調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2012 ~【1stSTAGE】~ 

2012/10/14 Sun.

<< 更新情報 >>

 ◎ 更新が遅れる可能性が高いので,追い切り記事優先で書いていきます。後から時間があればフォトパドック等のフォローを入れていきます。
  → フォトパドック記事は,馬見のお師匠さんであるかずやさんの「朝一のパドック」でチェックしてください☆

 ◎ 更新完了しました。いつも遅くてすいません。。(10/14 6:55)


◎ 秋華賞出走馬最終追い切り・調教分析2012

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。



アイスフォーリス
秋華賞   :美南W単走馬なり(ムチ一発)68.6-53.5-39.6-13.1
秋華賞一週前:美南W併せ馬終い一杯68.0-52.0-38.2-13.4
オークス  :美南W単走馬なり67.7-52.5-38.4-12.9(重)
オークス一前:美南P併せ馬馬なり68.5-53.1-39.0-12.0 
フローラS :美南W単走馬なり67.3-52.5-39.1-13.2(重)

<一週前追い切り>
 ウッドで併せ馬で外から併せる。直線向いてムチを入れて一杯に追ってくるも思ったより反応の良さは感じさせない。まぁ相手が走り過ぎた部分もありそうであり,ウッドチップコースは適性値が高くないことから,動きの良さが殺されている可能性もある。馬の顔は良い感じで走れているのでこの馬なりに前向きさはある。闘争心が非常に強い!というタイプではなく,体力のある気の良いタイプに見える。

<前走メモ>
 中山2000mの内回りコースを外々から積極的にしかけてくる内容。脚を余してはいないが,器用さはなさそう。馬場状態が良い時期だったので内枠で先行できた馬やうまく立ち回れた馬が有利の設定,大外枠配置,大外大捲りと好走が難しい設定で5着に来れたのは,仕込み馬指定できる内容である。

<最終追い切り>
 歩幅はそこまで大きくないので小回りコースもこなせるタイプと見ます。時計は出ませんが,美Wでは時計の出ないタイプなので時計はさほど気にしなくて良いと思います。正直,一週前追い切りを見ると,仕上がり切っていないなという匂いでしたが,最終追い切りを見る限り,仕上がったと思わせる動きにあります。馬の顔も良し,脚運びも直線向いてからの動きは良いですね。内枠シフトでスムーズに先行できた場合,穴馬演出できるイメージを感じさせます。



アロマティコ
秋華賞   :栗坂単走終い一杯53.8-38.3-24.7-12.7
秋華賞一週前:栗東坂路で4F54秒1―13秒0(馬なり)。
ムーンライト:栗坂単走馬なり55.0-39.6-25.7-13.1
 
<最終追い切り>
 調教はたいした動かないタイプかもしれませんね。一連のデキにあると見て良いです。実践型です。ハワイアンウインドほどではないですが飛びが大きく豪快です。近2走レースをみましたが,追いこむか大捲りするか,基本的に末に勝負をかけるタイプです。この枠をさばくのは難しいですが,ハマったときは内から一気の脚で伸びてくる姿が想像できます。





アイムユアーズ
秋華賞   :美坂単走馬なり49.4-35.9-23.7-11.9
秋華賞一週前:美南W併せ馬終い一杯68.7-53.0-38.2-12.5
クイーンS :札D単走馬なり67.2-52.3-39.0-11.8
クイーン一前:池添を背に札幌ダートで5F69秒0―12秒0(馬なり)。
オークス  :美南P馬なり64.8-50.3-37.3-11.9
オークス一前:美南P単走馬なり69.1-53.1-38.2-12.4
桜花賞   :栗坂単走馬なり57.6-???-27.7-13.3(不)
桜花賞一週前:栗CW単走馬なり84.2-68.2-53.4-39.5-12.6
フィリーズ :美坂単走終い馬なり54.4-39.6-25.0-11.8
フィリ一週前:美浦南Wで6F84秒0―12秒5(馬なり)。(重)
阪神JF  :栗坂単走馬なり52.3-???-25.8-13.1
阪JF一週前:栗CW併せ馬馬なり99.5-82.7-67.3-52.8-39.2-12.7
ファンタジー:美坂併せ馬馬なり先着51.6-38.4-25.3-12.4
函館2歳S :函館W併せ馬強め遅れ80.6-65.3-51.7-38.7-12.9

<一週前追い切り>
 マイネイサベルとの併せ馬で内から併せる。動きではイサベルに劣ってしまったが,闘志を前面に押し出して走る姿は非常に好印象である。直線勝負ではヴィクトリアマイルで好走するイサベルに分があるのは事実で遅れは致し方ないと見ても良い。イサベルはビッシリと一週前に仕上げきるタイプでもある。(そのかわり直前は軽め)

<前走メモ>
 12.3-11.4-12.1-12.1-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8 と速いラップで刻むレースで先行勢は大崩れ。前で受けて残したのは,アイムユアーズだけと言っても過言ではない。4角も大外に出しての横綱相撲で押し切る。パドックを観る限り,まだ太目感を感じさせ,あくまで叩き台設定だったのに対し,強い競馬ができた内容は素直に評価できるものである。

<最終追い切り>
 いつも栗東滞在で仕上げてくる馬が今回は美浦で追い切っていますね。フォトパドックを見る感じ,馬がしっかりしてきたので,当日輸送も十分耐えられると判断したのでしょうか。坂路で楽に49秒台,仕上がりには文句ないでしょう。単走で馬自身がしっかり集中して走れています。一週前にしっかり内面に負荷をかけ,馬にスイッチが入ったように見受けられます。心身ともに戦闘モードに入った状態です。充実しています。




ヴィルシーナ
秋華賞   :栗坂単走馬なり55.5-40.9-26.5-12.8
秋華賞一週前:栗坂併せ馬馬なり52.0-38.2-25.3-12.9
ローズS  :栗坂併せ馬馬なり53.1-39.1-25.6-12.9
ローズ一週前:栗東坂路で4F53秒8―12秒5(馬なり)。
オークス  :栗DP3頭併せ馬なり81.4-64.1-49.4-36.4-11.5
オークス一前:栗CW併せ馬終い一杯84.0-68.2-53.6-39.3-12.0
桜花賞   :栗CW併せ馬馬なり76.9-63.5-50.4-37.7-11.4
桜花賞一週前:栗坂併せ馬終い一杯54.8-40.2-26.3-12.9
クイーンC :栗坂併せ馬終い一杯54.7-40.6-26.9-13.6(重)
クイーン一前:栗坂53.9―12.5(一杯)

<一週前追い切り>
 併せ馬で楽に好時計&先着です。ハミをかけて気合をいれてあげてスっと前に出て楽に先着,身体面,精神面ともに順調です。

<前走メモ>
 ローズS回顧記事参照
 2009年のレッドディザイアが出走していたローズステークスが一番レベルが高いが,例年に比べたらまだレベルの高い内容のレースが今年のローズステークス。
 あくまで秋華賞を意識した叩き台と設定し,かつ課題を持って楽に1,2着できるジェンティルドンナとヴィルシーナは抜けた存在であることを再確認できたレースです。もう一頭挙げるとすれば,秋華賞に向けて集中力を感じさせる内容だったトーセンベニザクラ,この3頭がローズステークスから注目すべき3頭です。

<最終追い切り>
 かずやさんも指摘されていましたが,フォトパドックで毛艶が悪い点は少し心配材料です。実は今回,仕上げパターンを大きく変更してきました。いつも最終追い切りでしっかり負荷をかける追い切りでしたが,今回は最終追い切りは軽めの馬なり調整です。軽い分,一週前追い切りでしっかり負荷をかけるといった手法に変更してきました。これが吉とでるのか凶とでるのか,最後の一冠を獲りたい意志から,陣営が試行錯誤しているという背景でしょうか。走り自体は真っ直ぐ推進力ある走りを見せています。単走ながら馬自身集中して走れているので十分仕上がっている状態と見て問題なさそうです。




オメガハートランド
秋華賞   :美南W併せ馬馬なり54.0-39.0-13.3(重)
秋華賞一週前:石橋脩を背に美浦南Wで5F66秒5―13秒6(強め)。
オークス  :美南W併せ馬終い一杯52.3-37.7-13.0(稍)
オークス一前:美南W3頭併せ68.4-53.2-38.8-13.3(重)
桜花賞   :美南W併せ馬終い一杯68.6-52.6-38.2-13.4
桜花賞一週前:中2週なのでなし
フラワーC :美南W単走馬なり56.0-42.0-13.4
フラワー一前:美浦南Wで5F69秒4―13秒0(馬なり)
クイーンC :美南W併せ馬終い強め72.2-54.6-39.6-13.3(重)
クイーン一前:美南W68.7―13.7(一杯)
フェアリーS:美南W併せ馬馬なり69.6-54.1-39.2-13.1
フェアリ一前:美南W併せ馬馬なり67.1-52.2-38.4-14.0
2歳500 :美南W単走馬なり55.4-41.0-13.0

<最終追い切り>
 汗もしっかりかいて馬自身には前向きさと活気がありますね。レースに向けてスイッチは入りきった状態にあることはわかります。前走を叩いて順当に良化してきたとみて良さそうです。



キャトルフィ-ユ
秋華賞   :栗CW3頭併せ馬なり71.1-55.3-40.9-11.5
秋華賞一週前:栗東坂路で4F54秒4―13秒1(馬なり)。
ローズS  :栗CW4頭併せ終い強め82.4-66.2-51.6-38.3-12.1
ローズ一週前:栗CW84.7-37.9-12.4
オークス  :栗芝3頭併せ馬なり82.6-66.2-51.3-37.2-11.8
オークス一前:栗CW3頭併せ終い一杯86.4-69.4-53.8-39.1-11.7
フラワーC :栗CW3頭併せ終い一杯90.6-72.6-56.3-41.6-12.3

<最終追い切り>
 3頭併せで内面にしっかりと負荷をかける内容です。時計的には甘いですが,内面に対する負荷はしっかりかかっており,明らかに前走時より良くなってきたことが感じられる心身状態です。自分からジワーっと動いて前に出るという強い意志が前面に出ております。終いも11.5秒と非常に◎です。


サトノジョリー
秋華賞   :栗CW3頭併せ馬なり83.0-67.8-52.8-39.2-12.7
秋華賞一週前:栗東CWで6F82秒6―12秒9(馬なり)。
ローズS  :栗坂単走馬なり53.3-38.6-25.8-12.9
ローズ一週前:栗東CWで5F65秒2―12秒0(一杯)。

<最終追い切り>
 楽走で大きく飛べている点は非常に良いですね。ローズステークスでは全然良さを生かせなかったレースでした。自身も溜めを利かせられる状態ではなかったようで,この距離で現状なら先行させたほうが良さそうですね。、枠順,そして騎手の判断,展開の利,すべてハマったときは大きな仕事を成せる状態面にあると考えます。ローズステークスでは,特注馬指定の馬です。ローズステークスとコース・レース質替わりが良い方向に向けば面白い存在ですね。 




サンシャイン
秋華賞   :栗CW併せ馬終い一杯66.1-51.3-37.6-11.9
秋華賞一週前:浜中を背に栗東坂路で4F52秒9―13秒9(G強め)。
オークス  :栗DP3頭併せ64.5-50.3-36.8-11.9
オークス一前:栗東坂路で4F54秒4―12秒9(仕掛け)。
桜花賞   :栗DP併せ馬馬なり68.3-52.8-38.2-11.2
桜花賞一週前:栗東CWで85秒4―11秒9(一杯)
エルフィンS:栗CW単走終い強め64.5-51.1-37.9-11.6
シンザン記念:栗CW3頭併せ終い一杯66.3-51.5-37.5-11.8
シンザン一前:栗坂単走馬なり58.7-43.5-28.5-14.4
新馬戦   :栗CW併せ馬終い強め69.0-54.6-40.3-12.1

<最終追い切り>
 徐々にギアを上げていく追い切りです。休み明けながら仕上げてきたつもりでしょうが,完璧の仕上げか?と言われると否でしょう。ここを使って自己条件で実を獲りにいく可能性の高い馬です。




ジェンティルドンナ
秋華賞   :栗坂単走終い強め53.7-39.0-25.1-12.1
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり52.6-38.3-25.5-12.9
ローズS  :栗坂単走終い一杯52.4-38.6-25.4-12.5
ローズ一週前:岩田を背に栗東坂路で4F53秒3―11秒9(一杯)。
オークス  :栗坂単走終い強め52.5-38.6-25.1-12.3
オークス一前:栗坂単走終い一杯51.4-37.5-24.3-12.2
桜花賞   :栗坂併せ馬終い一杯53.6-39.5-26.6-13.7
桜花賞一週前:栗坂併せ馬終い少し強め54.5-39.3-25.6-12.8
チューリップ:栗併せ馬終い一杯56.3-41.2-26.9-13.5(重)
シンザン記念:栗坂併せ馬終い強め53.5-39.1-26.4-13.6
シンザン一前:栗坂単走馬なり57.8-42.5-27.5-13.8
未勝利戦  :栗坂併せ馬終い一杯52.0-37.9-25.0-12.5

<一週前追い切り>
 時計もしっかりで真っ直ぐ走れているのでこれで十分でしょう。

<前走メモ>
 ヴィルシーナのコメント参照。

<最終追い切り>
 順調ですね。走りは非常に推進力のあるタイプで,コーナリングしながら加速するよりは大きなコースで直線っを向いてギアを上げていきたいタイプではあります。ただ,過去の実績からも抜けた能力を持っていることは明らかで,適性値が多少落ちるとしても,地力で十分カバーできるタイプでしょう。



ダイワズーム
秋華賞   :美坂併せ馬馬なり53.2-39.3-25.4-12.2
秋華賞一週前:美南W併せ馬馬なり69.9-54.8-40.8-13.5
オークス  :美南芝併せ馬馬なり69.4-53.2-38.9-12.7(重)
オークス一前:美南W単走馬なり44.9-14.2

<一週前追い切り>
 併せ馬で内から併せる形。直線向いて前に出られている状態から手前を替えて反応し,グイっと自分で前に出て楽に先着を果たします。鹿戸厩舎なので鬼時計を出して調教するタイプではありません。馬の内面については非常に良いものを感じさせる追い切りでした。

<前走メモ>
 アイスフォーリス同様,外枠配置で泣かされた馬。外々回してアイスフォーリスとはワンテンポ遅らせて仕掛けて直線脚を伸ばしてフィニッシュ。好走できる舞台設定ではなかったので,条件が整えば好走できる資質を持つ仕込み馬指定馬です。ただ,京都内回りというコース設定は得意そうには感じない部分はあります。

<最終追い切り>
 まぁ,この厩舎はこんな感じでしょうが,どうなんでしょうかね。私のロジックでは評価しずらい内容です。




チェリーメドゥーサ
秋華賞   :美坂単走馬なり52.2-37.7-24.6-12.5
秋華賞一週前:美坂単走馬なり53.1-38.0-24.6-12.3
オークス  :美南P併せ馬馬なり66.6-51.5-37.8-12.0
フローラS :美南W単走馬なり69.5-53.8-39.3-13.3

<一週前追い切り>
 坂路の大外を馬なりで駆け上がります。動き自体はピリっとしていて馬のペースで走らせています。良好です。春先は非常に良い動きを見せていて大きく評価していた馬です。道悪に泣かされて結果がでなかった内容でした。

<前走メモ>
 ジュングルール相手に逃げ切った内容。馬場からして内馬場を走れた馬が有利の設定であり,ペースを読んで外からまくって自身で押し切った内容は優秀ですが,恵まれた部分もあることは否めない。

<最終追い切り>
 馬が気分良さそうに走れていますね。動きにもスピード感があります。終いに集中力を高めさせる調教が望ましいですが,状態の良さは確認できる追い切りです。




トーセンベニザクラ
秋華賞   :栗CW単走馬なり97.3-81.5-66.4-51.8-37.8-12.0
秋華賞一週前:栗東CWで6F79秒2―12秒6(一杯)。
ローズS  :美南W単走馬なり69.9-53.9-3-13.3(稍)
ローズ一週前:美浦Wで5F69秒9―12秒8(一杯)。
オークス  :美南W併せ馬馬なり82.3-67.3-53.1-38.7-12.4(重)
オークス一前:美南D併せ馬終い一杯66.4-51.3-37.3-11.8
桜花賞   :栗DP併せ馬終い一杯77.1-61.4-48.5-36.1-11.5
桜花賞一週前:栗東CWで6F82秒0―12秒2(一杯)
アネモネS :美南W69.6-54.6-40.2-12.3(重)
フェアリーS:美南W併せ馬終い強め67.7-54.0-39.9-12.4
フェアリ一前:美南D併せ馬終い一杯85.7-69.1-54.5-40.1-12.8
阪神JF  :栗CW単走終い一杯82.0-67.1-53.4-39.4-12.3
JF一週前 :栗CW84.2―12.3(馬なり)

<最終追い切り>
 コースの大外を単走追いです。栗東滞在ですね。首の使い方がぎこちないですが,徐々に加速していく走りは良いですね。馬場が悪いのでしょうか。上がったり,下がったりと。単走ながら終いにかけて集中力を高めながら加速する内容は◎です。上積みはありそうです。心身充実しています。




ハナズゴール
秋華賞   :栗坂単走馬なり53.7-39.2-26.2-13.7
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり54.9-41.0-26.8-13.7
ローズS  :栗坂単走馬なり54.0-38.7-25.4-13.1
札幌記念  :函W併せ馬終い強め68.8-52.9-38.9-12.5
札幌記念一前:函館ウッドで5F69秒8―12秒8(馬なり)。
オークス  :美坂単走馬なり52.2-37.9-24.6-12.5(稍)
NHKマイル:美坂単走馬なり51.2-37.9-25.2-13.0
NHK一週前:美南P単走馬なり49.0-36.0-12.4
桜花賞   :栗坂単走馬なり56.9-41.8-27.1-13.5(不)
桜花賞一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.8-39.2-25.0-12.2
チューリップ:栗坂単走馬なり62.3-45.2-29.3-14.1(重)

<一週前追い切り>
 時計は平凡ですが,動きは良好です。後躯が強くウッドチップが脈動していますね。状態面に関しては良さそうですね。

<前走メモ>
 ローズステークスでは本命視する予定だった馬。札幌記念の内容から能力はある馬なのは確かです。ただ,京都内回り設定は適性値としたら合わない設定でしょうね。札幌記念でさえ、その適性値の無さは感じさせる部分はありました。

<最終追い切り>
 推進力があり,いかにもキレるという追い切りの動きです。札幌記念でも通用した内容は◎で能力値は高いでしょうが,末脚勝負で浮上するには難しいコースであり,相当巧い騎乗が求められます。馬自身の心身状態は良さそうです。





ハワイアンウインド
秋華賞   :栗坂併せ馬終い一杯54.2-39.7-25.4-12.4
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり56.3-41.2-27.6-14.1
夕月特別  :栗坂併せ馬馬なり52.2-38.0-24.9-12.6

<前走評価>
 前が空かずに,開いて前でようとするが,外の幸騎手から狭く圧力をかけられてブレーキするも,ポジションは譲らずに追って最後差しきった内容は強いの一言。ラップもなかなか厳しいラップですね。

<最終追い切り>
 飛びを見てみますと,非常に大飛びでパワーを兼ね備える末脚型というタイプです。阪神競馬場コースは一番適性値があるタイプです。京都内回りコースだと・・・・・乗り難しいタイプでしょうね。特にこの大飛び馬を内から捌くには,先行させることが必須です。後ろからだと相当恵まれないと能力は出し切れずに終わる可能性もあります。いい素材です。ただ,明らかに適性値はダウンです。




ブリッジクライム
秋華賞   :栗坂単走終い一杯53.8-37.3-24.3-12.4
秋華賞一週前:栗東坂路で4F57秒1―13秒2(馬なり)。
三面川特別 :美坂単走馬なり38.7-25.2-12.7

<前走メモ>
 紫苑ステークスは強い内容でしたが,枠順と馬場のハンデを生かしきったという部分も感じさせます。

<最終追い切り>
 栗東滞在組ですね。元気いっぱいに真っ直ぐ走れています。使い詰めですが元気いっぱいですね。大きな上積みは期待できませんが,近走のパフォーマンスは出し切れる状態レベルにあると感じます。真っ直ぐ気持ちを入れて走れている様は〇です。 



ミッドサマーフェア
秋華賞   :美坂単走馬なり51.-3-37.3-24.2-12.1
秋華賞一週前:美浦坂路で4F52秒1―11秒9(強め)。
クイーンS :函芝単走馬なり72.6-57.3-42.6-12.7
クイーン一前:函館ウッドで5F65秒8―13秒3(馬なり)
オークス  :美坂単走終い強め48.8-35.7-24.1-12.5
オークス一前:美坂単走馬なり54.5-38.2-24.4-11.8
フローラS :美坂単走終い強め50.8-36.7-24.0-12.0(稍)

<最終追い切り>
 正直,クイーンカップのときは状態はなんとか使えるレベルだったと思っております。それと比べると雲泥の差で馬が良くなっております。上積みとしては見込んで良さそうです。ただ,コース適性値は基本,東京でこそというタイプなので京都内回りコース替りは割引材料です。札幌コースをこなしたとはいえ,やはり得意なタイプではないでしょうね。この外枠配置も大きな割引材料です。





メイショウスザンナ
秋華賞   :栗CW併せ馬馬なり82.1-65.8-51.3-37.4-12.1
秋華賞一週前:福永を背に栗東CWで6F81秒1―12秒4(強め)。
紫苑S   :栗CW併せ馬馬なり83.4-67.4-53.1-39.0-12.0
オークス  :栗CW併せ馬終い強め83.7-67.0-52.5-38.8-12.1
オークス一前:栗CW3頭併せ終い一杯83.3-66.5-52.1-38.4-12.7
桜花賞   :栗CW5頭併せ馬なり73.4-56.5-40.8-13.0
桜花賞一週前:栗CW併せ馬馬なり86.6-69.8-54.2-40.0-12.2
フラワーC :栗CW単走馬なり81.3-66.0-52.2-39.1-12.

<最終追い切り>
 併せ馬で馬が最後まで集中して走ろうとしていますね。抜け出すとソラを使いそうになりますが(笑)。2週連続コースでしっかり追われているので,状態面としては上向きですね。




ラスヴェンンチュラス
秋華賞   :栗坂単走馬なり55.7-40.6-25.2-12.2
秋華賞一週前:栗坂単走馬なり54.4-38.9-25.1-12.7
ローズS  :栗坂単走馬なり53.8-38.8-25.3-12.7
ローズ一週前:
フラワーC :美坂3頭併せ馬なり52.0-37.6-24.7-12.2

<一週前追い切り>
 歩幅が大きく力強く走るタイプですよね~広いコースで走らせたい馬です。京都内回りコースは大きく適性値を下げる馬です。走りを見ていたらですね。動き自体は悪くないですよ,むしろ良いです。前崩れで直線勝負に賭けてギリで3着あるかないか,ハマればですけど。

<前走メモ>
 ヴィルシーナのコメント参照。ローズステークスではどうしても出走権利を獲りたかった馬です。体重も大きく減らしての出走であり,秋華賞に繋げるという点では,上積みはどうかな?という部分はあります。

<最終追い切り>
 悪くはないですよ。真っ直ぐと単走ながら馬の気持ちも入った追い切りの動きが確認できます。ただ,権利を取るということに力を使いすぎた部分は割引材料です。
 








☆ 追い切り評価 ☆

A+ 01ヴィルシーナ

A  14ジェンティルドンナ

B+ 17アイムユアーズ

B  02アロマティコ,03ブリッジクライム,04ハワイアンウインド,07トーセンベニザクラ,08キャトルフィーユ,10ハナズゴール,12アイスフォーリス,13メイショウスザンナ,15ミッドサマーフェア,16サトノジョリー


( 補 足 )
 
 面白くない評価になりました。すいません(笑)

 18頭中11頭が社台生産馬,評価の高い肌馬となるためには,この手のタイトルが欲しいのが生産を行っている事業者の思考です。

 面白いことに01~05まで社台生産馬が占めました。個人的には,この4頭(ヴィルシーナを除く)が今回の穴馬指定として選出されたような気がします。3連複のヒモでは必ず押さえたい馬たちです。

 脱線しましたが, 

 A+評価は01ヴィルシーナ

 ジェンティルドンナとの力差を見せつけられた前走,レースを盛り上げるために主催者からの配慮を頂いた01番枠をもらった。先行しなければ不利となる枠だけに,内田騎手は考えて乗るでしょう。周りも社台系生産馬で固めてくれているので不利なく自身の好きなポジションを選べる利も考えられます。

 調教だけではなく,主催者の意図(レースを盛り上げるため),社台の意志と総合的に考慮し,調教の動きも加味してこの評価としました。

 ただ,気になる点も勿論あります。内田騎手が最終追い切りか一週前追い切り乗りに来ていないんですよね~まぁ乗りなれている馬だけに問題ないでしょう。あと毛艶ですね。当日確認したい項目です。


 A評価は14ジェンティルドンナ

 素直に評価すれば同馬が上位でしょう。普通に走れば3着は外さないという馬です。あとは頭か,外すかでしょう。JRA的には,3冠達成!が盛り上がります。社台的にはほかの肌馬候補にタイトルを分けてあげてほしいところでしょう。

 
 B+評価は17アイムユアーズ

 調教だけで判断したらA評価です。ただ,枠順補正でこの位置です。内枠だったら自信を持って狙いたかった馬でしたが,残念の一言です。大きなハードルを用意されました。


 B評価は,調教から拾える馬たちをそのままピックアップしてあります。好みでどれを拾うかでしょうね。
 

 

【ラップ分析】

無題

無題

 コースは図参照。阪神コースとの大きな違いは,最後に急坂がなく,坂を下って4角から平坦のスパート戦になる点。コース形態からは,前が残りやすいイメージです。坂を下りながら,コーナリングしながら加速して,平坦箇所を走りきるコースで,阪神コースほどタフさは求められずらく,後方からの直線一気は決まりずらいイメージがありますね。相当横の比較で馬が抜けていないと厳しいでしょう。過去の結果から言えば,ウォッカクラスでしょうか。

 追って,先週の京都馬場傾向を調べていきたいと思います。

無題


 準OPのレースがありましたが,少頭数で後ろから大外を回して差してきたオーシャンブルーが素直に通用しました。後方から一気に差してくる内容は,コース形態,馬場状態を考慮すると地力で一歩抜けていたというのがオーシャンブルーだと思います。

 18頭立てフルゲートで大外から差してこれる馬は・・・・・・展開も向き,相当地力がないと厳しいでしょうね。

 開催2週目なので馬場状態は引き続き絶好のコンディションと想定します。

 過去の秋華賞で穴を演出するタイプは,

 ① 上手く内内を通って直線まで体力ロスが少ない馬
 
 ② 内を回して,前がパックリと空いてくれる運の強さを持つ馬

 昨年で言えば,惜しくも4着アカンサス,2着キョウワジャンヌ

 大荒れでした2008年は優勝馬ブラックエンブレム,最後外に出しましたが道中は内でポジショニングしたムードインディゴ

 
 穴馬は,内を上手く乗れる騎手,枠順が与えられた馬が演出する可能性は高そうです。

 騎手で言えば,上手にコーナリングする横山騎手は注目です。 



★ ブログ上の軸馬



(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 14ジェンティルドンナ

 01ヴィルシーナ

 お好きな方をどうぞ^^って感じです。最低でもどちらかは絡みます。2頭とも絡む確率も相当高い秋華賞です。判断は自己責任で(笑)




(2) 4番人気以下から軸馬を選出する場合

 個人的には軸にはしませんが,ヒモ穴でねらうなら


 02アロマティコ

 03ブリッジクライム

 04ハワイアンウインド



 この3頭に注目です。内差し狙い前提です。アロマティコとハワイアンウインドは,自分から動く可能性(外から仕掛ける)可能性もあるので,一か八かを決めるなら,ブリッジクライムでしょう。中でもブリッジクライムに注目したい一戦です。





(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています



*** コメント返信 ***

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-10