調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

アーリントンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014 ~【1stSTAGE】~ 

2014/02/28 Fri.







<< 更新情報 >>

〇 更新中


= 序章(追い切りを観る前に) =

【フォトパドック配列】

 なし


【レース傾向】

無題

 マイルですが,道中12秒以上に緩んでからの瞬発力勝負!という部分もあるのでワンペースで押し切ってきた馬は距離適性がないと難しい。

 ポジションも前目が有利で先行してかつ終いの脚も溜められるタイプが有利という傾向。操縦性は大事です。


 あとこの時期は「完成度」と「真面目さ」です。




◎ アーリントンカップ出走馬最終追い切り・調教分析2014

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アドマイヤメテオ橋田
アーリントン:栗坂併せ馬終い強め53.4-39.4-25.9-12.6
アーリン一前:栗東坂路で4F52秒9-12秒9(一杯)。

馬場は綺麗、この馬なりにといったところでしょうか。楽な手ごたえで併走馬を煽ってはいます。




エイシンブルズアイ野中
アーリントン:栗CW併せ馬馬なりCデム83.2-67.2-53.0-38.7-11.6
アーリン一前:栗東CWで6F85秒7-11秒8(一杯)。

大きく飛べてブレも少ない。現時点で相当完成度高いです。後躯も深く踏み込めているので推進力もありながら首は短めでピッチある走りもできる万能型です。パワーもある。これは見ただけで完成度で一歩抜けているとわかる馬。真面目さもあって内面も良い。




グッドスピリッツ松元
アーリントン:栗坂併せ馬馬なり52.9-39.1-25.9-13.1
アーリン一前:

馬場は荒れています。荒れているなりに頑張って走っている点は良いですがやっぱり最後は苦しそうにしています。



グランフィデリオ森
アーリントン:栗坂併せ馬終い一杯小林徹51.0-37.7-24.9-12.7
アーリン一前:

馬場綺麗、スピードがあり、それで押し切る感じでしょうか。仕掛けてからのもうひと伸びがあれば良いでしょう。





タガノグランパ松田博
アーリントン:栗CW3頭併せ終い一杯79.6-65.3-51.4-38.7-13.1
アーリン一前:

全体の時計を見てもわかるように少し厳しいラップで走らせたせいか,終いはちょっと物足りない内容です。ただ,馬自身頑張っているのでこれをきっかけにかわってくれば更に成長していきます。




タガノブルグ鮫島
アーリントン:栗坂栗東坂路で4F54秒1-13秒4(一杯)。単走終い一杯川田52.2-38.3-24.6-12.2
アーリン一前:

馬場は綺麗です。もっと最後に余力があれば完璧でしたが,十分及第点で良い走りが出来ています。軽い走りができるタイプで真っ直ぐ推進力を持って走れています。この内容で本番も走れるなら楽しみもあります。



フェルメッツァ松永幹夫
アーリントン:栗坂単走終い一杯武豊52.6-37.7-24.4-12.2
アーリン一前:

躍動感が合って大きく走れている。阪神よりは京都のほうがあいそうですね。四肢を強く使って走れている点も良し。内面もしっかりしている。



マキャビティ荻原
アーリントン:美南W併せ馬終い強め84.7-68.7-53.6-39.2-12.6
アーリン一前:

大きく身体を使って走れてはいます。




ミッキーアイル音無
アーリントン:栗坂単走馬なり51.5-37.8-24.5-12.2
アーリン一前:栗東坂路で4F52秒4-12秒3(強め)。

馬場は綺麗、たづなを絞って馬なりで楽にこの時計で走ります。余力十分すぎるほどに。相当スピード絶対値が高いと思われる追い切りで完成度の高さも証明している。



レッドルシファー矢作
アーリントン:栗坂併せ馬馬なり国分恭介53.4-39.5-25.8-13.1
アーリン一前:

馬場は綺麗、まだ成長を促している段階でそれでもこの馬なりに走れています。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  エーシンブルズアイ、ミッキーアイル
    
B+ フォルメッツァ

B  タガノブルク、タガノグランパ

B- なし

注  なし 

( 補 足 )

こればかりはしょうがないでしょうね。追い切りだけでも抜けているのがA評価の2頭です。堅いレースでしょう。




★ ブログ上の軸馬


 A評価の2頭を素直に評価して良いと思います。





(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています





↓人気ブログランキングで公開します。(25位~50位)
人気ブログランキングへ

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】中山記念出走馬フォトパドック診断2014 

2014/02/26 Wed.


>>> 中山記念G 2 井戸端会議 始まっています☆


◎ コメレス

> ニノマエさん

 バッチリですね!天才か!!(^^)!

 私もトイレでパドック観てこのメンバーみたら堅いと思って,ベルキャニオンとサトノアラジンワイド一点で頂きました☆

 今週も頑張りましょう☆




 さて,今週ももうはや水曜日!復習する暇がありませんね^^;

 フォトパをしっかり観ていきましょう。 


無題

 今年は週初めの時点でラップグラフができているのでフォトパ段階で使えます。一年間の努力様様です。(毎週データ拾ってグラフ作るの地味に大変だったんですよ・・・・・。)


 このレースは所謂、特殊レースで「適性値重視レース」です。


 ① 中山内回り1800mの再上級戦

 ② 1800mという距離に対してコーナーを4つも回る,しかも中山の内回り

 ③ 1800mという距離なので,マイラーでも狙って出走してくるのでペースが上がりやすい


 後方待機組は追いあげるには,コーナーでの追い上げ力が求められます。


 馬体や走法で一番注目すべきなのは


 中距離を走りきれる「ピッチ走法馬」でしょうね。これが中山で強いナカヤマナイトの「素質」です。


 

◎ 中山記念出走馬フォトパドック診断2014


ヴェルデグリーン 

一週前追い切りは本当に良い追い切りを消化できていました。フォトパを見てもわかるとおり絶好調です。今勢いがあるタイミングでの中山記念へ出走です。マイルっぽい速い流れにも対応できるかがカギになる。



ロゴタイプ

復帰戦としては良い番組選択だと思います。馬体は休み明けとしては仕上がっているほうです。肩も窮屈で基本マイル型,ですので中山1800kという条件は適性知的にマッチするタイプです。あとはしっかり走る方向に内面を作ってこれているかが大きなポイントになる。これは追い切りでしっかり確認ですね。


トウケイヘイロー

小回りコースの鬼であることを証明した昨年です。この馬は貧相に見えるくらいの馬体で走っているので今回の馬体でも走れる可能性はあります。個人的にはもう少しバリっと筋肉をつけてほしいところですが。



エアソミュール

函館記念の時より馬体は良いでしょう。行きたがる気性なのでハイラップになりやすい中山記念は合います。大きく走れるタイプなので,コーナー加速勝負だと分が悪い。早めに早めに動いてしっかりポジションをとっておきたい。デキに関しては申し分なし。


ジャスタウェイ

天皇賞馬が何故このレースを使うのかが疑問です。適性値は真逆にある馬で仕上がりは良くても評価はしてはいけないタイプの馬体です。


アルキメデス

ふっくら見せています。でも、まだ太いようにみえますね。馬体的にはマッチする馬体です。鳴尾記念も非常に強い内容でした。




≪ 総 評 ≫


デキに関しては文句ないのが

ヴェルデグリーン
エアソミュール



適性値高くて地力も高いのは

ロゴタイプ


好みで印をつけると


◎ヴェルデグリーン
〇ロゴタイプ
▲エアソミュール
☆トウケイヘイロー




こんな感じです。



 時間ないのでとりあえずここまで




◎ 阪急杯出走馬フォトパドック診断2014

 阪神内回り1400m,結構特殊な条件です。


 阪神カップと阪急杯の設定の違いは


 ① 阪神カップは,マイルチャンピオンシップで結果を出せなかった馬がそれなりのデキで出走してくる。それに対して阪神カップを狙ってくる陣営もいるので「ヤリ馬が多い設定」のレース(年末という設定も後押し)

 ② 阪急杯は,新年度の短距離馬始動といったレースで,「休み明け設定馬」が多い。

 ③ 阪神カップ時は使い込まれた馬場なので荒れているケースが多く,ハイラップになれば差し馬有利となる。(2013年はラップが緩くなって前有利でした。)

 ④ 阪急杯は,開幕馬場なので,馬場は阪神カップより状態が良く,前で流れに乗って差し足しっかり持つ馬有利
  → 2012年は馬場的にちょっと特殊で追い込める設定でした。

無題


ダノンシャーク

目標は安田記念なので東京新聞杯に使いたかったのが本音でしょうね。ただ,ここでの手ごたえ次第では高松宮杯にも挑戦してくる可能性はある。デキに関しては良い意味で平行線です。基本的に高い位置で安定している馬です。先先のことを考えるなら、ここは調教レースがベターな選択,過去に阪神コースは狙って使ってきていない。ローテが狂った関係でここを使うことにしたので,ここはあくまで「叩き」という設定という指示を出すのが無難な采配。




カレンブラックヒル

優等生だった馬ほど一度リズムを崩すと過去の姿に戻ってこれない。ただ,休み明けは変われるチャンスなので育成者次第で目覚めてこれるチャンスではある。馬体は悪く言えば,成長していない。良く言えば,休み明けの割には仕上がっている。さて、どうでしょうか。まずは,きっかけを得られるレースができればよい。結果は二の次でよい



レッドオーヴァル

基本的に非力な馬で使いべりするローテを組みづらい馬です。キレはあるので,キレを生かすには,開幕週はベターです。坂路もしっかり走れるタイプで坂道もOk。仕上がりやすいタイプですので間隔があいた一発目のローテが勝負の舞台です。馬体は仕上がっています。ただ、小さな馬で牝馬限定の京都コースが一番理想でしたが。



コパノリチャード

勢いある「コパノ」馬です。休み明けの割にはしっかり仕上がってきました。逃げたいタイプで逃げるには「人気薄」という煙幕がベターでそれで制したのがスワンステークス。でもいい馬です。同型がいるか相手関係次第です。



ガルボ

この季節は走る馬です。ただ,このフォトパは個人的には物足りない印象です。それでも走ったことはあるので考え過ぎかもしれませんが,激走させて休ませてまだ良い仕上がりに戻り切っていない可能性も視野に入れたい。調教次第といったところでしょうか。



サンカルロ

近年は加齢の影響が出ていま。迫力ある感じはないですが,良い意味でとりあえず仕上がっています。ただ,もっと筋肉に厚みがあった頃が忘れられません。



≪ 総 評 ≫


 個人的に,びびっとインスピレーションでこれだ!っという馬はいません。


 フォトパ段階で評価を挙げることはできないので、パスとします。


 ごめんね!(笑)





人気ブログランキングへ
(25位~50位)

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 1
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2014-02