調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

京成杯出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/01/13 Sun.

<< 更新情報 >>

 ◎ ラップ分析グラフをアップしました。(1/9 5:20)

 ◎ 少し頑張ってこちらのレースのレポートも作成します。(明日朝まで)日経新春杯を今週の勝負レースとしましたが,無念にも3着4着。運が足りなかった模様。精進します。。。。。(1/13 16:55)
  → 議長役ですが,役割を果たせそうにありません。ごめんなさい^^;


 ◎ 評価まで更新(1/13 22:55)
  → いつも21時に寝ているので超眠たい(笑)


 ◎ 手を抜きましたが,更新完了(笑)(1/14 6:35)


※ 重賞攻略会議の参加は決して「許可制」ではありませんので、自由に参加してください^^



◎ 京成杯出走馬最終追い切り・調教分析2013

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



 月曜中山芝は大雨予報でかなりの馬場悪化も/日曜日(13日)の馬場傾向分析

【中山芝】
・終日良馬場。前日同様に時計も上がりも標準で、レース展開が結果の鍵を握る。内外の有利不利が極めて少ないフラットな馬場。
・明日は丸一日雨の予報。時季的にも芝が全体に脆いので、時計や上がりの出方、さらには伸び所などは多少の雨でも変化が生じる可能性が大いにある。
・特に、芝レースは降雨量が増える終盤の3鞍に集中ということで、馬場状態はかなり悪くなる恐れも。その場合はパワータイプやスタミナタイプに注意。

netKeiba.com 記事より一部抜粋


 走法から,重馬場得意そうな馬も意識してピックアップできたらと思います。特殊馬場は一攫千金のチャンスでもあります。



01リグヴェーダ
京成杯   :栗CW併せ馬終い強め86.5-68.9-52.9-39.4-12.5
新馬    :栗CW3頭併せ馬なり67.6-51.5-38.2-12.2

 ファーザモア(2歳未勝利)との併せ馬,まぁ当然の先着でしょう。新馬戦のほうが併せた相手は格上です。前走が12/24なので間隔は詰まっているローテです。調教ですが,ゴール板過ぎてからも追っているので,動きの鋭さは時計にすべて反映はされていません。動きの鋭さ,気持ちの前向きさは◎です。後ろ足の踏み込みが深めで前に推進力を生まれる走りをするタイプ。特殊な馬場になると,少し不利かもしれません。前捌きを見る感じは行けそうな気がする部分もあります。あとは,蹄次第でしょうか。
  



02ノウレッジ
京成杯   :美南W併せ馬終い強め69.0-53.6-39.3-13.3
京成杯一週前:美南W併せ馬馬なり68.4-52.4-38.1-12.9
朝日杯FS :美南W併せ馬馬なり80.7-64.7-50.9-38.0-13.3
朝日杯一週前:美南W3頭併せ馬なり67.0-52.2-39.3-13.3(稍)
京王杯2歳S:美南W3頭併せ終い一杯64.6-49.8-36.9-12.5(重)
京王杯一週前:美浦南Wで5F67秒5―12秒8(強め)。
新潟2歳S :美南P併せ馬終い一杯66.1-51.3-37.8-12.1
新潟2歳一前:美浦Wで5F67秒7―12秒8(強め)。

 朝日杯,京王杯と好時計で追い切っていますが,京成杯で距離延長を意識してか,折り合い重視の追い切りを敢行している印象です。個人的には完成度の高さで能力を示しているタイプと見ております。ダート戦で勝ち上がっているとおり,走りを見る感じは道悪も行けそうな気がします。推進力もあるタイプですが,ウッドでも好時計を出せるパワーを兼ね備えたタイプです。調教は見栄えしませんが好調キープということで良いでしょう。




03フラムドグロワール
京成杯   :美南W併せ馬一杯67.1-52.0-38.2-12.7
京成杯一週前:美南W併せ馬一杯84.8-69.6-54.4-39.8-13.0
朝日杯FS :美南W併せ馬馬なり68.9-53.6-39.7-13.4
朝日杯一週前:美南W3頭併せ馬なり68.1-52.7-38.5-13.2(稍)
いちょうS :美南P併せ馬終い強め68.6-53.8-39.8-11.9
芙蓉S   :美南芝併せ馬馬なり64.9-50.3-37.0-11.7

バンスタンヴォルツ(古馬500万)とラヴェルソナタ(古馬1000万)との併せ馬。内から併せているのですが,最後は足色劣勢で追ってもついていけない内容でした。併せた相手とは,ラヴェルとは1秒,バンスタンとは2.3秒後方から追走しているので,調教課題を大きくし過ぎた結果,完璧にはこなせなかったといった内容でしょう。負荷という面では「強めてきた」ことが明白なので,「ヤリ」という背景を感じさせます。ただ,完璧に仕上げようとして,陣営の課題を完璧にこなせなかった調教ではあります。走りからは道悪はこなせると思います。蹄次第ですが。



04ケイアイチョウサン
京成杯   :美南W併せ馬終い一杯84.2-67.7-52.9-39.1-13.0
京成杯一週前:美坂併せ馬馬なり52.0-37.7-24.7-12.8
未勝利   :美南P併せ馬強め67.1-51.0-37.4-12.6

 ジャンナ(古馬1000万)との併せ馬。仕掛けてから一杯に伸びる非常に素直な馬。今は精神的にも良い状態に見えます。走りはピッチ走法気味なので道悪はこなせる走法と見ています。



05アクションスター
京成杯   :栗CW併せ馬一杯81.8-66.2-51.4-37.7-12.6
京成杯一週前:栗DP単走馬なり68.7-53.1-39.4-12.1
ラジオ日経杯:栗坂併せ馬終い一杯54.6-40.4-27.0-13.8(重)
未勝利   :栗坂併せ馬一杯56.0-41.2-27.0-13.7(稍)

 一杯に走ってこの時計・・・少し残念な部分はあります。せめて終いをビュっと伸ばして余力ありという内容だったらよかったのですが。決め手がなさそうな馬です。馬の気持ちは走る方向には向いています。走法もそんなにストライドが大きいタイプではないのでこなせそうですね。




06クロスボウ
京成杯   :美坂併せ馬馬なり54.3-36.4-23.9-12.0(2回登板)
京成杯一週前:美坂併せ馬馬なり53.2-35.9-23.9-12.3(2回登板)
新馬    :美坂単走強め53.0-36.8-24.2-12.4(2回登板)

 メジロダイボサツ(古馬500万下)との併せ馬。遅れはしているが確実に前を詰めている点,脚捌きがしっかりと力強い点を評価したい。馬なりで終い12.0秒は前走叩いて更に良化してきた気配を感じさせる。パドック映像もみたが,アリュール産駒らしい硬さを感じさせる馬,で道悪は合うと考える。




07マイネルマエストロ
京成杯   :栗坂併せ馬終い一杯56.4-40.3-25.8-13.0
京成杯一週前:栗坂併せ馬一杯57.0-41.9-28.0-14.8
エリカ賞  :栗坂併せ馬一杯57.3-41.4-28.0-14.9
エリカ一週前:栗坂併せ馬一杯57.3-42.0-28.7-15.4
未勝利   :栗CW併せ馬一杯80.6-65.6-51.7-39.2-13.6 

 調教はほんと動かない馬なんでしょうね。動かないなりに最終追い切りのラスト1Fを大きく時計を詰めてきましたね!縦の比較だと更に馬が良くなってきたと判断して良さそうです。走りからも道悪はこなせると思います。



08ホワイトフリート
京成杯   :美坂3頭併せ終い強め53.8-39.3-25.4-12.2
京成杯一週前:美南W単走馬なり55.0-40.4-12.8
500万下 :美坂単走一杯51.4-37.6-25.2-13.2(2回登板)
プラタナス賞:美坂併せ馬馬なり51.8-38.0-25.1-12.6 (重)

 縦の比較をすると,調教負荷が軽い気がします。血統的にはダートもこなせそうなので道悪もいけそうな気がします。



09マイネルストラーノ
京成杯   :美南D3頭併せ終い一杯67.4-52.4-38.5-12.3
京成杯一週前:美南D3頭併せ強め68.1-53.1-38.9-12.5
ホープフルS:美南D併せ馬馬なり84.9-69.2-54.5-40.4-12.3

 動きとしてはそこまで特出するものを感じさせませんね。どうなんでしょうか。ディープというよりはブライアンズタイムという感じにみえます。母父のほうが強く出ているので道悪はいけそうですが。




10フェイムゲーム
京成杯   :美南W3頭併せ馬なり87.9-71.5-55.8-40.7-13.4
京成杯一週前:美坂単走馬なり57.0-41.8-27.8-13.7
未勝利   :美南W3頭併せ馬なり70.4-54.1-39.8-13.1

 3頭併せでしっかり内面に負荷をかけます。時計的には強い追い切りではないですね。

 眠たいので急ぎ足で(笑)




11ラウンドワールド
京成杯   :栗CW併せ馬終い一杯99.9-83.6068.0-53.4-39.2-12.3
京成杯一週前:栗CW併せ馬馬なり87.0-71.3-56.3-42.0-12.6(稍)
ラジオ日経杯:栗CW併せ馬終い一杯85.2-68.4-52.9-38.9-12.2(重)
ラジ日経一前:栗東CWで6F80秒8―12秒2(一杯)。
札幌2歳S :札幌D単走馬なり83.4-67.5-51.9-38.3-12.6
新馬    :栗CW併せ馬終い強め90.3-72.4-55.4-40.5-12.4

 この馬はしっかりと飛ぶタイプなので道悪は正直言って合いません。調教は悪くないですが,適性負けするでしょうね。



☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 該当なし 

B  06クロスボウ,02ノウレッジ,03フラムドグロワール

B- 07マイネルマエストロ,04ケイアイチョウサン

注  09マイネルストラーノ 


( 補 足 )
 
 評価は,まず消去法で道悪が厳しい馬(リグヴェーダとラウンドワールドを消し)を消して,総合的に評価して見ました。

 調教からと買った馬はBとB-評価。中でも前走評価が高い馬をB評価,前走はさほどでもない馬はB-評価としました。

 特注馬はマイネルストラーノ。ディープ産駒ですがいかにもブライアンズタイムの走りをしています。道悪は強いです。しかもコース経験を格上戦で経験済み。調教からは推せませんが,それ以外は条件が合う馬なのでここで評価して見ました。


 最終的には,パドックを観て決めたいですね!


 ※ リグヴェーダは,道悪が合う!とは思えなかったので割り引きましたが,調教の動きからはかなり良い馬です。兄弟にゴールドアリュールがいるのでこなせる可能性はありますね。(1/14 7:36追記)
 


【土曜競馬からの馬場分析】




 
【ラップ分析】

無題
無題



【分析メモ】





★ ブログ上の軸馬

 勝負すべきレース設定ではないという判断から,こちらは書かないことにします。重賞攻略会議では,一定程度の結論を出したので,そちらを参考下さい。


(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

  略
 
 
(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

  略

 

【重賞攻略会議からの提言】

 京王杯攻略会議からの提言

 (1) 決断への諸条件
   
   ① 馬場条件は,特殊な道悪を想定する。
    → ディープブリランテが勝った東スポ杯の設定

   ② 有志の意見を評価
    → 有志の意見を素直に評価する。

   ③ 仕上がりの良い馬を評価する
    → この時期はやはり「完成度」が大事。特にタフな競馬になるならなおさら。


 (2) 議長判断


  【◎本命軸馬】03フラムドグロワール

   → 選定理由
    ① 最多得票数獲得
    ② フォトパドックから仕上がりの良さは確認できる
    ③ 藤沢厩舎の割には調教負荷をしっかりかけてきた
    ④ 藤沢―横山ラインは信頼できるライン 
    ⑤ 藤沢きゅう舎は,今年になってから「変革の兆し」を感じさせる
    ⑥ 配合のせいか,「キレ」るタイプではなく,時計のかかる馬場は大歓迎


  【〇相手対抗馬】09マイネルストラーノ
  
   → 選定理由
    ① マイネル軍団は隙間重賞は「真剣に獲りに来る」陣営であること
    ② 手塚厩舎に預けるということは,ソコソコの期待馬だということ
    ③ 走りは硬く,良い意味でディープらしさがないことが今回評価できる
    ④ 前走ホープフルSで同舞台をハイレベルメンバーで経験している
    ⑤ 有志意見でも評価が多かった馬
    ⑥ 調教はイマイチに見えるが,前走と変わらない感じであること


  3頭目を入れるとしたら・・・・・・

  【06クロスボウ】です。


  これを持って、議長判断としたいと思います。
 
  
  多くの意見を頂きありがとうございました!


  てぺいさん、watさん、ブルーサンダーさん、お地蔵様、パパキトさん、大吉さん、ウマシカオさん、ゆうかぱぱさん、しばたかさん、なべぽんさん、まちしさん、uzu^la^eggさん、あっくんさん、スタリオンさん、そらさん、さくらさん、ショートさん、すぎちゃんさん、コルトガバメントさん、ててくれさん、tentouさん、hiroさん、ラララロングさん、ありがとうございました!!
  (名前抜けていた方、いらっしゃいましたらごめんなさい。m(_ _)m)




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています


edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

日経新春杯出走馬最終追い切り・調教分析2013 ~【1stSTAGE】~ 

2013/01/13 Sun.

<< 更新情報 >>

 ◎ 更新完了(1/13 3:15)
  → 京成杯はまったく予習していません。おそらく簡易版になるかも・・・でも議長だからな~手抜けないよね?^^;(苦笑)


◎ 日経新春杯出走馬最終追い切り・調教分析2013

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


 02カポーティスター,08ホッコーガンバ,10エナージバイオ,11エキストラエンド、12ナムラオウドウ,16トップゾーンの調教映像は配信ありませんでした。



オールザットジャズ
日経新春杯 :栗CW3頭併せ馬なり84.3-68.8-53.6-39.1-12.3
日経新春一前:栗CW3頭併せ一杯67.2-52.5-38.8-12.1(稍)
愛知杯   :栗CW併せ馬馬なり83.7-67.0-51.3-37.6-11.7
愛知杯一週前:栗東CWで6F88秒2―11秒7(馬なり)。
エリザベス :栗CW3頭併せ馬なり79.1-63.7-50.1-37.1-11.8
エリザ一週前:栗CW3頭併せ87.6-70.5-55.3-40.4-12.2(稍)
府中牝馬  :栗坂単走馬なり59.5-42.9-27.5-13.0
府中牝馬一前:栗CW併せ馬馬なり65.6-51.1-38.3-12.4
クイーンS :函W併せ馬終い一杯55.9-40.3-12.2
クイーン一前:藤岡佑を背に函館ウッドで5F69秒8―12秒6(馬なり)
ヴィクトリア:栗CW3頭併せ馬なり85.9-68.7-53.3-38.7-11.6
ヴィクト一前:栗坂併せ馬馬なり53.9-39.0-25.8-13.1(稍)
福島牝馬S :栗CW3頭併せ馬馬なり87.1-69.8-54.5-40.6-12.4
福島牝一週前:栗東CWで5F72秒2―13秒1(馬なり)
中山牝馬S :栗芝3頭併せ終い強め68.0-52.9-37.9-11.1(重)
中山牝一週前:栗CW併せ馬終い一杯72.0-56.2-40.6-13.3(重)
飛鳥S   :栗CW併せ馬終い強め81.9-66.5-51.8-38.9-12.2(重)
エリザベス :栗CW併せ馬終い一杯71.2-55.1-39.6-12.5

 フォトパドックを見る限り,エリザベス女王杯をピークに作って,愛知杯をそのお釣りで狙った臨戦。今回はどこまでピークアウトして再度作ってくるかという判断になると思われる。ローテでいうと,ここはヤラずで次に繋げる出走の順番。(のはず(笑))ただ闘争心が強いので結果的に頑張ってしまうということはあってもおかしくない。調教パターンを見ると,愛知杯に比べ緩めているのがわかる。また鞍上も何故か浜中騎手にスイッチ。川田騎手と合うタイプと思っていただけに残念。

愛知杯中京芝2000m3着 5-6-6-6 34.4
12.8 - 11.8 - 13.3 - 13.5 - 13.1 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 12.1
上り 4F 46.6 - 3F 34.6

 レースを動かさず,各馬傍観した凡戦で1000m通過が1.04.5,この流れでスパート戦に入り,前にポジションを取れていた馬の1-2-3着フィニッシュ。



カフナ
日経新春杯 :栗CW併せ馬馬なり85.1-67.5-51.9-38.2-12.2
クリスマスC:栗CW3頭併せ馬なり67.9-52.0-38.6-12.2(稍)
境港特別  :栗CW単走一杯83.2-66.7-51.8-38.0-12.1

 この馬は昔から見ていますが,重賞で走れる資質はあります。少し問題なのは気性面でカーっとする部分を持っている。厩舎判断として急ぐことなくじっくり成長を促すとして条件戦で経験を積ませながら成長させてきたタイプの馬だと思います。調教ではしっかり折り合っていますし,鞍上の指示に従ってギアを上げています。内面がしっかりしてきたように見えますね。  




カルドブレッサ
日経新春杯 :栗CW単走終い一杯83.3-68.1-53.2-38.9-11.7
日経新春一前:栗坂単走一杯54.0-39.7-26.1-13.2
オリオンS :栗CW単走一杯82.4-67.5-53.0-38.8-11.5

 一杯に追われて一生懸命に伸びます。軽いレースよりも体力戦になったほうが末脚の持ち味が活きそうな馬です。長くタフに良い脚を使いそうな追い切りでの動きです。 


オリオンステークス阪神芝2400m2着9-4-6-3 36.0
13.1 - 12.2 - 13.3 - 12.4 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 11.4 - 13.1
上り 4F 47.8 - 3F 36.1

 ラップを見ると最後は消耗戦,5F目から動く厳しい展開を大外で追走し,力で押し切ろうとした内容は非常に強い。これは調教効果としても期待できそう。この日の阪神馬場はタフさが強い馬場だった。それを大外で受けて2着は能力高い証拠。



サトノパンサー
日経新春杯 :栗坂併せ馬終い一杯54.2-39.2-25.1-12.8
日経新春一前:栗坂併せ馬一杯55.0-40.4-26.5-13.8(稍)
朝日CC  :栗坂終い強め54.4-39.6-26.2-13.5
PJT   :栗坂単走一杯53.4-39.3-25.5-13.3

 前脚をしっかり上げて推進力ある走りができている。馬の気持ちもしっかり前向きですね。好調です。 


朝日CC阪神芝1800m6着
12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 11.3 - 12.7
上り 4F 48.1 - 3F 36.0

 最後消耗戦になるタフなレースを最後まで伸びていた内容は良い。道中も4Fまでは早く流れる流れ。馬自身は今凄く充実しているというレースぶりである。



ダコール
日経新春杯 :栗坂単走馬なり55.4-40.3-26.7-13.8
日経新春一前:栗CW単走一杯80.5-65.7-52.1-39.1-12.9
福島記念  :栗坂単走終い強め55.3-39.6-25.7-13.1(重)
福島記念一前:栗DP単走一杯78.1-61.8-48.2-35.7-11.9
オールカマー:栗DP単走終い一杯61.5-48.0-36.0-12.0
オールカ一前:栗坂単走強53.5-39.4-26.5-13.9

 時計は出ていないけど、動き自体は良い。ただ,この馬ズルいんですかね,最後自分でギア下げてわざと歩きました(笑)。


福島記念福島芝2000m3着 16-16-16-9 34.6
12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.5 - 12.6 - 12.7 - 11.8 - 11.8 - 11.3 - 12.0
上り 4F 46.9 - 3F 35.1

 アドマイヤタイシより後ろから追いこんでの3着。2馬身あけられていますが安定の差し脚を持つ馬ですね。



トウカイパラダイス
日経新春杯 :栗坂単走終い一杯53.7-38.7-25.1-12.5
日経新春一前:栗東坂路で4F54秒8―12秒7(強め)。
金鯱賞   :栗坂併せ馬終い一杯55.2-40.5-26.9-13.9(重)
アルゼンチン:栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.4-25.8-13.0
アルゼ一週前:栗東坂路で4F61秒4―13秒2(馬なり)。
新潟記念  :栗坂単走終い一杯53.8-38.6-24.5-12.0
新潟記念一前:栗東坂路で4F55秒7―12秒2(一杯)。
函館記念  :函W単走馬なり70.2-54.7-39.6-12.5
巴賞    :函W単走終い一杯66.9-51.5-38.3-12.9
目黒記念  :栗坂単走終い一杯54.5-39.3-24.8-12.2
天皇賞春  :栗坂併せ馬終い一杯53.3-38.5-25.0-12.4
天皇賞春一前:栗東坂路で4F54秒8―12秒5(一杯)。

 坂路でラスト2F一杯に追ってくるのがここ最近に調整法ですね。ここ2走鞍上が変わったなぁと思ったら見習い騎手から助手さんに変わってますね。少し大柄になっています。乗り方も見習いさんより馬に負担掛かる感じですね。今回,調教はガラっと変わってきました。非常に良い動きです。前走の負荷で心身ともに目覚めた状態でメイチだった目黒記念にほぼ近い状態です。仕掛けて一瞬ヨレますが、あれは手前を替えたのと鞍上の技術の問題だと思います。特に気にする必要はありません。


金鯱賞中京2000m4着
12.9 - 11.1 - 13.0 - 12.7 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.0
上り 4F 47.0 - 3F 35.2

外枠ながら道中しっかり折り合わせて無駄な力を抜かせる運び方ができていた点が非常に光る騎乗だった柴山騎手。少し騎乗が完璧すぎたので「仕込み馬」としてはどうかなぁと思ったが(良い騎乗だと改善される伸びしろが少ない(笑)),馬が目覚めるキッカケになりそうなレースぶりだったので,仕込み馬に近い位置の馬として評価できそう。ペースアップしてからも最後までしっかり伸びていました。今回は内枠でグリーンベルトに乗れそうですね(笑)ちなみに,同馬は先週京都日曜最終で大爆発した【たくぼう】さんの自信の仕込み馬。



ムスカテール
日経新春杯 :栗CW併せ馬終い一杯96.0-80.2-65.2-51.2-38.2-12.5
日経新春一前:栗東CWで6F80秒5―12秒9(一杯)。
アルゼンチン:栗CW併せ馬終い強め83.0-66.8-52.3-38.6-12.3(稍)
アルゼ一週前:栗東CWで6F80秒7―13秒5(強め)。
オクトーバー:栗坂単走馬なり53.2-39.7-26.7-13.7
新潟記念  :栗CW3頭併せ終い強め81.2-65.4-51.4-37.9-12.2

 調教の動き自体は悪くはありません。前走と今回の違いはローテにありそうです。前回は東京2500mを準OPで下見,強い勝ち方でアルゼンチン共和国杯に繋げた。鞍上も同じ内田騎手が乗った。今回は休み明けで久しぶりの京都参戦。前走は狙い撃った出走,今回は能力でなんとかねじ伏せてほしい出走,この違いでしょうか。能力も高いし,休み明けでも仕上がっていそうですが,前走と比べると,材料は揃っていないのは事実,ただ,ビュイックを乗せるのは,ある判断があるからだとは思います。


アルゼンチン共和国杯東京2500m2着8-9-6-6 34.2
6.8 - 11.2 - 11.0 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.9 - 12.6 - 12.1 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.8
上り 4F 46.6 - 3F 34.5

 淡々と時計の出る軽めの馬場の印象のレースでした。




メイショウウズシオ
日経新春杯 :栗坂単走馬なり56.3-41.0-26.7-13.5
日経新春一前:栗坂併せ馬一杯56.2-40.2-26.1-13.4
ステイヤーズ:栗坂単走一杯57.3-41.6-27.3-13.7(稍)
ステイ一週前:栗CW単走強め79.1-65.4-51.7-39.2-12.8
アンドロメダ:栗坂単走終い強め51.7-38.1-25.3-13.0

 時計的には甘いが,決して動きが悪いわけではない。真っ直ぐ力強く走れているのでこれはこれで良い。ただ,過去に好時計で仕上げた履歴があるので,「大ヤリ」というイメージは湧かない。



メイショウカンパク
日経新春杯 :栗坂併せ馬終い一杯56.3-40.8-26.2-12.8
日経新春一前:栗東坂路で4F55秒7―14秒1(一杯)。
JC    :栗坂併せ馬終い一杯54.8-40.3-26.6-13.6(稍)
JC一週前 :栗東坂路で4F55秒1―12秒7(一杯)。
京都大賞典 :栗坂併せ馬馬なり55.4-39.8-25.5-12.7
新潟記念  :栗坂単走終い強め54.9-39.3-25.3-12.7
関屋記念  :栗坂単走終い強め53.4-39.0-25.3-12.7
関屋記念一前:栗東坂路で4F53秒8―12秒8(一杯)。
新潟大賞典 :栗坂単走終い一杯53.6-38.8-25.2-12.7(稍)

 外から捲るのが得意な蛯名騎手好みの馬でしょうか,意欲の遠征ですか。早めに動くと末を失うタイプだと思っています。蛯名騎手は早めに強引に捲りかける騎手だと思っているので,そこがうまくマッチするかがポイントでしょうか。京都大賞典のポイントは,ムスカテール同様に「ローテ」です。オールカマー使ってここで良い調教になりました。そして京都大賞典快勝と来たので,今回はJC(ヤラズ)のあとですが,間隔が開いているのであまり意味のある前走評価とはならないでしょう。調教の動き自体は真っ直ぐ力強く走れているので仕上がりレベルとしては悪くありません。 




ロードオブザリング
日経新春杯 :栗CW単走終い一杯81.3-66.6-53.1-39.7-12.9
日経新春一前:栗DP単走馬なり67.7-51.7-38.1-11.5
金鯱賞   :栗CW併せ馬一杯82.5-67.3-52.9-39.9-12.5(稍)
アンドロメダ:栗坂単走一杯54.0-39.9-26.1-13.1
函館記念  :函芝併せ馬馬なり80.9-66.5-52.4-39.1-12.3
函館記念一前:栗東坂路で4F54秒0―13秒4(一杯)。
垂水S   :栗CW併せ馬一杯85.6-69.1-54.3-40.5-12.8

 追われてから甘いですね~ズブくなってきているのか,鞍上に逆らっています(笑)。前走成績と繋げると追い比べになってズルさを出したら遅れるイメージを持ちます。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  03トウカイパラダイス
    
B+ 06サトノパンサー,05カルドブレッサ

B  01ムスカテール

B- 13カフナ,14ダコール,15オールザットジャズ,07メイショウウズシオ,04メイショウカンパク

注  なし


( 補 足 )
 
 少し無難な評価になりましたがこんな感じでしょうか。

 A評価はトウカイパラダイス

 前走でスイッチが入り,調教もいつも以上に動けています。これはここをピークに仕上げてきたという判断がローテと調教から読み取れます。「ヤリ」評価としたいと思います。馬場読み専門官「たくぼう」さんの一押し馬でもあります。


 B+評価は2頭
 
 こちらも前走評価と調教評価ともに高い馬をピックアップ。

 サトノパンサーは,タフな朝日杯CCを惜しくも差しきれなかった馬。ただこの経験は必ず生きるはずであり,調教の動きも良い。今回も前走以上の成果を期待して出走してくる馬と読みました。「ヤリ」判定です。

 カルドブレッサも前走が非常に評価が高い。ハンデも軽く,調教も良し,今の時計のかかりやすい馬場なら適性値は高いと判断し,線で繋げて高い評価としました。


 
 B評価は,調教が良かったムスカテールを素直に評価

 B-評価は

 調教から最低限押さえたい馬を書きだしました。

 


【土曜競馬からの馬場分析】

 
 眠くなってきたので今日は省略(笑)



 
【ラップ分析】

無題
無題

 ペースは落ち着きやすく,坂下りからのスパート戦になる様相です。



【分析メモ】

 今日は省略(笑)





★ ブログ上の軸馬



(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 
 
 
(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

 03トウカイパラダイス

 05カルドブレッサ

 06サトノパンサー

 軸馬候補はこの3頭と読みます。

 この3頭のうち3着以内に2頭発生することを期待したいです。

 オッズも考慮して素直に軸にするなら,03トウカイパラダイスでしょうか。



【重賞攻略会議からの提言】

議長報告

狙うべき馬
毎年上がり1位から3位が2頭以上入着しているということで、流れに関わらず上がり上位を繰り出せる馬
また先行力があり、スピードの持続力がある馬。

◎ムスカテール
•アルゼンチンで持続ラップの中上がり1位。その前のオクトーバーSで瞬発戦を上がり1位と流れに関わらず上がり1位で好走している。
•最内枠ということで不安だったもたれる部分の影響も少なく、またグリーンベルトを通れる可能性も高い。
•騎手が外人はヤリ気配
•調教もしっかり動いている
•G2で2着はこのメンバーの中では上位
•そもそも右回りでの敗戦にはもたれたこと以外の敗因あり


○トウカイパラダイス
•本質的にはグリーンベルトを通れる先行有利ということで先行脚質のこの馬。
•目黒記念のラップも優秀でその中でしっかり先行してまずまずの上がりを出した点を評価
•乗り替わりなし
•調教も前走より上積みが見込める
•オッズ配列からも狙える⇒すぎちゃんさん情報

今回は初めてということもあり、基本的には票数を最も重視しました。


その他候補にあがった馬
ロードオブザリング…ゆうかぱぱさん一押し。スムーズに先行してねばりこめば入着の可能性あり。

カルドブレッサ…烏丸Sのラップが優秀で、その中で捲る機動力もある。穴としては面白い存在。

カフナ…ラップ的にも瞬発力があるし、4角までに押し上げられる機動力もある。ルメール効果。

みなさん色々な意見ありがとうございました!
また後ほどコメントさせて頂きます。

とりあえずゆうかぱぱさん…すみません、今回は票数も考慮してロードオブザリングは外させてもらいました。僕に言われるまでもないと思いますがゆうかぱぱさんが自信を持って推せる馬なのですから実馬券でしっかり狙ってくださいね!
僕も当日のパドック次第では買わせてもらいます笑。

ララさんと比べると簡単な報告ですがとりあえずこれで。
よろしくお願いしますm(__)m



= しっちぃ☆委員長より一言 =


 pawaさん、お疲れ様です!

 実馬券では色々悩まれている状態とのこと,これを良い刺激として発展してもらいたい想いを込めて議長をお願いさせて頂きました。快諾頂きありがとうございます。

 また,多く意見を寄せて頂きました皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

 さて,議長決断ですが

 ムスカテールを上位に取りましたね!

 私的には,過去の経験から「このオッズ配列のときは,1番人気,2番人気は疑ってかかるべし!」だと思っています。

 その背景も各馬コメントで紐解いたつもりです。ただ,「絶対来ない」訳ではないのでこればかりは競馬の結果待ちです。1番人気は必要以上に買われる存在,少しでも「不審点」が見つかった場合は疑ってかかることが長い目で見た場合,大きなリターンを得られると思っております。

 
 トウカイパラダイスは条件揃っての出走の匂いはします。柴山騎手が渾身の騎乗を見せて頂けるでしょうか。金鯱賞では渾身の騎乗でした。完璧に手の内に入れている馬なのでしょうね。普段はあまり注目する騎手ではないですが、今回に限っては信頼してもよいタイミングでありたいですね!

 「オッズ配列からも狙える⇒すぎちゃんさん情報」という評価をした点も興味深いです。


 実は私も軽くオッズを調べましたが,「買いサイン」出ています。


 あとは結果がどうなるでしょうか!幸運を祈ります!

 
 バイトと土曜日は京都競馬場入りと多忙の中,議長の大役お疲れ様でした!^^




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています


edit

CM: 3
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2013-01