調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

有馬記念出走馬最終追い切り・調教分析2012 ~【1stSTAGE】~ 

2012/12/23 Sun.

 複トレ開催最終週です!頑張りましょう!!

≪ 複トレ途中経過速報 ≫
無題

 ゆうかぱぱ・・・・・・・・・・・・・・・

 バッドボーイⅡメンなパパキトさんとなごちんさん,一気に浮上!!

 逃げ馬(ゆうかぱぱと大吉さん)がバテてきて,TAKさんが先頭に躍り出ました!

 さぁ!あとラスト2ハロン(2回)の攻防です!!

 パパキトさんがニヤニヤしている顔が目に浮かびます(笑)



<< 更新情報 >>

 ◎ 今週は有馬記念を中心に分析していきます。他重賞については,「データベース作成のための時計書き出しのみ」の予定です。(時間があって気が向けば簡単に評価できる馬を挙げます。)

 〇 【まちしさんへ】阪神カップは勝負レースに指定したいつもりなので頑張って分析します。(あくまで予定ですが(笑))ラジオNIKKEI賞については「時計の書き出しのみ」で個人的にも忙しいので「見」レースとなる予定です。マルセリーナの阪神替りは「ムフフ☆」です(笑)

 ◎ 今週はどんな形であれ,しっかりと有終の美を飾りたいと考えています。頑張りたいと思います!!
  → ただ,実生活は忙しくてヒーヒー言ってますが(笑)

 ◎ 評価・補足まで更新しました。(12/21 17:35)
  → とうまさん、初めまして!私の考え方はブログに書いているとおりです。そちらを参照願います。

◎ 有馬記念出走馬最終追い切り・調教分析2012

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。

◆水曜栗東坂路ベスト20

水 06:57 デアリングプライド 牝 3 52.4 39.0 26.1 13.5 藤原英昭
水 09:52 アグネスチャンス 牝 2 53.4 39.9 27.0 13.6 森秀行
水 08:22 ゼフィランサス 牝 4 53.5 40.4 27.7 14.4 昆貢
水 08:21 ヴォルカニック 牡 2 53.8 39.6 26.3 13.8 昆貢
水 08:24 ビーマイラブ 牝 2 53.9 40.2 26.4 13.3 宮徹
水 09:12 デンコウリョウ セ 4 53.9 39.9 26.8 14.0 藤沢則雄
水 07:00 コスモセンサー 牡 5 54.0 39.6 25.6 12.7 西園正都
水 07:07 ガールズストーリー 牝 4 54.0 40.3 27.1 14.0 藤岡範士
水 09:45 スズカルーセント 牡 4 54.0 40.1 26.9 13.9 橋田満
水 07:00 フレンチトースト 牝 3 54.1 39.6 26.1 13.4 平田修

水 07:08 ナリタスプリング 牡 5 54.1 39.7 26.6 13.7 宮本博
水 09:45 シゲルシバグリ 牡 3 54.1 40.9 27.2 14.3 中村均
水 09:45 アドマイヤロイヤル 牡 5 54.1 40.3 27.1 14.1 橋田満
水 09:44 マストハブ 牡 5 54.2 40.8 27.4 13.9 笹田和秀
水 09:45 ヘニーハウンド 牡 4 54.3 40.2 27.4 14.6 矢作芳人
水 06:59 エーシンビートロン 牡 6 54.4 39.3 25.6 13.1 西園正都
水 06:57 エスリア 牝 2 54.5 40.4 26.8 13.5 清水久詞
水 07:00 セイントデジタル 牝 2 54.5 40.6 26.9 14.0 山内研二
水 07:00 ウインアルザス 牡 2 54.5 40.1 26.1 12.9 西園正都
水 07:05 ゴールドシップ 牡 3 54.5 40.2 26.7 13.8 須貝尚介

 赤字がベスト10,終い12秒台で走れている馬は,コスモセンサーとウインアルザスのみ。馬場は重馬場と公表されています。一番時計は52秒台で他は54秒台ばかり。いつもの坂路より2~3秒は時計がかかると見てよさそうですね。


 とりあえず,一週前追い切りと水曜日追い切りと見ました。これは面白そうですね~昨年はオルフェーヴルを自信持って狙いましたが,今年のゴールドシップはどうでしょうか。



アーネストリー
有馬記念  :栗坂単走終い一杯55.4-40.1-26.4-13.3(重)
有馬記念一前:福永を背に栗東坂路で4F52秒6―14秒1(一杯)。
金鯱賞   :栗坂単走終い一杯56.8-41.1-27.0-13.6(重)
金鯱賞一週前:佐藤哲を背に栗東坂路で4F54秒5―13秒9(一杯)。
天皇賞秋  :栗坂併せ馬終い一杯55.4-40.6-26.6-13.6(重)
天皇賞秋一前:栗坂併せ馬終い一杯52.8-38.1-25.2-12.9
宝塚記念  :栗坂単走54.7-39.2-25.4-12.8(不)
宝塚記念一前:佐藤哲を背に栗東坂路で4F51秒8―12秒5(一杯)。
鳴尾記念  :栗坂単走一杯52.6-38.4-25.5-13.0
鳴尾記念一前:栗坂単走一杯50.7-36.9-24.6-12.6
大阪杯   :栗坂単走終い一杯54.1-39.5-26.1-13.3
大阪杯一週前:栗東坂路で4F53秒0―13秒0(一杯)
有馬記念  :栗坂単走終い一杯51.7-37.8-25.4-13.0
有馬一週前 :栗坂単走一杯52.3-38.3-25.8-13.4
天皇賞秋  :栗坂単走終い一杯52.0-37.7-24.8-12.7
天皇秋一週前:栗坂単走終い一杯52.8―13.0
オールカマ :栗坂単走強め53.9-39.1-25.5-12.8
宝塚記念  :栗坂単走終いムチ一杯52.5-37.7-24.8-12.6

 まぁこの馬なりという評価でしょうかね。全盛期には戻れなかった馬です。全盛期のときはグイグイ前に進んでやる!という闘争心が前面に出ていました。最近は最後歩いていますよね。競馬に対して情熱が失われてきている状態で120%の能力はだせなくなった仕様です。




エイシンフラッシュ
有馬記念  :栗CW併せ馬終い強め83.3-67.7-53.0-38.8-11.9(重)
有馬記念一前:栗CW単走馬なり84.8-68.0-52.8-39.2-12.5
JC    :栗CW併せ馬馬なり82.8-66.6-51.0-37.4-11.9(稍)
JC一週前 :ルメールを背に栗東CWで5F67秒5―11秒6(仕掛け)。
天皇賞秋  :栗CW併せ馬馬なり81.7-65.8-50.9-37.2-11.7(重)
天皇賞秋一前:栗坂単走馬なり42.4-27.5-13.9
毎日王冠  :栗CW併せ馬馬なり63.8-49.3-36.6-11.6(重)
毎日王冠一前:栗東CWで5F69秒2―11秒3(G一杯)。
宝塚記念  :栗CW併せ馬終い一杯79.0-64.1-49.8-37.0-12.0(不)
宝塚記念一前:内田博を背に栗東CWで6F82秒9―12秒3(馬なり)。
有馬記念  :栗CW併せ馬終い強め80.5-65.2-50.9-37.1-11.8
有馬記念一前:栗CW併せ馬馬なり84.3-67.1-51.6-38.2-11.6
JC    :栗CW併せ馬終い強め82.3-65.9-51.6-38.0-12.0
JC一週前 :栗CW併せ馬馬なり84.3-66.9-51.6-37.7-12.0
天皇賞秋  :栗CW併せ馬終い一杯(良)81.4-65.4-50.6-36.8-11.5
宝塚記念  :栗CW併せ馬馬なり81.9-66.6-51.5-38.2-11.8
宝塚記念一前:栗CW併せ馬馬なり70.3-54.0-38.7-11.7
天皇賞春  :栗CW併せ馬終い一杯84.2-67.6-52.2-37.7-11.6(稍)
天皇春一週前:栗CW併せ馬終い一杯82.1-65.5-50.9-37.4-11.9(重)

 最終追い切りは終いの反応を確かめるといった内容の追い切りです。併せた馬を交わすときは,並ぶ間もなくシュっと反応して抜き去ります。天皇賞秋とジャパンカップの追い切りとは違い,グっと長く我慢させることにテーマを置いた追い切りに見えました。抜け出す脚は速かったので,状態面としては良い状態をキープできていると判断します。

≪一週前追い切り≫
 動きに関しては相変わらず良い。推進力のある走りができています。鞍上と息がマッチすればいつでも「GO!!」という感じで走れています。今回は,そのGOサインがなくて馬なりで充実したフットワークを披露する追い切りです。最終追い切りは「ビシっ」っと末脚一閃,素晴らしい追い切りを消化してくることが同馬を評価する条件です。やっぱり天皇賞秋の追い切りの動きは良いですね。これが比較基準になります。




オウケンブルースリ
有馬記念  :栗坂併せ馬終い一杯54.7-40.4-27.0-13.8(重)
有馬記念一前:栗坂併せ馬終い一杯54.3-39.7-26.3-13.3
JC    :栗坂併せ馬終い一杯55.4-41.1-27.6-14.1(稍)
アルゼンチン:栗坂併せ馬終い一杯53.1-39.2-26.1-13.4
アルゼ一週前:栗東坂路で4F54秒8―13秒6(馬なり)。
京都大賞典 :栗坂併せ馬終い一杯53.1-39.2-26.1-13.4
阪神大章典 :栗坂併せ馬終い一杯52.6-38.9-26.2-13.3
ダイヤモンド:栗坂併せ馬終い一杯55.4-41.1-27.8-14.2(重)
2011JC  :栗坂併せ馬終い一杯51.3-37.8-25.5-12.8
2011AR共和 :栗坂併せ馬終い一杯52.0-38.5-25.4-12.7
2009JC  :栗坂単走終い一杯52.1-38.3-25.3-12.5(ハナ差2着) 
2009天皇秋 :栗坂単走終い一杯52.5-39.0-26.0-12.8(稍)

 馬場が重くなってもいつもの時計は走ってきますね(笑)。この馬なりによいですが,やはり内面は昔の情熱はないでしょうね。

≪一週前追い切り≫
 現時点では正直言って軽視している馬です。ズブくなりましたね~最近のこの馬なりには動けているとは思います。




オーシャンブルー
有馬記念  :栗CW3頭併せ馬なり83.6-66.2-50.9-37.4-12.6(重)
有馬記念一前:
金鯱賞   :栗CW3頭併せ終い一杯97.4-81.3-65.4-51.2-38.0-12.5(重)
金鯱賞一週前:ルメールを背に栗東CWで6F83秒6―12秒3(一杯)。
アルゼンチン:栗CW3頭併せ終い一杯84.1-68.3-53.4-39.2-11.8(稍)

 道中は中リヤンドファミユ、外タイキプレミアムとの3頭併せ。リヤンドファミユには遅れたが,目標にして差そうという意志は鞍上には感じられませんでした。ゴール板過ぎてから併走に持ち込んでいるので,これはこれで良いでしょうね。前走時の追い切りを見てもそうですが,追い切りではマイペースなタイプですね。もう少し闘争心が強ければ面白いかなという部分はありますが。良く言えばまとまってますね。




ゴールドシップ
有馬記念  :栗坂併せ馬終い一杯54.5-40.2-26.7-13.8(重)
有馬記念一前:栗坂併せ馬終い一杯52.8-38.7-25.7-13.1
菊花賞   :栗坂併せ馬終いムチ一発後強め追い54.7-39.0-24.5-12.2
菊花賞一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.2-38.2-24.8-12.5
神戸新聞杯 :栗坂併せ馬終い一杯53.3-38.5-25.5-13.4(稍)
神戸一週前 :栗CW併せ馬終い一杯82.3-65.4-50.3-26.7-11.9
日本ダービー:栗坂併せ馬馬なり54.2-39.6-25.8-13.0
ダービー一前:栗坂併せ馬終い一杯50.4-37.2-25.1-13.1
皐月賞   :栗坂併せ馬終い一杯55.3-39.5-25.3-12.5(稍)
皐月賞一週前:栗芝併せ馬終い強め74.7-60.9-48.0-35.8-11.8(不)
共同通信杯 :栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.9-26.7-13.5(重)
共同通信一前:栗坂52.2―13.0(一杯)
ラジNIKK:栗坂併せ馬終い一杯53.3-38.8-25.4-12.6
ラジNI一前:栗坂併せ馬終い一杯55.5-39.5-25.5-12.5
 
 さて,ゴールドシップ。はっきり言います。追われてから反応良くないですねー。一応全体の時計はベスト20位に入っていますが,最終追い切りも一杯に追われて,まだ良化途上の動き,気配を醸し出している・・・・順調な仕上がりではない可能性が高いと思います。あとは本番までにどれだけ作りこめるかですね。過去のパフォーマンスからは狙いたい馬ですが,調教を見る限り,ベストパフォーマンスを出せるかどうかは黄色信号です。
(調教を動かないこういう馬になった可能性もあります。もしくは菊花賞で「競馬は辛い」と感じて少しづつ競馬が嫌になり始めているか。)

 → 昔からスマートな調教をするタイプではないですが,それでも今回は少し酷すぎると感じました。こういう馬なんだよ!と考える方は,そこまで気にすることはないと思います。


≪一週前追い切り≫
 今改めて見ると,ダービーのときの一週前追い切りは凄いですわ~画面にシップが現れてすぐに一杯に追われ始めて,最後までまっすぐ伸びて50秒台,終い13.1秒,こんな調教みたらやっぱり評価しますよ。調教予想する人間としてはダービーは外しても致し方なしです。今回も画面に現れて早い段階からムチをガンガン入れられて追ってきます。なんといいますか,上体が起きようとしている,馬が前に進むように走るというよりも走ることを手を抜こうとしているように見えました。まだ,菊花賞やダービーのときのような「スイッチ」が入った状態にはなっていないのかなと思える動きです。最終追い切りで動き,気持ちともに一変してくることに希望を託したいですね。有馬記念はコース形態から向こう正面からのロングスパート戦になると想定しています。ツイートでもラファエロさんが熱く語ってましたよね(笑)。タフな競馬になれば一番強いのは同馬なので,心身面もしっかり作ってきてもらって自信を持って買いたい背景が欲しい馬であります。



スカイディグニティ
有馬記念  :栗CW併せ馬終い一杯83.7-67.9-52.9-39.2-12.2(重)
有馬記念一前:栗CW併せ馬終い強め97.4-81.3-66.1-51.6-38.3-12.7
菊花賞   :栗CW併せ馬終い一杯82.8-67.0-52.2-38.7-12.2
菊花賞一週前:栗CW併せ馬馬なり98.5-81.5-65.8-51.2-38.0-12.4 
セントライト:栗CW3頭併せ馬なり98.3-81.4-65.9-50.9-37.3-12.0

アドマイヤレイ(3歳1000万)との併せ馬,アドマイヤレイはダート走っていることもあり重い馬場は走るれるのでしょうか,結構あおっていますよね(笑)。二週連続ビシっと追ってとりあえず態勢は整ったと見てよさそうです。過去の調教見れる人は見てほしいのですが,私はセントライト記念の調教内容が一番良いと思います。菊の権利を獲るためにヤリだった馬なのでしょうね。一週前は余裕の動き,最終追い切りは重い馬場ながらハードなトレーニング,能力は出せる状態にあると判断して良さそうです。

≪一週前追い切り≫
 併せた相手がショボかったように見えますが,しっかりとこの馬の良さを確認できる追い切りを見せています。しっかりと飛べているし,馬の内面もグっと闘志が前面に出ています。これはいいですね。期待したい一頭です。(併せた相手はグリッターウイング(5歳オープン))



ダークシャドウ
有馬記念  :美南W3頭併せ終い強め51.8-37.5-12.8
有馬記念一前:栗南W3頭併せ終い一杯64.2-50.0-37.1-12.8
JC    :美南W併せ馬馬なり67.7-52.9-38.1-12.7
JC一週前 :ムーアを背に美浦南Wで5F65秒4―12秒8(一杯)。
天皇賞秋  :美南P併せ馬終い強め66.4-51.3-37.0-11.8
天皇賞秋一前:美南P併せ馬終い強め80.2-64.8-49.7-36.1-12.6
札幌記念  :函D併せ馬馬なり83.9-67.9-53.1-38.3-12.4
札幌記念一前:函館ダートで6F83秒0―12秒2(一杯)。
京都記念  :美南W単走終い強め68.3-52.7-38.3-12.4(重)
京都記念一前:美南併せ馬終い強めW65.4-50.1-37.2-13.0
天皇賞秋  :美南W併せ馬馬なり54.4-39.2-12.7(良)
天皇秋一前 :美南W54.5-39.8-13.2
毎日王冠  :美南W3頭併せ馬なり(不良)52.1-37.6-13.0

 一週前にビッシリ追っているので最終追い切りは併せ馬です。馬に隠れて表情等が見えませんが,内面に良い負荷がかけられていますね。しっかりと仕上げてきたと思います。

≪一週前追い切り≫
 堀きゅう舎としては異例のハードトレですね。3頭併せでしっかりプレッシャーをかけられて,しっかりと抜け出し,最後もしっかり追ってゴール板過ぎてからも追う内容。良いトレーニングを消化しています。




ダイワファルコン
有馬記念  :美南W単走終い強め80.9-65.4-50.7-37.3-12.9
有馬記念一前:美南W併せ馬強め83.2-67.9-53.3-39.1-13.6
福島記念  :美南w単走強め79.4-64.4-50.2-38.0-12.6
天皇賞秋  :美南W単走82.6-67.3-52.3-38.1-12.5(稍)
天皇賞秋一前:美南W併せ馬馬なり66.3-51.1-38.0-12.6(重)
オールカマー:美南W単走終い強め67.9-52.6-37.9-12.8
オール一週前:美浦南Wで5F66秒6―12秒7(馬なり)。
七夕賞   :美南W併せ馬終い強め79.3-63.7-49.6-36.7-12.8(重)
七夕賞一週前:美南W併せ馬馬なり82.2-67.8-53.4-39.7-13.3
エプソムC :美南W単走終い強め68.1-53.0-38.8-12.5(稍)
エプソム一前:美浦南Wで6F82秒2―12秒8(強め)。
安田一前回避:美南W併せ馬終い強め68.8-52.6-38.8-13.1(不良)
ダビ卿   :美南W併せ馬馬なり67.7-52.4-38.2-12.8
ダビ卿一週前:北村宏を背に美浦南Wで5F69秒5―13秒5(馬なり)
中山記念  :美南W単走馬なり84.7-69.2-54.8-40.3-12.6
中山記念一前:美南W3頭併せ終い一杯82.2-66.6-51.6-37.2-12.8
中山金杯  :美南W単走終い強め64.8-49.9-36.5-12.6

 単走ですが大きなストライドで走れている。馬の表情も良し,動きも力強い,一週前追い切りと打って変わってこれはいい動きになりました。ただ,福島記念の追い切りと比較すると・・・・断然福島記念尾追い切りの動きの方が迫力・力強さともに◎です。福島記念は手を抜いてしまったので買わなかったですが,こういう「ヤリ」タイミングでは確実に馬券にしないとダメですよね。福島記念以上のデキかと言われると,うーん,どうかなと思いますが,それでも福島記念に継ぐデキの良さであると判断します。

≪一週前追い切り≫
 福島記念はいかにも「ヤリ」調教をカマして重賞初制覇を遂げました。そして改めてG1戦線復帰です。福島記念をピークに作ったのは明らかで,そのお釣りがあるかないかがポイントになります。前に馬を置いてロックオン,直線向いて一気に差しきるか~!と思いきや最後は脚が上がってムチにも反応せずに差しきれず終了という,課した課題をクリアできなかった追い切りです。相手も追っていたので走り過ぎた部分もありますが,その条件でクリアできるという設定だったと思います。一言で言うと,自分で前に出るのを辞めていましたね。やはり気性面に難がある馬で能力があっても競馬を辞める部分がある馬だと思います。



トゥザグローリー
有馬記念  :栗CW3頭併せ終い一杯84.2-66.7-51.6-38.2-12.4(重)
有馬記念一前:栗東坂路で4F58秒1―13秒4(馬なり)。
JCD   :栗CW3頭併せ終い一杯97.7-81.3-65.8-51.0-37.6-12.3(重)
JCD一週前:栗東CWで6F83秒0―12秒1(馬なり)。
天皇賞秋  :栗CW3頭併せ終い一杯83.8-67.5-52.1-38.1-12.2(重)
天皇賞秋一前:栗CW3頭併せ終い一杯98.9-83.0-67.3-52.5-38.5-12.3
宝塚記念  :栗CW3頭併せ終い強め85.3-68.0-52.2-38.0-11.5(不)
宝塚記念一前:栗坂単走馬なり53.9-39.4-25.9-13.0
鳴尾記念  :栗CW併せ馬終い強め84.2-67.2-52.6-38.6-12.0
鳴尾記念一前:栗坂単走馬なり56.6-40.8-26.9-13.5  
中山記念  :栗CW3頭併せ終い強め84.2-68.0-53.0-39.2-13.0(稍)
中山記念一前:3頭併せ終い一杯85.0-68.6-53.1-39.4-12.7(重)
日経新春杯 :栗CW3頭併せ終い強め99.5-83.2-68.1-54.0-39.4-12.0(重)
有馬記念  :栗CW併せ馬終い一杯79.2-63.5-50.1-37.4-11.9
JC    :栗CW併せ馬終い一杯97.4-81.6-66.9-52.8-38.9-12.5
JC一週前 :栗CW併せ馬馬なり98.7-83.0-68.4-53.7-39.0-12.1
天皇賞秋  :栗CW3頭併せ終い一杯82.4-66.0-51.8-38.0-12.5
京都記念  :栗DP併せ馬終い一杯78.0-62.2-48.3-35.5-11.3
一昨年有馬 :栗DP併せ馬終い一杯75.2-60.1-46.9-35.4-12.1

 昨年の有馬記念と比べると断然に動きがイマイチですね。ここ2年で有馬記念で見せたパフォーマンスは発揮されない可能性が高いと思われます。



トレイルブレイザー
有馬記念  :栗坂単走終い一杯56.3-42.3-28.0-14.5(重)
目黒記念  :栗CW併せ馬終い一杯80.6-64.6-50.6-37.5-12.4
京都記念  :栗CW併せ馬終い一杯68.3-53.1-39.0-12.8(重)
京都記念一前:栗CW3頭併せ終い一杯82.0-65.6-51.2-38.0-12.0
JC    :栗坂併せ馬馬なり52.7-38.9-26.1-13.4
アルゼンチン:栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.1-26.1-13.3
宝塚記念  :栗坂併せ馬終い一杯52.6-???-25.5-13.0

 フォトパドックも太目残りでしたし,時計もイマイチ,ガンガン追っても時計が出ないところを見ると食指はまったく動きませんね。
 


ナカヤマナイト
有馬記念  :美南W併せ馬馬なり66.7-51.8-37.9-12.6
有馬記念一前:美南W併せ馬馬なり81.1-65.7-51.1-37.5-13.2
天皇賞秋  :美南W3頭併せ終い強め81.4-66.1-51.7-37.4-12.9(稍)
天皇賞秋一前:美南W併せ馬馬なり68.5-52.8-38.2-13.6(重)
オールカマー:美南W3頭併せ終い強め82.4-66.5-51.5-38.5-13.2(重)
オール一週前:柴田善を背に美浦南Wで5F67秒0―12秒6(強め)。
宝塚記念  :美南W併せ馬馬なり82.0-66.2-51.1-37.5-12.7(不)
宝塚記念一前:美南W単走馬なり69.7-53.7-39.6-13.2
鳴尾記念  :美南W併せ馬馬なり82.0-66.2-51.1-37.5-12.7(不)
鳴尾記念一前:美南W単走馬なり69.7-53.7-39.6-13.2
大阪杯   :美南W併せ馬終い強め65.7-50.8-37.3-12.9
大阪杯一週前:柴田善を背に美浦南Wで6F80秒8―12秒4(一杯)
AJCC  :美南W3頭併せ終い一杯64.7-49.5-36.2-12.9
AJCC一前:美南W67.0-13.6(一杯)
ディセンバー:美南W併せ馬終い一杯65.3-50.2-36.7-12.5
ダービー  :美南W併せ馬終い強めW80.8-64.9-49.6-36.5-12.8
ダビ一週前 :美南W併せ馬馬なり82.9-66.7-51.7-38.5-13.1
皐月賞   :美南W併せ馬終い一杯68.4-52.9-37.9-13.1
皐月一週前 :美南W併せ馬馬なり67.1-52.3-37.9-12.9

 ピッチ走法なので,加速力は速いですが,トップギアに入れて長く走り切る能力は少し足りない馬。なので東京コースなどは合わないタイプで小足で戦える中山に適性がある馬。スカイディグニティもピッチ気味なので先先は同じことが言えそうです。オルフェもピッチ気味ですが,オルフェをスケールダウンさせた馬ってイメージです。(ステイゴールド産駒て産駒の幅広いなぁと思う今日この頃。大飛びのオーシャンブルーもステイ産駒だしね。)
 さて最終追い切りですが・・・・・いい動きですね~!馬なりで相手を完封しております。馬も闘争心たっぷりで負けん気が強い,じっくり調整して心身ともに仕上がった状態に見えます。一週前追い切りも良く,フォトパドックは少し小さく写りましたが,調教見る限り気にすることはなさそうです。むしろスっと動けているので無駄肉がなくなっていると良い方向で捉えてよさそうです。

≪一週前追い切り≫
 馬場の大外ではなく真ん中から内目を走らせているので時計は早く計時されます。東京得意な馬たちとくらべると飛びは豪快ではなくこじんまりとしている方なので東京勝負は分が悪い馬で気性的なコントロールも難しい部分もあり,流れやすい中山コースが得意な馬だと思っています。馬はしっかり走れていて前にでます。状態面としては良い感じですね。




ビートブラック
有馬記念  :栗坂単走終い一杯54.7-40.4-26.9-13.8(重)
有馬記念一前:栗坂単走終い一杯53.6-39.5-26.1-13.2
JC    :栗坂単走終い一杯54.6-40.0-26.4-13.2(稍)
JC一週前 :栗東坂路で4F52秒9―12秒4(一杯)。
アルゼンチン:栗坂単走終い一杯52.8-38.7-25.2-12.7
宝塚記念  :栗坂単走終い一杯53.1-39.0-25.4-12.5(稍)
宝塚記念一前:栗坂単走終い一杯52.1-38.3-25.1-12.4(稍)
天皇賞春  :栗坂単走終い一杯51.5-37.7-24.8-12.4
天皇賞春一前:栗東坂路で4F51秒9―13秒2(一杯)

 最後脚は上がり気味でしたが,馬場が重いから致し方ないでしょう。一番の見るべきポイントは,集中して真っ直ぐ伸びてきている点です。私が一番注目する点は,表情や動きもそうですが,「無駄なく前に推進力ある動きで走れているか」に注目しています。良く見ると,ジャパンカップでもそれに近い動きができていますね。ジャパンカップで見せ場を作れるわけです。今回もしっかりと真っ直ぐ走れています。天皇賞春の追い切りと比べるとやはり劣りますが,春天に継ぐデキと判断します。

≪一週前追い切り≫
 坂路で意欲的に追われています。一杯に追われてしっかり走れている通り元気いっぱいです。



ルーラーシップ
有馬記念  :栗CW3頭併せ馬なり86.8-69.6-53.1-37.9-11.8(重)
有馬記念一前:栗CW併せ馬馬なり83.6-66.8-51.2-37.5-11.8
JC    :栗CW3頭併せ馬なり85.1-68.4-52.9-38.9-12.2(稍)
JC一週前 :栗CW併せ馬馬なり86.9-69.4-52.9-39.1-11.4(重)
天皇賞秋  :栗CW3頭併せ馬なり88.4-70.3-54.9-40.2-11.7(重)
天皇賞秋一前:栗CW3頭併せ終い一杯82.4-65.6-51.4-37.9-12.1
宝塚記念  :栗芝3頭併せ馬なり61.1-47.4-35.3-12.0
宝塚記念一前:栗CW併せ馬馬なり73.1-56.9-42.0-12.7(稍)
AJCC  :栗CW3頭併せ馬なり86.1-68.1-52.3-38.8-12.3
AJCC一前:栗坂併せ馬終い一杯51.3―38.0-25.8-13.1
有馬記念  :栗CW3頭併せ95.4-79.3-64.3-50.7-37.8-11.8
有馬一週前 :栗CW3頭併せ馬なり88.4-70.3-54.3-39.4-11.9
宝塚記念  :栗CW併せ馬馬なり86.5-68.7-53.9-39.0-11.8
宝塚一週前 :栗CW3頭併せ終始絞り切って馬なり98.3-82.8-67.5-52.5-38.9-12.1
日経新春杯 :栗CW3頭併せ終い強め99.8-83.3-67.4-52.5-38.6-12.1(重)

 外メイショウブシドウ(3歳1000万),内タニノタキシード(2歳未勝利)との3頭併せ,強い負荷をかけている訳ではないですが,反応をしっかり確認する追い切りです。秋G13戦目ですので,馬は仕上がっていて当然ですよね。馬の内面にも前向きさがあり,重苦しさも感じさせない良い動きから,能力はしっかりと出し切れる状態です。

≪一週前追い切り≫
 オールザットジャズの調教パートナーとなってあげたという追い切り内容なので先着された点は問題ないです。最後までしっかり動いて11.8秒が出た点を素直位に評価して良いです。あとは最終追い切りですね!




ルルーシュ
有馬記念  :美南W3頭併せ馬なり69.8-55.0-41.9-13.1
有馬記念一前:美南W併せ馬馬なり80.9-66.4-51.9-38.4-12.7
アルゼンチン:美南P併せ馬終い強め65.6-50.4-37.4-12.6
府中牝馬  :美南P併せ馬馬なり68.7-53.0-39.7-12.3
府中牝馬一前:美南W併せ馬馬なり69.2-54.2-39.7-12.1
丹頂S   :札D併せ馬終い一杯61.6-47.3-34.1-11.7

 一週前追い切りは素晴らしい内容でした。最終追い切りは大外から楽に差しきる内容で心身の充実度をアピールしています。「精神的な鮮度」を重要視するのであれば,走りを見る限り,それを感じさせる馬だと私は思います。(仮説)あとは,この馬が好む流れ,展開が作れるかがポイントでしょうね。

≪一週前追い切り≫
 一週前追い切りですが,非常に良い動きですね!身体面では相当充実してきています。内面は気分屋的な部分があり,自身のリズムで気持ちよく走れればハイパフォーマンスを示す一方で自分のペースを崩されると競馬を投げ出す(勝ちにいかなくなる)タイプと思います。重賞を勝って内面が充実してきているのであれば面白い存在でしょうね。ウッドチップでしっかりと負荷かけている点は藤沢流の変化を感じさせる動きです。



ローズキングダム
有馬記念  :栗坂単走終い一杯57.6-41.7-27.1-13.5(重)
有馬記念一前:栗坂単走終い強め54.3-40.3-26.8-13.5
JC    :栗坂併せ馬馬なり53.7-39.9-26.5-13.6(稍)
JC一週前 :武豊を背に栗東坂路で4F52秒9―12秒6(G強め)。
京都大賞典 :栗坂併せ馬終い一杯54.4-39.5-25.7-13.3
安田記念  :栗坂単走終い強め51.9-38.5-25.9-13.5
安田記念一前:栗坂併せ馬終い一杯51.4-37.8-25.2-13.0
有馬記念  :栗CW併せ馬馬なり79.8-63.5-49.7-37.2-12.5
有馬一週前 :栗坂単走終い一杯52.0-38.1-25.8-13.1
JC    :栗坂併せ馬馬なり54.8-40.7-???-13.1
JC一週前 :栗坂単走見せムチ&気合いつけ52.2-38.2-24.8-12.3
天皇賞秋  :栗坂併せ馬終い一杯51.9-38.3-25.9-13.3
京都大賞  :栗坂併せ馬終い一杯51.1-37.8-25.2-12.8(良)
宝塚記念  :栗坂併せ馬馬なり52.3-38.7-25.5-12.9

 最後苦しくなってヨレてますね。適性値としても向かないレース舞台です。 

≪一週前追い切り≫
 正直言って,軽視しています。しばらくずっとです(笑)。引退させるタイミングを間違えた馬ですよね。調教はこの馬なりです。


☆ 追い切り評価 ☆

A+ 該当なし

A  該当なし
    
B+ 02エイシンフラッシュ,09ルーラーシップ,15ナカヤマナイト,16ルルーシュ 

B  14ビートブラック,03スカイディグニティ,07ダイワファルコン

B- 10ダークシャドウ

注  13ゴールドシップ


( 補 足 )
 
 前走評価(特に仕込み馬),フォトパドック,調教と線で繋がる馬を,A評価以上に設定するのですが,今回はキラーンとインスピレーションに響かなかったのでA評価以上は該当なしとしました。

 一応評価は上記のとおりしました。イメージとしては,B+評価とB評価で3着以内に「2頭出現する」つもりで書きました。(横の比較で)

 B+評価は4頭

 02エイシンフラッシュですが,今季一番のデキは明らかに天皇賞秋でした。JCはその激走ストレスから手を抜いた走りに終始,ここでストレスを抜いて再度息の合うデムーロ騎手が鞍上です。凡走から巻き返せるタイプなので前走の凡走は問題ないと判断します。デキに関しては,前走以上天皇賞以下でしょうか。とりあえず,内枠を引けたので,あとはレースの流れと鞍上の判断,そして馬の頑張り次第で結果へと繋がるでしょう。チャンスはあると思います。


 09ルーラーシップですが,G13戦目ですが,一番のデキだと思います。だたこれは馬体からの判断で内面はどうでしょうか。調教を見る限り問題はないと判断します。身体がスッキリして,スっと動けている内容です。馬体としてはもう少しパワフルさが欲しいという部分もありますが,完成度は高い研ぎ澄まされた馬体です。仕上がりに関しては問題ない。あとはウィリアムズが出遅れず,うまくエスコートできれば結果に繋がる心身状態にあると判断します。


 上記2頭は,鞍上とのリンク率が非常に高いコンビです。馬券の買い目には必ず入れたい馬です。


 15ナカヤマナイトはフォトパドックで評価しませんでしたが,調教からはすこぶる気配の良さを示しています。JC回避は正解ですね。馬体も無駄肉がないのでスっと動けているのでしょうね。ただ,もう少し張りというかパワフルさを感じさせる馬体でいてほしかったイメージです。ピッチ走法なので外枠よりも中枠からポジショニングしてスムーズな競馬が希望でしたのでこの枠は少し割引ですね。それでも調教を見る限り魅力を感じさせたので評価をしました。中山コースが得意な馬でもあります。 


 16ルルーシュは,とにかく内面が良い。自分の世界に入っているというか今は無双状態なのではないでしょうか。一言で言うと「空気が読めない」「自分さえよければよい」という状態,ですので地力が通用し,自分の競馬ができれば強さを発揮できる状態だと思います。あとはこの大外枠をどうやって克服するかでしょうね。内枠~中枠だったら面白い存在でした。



 B評価は3頭

 ビートブラックはB+評価にしても良かったですが,JCの追い切りを見直したら前走も良い調教ができていました。縦の比較からそこまで抜擢しなくても良いかなと思い,この位置としました。それでも調教での動きは真っ直ぐ推進力ある走りができており,ハマれば激走できるチャンスがある状態として評価します。

 スカイディグニティもB+評価にしようか迷いましたが,セントライト記念の追い切りが抜群過ぎるのでそれと比べると見劣ったのでこの位置にしました。それでも休み明けながら仕上がり具合は悪くないという判断から評価しています。鞍上も魅力的です。


 07ダイワファルコンは福島記念も良かったですが今回の最終追い切りも素晴らしいですね。ただ前走が凄く良すぎた!前走が明らかなヤリで今回はそのお釣りでどこまで戦えるかという臨戦です。調教を見る限り,走れる状態にあるという判断です。



 B-評価は10ダークシャドウ

 中山コース・・・・今まで使ってこなかったコースであり,飛びからは適性値はここは低いと見ています。ただ調教は良かったのでここで評価しました。



 特注馬は13ゴールドシップ

 仕上がりさえ良ければ,A評価とし,軸で狙おうと考えていた馬です。もしかしたら調教を真面目に走っていないだけの可能性もありますので,データや地力からの評価として「特注」とさせていただきます。

 





【土曜競馬からの馬場分析】

 古馬戦の芝は短距離レースばかり。最終レースの芝1800mをピックアップしてみます。


12.9 - 11.9 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 12.3 - 13.5
上り 4F 50.2 - 3F 38.0

1着03ドリームヒーロー⑨1-1-1-1 38.0
2着05イチブン④2-2-2-2 36.1
3着09スーパームーン①11-11-11-11 35.1

 同レースも内回り。溜めて逃げてもダメという判断からの逃げ競馬。中山記念のシルポートを思い出しましたね~たしかあの時も代打松岡騎手だったはずで同じような逃げをカマしていたことを今思い出しました。そのシルポートレースをイメージして乗ったんでしょうね。ラップを見ると最後失速しています。前が止まらないというよりも「前を追いかけなかった」というのが正しい結果でしょうね。有馬記念もどこで有力馬が動き出すのか,がポイントでしょう。動き方次第では,「前が残る」ということが示唆されたレース結果だと思います。
 前でも粘れる馬場といった馬場状態でしょうか。



 
【ラップ分析】

無題
無題


【分析メモ】

◆土曜中山

横山典弘 【3104】5番人気2着
ムーア  【2114】10番人気2着,8番人気2着と好騎乗光る
内田博幸 【2044】5番人気3着
北村宏司 【1205】6番人気2着
松岡正海 【1115】8番人気2着,9番人気1着と好騎乗光る(有馬騎乗なし)
蛯名正義 【1106】6番人気2着

 騎乗馬の優劣はもちろんありますが,横山,ムーア,内田,北村騎手あたりは,土曜日中山で騎乗して馬場状態をしっかり身体をもってして覚えられた可能性は高いです。


◇土曜阪神

浜中    【2023】仕上がった馬の騎乗が多かった
ルメール  【2006】6番人気1着と好騎乗あり
池添    【2004】10番人気1着と好騎乗が合った
福永    【1227】10番人気3着,6番人気2着,5番人気2着と好騎乗光る
岩田    【1029】仕上がった馬が多かったが取りこぼしも目立った
川田    【1014】5番人気1着,4番人気3着,人気ない馬の騎乗ばかりで結果を出す
ウイリアムズ【0203】5番人気2着バッドーボーイの騎乗は光った
スミヨン  【0005】8,2,4,3,1番人気ですべて取りこぼし
デムーロ  【0003】2,2,5番人気ですべて取りこぼし

 スミヨン,デムーロの不振が目立つ土曜阪神競馬です。


中山08レースグッドラックハンデは有馬記念の予行練習の場としては重要なポジション

 有馬記念に出る騎手でこのレースに騎乗する馬

 田辺,柴田善,ムーア,スミヨン,内田,蛯名,北村,ウイリアムズ,ルメール

 
 線で繋げると,ムーア騎手の好調ぶりと土曜日はしっかり堀きゅう舎からシャドウパーティーを用意してもらって有馬記念での予行演習を行う。(有馬記念の前の9Rでダートレースを騎乗しないのも良い)


 ヒトというファクターからは,ダークシャドウ陣営は「狙って動いてきている!」と判断して良い。


 特注馬:10ダークシャドウ 


 先週からかな。デムーロ騎手の騎乗数が激減していることに気付いた。

 土曜日も3鞍,日曜日も3鞍のみの騎乗,2R,7Rと有馬記念の3鞍のみ。まぁすべて芝レースなので馬場判断できる騎乗にはなると思われる。




★ ブログ上の軸馬

 どの馬も一長一短で評価しずらいとき,どのファクターを予想で大きく用いるか・・・・私は「ヒト」という項目を大きく評価します。


(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 本命党の方への推奨馬

 09ルーラーシップ

 フォトパドック,調教と線で繋がり,ヒトというファクターをクリアする「ヤリ馬」,ゴールドシップは状態面に不安があることから,1~3番人気でどの馬を軸にしたら良い?と聞かれたら,同馬を推奨します。

 エイシンフラッシュは,悪くはないですが,天皇賞秋がピークだった馬,一方でルーラーシップは有馬記念がピークの馬,そういう判定です。

 デムーロ好きの方は,エイシンフラッシュ軸でも問題ないと思います。

 
 
(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

◎10ダークシャドウ

 この結論は意外だった?(笑)。調教では「B-評価」としています。飛びから適性値はさほど高くないのではないかという判断をしていますが,その点を理解してムーア騎手が騎乗してくると考えました。馬よりも「ヒト」に期待する評価です。馬自体は,調教は堀きゅう舎では考えられないくらい一週前に負荷をかけています。最終追い切りもしっかり内面に負荷をかけ,ルーラーシップ同様のG13戦目でピークに作ってきました。中山コースは一度しか走っていないので適性値は未知数ですが,基本は東京コースのほうが良いでしょうね。ただ,勝算なくして勝負仕上げ&勝負ジョッキーを手配しないと考え,急きょ同馬に重い印を打ちます。

 絶対的な本命視ではなく,ピンかパーかのどちらかになる確率が高いです。本日のムーア騎手の騎乗ぶりに注目し.託しても良い状態にあると判断できた場合,同馬から馬券を入るというアクションを起こしたいと思います。



◎16ルルーシュ

 これから大将格に上り詰める段階でしょうが,現時点でも相当良い闘争心を見せている。ダークシャドウについては「ヒト」というファクターからの抜擢ですが,「馬」というファクターのほうに強くスポットライトを当てるのであれば,同馬の鮮度と闘争心は相当魅力的です。これはダークシャドウにないものを持っている状態です。鞍上も横山騎手であれば「ヒト」というファクターをクリアしていると判断できますね。一週前調教は強い負荷をかけて素晴らしい動きをみせていました。これも大舞台で期待できる一頭だと思います。



 さて,ゴールドシップですが,人気ブログランキング1位の小宮さんのブログで触れらてていますね~読んで納得!!それが調教の動きに現れていますね・・・・・・・。


 ヒモで必ず押さえる馬

 02エイシンフラッシュ
 03スカイディグニティ
 07ダイワファルコン
 09ルーラーシップ
 10ダークシャドウ
 14ビートブラック
 15ナカヤマナイト 
 16ルルーシュ
 (不安症の方は,一番人気13ゴールドシップを追加 )


 モデル買いパターンは,ダークシャドウをモデルで考えてみます。


(1) モデル買いパターン1

 3連複1頭軸モデル

 10-02.03.07.09.14.15.16(13)

 28点買い


(2) モデル買いパターン

 3連複相手外人騎手中心パターン

 10 - 02.03.09-02.03.07.09.14.15.16(13)

 18点買い(宝くじ馬券にするならヒモは総流し)


 あとは好みで複勝爆弾を買うか買わないかです。


 場合によっては,◎馬の2頭を軸にしてフォメを組んでで買うというのも一つの選択肢です。



 現時点における私のすべてを出し切りました。あとは当日の馬場チェック,パドック&返し馬チェックでしっかり精査します。

 ダークシャドウは若干闘争心が薄くなってきているので,パドックでは少し落ち着いてみえるかもしれません。

 ルルーシュは元気いっぱいに歩けていることをしかっり確認したいです。イライラしていたり,落ち着きが無かったら割り引きです。



 今年も一年,多くの方に訪問頂き,感謝です!!大変お世話になりました!!


 来年以降,ブログを続けるか,ここで卒業するか,現在迷っております。年末年始でしっかりと考えて結論を出したいと思います。(意外と広告収入がありがたいんですよね~経費に充てられてるので^^;)





(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています



*** コメント返信 ***

edit

CM: 16
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-12