調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

髙松宮記念出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/03/23 Sat.

<< 更新情報 >>

 〇 更新完了(3/24 6:50)
  


◎ 髙松宮記念出走馬最終追い切り・調教分析2013

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

◆栗坂TOP20 3/20(水)

水 06:59 セイカプリコーン 牡 5 52.4 39.0 26.1 13.6 服部利之
水 07:00 エピセアローム 牝 4 53.1 39.2 26.2 13.5 石坂正
水 07:03 ヒストリカル 牡 4 53.1 39.2 25.9 12.9 音無秀孝
水 06:58 シンクスマイル 牝 3 53.3 39.7 26.2 12.9 笹田和秀
水 09:43 ロードエアフォース 牡 5 53.3 39.4 26.6 13.8 笹田和秀
水 08:21 スマイルタイム 牡 6 53.6 40.3 26.9 13.8 大久保龍
水 07:00 ニューダイナスティ 牡 4 53.7 39.7 26.4 13.8 石坂正
水 09:42 ロードカナロア 牡 5 53.7 39.3 25.4 12.9 安田隆行
水 09:49 マックスドリーム セ 6 53.8 39.4 26.5 13.8 宮徹
水 05:34 ケイアイレオーネ 牡 3 53.9 39.6 26.3 13.4 西浦勝一
水 07:26 マーティンオート 牝 3 53.9 40.1 27.5 14.7 沖芳夫
水 09:41 マジンプロスパー 牡 6 53.9 39.3 25.6 13.2 中尾秀正
水 09:43 アットウィル 牡 3 53.9 39.8 26.6 14.0 領家政蔵
水 06:58 シェルビー 牡 4 54.0 39.9 26.5 13.4 笹田和秀
水 07:00 マイネノンノ 牝 3 54.0 39.9 26.5 13.5 梅田智之
水 08:54 ヒシアルコル 牝 4 54.0 40.0 26.8 14.0 佐山優
水 06:58 トーコーグリーン 牡 3 54.1 40.0 27.0 13.7 橋田満
水 06:58 リスヴェリアート 牡 3 54.1 40.5 27.3 14.0 松元茂樹
水 07:00 ハーキュリーズ 牡 5 54.1 39.5 26.1 13.5 角居勝彦
水 06:59 ダッシャーゴーゴー 牡 6 54.2 39.5 25.6 12.8 安田隆行

 先週よりは時計がかかっている印象ですね。


◇栗坂TOP20 3/21(木)

木 09:22 ダイモス 牡 4 52.9 39.6 27.1 14.1 田島良保
木 06:57 オルフェーヴル 牡 5 53.8 39.0 26.1 13.3 池江泰寿
木 06:57 スリーボストン 牡 6 53.9 39.7 26.4 13.5 藤岡範士
木 06:58 スマイリングムーン 牝 5 54.3 39.9 26.4 13.2 岡田稲男
木 09:39 リアリーサムシング 牡 5 54.4 39.3 25.8 13.4 坪憲章
木 06:57 ドラケンスバーグ 牡 4 54.5 39.9 26.8 13.6 池江泰寿
木 07:09 リメインサイレント 牝 3 54.6 40.7 27.0 13.6 田中章博
木 09:51 バンザイ 牡 4 54.6 40.2 26.3 13.2 藤岡健一
木 06:58 スターペスジンタ 牡 4 54.7 40.4 27.0 13.8 藤岡範士
木 07:03 オウケンイチゲキ 牡 4 54.8 40.9 27.1 14.0 音無秀孝
木 06:58 スリーエアウィーク 牡 3 54.9 40.8 26.8 13.8 坪憲章
木 06:58 ガンダーラ 牡 7 55.0 40.4 26.0 13.1 岩元市三
木 06:58 ウインアルザス 牡 3 55.0 40.2 26.0 12.9 西園正都
木 06:59 エーシントップ 牡 3 55.0 40.1 26.0 12.8 西園正都
木 09:55 スマートホルス 牡 3 55.0 40.1 26.1 13.2 西園正都
木 06:58 メイショウアルザス 牡 4 55.1 40.3 26.7 13.6 藤岡範士
木 09:40 オンワードシェルタ 牡 7 55.3 40.5 26.6 13.7 池江泰寿
木 09:51 テーオーストーム 牡 7 55.3 41.1 26.6 13.1 藤岡健一
木 06:57 サトノシーザー 牡 4 55.4 41.7 28.0 13.9 池江泰寿
木 07:05 トルストイ 牡 3 55.4 39.8 26.1 13.3 音無秀孝


01アドマイヤセプター
髙松宮記念 :栗坂単走終い強め55.3-40.5-26.5-13.4(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走馬なり54.3-39.9-26.2-13.0(重)
オーシャンS:栗坂単走終い強め54.4-39.8-25.9-13.2(稍)
オーシャ一前:栗東坂路で4F55秒5―13秒3(仕掛け)。
阪神カップ :栗坂単走馬なり53.6-25.5-13.1(重)
阪神C一週前:栗東坂路で4F53秒7―12秒4(G強め)。
京阪杯   :栗坂単走終い強め54.7-39.6-25.3-12.7
京阪杯一週前:栗坂単走終い強め51.0-37.4-25.2-12.6
スワンS  :栗坂単走馬なり54.7-40.4-26.7-13.3(重)
白秋S   :栗坂単走終い一杯52.3-37.9-24.6-12.1

 いい時と比べると集中力が足りないですね。



02ミキノバンジョー
髙松宮記念 :栗DP単走終い一杯78.7-63.8-49.7-36.4-11.6
髙松宮一週前:栗DP単走馬なり72.4-56.7-41.1-12.8

 久しぶりのスプリント戦は厳しいでしょうね。動きは悪くないですよ☆


03エピセアローム
髙松宮記念 :栗坂併せ馬終い強め53.1-39.2-26.2-13.5(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走馬なり55.8-41.4-27.2-13.5
阪急杯   :栗坂単走終い強め52.8-39.0-25.8-13.2(重)
阪急杯一週前:栗東坂路で4F53秒5―13秒1(一杯)。
スプリンター:栗坂単走終い強めムチ一発52.2-38.2-25.0-12.5
スプリ一週前:栗坂単走馬なり56.9-41.9-27.8-14.2(稍)
セントウルS:栗坂単走終い一杯52.3-37.9-24.7-12.5
セント一週前:栗東坂路で4F57秒5―14秒0(馬なり)。
北九州記念 :栗坂単走終い強め52.6-37.9-24.9-12.5(重)
北九州一週前:栗東坂路で4F53秒4―12秒6(一杯)。
オークス  :栗坂単走終い強め52.0-38.4-25.2-12.3
オークス一前:栗東坂路で4F51秒8―12秒4(一杯)。
桜花賞   :栗坂併せ馬終い一杯55.3-40.6-27.0-13.8(不)
桜花賞一週前:栗坂併せ馬終い強め54.5-39.5-25.8-13.0
チューリップ:栗坂単走終い強め54.0-40.0-26.6-13.6(重)
阪神JF  :栗坂併せ馬終い一杯52.2-38.1-25.1-12.7
阪神JF一前:栗坂併せ馬終い強め52.6-38.5-25.0-12.4
小倉2歳S :栗坂併せ馬終い強め52.2-38.4-25.3-12.7

 大きく走れてはいます。暖かくなってきてからもっと良くなってきそうですね。




04スギノエンデバー
髙松宮記念 :栗坂単走馬なり60.8-43.6-29.2-13.9(稍)
三日前   :栗坂単走馬なり51.5-37.5-24.7-12.5
髙松宮一週前:栗坂単走馬なり59.0-42.8-28.1-14.3
阪急杯   :栗坂単走馬なり58.7-43.6-28.5-14.2(不)
2月16日 :栗坂単走一杯53.9-39.2-25.8-13.1(重)
阪急杯一週前:栗坂単走馬なり58.9-42.8-27.8-13.3(重)
シルクロード:栗坂単走馬なり59.3-42.7-27.6-13.2(不良)
最終追3日前:栗坂53.1-38.7-25.5-12.8
シルク一週前:栗東坂路で4F58秒5―14秒9(馬なり)。
尾張S   :栗坂単走馬なり56.3-40.6-26.3-12.9
京阪杯   :栗坂単走馬なり58.0-42.4-27.7-13.5(稍)
京阪杯17日:栗坂単走終い強め51.7-38.2-25.4-12.7(重)
京阪杯一週前:栗東坂路で4F59秒9―13秒7(馬なり)。
セントウルS:栗坂単走馬なり58.9-41.8-26.8-13.1
セント一週前:栗東坂路で4F59秒4―13秒1(馬なり)。
北九州記念 :栗坂単走馬なり59.7-41.7-27.0-13.1(重)
北九州一週前:栗東坂路で4F53秒0―12秒7(馬なり)。

 まぁいつもの調整法ですね。気配はやっぱり前走,前々走のほうが良いかなぁ。



05シルクフォーチュン
髙松宮記念 :栗CW単走馬なり50.5-37.5-12.9(稍)
髙松宮一週前:栗CW併せ馬馬なり64.9-49.8-36.6-12.3

 特に強調材料はありません。



06モンストール
髙松宮記念 :美坂併せ馬終い強め51.4-36.9-24.3-12.2

 うーん,スピードの絶対値不足のようなイメージです。ローテ的にもここは「参加」が目的でしょうね。


07ツルマルレオン
髙松宮記念 :栗坂単走終い一杯54.3-39.9-26.2-13.8(稍)
三日前   :栗坂単走馬なり54.7-40.5-26.7-13.5
オーシャンS:栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.0-25.5-12.9(稍)
オーシャ一前:栗東CWで6F84秒8―12秒7(馬なり)。

 ラチに頼って走ろうとする点はマイナスですね。うーん、追われてフラフラしています。どうでしょうか。




08マジンプロスパー
髙松宮記念 :栗坂単走終い一杯53.9-39.3-25.6-13.2(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走終い強め52.8-38.3-24.5-12.3
阪急杯   :栗坂単走終い一杯53.5-39.4-25.6-13.3(不)
阪急杯一週前:栗東坂路で4F53秒3―13秒2(一杯)。
シルクロード:栗坂単走終い一杯53.1-38.9-25.4-13.3(不)
シルク一週前:栗東坂路で4F52秒2―12秒6(一杯)。
阪神カップ :栗CW単走終い一杯79.7-64.3-50.1-37.0-12.5(重)
阪神C一週前:栗東CWで6F80秒5―12秒2(一杯)。
スプリンター:栗CW単走終い強め94.8-79.0-64.3-50.7-37.6-12.2
スプリ一週前:栗東CWで7F93秒5―12秒7(一杯)。
セントウルS:栗CW単走終い強め82.5-65.4-51.0-37.4-12.0
セント一週前:栗東CWで6F82秒4―12秒0(一杯)。
CBC賞  :栗CW単走終い一杯80.0-63.6-49.2-36.0-12.1
CBC一週前:栗東CWで6F80秒7―12秒6(一杯)。
高松宮記念 :栗CW単走終い強め80.4-64.9-50.5-37.5-11.8
宮記念一週前:栗CW単走馬なり82.9-66.7-51.9-12.5
阪急杯   :栗CW単走終い一杯81.1-65.8-51.9-38.8-13.9(重)
阪急杯一週前:栗CW終い強め67.8-53.0-39.4-13.0(重)
シルクロード:栗CW併せ馬終い一杯81.9-65.8-50.8-37.4-12.1
シルク一前 :栗CW単走終い一杯63.0-49.5-37.0-12.1
醍醐    :栗CW単走終い一杯80.3-65.4-51.6-38.2-12.6

 二週連続映像あります。一週前は凄い追い切りですね!時計が出る綺麗な馬場ですが,真っ直ぐブレずに走り切ります。最終追い切りは馬場が綺麗な時間帯ですが重たいコンディション,この馬場でもしっかり集中して真っ直ぐ走れています。コースで追っていた頃は追い切りいズルさが出てきたというか,イマイチになってきていましたが,坂路に変えて馬がまた変わってきましたね。いい意味で変わりました。二週連続好調教です。これは「ヤリ」と見て良いでしょう。気合の入った調整過程です。ちなみに阪急杯も好調教です。




09サンカルロ
髙松宮記念 :美坂併せ馬馬なり51.8-35.1-23.1-11.8②
髙松宮一週前:美坂併せ馬馬なり52.2-35.7-23.4-11.8②
阪急杯   :美坂併せ馬馬なり52.4-36.5-23.6-11.8
阪急杯一週前:美浦坂路で吉田豊を背に4F53秒4―11秒8(馬なり)。
阪神カップ :美坂併せ馬馬なり52.3-36.2-23.5-11.6
阪神C一週前:栗東坂路で4F53秒9―12秒1(馬なり)。
マイルチャン:美坂併せ馬終い強め52.6-35.9-23.3-11.9
マイル一週前:美坂併せ馬馬なり53.8-36.3-23.6-12.0(稍)
スワンS  :美坂併せ馬馬なり53.8-36.9-23.8-11.5(稍)
スワン一週前:吉田豊を背に美浦坂路で4F52秒8―11秒6(G強め)。
スプリンター:美坂併せ馬終い強め52.4-35.8-23.3-11.6
スプリ一週前:美坂併せ馬馬なり53.7-36.7-24.0-12.2(稍)
セントウルS:美坂併せ馬馬なり54.2-36.7-23.8-12.0
セント一週前:吉田豊を背に美浦坂路で4F53秒7―12秒3(馬なり)。
高松宮記念 :美坂併せ馬馬なり54.4-36.6-23.5-11.6
宮記念一週前:美坂併せ馬馬なり52.8-36.3-23.8-11.7
阪急杯   :美坂併せ馬馬なり55.2-37.0-23.8-11.7
阪急杯一週前:美坂併せ馬馬なり53.4-36.7-23.8-11.5
11阪神C :美坂併せ馬馬なり53.9-36.7-24.2-???
11スプリ :美坂併せ馬馬なり53.3-36.0-23.5-11.7
11スプ一前:美坂単走馬なり(不良)55.4-38.9-25.3-12.4
11セントウ:美坂併せ馬馬なり56.2-37.1-23.9-11.7
11宮記念 :美坂併せ馬馬なり53.2-36.2-23.9-12.2
11宮記一前:美坂併せ馬馬なり53.2-36.4-23.7-11.8
10スプリ :美坂併せ馬馬なり54.9-37.2-24.4-12.6

 二週連続映像掲載馬。一週前はヘンデルテノールとの併せ馬で馬場の真ん中を走らせます。最終追い切りは馬場の大外を走らせて脅威の動きと時計です。ずっと見てきた馬ですが,はっきり言って「激仕上げ」を施しています。明らかにヤリです。



10フィフスペトル
髙松宮記念 :美南W3頭併せ馬なり81.7-67.1-52.2-38.2-12.8
髙松宮一週前:美南W併せ馬強め82.3-67.0-52.8-38.5-12.9

 追い切りを観る感じではそこまで悪い感じはしません。


11ロードカナロア
髙松宮記念 :栗坂併せ馬馬なり53.7-39.3-25.4-12.9(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走馬なり53.5-38.9-24.8-12.2
阪急杯   :栗坂併せ馬馬なり52.7-38.7-25.7-13.2(不)
阪急杯一週前:栗東坂路で4F54秒0―12秒1(仕掛け)。
スプリンター:栗坂併せ馬馬なり51.7-37.8-24.4-12.2
スプリ一週前:栗東坂路で4F54秒6―12秒1(馬なり)。
セントウルS:栗坂併せ馬馬なり54.3-39.0-24.8-12.1
セント一週前:栗東坂路で4F51秒1―12秒1(馬なり)。
函館SS  :函ダ単走馬なり66.3-51.0-37.6-12.1
函館SS一前:函W併せ馬終い強め67.7-53.0-38.6-12.6
高松宮記念 :栗坂併せ馬終い一杯50.6-37.4-24.4-12.4
宮記念一週前:栗坂併せ馬終い強め51.7-37.4-24.2-11.9
シルクロード:栗CW併せ馬馬なり82.0-66.0-52.5-37.6-12.3
シルク一週前:栗坂50.1―11.8(一杯)
京阪杯   :栗坂併せ馬馬なり(見せムチのみ)51.7-37.7-???-12.2(時計の出やすい馬場)

 二週連続調教掲載馬。一週前追い切りは馬場が綺麗な時間帯の追い切り,馬なりで余裕に登板。最終追い切りも馬場が綺麗で時計は出そうですね。こちらも馬なりで追い切らせる内容。馬自分自身で身体を作らせる・・・・そんな調整を取り入れているのでしょうか?そんな匂いがします。カレンチャンも最後の年は鬼時計を出すような追い切りではありませんでした。ロードカナロアも一歩進化し,この域に入ってきた可能性が高い。ちなみに去年の宮杯最終追い切りは一杯追い切り,調教されたという内容,今年は自分で身体を作っていく調整過程,その差があります。



12ドリームバレンチノ
髙松宮記念 :栗坂単走終い一杯55.2-40.3-26.1-13.1(稍)
髙松宮一週前:栗坂併せ馬終い強め51.9-38.3-25.4-12.9
シルクロード:栗坂単走終い一杯53.3-39.1-25.4-12.7(不)
シルク一週前:栗東CWで6F82秒7―12秒3(馬なり)。
スプリンター:栗坂併せ馬終い強め55.0-39.3-24.5-12.0
スプリ一週前:栗東坂路で4F54秒6-12秒3(一杯)。
キーンランド:札D単走馬なり82.0-65.7-52.1-38.5-11.9
キーン一週前:函館Wで5F67秒1―12秒6(馬なり)。 
函館SS  :函W単走馬なり63.1-49.1-37.5-13.6
安土城S  :栗坂併せ馬終い一杯53.6-38.9-25.0-12.3

 二週連続調教映像掲載馬。一週前は馬場が綺麗ですね。終い強めに追って好時計です。余力十分です。最終追い切りは馬場が荒れて時計が出る状態,終い一杯に追われて大きく飛べて力強く最後まで走れています。いいですね☆



13ハクサンムーン
髙松宮記念 :栗坂単走終い一杯54.5-39.0-25.5-13.0(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走終い強め54.5-38.9-24.6-12.1(重)
オーシャンS:栗坂単走馬なり56.6-40.9-26.2-12.6(稍)
オーシャ一前:栗東坂路で4F52秒7―12秒9(仕掛け)。
京阪杯   :栗坂単走馬なり55.4-40.0-26.1-13.0(稍)
京洛S   :栗坂単走一杯54.4-38.6-24.8-12.4

 しっかり力強く最後まで集中して走れています。デキに関しては良いです。前走も好調教馬です。



14メモリアルイヤー
髙松宮記念 :栗坂併せ馬終い一杯55.2-40.0-25.7-12.8(稍)

 パワーありますね☆


15サクラゴスペル
髙松宮記念 :美坂3頭併せ終い強め50.5-35.5-22.9-11.4
髙松宮一週前:美坂単走馬なり52.7-37.0-23.8-12.1
オーシャンS:美南P併せ馬終い一杯65.0-49.1-36.3-12.3
オーシャ一前:美浦南Wで6F83秒3―12秒7(強め)。

 馬に勢い,活気があります。今はまさしく心身充実期。良いタイミングでG1に挑戦できます。



16アイラブリリ
髙松宮記念 :栗坂単走終い一杯56.2-39.6-25.2-12.9(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走一杯52.4-37.9-24.8-12.8
シルクロード:栗坂単走馬なり56.4-40.1-26.1-13.3(不)
淀短距離OP:栗坂単走終い強め56.4-39.6-25.1-12.4
淀短距離一前:栗坂単走一杯53.8-40.4-27.4-14.5(稍)

 回転の良いフットワークです。馬場も荒れ気味のタイミング。元気いっぱいです。 



17ダッシャーゴーゴー
髙松宮記念 :栗坂併せ馬馬なり54.2-39.5-25.6-12.8(稍)
髙松宮一週前:栗坂単走一杯51.9-38.4-24.9-12.4 (重)
オーシャンS:栗坂併せ馬馬なり52.8-38.1-24.5-12.2(稍)
オーシャ一前:栗東坂路で4F53秒6―13秒9(一杯)。
シルクロード:栗坂併せ馬馬なり55.5-40.0-25.2-12.2(不良)
シルク一週前:栗東坂路で4F52秒0―12秒4(一杯)。
スプリンター:栗坂併せ馬終いムチ入れ52.5-38.0-24.6-12.2
スプリ一週前:栗坂単走終いムチ51.4-37.4-24.5-12.2(稍)
キーンランド:函W単走終い一杯64.5-51.0-37.9-12.4
キーン一週前:函館Wで5F65秒8―12秒5(一杯)。
CBC賞  :栗坂単走終い強め55.0-39.5-24.7-11.7
CBC一週前:栗東坂路で4F51秒6―12秒3(一杯)。
高松宮記念 :栗坂単走馬なり54.0-39.5-25.0-12.0
宮記念一週前:栗東坂路で4F52秒2―12秒2(G強め)(重)
オーシャンS:栗坂単走終い一杯56.3-41.3-26.9-13.4(重)
スプリンター:栗坂単走終い一杯51.8(14.0)-37.8(13.7)-24.1(12.4)-11.7
スプリ一週前:栗坂4F52秒9-12秒3(G前強め)
セントウル :栗坂単走終い一杯52.0-38.0-24.4-12.0
11高松宮 :栗坂単走終い馬なり(稍重)55.6-40.6-25.6-12.1
11高松一前:栗坂単走馬なり53.2-38.4-24.4-11.8
10スプリ :栗坂単走終い一杯(稍重)51.5-37.5-23.8-11.7

 一週前はしっかり時計出せていますね!時計だけなら好調教とマーキングした記憶があります。最終追い切りもしっかり走れています。身体面は準備OKです!この馬は,あと一歩足りない馬なんですよね~終いが甘くなる・・・・これは気持ちや性質の問題だと思います。身体能力は高い。だけどワンパンチ足りない。そんなタイプなんでしょうね。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 11ロードカナロア

A  09サンカルロ
    
B+ 12ドリームバレンチノ,08マジンプロスパー

B  17ダッシャーゴーゴー,15サクラゴスペル

B- 該当なし

注  13ハクサンムーン

( 補 足 )

 概ねのことは,各馬コメントでかいたつもりです(笑)

 ロードカナロアは,馬が覚醒した状態でこれから歴史を作る馬という位置付けです。期待値込みの評価であり,過去の実績を主に評価する方には過剰評価の可能性はあります。調教を観て,3着以内を外す確率は少ないと判断し,久しぶりにA+評価を発動します。


 これに負けないくらい仕上げられている馬は「A評価サンカルロ」です。

 二回登板なので,鬼時計ってなかなか出さないタイプですが,ここ最近では考えられないくらい強化した追い切りを消化しています。もう勝ちたい意欲が非常に感じられます。年齢的にもラストチャンスといっても過言ではない陣営の覚悟を感じさせます。動きも非常に良いものを見せてくれています。



 B+評価は2頭

 ドリームバレンチノは,ローテ,仕上げ過程はスプリンターズSより良いと思います。コース的にも中京コースのほうが得意でしょうね。能力もあり,仕上げてきている。スプリンターズSは恵まれた部分も大きいことが事実ですが,ここが試金石になります。


 マジンプロスパーは,半端なく調教がいいです。基本動く馬でしたが,昨秋から真面目に動かなくなりました。坂路に変えて馬も「飽き」から解放されたのでしょうか,楽しく生き生きと登板しております。走るフォームや推進力も良いです。昨年の魔人君とはちょいと違うということは覚えておいてください。


 B評価は2頭


 ダッシャーゴーゴーは基本調教は動きます。フォトパドックの馬体を観る限り,かなり作りこんできた馬。L質なのか,自分の能力だけ力は出しますが,最後の詰めが甘い。ダウン戦に強く,UP戦では取りこぼしが多いイメージの馬です。単勝は推奨しずらいタイプです。


 サクラゴスペルは,オーシャンステークスを観ると強い競馬でした!調教も坂路に変えて良い動きを見せています!オーシャンステークスではダッシャーゴーゴーと対戦しましたが,昨年の宮杯以来一線級との再戦になります。彼ら相手でも自分の能力を出せるかがポイントになりそうです。格上戦は時計では表現できない,目に見えないプレッシャー・圧力があります。闘争心が強めで成長した今ならクリアできる資質は持っていそうです。


 特注馬はハクサンムーンです。

 状態面は変わらず良いです。オーシャンステークスでも好調教馬と支持した馬です。 叩き2戦目でどのような競馬を見せてくれるか楽しみです。



【ラップ分析】

 高松宮記念特集参照のこと。


【分析メモ】

 逃げ ハクサンムーン

 好位 ロードカナロア,サクラプレシデント

 差し ドリームバレンチノ,ダッシャーゴーゴー,マジンプロスパー

 追込 サンカルロ


 基本的に他馬は,ロードカナロアの動きに併せて仕掛けます。完全に目標物にする。

 ① ロードカナロアを倒しに行くタイミングで動くのか

 ② ワンテンポ遅らせて,2,3着狙いで動き出すのか

 
 ロードカナロアの動き出し次第でレースのポイントが大きく変わる。岩田騎手は去年を思い出すと,サンカルロの強さが忘れられないはず。一番注目するのは後方サンカルロでしょう。


 注意が後ろに意識するとなると・・・・・


 重力を持つカナロアが動かない展開になりやすく


 重力から解放されて自分の競馬に徹する


 ハクサンムーンが展開ひとつで大きな見せ場を作ることになる。


 コース形態からも大丈夫だろ!と腹をくくる騎手が多ければ多いほど


 ハクサンムーンは凄い競馬をしそうな予感がします。


 これは,思考を逆転させた場合のあぶり出しです。陣営もこれを狙っていると思います。


 でも短距離なので,中長距離レースほど大きなアドバンテージを得られない。


 中長距離レースになると,この効果は絶大ですよね。


  

★ ブログ上の軸馬

 上位拮抗+ハクサンムーンという見解です。あとは好きな馬を買え!というレースですね(笑)短距離戦なので私の得意スキルが生きる舞台ではないですので(笑)  

 09サンカルロと15サクラゴスペルはオッズ的には拮抗していますね。


(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 11ロードカナロア

 今後の期待値込みの評価でオッズも一本被りです。嫌ってもよいと思いますが,個人的には好走するタイプの一本被り馬だと思います。

 
(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

 09サンカルロ

 これで負けたら致し方ない。そんな仕上げです。馬場は昨年の方が良いです。そこだけがポイントでしょうね。ただ,このコース形態は得意なコースです。


 大穴13ハクサンムーン

 常識的な思考の裏を行くなら,当然この馬は押さえておかなければならない。

 覚えておきたいのは,「中京コースは逃げ切れないよ!」とタカをくくる人間(騎手など)が増えれば増えるほど,捨て身で逃げる馬に有利に働く。

 ただねー,暴走はダメよ(笑)。逃げは逃げでも,最後の直線は意識してね(笑)

 杞憂に終わる可能性は高いですが,一応注意。


【重賞攻略会議からの提言】

◎ 髙松宮記念攻略会議  議長:pawa


議長報告

◎ロードカナロア
議長である自分の考え(焼き増しw)
☆カナロアの去年の高松宮3着、スプリンターズ1着の成績は適性の違いによって表れたものだと思ってます。

カナロアって去年の高松宮まで前傾+急坂などでラスト1ハロンが大きく失速して12秒台になるようなレースはあまり経験していなかったんですよね。

対してサンカルロやカレンちゃんはこの前書いたように急坂の失速ラップで好走してきた馬でした。

したがってG1という舞台でほぼ経験していないような上がりの掛かる失速ラップに対応できずなんとか地力の差で3着に粘りこんだという感じでしょうか。

そしてスプリンターズは秋の中山という、野芝で非常に軽い馬場の、大きな失速がないレースでカレンちゃんを破って勝利。

以上からカナロアは失速が少ない、もしくは失速しても11秒台の軽い馬場、展開が得意で、大きく失速して上がりが掛かるような馬場、展開ではパフォーマンスが下がるということが考えられます。

それが今年、前走の阪急杯では前半の方が1秒速く、ラスト2ハロンが11.6-12.2と0.6秒の失速で12秒台とまずまず上がりの掛かる展開で見事早め先頭で押し切るという強いパフォーマンスを見せてくれました。

僕はこれを大きく評価しています。

それでもまだこれ以上に上がりの掛かる展開、馬場になった時どうなるんだという部分もありますが、前走を見る限り去年よりもこのレースに対応できる可能性は高いんじゃないかなと思いました。

またこの枠ならそれなりに先行すれば、外にばらけやすいスパイラルカーブもあるので包まれて追えずというテスタマッタ状態にもならないと思います。

参加者の皆さんからの意見(抜粋)

配合に関してカスケードニックスに該当する『キンカメ×ボールドルーラ』のタイプ1で本格化した今は器が違う

カナロアの左回り経験は去年の高松宮記念3着の1回のみ。GⅠで0,1差3着ととても下手には思えない。
去年は後傾ラップの1200mを5戦続けてからの参戦。坂のある1200m戦が初、初GⅠ、左回り戦初と
不確定要素多かった。最内枠で苦しい競馬を迫られましたし、よく3着にきたな~という印象。

この厩舎の馬が本当に強くなるのは4歳秋以降であって、これ以前だと見かけの強さしかない。

そして今回は5歳春。強くなっていて当然です。
戦績を見ても勝ち鞍のグレードが段違いですね。

阪急杯と同じような立ち姿ですが、薄皮一枚絞れて仕上げの度合いがワンランク上の印象。

まぁG1ですから当然ですね。激仕上げとは思わないですが陣営は普通にきっちり仕上げれば勝てると思っているのでは?

今回はコース、メンバー的にそうはならないと思ってるので前半気持ちよく行き過ぎなければ(脚を溜められれば)差しきれるはず。

まぁこの馬に関してはマイナス要素が1番少ないのかなと思います。

強いてあげるならば調教がやや緩めであったこと。超消耗戦になった時のパフォーマンスが未知。ぐらいですかね?

○…めっちゃ難しい!

サクラゴスペル、ダッシャー、サンカルロ、マジン、バレンチノ…この5頭はほぼ並んでますよね。馬券ならロードカナロアからこの5頭に流しておけばいいんじゃないでしょうか笑?

その中でまず△評価にするのは
バレンチノですかね。スプリンターズをみると高速馬場は得意だし、前走も強かった…。

ただやはり前傾+ラスト1ハロンの失速ラップの経験がないため割り引かざるを得ませんでした。

人気もそれなりにしてるので未知な部分があるのなら評価下げかなと。

これは否定ではなく考え方の問題ですね。

あとは…高速馬場を考えるとサンカルロとマジンは好走してきたパターンから評価下げですかね…。

ただ前者は超ハイで上がりが掛かる展開になった時に突っ込んでくる可能性もあります。だいちゃんさんの書き込みのように年齢はそこまで気にならないと思います。
どうしても高速馬場向きのカナロアを◎にする以上はサンカルロは△までになってしまいますかね…。

後者はサンカルロと同じく得意なのは消耗戦ですが、前走見る限り上がりが求められるレースでも好走できる可能性を感じました。
調教も動いていたようですしね。オッズからも推しですか。悩ましい…。
ただやはりセオリーとしてカナロア◎ならこの馬も▲か△までかなと。

残ったのはサクラとダッシャー。

ダッシャーは本来前半が速いとダメなんですよね。だから野芝+コース形態上テンが速くなるスプリンターズは好走できなくて当然。

しかし高松宮はスタート直後に坂があるのでテンが速くなりにくくこの馬向きといえます。

さらに前走はその苦手な展開だったテンが速いレースでしっかり2着にきているということ、ブルーサンダーさんの仰るとおりローテーション、馬具、陣営の意図から考えると、

去年よりも優れた成績が収められるかもしれません。この時点で▲以上決定。

この馬もオッズ的にいいんですね。

そしてサクラゴスペル。

先ほどダッシャーで評価した前走。テンが速い流れで失速ラップを前で受け、さらにそこから上がり5位以内でおさめるという

非常に優秀なレース運び…。乗り続けているノリさんであることも安心ですし、カスケードさんの血統分析も高評価。

枠もダッシャーの大外よりはマシとなるとどうしてもダッシャーより上の評価になってしまいますね。

ということで改めて…

◎ロードカナロア

○サクラゴスペル

という結論にさせてもらいます。

正直相手候補は拮抗していてその人の好みや考え方の違いですね。

僕も上に挙げた馬は全部抑えますし。

時計の掛かる展開を想定するならサンカルロやダッシャーが上位評価ですね。

ご期待に応えられていない結論かもしれませんが決して否定したわけではないということはわかってください笑。



=== しっちぃ☆から一言 ===


 pawa議長お疲れ様です!有志参加者の皆様もありがとうございます!

 
 今年一発目の芝G1ということで盛り上がっていましたね!


 私も色々調べましたが,これを一点で仕留めるとなると難しい感じですね(笑)


 ロードカナロアを軸で逝くのであれば展開を考えます。


 ロードカナロアは圧勝するか


 差し届かずがある確率が高いか


 そのときはどの馬がそばにいそうか


 前に有利に働くか,後ろから差してこれるのか


 コース形態からは,差し届くと判断し,後ろ優位という見方もできますね。


 私はロードカナロアをマークして動いてくる馬とセットで馬券になりやすいと思います。


 昨年は福永騎手で参加したロードカナロア


 今年は岩田騎手,福永騎手は魔人君での出走。相当嫉妬してそうに思いませんか?(笑)


 福永騎手は,「負けられない!負けたくない!気持ちが強く出る舞台」という設定ですので,魔人君は人気の割には面白いかもしれませんよね!


 的中期待しています!!



(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

≪ 参 考 ≫


edit

CM: 3
TB: 1

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

日経賞出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/03/23 Sat.

<< 更新情報 >>

 〇 更新完了!!(3/23 6:51)
  → 時間ナーシ!毎日杯簡単にまとめてきます^^;
  


◎ 日経賞出走馬最終追い切り・調教分析2013

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

◆栗坂TOP20 3/20(水)

水 06:59 セイカプリコーン 牡 5 52.4 39.0 26.1 13.6 服部利之
水 07:00 エピセアローム 牝 4 53.1 39.2 26.2 13.5 石坂正
水 07:03 ヒストリカル 牡 4 53.1 39.2 25.9 12.9 音無秀孝
水 06:58 シンクスマイル 牝 3 53.3 39.7 26.2 12.9 笹田和秀
水 09:43 ロードエアフォース 牡 5 53.3 39.4 26.6 13.8 笹田和秀
水 08:21 スマイルタイム 牡 6 53.6 40.3 26.9 13.8 大久保龍
水 07:00 ニューダイナスティ 牡 4 53.7 39.7 26.4 13.8 石坂正
水 09:42 ロードカナロア 牡 5 53.7 39.3 25.4 12.9 安田隆行
水 09:49 マックスドリーム セ 6 53.8 39.4 26.5 13.8 宮徹
水 05:34 ケイアイレオーネ 牡 3 53.9 39.6 26.3 13.4 西浦勝一
水 07:26 マーティンオート 牝 3 53.9 40.1 27.5 14.7 沖芳夫
水 09:41 マジンプロスパー 牡 6 53.9 39.3 25.6 13.2 中尾秀正
水 09:43 アットウィル 牡 3 53.9 39.8 26.6 14.0 領家政蔵
水 06:58 シェルビー 牡 4 54.0 39.9 26.5 13.4 笹田和秀
水 07:00 マイネノンノ 牝 3 54.0 39.9 26.5 13.5 梅田智之
水 08:54 ヒシアルコル 牝 4 54.0 40.0 26.8 14.0 佐山優
水 06:58 トーコーグリーン 牡 3 54.1 40.0 27.0 13.7 橋田満
水 06:58 リスヴェリアート 牡 3 54.1 40.5 27.3 14.0 松元茂樹
水 07:00 ハーキュリーズ 牡 5 54.1 39.5 26.1 13.5 角居勝彦
水 06:59 ダッシャーゴーゴー 牡 6 54.2 39.5 25.6 12.8 安田隆行

 先週よりは時計がかかっている印象ですね。


◇栗坂TOP20 3/21(木)

木 09:22 ダイモス 牡 4 52.9 39.6 27.1 14.1 田島良保
木 06:57 オルフェーヴル 牡 5 53.8 39.0 26.1 13.3 池江泰寿
木 06:57 スリーボストン 牡 6 53.9 39.7 26.4 13.5 藤岡範士
木 06:58 スマイリングムーン 牝 5 54.3 39.9 26.4 13.2 岡田稲男
木 09:39 リアリーサムシング 牡 5 54.4 39.3 25.8 13.4 坪憲章
木 06:57 ドラケンスバーグ 牡 4 54.5 39.9 26.8 13.6 池江泰寿
木 07:09 リメインサイレント 牝 3 54.6 40.7 27.0 13.6 田中章博
木 09:51 バンザイ 牡 4 54.6 40.2 26.3 13.2 藤岡健一
木 06:58 スターペスジンタ 牡 4 54.7 40.4 27.0 13.8 藤岡範士
木 07:03 オウケンイチゲキ 牡 4 54.8 40.9 27.1 14.0 音無秀孝
木 06:58 スリーエアウィーク 牡 3 54.9 40.8 26.8 13.8 坪憲章
木 06:58 ガンダーラ 牡 7 55.0 40.4 26.0 13.1 岩元市三
木 06:58 ウインアルザス 牡 3 55.0 40.2 26.0 12.9 西園正都
木 06:59 エーシントップ 牡 3 55.0 40.1 26.0 12.8 西園正都
木 09:55 スマートホルス 牡 3 55.0 40.1 26.1 13.2 西園正都
木 06:58 メイショウアルザス 牡 4 55.1 40.3 26.7 13.6 藤岡範士
木 09:40 オンワードシェルタ 牡 7 55.3 40.5 26.6 13.7 池江泰寿
木 09:51 テーオーストーム 牡 7 55.3 41.1 26.6 13.1 藤岡健一
木 06:57 サトノシーザー 牡 4 55.4 41.7 28.0 13.9 池江泰寿
木 07:05 トルストイ 牡 3 55.4 39.8 26.1 13.3 音無秀孝





アドマイヤフライト
日経賞   :栗坂併せ馬終い強め55.7-41.0-26.7-12.9(稍)
日経賞一週前:栗東坂路で4F51秒9―12秒6(一杯)。
御堂筋S  :栗坂併せ馬一杯55.8-40.8-26.3-12.9(重)
御堂筋一週前:栗坂併せ馬馬なり54.2-40.1-26.6-13.1(重)

御堂筋ステークス 阪神芝右 外2400m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.9 - 11.9 - 12.7 - 12.8 - 12.8 - 13.2 - 13.1 - 12.8 - 12.2 - 11.2 - 10.7 - 11.8
12.9 - 24.8 - 37.5 - 50.3 - 63.1 - 76.3 - 89.4 - 102.2 - 114.4 - 125.6 - 136.3 - 148.1 (37.5-33.7)
4-4-4-5-1着 33.6(2位)

 過去の調教履歴を観ると,一週前にビシっと好時計だしている調教はないですね~重賞を意識して強化してきたのでしょうか。映像観ると,同じ所属と思われるジャンパーを来た馬は遅れていて併せ馬にならず,他所属の馬と併せ馬をするような形になっています。一週前にビシっとやっているので良いのでしょうかね。しっかり真っ直ぐ走れている点は良いです。




オーシャンブルー
日経賞   :栗CW3頭併せ終い一杯83.8-67.0-51.3-37.3-11.9(稍)
日経賞一週前:栗東CWで5F69秒9―11秒9(一杯)。
有馬記念  :栗CW3頭併せ馬なり83.6-66.2-50.9-37.4-12.6(重)
有馬記念一前:栗坂単走馬なり62.3-46.3-30.1-14.8
金鯱賞   :栗CW3頭併せ終い一杯97.4-81.3-65.4-51.2-38.0-12.5(重)
金鯱賞一週前:栗東CWで6F83秒6―12秒3(一杯)。
アルゼンチン:栗CW3頭併せ終い一杯84.1-68.3-53.4-39.2-11.8(稍)
アルゼ一週前:栗CW3頭併せ一杯83.4-67.3-52.7-39.4-12.6(稍)
大原S   :栗CW3頭併せ一杯83.6-66.9-51.6-38.0-12.1

 オーシャンブルーとフェノーメノの走法をじっくり見比べてみましたが,トップスピードにはいるとフェノーメノははやりストライドが大きくなり,推進力が強くなりますね。オーシャンブルーはアルゼンチン共和国杯の走りのイメージから大飛びだと思っていましたが,フェノーほど大飛びではなさそう。後躯の動きを見ていたらフェノよりは回転が良いですね。フェノは後肢が深く駆動するので走りがストライドします。同様に後肢が深く駆動していかにも瞬発力あるなぁ~!って走りをする馬は,マイネイサベルです。意識して見てみて下さい。調教の動きですが,休み明けとしては非常に良い仕上がりに感じさせる内容です。心身状態は良いでしょうね。



第57回有馬記念(G1)芝右2500m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
7.0 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 12.0
7.0 - 18.3 - 29.9 - 41.9 - 54.1 - 66.8 - 79.4 - 91.9 - 103.8 - 115.9 - 128.0 - 139.9 - 151.9
(29.9-36.0)
10-7-10-10-2着 35.3(3位)





カポーティスター
日経賞   :栗坂併せ馬終い一杯55.4-39.8-25.6-13.0(稍)
日経賞一週前:栗東坂路で4F53秒0―12秒5(一杯)。
京都記念  :栗坂単走終い一杯55.0-39.7-25.5-12.6(不良)
京都記念一前:栗坂終い一杯52.0-38.0-25.2-12.9
日経新春杯 :栗坂併せ馬一杯53.7-39.1-25.6-12.9
日経新春一前:栗坂併せ馬終い強め56.2-41.6-27.4-13.9(稍)
北野特別  :栗坂単走終い強め52.7-38.2-25.0-12.5
本栖湖特別 :栗坂併せ馬一杯52.6-38.8-25.7-13.0
神戸新聞杯 :栗坂併せ馬強め53.7-38.4-25.0-12.8
玄海特別  :栗坂併せ馬一杯53.7-38.8-25.3-12.9

 終い一杯に追ってきました。馬も前向きな気持ちを出して走れていたので内面は悪くはないでしょう。基本的にあまり急加速が得意なタイプに見えません。ロングスパート型でしょう。ですので,距離延長はプラスですし,瞬発力戦ではなく,持続戦になりやすいこの舞台は良いでしょうね。ハンデ差なくても戦えるか,ここが正念場です。 

第106回京都記念(G2)京都芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.6 - 11.4 - 12.6 - 12.8 - 12.4 - 11.9 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5
12.6 - 24.0 - 36.6 - 49.4 - 61.8 - 73.7 - 85.9 - 97.9 - 109.7 - 121.0 - 132.5
(36.6-34.6)
3-3-4-2-6着 35.5

第60回日経新春杯(G2)京都芝右 外2400m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.5 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.6 - 11.7
12.5 - 24.1 - 35.9 - 48.1 - 60.4 - 72.7 - 85.2 - 97.7 - 109.8 - 121.7 - 133.3 - 145.0
(35.9-35.2)
4-4-4-5-1着 34.7



タッチミーノット
日経賞   :美南D単走終い強め66.8-51.9-37.9-12.1
日経賞一週前:美浦南Dで6F80秒2―11秒5(一杯)。
中山記念  :美南D単走終い強め82.0-66.4-51.9-37.7-11.8(稍)
中山記念一前:美浦南Dで6F81秒7―11秒6(一杯)。
中山金杯  :キャンター調整
12月31日:美南D単走終い強め82.1-66.1-52.1-38.3-11.6(重)
中山金杯一前:美南D単走一杯79.6-63.9-50.2-37.0-12.6
毎日王冠  :美南D単走馬なり82.2-67.4-52.5-38.0-11.7   
毎日王冠一前:美浦南Dで6F80秒2―12秒3(馬なり)。
新潟記念  :美南D単走馬なり82.2-66.0-51.4-37.7-11.5
新潟記念一前:美浦南Dで6F83秒5―11秒7(直一杯)。
七夕賞   :美南W単走馬なり71.1-55.5-40.6-12.7(重)
七夕賞一週前:美南W併せ馬終い一杯83.9-69.3-54.9-40.4-12.2
目黒記念  :美南D単走強め82.6-68.1-53.6-39.0-12.0(不)

 根本的には中山コースは得意ではないでしょうが,横山騎手が上手く持ち味を生かして乗れているおかげで好走し続けています。昨年の目黒記念ではデキは良かったですが,最後を観ると距離が長そうな感じの敗戦でした。今回はどう出るでしょうか?馬体,動きともに非常に良しです。


第87回中山記念(G2)中山芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.9 - 11.8 - 11.5 - 11.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 13.3
12.9 - 24.7 - 36.2 - 47.5 - 58.6 - 70.0 - 82.0 - 94.0 - 107.3
(36.2-37.3)


第62回日刊スポ賞中山金杯(G3)中山芝右2000m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.3 - 10.9 - 12.8 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.6 - 11.8
12.3 - 23.2 - 36.0 - 48.1 - 60.6 - 72.7 - 84.5 - 96.1 - 107.7 - 119.5
(36.0-35.0)
6-6-6-5-1着 34.4(3位)




ダノンバラード
日経賞   :栗CW3頭併せ馬終い強め64.9-68.0-52.3-38.2-11.9(稍)
日経賞一週前:栗東CWで5F70秒0―11秒7(一杯)。
中山記念  :栗CW併せ馬終い一杯84.8-68.0-52.3-38.8-12.1(不)
中山記念一前:栗東CWで5F67秒7―11秒9(G一杯)。
AJCC  :栗CW3頭併せ終い強め85.2-68.4-52.8-39.1-12.1(重)
AJCC一前:栗CW併せ馬馬なり84.1-67.6-52.4-38.4-12.4
金鯱賞   :栗坂単走終い強め53.8-39.7-26.7-13.9(重)
アンドロメダ:栗坂単走馬なり53.9-39.7-26.0-12.5
カシオペアS:栗CW併せ馬一杯82.3-66.0-51.6-37.9-12.3(重)
小倉記念  :栗CW単走一杯81.7-67.0-52.5-38.0-12.0
関ヶ原S  :栗CW併せ馬終い強め82.1-65.7-51.1-37.8-11.8(重)
目黒記念  :栗CW併せ馬一杯82.1-66.6-52.3-38.1-12.2
新潟大賞典 :栗坂併せ馬一杯53.2-計不-24.5-12.1(稍)
中日新聞杯 :栗DP併せ馬一杯79.2-64.1-50.2-37.5-11.5
日経新春杯 :栗坂単走終い一杯53.8-39.5-26.6-13.5(重)
1月3日  :栗坂55.6-40.4-26.2-13.0(馬なり)
12月31日:栗坂52.4-12.9(馬なり)
中日新聞杯 :栗坂併せ馬終い一杯53.4-38.4-25.2-12.6

 外から併せて終い重点の追い切りです。馬がしっかりいい顔ですいっつ入っていますよね。最後まで集中して伸びきります。心身状態は非常に良いです。

 
第87回中山記念(G2)中山芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.9 - 11.8 - 11.5 - 11.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 13.3
12.9 - 24.7 - 36.2 - 47.5 - 58.6 - 70.0 - 82.0 - 94.0 - 107.3
(36.2-37.3)
4-3-3-3-6着 35.8

 スピード競馬に対応しきれなかったという印象の敗戦です。 


第54回アメリカジョッキーC(G2)中山芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.3 - 11.5 - 12.2 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 12.7
12.3 - 23.8 - 36.0 - 47.6 - 59.7 - 71.9 - 84.3 - 96.8 - 108.9 - 120.4 - 133.1
(36.0-36.3)
6-6-4-2-1着 36.0(1位)




トウカイメロディ
日経賞   :栗坂併せ馬終い強め56.7-41.1-27.2-14.4(稍)
日経賞一週前:

 まずは一度使ってからでしょう。




トランスワープ
日経賞   :美南W単走馬なり65.3-50.7-37.0-12.4
日経賞一週前:美浦南Wで6F81秒5―12秒6(強め)。
AJCC  :美南W単走馬なり67.6-52.3-38.2-12.5(稍)
AJCC一前:美南W単走強め65.9-51.3-37.4-12.3
天皇賞秋  :美南W単走馬なり66.5-51.6-37.3-12.5(稍)
天皇賞秋一前:美南W3頭併せ馬なり83.2-67.0-51.2-36.8-12.4(重)
新潟記念  :美南W単走馬なり65.0-50.3-36.4-12.6
新潟記念一前:美浦南Wで大野を背に5F68秒4―12秒4(馬なり)。
函館記念  :函D単走終い強め(肩ムチ2発)65.7-51.7-37.9-12.2
函館記念一前:美浦南Wで5F66秒1―12秒1(馬なり)。
福島TV  :美南W併せ馬馬なり69.0-54.2-40.2-12.5(重)

 動きそのものは非常に良いですね!今年は昨年以上に結果を残せるかもしれません。馬体も良しです!


第54回アメリカジョッキーC(G2)中山芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.3 - 11.5 - 12.2 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 12.7
12.3 - 23.8 - 36.0 - 47.6 - 59.7 - 71.9 - 84.3 - 96.8 - 108.9 - 120.4 - 133.1
(36.0-36.3)
4-4-4-4-2着 36.1(2位)




ネコパンチ
日経賞   :美南W単走一杯83.1-67.3-53.1-38.9-13.4
日経賞一週前:美浦南Wで5F67秒7―13秒2(一杯)。
AJCC  :美南P単走馬なり65.3-49.9-36.8-12.3
AJCC一前:美南P単走強め82.1-66.3-50.9-38.1-12.0
宝塚記念  :美南W単走強め79.8-65.0-52.1-39.7-13.5(重)
宝塚記念一前:美南W単走終い一杯85.1-69.2-54.3-40.5-13.4(重)
日経賞   :美南P単走終い強め65.8-50.5-37.6-12.7

 AJCCからの使いだしは馬体が太かった事実を考えると,昨年結果を出せたので色気を持って日経賞を狙った叩き3戦目で仕上げるローテを描いていたと思わせるネコパンチ陣営。ダイヤモンドステークスでしっかり負荷をかけて準備万端です。


第63回ダイヤモンドS(G3)東京芝左3400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.7 - 11.0 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 13.3 - 13.3 - 13.2 - 13.2 - 13.2 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0 - 12.5
12.7 - 23.7 - 35.1 - 47.4 - 59.9 - 72.5 - 85.1 - 98.4 - 111.7 - 124.9 - 138.1 - 151.3 - 163.6 - 175.6 - 187.4 - 199.4 - 211.9
(35.1-36.3)
1-1-2-16-16着

 これは嫌らしいですね。本レースで短縮ショックをかけるためにこのレースで調教しています。2200m地点まで先頭,2400m地点では2着でした。当日に昨年同様時計のかかる馬場になるならば,出番はあるぞ!という準備をしっかりしてきました。



フェノーメノ
日経賞   :美南W併せ馬馬なり84.4-68.3-53.8-39.1-12.4
日経賞一週前:美浦南Wで6F81秒5―12秒7(G一杯)。
JC    :美南W併せ馬馬なり83.7-67.3-52.8-38.7-12.7
JC一週前 :美南W併せ馬終い強め81.7-66.4-52.2-38.3-12.6
天皇賞秋  :美南W併せ馬馬なり81.9-66.3-52.1-38.2-12.9(稍)
天皇賞秋一前:美南W併せ馬馬なり82.2-66.9-52.6-38.7-13.1(重)
セントライト:美南W併せ馬馬なり82.5-66.6-52.2-38.5-12.8
セント一週前:蛯名を背に美浦南Wで6F82秒6―12秒5(仕掛け)。
日本ダービー:美南W併せ馬終い強め83.4-67.1-52.8-38.6-13.0(不良)
ダービー一前:美南W併せ馬馬なり85.7-69.0-54.0-39.5-12.6(稍)
青葉賞   :美南W併せ馬83.3-67.4-52.6-38.4-12.6(稍)
青葉賞一週前:美浦南Wで6F81秒9―13秒2(強め)

 適性が高いと判断した東京コースを中心に使ってきた馬ですが,更なるステップアップを図るため,力試しの一戦に日経賞を選んできました。個人的には「試練」という設定の出走だと思います。調教からはしっかり動けているので休み明けでもしかkり仕上がっている内容です。上手くいくなら・・・・・陣営の趣向で天皇賞春を狙ってくるのでしょうか・・・・。
 

第66回セントライト記念(G2)芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
12.4 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.8 - 12.4 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.8
12.4 - 23.4 - 35.2 - 47.4 - 60.2 - 72.6 - 84.4 - 96.1 - 107.6 - 119.0 - 130.8
(35.2-34.7)
6-4-3-1-1着 34.4(3位)

 時計が速い時期だった中山外回りでのもの。蛯名騎手の中山コースの乗り方は基本外捲り。セントライト記念と同じイメージで乗ってくると思います。内回りなので後手踏むとコーナリングしながらの加速は苦手な走法なので直線だけでなんとか掲示板までという結果もありえます。



マイネルキッツ
日経賞   :美南W併せ馬馬なり84.3-69.5-54.7-40.6-13.7
日経賞一週前:美浦南Wで5F68秒0―12秒8(一杯)。
アルゼンチン:美南W併せ馬馬なり82.8-66.0-51.1-37.7-13.0
アルゼ一週前:美浦南Wで5F68秒2―12秒7(強め)。
オールカマー:美南W併せ馬終い一杯82.3-67.3-52.9-39.1-13.6(稍)
オール一週前:美浦南Wで6F82秒7―12秒9(一杯)。
天皇賞春一前:美南P併せ馬終い一杯65.6-51.1-37.2-12.4
日経賞   :美南W併せ馬終い一杯65.3-51.7-38.0-13.4
ダイヤモンド:美坂3頭併せ終い強め51.8-38.2-25.3-12.8(稍)
ステイヤーズ:美南D併せ馬終い強め80.2-64.4-51.3-38.7-13.0
2011天皇賞春:栗CW3頭併せ終い一杯83.1-67.7-53.0-38.5-12.0(稍)
2011日経賞 :美南D併せ馬馬なり81.6-65.8-51.7-38.2-12.3
2010天皇賞春:栗CW併せ馬終い強め65.9-51.6-37.9-12.3(不良)
2010日経賞 :美南P併せ馬馬なり66.0-51.1-37.3-12.6

 徐々に復調気味です。基本的に日経賞のような条件が得意な馬だと思っています。適性面からはここで「買う」べき馬だと思います。「それを意識してここで陣営が仕上げてきたのか」ここがポイントになります。復帰から叩き4戦目。アルゼンチンは全然仕上がっていなかった。万葉ステークスで先行させて5着。これで心身にスイッチが入り,仕上げ完了というローテもありえます。国枝厩舎は関東厩舎で非常に注目すべき厩舎です。

万葉ステークス 京都芝右 外3000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良
13.2 - 12.0 - 12.3 - 12.9 - 12.5 - 13.0 - 13.9 - 13.8 - 12.7 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.3
13.2 - 25.2 - 37.5 - 50.4 - 62.9 - 75.9 - 89.8 - 103.6 - 116.3 - 128.5 - 140.7 - 152.5 - 164.2 - 175.7 - 188.0
(37.5-35.5)
4-4-6-6-5着 35.5


ムスカテール
日経賞   :栗CW単走終い一杯82.3-66.5-52.5-39.3-12.1(稍)
日経賞一週前:栗東CWで6F81秒6―15秒6(馬なり)。
日経新春杯 :栗CW併せ馬終い一杯96.0-80.2-65.2-51.2-38.2-12.5
日経新春一前:栗東CWで6F80秒5―12秒9(一杯)。
アルゼンチン:栗CW併せ馬終い強め83.0-66.8-52.3-38.6-12.3(稍)
アルゼ一週前:栗東CWで6F80秒7―13秒5(強め)。
オクトーバー:栗坂単走馬なり53.2-39.7-26.7-13.7
新潟記念  :栗CW3頭併せ終い強め81.2-65.4-51.4-37.9-12.2

 併せ馬とはまた違う動きですが,単走でも大きく走り,集中もできています。同馬も一皮むけた馬になってきました。


第60回日経新春杯(G2)京都芝右 外2400m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.5 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.6 - 11.7
12.5 - 24.1 - 35.9 - 48.1 - 60.4 - 72.7 - 85.2 - 97.7 - 109.8 - 121.7 - 133.3 - 145.0
(35.9-35.2)
6-6-8-9-1着 34.6(1位)




メイショウカンパク
日経賞   :栗坂併せ馬終い一杯55.3-40.8-26.6-13.3(稍)
日経賞一週前:栗東坂路で4F54秒0―13秒1(一杯)。
日経新春杯 :栗坂併せ馬終い一杯56.3-40.8-26.2-12.8
日経新春一前:栗東坂路で4F55秒7―14秒1(一杯)。
JC    :栗坂併せ馬終い一杯54.8-40.3-26.6-13.6(稍)
JC一週前 :栗東坂路で4F55秒1―12秒7(一杯)。
京都大賞典 :栗坂併せ馬馬なり55.4-39.8-25.5-12.7
新潟記念  :栗坂単走終い強め54.9-39.3-25.3-12.7
関屋記念  :栗坂単走終い強め53.4-39.0-25.3-12.7
関屋記念一前:栗東坂路で4F53秒8―12秒8(一杯)。
新潟大賞典 :栗坂単走終い一杯53.6-38.8-25.2-12.7(稍)

 調教はどうでしょうかね~しっかりと飛びは大きく走れています。まだ若干フワフワしているところがあるかな。前走調教効果がどこまで生きるかでしょうね。調教観る限りでは,よっしゃー!いけるかなー!というところまでは感じられません。


第60回日経新春杯(G2)京都芝右 外2400m / 天候 : 曇 / 芝 : 良
12.5 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.6 - 11.7
12.5 - 24.1 - 35.9 - 48.1 - 60.4 - 72.7 - 85.2 - 97.7 - 109.8 - 121.7 - 133.3 - 145.0
(35.9-35.2)
8-7-11-12-8着 34.9



スノークラッシャー(回避)
日経賞   :美坂単走馬なり57.3-40.7-25.2-11.8
日経賞一週前:



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ オーシャンブルー,ダノンバラード,トランスワープ,

B  タッチミーノット,フェノーメノ,ムスカテール

B- 該当なし

注  マイネルキッツ,ネコパンチ


( 補 足 )

 軸馬選出のほうを参考してください。

 フェノーメノは,仕上がりは悪くないですが,飛びが大きすぎるので,「上手く騎乗」することが好走条件になってくるので一段落としました。強い馬ですよ。蛯名騎手もこの条件は得意ですから。ここは勝ち負け!ではなく,今後のローテをどう組むか考えるための「試走」と見ます。

 タッチミーノットは,距離で一段落としました。ただ昨年より充実しているのでこなせる可能性はあります。デキも半端なく良いのは観てわかります。

 ムスカテールは,悪くはないですが,仕上げはピークではないと感じました。それでも心身の充実度は感じられ素直に評価します。人気も美味しいです。内田騎手も当コースとは合います。あとは内田スタイルに馬が応えられるか。


 基本的にBとB+評価の6頭の走りに注目します。


 特注馬は,この条件得意で特注厩舎マイネルキッツとここに向けてきっちり調教を積んできたネコパンチです。


【ラップ分析】

無題
無題

 私もラファエロさんの影響でコース形態やラップをチェックするようになりましたが,いかにマツリダゴッホがこのコースに適性の高さを示していたか如実にわかりますよね!

 コース形態から,仕掛け所は向こう正面に入る下り坂から徐々に動き始めるのが定石。ただ,ゴールドシップのように長く脚を使うことができる身体能力がないと強引に仕掛けていくと最後潰れます。

 阪神大章典のベールドインパクトのように。

 しかも内回りコースなので,コーナリングでは内馬場追走有利

 弥生賞のカミノタサハラが仕掛けて,4角でコーナリングでまた離されて,凡馬ならここで終わりだな~とみていたら更に強襲する体力と根性,そして量ですよね。

  
 毎日杯もラップグラフつけているので見比べて欲しいのですが,毎日杯は最初の2~3Fコース形態上流れますが,基本コーナーで落ち着いてからの瞬発力戦


 こちらは,距離が長いなりにラップが流れやすい持続力戦んある傾向があります。


 レース,コースによって求められる適性が変わってくるというのは,知っておくべきポイントですよね。 



【分析メモ】




★ ブログ上の軸馬

 パワー&体力が合って差し込める,捲れる馬有利と想定します。(馬場)

  
(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 13オーシャンブルー

 クリスチャンなので中山トリッキーコースをあまり体感していないかなぁとという不安はありますが,前走スプリングSでロゴタイプで勝利し,その際はVTRでしっかり予習したというコメントもあったので,根は真面目であり,池江厩舎のエース級に乗るからには,その辺の準備もできていると判断します。調教もしっかり走れており,仕上げも上々。有馬記念の経験が生きてきます。 
  
 
(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

 09トランスワープ

 地味に中山巧者な馬で大野騎手との相性も良い。調教でもしっかり大きく飛べているので状態面は良しです。パワーもある馬なので今の馬場もマッチします。


 05ダノンバラード

 前走の負けだけでここまで評価を落とすのですか?美味しい人気なのでもう一頭書いてみます。

 前走はシルポートペースで同馬に合わない条件であるなということはわかっていたので納得の敗戦です。ただ,デキだけは間違いなく良かった。今回も調教を観る限り非常に良い動きを披露し,心身充実していることを感じ取らせてくれた。デキで引けをとらないなら,トランスワープより人気のない今回は「買い」の舞台。移籍後戸崎騎手も初重賞制覇!を狙って騎乗してくる。戸崎配置も陣営動きがあることは察しが付く。



【重賞攻略会議からの提言】

◎ 日経賞攻略会議議長判断 議長:ショート


議長報告

◎トランスワープ
○アドマイヤフライト
(△フェノーメノ)




トランスワープ
まずは中山内回りのコース適性の部分
ピッチ走法でコーナーでもスピードを殺さず加速していけるという意見が多々ありましたし、距離は違いますがAJCCを筆頭に中山での成績からも適性値は高いのかなと
調教を見ても良さそうという声が多かったですし、印の数もトップということで◎指定



アドマイヤフライト
印の数ではオーシャンブルー、フェノーメノに負けるんですが
まだ底を見せていないというのは魅力かなと
中緩みからのロンスパ予想で、前々走で長く良い脚を使えてますし、それでもラストは流していて
前走はトップスピードが問われる展開で突き抜けていてこちらでもまだ底を見せていない
道中もそれなりのポジショニングを取れていますし後半長く良い脚を使える部分で、ポテンシャルの底を見せていないという点でも



フェノーメノ
中山内回り適性の部分で、評価を落とす意見が多々ありましたが
蛯名騎手になってからのレースを見てもポジショニングにそこまで不安はないですし、それなりの位置から長く良い脚を使える点は評価したい
徐々に加速していくラップで、極端にコーナーリングでの加速は問われないと思うし、コーナーで減速するとしてもそれなりのポジショニングでカバーできるんぢゃないかなと思います


△をオーシャンブルーと迷いましたが
ポジショニングの不安と、段々加速する流れを後方からとなると加速し始める前から仕掛けなければならないし、トップスピードを問われた時の不安もあるという部分でフェノーメノを上に評価しました


まだ書きたいことあるんですが、すみません仕事が(笑)


とりあえず
◎トランスワープ
○アドマイヤフライト
の2点
△でフェノーメノ

ということで議長報告とさせていただきます



=== しっちぃ☆から一言 ===


 ショート議長!お久しぶりです!そしてお疲れ様です!有志参加者の皆様もありがとうございました!

 議長判断も概ね想定内です(笑)

 私は,アドマイヤフライトに若干不安視しています。

 それは,「適性値の可能性」です。

 前走は完全な瞬発力戦

 最近,瞬発力戦で勝ってきている馬です。

 日経賞って特殊な条件なんですよね。ここへの適性に繋がるのか?とみると「不安」のほうが大きいです。

 しかしながら,今後の活躍に期待している馬でもあります。


 的中期待しております!!
 


(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

≪ 参 考 ≫


edit

CM: 0
TB: 2

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2013-03