調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

日本ダービー出走馬フォトパドック診断2014 

2014/05/28 Wed.



******************************************************

第81回 東京優駿(日本ダービー G1) 攻略会議 」 開催中です! By カスケード議長

******************************************************


 競馬との付き合い方は人それぞれですが,誰もが共通するのは「金銭的に負けたくない」ということだと思います。


 競馬と長く良い付き合いをするには,大きく負けるという回数を限りなく少なくすることが大事だと思います。


 私の月間利益目標値は,3000円×5週=15000円です。


 3000円の単価設定は,家族で一回に使う外食費用を想定しています(笑)


 競馬で好奇心を満たしてもらって,金銭的な利益は家族へ還元する。


 このループで,家族に競馬をすることを認めてもらって,競馬と良い付き合いを長く続けることを考えています。


 
 さて,傾向分析です。


 無題

 サラっと見て感じたことは,若駒のディスタンス戦は傾向を掴むのは難しいなぁと思いました。

 2013年 中盤ペガスターが動く展開でロングスパート戦でレベル高いレース
     → 一番人気は皐月賞馬でマイラー質な先行馬ロゴタイプ。前に重力
 2012年 高速馬場で道中から飛ばす展開で前で競馬した馬,射程に入れていた強い馬が結果を出す。超ハイレベル
     → 1番人気、2番人気ともに追い込み競馬なワールドエースとゴールドシップ。重力は後ろへ。
 2011年 不良馬場
 2010年 超スローペースからの瞬発力戦。瞬発力絶対値が求められたレース
     → 1番人気はヴィクトワールピサ。各馬の思惑か,スローからの瞬発力戦で泣いたピサ


 人気馬の配置,全体の脚質の配置からどう展開が動くか想定しきれることが,ドンズバ的中の極意でしょう。

 
 まぁ平均値を出すと,基本はしっかり折り合って,4ハロンのロングスパート戦(G1なのでハイレベル戦想定)になるという考えで良いでしょうか。先行馬、逃げ馬次第ですが。


 さて馬体に入ってみます。

 (参考資料)
 http://www.evernote.com/shard/s310/sh/604e0886-cb09-4559-bc7e-2dfe8923b3ff/348adbc4a9bb5f12ba8d0cc122a953d8

 まず最初に思ったのは,ピッチ走法なのに東京コースで強いオルフェーヴルって基本的に化け物だよなぁということ。まぁダビ自体は不良馬場ではありましたが,基本的に良馬場でもパフォーマンスは見せていますよね。この馬は「規格外」という言葉がピッタシでしょう。

  
 基本的に 「脚が長い馬」 という点が共通項だと思います。


 脚が長くないと,完歩のストライドが小さくなるので長い距離を走ると道中で体力を消耗してしまう。長く良い脚を使うには必要不可欠な要素です。


 あと,重賞に出てくる馬に共通することは,とにかく「バランスが良い馬体」であること。


 構造的に走るために利にかなっている構造であることの割いて条件が「バランスが良いこと」だと思っています。


 過去の好走馬で、パっと見てマイラー質だなぁと思わせる馬は

 
 2010年エイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサ

 2012年ディープブリランテ、フェノーメノ(このときはそう見える)

 エイシンフラッシュは,基本的にバネなので,スロー(自分で脚を溜められるペース)からの勝負がマッチするタイプでその部分で古馬になっても春天なども好走できているのでしょう。

 びっくりはディープブリランテ

 この馬は素質は高いですが,走りは柔らかいというよりも硬さがあるタイプだと思っていたので、距離延長はマイナス材料とみていたが見事にこなしてきた馬。デキは相当上向いていたのはわかっていましたが、本当に重力利も利用して勝てた「運」も持っていた馬です。


 ここで言いたいのは,レース質にもよりますが,能力や地力が高ければ,マイラーっぽい馬でも結果は出せる可能性はあるということです。


 ですが,去年はロゴタイプは沈んでいます。こういうタイプは基本的に「1番人気」で重力を背負ってはダメなんでしょうね。


 基本的にこの距離で狙いたい馬体は


 1.胴にゆとりがあること(短すぎない)

 2.脚が長い方がベター

 3.馬体バランスがよいこと

 4.芝を走るので、、硬い筋肉をつけすぎていないこと

 5.馬体だけではなく、走法(走り)を見て,最終的に判断すること


 この部分をしっかりチェックして,適性値を考えたいと思っています。



◎ 日本ダービー出走馬フォトパドック診断2014


イスラボニータ

馬体的には、胴にゆとりがあって背中もゆったりしており,肩の感じも良く、脚も長い,ダービーを走れる馬体です。デキに関しては前走が相当良かったのでそれを維持しているという点での平行線です。この馬は,実際の走りを見れば大きなストライドで走るということが一目でわかる馬ですよね。この部分は適性値評価アップです。おそらく一番人気でしょうから、あとはその点でしょう。マークされる立ち位置になるということです。



トゥザワールド

個人的には2000mまでかなぁ・・・というイメージの馬体です。ただ,まだ若駒戦でのG1なので距離は誤魔化せるくらいのスペックは持っています。馬体は更に研ぎ澄ませてきました。明らかに皐月賞以上です。真面目な馬なので素直に能力を出して来るはずです。あとは,東京替わりと距離延長をどうみるか。人気薄だったらね~せめて伏兵評価だと理想的な位置



ショウナンラグーン

とにかくデキは抜群に良いでしょう。毛艶も良いし張りがあります。ケツが大きいですね~ただちょっと胴が詰まって見えます。出来に関しては申し分ないです。青葉賞で差し込める競馬をしたのなら距離には不安はないでしょう。あとはレース質次第だと思います。


マイネルフロスト

この馬は足が長くてしなやかな走りができるタイプの馬です。理想はスローペースからの瞬発力勝負でしょう。道中流れたら良さは生きてこないと思います。馬体を見て過去のレースぶりをつなぎ合わせると距離的には不安な部分を持つ馬という評価です。


ベルキャニオン

スプリングステークスよりもあきらかに馬が良くなっています。共同通信杯後,デキが落ちてなかなか仕上がってこなかったんだろうと推測します。ただ持ち直してきたということがわかる馬体です。ここから更にデキを上向かせて来たら完璧です。厩舎力的にはその可能性が残っています。馬体は非常に良い構造です。バランスが良くていかにもダービーに適しているんだろうなぁと思わせる馬体です。


ワンアンドオンリー

皐月賞でもしっかり仕上がっていたので出来は良い意味での平行線です。中山競馬場でも追い込んでくるくらいの能力を持っている馬なので東京に変わってどんな競馬を見せてくれるか楽しみな馬ではあります。コーナリングが上手なタイプではないので,小回りよりも東京コースにかわったほうがロスなく追い込み競馬ができる部分の伸びしろは明らかにある馬です。馬体はパっとみると・・・・・・2000mが理想かなぁという部分はあります。そういう意味ではしっかり脚が溜められるかもポイントになるでしょう。



トーセンスターダム

うーん、マイラー体型でカッチリした体型になってきちゃいましたね。ダービータイプには個人的には見えないです。



ハギノハイブリッド

地味に充実している馬で後躯の筋肉なんてすばらしいですね!ちょっとガッチリしすぎちゃっているかなぁという部分はありますが,面白い素材だと思います。距離不安はないです。


レッドリヴェール

普段は感覚を開けて使っているのでフレッシュな状態で走っているから内面的にも強さがある可能性がある。今回は詰めて使うのでその点が少し試される部分です。統計的にはC系で詰めて使って集中状態でなんぼ!という考え方が主流でしょうね。個人的には更によくなったとは思いません。むしろ桜花賞の時が良く見えるくらいです。うまくレース後の疲労とストレスを抜いてあげることができているか、スタッフの人間力が問われそうです。


ウインフルブルーム

この馬もダービー向きではない。理想は皐月賞のような舞台です。



ワールドインパクト

初見ですが、ガッチリしているなぁという印象を持ちます。ただ、胴にゆとりがあるので距離の融通性はあります。パワーが前面に出ているので、それにマッチする舞台であれば・・・という部分がありそうです。しなやかさに欠けそうで時計の速い芝勝負だと上手く乗らないと分が悪そうです。



≪ 総 評 ≫

◎ベルキャニオン
〇イスラボニータ
▲ワンアンドオンリー
☆トゥザワールド



 まだ挙げたいけど~キリがなくなるのでフォトパ段階だとここまでにしましょうか。

 ベルキャニオンは,期待値込みでの評価です☆


(参考資料)
http://www.evernote.com/shard/s310/sh/f101a7ca-c099-40ec-94e1-139ec01569ce/38ba848fc84d48299ac30b28b538bf96

ダービーなので特別です!重たいので外出先での携帯からではパケ死(死後?w)にご注意ください。
いつも御支援ありがとうございます☆


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

オークス出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/05/25 Sun.

******************************************************

オークス(G1)攻略会議 」 開催中です! By ブタ太郎議長

******************************************************

※重攻会POG大会,今年も開催する感じです。 → 重攻会POG 2014-2015 交流スレッド



個人的に激熱な平安ステークス出走馬を書いておきます。

↓人気ブログランキングで公開します。(今は何位でしょうか?(笑))
人気ブログランキングへ(グランドシチー:京都コース次第だが)

追い切りの動きは明らかに良化して,ローテ的にピーク,「ヤリ」のタイミングの可能性は高い。




≪コッソリ追記(笑)≫ 5/25 13:30

 オークスは基本的に「観戦に回る可能性が高い」として,勝負したいレースはないかなぁと考えていたら,東京最終レースが特殊条件戦ですね。D2100は番組数が少ないので,レース毎に狙って仕上げてくる「ヤリ馬」がいる可能性が高い。

 そういう馬はオッズで狙うことができるという「オッズを使って攻略できるレース」でもある。

 朝一ではないけど,今の時間帯のオッズをサラっと見て,動きがありそうな馬&明らかに狙って買われている馬を狙ってみたいと考える。もちろん、パドックと返し馬でチェックして確認することが前提ですが。


↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位かな?(笑))
人気ブログランキングへ(東京最終02リキサンステルス)
無題


 某騎手の継続騎乗が希望でしたが,この鞍上が起用されるということはまだ「色気がある」というふうに判断します。

 オッズは穴の位置でしっかり買われています。僕が穴馬だよ!と語りかけている、そんな感じです。

 このクラスで戦える目途はついているし,この条件を狙って仕上げてきたい背景もある。あとは,人間力といいますか,馬をしっかり仕上げてこれたか次第でしょう。その辺はパドックでしっかり確認してください。






<< 更新情報 >>

〇 更新完了


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】
▲ハープスター
◎ヌーヴォレコルト
☆サングレアル
シャイニーガール
〇ブランネージュ
マジックタイム
マーブルカテドラル
ベッラレジーナ
フォーエバーモア
バウンスシャッセ
パシフィックギャル


【一週前追い切り映像馬】

クリスマス
サングレアル
シャイニーガール
ディルガ
ヌーヴォレコルト
バウンスシャッセ
パシフィックギャル
ハープスター
フォエバーモア
ブランネージュ
ペイシャフェリス
マイネオーラム
マイネグレヴィル
マジックタイム
マーブルカテドラル


フォトパと一週前追い切りがある馬は,マスコミや主催者が注目している馬



【レース傾向】

無題


◎ オークス出走馬最終追い切り・調教分析2014

最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


クリスマス伊藤大
オークス  :美南W単走馬なり68.3-53.3-39.6-13.0
オークス一前:美南W単走三浦終い強め65.7-50.7-37.4-12.5

桜花賞に使わなかった、使えなかったのが痛いくらい素晴らしい馬です。やっぱり。手先、脚先が軽く,持ち脚としては軽いスピード能力です。スピードに特化している分,2400mという距離はこの馬の持っている長所は大きく生きてこない。その点が非常に残念です。デキに関しては申し分なく素晴らしい出来です。馬自身もしっかり息を入れて走れているので準備はできている。ただ,この馬の能力を120%生かすには,スピード競馬でこそと思わせる動きです。距離が長くなると、持っている良さが削ぎ落されてしまうということ。資質の高さだけは間違いないです。上手く馬群の中断で折り合ってインからスパっと抜けてきてもおかしくはない。ただ,馬群で折り合える「術」を身に着けているかが鍵となります。

→ 私的にはハナズゴールと被って見える馬です。わかります?(笑)
→ 一週前の動きより明らかに良くなっている。



サングレアル松田博
オークス :栗CW単走終い馬が気合86.2-69.7-54.1-39.5-11.8
オークス一前:栗CW併せ馬終い強め85.8-69.5-54.1-39.3-11.5

馬が自分で走っています。調教での走り方も自分で覚えているようでしっかりラスト自分で末を伸ばす挙動を見せている。心身レベルとしては「自分で走れている」という点は大きく評価できます。後肢の踏む込みも深くしっかり走れている点も良い。

→ 馬体、走法ともに東京向き。ジョワドよりブエナに似ている走りをするタイプ




シャイニーガール湯窪
オークス :栗坂併せ馬終い強め53.3-39.5-25.9-13.1
オークス一前:栗坂単走馬なり54.7-40.9-26.9-13.4

馬場が荒れて重たい坂路をしっかり自分で走れている。内面の状態は非常に良いです。過去から追い切りに関しては評価してきた馬であとは自分の持っている能力を出し切れる騎乗ができるかでしょう。足元が硬いタイプなので早め抜け出しが勝負のカギです。




ディルガ矢作
オークス :栗坂併せ馬浜中馬なり53.3-38.3-25.0-12.6
オークス一前:栗坂併せ馬馬なり53.6-38.7-25.1-12.6

馬なりで荒れた重たい馬場をスイスイ走れています。パワーがあるタイプでしょうか。心身レベルでは充溢している挙動を見せてくれています。若しくは今の坂路適性が高いかどちらかでしょう。

→ デキは相当良さそうです。




ニシノアカツキ武藤
オークス :美南W併せ馬終い強め68.0-53.9-39.6-12.8
オークス一前:

調教助手はもう少しフワっと乗って馬に上手な走り方を教えれるようになればいいでしょう。その部分で一流厩舎との差を感じさせます。馬の状態に関しては悪くはないです。一連のデキにはあります。



ヌーヴォレコルト斉藤誠
オークス :美南W併せ馬柴田未終い気合70.0-55.0-40.3-13.1
オークス一前:美南W3頭併せ終いムチ63.5-49.8-35.9-13.3

力まずリラックスして走れてもいるし,直線に向いたら自分で前を捕えて更には他厩舎の馬も捕えて突き放す内容です。走ることが楽しそうで身体も充実しているからこそ内面もそれとリンクしてこの動きに繋がってきていると考えます。リラックスして走りながら突き放している点が大きな評価ポイントです。

→ 心身レベルは高い状態
→ 一週前がハードトレ。それが身になっって動きに繋がっている最終追い切り



バウンスシャッセ藤沢
オークス :美南W3頭併せ北村宏馬なり81.5-67.5-53.6-40.0-13.2
オークス一前:美南W併せ馬馬なり53.2-38,8-13.4

フォトパでは酷評しましたが,追い切りでは非常に良い動きを見せてくれています。息をしっかり入れながらも力まず併走馬を突き放す内容は◎です。鞍上もしっかり馬とリンクできています。明らかに前走と仕上げレベルに違いを感じさせます。ここが本命でしょう。ピークに仕上げてきました。

→ 心身レベルは高い状態




パシフィックギャル手塚
オークス :美坂3頭併せ嶋田終いムチ54.3-39.8-25.7-12.9
オークス一前:美坂併せ馬馬なり54.9-40.4-26.5-13.5

併走馬相手に遅れました。もうひと追いで仕上がってきそうな感じです。ちょっと仕上げに不安は残ります。

→ 現在の坂路の馬場状態を考えれば遅れてもこのくらいの時計で走れていれば及第点としても良いでしょう。




ハープスター松田博
オークス :栗CW併せ馬終い気合83.3-67.2-52.1-38.2-12.1
オークス一前:栗CW併せ馬終いムチ84.8-68.4-52.7-38.0-11.8

マイペースですね(笑)。この馬はこんな感じの馬です。レースではしっかり本気を出します。しっかり線ちぇくしているのでこれで十分です。

→ 馬体は良し。動きを見る限りしっかり仕上がっている。性格的な問題で調教に真面目が足りないだけ・レースに行けば変わるタイプ。





フォエバーモア鹿戸雄一
オークス :美南芝単走馬なり66.7-50.4-35.6-11.9
オークス一前:美南W併せ馬蛯名馬なり68.1-52.4-39.6-13.0

芝追い切りでの馬なり調整です。個人的には芝追い切り馬をG1では狙いたくないというのが本音です。走り自体は悪くはないです。

→ 動き自体は悪くない



ブランネージュ藤岡
オークス :栗DP単走秋山馬なり63.5-49.1-37.0-12.3
オークス一前:栗坂単走気合53.6-39.1-25.5-1.7

馬体はフォトパ同様研ぎ澄まされています。楽に走らせてこの時計で走れている点は素直に評価してよさそうです。無駄がないから楽にこの時計で走れる。

→ 一週前は坂路。この馬の良さはしっかり先行できる資質はありそうです。内枠でしたら面白かったですね




ペイシャフェリス高市
オークス :美南W3頭併せ内田馬なり66.2-52.0-39.3-12.9
オークス一前:美南W併せ馬馬なり67.0-53.1-38.6-12.0

ちょっと硬い走りをする点はどうかなぁと思いますが,自分で走れるくらいデキは良くなっています。

→ 重馬場で浮上
→ Sが前面に出ていて今内面は良い状態なんですが、いかんせん硬いイメージの走法です。重たい馬場だとめっぽう強いはず。次走は条件次第で大きく狙いたい


ベッラレジーナ平田修
オークス :栗坂単走藤岡康終い一杯55.0-39.7-25.8-12.4
オークス一前:

映像が途中からで残念です。まだ粗削りで良さはありますが,これからの馬でしょう。クラブの関係でオークス出走を目指させられた馬といった感じです。もっと成長を促すように大事に使うべきです。良いものは持っています。これから開花していきます。

→ 展開向いて追い込み競馬になればこの馬の良さが引き出せる。フォトパからはオークス適性あり。ただ,まだ成長しきれていない。完成度負けはしている。いいものは持っている馬です。



マイネオーラム高橋義博
オークス :美坂単走松岡馬なり55.6-40.4-26.2-12.8
オークス一前:美南W併せ馬松岡終いムチ66.2-52.6-39.7-12.7

重たい馬場をブレずに真っ直ぐ馬なりで走れています。この馬としてはデキは良いです。

→ 最終追いきりで大きく良化してきています。




マイネグレヴィル和田正道
オークス :美南W単走柴田大馬なり65.9-51.6-38.0-13.7
オークス一前:美南W単走終い柴田大一杯67.8-52.7-38.0-12.8

馬体は仕上がっています。大きくゆったり力強く走れています。パワーがありそうで馬場は渋った方が良いでしょう。マイネオーラムも同様です。

→ いい馬なんですがこの馬も走りが硬い。



マジックタイム中川
オークス :美南W併せ馬馬なり68.5-52.5-38.5-13.3
オークス一前:美南W併せ馬横山典馬なり84.1-68.0-53.4-39.6-12.7

回転の良いピッチ走法です。距離が鍵

→ 一週前追い切りは横山騎手とコンタクトをしっかり取れて走れている。鞍上強化は評価できる




マーブルカテドラル上原
オークス :美南W単走田辺馬なり66.7-51.3-37.5-12.2
オークス一前:美南W単走馬なり69.3-53.9-39.4-12.9

動きにダイナミックさが出てきました。明らかに前走以上に良化しています。前の出が硬いタイプなので距離延長はちょっと不安です。良いものは持っている馬で復調気配を感じさせます

→ 足の長さで完歩をカバー。デキは確実に良くなっている馬




エリーザベスト高橋亮
オークス :栗坂単走川島馬なり54.3-39.5-25.6-12.7
オークス一前:

これから成長して来るタイプです。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A ハープスター、ヌーヴォレコルト

B+ ブランネージュ、クリスマス、マーブルカテドラル、サングレアル(適性値大幅+補正)、ディルガ

B マイネオーラム、バウンスシャッセ(馬体適性値割引補正)

B- なし

注 なし

( 補 足 )

 各馬コメでしっかり書いたつもりなので補足はしませんね(笑)



★ ブログ上の軸馬

 時間がないので簡単に書きます。

 土曜日馬場を確認した結果,先週よりも外からは差せる状態のようです。良い意味でフラットな馬場と考えたい。

 そう考えると,後方から追い込んでくるハープスターは,一応馬券的には押さえた方が良いという判定です。

 地力が抜けていれば後方からも追い込めるのがオークスです。

 個人的に追い切り判断が,1番人気・2番人気が上位評価になってしまったので,「見」の可能性が高いやる気がない感じです(笑)

 それでも軽くオッズをチェックしてみました(笑)

 レースが荒れるときの立役者になる「穴紐組」は

 11マーブルカテドラル

 01ベッラレジーナ

 03マイネオーラム 

 
 この3頭です。

 11マーブルカテドラルは,伏兵役として期待されていましたが,今春の復帰戦,桜花賞と的を外してしまった馬。人気が落ちてこの位置にきましたが,叩き3戦目でデキは大きく上向いてきた馬です。ただ,距離適性としては,ちょっと疑問符が付く馬なので個人的には割引評価ということになります。


 01ベッラレジーナは,走りがまだ完成されていませんが,大きく力強く飛べるタイプで追い込み競馬になれば浮上して来る気配はあります。素質はありますが,まだ完成できていないのでは?というのが個人的な本音です。ですので割引です。


 となると残りは03マイネオーラムです。

 マイネオーラムは前走まったく人気がなかった中で追い込んで3着,東京適性を見せた内容です。デキに関しても安定しており,マイネル軍団らしい心身完成度も見せてくれています。穴役の使者としては


 ☆03マイネオーラム
 

 に期待してみたいと思います。


 マイネオーラムから10ハープスターと09ヌーヴォレコルトに2点ワイドで軽く観戦料を払うオークスにしたいと思っています。


 まぁあとは事前想定と直前気配が一致するかしっかりパドックと返し馬をチェックしてからの判断になります。




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価 : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬

A評価 : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価 : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価 : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価 : あまり評価するポイントがない馬

D評価 : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

オークス出走馬フォトパドック診断2014 

2014/05/21 Wed.


******************************************************

「 オークス(G1)攻略会議 」 開催中です! By ブタ太郎議長

******************************************************

※重攻会POG大会,今年も開催する感じです。 → 重攻会POG 2014-2015 交流スレッド



 マロンさん、重攻会議長お疲れ様でした。

 キャプチャは残念でした・・・私も3着以内は硬いやろと思ってこの馬軸で相手本線ヴィルシーナとストレイトガールで実馬券は外しました・・・・・・orz
 ちょっと運がなかったですね。馬の強さに自信があった蛯名騎手の強引な外からの仕掛け。ここに隙がありました。

 上手く乗らないと・・・・とインをうまく突いて乗ってきた騎手たちに負けたという内容です。競馬は奥が深いですね!

 上級戦になればなるほど、ガチンコ勝負になるので,バイアスなどを利用して「運をつかめるだろう」馬と騎手を狙う大事さを改めて実感しました。

 仕事はやっとひと段落しました。ただ、忙しいことには変わりないので,今後も体力と時間を見ながらブログを更新する形になります。

 本ブログは,あくまで私の競馬メモブログなので,どうぞご容赦ください。見てくれている人がいることで「更新しなきゃ」という気持ちがわいてくる部分がありますので,その辺は考慮して対応していきたいと思っています。

 見てくれる人がいなかったら、もうとっくに終わっていたブログ活動ですからね(笑)
 

◎ オークス出走馬フォトパドック診断2014


 まず最初に傾向分析

 無題

 去年はクロフネサプライズのペースで前半速い形ですが,実質例年のようなラップだったでしょうね。(詳しく調べてませんが(笑))

 適当な性格なのでご容赦ください(笑)

 オークスは3歳牝馬にとっては距離が長い2400mレースです。折り合い重視にしっかり乗ってくる傾向が顕著で道中もペースが落ち着き,スローからの瞬発力戦になる傾向が強い。

 基本的に狙うべきポジションは,折り合いながら前を射程に入れられる「5~9番手」の馬

 位置的には「差し位置」なので,差しこめる高い心身レベルを持っていることが条件です。

 10番手以降からの後方一気組は,地力が上位である必要がある傾向です。

 逃げ,先行馬で近走馬券になっているのは

 ピュアブリーゼとアグネスワルツ

 ピュアブリーゼは,渋った馬場を生かせた点と人気薄でマークが外れていたという側面を持っています。

 アグネスワルツは人気がなかった部分もありますが、他はどうでしょうか、時間がないのでちょっと調べることはしません。

 オークス好走馬の傾向は、好走馬の馬体を見ても概ね特徴があります。


 写真を掲載したいですが、著作権の関係上ちょっとそれはやめておきます。


 主な好走馬の馬体的な特徴は・・・・・・・・・


 1.胴にゆとりがあって,距離に融通性があること
 
  → 胴が短めだなぁと思うのは,アパパネ、ホエールキャプチャの2頭。マイラーだけど資質の高さでカバーできた部分がありそうです。


 2.脚が短くないこと

  → 足が長いことで完歩の大きさに繋がり,道中スタミナロスが軽減,胴長も同じ考え方


 3.スローからの急加速ができること(スタミナがあることが前提)

  → 概ね,サンデー系の血が入っていればOKのような感じ。 


 道中の体力が少ない体型でしっかり中団から差し足を繰り出せる馬を見つけることが大きなポイントとなりそうです。



ハープスター

体型から考えると,パワー型マイラーです。過去のオークス好走馬体傾向とはちょっとかけ離れているので馬体適性面では少し疑問符はつく。ただし,世代で圧倒的なパフォーマンスを見せつけているので,地力で対応できる可能性は高い。地力で対応できたタイプは,アパパネです。先週の傾向が続くならば・・・・ちょっと馬場バイアス負けする可能性は高くはなる。あとはバイアスを超えた能力を持つか持たないかの判断になるでしょう。デキに関しては◎です。



ヌーヴォレコルト

桜花賞を使って更に馬体は良くなってきました。あばらを見せながらも張りがある馬体は好印象です。立ち姿も凛々しく,オークス適性馬体とマッチします。出来は桜花賞以上と見ます。



サングレアル

オークス適性馬体です。特に後肢の造りがいいですね!まだ追い切りで走法をしっかりみていませんが、後肢が深く踏み込めそうな感じで素晴らしい末脚を見せてくれそうな馬体です。まだ成長途上なバランスですが,現時点でできることはされている馬体です。今後もっと成長していくと思います。



シャイニーガール

胴の長さはあるが,足元が硬いタイプ。最後のキレ勝負になったときはキレ負けるイメージを感じさせます。馬込みもだめなので,粘り腰で勝負するべきなタイプでしょう。後方から競馬したら厳しいでしょう。条件としては逃げ・先行,ただ前走買勝ってしまっただけに他陣営に意識はされそうなタイミングです。逃げ馬は、人気薄で買うのが鉄則。


ブランネージュ

馬体バランスは非常にいい馬です!胴にゆとりがあって引き締まったボディ,最高です!ただ惜しいのは足元が硬めに出ている点です。これはシンボリクリスエスの影響でしょうか。非常に惜しい。でもバランスが良く馬体は非常に充実しています。オークスをしっかり走りきれる馬体でもある。


マジックタイム

出来は前走以上でしょう。ただ、この馬は超ピッチ走法で胴短型,オークス適性馬ではないです。距離を克服するには後方から追い込みという形になるでしょうが、超ピッチ走法なため、基本的に道中でスタミナロスして終わりということも考えられる。


マーブルカテドラル

馬体は明らかに良化してきました。毛艶が良くなって皮膚も薄くなっています。ただ、もっと良くなる余地はあります。夏場が良いタイプの感じがしますね。馬体的にはギリでオークスを走れる馬体でしょうか。ちょっと胴短気味なので基本的には2000m以下がベスト。今の時期の2400mは走れなくはない。脚の長さでカバリングできそうです。


フォエバーモア

いい意味での平行線で更によくなったという感じはない。馬体的にはオークスを走れる馬体です。



バウンスシャッセ

胴短で脚も短め,パワータイプです。個人的に脚が短めな点がオークスでは不向きと考えます。過去の適性傾向から馬体構造的には評価できないという判断です。出来は張りが合って悪くはないです。


パシフィックギャル

ちょっとパワーに傾倒している部分はありますが、大きくみせてバランスが良い,胴にゆとりがあってしっかりとした立ち姿でいます。もう少し絞れたらベストな感じです。馬体としてはオークス適性はありますが、もうちょっと絞ってほしいというのが理想です。



≪ 総 評 ≫

◎ヌーヴォレコルト
〇ブランネージュ
▲ハープスター
☆サングレアル


順位をつけるとしたらこんな感じでしょうか。


人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/05/18 Sun.

 NHKマイルカップはすいませんでした。事前段階ではアトムが良さそうでしたが,パドックと返し馬を見ると,そこまで研ぎ澄まされていないと判断して評価は落としました。


 サトノルパンも返し馬では終始ひっかかっており,場に飲まれているなぁと感じて評価を落としています。


 要するに,こいつが買いたい!という馬が少なすぎたレース設定だったというのが感想です。


 消去法からショウナンの2騎を評価しましたが,スローだと良さが生きない感じですね。基本的にはよどみない流れで走りたいタイプでしょう。やはり血は大事ですか。


 今週も毎日残業で競馬と向き合える時間と体力をなかなか作れません。


 少しチェックしたので先に書いておきます。 少しづつ書き溜めていきたいと思っていますが,状況次第では書ききれず
に終わるかもしれません。


 その時はすいません。


 重攻会総括記事は,しばらくお待ちください。時間が出来たらしっかり書きます!イントゥイッションさん、3マイルさんすいません^^;



<< 更新情報 >>

〇 更新中
 時間ないのでとりあえずここまで。時間作って最後まで書きたいつもりはあります

= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

 時間なくてできませんでした


【一週前追い切り馬映像のある馬】

アミカブルナンバー 牝5 ダイワメジャー ヒシシルバーメイド 美浦・鈴木康弘
アユサン 牝4 ディープインパクト バイザキャット 美浦・手塚貴久
ヴィルシーナ 牝5 ディープインパクト ハルーワスウィート 栗東・友道康夫
ウリウリ 牝4 ディープインパクト ウィキウィキ 栗東・藤原英昭
エクセラントカーヴ 牝5 ダイワメジャー インディアナカーヴ 美浦・堀宣行
エバーブロッサム 牝4 ディープインパクト サクラサクII 美浦・堀宣行
クラウンロゼ 牝4 ロサード ヒシアスカ 美浦・天間昭一
ゴールデンナンバー 牝5 ダイワメジャー アークティックシルク 美浦・鈴木康弘
スマートレイアー 牝4 ディープインパクト スノースタイル 栗東・大久保龍志
フーラブライド 牝5 ゴールドアリュール ヒカルカリーナ 栗東・木原一良
プリンセスメモリー 牝7 スウェプトオーヴァーボード リトルブレッシング 美浦・高橋義博
ホエールキャプチャ 牝6 クロフネ グローバルピース 美浦・田中清隆
メイショウマンボ 牝4 スズカマンボ メイショウモモカ 栗東・飯田祐史
ラキシス 牝4 ディープインパクト マジックストーム 栗東・角居勝彦


【レース傾向】

無題

 2011年はハイペハイレベルレースなラップになっていますが,基本的に牝馬限定戦でマイル戦でも4-5F目で12秒あたりまで中だるみして瞬発力勝負になるレース質。こうなるとL質で量が豊富な馬が好走しやすい背景があって然りだと考える。ただし、マイル適性をもつ馬が有利



◎ ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ヴィルシーナ友道
ヴィクトリア:栗CW併せ馬竹之下終い強め83.1-67.9-52.5-38.6-11.5
ヴィクト一前:

動きはここ最近で一番良いです。併せ馬でしっかり内面に負荷がかかって走る方向,競争意欲が前に出ている。徐々にヤル気を出してきて身体も作れてきたと判断できます。根本的な部分としては,基本的に前枝の出が硬いタイプなので,ハイラップ戦になると,過去と比較してパフォーマンスダウンしていると考えれば適性負けする部分も考えられる。ただ,スランプ期に入った後の中では一番デキは良いです。




ウリウリ藤原英
ヴィクトリア:栗坂併せ馬福永馬なり53.6-38.9-24.9-12.2
ヴィクト一前:

前走を見ても,今が生涯充実期にある馬です。生涯充実期にいる馬は,困難を乗り越えられる「強さ」を持つタイミングです。このタイミングでG1に挑戦できるということは非常に幸運で陰で調教師やスタッフたちの努力が実ったということも想像できます。さて追い切りですが,軽め調整で馬なりでバネある動きを見せている。内面もいい意味でどっしりしている。楽走しているのに時計もしっかり出ている。良い状態で出走できます。


→ デキに関しては文句ない。大外枠配置だけが非常にもったいない。イン馬場有利な設定だけにロスが大きい




エクセラントカーヴ堀
ヴィクトリア:美南W3頭併せ馬なり54.4-39.1-12.9
ヴィクト一前:

出来に関しては順調でしょう。堀きゅう舎は併せ馬で馬なり仕上げで内面がしっかり出ていれば仕上がっていると判断できます。個人的には京王杯オータムハンデのときのほうが良かった印象です。ローテ的には前走は明らかに適性外で脚を余した内容で仕込み馬に位置する馬ではあります。





エバーブラッサム堀
ヴィクトリア:美南w3頭併せ馬なり54.9-39.5-12.9
ヴィクト一前:

外からしっかり併せて内面も前向きさが伺えます。仕上がり自体は良いです。あとはスピード能力があるかどうかでしょう。




キャトルフィーユ角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せウイリアムズ馬なり83.7-67.1-52.3-38.9-12.4
ヴィクト一前:

この馬も軌道に乗ってきた馬で稽古でしっかり格上馬と併せ馬をこなして心身ともに鍛えられ,それがレースで生きてきた馬です。いい意味で状態は安定しています。この馬は基本硬いタイプなので個人的には東京マイルは適性負けすると思っています。牝馬特有のタルいペースになればまだ違いますが,ハイラップになると適性負けします。






クロフネサプライズ田所
ヴィクトリア:栗坂単走田中博馬なり53.6-38.6-25.3-12.9
ヴィクト一前:

前走でガス抜きできたのか単走で力まず走れています。ひとたたきして順当に良化しています。G1仕様に仕上がってきたかといわれるとまだそこまでの段階ではないと思います。逃げ馬なので「運次第」という部分はあります。



ケイアイエレガント尾形
ヴィクトリア:美坂単走馬なり55.3-40.3-26.3-12.9
ヴィクト一前:

基本的に前走勝負でしょう。適性的には大きく舞台が変わるのでその点でしょう。いい意味で平行線です。1




ゴールデンナンバー鈴木康
ヴィクトリア:美南W単走三浦馬なり67.5-52.0-38.0-12.9
ヴィクト一前:

馬なりで大きく走れています。自分で走れている状態にも感じられます。ノリさんが継続して乗ってきた馬でレースに行ってメリハりある騎乗をしてきたことでこの馬自身が競馬の走り方を覚えてそれを受け入れてきたという効果があると思っています。アグレッシヴな三浦騎手に代わって騎乗しやすさにプラスして勝負強い騎乗を見せてくれたら、過去最高のパフォーマンスを見せてくれてもおかしくはない。飛びを見る限り超東京適性馬です。それは過去からずっと書いてきたとおりです。




ストレイトガール藤原英
ヴィクトリア:栗CW単走馬なり66.7-51.1-36.8-11.9
ヴィクト一前:

回転が速いピッチで走れているので基本はスプリンターでしょう。内面的には「溜め」を作れる状態にあるのでしっかり溜めて末に弾けさせたら面白いだろうなぁという走りはできています。中京で追い込める脚を持っているのでこの舞台はまったくダメということではないはずです。心身レベルでは相当充実していた高松宮記念でした。そのときの強さをここまで維持できていれば非常に面白い存在です。個人的には距離延長で走れる追い切り設定しているだけであって、状態面は良いと見ています。

→ 個人的にh宮杯だけで終わらせてほしくないと思っていた馬でここに使ってくれましたが,ピッチ気味で回転が良いタイプで私の感じているところの東京適性馬には該当はしない。内枠は引けたのでいかにロスなく競馬できるかがポイントでしょう。1600m戦ですがいかに1200m戦の乗り方ができるかでしょう。個人的には距離延長はプラスには働かない。小回りコースならまだ別でしたが。



スマートレイアー大久保龍
ヴィクトリア:栗坂併せ馬武豊馬なり52.3-37.9-24.7-12.2
ヴィクト一前:

馬なりで楽に登板してきます。地味に前走はこのレースに向けてのステップとして大きなハードルを課していました。それを見事にすべてクリアしてきたのがこの馬で心身レベルでも今非常に「絶好調」という位置にいると思います。所謂生涯充実期です。追い切りでも身体の具合も良いし走ることに自信を持てているのでしょうね。そんな強さが垣間見えます。問題なしです。

→ デキ自体は非常に良いです。あとは,イン有利バイアスをどう克服するかでしょう。基本的に広いところをのびのびを大きく身体を使わせて走らせたいタイプなので外差しでしょう。



デニムアンドルビー角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せ浜中馬なり84.3-67.6-52.3-38.4-11.7
ヴィクト一前:

角居流でしっかり動けています。いつもは最後突き抜ける追い切りをさせるのですが,それはないのでその点だけでしょう。心身挙動自体は悪くはないです。




プリンセスメモリー高橋義
ヴィクトリア:美坂単走馬なり55.9-40.4-26.6-13.5
ヴィクト一前:

単走でこの馬なりに動けています。



フーラブライド木原
ヴィクトリア:栗CW単走馬なり81.1-65.5-51.1-37.8-12.3
ヴィクト一前:

単走で力まないでしっかり動けている。しかも走法は以前よりも柔らかくなってきている印象でこれなら府中をこなしても不思議ではない。ただ、中距離メインで実績を持っているので速い道中ラップで脚が溜まるかという部分はありそうです。中距離なら大きく評価していました。エリザベス女王杯はこの状態で出走させたいですね。秋まで厩舎力が問われます。




ホエールキャプチャー田中清
ヴィクトリア:美坂単走蛯名馬なり54.2-39.0-25.2-12.5
ヴィクト一前:

時計は馬場を替えてきているのでこの程度で良いのでしょうか。力まずこの馬の良さをしっかり見せています。気の良さがある点も良いです。




メイショウマンボ飯田
ヴィクトリア:栗CW併せ馬馬なり85.1-68.5-53.0-38.8-11.5
ヴィクト一前:

持続力勝負のロングスパート型でキレよりも渋い馬場が得意,これがこの馬の私的なキャラ分析です。前走時でも評価しましたが,今回は更に馬なりでじっくり調整する内容です。身体自体は前走時でも十分仕上がっていたのでデキ自体は問題ないでしょう。ただ,前走はlここのレースに繋がるレースができたかは疑問です。ここのレースを制するためにはそれなりの「ローテ」を持っていないと不利です。同じローテで制したヴィルシーナは0.8秒差負け、マンボは2.2秒負け、これをどう見るか。



ラキシス角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せ川田馬なり84.1-67.4-52.2-398.2-11.6
ヴィクト一前:

追い切りの感じは遅れてちょっと物足りないです。ゴール板過ぎて追っているので仕上がっていないサインとも読み取れる。




レイカーラ堀
ヴィクトリア:美南W単走馬なり56.7-40.0-14.0
ヴィクト一前:

脚が長く仕掛けたら大きく走れそうな雰囲気を感じさせる。東京適性馬でしょう。素軽さもあり気持ちも前向き,これは一発を秘める伏兵でしょう。




ローブティサージュ須貝
ヴィクトリア:栗坂併せ馬終い強め52.8-38.7-25.6-13.4
ヴィクト一前:

個人的には前走がメイチだと思っている馬です。この馬なり走れているので順調ではあります。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  スマートレイアー(脚質的に取りこぼしはありえる)
    
B+ ホエールキャプチャー(適性値+)、ゴールデンナンバー(適性値+)、エクセラントカーヴ(仕込み補正&適性値補正)、ヴィルシーナ、ウリウリ(枠順-補正)

B  ストレイトガール(枠順補正+&適性値補正ー) 、デニムアンドルビー

B- キャトルフィーユ(適性値-)、フーラブライド(適性値-)

注  レイカーラ 

( 補 足 )

 省略



★ ブログ上の軸馬

 このレースは,「適性値補正」と「馬場バイアス」を大きく評価すべきレースだと思います。


 適性値を探ってみると,これらの馬は補正+で良いと思います。


【東京芝適性」
〇03デニムアンドルビー【1110】JC2着 マイル【0100】上級マイル戦経験なし
04メイショウマンボ【1000】オークス1着 マイル【1002】
05プリンセスメモリー【2203】 マイル【0107】
〇07レイカーラ【0111】 マイル【2202】
08スマートレイアー【1000】 マイル【1000】
◎09ホエールキャプチャ【4111】ヴィクトリア1着 マイル【4300】東京新聞杯内容秀逸
11エバーブロッサム【0201】オークス2着 マイル【0001】
◎12ゴールデンナンバー【2103】マイル【4302】
13ケイアイエレガント【1003】マイル【3005】
◎14ヴィルシーナ【2103】ヴィクトリア1着 マイル【2102】
◎15エクセラントカーヴ【2103】 マイル【4011】
▲18ウリウリ【0000】東京適性未知 マイル【3105】現在覚醒中


 ダントツで抜けているのは,ホエールキャプチャーで,気が良いタイプでむしろ休み明けで走れるタイプです。量もあるし、東京適性が高く,スマートレイアーが人気吸ってくれるならこの馬を狙いやすいポジションにあるでしょう。


 イン馬場バイアス有利でロスなく競馬できる馬を評価するとなると

 自在性あるホエールキャプチャがやはり表亜kが高くなる。東京マイルの走り方を身体で覚えている馬でこの条件に特化するとやはり評価は高い。じっくり仕上げられるローテも好感できる。


 ◎09ホエールキャプチャー 

 軸はホエールキャプチャーから

 流す相手はデキも良くて東京適性(かつスピード適性があるとなお良い)の高い馬たちをメインにピックアップします。

 あと,主催者から穴で評価されて配置してもらった「01ストレイトガール」は適性的に不安はあるが,資質は高いので必ず押さえます。馬場バイアスも良し。適性面で不安がなければ軸で狙いたかったですが,やはり相手に落とします。
 
 超大穴候補はレイカーラです。オッズは買われていないのでオッズからは出番なしという判定になりますが,適性値的には一発の魅力はある。

 
 オッズからの穴紐として期待したい位置にいる馬は 

10キャトルフィーユ(硬いタイプなので小回り競馬場のほうが合うはずなので個人的には割引)
12ゴールデンナンバー(適性値的に激熱、あとは乗り方次第で出現はあるとみる)
14ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル勝ち馬で復調気配、牝馬限定戦なら負けられない馬ではある。デキ次第と考えると復活しても不思議はない)


 穴紐で積極的に狙いたいのは,12と14ということになりますね
 
 
 朝一でオッズを取得していましたが,その後がっつり買いが入ったのは


 15エクセラントカーヴ です。 インサイドに情報が入ったかもしれませんね。要注意です。


 ウリウリは枠順で嫌われて買いが甘いですね。ハイペで外差し競馬になれば出現しても不思議ではないですが,過去のレースをみるとスムーズな競馬ができる馬有利なレースというのがヴィクトリアマイルです。牡馬相手の安田記念は厳しいでしょうからね~ ほんと運が無い馬です。ここは本気出さないで次走・・・・というのが無難な選択ではありますが。この馬のローテを考えると「ヴィクトリアマイル勝負」なのは明らかです。



≪特注したい血統≫

ディープインパクト産駒

03デニムアンドルビー
06ラキシス
08スマートレイアー
10キャトルフィーユ
11エバーブロッサム
14ヴィルシーナ
18ウリウリ



(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京王杯スプリングカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/05/17 Sat.


 今日は親子遠足で動物園に行ってきます。雨が降ってます。最高気温も今日は7度?かなり寒いです・・・・雨天決行だそうです・・・・・・orz


<< 更新情報 >>

〇 頑張って今日も簡単にゲリラ更新(笑)


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】



【レース傾向】

ラップ表作っていないので,省略します。

レースイメージは,基本的に12秒以下で流れる大きく溜める区間がないなかで東京向きの差し込める脚を持っている馬が有利という適性舞台だと思っています。



◎ 京王杯スプリングカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

アフォード北出
京王杯SC :栗坂単走馬なり53.6-38.4-24.6-12.0
京王杯一週前:

基本的にピッチ走法なのでスプリント戦の方が合うでしょう。消耗ラップで追い込んでくるイメージの馬です。最近急流を差し込めるようになってきたのは収穫です。ただ,適性的には距離延長と東京レイアウトは適性値アップには働かないと見ます。デキに関しては高位安定しています。悪くないです。むしろ心身レベルは高い。基本的に追い切りはいつも良く見せる馬です。




アミカブルナンバー鈴木康
京王杯SC :美坂単走馬なり57.8-39.5-25.2-12.1
京王杯一週前:

デキそのものは安定しています。ここの厩舎はビシっと追ってきません。緩い時計で仕上げてくる傾向にある。最近重賞戦線に顔を出すようになってきたので,厩舎力が上がってきているのでしょうか。厩舎的にはゴールデンナンバーもヴィクトリアマイルに出走させるのでまずはここで結果は出して勢いをつけたいでしょうね。



アルフレード手塚
京王杯SC :美坂単走馬なり53.5-39.4-26.4-13.5
京王杯一週前:

馬の前進気鋭が感じられます。手塚厩舎は内面を上手く作ってくることで評価している厩舎です。個人的には美甫なら手塚,堀きゅう舎は大きく評価しています。最近坂路の時計がかかってきているので時計は昔の感覚では評価していてはダメでしょう。しばらくサンプリングしてみます。動きそのものも良いです。




インパルスヒーロー国枝
京王杯SC :美坂併せ馬馬なり54.4-39.6-26.1-13.3
京王杯一週前:

なんか真っ直ぐ走っていなくて真っ直ぐ走らせようと鞍上が苦労していましたね。ちょっと気になりました。まぁふざけているだけなのかもしれません。余力たっぷりに最後まで脚色が鈍ることなく走り切れています。




インプレスウィナー宗像
京王杯SC :美南W併せ馬丸田馬なり83.3-68.1-52.4-38.3-12.9
京王杯一週前:

多分,ここずっとこの馬に関しては「非常にデキが良い」と評価してきた記憶があります。今回もその良さが持続していることを感じさせます。馬自身今非常に内面から充実してきて身体も動くのでしょうね。心身充実期ってやつです。インから自分でジワっと差してそのまま突き抜ける,走ることに対して真面目な状態なことも感じ取れます。



インプロヴァイズ堀
京王杯SC :美南W単走馬なり53.6-37.9-12.7
京王杯一週前:

強行軍で臨んだ前走でしたが,今回の追い切りを見る感じでは悪くはないですね。むしろ自分で走る気を前面に出しています。ただ,前走でもそうでしたが,道中掛かり気味に走ってしまう部分がある。この部分は東京コースレイアウトだと割引材料かなぁと思います。ただ大きく走れて力強さもありエネルギーがある状態です。ハイラップ戦で淀みない流れになるなら追走が自分の好きなペースになってロスすることなく力は出し切れるでしょう。鞍上とのコンタクト次第です。



エールブリーズ鮫島
京王杯SC :栗坂単走終い強め53.9-39.1-25.8-13.1
京王杯一週前:

馬場は非常に悪いですね。それでも真っ直ぐ真面目に走ってきます。心身レベルは高い位置で安定しています。メリハりつけて番組選びをして使ってきてくれれば個人的には最高です。前走は後方からで能力を出し切れておらず,ストレスは抜けたでしょう。



クラウンロゼ天間
京王杯SC :美南D単走馬なり65.6-51.3-39.0-13.7
京王杯一週前:

この馬なりに安定はしています。ただ成長力に欠けると思います。牝馬限定戦で狙いたい馬



クラレント橋口
京王杯SC :栗坂併せ馬川田終い強め52.0-38.1-25.4-13.1
京王杯一週前:

荒れた馬場を体力豊富に真っ直ぐ走り切るはベリーグッドです。身体はしっかり作れている。馬も真面目に走れている。仕上がりとしては非常に良い状態で出走できそうです。



コパンポリチャード宮
京王杯SC :栗坂単走浜中馬なり51.7-38.3-25.7-13.2
京王杯一週前:

走りを見ている限り,楽走です。楽に走らせてこの時計を出せるということは本当に身体の具合が良いのだと思います。ダイワメジャー産駒は重馬場得意ということもありますが,追い切りを見る限り、遂に覚醒したことを確認できます。宮杯は勝つべくして勝ち,その勢いはここに繋がっています。



シャイニープリンス栗田
京王杯SC :美南W併せ馬馬なり65.6-51.1-37.4-12.9
京王杯一週前:

映像が途中からしかないですが楽に大きく走れています。デキ自体は良いでしょう。充実している匂いがします。もっとしっかり映像取ってほしかったですね。ギアを上げるタイミングからそのあとまでしっかり見たいのです。



メイショウヤタロウ白井
京王杯SC :栗CW単走終い強め81.3-66.0-51.0-37.7-12.4
京王杯一週前:

好時計ですし,しっかり真っ直ぐ走れています。自身は集中状態で非常に良い状態だと思います。



レッドスパーダ藤沢和雄
京王杯SC :美坂3頭併せ北村宏終い強め53.0-39.5-26.2-13.5
京王杯一週前:

いつもの感じです。これで結果を出せているので状態は悪くはないでしょう。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  コパノリチャード
    
B+ クラレント、インプレスウィナー、シャイニープリンス

B  インパルスヒーロー(仕込み馬補正UP)、メイショウヤタロウ、アミカブルナンバー、エールブリーズ

B- インプロヴァイズ(出来は良いが東京補正はマイナスイメージ)

注  なし 

( 補 足 )
 
 さらっとこんな感じでしょうか。


★ ブログ上の軸馬

 個人的には,コパノリチャードの心身レベルから鉄板だと思います。一番人気ではありますが,複勝圏内に入る馬を一頭選ぶとしたら,


 ◎コパノリチャード


 です。



 大穴は,元祖東京1400mが得意でデキが非常に良い

 ▲インプレスウィナー





(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

NHKマイルカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/05/11 Sun.



<< 更新情報 >>

〇 ゲリラ更新(笑)


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

◎ショウナンアチーヴ
〇サトノルパン
▲ミッキーアイル
☆アドマイヤビジン
☆エイシンブルズアイ
☆アトム


【レース傾向】

無題


 当日の馬場バイアスにもよりますが,基本的にしっかりとした末脚を持つ馬が有利です。東京コースなので,騎手心理部分で利を得られない限り,逃げ馬にとって逃げるメリットはないコースです。特に人気の逃げ馬だったら地力ベースで他馬を相当上回っている必要がある。そうでないと勝ち負けは厳しい舞台です。



◎ NHKマイルカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アドマイヤビジン梅田智
NHKマイル:栗坂単走終い強め55.6-39.3-25.1-12.5
NHK一週前:

桜花賞ピーク設定だったのでいかにデキをキープしてくるかがポイントの馬。良い意味で平行線です。残念ながらデキは更によくなったというものは感じさせない。適性は持っているのでパドックと返し馬が良ければ穴紐で



アトム池江
NHKマイル:栗CW3頭併せ馬なり81.6-66.0-51.6-37.4-11.5
NHK一週前:

自分でグイグイ走れていおるし,体もしっかり使えている。休み明けですがフォトパみてもきっちり馬体は仕上げているし,追い切りでもわかるように内面もしっかり作れている。順調さを欠いたということだけで人気薄になっているのであればある意味面白い存在です。





アルマエルナト伊藤大
NHKマイル:美南W単走馬なり66.8-50.9-38.6-13.6
NHK一週前:

いい意味でまとまっています。デキも安定している。飛びがこじんまりしているのでその辺を東京コースでどう判断するか。




ウインフェニックス奥平
NHKマイル:美南P併せ馬馬なり66.0-51.9-38.5-13.0
NHK一週前:

出来は前走ピークでしょう。使い詰めている馬で疲労とストレスがない状態で出走させたかった部分がある。惜しい馬です。





エイシンブルズアイ野中
NHKマイル:栗CW併せ馬馬なり82.1-66.3-51.2-37.2-11.8
NHK一週前:

この馬はマイラーということで前走割り引いて失敗した馬です。追い切り自体はずっと評価しています。基本的に心身完成度が高くてその点でリードしている馬です。あとは脚質でしょう。ローテとデキからも確証級と読んだガイヤースヴェルトでさえ同じ短縮ローテで勝ちきれませんでした。ちょっと硬さもある感じなのでどうでしょうか



カラダレジェンド尾形
NHKマイル:美南W併せ馬終い一杯66.3-50,4-37.4-13.0
NHK一週前:

良い意味でまとまっていますが,突き抜けるようなインパクトがない一杯追いです。馬にストレスがあるか,走る方向に集中しきれていないか。




キングズオブザサン荒川
NHKマイル:栗DP単走馬なり50.6-37.0-12.4
NHK一週前:

デキ自体は悪くはなく、いい意味での平行線です。基本的に皐月賞狙いローでで歩んできた春です。



サトノルパン村山
NHKマイル:栗坂併せ馬終い強め54.2-39.5-25.9-13.2
NHK一週前:

馬場は大荒れです。時計に関しては馬場の影響が大きいので気にしなくてよいです。飛びはしっかり大きく走れており,蹴りの強さも確認できる。内面もエネルギッシュで走る方向に気持ちを向けることができている。良い心身レベルで出走できます。フォトパで書いたとおり,パワーを兼ね備えるタイプです。




ショウナンアチーヴ国枝
NHKマイル:美南W併せ馬馬なり70.5-^54.9-40.4-12.9
NHK一週前:

いつもは坂路追いですが、内面にスイッチを入れるためでしょうか、コースで終始併せ馬です。地味な追い切りですが,フォトパや前走パフォからも大きく割り引く必要うはないと思います。ただ、G1出走レベルとなるとちょっと追い切り強度は弱いかなぁというのが本音でもあります。坂路追いでも目立った動きをするタイプではないので基本的には地味な追い切りパターンで仕上げてくる馬ではあります。ビシっとやり過ぎると当日熱くなるタイプなのかもしれません。




ショウナンワダチ大竹
NHKマイル:美南W併せ馬終い強め66.8-50.9-37.4-12.7
NHK一週前:

馬体は非常に良いですね~いいケツしています。追い切りは終始併せて刺激する追い切りです。仕上がっているのでこの程度の追い切りで良い感じです。とにかく馬体ははちきれんばかりのダイナマイトな感じで上手く乗れば弾けるでしょう。あとは,馬体的な欠陥(適性面)を補えるかどうか。共同通信杯はある意味その部分で負けているので,マイルまで持つなら・・・・。




タガノブルグ鮫島
NHKマイル:栗坂単走馬なり54.3-39.6-25.7-13.1
NHK一週前:

良い意味で安定しています。単走でしっかり安定して集中して走れている。この馬としてはデキは高いレベルにあります。


ダンツキャンサー谷
NHKマイル:栗坂単走終い一杯54.4-39.5-25.3-12.6
NHK一週前:

追ってからヨレてラチを頼りに行くのは割引ですが,蹴りの強さは感じ取れる。スピード勝負ではなくパワー勝負で浮上してきそうなイメージです。



ピークウトラム橋口
NHKマイル:栗坂併せ馬馬なり54.1-40.2-26.4-13.2
NHK一週前:

終いビシっと追ってきませんでしたか。既に仕上がっているという判断で馬なり追いでしょうか。出来に関しては安定しています。




ベルルミエール高橋亮
NHKマイル:栗CW単走馬なり86.3-69.9-54.9-41.5-14.0
NHK一週前:

厳しい競馬を2戦続けているので今回は馬なりでの調整です。ただ、今は本当に充実しているのでしょう。身体はしっかりしていて,体幹の強さを感じ取れる走りを見せています。内面も集中できているし,これは厳しいローテでも侮れない馬という判断になります。



ホウライアキコ南井
NHKマイル:栗坂単走馬なり55.3-40.1-25.8-12.8
NHK一週前:

走りは位意味でコンパクトで無駄な力は入っていない。この馬なりの良さはあります。



マイネディアベル大和田
NHKマイル:美坂併せ馬終い強め55.3-39.9-26.0-12.9
NHK一週前:

馬場は大荒れ。基本的に昔から追い切りは目立たないタイプです。動きを見る限りデキに関しては良いレベルです・




ミッキーアイル音無
NHKマイル:栗坂単走終い強め50.6-37.8-25.4-13.0
NHK一週前:

終い追わないでこの時計だったら大きな評価を与えたでしょう。基本的に筋肉が柔らかくてスピード絶対値が高い馬です。ただ,最後はヨレて追わされてのフィニッシュで余力があったわけではないところがポイントです。悪くはないです。ただ,盲目的な一番人気として祭り上げられるなら死角があるということです。



ロサギガンティア藤沢
NHKマイル:美坂併せ馬馬なり53.2-38.8-25.2-12.5
NHK一週前:

馬なりでスっと走らせてくる。出来に関しては悪くはないです。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  アトム(横の比較で)、サトノルパン
    
B+ ミッキーアイル、ショウナンワダチ、ショウナンアチーヴ、ベルルミエール、エイシンブルズアイ(Bにしようか迷った挙句完成度を考慮してこの位置)

B  省略

B- なし

注  なし 

( 補 足 )


 ピックアップ方式で考えるとこんな感じでしょうか。

 詳細は軸馬選定で。



★ ブログ上の軸馬


 オッズ分析をしてみて,これは面白いレースだなと思ったので,一気にチェックしてみました。


 まず, ミッキーアイル


 関東競馬遠征を頻繁にしてくるタイプではなくて,基本的に東京コースは「庭」ではない騎手です。


 その浜中騎手が一番人気の逃げ馬に乗って東京コースを絶妙なラップで逃げられるか・・・・ということを考えると・・・・否でしょうね。


 必ずマークされて重力を背負う一番人気です。人気の逃げ馬は,相当能力値hが抜けていない限り買ってはいけない。


 
 よって,あくまで2・3着の押さえで買います。



 ぢゃあ、どの馬を狙うの?




 買うのは今でしょ! 


 
◎09アトム


 休み明けですが,フォトパ、追い切りともに抜かりなしです。


 そして最大の後押しはオッズです。しっちぃ☆的オッズ異常馬に該当します。おそらくインサイドは狙っているはずです。


 状態とインサイドの動きが一致するので,ここは川田騎手が狙って仕掛けてくると読みます。


 一応,ミッキーアイルに先着した経験もありますからね。


 
 もう一頭オッズ異常馬がいて、これはホウライアキコです。一応押さえます。




 もし3複を買うとしたら?の買い目(フォメ)


 軸馬09アトム


 2頭目候補

 05ショウナンアチーヴ(フォトパ最上位評価馬)
 08サトノルパン(追い切り最上位評価馬)
 12ショウナンワダチ(出来に関しては良いし末脚力もある)
 06ベルルミエール(出来に関しては相当良い、あとは見えない疲れさえなければ)


 3頭目で絶対押さえたい馬

 14ウインフェニックス(新潟2歳Sのパフォーマンスから)
 18ピークトラム(同上)
 15アドマイヤビジン(出来は微妙も適性値は持っている) 
 07ホウライアキコ(オッズ異常馬)





(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フトパドック】NHKマイルカップ出走馬フォトパドック診断2014 

2014/05/05 Mon.

 
 ※イントゥイションさん、天皇賞春議長お疲れ様でした!ブログでご支援できず申し訳ございません。

 ※NHKマイルカップ(GⅠ)攻略会議 3マイル議長さんのもとで開催中です!!



 
 先々週からちょっと仕事が忙しくなって更新できずにいます。すいません。


 先週は追い切り見解だけでもと思っていましたが,火曜日辺りから子供の風邪をもらったようで体調をコジらせながら仕事も休まず行きまして、さすがにグロッキーな状態で金曜日を終えました。


 金曜日は早めに切り上げて栄養取って爆睡したら、日曜日にはすっかり回復しました。


 健康維持の大切さを改めて再認識しました。


 本日は,ちょっと奥様の理解が得られなかったため,サービス出勤は取りやめて家族サービス日に変更,地元のイオンにトッキュウジャーショーを見に行き,帰路で息子二人が爆睡,15時前から寝てそのまま起きずに夜の睡眠モードに突入した模様です。その隙に、フォトパチェックしちゃいました(笑)


 今週はこれで最初で最後の更新になるかも!?ですので,もしそうだった場合はすいません^^;


 
 まずは,NHKマイルカップの特徴を考えてみましょう。



無題


 今年は昨年同様高速気味の馬場で仕上げてきそうな予感がします。(ここ2週の東京馬場はどんな感じでしょうかね?実はまだ復習してないのでわからないのです(笑))


 となると,参考になりそうなのは昨年のラップでしょうね。


 昨年は,ガイヤースヴェルトとコパノリチャード、エーシントップと重力背負って前でイケイケだった結果という部分はありますので,今年の逃げ・先行馬配置と重力背負う馬の位置次第といったところでしょうか。一番人気になるのはどの馬なんでしょうかね。


 あ、ミッキーアイルでしょうか!となると重力背負ってくれれば昨年に近い形ににはなりそうですね。あとは適性とその馬の現在地(心身レベル)を探ってしっかり当てたいところですね。


 前が飛ばすレースとなる東京マイルは「相当タフ」なレースになります。


 タフなレースを走り切るには,「ストレスがない」ことが大事です。


 また,集中状態で走ることに「夢中」になっているのも良い。この辺は意識して感じ取りたいです。


 適性値としては,「直線加速力があって大きく走り,長くギアを入れられること」が求められる。


 真っ直ぐ走る走法と身体全体を使って大きく走れ,スピードがある走りができることが非常に大事ということ。


 その部分を意識してチェックすることが大事です。追い切りでの走りを見るときも同様です。


 昨年の好走馬を簡単にチェックしてみましょうか。(画像は貼れません。すいません。)



マイネルホウオウ

スプリングSを追い込んで3着後,ニュージランドトロフィーで凡走してストレス抜いてG1で激走させてきたパターン。肩はキツめであまり評価はできませんが,その部分を補うのが胴の長さで,この部分で適性値を補っている。繋ぎは短く立ち気味で本質的にマイルキレ勝負型とは言い切れない部分はあるが,完成度と運を味方に激走できたパターン。

【ポイント】馬体バランスは良く,胴の長さで弱点をカバーできている。無駄肉もなくしっかり作ってきた状態



インパルスヒーロー

ファルコンステークスで追い込んできた強さがある馬でここでもレースでの記憶と鮮度を持って能力を出し切って好走できたパターン。ただ,その後はダメージから走れていない。(早い時期・完成する前ににキツイ経験をさせてしまうと不調期に入るパターンが良くある)
フォトパは凛として立てており,肩の角度,胴の長良馬体バランスと良い感じ。クロフネらしくないスマートな体型も◎でこれは適性で狙えた馬体と今になって再認識できる。



フラムドグロワール

資質高い馬で休み明けでノーストレス&鮮度で激走できたパターン。立ち姿は前傾姿勢ができるように良い姿勢で無駄肉もなくいかにも狙って休み明けでも仕上げてきた馬体である。ちょっと胴短気味にみえるが,ギリでセーフでした。馬体バランスは◎。筋肉の造りも良い。硬く作り過ぎてない点も好感できた部分。
(硬い筋肉をつけすぎると、NHKマイルに関してはマイナスポイントになる。パワーよりも柔らかさからスピードとキレに変換できる馬体が大事)



レッドアリオン

もったいない取りこぼした馬。タキオンらしくちょっと硬めな筋肉の部分も悪さした可能性はある。(出遅れなければ最低限の結果は出せたと思われるが・・・・・運が無かった。)馬体を見る限り充実したタイミングでの出走,これは素直に評価して買うべき馬です。軸で買っても良いレベル。この馬から買って外した人は運がなかっただけです。致し方ないです。 



◎ NHKマイルカップ出走馬フォトパドック診断2014

 さて本題に入りますか。


アトム

パっと見た印象は,「良血の良さを感じさせるが,弱点もある」といった感じです。脚が長く,この馬の良さを生かすには,ハーブスターのように後方待機で終いにエネルギーを爆発させた方が良いでしょう。(NHKマイルという舞台を考えるならば)中途半端に位置を取るのにエネルギーを使うと,胴の短さが悪さすると思います。脚が長くてしっかり走れるタイプなので,終いに賭けることが大事と感じます。そう乗れば弱点はカバーできる。ディープ産駒の筋肉の質の良さは馬体からは感じられます。



アドマイヤビジン

美人来たか(笑)わしは美人に弱い(笑)。
脚が長く,肩の角度からいかにも「東京適性馬体」です。前走見る限り,新潟とかだとめっちゃ強いかもしれません。ダラ坂の東京もまだこなせるはず。デキは前走ピークでしょうが、しっかりまだお釣りがあるならここでも楽しみはある。フォトパみる限り期待できる。あとは当日までにデキ落ちがないかはチェックしていきたい。



エイシンブルズアイ

脚は長く肩はちょっと窮屈目です。それでも胴は短すぎないのでこなせる馬体です。どちらかというと「タルいNHKマイル」になったほうが助かるタイプでしょう。(脚質からも)仕上がり状態はかなり良いです。硬さもなく無駄肉は完全に排除して必要な筋肉だけついています。現時点では究極系です。



カラダレジェンド

成長力に乏しいです。厩舎力の問題です、ここ目標に成長させてあげられないで仕上げられなかった。



サトノルパン

蹄を見ると,重馬場でもしっかり走れるタイプでしょうね。重馬場で他馬が苦労する分この馬にとってプラスになる。当日天気はどうでしょうか。馬体もはバランスよくしっかり仕上げられています。硬さがあるタイプですが,それでも柔らかく動けるように作ってきている感じなのでそこまで不安はありません。期待して良い一頭です。



ショウナンアチーヴ

一目見て,厩舎力の高さを感じさせます。その理由は,この馬なりに東京マイルを走れる馬体を作ってきているということです。朝日杯の馬体だと厳しいでしょう。ガチガチではなく,柔らかい筋肉を作ってきているのでこれはこれで非常に良い馬体に仕上げてきています。血統だけでは消したらダメです。これも期待できる一頭です。




ショウナンワダチ

完全にシェイプしてきています。キレに賭ける乗り方ができれば胴の短さと肩の窮屈さをカバーできるでしょうか。馬体自体は研ぎ澄まされていてデキは良いです。



タガノブルグ

脚が長くて非常に良い馬体です。もう少し胴にゆったりさがあれば完璧でしたが,この馬としては非常に完成形に近づいています。



ホウライアキコ

桜花賞後,ちょっとガレタでしょうか。牝馬だけにこの変化はちょっと要注意です。



ミッキーアイル

非常に柔らかそうな筋肉質です。胴は短く肩も窮屈目なので本質は東京マイラーではないです。その部分は付け入る「隙」です。ただ,心身完成度とストレスフリーな状態で逃げを打てるタイミングなので,体さえしっかり作っていれば能力は120%出して来ると思います。この馬の絶対能力に他行できる総合力を持ち合わせている馬がいるかどうかということを考える一週間でしょうね。柔らかい筋肉とスピード能力の高さは馬体を見れば感じ取れます。ここで使い始めるということは,成績次第では安田記念も狙っているのでしょうね。




ロサギガンティア

良くも悪くも変わってこない。馬体的にもスプリングステークスで狙ったように東京よりも中山向きだと個人的には思います。肩の角度と胴の感じがポイントです。



 

≪ 総 評 ≫

◎ショウナンアチーヴ
〇サトノルパン
▲ミッキーアイル
☆アドマイヤビジン
☆エイシンブルズアイ
☆アトム


こんな感じでまとめてみますね!

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2014-05