調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ジャパンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/11/30 Sun.

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


 今週の更新はこれで最後になる可能性が高いです。

 今日(木曜日は)は昼も夜出勤あって終わるのは2時~3時かなぁ。そこから金曜普通に朝から出勤です。

 ですので、金曜朝は起きれニャーイ(笑)

 土曜朝は早くから札幌・小樽方面に家族旅行に旅立ちますので,更新できニャーイ(笑)

 日曜日朝頑張って旅先で更新で来たら頑張ってみます。できたらの話ですが(笑)

 残念ながら、水曜追い切り馬が少ないこと。うーん、非常に残念です。


<< 更新情報 >>

〇 更新完了
 → 最終見解は最下段です。


◎ ジャパンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

01ジャスタウェイ須貝
JC    :栗坂併せ馬福永終い強め53.7-39.3-26.2-13.6
JC一週前 :栗坂併せ馬福永終い強め54.8-39.5-25.2-12.5


今週の栗東馬場は重そうで芝馬にはキツイ設定な感じですね。時計はかかっても致し方ないでしょうが,手応えまで悪くなってしまう部分や併走馬に劣ってしまう部分は王者の追い切りとしてはちょっと物足りない。ただ,資質の高さは証明済です。適性的にも基本はマイルから2000mが一番パフォーマンスを発揮できるでしょう。


≪一週前追い切り≫

馬場は綺麗だが終い追われて54秒後半です。覚醒していた時期は唸るように坂路を駆け上がっていただけにこれはちょっと物足りない動きでまだ本調子にはなさそうです。





02アイヴァンホウ(ドイツ)
JC    :軽め調整
JC一週前 :

脚が長くていかにも芝馬という感じです。キレ味はありそうな感じです。




03ジェンティルドンナ石坂
JC    :栗坂単走終い気合53.3-39.1-25.7-13.0
JC一週前 :栗坂併せ馬ムーア終い気合54.0-40.0-25.6-12.7


馬場は重たい感じなのでこのくらいの時計で致し方ないでしょう。一週前と比較して動きは大分良くなりました。やはり走法は推進力が高い走りが出来ていて無駄がない。この馬の能力が高いところはココです。単走ながら最後までしっかり伸びている。いい顔で走り切れている。これだけしっかり走れて来れば当日に向けて十分仕上がってくるでしょう。

→ 戸崎(柔の騎手)からムーア騎手(柔と剛両用)にスイッチ。パフォーマンスアップします。


≪一週前追い切り≫

軽めの時計でいながら終いは追ってはいないがハミから気合をつけている。動きそのものは非常に良くなってきた感じはなく,良い意味での平行線か若しくは下降線か。走法からはやはり東京適性は高い。最終追い切り待ち




04エピファネイア角居
JC    :栗CW単走福永終い気合70.0-52.6-37.7-11.9
JC一週前 :栗CW単走82.0-65.5-50.7-37.7-12.3

グっと溜められるような感じで走れるようになってきている。これは良い傾向でちょっと個人的にビックリです。さすが角居厩舎といったところです。内枠配置で前に壁を作って上手に溜められれば弾けられる可能性がある。ただ,根本的にはパワー質な馬場がベストでその設定だったら最強パフォーマンスを見せつけられる。角居厩舎なのに併せ馬ではなく単走で追い切っているところにこの馬の「弱点」が見え隠れする。

→ 闘争心が非常に強いので,特殊条件で前で競馬をさせたいところ。菊花賞のような競馬がベスト条件です。闘争心が強いので1頭でも走れる強さがある。あと身体能力が生きる馬場設定になって他馬が馬場を苦手にするなら圧倒的な勝ち方ができる。ジャパンカップでそれをするなら,雨降って馬場が荒れるか重たくなるかしてほしいところ


≪一週前追い切り≫

やっぱり父シンボリクリスエスの影響か,走るときの力のかかり方が若干下ベクトルに強くかかっている。重たい馬場だと有利性は発揮できるが,一流どころと芝の切れ味勝負になると見劣るような走法です。下に力を入れて走れるから重たいCW馬場でも楽に好時計が出るのは頷けます。こういう馬場に適性があるからです。道中も精神ロスしやすいタイプなため,距離延長はマイナスで個人的には「安田記念」にビシっと仕上げて出走してきてほしいタイプです。今年の安田記念に出していたらかなり強いパフォーマンス示せたはずですよ。道悪だったしね。

→ 併せ馬で内面からしっかり作りこむ角居厩舎が単走で追い切らなければいけないというところにこの馬の「裏側」を感じさせる。

→ 同世代戦では完成度でまだ勝負できた。それがダービーであり皐月賞,菊花賞はそれプラス不良馬場対応




05ヒットザターゲット加藤敬
JC    :栗坂単走武豊終い仕掛け53.6-39.4-26.3-13.6
JC一週前 :

相変わらず追い切りの動きはいいですね~馬自身が非常に集中しているし,近走しっかり追い込めているように走りがスマートで無駄がなくなっている。この辺はしっかりレースに行って武豊さんが教え込んでいるのでしょう。馬も走り方を覚えて真面目になりしっかり安定しています。近走のレースぶりからも距離は伸びた今回のほうが前走より条件が良い。




06ハープスター松田博
JC    :栗CW併せ馬終い一杯82.0-66.7-51.9-38.0-12.3
JC一週前 :栗CW併せ馬84.9-68.9-53.9-39.5-11.9

この馬は追い切りは動かないことも多いのであまり気にすることはないでしょう。ただ,良いに越したことはないですよね。追われてからの反応は甘く,ラストインパクトに遅れる。ただ,身体の感じは悪くはなく,本気で走っていないように見えるので気持ちの問題でしょう。こんな感じでもしっかり本番は走ってくる真面目なタイプなので仕上げ面に関しては問題ないと判断する。

→ 問題なのは,体型から明らかに「マイラー」なので距離を克服するためには「追い込み+スローペース」という設定である必要がある。

→ スローからミドルペースまでなら,バイアス次第で後方からぶっこんで来るタイプ。斤量も有利。人気にはならない方がそういう設定になる。



≪一週前追い切り≫

タガノグランパと併せていたんですね。終始併せ馬で内面に負荷をかける追い切りです。馬にスイッチを入れさせようとしているのでしょうか。内面はしっかり強さが出ていたので非常に良かったです。最終追い切りはしっかり終いを伸ばすデモンストレーションを行ってもらいたい。この馬は体形的に2400mは長いので,乗り方でカバーしないと持たないタイプです。ですので凱旋門賞もあの形で競馬するのは必然なのです。そしてたまたまスローペースに流れたということ。おそらく前付けしたら,ペース速かったと思いますよ、日本馬崩すためにそう動くのが地元の鉄則です。





07アップウィズザーバス(カナダ)
JC    :東京D単走馬なり54.8-40.3-13.6
JC一週前 :

日本の芝に対応できそうな軽やかな走りと筋肉の質を感じさせる。ただ,いい意味での力強さというかストライドがないので,スローペースからの切れ味勝負向きのように見える。要するに軽すぎるということ。内枠でロスなく運んでキレ味生かせる展開ならm洗馬が合っても良いタイプ。外枠配置なら出番はないでしょう。





08デニムアンドルビー角居
JC    :栗CW3頭併せ浜中馬なり84.8-68.8-53.3-38.7-11.8
JC一週前 :栗CW3頭併せ浜中終い気合見せムチ85.1-68.9-53.3-38.7-11.7

馬なりでしっかり内面に負荷をかける。自分でしっかり前にでる強さを示す。一週前の追い切りと線で繋げても明らかに仕上がった追い切り内容です。

≪一週前追い切り≫

グっと我慢させているときも馬は強い気持ちで走れておりしかも我慢できている。そこからゴーサインを出すとしっかり伸びてさらに突き放す。終いも11.7秒。ゴール板過ぎても緩めていないのでもう1F11秒台で走れている感じでしょうか。




09イスラボニータ栗田博
JC    :美南W併せ馬馬なり84.2-68.1-53.6-39.9-13.0
JC一週前 :美南W併せ馬蛯名馬なり81.4-65.4-51.1-37.8-12.9

フォトパ時点よりは馬体良くなりましたね。後ろから追走してしっかり併せて自分でしっかり捕えに行く感じは,内面がしっかり「生きている!」証拠です。ただ,追い切りレベルでの負荷を考えると,今回はいかに維持させるかという感じが見受けられる。天皇賞秋をピークに作ってきたことは間違いないでしょう。

→ 要するに前走比では「上積みはない」ということ。


≪一週前追い切り≫

大きく後方から追走してインに合わせる。楽な手応えで併走馬を圧倒,前に出て気が緩んで流してフィニッシュ。高い位置で順調です。




10ワンアンドオンリー橋口
JC    :
JC一週前 :栗坂併せ馬終い一杯53.5-38.8-25.2-12.7


≪一週前追い切り≫

終い一杯に追ってもしっかり反応しないで手を抜くズルさが出ている。これがレースで前面に出たのが菊花賞でこの「履歴」が今後も悪さをする可能性がある。レースに行っても最後「手を抜く」という悪さです。調教からはその辺が変わってきていないので,前走内容と調教内容と線で繋げると、ちょっと心配な側面がある。





11トーセンジョーダン
JC    :
JC一週前 :





12タマモベストプレイ
JC    :
JC一週前 :




13ディサイファ小島太
JC    :美南芝ブノワ馬なり67.4-51.0-36.7-12.3
JC一週前 :

芝追い切りですが,デキに関しては文句なし。良い動きで内面も持って走れている。ただ、中距離メインに使われてきた馬が最上格G1ジャパンカップの相手に距離延長と課題はたくさんある、




14サトノシュレン
JC    :
JC一週前 :




15スピルバーグ藤澤和
JC    :美坂3頭併せ北村宏馬なり56.6-41.4-27.7-14.5
JC一週前 :美坂3頭併せ北村宏馬なり57.7-41.7-26.3-12.8

馬に集中力が芽生えている時期で,藤沢厩舎としては非常に良い馬作りが成されている。馬体に活気があって顔の感じも良い。とにかく「今」という時間が楽しくてしょうがない。走ること、身体を作ること、競馬に行って追い込むことが非常に楽しい!そういう状態に位置している馬だと思います。


≪一週前追い切り≫

ハミをかけてサインを出したらいい顔でしっかり走りました。しっかり併せ馬で内面を鍛えぬいています。今は馬自身内面が相当充実している時期でしょう。ですので必然と身体も充実して来る。



16フェノーメノ戸田博文
JC    :美南W単走終い仕掛け84.0-69.0-54.3-40.0-12.9
JC一週前 :美南W併せ馬ルメール終い強め81.4-66.1-52.1-39.1-13.2


馬場の大外を回る。悪くはないけど,唸るようなグっと来るものを感じさせない。昔はそのグっとくるものがあった馬です。前走はフォトパ観てもパドック見ても馬体はしっかり仕上がっていた。それであの結果というのは「精神的な何か」が狂ってしまっているということ。これを立て直すには短期間では厳しいです。その辺もあって追い切りでグっというものを感じさせないのか。闘争心があって集中力があるタイプ,そして体力もあるタイプという分析でしたが,集中力と闘争心が低下している状態という雰囲気です。

→ あくまで私の感じた「主観」であってその辺はご理解ください。


≪一週前追い切り≫

うーん、いつもの反応の良さを考えると動きがイマイチに見えます。強い時は併走馬を圧倒するようなギュンっとした動きを見せてくれる。今回はそれがない。





17アンコイルド
JC    :
JC一週前 :





18トレーディングレザー
JC    :
JC一週前 :




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ジェンティルドンナ、、スピルバーグ
    
B+ エピファネイア、ヒットザターゲット、デニムアンドルビー

B  ハープスター(追い切り走らないので。ただこれでも走るので要注意)、イスラボニータ(適性マイナス補正)、タマモベストプレイ

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

 旅行に行くまでの時間で少し書きました。時間が足りなくて途中までですが^^;






= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています



↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ


 すべて私の想定通りの設定になるなら,自信度S級レースでしたが,ちょっと状況が変わってしまって自信度下げます(笑) S級評価だったら,賭神さんに対抗して,有料ブロマガ(300円くらい設定)にしてみようと思いましたが,辞めておきます^^;
-- 続きを読む --

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 7
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

ジャパンカップ出走馬フォトパドック診断2014 

2014/11/27 Thu.


 思ったより反響があってビックリ(笑) 

 googleドライブ使って貼り付ける方法を知ったので,試しにやってみましたが,見れない人もいたようで。。。。。

 他に良い方法ないですかね?過去にeverboteに貼って公開したこともありますが,無料版だと容量足りなくて有料登録しないとキツイんですよねぇ。。。。。。

 パス付記事に貼ったのは,「JC出走馬のフォトパドック写真のPDFファイル」です。フォトパ記事書く前に自分で編集している画像データを公開したものです。

 人によっては嬉しいかもしれませんが,データ派の方には興味ないデータでしょう。すいません^^;

 
> スカチ1さん、パス記事までは入れたようなので、googledriveとの相性が悪かったのかもしれません。今後同じことをするとしたら別の方法も考慮したいです。画像データ化してブログ上に貼ることもできるのですが、それを10頭以上もこなすと結構労力がかかるので・・・・・・・・。簡単にPDFにしちゃってそのファイルをアップする方向にしたのですが、今後また色々考えてみます。私個人,なかなかじっくり調べる時間が無いので,良い方法があったら教えてくれると助かります。


> チョビ丸さん、どーもです!激励ありがとうございます!感覚的なフィーリング人間なので,いつも適当な感じですいません^^; 継続は力なり!とにかくたくさん接して,試行錯誤することが大事でしょう。近道はありません。急がば回れ!!くらいの精神が意外と理に適っていたりします!お互いに頑張りましょう^^


> 名無しさん、しっちぃ師匠!?どこかでその呼び方聞いたことあるから、あの方かな?(笑) ダノンシャーク軸で外すのは・・・・・・絶対ダメでしょう!(笑)  マイルチャンピオンシップの回顧は時間の関係上厳しいかなぁ。自分の復習すらできていない状況です(笑) 激励ありがとうございます。JCはしっかり当てたいですね!^^ 

> 一ふぁんさん、どーもです!激励ありがとうございます^^ ジェンティルドンナですね~!なるほど~!個人的な見解はこの先に書いておきます!あくまで私の主観なので騙されないようにしてください^^;

>おーのさん、激励ありがとうございます。とりあえず、できる範囲で頑張ります^^

>馬面さん、どーもです! 文面でちょっと気にされましたか?あれは私なりのジョークです(笑) 逆に嬉しいんですよ。私も☆ 逆に私も皆さんと接することで刺激をもらえます。自分に何が足りないのか,それは改善していくべきものなのか,受け入れるべきものなのか、などなど、色々と考えさせてもらえる「機会」を与えてもらえる。一つ一つの事象に無駄なものはない。何か「意味」があると思っています。だからいつも周りにいてくれて接してくれる方々には感謝しています。実生活でもそうですし、顔も見えないオンライン繋がりでもそうでしょう。今後ともお互いに頑張りましょう^^



◎ ジャパンカップ出走馬フォトパドック診断2014

まず最初に,少し傾向分析を入れてみたいと思います。

無題

 基本的な流れは,道中12秒以上でゆったり流れて,上級戦らしいラスト4Fスパート戦になる。

 京都のロングsパート戦との違いは,

 京都 「下りながら加速 → 最後まで平坦なのでそれを持続させる能力」
 
 東京 「登りレイアウトなので自分でしっかり加速する能力 → 平坦適性が高いだけでは対応できない」

 といった部分がある。 ストライドもある程度欲しいですが,自分で加速できるパワー,力強さが欲しいのが東京コースの特徴です。開幕週の高速馬場だと,軽さだけで対応できたりしますが,今の馬場はそれなりにパワーを要求しているかんじなのでなおさら「東京適性らしさ」が求められると思います。


 少し天皇賞秋をプレイバック

無題

 今年は,例年よりスローペースだったことがわかる。このペースで

 イスラボニータの「ストライドの良さは殺された」形になります。持続質な脚を長く使えるタイプなので,そのペースで走らせるには,マイルくらいの距離がちょうど合うんです。

 そうなると更なる距離延長は,JCの過去ラップを見ると適性面更に不安になるのが イスラボニータ だと思っています。

 勢いで先に書いちゃいましたね(笑)

 要するに,スローペースの天皇賞だったということは

 ① 上位入選馬に疲労はない

 ② 上位入選馬は適性的にJCに舞台が替わっても好走できる可能性が高い

 ③ 馬場設定が天皇賞当時と違うのでその辺を補正
   → スピードで押すイスラボニータはこの設定替わりはマイナス材料  



ジェンティルドンナ

一度使ったはいいですが,良くも悪くも変わってこない。いい意味で平行線だと思います。一度使ってスッキリした感じはしますが,それ以外良くなってきた感じはしない。このレースや東京コースに適性はあるのはわかっているので軽視しづらい馬ですが,進んで狙いたいポジティヴな材料もないというのが私の本音です。



ジャスタウェイ

昨年の天皇賞,安田記念と比較すると,馬がこじんまりとしちゃって線形も細い。良い意味で牡馬らしさがない。牝馬に見えてしまう。お尻のボリュームも足りなくまだ身体は充実してきていないと判断する。



ハープスター

冬毛がでてきているのか毛艶は冴えませんね。松田博厩舎ですから、この厩舎は有力馬の場合わざと良く見えないように洗った直後などに写真を撮らせたりする傾向にある。冬毛以外の要素は悪くはない。バランス良い体型を維持できている。ただ,馬体的には「長い距離は合わない」タイプなのは明白で,距離をごまかすための乗り方が「追い込み勝負」である。その辺個々でどう解釈するかが大きなポイントです。


デニムアンドルビー

フォトパでは天皇賞秋の時点でも十分仕上がっていました。軽量牝馬なので仕上げやすいのでしょう。一度使って馬体が締まって来ました。脚が長く,牝馬ながら筋肉がしているので牡馬に混ざった東京コースでも能力は出せるタイプなんでしょう。


ワンアンドオンリー

馬体は個人的には菊花賞のほうが研ぎ師まされていた感じがします。馬体バランス自体は悪くはない。根本的に阪神や東京コース向きなんでしょう。京都コースのような平坦巧者向きの軽さが求められる条件は合わないのでしょうね。あとは,内面的に「癖馬」っぽさがあるため,いかに集中させて走らせられるかが鍵になりそうです。菊花賞で楽走してしまった内容,一週前の終い集中力欠ける走り・・・・・最終追い切りでしっかり集中できてくるか・・・・・確認必要です。



エピファネイア

この馬も馬体は素晴らしくいかにも東京コース走りそうなんですが・・・・・まぁその辺は追い切り記事に書いておいたのでそちらを参照ください。天皇賞秋でもデキは良かった。それを維持している評価です。


イスラボニータ

フォトパ見ると基本は天皇賞秋ピークでしょう。そこからなんとか維持しているといった状況です。デキに関しては割り引く必要はないでしょう。順調です。



ヒットザターゲット

京都大賞典の時からしっかり仕上がっていたのでそれを維持できているかがポイントでしょう。若干細くなった印象がありますが、いい意味でキープしています。ただ、天皇賞秋のほうが状態は良いように見えます。でも悪いわけではないです。いい意味で毎回集中して走れている内容は個人的に評価は高い。



タマモベストプレイ

筋肉質で脚が長く,胴も幅が出てきていい感じに成長しています。デキに関しては「絶好調」です。京都大賞典をつかったあと、天皇賞を使わずここを選んだ戦略にも強かさがありそうです。基本的にキレ負けするタイプだと思っているので,この馬向きの馬場,ペースになればダークホースになれると思います。



スピルバーグ

充実一途・・・・この言葉がマッチするには同馬でしょう。天皇賞秋もスローペースなら対応できるといった通り、その展開がハマって差し切ったという内容です。あの競馬ができるなら、基本的に距離が延びても問題ないです。ただし、ハイラップ戦になると出番はない。過去の傾向どおりのペースで流れてくれれば脚は溜まるのであの爆発力を再度みせてくれるはずです。


フェノーメノ

馬体はいいんです。しっかり作れています。この馬体で天皇賞秋を走れなかったということが「問題」だと思います。



≪ 総 評 ≫

 フォトパを見て,こいつらは本当に充実している!そういう馬をピックアップします。

 ◎スピルバーグ
 ☆タマモベストプレイ



 スピルバーグは,スローからミドルペースだったら能力出し切れる。掲示板のどこかには必ずいるはずです。

 タマモベストプレイは、人気薄設定になって自分でペースを作る逃げで後続がついてこなかったら,「一発」あります。それができるデキがある。普通のペースで普通の競馬をしたらキレ負けします。


 フォトパからはこの2頭をピックアップしておきます。



人気ブログランキングへ
(25位~50位)

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 7
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2014-11