調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

有馬記念出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/12/27 Sat.

 
 土曜日は,札幌で大学時代の悪友と飲み会です。何年振りでしょうか。子供が小さくて留守にすることで家庭に負担をかけてしまうため,ずっと断っていましたが,競馬で稼いで貢いでいる効果でしょうか(笑),今年はお許しをもらえたので行ってまいります!

 昼のJRに乗って2時くらいにはすすきの近くのWINSに入って飲み代を稼ぐ予定です(笑)

 皆さん、良い情報等援護射撃をお願いします!(笑)

 というくだりで,次の日は旅先で二日酔いになるのが確実です(笑)

 ですので,日曜日のブログ更新はありません。おそらくこれが最後の更新になります。どうもすいません^^;

 有馬記念ですが,デキに関しては,ジャスタウェイが前走比でかなり上向いています。内面も素晴らしい。

 これで鞍上がノリさんかムーアで中~内枠だったら自信もって勝負買いでしたが,外枠配置で福永騎手となるとちょっとヤル気がなくなりました(笑)

 儲けるのは阪神カップで,有馬記念は「見て楽しむ!」でもいいかなぁと思っています。

 
<< 更新情報 >>

〇 更新完了

◎ 有馬記念出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ヴィルシーナ友道
有馬記念  :栗CW併せ馬竹之下終い一杯83.6-68.0-53.1-39.1-11.8
有馬記念一前:栗CW併せ馬内田終い一杯81.0-66.1-51.9-38.5-12.7

併せ馬でインから追走です。しっかり追われて終い11秒台です、鞍上は軽い騎手ではあります。

→ 個人的には,前走の負け方が隙ではないです。馬場は重たい馬場でもこなせるので京都から中山替わりはプラスメリット


≪一週前≫

インからの併せ馬,最後仕掛けた段階ではスタミナが残っておらず,脚があがった状態で一杯に追われる。スタミナ補完の追い切りです。キツイなりに馬自体は頑張っています。ただ,この程度の時計ならバテないで走れて欲しいというのが本音です。




ウインバリアシオン松永昌
有馬記念  :栗CW3頭併せ藤岡康終いムチ82.4-66.6-51.5-37.7-12.2
有馬記念一前:栗坂単走馬なり56.1-41.0-26.6-13.3

珍しく追ってくる調教ですね。素材はいい馬ですがやっぱり何かが物足りないです。上手く仕上げられていないがゆえだと思います。


≪一週前≫

コース追いが多い馬が坂路追いですね。走るフォームはさすがです。時計的や動き的には特に強調点はない。

→ 個人的にはあのフォトパドック見せられた時点で「ほぼない」と思っています。





エピファネイア角居
有馬記念  :栗CW単走川田馬なり80.6-64.4-50.0-37.5-12.4
有馬記念一前:栗芝単走川田馬なり82.4-65.6-50.7-37.4-12.0

CWの単走で外回しても楽に時計を出せてしまうということはいかにパワーを内包した身体能力が高いかを示していることになる。JCを圧勝して勢いついているタイミングです。スミヨンにエピファネイアの乗り方を示してもらって川田騎手が今回チャンスを得た。このチャンスを生かせるか,生かせないか。人気になって自分でメイキングする立場になると,関西騎手の若手という位置だと中山2500mのトリッキーさは難易度が高いでしょう。それを意識してしっかり勉強してこなして来るか注目の一戦です。

→ 目標がいてマークする立場 と 人気馬を乗って自分でレースを動かす のは 難易度で言えば大きく違います。

→ ハープスターに育ててもらった「強さ」をここで発揮できるか。今年は川田〆で行けるか。ここにも物語がある。



≪一週前≫

角居馬ですが,この馬はいつも単走追いです。大概併せ馬で内面を成長若しくは仕上げていく厩舎ですが,エピファネイアは一人でも燃え上がっちゃうタイプなのでその必要はないと判断し,特別メニューで育成されているんでしょうね。闘争心が強いタイプは絶頂期は強いですが,一度躓くと闘争心が衰えてパフォーマンスを落とす。そういう意味では,今は生涯ピークに位置していると考えます。ただ,走りからは好走するための適性条件は必要です。キレるタイプではないのでむしろ有馬記念タイプの可能性は高いです。

→ 有馬好走馬体で言えば,ブエナビスタに近い。ただし,走法はシンボリクリスエスです。父,母父ともに有馬記念は好走した履歴はある。

→ 芝追い切りですが,ブレずにしっかりと上体を安定して走れている。





オーシャンブルー池江
有馬記念  :栗CW単走終い強め83.6-67.8-52.9-38.9-12.1
有馬記念一前:

単走でコースの大外をまわしてしっかり動いてきます。

→ 前走でも身体は仕上がっていました。上手くインを突いて差し込んでくる最高の展開でしたがまったく伸びずという内容です。一昨年前ほどの勢いを持って有馬記念に出走できている状態ではない。





ゴールドシップ須貝
有馬記念  :栗坂併せ馬岩田一杯52.1-38.4-25.0-12.8
有馬記念一前:栗坂併せ馬岩田終い強め52.6-38.7-25.9-13.5

今週も岩田騎手騎乗です。一週前で何かを感じたようで,坂下からしっかりハミから刺激を与えてゴールドシップに走るよう意志を伝えています。そこから終い追ってしっかり伸びてくる。二週連続に跨ってしっかり馬の癖を把握したように見えました。馬自身もしっかり走れているのでビシっと仕上がった状態で本番を迎えられると思われます。


≪一週前≫

岩田騎手で追い切ってますね。有馬記念は岩田騎手が乗るのでしょうか。頭を上げて走りたがってませんね。自分で最後走ることをやめています。賢い馬です。ただ,大レースで結果を出しているとおり,レースに行ったら理解して能力を出して来ると思います。賢い馬ってそういうものです。

→ 最近で言えば,ナムラヴィクターはそういうタイプでしょう。


≪ターニングポイント≫

宝塚記念から凱旋門賞まで横山典騎手が乗っていました。宝塚記念のとき,調教で二週連続で駆けつけて,しっかりゴールドシップとコンタクトをとって,馬に嫌気を出させないように会話をするかのように乗っていました。宝塚記念でもそのような騎乗で圧勝しています。

今回は岩田騎手で,「俺が走らせるんだ!動け!」みたいな乗り方で,ゴールドシップはそれを受け入れていない調教内容に見えました。

この部分をどう捉えるかが大きなポイントになるかもしれません。

走らせる系の内田騎手が乗っていた時でも結果を出していた事実はある。そのあとスランプに落ちて,コンタクト系のムーア騎手や横山騎手が乗って「復活した」という事実もある。

これまで乗りやすい下地を作ってきてくれているので,その面では岩田騎手は「助けられている」。

→ まぁ追い切りを見る感じ,スランプではない。ただ、手を抜いているだけという感じです。走りは良し。力強いです。





サトノノブレス池江
有馬記念  :栗CW併せ馬池添終い仕掛け82.7-66.6-51.9-38.4-12.5
有馬記念一前:

併せ馬でインから併せる。仕掛けてギュンと最後まで集中して伸び切る。絵的には良いですが、併走馬動かな過ぎた印象もある。ただ、最後まで自分で集中して走れているという点は良い。




ジェンティルドンナ石坂
有馬記念  :栗坂併せ馬馬なり54.5-39.8-26.1-13.3
有馬記念一前:栗坂併せ馬戸崎馬なり53.8-39.4-26.2-13.5

強くは追ってこない。走りや負荷を考えてもちょっと物足りないレベルです。


≪一週前≫

フォトパで感じたよりは動けている印象です。推進力ある走りができるタイプで坂路で鍛えられている馬なので瞬発力勝負が合うタイプ。持続力戦向きではない。宝塚記念だとパフォーマンスを落とすように中山でも同様でしょう。東京ベターな馬という評価です。

→ 一週前の時点でほとんど書き過ぎてしまっているなぁと(笑)




ジャスタウェイ須貝
有馬記念  :栗坂併せ馬福永終い仕掛け54.9-40.2-26.1-12.9
有馬記念一前:栗坂併せ馬福永終い仕掛け52.8-38.7-25.9-13.4

馬なりで楽に走らせている。内面に関してはまったく衰えはないですね。むしろここで引退させるのはもったいないくらい生命力の強さを感じさせます。

→ デキの良さは明らかに前走以上ですよ。


≪一週前≫

ゴルシと併せていたのはジャスタウェイでしたか。走り方を教えてもらた成果で距離はこなせるようになりました。ただ,道中無駄にロスはしたくないので,理想はインからエイシンフラッシュのような乗り方をしたいというのが理想ですね。外回されて不器用なりにコーナリングしながら加速すると,「持ち味」が生きなくなる。

→ 自分で走れている状態を維持できています。衰えは感じません。前走で評価しなかったのは私のミスでしょう。

→ 帰国して一度使って内面も身体もピリっとしてきた感じがある。自分で走れる状態にある馬に乗せてもらえている福永騎手は馬にも助けられて結果を出せている。意外にマッチングコンビ。




デニムアンドルビー角居
有馬記念  :栗CW3頭併せ浜中馬なり87.4-70.2-55.1-40.2-12.0
有馬記念一前:

出来に関しては変わらず良さそうです。ジャパンカップの敗因は,馬場とレースレベルの高さでしょう。基本的にこのメンバーに入ると辛いということが証明されました。

→ 中山コースは適性値としては微妙でしょうね。





トゥザワールド池江
有馬記念  :栗CW併せ馬ビュイック82.6-66.8-52.7-38.5-11.8
有馬記念一前:栗CW併せ馬ビュイック終い強め81.8-66.4-51.8-38.1-12.2

この血統はやはり真面目な馬を出しますね。非常に優等生です。最後も突き抜けます。心身レベルは高いです。あとは「適性」の問題でしょう。良い枠を引けましたので上手く距離をごまかして乗れるかがポイントです。

→ スローペース希望です。そこから自分のタイミングで抜け出せれば。


≪一週前≫

フォトパと繋げてもデキに関しては良い。ただ馬体からも走法からも私のイメージ通りで強引な持続力戦は得意なタイプではない。同馬もインでじっと溜めて頃合い見ながら動き出す流れが良い。それでも距離不安はあるのでスローペース希望です。溜めに溜めて一気にブチかますとリームジャーニー戦法もいいかもしれない。そのためにはちょっと実戦レベルで訓練不足な部分はある。




トーセンラー藤原英
有馬記念  :栗坂併せ馬武豊終い仕掛け53.6-38.2-24.5-12.4
有馬記念一前:栗芝単走武豊終い仕掛け75.9-60.3-47.3-35.4-12.2


坂路で追い切ってきましたか。弾けるように走れています。武豊さんが何か策を練って乗ってきそうな気がします。ベテランは経験値が高いゆえに「読み」と「技」が光ります。


→ 私の予想では,ゴールドシップが動くタイミングはわかっているので,ワンテンポ遅らせて仕掛けて一気の脚を使わせようとすると思います。ただ、それが中山コースでできるかが鍵ですが。飛びからみると,内回りだと難しそうですよね。



≪一週前≫

出来に関してはここにピークに仕上がってきそうな雰囲気です。走りは力強く馬体も良い。フォトパドック載せてほしかったですね。マイルチャンピオンシップはしっかりと追い込み競馬に徹して終いにかけて集中して走らせれた効果がここにきて出ている。調教効果は抜群だった前走という評価です。

→ あとは,「京都専用機」という枠から外れられるかどうか。京都より中山は時計の掛かる馬場状態です。これがマッチするかどうかが大きなポイントになる。コース形態からも最後の坂も曲者です。




フェノーメノ戸田博文
有馬記念  :美南W単走単走馬なり83.8-67.1-53.1-39.1-13.1
有馬記念一前:美南W併せ馬田辺終い強め82.5-66.6-52.2-39.1-13.0

リラックスして走れるようになってきた。メリハリつけて終い伸ばす。動き自体は変わらず良い感じです。この馬の場合はレースに行って真面目に走ってくれるかが鍵でしょう。それが今秋の課題です。

→ 集中力系は一度リズムを崩すと中々元の軌道に戻らない。デインヒルも入っているので量も持っています。

→ 中山外回りは得意なタイプだと思っています。内回りだと飛びが綺麗な馬だけにどうかなぁという部分はある。


≪一週前≫



メイショウマンボ飯田
有馬記念  :栗坂単走馬なり56.0-39.8-25.5-12.8
有馬記念一前:栗CW併せ馬終い一杯80.9-65.5-50.9-37.2-11.7

フォトパ観た時点で「ない」と判断しています。

≪一週前≫



ラキシス角居
有馬記念  :栗坂併せ馬Cデム終い一杯54.5-39.7-25.3-12.6
有馬記念一前:

馬場は荒れている坂路での追い切りです。線形の綺麗な牝馬なのでパワー馬場は得意ではないのでこんな走りで致し方ないでしょう。軽さがありそうで脚が長いタイプ。中山内回りコースで時計のかかる馬場がマッチするかは疑問です。

→ 有馬記念はトリッキーなコースなので,基本的に「上手く乗る」ということが大事です。騎手は大事な予想ファクター



ラストインパクト松田博
有馬記念  :栗CW単走馬なり83.7-67.8-52.3-38.2-12.1
有馬記念一前:栗CW併せ馬馬なり86.2-69.4-53.2-12.0

単走で終いにかけて流す追い切りです。勝負設定だったら川田騎手はキープでしょう。松田博厩舎でもあるので。この馬としては今年十分収穫できたという判断でここは「参加者」という位置にいそうです。

→ デキはいい意味で安定しているか,下降線に入るタイミング

→ 有馬記念勝負だったら,小倉記念から使い出さない。


≪一週前≫





ワンアンドオンリー橋口
有馬記念  :栗坂併せ馬見せムチ54.2-39.2-25.7-13.0
有馬記念一前:栗坂併せ馬馬なり56.0-40.6-26.4-13.2

ここにきて非常に良い雰囲気が出てきました。柔らかみのあるフットワークで内面もうまくコントロールしながら上がってこれます。追えば弾けそうな雰囲気がまた良いです。JCを使って良化してきたと見ても良い。ただ,走りは柔らかく映るので強引に動いていくタイプには見えない。良い枠を引いたのでそれを生かして脚を溜めてビュっとキレる脚が使えれば面白いか。

→ 阪神実績馬なので重たい馬場は合わない訳ではない。ただ飛びが綺麗なのでその辺が小回りでどう出るか。上手く騎乗したい。そういう意味で中山を知り尽くす鞍上は頼りになる。


≪一週前≫






☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ジャスタウェイ
    
B+ エピファネイア、ゴールドシップ、

B  トゥザワールド、ワンアンドオンリー

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 ディープインパクト産駒が7頭
 ハーツクライ産駒が3頭
 ステイゴールド産駒が3頭
 その他、シンボリクリスエス産駒、キングカメハメハ産駒,スズカマンボ産駒という構成です。

 コース特性を見ると

無題

 12秒台の持続ラップロングスパート戦です。相当スローペースにならない限りキレはいらないということ。

 サンデー系らしくないステイゴールド産駒の成績が良いですね。有馬記念もある意味「リピーター」というものが存在すると考えています。

 ここはもうシンプルにステイゴールド産駒を狙います。

◎14ゴールドシップ

 ゴールドシップが前を掃除する場合,漁夫の利を得る馬をヒモ候補で探します。

 ・・・・・・・・ うーん、わからない(笑)

 という場合は,インで体力溜めてロスなく動いてきそうな馬と騎手を選びます。

 非ディープ産駒で考えます。

 △03ワンアンドオンリー
 △06トゥザワールド


※今年の3歳馬は弱いので・・・・どうかなぁと。。。。。。


 前で強い父非ディープ馬も紐に入れます。ゴルシが動くも前が残るパターンです。メンバー的にもスローペースなので。


〇13エピファネイア
 

 さすがにディープインパクト産駒がここまで大挙してこられたら,どれか出現するかな?(笑)


 過去の有馬記念をチェックしましたが,このレースにディープ産駒は全然出走が無いんですよね。


 確認できたのは昨年のダノンバラードくらいでしょうか。


 柔らかいタイプがでやすいため,ジャパンカップ狙いが多いのでしょうか。あと,マイラー傾向に出やすいのかもしれません。

 そういったことをからも,今回はディープ産駒を嫌います。


 狙いとしては,リピーターのゴールドシップと,キレの足りないシンボリクリスエス産駒で良さそうな気がします。


 あとは絶好調ジャスタウェイの取り扱い次第でしょう(笑)


ステイゴールド産駒の有馬記念成績(過去5年)

1着4回
2着1回
3着1回

過去実績ある馬で今回出走してきた馬は,ゴールドシップとオーシャンブルー

オーシャンブルーは大外枠過ぎでデキもちょっと不安。それなら、ステイゴールド産駒でこの条件でフェノーメノの目覚めが合っても良いかも!


馬券は

◎ゴールドシップ
〇エピファネイア
▲フェノーメノ


非ディープインパクト産駒馬券でゴルシから馬連ワイド2点で行きましょう。




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています




↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 11
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

阪神カップ出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/12/27 Sat.

有馬記念(G1)攻略会議
↑マロン議長が立ち上げています!多くの皆様,応援してあげてくださいね!


※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫



 何事も 「今起きている事象に対しての’本質’」 を理解することが大事でしょう。


 その’本質’を見抜くための観察眼を鍛えるべきです。


 何故,その事象が起きたのか?どういう背景からか? 歴史(過去)を学び,それを糧に未来を予測する。


 本ブログでは,「競馬結果予測」がターゲットですが,競馬以外の分野でも有効な考え方です。

 
 さて阪神カップです!ここは是が非でも獲りたい!という陣営がいそうですね。


 私も是が非でも 馬券を当てたい!!


 どうしても馬券を当てなければならない!!それには 大きな理由がある!!(笑)


 理由は秘密です!!(笑)  


 ※ 分析&更新を優先しています。コメント返信できていなくてすいません^^;


<< 更新情報 >>

〇 更新中


◎ 阪神カップ出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


ウリウリ藤原英
阪神カップ :栗坂併せ馬鮫島終い仕掛け53.8-39.2-25.1-12.4
阪神C一週前:

相変わらず柔らかく走れるバネ感あるディープ産駒です。柔らかい形で出ているので正直阪神カップには適性は合わないでしょう。パワー必須馬場に消耗戦になる流れなので,キレよりも「しぶとさ」が大事になってくる。

→ デキそのものは良いです。善戦させるとしたら最高方待機から一気の脚を使う戦法しかない。レースペースに無理に付き合わないで自分の好きなペースで走らせるというモノ。特に武豊さんが乗る走らせ方ですね。




オリービン橋口
阪神カップ :栗坂単走岩田終い強め52.3-38.7-25.8-13.2
阪神C一週前:

デキは良い意味で安定しています。ただ,もっと終いにかけてギュンっと伸びる姿勢を観たかった。レースは重賞でもある意味「G1級」の扱いのレースだと考えています。総決算で最後の短距離重賞を獲る!と狙って仕上げてきた馬も多いでしょうし、斤量も「定量」で実績馬にとって美味しい条件です。コンスタントにレースを使い続けてきた馬と,このレースを目標に仕上げてきた馬とどう判断するかでしょう。

→ 阪神1400mは最もこの馬が得意とする条件です。前走で結果を出せていないと正直格上戦となると厳しいか。





クラレント橋口
阪神カップ :栗坂併せ馬馬なり52.5-38.0-25.6-13.2
阪神C一週前:

ギアをまだ残した状態でしっかり駆け上がらせる。終始併せ馬で内面に負荷をかけ最後は前に出る。馬体はピカピカで筋肉の張りも素晴らしい。終いは13秒台だが,いつも好時計を出す時は「追われて」出す馬で今回は楽走での時計である。むしろ評価は今回のほうが高い。しっかり心身をこのレース目標に作ってきた。





コパノリチャード宮
阪神カップ :栗坂単走終い仕掛け52.3-38.4-25.2-12.9
阪神C一週前:

単走で自分で集中して走ってくる。さすが逃げれる馬です。しっかり力強いフットワークで走れているのでいい感じに仕上げてきたなということは感じ取れます。

→ 秋2戦はまともに競馬していませんので陣営としては巻き返したいはず。

→ 同型が多く揃っているし,脚の速い馬も多い。その部分の兼ね合いでしょうか。




サクラアドニス村山
阪神カップ :栗坂単走終いムチ56.2-41.0-26.5-13.6
阪神C一週前:

ムチ入ってからの反応悪いですね。このっレースレベルだと足りない気がします。




サダムパテック西園
阪神カップ :栗坂単走菱田終いムチ54.5-39.2-25.3-12.7
阪神C一週前:

自分の得意な条件でなら・・・・という感じになってきたようです。1400mよりも1600m~2000mくらいで上がりがかかる展開で後方からズドンというのが良いでしょう。中京記念のようにですね。ここに入ると,距離短縮をこなすための内面のキツさが足りない気がします。

→ 前走よりは良化はしています。




サンカルロ大久保洋
阪神カップ :美南W併せ馬吉田豊馬なり79.4-64.8-50.7-37.2-12.9
阪神C一週前:美浦坂路で3F39秒9-13秒2(一杯)。

馬場の真ん中を走らせているので好時計は出やすいでしょうが,それでも時計は良いですね。時計の出し方,走らせ方を見てもじっくり仕上げてきたことがわかる内容です。サンカルロにとってG1レースはこのレースでしょうね。




ダイワマッジョーレ矢作
阪神カップ :栗坂単走馬なり55.7-40.3-26.0-12.8
阪神C一週前:

単走で馬なりです。嫌気を出さず自分で走れています。追い切りの動きからは身体面はしっかり仕上がっています。

→ 戦績からは,集中力や闘争心が切れてしまった状態で生涯ピークが終わってしまった感じです。ただし,前走はトップハンデを背負ってしっかり追い込んできた。(ラスト1F失速ラップだったということもあるが)




タガノブルグ鮫島
阪神カップ :栗CW3頭併せ藤岡康馬なり84.5-68.5-53.6-39.1-12.4
阪神C一週前:

基本的にこのメンバーに入ると能力値で足りない馬です。





ダノンプログラマー千田
阪神カップ :栗坂単走終い強め54.3-39.2-26.0-13.4
阪神C一週前:

終いをしっかり伸ばして来る追い切りです。状態は安定している。動きにもキレはある。





トーホウアマポーラ高橋亮
阪神カップ :栗坂単走酒井学終い仕掛け53.4-38.8-25.5-12.9
阪神C一週前:

大きく走れるタイプでしっかり坂路で育成されて坂適性をつけている。ただ,これまで優等生だった馬がここ2戦ガタっと崩れている。しっかり内面のケアができているかがポイントでしょう。

→ 個人的にはまだ良化途上かなぁと思います。

→ 馬格がある牝馬で軽さよりもパワーも内包していそうです。




ハクサンムーン西園
阪神カップ :栗坂単走終い仕掛け54.4-40.0-26.6-14.0
阪神C一週前:

真面目に走っていませんね。こんなハクサンムーンの追い切り観るのは初めてです。ゴーサインだしてから馬が「イヤイヤ」していました。これはちょっと内面に支障が出ているかもしれません。生涯ストレスが蓄積された結果,極限状態で走ることが嫌になりだしているかもしれないです。



フォーエバーマーク矢野英
阪神カップ :美南P併せ馬馬なり67.8-51.5-37.9-11.9
阪神C一週前:

心身共に仕上がっていますね!あとは距離でしょう。距離延長は限りなくマイナス材料です。





ホエールキャプチャ田中清隆
阪神カップ :美坂単走馬なり56.0-41.1-26.6-13.1
阪神C一週前:

この馬なりに走れているという感じです。もっと時計出してもいいんですがね。

→ 東京マイルに適性を持ち過ぎているタイプで札幌記念でも好走できている。激流からの消耗戦という適性はここのところ証明できていない。



ミッキーアイル音無
阪神カップ :栗坂単走浜中馬なり50.5-37.8-25.4-13.1
阪神C一週前:

飛ぶように走れていて天性の「軽さ」に関して言えば天下一品の馬でしょう。阪神コースという部分は「軽さ」を持ち過ぎているがゆえに合わないと思っています。

→ 楽に好時計出せているようにスピード値は高い。他の逃げ馬にとっては邪魔な存在でしょう。




リアルインパクト堀
阪神カップ :美南W併せ馬馬なり55.1-40.5-13.2
阪神C一週前:

堀きゅう舎の馬なり併せ馬でしっかり馬が自分で前に出るという追い切りが出来ている。厩舎的には仕上がっているというさんです。




ロサギガンティア藤澤和
阪神カップ :栗坂併せ馬ブノワ馬なり53.8-38.8-25.2-13.0
阪神C一週前:

栗東に先入れしていますね。この厩舎の割にはしっかり時計を出しています。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 

B  

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


1.馬場情報

[馬場情報]阪神競馬場

26日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:
< 芝 >良
<ダート>良

●芝の状態
 今週からBコース(Aコースから直線部3.0m、曲線部4.0m外側に内柵を設置)を使用。コース変更に伴ってコーナーの傷みはカバーされたものの、向正面の一部と正面内側に傷みが残っている。

●芝の草丈
<芝コース>
 野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm
<障害コース>
 野芝約8~10cm

●中間の気象情報
 21日(日)以降、降雨はなかった。

●中間の作業内容
<芝コース>
 特記する作業はなかった。
<ダートコース>
 23日(火)~26日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。
<障害コース>
 特記する作業はなかった。

 映像を見る限り,剥げてきている感じはしない。更にBコース変更なのでイン馬場は悪くはないということ。
 
 週中も雨が降っていないということ。先週比較でどこまで馬場が復活しているのかしっかり確認しておきたい。


2.レース特性

無題

 ラップを見ると,道中は11秒台で流れています。特に11秒前半が基本でしょうね。

 ここから気づくのは,「スピード能力」が必要ということ。スピードが無い馬は,スピードを出すためにスタミナを消耗してしまうので最後の余力はなくなる。短距離実績は必須でしょう。

 ここ4年間はハイラップ戦が基本形でしたが,昨年は3F、4Fと11.6秒と緩んで山なりからの加速区間が発生している。

 この形は,「前が加速できるだけゆったり走れた」ということになる。要するに昨年好走馬は展開に恵まれたということで今年もリピートするかどうかは,同じような展開になるのか否かを検証する必要がある。

 開催時期は違うが,今年同じ条件で行われた阪急杯ですが,このレースではコパノリチャードが強い競馬を見せてくれました。

 ただ,これは恵まれた部分があったのは事実です。それは,馬場設定が「内馬場有利で外から追い込めない馬場」だったということです。何故か内側だけグリーンベルトが出来ていたということ。

 そして,馬自体も休み明けでリセットして仕上がりが良く悪いリズムを修正できたということ。

 今回はちぐはぐな競馬が続いています。良いリズムを得ていません。巻き返すとしたら一度休ませて気持ち新たに競馬に向かわせた方が良いでしょう。

 個人的には,阪神1400mでハイパフォーマンスを見せたコパノリチャードは「疑って」かかります。


3.ピックアップ

 今の時点である程度予測するには,馬場も想定しておかないといけませんね。

 阪神コースなので基本的にパワー必須,先週ほどではないにせよ基本的にパワーが必要でペースが流れるならラスト1Fはある程度止まるだろうと想定する。

 逃げたい馬
 02フォーエバーマーク、06ミッキーアイル、10ハクサンムーン、18コパノリチャード

 前が速くなるための役者はそろっている。
 

 以上の想定から,体力豊富な馬や終いにかけて間違いない脚を使えるであろう馬を評価する。


◎11サンカルロ

 阪神1400mといえばこの馬です。クリスエス産駒らしい硬い走法でキレが足りず,激走条件レンジが狭い馬です。唯一走れる条件がこの阪神1400mで前が流れるときです。大久保洋先生も2月で定年,大久保洋×吉田豊師弟コンビにとってはこのレースこそが「G1レース」です。ここで勝ってひと華咲かせたいはず。その想いが追い切り映像からも感じ取れました。高齢ながらもしっかり調教を積んでいます。高齢という部分だけがひっかかりますが,スプリンターズステークスでの良い調教を経てじっくりここに向けて仕上げてきたと判断したい。勝負は時の運,勝利の女神の助けさえあれば複勝圏内はある。


〇04オリービン

 この馬も阪神1400m適性馬で再度見直してみました。スワンステークスでちょっとリズムを悪くしてしまった部分をしっかり前走で矯正してきたなと感じました。要するに前走は菱田騎手に「調教してきて」という指示だったと思われる。しかも「複勝圏内に入るなよ。阪神カップで人気になりたくないからな」という意思も感じさせる乗り方でした。ガチ追いだったら3着に来れていましたが,菱田君にはその意思がなかった。ワンテンポ遅らせてしっかり終いにかけて集中させて追い込ませる競馬で馬に活力を与える騎乗です。そしてゴール前ではこれで良いみたいな感じで緩める姿も確認できる。この一連の内容からも今回が「ガチ」であり,岩田騎手を確保してきた采配とも一致する。陣営はオリービンで波乱を起こさせたいと考えているに違いない。クラレントで煽ってペースを速くさせてオリービンでズドンという作戦である。橋口師の2頭出し,人気薄のオリービンを実弾と判断してこちらを評価する。


▲16クラレント

 ちょっと枠は外過ぎましたね。厳しいです。でもガチでデキは良くしっかり仕上げてきたことは確認できる。マイルチャンピオンシップ狙いではなくこのレース狙いで仕上げてきた馬です。ただ、昨年よりも条件は悪いので3番手評価です。



 馬券はサンカルロの単複とサンカルロからオリーヴィン、クラレントへのワイド。保険でオリーヴィンの複勝を買うか買わないか、でしょうか。


 その辺の買い目は,パドックと返し馬を見て悩んでみたいと思います。 



 オッズ分析ですが,上位人気は完全にあてにならない配列です。

 でも基本的には11番人気までが基本的に馬券対象内です。(許容誤差で12番人気まで)

 上位人気は信頼できないが,11番人気まで買われているということ。

 それは,11番人気までの中で上位人気以下同志が狙われているということになる。


 その辺から臭う馬は・・・・・・・・・・
↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


 こうなるとやっぱり激熱でしょ??(笑)


 時間が無いのでコメント返信できていません。しっかり読んでいます。激励等々ありがとうございます^^



= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 5
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2014-12