馬はまったく出番がない展開と馬場設定だったということ。

 この手の馬たちは能力を出し切っていないので,メモしておきたい。


メモ馬はこちら 
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ



中山11Rの第56回アメリカジョッキークラブカップ(GII、4歳上、芝2200m)は4番人気クリールカイザー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒6(良)。1馬身1/4差2着に7番人気ミトラ、さらに1/2馬身差で3着に2番人気エアソミュールが入った。

クリールカイザーは美浦・相沢郁厩舎の6歳牡馬で、父キングヘイロー、母スマイルコンテスト(母の父サツカーボーイ)。通算成績は29戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 クリールカイザー(田辺騎手)
「ゴールドシップをどうしたら負かせるかというのがまず頭にありました。先手を主張しようと思っていました。途中で思いがけない馬に捲くられましたが、リズムを崩さずに自分から上がって行くことが出来ました。思い通りの競馬でした。初めて乗るので、折り合いで未知の部分が多かったのですが、引っ掛かることなく、うまく辛抱してくれました。展開はどうあれ、ゴールドシップと戦えて負かしたのがすごいことです。胸を張ってGIで戦っていけると思うので、楽しみです。去年は、同じ相沢郁厩舎のヴェルデグリーンで勝たせてもらって楽しみにしていましたが、残念なことになってしまいました。また先生が同じチャンスをくれて、結果を出せて良かったです」

2着 ミトラ(柴山騎手)
「前につけて行きました。外から他馬に来られて少しハミを噛んでいましたが、よく頑張ってくれました。2200mも問題ありません」

3着 エアソミュール(C・デムーロ騎手)
「今日はレース直前にハミを普通のものに交換したのが利いてくれて、1コーナーまでスムースに運べましたが、馬場が硬いこともあり、前が止まってくれませんでした」

4着 マイネルフロスト(松岡騎手)
「これを使ってまだ良くなりそうです。レースを覚えてきています。少し掛かるところもありましたが、スローでしたし、仕方ありません」

5着 ディサイファ(四位騎手)
「スタート次第では逃げてもいいと思っていましたが、他の馬が来たので控えました。1コーナーの馬群の並び方なら面白かったのですが...。まだベストの条件がつかめませんが、"やれる"という手応えも感じました」

7着 ゴールドシップ(岩田騎手)
「ゲートは出たのですが、勢いに乗れませんでした。すごく調子は良かったのですが、外々を回らされて嫌気が差したのでしょうか。モタモタしてしまいました」

12着 フェイムゲーム(北村宏騎手)
「駐立は良かったのですが、二の脚がありませんでした。出来るだけ前で運びたかったので、意識的に出して行ったのですが、思ったところにつけられませんでした。体力やスタミナは不安がないので途中で押し上げましたが、遅れを取り返せなくて、脚を余す形になりました。道中の感じは悪くないのですが、ゲートを出てくれれば...と思います。前につけられなくて申し訳ないです」






(2) 東海ステークス回顧


無題

 こちらは逆にコパノリッキーが前を掃除してしまって,後方から差し込めたという結果でした。リッキー強かったなぁ。きっかけを作ってあげた豊さんはほんと天才ですね。経験値高いのでこの乗り方でも結果を出せると理解してリッキーとコンタクトをとっていました。

 リッキーも目覚めましたね。

 というか,パドックを見て問題ないと判断したナムラビクターですが,見えない疲れ(ストレス)がやはりあったようでしょうか。うーん、難しい馬ですね。

 インカンテーション、あそこまで後方に構える意図がイマイチわかりませんでした。

 それでも結果的に間に合ったのでオーライでしょうか。ここのイメージから繋がるとしたら・・・・・・

 フェブラリーは,リッキーに敵対してハイペ誘導させて,この馬が後方からズドンと混戦を断つ。そんなイメージでの練習レースだったのでしょうかね。にしても,次走の好走条件が決まってしまった「記憶」になりそうです。



中京11Rの第32回東海ステークス(GII、4歳上、ダート1800m)は1番人気コパノリッキー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。4馬身差2着に9番人気グランドシチー、さらにハナ差で3着に3番人気インカンテーションが入った。

コパノリッキーは栗東・村山明厩舎の5歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)。通算成績は15戦8勝となった。

~レース後のコメント~
1着 コパノリッキー(武豊騎手)
「スタートを五分に切れました。道中は折り合いに気をつけて乗りました。手応えが良すぎて、自分のペースでしたが、自然とハナに立って行きました。騎乗して、改めて強いと思いましたし、まだ荒削りなので、これからが楽しみな馬です」

2着 グランドシチー(津村騎手)
「自分からハミを取って、気も乗っていました。そして今日は切れ味が違いました。去年もこのレースは2着に走っていますし、まだやれるところを証明出来ました」

3着 インカンテーション(大野騎手)
「いつも以上に1歩目が速かったせいか、滑って落鉄してしまいました。それでもよく追い上げてくれました」

4着 マイネルバイカ(松山騎手)
「枠も良かったですし、2~3番手から自分のペースで行けました。昨年3着ですから、このコースはよく走ります」

5着 ソロル(バルジュー騎手)
「反応のとてもいい馬です。今日は力を出し切って、頑張ってくれました」

11着 ナムラビクター(小牧騎手)
「レース運びはうまく行きましたが、4コーナーで一杯になってしまいました。よく分からない馬です」




(3) 京都牝馬ステークス回顧2015

無題

 馬場は思ったより渋っていて,ある程度パワーが要求されているように感じました。

 ですので,急きょ実馬券は判断を変えて,パワーを内包していてデキが良いパワースポットからワイド一点でウリウリと勝負しました。

 肝心なウリウリが突っ込んでこないこと(笑)

 ってかゴールデンナンバー、デキはそこまで良く見えなかったですが「、バイアスをうまく生かして能力出し切ってきましたね。パワーがあるといえば、ゴールデンナンバーも然りです。ですが、デキという点で軽視しました。

 時計の掛かるスローの展開だったら,キングカメハメハ産駒で逃げて強いケイアイエレガントの出番だったのでしょう。

 この馬もバイアス(馬場と展開)がハマった。



京都11Rの京都牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1600m)は、9番人気ケイアイエレガント(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9。クビ差の2着に15番人気ゴールデンナンバーが、3/4馬身差の3着に8番人気パワースポットがそれぞれ入線。

ケイアイエレガントは美浦・尾形充弘厩舎の6歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ポストパレード(母の父A.P. Indy)。通算成績は29戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 ケイアイエレガント(内田博幸騎手)
「そんなにバテる馬ではないというイメージでしたし、他にハナを主張する馬もいなかったので行きました。折り合いもついて、いいリズムで運べました。最後は迫られましたが、よくしのいでくれました。馬に感謝したいです」

2着 ゴールデンナンバー(秋山真一郎騎手)
「後ろから行く馬ですから、内々をロスなく運びました。ただただ残念です」

3着 パワースポット(大野拓弥騎手)
「馬が力をつけています。内枠を生かしてスムーズに立ち回れましたし、最後も脚を使ってくれました」

4着 マコトブリジャール(四位洋文騎手)
「ある程度流れて折り合いもつきましたし、ロスなく内々からのレースができました。よくがんばっています。メドが立ちましたね」

5着 ウリウリ(福永祐一騎手)
「枠に泣かされました。ひと脚しか使えない馬ですし、外を回らされて入れるスペースもありませんでした」

7着 ダンスアミーガ(C.デムーロ騎手)
「いいスタートを切れましたが、ペースが遅くて瞬発力勝負になってしまって、流れが向きませんでした」

10着 ベルルミエール(川島信二騎手)
「スタートで挟まれたのが痛かったですね」

11着 フォーエバーモア(蛯名正義騎手)
「力んで走っていました。長く休んでいましたし、使ってよくなるでしょう」

12着 リアルヴィーナス(浜中俊騎手)
「もう少し切れるイメージを持っていましたが、今日は追い出してから頭を上げるような面を見せていました」

17着 トーセンベニザクラ(武豊騎手)
「じっくりいきましたが、追って反応がありませんでした」



 いい意味で,勉強になった重賞戦線でした。競馬と向き合う上での大きな「ヒント」をもらえたような気がします。

 目の前で起きている事象に「無駄」なことはない。何か理由が合って起きている。その事象に対して受け入れること。このことが真理を探究するうえでの第一歩となるはずです。


 いやー、面白いですね!!



↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

AJCC出走馬最終追い切り・調教分析2015 

2015/01/25 Sun.



※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫

 
 京都牝馬ステークスは,馬場を確認して,意外に馬場が荒れてきていたので急きょ気になっていたパワースポットを評価してウリウリとワイド一点で買いました。ウリウリ来ないなんて・・・・・苦笑。ちょっと馬場も合わなかったでしょうか。それか阪神カップ激走のストレスでしょうか。

 あの展開なら,ケイアイエレガント、ウハウハですよね。それを狙ってハマる可能性があるということからオッズがしっかり反応していたのでしょうか。最近,競馬が難しいなぁ^^;


 ペルセヴェランテは,自滅でしたね。コントロールが効いていない。まずはじっくり立て直して青葉賞狙いくらいのローテでいいでしょう。最悪,成長させて秋に勝負がベターなのかなぁと思いました。最後無理させないところに鞍上の「今後の期待感」を感じさせました。まだここで君を壊したくない。(心の部分ね)って感じました。


 無駄にストレスを溜めさせると,レースで勝ちたい!という意欲が減退してしまう。若いうちはあまりレースに行って「辛い!」という経験をさせないことが大事です。完全に成長しきっているなら別ですが。それをノリさんはわかっているので,本当の部分で天才なんでしょう。若竹賞の敗戦は,課題の明確化と将来への投資!と割り切りましょう。


 ジュエロニモさんをはじめ、応援馬券買っていただいた皆様、すいません^^; 私も3着は堅いやろと思ってぶち込みました(笑)

 東海ステークス,時間が足りなさそうで,更新厳しいかもです。



<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ AJCC出走馬最終追い切り・調教分析2015

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


エアソミュール角居

栗坂単走Cデム馬なり55.8-39.5-25.5-12.6
C.デムーロを背に栗東CWで6F80秒7-11秒9(一杯)。

単走で自分のリズムでしっかり駆け上がってくる。無駄な力みはない。フォトパで確認できている通り馬体は仕上がっている。芯が通った走りが出来ているので推進力も生まれてくる。走り方も良いし力強さもある。




クリールカイザー相沢

美南W単走終い仕掛け66.2-50.1-36.9-13.3
美浦南Wで5F64秒6-12秒3(一杯)。

併せ馬でインから追走,直線でも併走馬は前にいてしっかり目標に脚を使って捕えるという難易度設定が高い併せ馬です。走りにも無駄な力みはなく操縦性が高い。脚の使い方も馬がしっかり理解している。走り,馬体ともに良し。






ゴールドシップ須貝

栗坂併せ馬岩田終い仕掛け52.6-38.3-25.0-12.5
岩田を背に栗東CWで7F92秒8-12秒5(一杯)。

有馬記念を使って明らかに反応は良くなっている。馬自身に前向きさが生まれ自分で走るようになってきた。アワー溢れる走りで推進力もある。ギアも全開ではない状態でフィニッシュ,追い切りを見る限りでは有馬記念以上のデキにありそう。

→ 溜めてからギューンって加速する感じなので,中山よりは東京のほうが良いかもしれない走りです。スローペースからギィーンって勝負なら分はある。



ショウナンラグーン大久保洋

美南W併せ馬吉田豊馬なり82.0-65.8-51.0-37.0-12.1

コースの真ん中を走らせて外から併せる。シンボリクリスエスの割には併せて前向きがあるタイプで足首の返しからある程度の切れ味も感じさせる馬です。リズムよく上手に走れている。走りを見る限りでは,溜めを作って走らせたいタイプです。



セイクリッドバレー高橋裕

美南W併せ馬終い一杯69.2-54.0-39.1-14.0

鞍上を見ていても厩舎レベルが低そうなのは感じさせる。追い切りも動かない。




ダークシャドウ堀

美南W単走終い見せムチ気合53.0-38.3-11.4

堀きゅう舎の仕上げパターンとは違いますが,気合入れながらもエネルギッシュに動けてはいます。





ディサイファ小島太

美坂単走終い強め52.7-39.1-26.4-13.5
美浦坂路で4F52秒1-12秒7(仕掛け)。

コースの大外を力強く登板する。時計は良し。このひと追いで変わってきそうな雰囲気はある。G1で挫折しましたが基本的には良い馬です。




パッションダンス友道

栗坂単走藤岡康終い強め54.7-40.1-25/6-12.7

スマートさはないけど,長くいい脚を使わせるイメージを持たせる追い切りです。持続性ある脚を持っていそうでレース質は合いそうです。馬体も前走より良い感じに引き締まったので追い切りでもスマートに動けている。あとは,開催後半の馬場がこなせるかでしょう。飛びが綺麗なので。





フェイムゲーム宗像

美南W併せ馬北村宏馬なり69.4-53.6-39.1-12.7
北村宏を背に美浦南Wで5F68秒7-12秒6(馬なり)。


コースの大外をインから併せる。馬なりでじっくり仕上げる厩舎で追い切り自体は見栄えはしない馬ではある。むしろフェイムゲーむと併せて怯むことなく最後まで食らいついた併走馬を褒めるべき。チェックしておいて損はないと思います




フラガラッハ松永幹夫

栗坂単走高倉終い一杯52.7-38.5-25.1-12.9

単走で最後まで力強く伸び切る。いかにも前がバテる展開でしぶとく伸びてきそうな走りをしている。展開に注文が付くタイプだが,展開がはまればしっかり後ろから追い込めてくるタイプです。とにかく体力が豊富な走りをする。

→ 良い脚を長く使えるタイプで,ゴールドシップみたいな競馬が出来れば面白い。

→ ノリさんが乗るんですね。天才が何か策があって、一度俺に乗せてみて!みたいなオファーを出したのでしょうか。そうだと面白いですね。




マイネルディーン鹿戸

美南W併せ馬三浦馬なり69.8-53.8-39.7-13.1

デキは非常にいいですね。馬体の張りは素晴らしいし,脚捌きも力強く馬もエネルギッシュさを感じさせる。鮮度があるタイミングでの出走ってやつですね。





マイネルフロスト高木

美南W併せ馬終い一杯69.5-53.4-38.3-12.9

やっぱり前回同様に追い切り走らないようになりましたね。とにかく首が高い。前走のレースもみましたが,4角で仕掛けて行くときはスっと反応しましたが,最後は追われてからキツイと思い始めたら首が高くなっていましたね。生涯ストレスが蓄積されて馬が少し走ることに対してズルくなっている。パフォーマンスは落ちている状態です。

→ 3歳春時点の追い切りの動きはいつも褒めていた馬なのでその急変ぶりが如実にわかります。ビュアーで過去追い切り動きと比較してみてください。



マイネルメダリスト田中清隆

美坂併せ馬終い気合53.0-38.7-26.0-13.3

秋にも追い切り映像を見ましたが,今のほうが明らかにデキはいいですね。前走の動き出しがいい意味でショックになるなら復活しても不思議ではないタイミング





ミトラ荻原

美坂単走馬なり54.2-39.2-24.8-12.1
美浦坂路で4F50秒4-12秒2(一杯)。

前向きさがあって素軽い動きを見せてくれている。出来に関しては不安はなさそうです。あとは横との比較になる。

→ 元気いっぱいです。



ユニバーサルバンク松田博

栗CW単走終いムチ気合83.8-68.1-53.8-40.0-13.2

ちょっと加齢の影響が出ている感じですね。L化しています。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ ゴールドシップ

A  エアソミュール
    
B+ フラガラッハ,フェイムゲーム,クリールカイザー

B  マイネルメダリスト、マイネルディーン,パッションダンス

B- ミトラ,ディサイファ、ショウナンラグーン

注  なし 

B-は悪いという訳ではないが,何か違うかなぁというもの。私の視点がズレていたら馬券圏内に来ても問題ない。

( 補 足 )

 寝坊してしまって時間が無いので簡単に^^;

 メンバー的には,ゴールドシップが重力を背負う展開になる。そして積極的に前で競馬をしたい馬もさほど見当たらない。

 要するに,「前が楽できる展開」になる可能性は高いということ。

 ただ,馬場はタフさがあるので軽い馬がスっと逃げて残れる馬場でもない。そういう意味では,前受け馬は不利である。


 追い切りとフォトパ,今の馬場状態を加味するると,この馬を評価するのは必然である。


 ◎08ゴールドシップ


 フォトパと追い切りから引き続きピックアップすると,人気通りになるので,あえて目を瞑る。来たら諦めるしかない。ゴールドシップの重力に支配されてスペックを出し切れなければ・・・・・・・・という部分で目を瞑る。

 ただ,フェイムゲーム、エアソミュールともにデキは良い。


 展開という部分に着目して,次の2頭をピックアップする。


 ☆05フラガラッハ

  追い込み脚質馬で,ゴールドシップが早い段階で動き出して前を掃除するのであれば,ヒモ馬は同じ脚質の追い込み馬の出番になる。デキも良い。ノリさんがフワっと乗ってマークしてくれるはず。掲示板に入る確率は高い。馬場も荒れている方が良いタイプです。マイルではスピードが足りなくなってきているのでこのくらいの距離が良くなってきた馬でもある。


☆12クリールカイザー

 デキに関しては問題ない。こちらは,前受け要員で積極的な競馬をすると判断,田辺騎手は積極的な騎乗ができるタイプです。キングヘイロー×サッカボーイ,いかにも時計の掛かる馬場がカモーン!な血というイメージです。キングはパワーと持続力,サッカーボーイも持続力,特殊条件でこそ狙う。軽い馬場だった東京コースでも結果を出せるくらい地力もある。前走は距離が長すぎただけ。自身の得意条件になったということで上位馬に一矢報いてほしい。


大穴03マイネルディーン
 
内枠&デキ抜群,中山得意という部分で評価します。インでロスなく立ち回って,こっそり掲示板以上狙ってきそうなイメージです。うまく乗れば馬券圏内にくるはず。

= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています


オッズからも評価できるのは,この馬です。

↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 4
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2015-01