調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【回顧】阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラステークス、朝日チャレンジカップを終えて2013 

2013/12/09 Mon.

 重公会アンケートについてですが、そろそろ受付を締切ます。

 今週中に今後の方針について発表したいと思っています。

 最近、子供たちが昼寝をしてくれないので、遊び相手をしながら競馬をチェックしています。こうなるとなかなかtwitterでは呟くことが難しい状況です。

 パドック等を見て感じたことを色々書きたいんですけど・・・・すいません。。。

 昨日は午前と午後と散々一緒に外遊びさせたんですけどね~それでも寝ない!子供の体力は恐ろしすぎる・・・・・(笑)


(1)平場分析

人気ブログランキングにUPした馬を書いていきます。

 阪神09R05ハーキュリーズ(1番人気2着複勝150円)

 結局1番人気になっちゃいましたね。パドックは前走のほうが良かった印象なので、次走辺りはパフォーマンス落としそうな匂いがします。



(2) 阪神ジュベナイルフィリーズ回顧


************ 抜 粋 ************

ハーブスター
阪神JF  :栗CW3頭併せ終い強め95.5-80.0-66.0-53.0-39.7-12.5
阪神JF一前:栗CW終い強め83.4-66.8-52.6-38.3-11.8(稍)

力強さがあります。やはりパワータイプですね。軽さを求められる京都だったらズバっと消したいタイプです。胴短なので飛びと身体能力でカバーしているタイプ。基本的には「直線」で加速するタイプなのでコーナリングしながらトップスピードに持っていくことは難しいタイプです。新潟は長い直線だったので十分に加速することができた。今回はコーナリング部分でどう出るかが一番の課題でしょう。タフな阪神設定だと追い込めます。軽い展開になったら脚を余して終わりも視野にいれないといけないかもしれませんね。直線加速パワー特化型です。似ているタイプはノウレッジ。彼も直線で弾けた新潟2歳S。胴短で飛びで勝負していた馬です。
追い切りの動きはゴムのように弾んでいます。無駄に小脚を使わず後方一気にかけてこその馬なので、小脚を使っていつもの伸びが見られずというシナリオもあってもおかしくない。


<一週前>

体型はずんぐりむっくり(笑)ですが、しっかり大きく飛べるタイプで「破壊力ある末脚」を使えることに対しては納得です。無駄に小脚は使わないでで末脚変換が基本です。馬体的にはパワータイプなので軽さがある新潟馬場は合うかどうか不安を感じていましたがあの破壊力です。基本的にコーナリングしながらの加速はダメなタイプですが、外回りコースなのでその点は多少カバーされる。タフ設定な馬場、急坂は合いますのであとは上手く乗れるかでしょう。書きすぎました(笑)
しっかり飛べているし内面もしっかりしている走りを見せてくれています。とにかく「飛べている」ので末脚力が魅力な馬です。阪神は合うだろう。


第33回新潟2歳ステークス(G3)
新潟芝左 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45
2013年8月25日 2回新潟10日目 サラ系2歳オープン ○国際○特指(馬齢)
12.5 - 10.8 - 12.0 - 12.6 - 12.8 - 11.5 - 10.9 - 11.4
12.5 - 23.3 - 35.3 - 47.9 - 60.7 - 72.2 - 83.1 - 94.5 (35.3-33.8)
18-18-1着32.5(1位)


フォーエバーモア
阪神JF  :美坂併せ馬馬なり52.6-38.2-24.7-12.2
阪神JF一前:美南W併せ馬馬なり68.8-52.4-39.0-12.8

馬なりでしっかり木本が入って走れてはいます。

<一週前>

馬なりで大きく走れています。併せる形になって負けん気を出した点も良い。内面はしっかりしている印象を受けます。


サフラン賞
東京芝左1400m / 天候 : 小雨 / 芝 : 稍重 / 発走 : 14:35
2013年10月5日 4回東京1日目 サラ系2歳500万下 ○混 牝○特指(馬齢)
12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 11.8 - 11.4 - 11.9
12.5 - 23.6 - 35.2 - 47.4 - 59.2 - 70.6 - 82.5
(35.2-35.1)
8-7-1着34.4【3位】



レッドリヴェール
阪神JF  :栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.0-26.0-13.3
阪神JF一前:栗坂併せ馬馬なり54.4-40.0-26.1-13.2(稍)

やっぱり遊びながら走っていますね。休み明けの影響はありそうです。ただ、それでもしっかり合わせた相手を突き放すのは脂質が高い証拠です。

<一週前>

遊びながら走って最後は突き放すという追い切り,内面は悪くなさそうです。この馬の良いポイントは内面の強さです。これが死んでいなければまだ今後しっかり活躍ができます。最終追い切りをしっかりみていきたいです。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  ホウライアキコ
    
B+ ハーブスター、グランシェリー

B  マーブルカテドラル、レーヴデトワール

B- ニホンピロアンバー、トーセンシルエット

注  なし 


************ 抜粋ここまで ************

無題

 ペースが昨年に劣らず、前が速かったようですね。こうなると「底力戦」になります。

 追い込みも決まります。ハーブスターがオッズほど重力を持たなかったという結果です。

 
 穴的な位置にいてしっかり鍛えられての出走でしたが、能力を出し切れなかった馬がいます。

 この2頭については、引き続き自己条件で走れる適性レースに出走してきた場合は狙っていきたい存在です。

 前者は「左回り替わりの軽さが生きる条件若しくは雨が降った重馬場」で

 後者は「距離短縮1200~1400m戦の時計がかかる荒れた冬馬場の追い込みバイアス」です。

その2頭はこちらで公開↓ 
人気ブログランキングへ(25位~50位)


 人気どころでは,マーブルカテドラル、レーヴデトワールの今後の巻き返しにも注目したいです。


 
 うーん、結果と分析が大きくズレていますね。これは反省しないといけません。


 アキコは、パドックみましたが、じっくり見てみると生命力が落ちてきているように見えました。大外枠というダブルパンチで好走できなかったタイミングでした。一度休ませて立て直したいタイミングです。


 個人的に評価していなかったのですが、フォエバーモアとマジックタイムがオッズから狙うべきサインが出ていたので注視しましたが、パドック見る限りしっかり仕上げてきていましたね。そのうちのフォーエバーモアが好走した形で、これに関しては事前分析は完敗です。参ります(笑)

 
 ダブルチェックということで、オッズも一応見ますが、一応ヒモでは拾える評価までは引き上げられました。


 かなり強い競馬をしていたのでフォエバーモアは要注目です。レーシングビュアーで一週前追い切りがあった馬でJRAから評価されていた馬でした。


 レッドリーヴェール、こいつは大物ですね!持ち前の闘志が生き続ける限り、好走できるでしょう。大事に育成してあげたいですね!調教でも遊びながら走る馬です。本気だしたらすごい強いんですね。


 ハーブスターは負けて強しの内容です。悲観することはないでしょう。じっくり育成して、まずは桜花賞を狙いましょう。この馬ならできます。


 グランシェリーは、全然ダメでしたね。騎手コメントだと、脚が溜められないようです。残念無念です。


 マジックタイムは、やはり適性値負けでしょうか。それでも差は詰めてきています。マーブルカテドラルも同様です。


 このレースで一番注目したいのは 人気ブログランキングへ(25位~50位) です。
(公開終了)

 仕上げてきたなぁという印象はなく馬も遊び遊びというパドックでした。ただ、今後に繋がる大きな経験値を得ました。これで少しづつ覚えてくれれば大成します。良い素材です。鞍上はやっぱり上手過ぎです。


 
1着 レッドリヴェール 戸崎圭太騎手
「勝てて本当に嬉しいです。最後は勝ったかどうかわかりませんでしたが、(検量室のボードの)数字を見て、大丈夫だと思いました。競馬センスのあるイメージの馬で、根性もあるので自信を持って乗りました。レースでも根性ある走りを見せてくれました。前走あのような馬場で強い勝ち方をしていましたし、乗ってみていい馬だと感じました。これからも楽しみです」

2着 ハープスター 川田将雅騎手
「3ヶ月ぶりのレースでしたが、馬はよくがんばってくれました。着差が着差だけに非常に申し訳なく思っています」

3着 フォーエバーモア 蛯名正義騎手
「この馬、結構やれますね。最後はもう少し踏ん張れるかと思ってワンテンポ早く出て行った差です。初めての右回りで久々ながら自分で動いていってこの内容ですから、来年へ向けて期待がふくらむだったと思います」

4着 クリスマス M.デムーロ騎手
「レース前にテンションの高いところを見せていたので、中団で落ち着かせようと思いました。レースは後方からになりましたが、テンションも高くならず落ち着いて追走できましたし、最後はすごい脚を使ってくれました」

6着 マジックタイム 後藤浩輝騎手
「いい形でしたし、思った通りの位置で運べたのですが。右手前でいい伸びを見せる馬で、左回りではいいのですが、右回りで直線が左手前に替わると......。バテているわけではないので、今日は得手不得手が出てしまったのかもしれません」

7着 ホウライアキコ 和田竜二騎手
「今日はイレ込みがきつかったです。返し馬をしても落ち着きがありませんでした。レースでは上手に走っていましたが、この前ほど弾けませんでした。大外枠ということもありましたが、一戦ごとにテンションが上がってきています。それでも最後はそんなにバッタリと止まったわけではありませんでした」


9着 レーヴデトワール 福永祐一騎手
「勝った馬の後ろでいい感じで行けました。しかし、直線では余力がありませんでした。もう少し距離があったほうがいいかもしれません。まだこれからの馬ですし、初めて乗りましたがいい馬ですよ」


10着 グランシェリー 浜中俊騎手
「ベストの距離は1400mのようです。気性も短距離向きになってきています」




(3)カペラステークス回顧


************ 抜 粋 ************

A  スイートジュエリー

B+ ノーザンリバー、セイクリムズン、ケビンドゥ、サマーウインド

B  マルカバッケン、ティアップワイルド、スノードラゴン


 スイートジュエリーがいかにも覚醒中で連チャン期の様相を感じさせる追い切りを見せてくれています。素直にこれを評価します。壁を乗り越えて準OPを一発で一番人気でクリアしてきた資質と勢いを評価します。


 同様に今かなり充実してきた可能性がある馬はケビンドゥです。この馬にも注目してください。

 中山実績があるスノードラゴン、ティアップワイルドは必ずヒモに組み込みたいですね。


************ 抜粋ここまで ************

無題

 ラップ的には平均的なラップだと思われます。これで戦えなかったスイートジュエリーは適性負けかちょっとおかしかったということになるのでしょうか。基本的にD1200mは追走力からもあまり本質的に向いてないのかもしれません。

 オッズ配列的には、単勝でベースではスイートジュエリーとシルクフォーチュンが抜けていましたが、実際のところ、上位混戦(1番人気~9番人気まで)という配列です。

 この配列でスイートジュエリーを信じ切るのはリスキーと考えられれば良かったですが、調教重視派にとってはなかなか軌道を変えられない部分もあります。

 結果、1着、2着は美味しい6番人気と7番人気の決着、5着までは1~9番人気以内の馬で占めています。

 オッズ配列から読み取る術ももなかなか優秀です。(私の場合はあくまでサブですが。)
 


 返し馬では、ものすごくヤル気を感じさせたノーザンリバー。パドックも良かったですよね。前走を勝ってうまく馬が覚醒してきたというタイミングでした。内枠配置も良く、浅見先生の采配はお見事です。

 
 重賞レースは、グリーンチャンネルなら返し馬をしっかり映してくれるので非常に重宝します。

 あと最終レースも一部返し馬があるのでGOOD!!

 2場開催なら全レース返し馬をやってくれます。返し馬の情報って非常に大事で個人的には返し馬まで見ないと基本的に大きく購入に踏み切れないです。


 返し馬を見て納得したら大きく動けます。


 返し馬を見ることの重要性については。ブログで声を高らかに伝えていきたいと思っています。


 スノードラゴンはコース巧者で前走負けても差のない競馬をしていたので、設定変更で変わり身を期待できる馬でした。勝ち馬と同じレースで前走レベルは意外と高いという評価となりますね。


 スイートジュエリーは軸にしてはいけませんでしたね。調教の良さに騙されました。

 おそらく、関東遠征(長距離輸送)が合わない可能性があります。地元で走るときはもう一度押さえたい馬です。ただ、ここでリズムを狂わせたので、次走で戻せなかったら「停滞」に入るターニングポイントです。


 セイクリムズンは、追ってナンボの馬なので、基本的に剛腕系の騎手が合います。北村宏騎手はスマート系なのでその点はアンマッチでした。外枠よりも内枠が良かったです。その差の4着だと思います。


 個人的には大穴でケビンドゥに注目していましたが、最後失速でした。脚が短く回転が速いタイプなので距離は短いほうが良いのでしょうね。距離損を考えて今後は内枠からポンと行ける設定で前有利バイアスなら強いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。ただ、好走条件は限られてきます。良い馬なんですが惜しいです。


 ヤリ設定っぽい感じで能力を出し切れなかった馬は・・・・・・人気ブログランキングへ(25位~50位)です。


 次はスムーズな競馬ができれば巻き返して来るタイミングです。今回は上手く騎乗できなかった点に尽きます。

 不当に人気を落とすなら次走は美味しい穴馬になるはずです。




1着 ノーザンリバー 柴田善臣騎手
「1400mの競馬を使っていてズブくなってきたと聞いていましたので、最内枠から前へ行きました。3~4コーナーはいい手応えでどこへ行こうか迷うくらいでしたし、仕掛けてからも馬の間を抜けるのが速かったです。状態もよく、乗りやすい馬で思ったより強かったです。短いところで走りましたが、1400mでも走れますし、元気もあります。これからも楽しみな馬です」

2着 スノードラゴン 大野拓弥騎手
「もうひとつ前の位置で競馬をしたかったのですが、逆にそれで脚がたまりました。久々にいい脚を使ってくれました。最後は相手に合わせて走るようになったので、そのあたりが今後の課題です」

3着 シルクフォーチュン 藤沢則雄調教師
「パサパサのダートは追込一辺倒のこの馬には厳しいです。勝負どころでひと呼吸入って突き抜けるかと思いましたが、ダートの外側は砂が厚かったですね」

4着 セイクリムズン 北村宏司騎手
「スタートも出ましたし、2列目のいいところにつけられましたが、道中は追いっぱなしで、そのぶん最後はジリジリとした伸びでした。がんばってくれてはいるのですが......」

5着 スリーボストン 秋山真一郎騎手
「外枠なら控えられたかもしれませんが、内枠でしたし、スピードを生かすレースをしました。結果的にペースが速くて、差し馬の展開になってしまいました。でも、よくがんばっていると思います」

9着 スイートジュエリー 北村友一騎手
「少し内側にモタれる面があり、今日は外枠ということでスムーズなレースができませんでした。速い馬が揃っていましたし、今日はかみ合いませんでした」

10着 トーホウチェイサー 田中勝春騎手
「最後は脚を使ってくれていますが......」

11着 マルカバッケン 内田博幸騎手
「少し進路を取りにくいところがありました。勝ち馬と同じ位置にいたかったのですが......。ゴチャついたところにいたのもあまりよくなかったですね」

15着 サマーウインド 松岡正海騎手
「これが引退レースだそうです。3コーナーをすぎたあたりから、走りがバラバラになってしまいました」





(3)朝日チャレンジカップ回顧



************ 抜 粋 ************

アルキメデス
朝日CC  :栗CW併せ馬終い一杯84.0-67.4-52.3-37.9-11.7
朝日CC一前:栗東CWで6F84秒7-12秒1(一杯)。


ゴール板過ぎても一杯に追っています。まだ馬は完全に覚醒はしていないようです。遊びながら走っています。ですのでまだ伸びしろがあると個人的には考えます。追い切り内容は,併せて徐々にスパートして突き放して・・・ソラを使って・・・という感じです。最後は愛嬌として,しっかり末脚絶対値を育てるトレーニングができている印象で内面も前向きさが感じられます。



カワキタフウジン
朝日CC  :栗CW単走終い一杯83.3-67.7-52.8-39.2-12.4
朝日CC一前:

調教ではズブそうな馬です。初見なのでなんともいえませんが。大きなストライドで単走なりにしっかり末を伸ばしています。ロングスパート勝負で戦いたい感じですね。



ハナズゴール
朝日CC  :栗坂単走終い強め52.6-38.8-26.9-14.3
朝日CC一前:

馬場は綺麗です。前半飛ばし過ぎた影響か終い気合を入れても伸びません。ちょっと馬に集中力を与える追い切り設定ができていないというのが個人的な感想です。パワーよりもキレタイプで操縦性にも難があるタイプ・・・・内枠配置以外なら即切りでしょう。前走はかなり豊氏が上手く乗りました。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ アルキメデス、タマモベストプレイ、ヒストリカル

B  ダノンプログラマー、カワキタフウジン、コアレスドラード、スマートギア

B- マイネルラクリマ

注  なし 


************ 抜粋ここまで ************

 一言に、Mデムーロは【 神 】ですね。。。。。

 ハナズゴールといい、クリスマスといい、キチっと乗ってきます。

 この騎手が乗る馬は、自分の常識では割り引くべき馬でも、加点材料として押さえなければならないですね。

 彼が乗るということは・・・・関係者的に「好走させたい意図がある」ということなんでしょうか。


無題

 結局、結果からみると「上がり最速~3位」の馬でワンツースリーです。

 そんなレース質でトップハンデで4着まで頑張った マイネルラクリマは相当ヤヴァイです。


 阪神コースはタフネスコースなので、ハイレベル戦になりやすく、ここでの出走馬たちは次走以降の特注馬となりやすいので各自でしっかりメモしておくことを勧めます。


 上がり最速勝負なら、ヒストリカルもぶっこんできても良かったのですが・・・・・・浜中騎手、勝ちに勇んで好位で競馬させていますね・・・・・・・


 小脚を使わせると、ゴムまりの伸縮度が落ちます。バネで言う、グっとちじんでいる状態がちじみきっていない状態になるのと同じです。良さを殺した、勝ちに勇んだ騎乗でした。


 お金もしっかり入って、勝ちに勇んでの負けなので「ヤリ失敗」という判定で良いと思います。この馬から勝負しても良い背景はあったという判定です。
 


 タマモベストプレイは、惜しいですね~。ってかこの馬人気し過ぎ(笑)


 現段階では、負けてしまいました。この条件は追い込み力負けするので、機動力が生きる条件でねらいたいですね。斤量も背負わされていました。


 いやー、競馬は面白い。調べれば調べるほど色々見せてくれます。



~レース後のコメント~
1着 アルキメデス(バルザローナ騎手)
「行きたがる馬でコントロールの難しいところはありますが、前の馬を交わすことに積極的な馬なので、中団でしっかりタメて乗りました。一生懸命走ってくれました」

(藤原英昭調教師)
「ジョッキーが、最後に弾けるように課題をクリアして乗ってくれましたし、有り余る気性をうまく誘導してくれました。あとは将来的に距離を延ばしていくためにどうするかでしょう。次走は様子を見て、オーナーと相談して決めます。殿下の馬で勝てて光栄です」

2着 カワキタフウジン(ルメール騎手)
「道中は無理せず、リラックスして走れた分、うまく脚がたまって最後いい脚を使ってくれました」

3着 ハナズゴール(M・デムーロ騎手)
「跨った時から調子の良さを感じましたし、手応え良く追走出来ました。最後はすごくいい脚を使ってくれました。勝ち馬とは外を回った分の差だと思います」

4着 マイネルラクリマ(柴田大騎手)
「思った通り運んで最後も伸びて来ているのですが、外から一気に来られてしまって...。ハンデも響いたと思います」

5着 カルドブレッサ(藤岡佑騎手)
「内枠からいい位置を取れました。道中も唸るくらいの行きっぷりでしたし、最後は外から一気に来られて交わされてしまいましたが、重賞でも十分にやれる馬です」

7着 ヒストリカル(浜中騎手)
「スタートが良く、いいところにつけてうまく運べましたが、最後は伸び負けました。ポツンと後ろから行って末脚に賭ける方がいいのでしょうか」

10着 ラウンドワールド(岩田騎手)
「リラックスしてレースは出来たのですが、直線嫌がるような面がありました。外を捲って行く方が良かったかも...」



edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2013-12