調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

オークス出走馬フォトパドック診断2014 

2014/05/21 Wed.


******************************************************

「 オークス(G1)攻略会議 」 開催中です! By ブタ太郎議長

******************************************************

※重攻会POG大会,今年も開催する感じです。 → 重攻会POG 2014-2015 交流スレッド



 マロンさん、重攻会議長お疲れ様でした。

 キャプチャは残念でした・・・私も3着以内は硬いやろと思ってこの馬軸で相手本線ヴィルシーナとストレイトガールで実馬券は外しました・・・・・・orz
 ちょっと運がなかったですね。馬の強さに自信があった蛯名騎手の強引な外からの仕掛け。ここに隙がありました。

 上手く乗らないと・・・・とインをうまく突いて乗ってきた騎手たちに負けたという内容です。競馬は奥が深いですね!

 上級戦になればなるほど、ガチンコ勝負になるので,バイアスなどを利用して「運をつかめるだろう」馬と騎手を狙う大事さを改めて実感しました。

 仕事はやっとひと段落しました。ただ、忙しいことには変わりないので,今後も体力と時間を見ながらブログを更新する形になります。

 本ブログは,あくまで私の競馬メモブログなので,どうぞご容赦ください。見てくれている人がいることで「更新しなきゃ」という気持ちがわいてくる部分がありますので,その辺は考慮して対応していきたいと思っています。

 見てくれる人がいなかったら、もうとっくに終わっていたブログ活動ですからね(笑)
 

◎ オークス出走馬フォトパドック診断2014


 まず最初に傾向分析

 無題

 去年はクロフネサプライズのペースで前半速い形ですが,実質例年のようなラップだったでしょうね。(詳しく調べてませんが(笑))

 適当な性格なのでご容赦ください(笑)

 オークスは3歳牝馬にとっては距離が長い2400mレースです。折り合い重視にしっかり乗ってくる傾向が顕著で道中もペースが落ち着き,スローからの瞬発力戦になる傾向が強い。

 基本的に狙うべきポジションは,折り合いながら前を射程に入れられる「5~9番手」の馬

 位置的には「差し位置」なので,差しこめる高い心身レベルを持っていることが条件です。

 10番手以降からの後方一気組は,地力が上位である必要がある傾向です。

 逃げ,先行馬で近走馬券になっているのは

 ピュアブリーゼとアグネスワルツ

 ピュアブリーゼは,渋った馬場を生かせた点と人気薄でマークが外れていたという側面を持っています。

 アグネスワルツは人気がなかった部分もありますが、他はどうでしょうか、時間がないのでちょっと調べることはしません。

 オークス好走馬の傾向は、好走馬の馬体を見ても概ね特徴があります。


 写真を掲載したいですが、著作権の関係上ちょっとそれはやめておきます。


 主な好走馬の馬体的な特徴は・・・・・・・・・


 1.胴にゆとりがあって,距離に融通性があること
 
  → 胴が短めだなぁと思うのは,アパパネ、ホエールキャプチャの2頭。マイラーだけど資質の高さでカバーできた部分がありそうです。


 2.脚が短くないこと

  → 足が長いことで完歩の大きさに繋がり,道中スタミナロスが軽減,胴長も同じ考え方


 3.スローからの急加速ができること(スタミナがあることが前提)

  → 概ね,サンデー系の血が入っていればOKのような感じ。 


 道中の体力が少ない体型でしっかり中団から差し足を繰り出せる馬を見つけることが大きなポイントとなりそうです。



ハープスター

体型から考えると,パワー型マイラーです。過去のオークス好走馬体傾向とはちょっとかけ離れているので馬体適性面では少し疑問符はつく。ただし,世代で圧倒的なパフォーマンスを見せつけているので,地力で対応できる可能性は高い。地力で対応できたタイプは,アパパネです。先週の傾向が続くならば・・・・ちょっと馬場バイアス負けする可能性は高くはなる。あとはバイアスを超えた能力を持つか持たないかの判断になるでしょう。デキに関しては◎です。



ヌーヴォレコルト

桜花賞を使って更に馬体は良くなってきました。あばらを見せながらも張りがある馬体は好印象です。立ち姿も凛々しく,オークス適性馬体とマッチします。出来は桜花賞以上と見ます。



サングレアル

オークス適性馬体です。特に後肢の造りがいいですね!まだ追い切りで走法をしっかりみていませんが、後肢が深く踏み込めそうな感じで素晴らしい末脚を見せてくれそうな馬体です。まだ成長途上なバランスですが,現時点でできることはされている馬体です。今後もっと成長していくと思います。



シャイニーガール

胴の長さはあるが,足元が硬いタイプ。最後のキレ勝負になったときはキレ負けるイメージを感じさせます。馬込みもだめなので,粘り腰で勝負するべきなタイプでしょう。後方から競馬したら厳しいでしょう。条件としては逃げ・先行,ただ前走買勝ってしまっただけに他陣営に意識はされそうなタイミングです。逃げ馬は、人気薄で買うのが鉄則。


ブランネージュ

馬体バランスは非常にいい馬です!胴にゆとりがあって引き締まったボディ,最高です!ただ惜しいのは足元が硬めに出ている点です。これはシンボリクリスエスの影響でしょうか。非常に惜しい。でもバランスが良く馬体は非常に充実しています。オークスをしっかり走りきれる馬体でもある。


マジックタイム

出来は前走以上でしょう。ただ、この馬は超ピッチ走法で胴短型,オークス適性馬ではないです。距離を克服するには後方から追い込みという形になるでしょうが、超ピッチ走法なため、基本的に道中でスタミナロスして終わりということも考えられる。


マーブルカテドラル

馬体は明らかに良化してきました。毛艶が良くなって皮膚も薄くなっています。ただ、もっと良くなる余地はあります。夏場が良いタイプの感じがしますね。馬体的にはギリでオークスを走れる馬体でしょうか。ちょっと胴短気味なので基本的には2000m以下がベスト。今の時期の2400mは走れなくはない。脚の長さでカバリングできそうです。


フォエバーモア

いい意味での平行線で更によくなったという感じはない。馬体的にはオークスを走れる馬体です。



バウンスシャッセ

胴短で脚も短め,パワータイプです。個人的に脚が短めな点がオークスでは不向きと考えます。過去の適性傾向から馬体構造的には評価できないという判断です。出来は張りが合って悪くはないです。


パシフィックギャル

ちょっとパワーに傾倒している部分はありますが、大きくみせてバランスが良い,胴にゆとりがあってしっかりとした立ち姿でいます。もう少し絞れたらベストな感じです。馬体としてはオークス適性はありますが、もうちょっと絞ってほしいというのが理想です。



≪ 総 評 ≫

◎ヌーヴォレコルト
〇ブランネージュ
▲ハープスター
☆サングレアル


順位をつけるとしたらこんな感じでしょうか。


人気ブログランキングへ
(25位~50位)

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2014 

2014/05/18 Sun.

 NHKマイルカップはすいませんでした。事前段階ではアトムが良さそうでしたが,パドックと返し馬を見ると,そこまで研ぎ澄まされていないと判断して評価は落としました。


 サトノルパンも返し馬では終始ひっかかっており,場に飲まれているなぁと感じて評価を落としています。


 要するに,こいつが買いたい!という馬が少なすぎたレース設定だったというのが感想です。


 消去法からショウナンの2騎を評価しましたが,スローだと良さが生きない感じですね。基本的にはよどみない流れで走りたいタイプでしょう。やはり血は大事ですか。


 今週も毎日残業で競馬と向き合える時間と体力をなかなか作れません。


 少しチェックしたので先に書いておきます。 少しづつ書き溜めていきたいと思っていますが,状況次第では書ききれず
に終わるかもしれません。


 その時はすいません。


 重攻会総括記事は,しばらくお待ちください。時間が出来たらしっかり書きます!イントゥイッションさん、3マイルさんすいません^^;



<< 更新情報 >>

〇 更新中
 時間ないのでとりあえずここまで。時間作って最後まで書きたいつもりはあります

= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

 時間なくてできませんでした


【一週前追い切り馬映像のある馬】

アミカブルナンバー 牝5 ダイワメジャー ヒシシルバーメイド 美浦・鈴木康弘
アユサン 牝4 ディープインパクト バイザキャット 美浦・手塚貴久
ヴィルシーナ 牝5 ディープインパクト ハルーワスウィート 栗東・友道康夫
ウリウリ 牝4 ディープインパクト ウィキウィキ 栗東・藤原英昭
エクセラントカーヴ 牝5 ダイワメジャー インディアナカーヴ 美浦・堀宣行
エバーブロッサム 牝4 ディープインパクト サクラサクII 美浦・堀宣行
クラウンロゼ 牝4 ロサード ヒシアスカ 美浦・天間昭一
ゴールデンナンバー 牝5 ダイワメジャー アークティックシルク 美浦・鈴木康弘
スマートレイアー 牝4 ディープインパクト スノースタイル 栗東・大久保龍志
フーラブライド 牝5 ゴールドアリュール ヒカルカリーナ 栗東・木原一良
プリンセスメモリー 牝7 スウェプトオーヴァーボード リトルブレッシング 美浦・高橋義博
ホエールキャプチャ 牝6 クロフネ グローバルピース 美浦・田中清隆
メイショウマンボ 牝4 スズカマンボ メイショウモモカ 栗東・飯田祐史
ラキシス 牝4 ディープインパクト マジックストーム 栗東・角居勝彦


【レース傾向】

無題

 2011年はハイペハイレベルレースなラップになっていますが,基本的に牝馬限定戦でマイル戦でも4-5F目で12秒あたりまで中だるみして瞬発力勝負になるレース質。こうなるとL質で量が豊富な馬が好走しやすい背景があって然りだと考える。ただし、マイル適性をもつ馬が有利



◎ ヴィクトリアマイル出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



ヴィルシーナ友道
ヴィクトリア:栗CW併せ馬竹之下終い強め83.1-67.9-52.5-38.6-11.5
ヴィクト一前:

動きはここ最近で一番良いです。併せ馬でしっかり内面に負荷がかかって走る方向,競争意欲が前に出ている。徐々にヤル気を出してきて身体も作れてきたと判断できます。根本的な部分としては,基本的に前枝の出が硬いタイプなので,ハイラップ戦になると,過去と比較してパフォーマンスダウンしていると考えれば適性負けする部分も考えられる。ただ,スランプ期に入った後の中では一番デキは良いです。




ウリウリ藤原英
ヴィクトリア:栗坂併せ馬福永馬なり53.6-38.9-24.9-12.2
ヴィクト一前:

前走を見ても,今が生涯充実期にある馬です。生涯充実期にいる馬は,困難を乗り越えられる「強さ」を持つタイミングです。このタイミングでG1に挑戦できるということは非常に幸運で陰で調教師やスタッフたちの努力が実ったということも想像できます。さて追い切りですが,軽め調整で馬なりでバネある動きを見せている。内面もいい意味でどっしりしている。楽走しているのに時計もしっかり出ている。良い状態で出走できます。


→ デキに関しては文句ない。大外枠配置だけが非常にもったいない。イン馬場有利な設定だけにロスが大きい




エクセラントカーヴ堀
ヴィクトリア:美南W3頭併せ馬なり54.4-39.1-12.9
ヴィクト一前:

出来に関しては順調でしょう。堀きゅう舎は併せ馬で馬なり仕上げで内面がしっかり出ていれば仕上がっていると判断できます。個人的には京王杯オータムハンデのときのほうが良かった印象です。ローテ的には前走は明らかに適性外で脚を余した内容で仕込み馬に位置する馬ではあります。





エバーブラッサム堀
ヴィクトリア:美南w3頭併せ馬なり54.9-39.5-12.9
ヴィクト一前:

外からしっかり併せて内面も前向きさが伺えます。仕上がり自体は良いです。あとはスピード能力があるかどうかでしょう。




キャトルフィーユ角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せウイリアムズ馬なり83.7-67.1-52.3-38.9-12.4
ヴィクト一前:

この馬も軌道に乗ってきた馬で稽古でしっかり格上馬と併せ馬をこなして心身ともに鍛えられ,それがレースで生きてきた馬です。いい意味で状態は安定しています。この馬は基本硬いタイプなので個人的には東京マイルは適性負けすると思っています。牝馬特有のタルいペースになればまだ違いますが,ハイラップになると適性負けします。






クロフネサプライズ田所
ヴィクトリア:栗坂単走田中博馬なり53.6-38.6-25.3-12.9
ヴィクト一前:

前走でガス抜きできたのか単走で力まず走れています。ひとたたきして順当に良化しています。G1仕様に仕上がってきたかといわれるとまだそこまでの段階ではないと思います。逃げ馬なので「運次第」という部分はあります。



ケイアイエレガント尾形
ヴィクトリア:美坂単走馬なり55.3-40.3-26.3-12.9
ヴィクト一前:

基本的に前走勝負でしょう。適性的には大きく舞台が変わるのでその点でしょう。いい意味で平行線です。1




ゴールデンナンバー鈴木康
ヴィクトリア:美南W単走三浦馬なり67.5-52.0-38.0-12.9
ヴィクト一前:

馬なりで大きく走れています。自分で走れている状態にも感じられます。ノリさんが継続して乗ってきた馬でレースに行ってメリハりある騎乗をしてきたことでこの馬自身が競馬の走り方を覚えてそれを受け入れてきたという効果があると思っています。アグレッシヴな三浦騎手に代わって騎乗しやすさにプラスして勝負強い騎乗を見せてくれたら、過去最高のパフォーマンスを見せてくれてもおかしくはない。飛びを見る限り超東京適性馬です。それは過去からずっと書いてきたとおりです。




ストレイトガール藤原英
ヴィクトリア:栗CW単走馬なり66.7-51.1-36.8-11.9
ヴィクト一前:

回転が速いピッチで走れているので基本はスプリンターでしょう。内面的には「溜め」を作れる状態にあるのでしっかり溜めて末に弾けさせたら面白いだろうなぁという走りはできています。中京で追い込める脚を持っているのでこの舞台はまったくダメということではないはずです。心身レベルでは相当充実していた高松宮記念でした。そのときの強さをここまで維持できていれば非常に面白い存在です。個人的には距離延長で走れる追い切り設定しているだけであって、状態面は良いと見ています。

→ 個人的にh宮杯だけで終わらせてほしくないと思っていた馬でここに使ってくれましたが,ピッチ気味で回転が良いタイプで私の感じているところの東京適性馬には該当はしない。内枠は引けたのでいかにロスなく競馬できるかがポイントでしょう。1600m戦ですがいかに1200m戦の乗り方ができるかでしょう。個人的には距離延長はプラスには働かない。小回りコースならまだ別でしたが。



スマートレイアー大久保龍
ヴィクトリア:栗坂併せ馬武豊馬なり52.3-37.9-24.7-12.2
ヴィクト一前:

馬なりで楽に登板してきます。地味に前走はこのレースに向けてのステップとして大きなハードルを課していました。それを見事にすべてクリアしてきたのがこの馬で心身レベルでも今非常に「絶好調」という位置にいると思います。所謂生涯充実期です。追い切りでも身体の具合も良いし走ることに自信を持てているのでしょうね。そんな強さが垣間見えます。問題なしです。

→ デキ自体は非常に良いです。あとは,イン有利バイアスをどう克服するかでしょう。基本的に広いところをのびのびを大きく身体を使わせて走らせたいタイプなので外差しでしょう。



デニムアンドルビー角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せ浜中馬なり84.3-67.6-52.3-38.4-11.7
ヴィクト一前:

角居流でしっかり動けています。いつもは最後突き抜ける追い切りをさせるのですが,それはないのでその点だけでしょう。心身挙動自体は悪くはないです。




プリンセスメモリー高橋義
ヴィクトリア:美坂単走馬なり55.9-40.4-26.6-13.5
ヴィクト一前:

単走でこの馬なりに動けています。



フーラブライド木原
ヴィクトリア:栗CW単走馬なり81.1-65.5-51.1-37.8-12.3
ヴィクト一前:

単走で力まないでしっかり動けている。しかも走法は以前よりも柔らかくなってきている印象でこれなら府中をこなしても不思議ではない。ただ、中距離メインで実績を持っているので速い道中ラップで脚が溜まるかという部分はありそうです。中距離なら大きく評価していました。エリザベス女王杯はこの状態で出走させたいですね。秋まで厩舎力が問われます。




ホエールキャプチャー田中清
ヴィクトリア:美坂単走蛯名馬なり54.2-39.0-25.2-12.5
ヴィクト一前:

時計は馬場を替えてきているのでこの程度で良いのでしょうか。力まずこの馬の良さをしっかり見せています。気の良さがある点も良いです。




メイショウマンボ飯田
ヴィクトリア:栗CW併せ馬馬なり85.1-68.5-53.0-38.8-11.5
ヴィクト一前:

持続力勝負のロングスパート型でキレよりも渋い馬場が得意,これがこの馬の私的なキャラ分析です。前走時でも評価しましたが,今回は更に馬なりでじっくり調整する内容です。身体自体は前走時でも十分仕上がっていたのでデキ自体は問題ないでしょう。ただ,前走はlここのレースに繋がるレースができたかは疑問です。ここのレースを制するためにはそれなりの「ローテ」を持っていないと不利です。同じローテで制したヴィルシーナは0.8秒差負け、マンボは2.2秒負け、これをどう見るか。



ラキシス角居
ヴィクトリア:栗CW3頭併せ川田馬なり84.1-67.4-52.2-398.2-11.6
ヴィクト一前:

追い切りの感じは遅れてちょっと物足りないです。ゴール板過ぎて追っているので仕上がっていないサインとも読み取れる。




レイカーラ堀
ヴィクトリア:美南W単走馬なり56.7-40.0-14.0
ヴィクト一前:

脚が長く仕掛けたら大きく走れそうな雰囲気を感じさせる。東京適性馬でしょう。素軽さもあり気持ちも前向き,これは一発を秘める伏兵でしょう。




ローブティサージュ須貝
ヴィクトリア:栗坂併せ馬終い強め52.8-38.7-25.6-13.4
ヴィクト一前:

個人的には前走がメイチだと思っている馬です。この馬なり走れているので順調ではあります。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  スマートレイアー(脚質的に取りこぼしはありえる)
    
B+ ホエールキャプチャー(適性値+)、ゴールデンナンバー(適性値+)、エクセラントカーヴ(仕込み補正&適性値補正)、ヴィルシーナ、ウリウリ(枠順-補正)

B  ストレイトガール(枠順補正+&適性値補正ー) 、デニムアンドルビー

B- キャトルフィーユ(適性値-)、フーラブライド(適性値-)

注  レイカーラ 

( 補 足 )

 省略



★ ブログ上の軸馬

 このレースは,「適性値補正」と「馬場バイアス」を大きく評価すべきレースだと思います。


 適性値を探ってみると,これらの馬は補正+で良いと思います。


【東京芝適性」
〇03デニムアンドルビー【1110】JC2着 マイル【0100】上級マイル戦経験なし
04メイショウマンボ【1000】オークス1着 マイル【1002】
05プリンセスメモリー【2203】 マイル【0107】
〇07レイカーラ【0111】 マイル【2202】
08スマートレイアー【1000】 マイル【1000】
◎09ホエールキャプチャ【4111】ヴィクトリア1着 マイル【4300】東京新聞杯内容秀逸
11エバーブロッサム【0201】オークス2着 マイル【0001】
◎12ゴールデンナンバー【2103】マイル【4302】
13ケイアイエレガント【1003】マイル【3005】
◎14ヴィルシーナ【2103】ヴィクトリア1着 マイル【2102】
◎15エクセラントカーヴ【2103】 マイル【4011】
▲18ウリウリ【0000】東京適性未知 マイル【3105】現在覚醒中


 ダントツで抜けているのは,ホエールキャプチャーで,気が良いタイプでむしろ休み明けで走れるタイプです。量もあるし、東京適性が高く,スマートレイアーが人気吸ってくれるならこの馬を狙いやすいポジションにあるでしょう。


 イン馬場バイアス有利でロスなく競馬できる馬を評価するとなると

 自在性あるホエールキャプチャがやはり表亜kが高くなる。東京マイルの走り方を身体で覚えている馬でこの条件に特化するとやはり評価は高い。じっくり仕上げられるローテも好感できる。


 ◎09ホエールキャプチャー 

 軸はホエールキャプチャーから

 流す相手はデキも良くて東京適性(かつスピード適性があるとなお良い)の高い馬たちをメインにピックアップします。

 あと,主催者から穴で評価されて配置してもらった「01ストレイトガール」は適性的に不安はあるが,資質は高いので必ず押さえます。馬場バイアスも良し。適性面で不安がなければ軸で狙いたかったですが,やはり相手に落とします。
 
 超大穴候補はレイカーラです。オッズは買われていないのでオッズからは出番なしという判定になりますが,適性値的には一発の魅力はある。

 
 オッズからの穴紐として期待したい位置にいる馬は 

10キャトルフィーユ(硬いタイプなので小回り競馬場のほうが合うはずなので個人的には割引)
12ゴールデンナンバー(適性値的に激熱、あとは乗り方次第で出現はあるとみる)
14ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル勝ち馬で復調気配、牝馬限定戦なら負けられない馬ではある。デキ次第と考えると復活しても不思議はない)


 穴紐で積極的に狙いたいのは,12と14ということになりますね
 
 
 朝一でオッズを取得していましたが,その後がっつり買いが入ったのは


 15エクセラントカーヴ です。 インサイドに情報が入ったかもしれませんね。要注意です。


 ウリウリは枠順で嫌われて買いが甘いですね。ハイペで外差し競馬になれば出現しても不思議ではないですが,過去のレースをみるとスムーズな競馬ができる馬有利なレースというのがヴィクトリアマイルです。牡馬相手の安田記念は厳しいでしょうからね~ ほんと運が無い馬です。ここは本気出さないで次走・・・・というのが無難な選択ではありますが。この馬のローテを考えると「ヴィクトリアマイル勝負」なのは明らかです。



≪特注したい血統≫

ディープインパクト産駒

03デニムアンドルビー
06ラキシス
08スマートレイアー
10キャトルフィーユ
11エバーブロッサム
14ヴィルシーナ
18ウリウリ



(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2014-05