調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: THINKBACK 【 回 顧 】

【回顧】神戸新聞杯,オールカマーを終えて2012 

2012/09/25 Tue.


 ◎ 回顧記事更新完了しました。(9/25 6:15)


*****************************

◎ 神戸新聞杯2012

A+ 該当なし

A  06ロードアクレイム(8番人気2着),11マウントシャスタ(2番人気3着)

B+ 14ゴールドシップ(1番人気1着),04カポーティスター,07ヒストリカル,09ベールドインパクト

B  13ナムラヴィクター,08メイショウカドマツ

*****************************


◎ レースラップ

無題

12.6 - 10.7 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 12.5
上り 4F 47.4 - 3F 35.8


 菊花賞の前哨戦なので,各馬課題を持ってレースに臨むケースが多い。よって基本的にハイラップというよりも折り合いに専念して後半のために力を溜め,終盤にその温存した力を解放できる練習を行う。

 ラップとしても中盤が大きく緩みやすいのは以上の背景からである。

 今回はフミノポールスターとメイショウカドマツが飛ばす展開だったので,2009年のリーチザクラウンが逃げた2009年のラップと酷似している。

 今回,3着まで占めたのは,後方待機組で彼らが刻んだラップは,中盤が緩み,後半締まったラップでしょう。

 彼らは,菊花賞を意識した騎乗をしながら課題をクリアしてきた馬とみて素直に評価して良いでしょう。

 あと,終いがしっかりしていないと勝ち負けしずらい阪神コースで,前でしっかり折り合って結果をだしてきたユウキソルジャーは面白い存在だと思います。

 阪神 → 京都 の馬場適性値替りで,前残りやすい馬場設定に変更となった場合,面白い存在になりるでしょう。



【馬場状態】

 観察なし。風邪でくたばってました(笑)


 
<< パドックtwitter >>

 神戸新聞杯パドック ◎07ヒストリカル、11マウントシャヒスタ ○02ユウキソルジャー.06ロードアクレイム.14ゴールドシップ ▲01ミルドリーム.13ナムラビクター △04カポーティスター こんな感じかなぁ。 穴はユウキソルジャー




【個人的にコメントしたい馬】
  
 ラップ欄に書いたので,省略気味に(笑)



 06ロードアクレイム

 完全ゴールドシップマークでの競馬でしたね。そして力負け。当日逆転するには乗り方を変えないと厳しいですね。着狙いで割り切った騎乗をするなら再度ゴールドシップマークでよいでしょうが。調教の良さが結果に繋がった馬です。内面は非常に充実してきています。



 14ゴールドシップ

 今の阪神馬場はゴールドシップ好みの馬場だった事実はありますが,強いの一言。ズブくてスタミナのあるタイプなので距離延長は◎ですが,例年の時計の速い軽さが求められる京都馬場への対応が菊花賞ではカギになります。同様の馬場でダービーは負けている事実がある点は忘れてはいけないポイントです。 

 
 10ローゼンケーニッヒ
 
 典型的なヤラずの追い込みで「調教レース」的な意味合いが強いです。まだこの舞台では勝ち負けできないと陣営が判断して「良い経験値」を積ませるための出走とみます。次走は自己条件で狙ってくるものとみます。




【レース後のコメント】

1着 ゴールドシップ(内田博騎手)
「スタートしてすぐコーナーですから、外を回らされるロスのあるレースにしないように、脚をタメて行くことにしました。直線も長いですからね。動き出しは、前の馬を見ながら早めに行きました。直線は何が来るか気にはなりましたが、タイトルホースですからね、負けられませんよ。とにかく、いいステップを踏めたことが良かったです。春に比べて、仕掛けての反応がいいですね。菊花賞でも十分チャンスがありそうです」

2着 ロードアクレイム(福永騎手)
「まだ余裕がありそうです。ただ、ここを使って上積みはありそうです。距離は延びても大丈夫です」

3着 マウントシャスタ(川田騎手)
「久々で返し馬から力んでいました。レースでも前半から力みながら走っていました。4コーナーでは誘われるように内へ入って行きましたが、結果としていい進路ではありませんでした」

4着 ユウキソルジャー(秋山騎手)
「今日は勝負に行きましたが、タイトルホースは強かったですね。でも頑張ってくれました。このまま順調に行けば強くなってくれると思います」

5着 ローゼンケーニッヒ(小牧騎手)
「今日は折り合い最優先。ただ、ゲートはまだ課題があります。でも力はあるところを見せてくれました」

6着 エーシングングン(幸騎手)
「乗りやすい馬です。坂下からひと伸びしてくれましたし、距離は長い方がいいでしょう」

7着 ヒストリカル(浜中騎手)
「道中は有力馬を見ながら、いいリズムで追走出来ました。直線は一瞬伸びかけたのですが、本当に一瞬でしたね。少し軟らかい馬場も影響したかもしれませんが、2400mも長いかもしれません」

9着 カポーティスター(武豊騎手)
「折り合いはつきましたが、4コーナーでは手応えがありませんでした」


<マウントシャスタ=3着>川田騎手 返し馬や、競馬でも終始力んで走っていました。4角で誘われるように内へ入りましたが、結果的にいい進路ではありませんでした。うまく乗れず申し訳ないです。

 <ユウキソルジャー=4着>秋山騎手 最後は実績馬にやられたけど、この馬も力をつけている

 <ローゼンケーニッヒ=5着>小牧騎手 もう少しうまく乗れたら、普通に3着には来られる馬。やはり力はあるよ。ゲートが課題だね。

 <エーシングングン=6着>幸騎手 乗りやすい馬。坂下からもうひと伸びしたし、よく頑張っています。距離は長ければ長いほどいいかも。

 <ヒストリカル=7着>浜中騎手 1、2着馬を前に見ながらの競馬。直線に入ってシュッと伸びたけど、すぐに止まった。今日の緩い馬場が影響した感じですね

 <ミルドリーム=8着>江田照騎手 1~2角はちょっと行きたがったけど、その後は折り合いがついて流れに乗れた。もう少し後ろから行っていれば…。

 <カポーティスター=9着>武豊騎手 折り合いはついたけど、4角での手応えがそんなになかった。

 <ベールドインパクト=10着>四位騎手 ゲートを普通に出たし、ポジションも理想通り。馬場が緩かった分、止まってしまった。

 <メイショウカドマツ=11着>藤岡佑騎手 しぶとさを生かすために早めに行ったけど、踏ん張り切れなかった。自己条件で力をつけていけば。

 <テイエムハエンカゼ=14着>国分優騎手 距離が未知数だったので、折り合いに気をつけて乗りました。相手が強かったですね。

 <ナムラビクター=15着>和田騎手 そう硬さを感じる馬じゃないけど、(芝で)結果が出なかったね。






*****************************

◎ オールカマー2012

A+ 該当なし

A  02ルルーシュ 

B+ 13ナカヤマナイト(2番人気1着),09ダコール

B  03ダイワファルコン(4番人気2着),08ユニバーサルバンク(6番人気3着),15マイネルスターリー

*****************************

 闘争心もあり,充実しているルルーシュを素直に評価しましたが,まさかの4着でしたね。

 一番人気でも鉄板軸という評価でした。

 私の眼もまだまだ甘いですね。。。。

 今回は良い馬が少なくて,6頭のみ選出,うち3頭が出現した内容については◎です。あとは,ルルーシュだけ絡めば完ぺきでした^^;

 まぁルルーシュも4着なので,1-2-3-4着選び抜いたと前向きに評価します。



◎ レースラップ
 
無題

12.6 - 11.3 - 12.4 - 12.5 - 12.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.7 - 12.3
上り 4F 48.6 - 3F 36.0

 事前作業でラップチェックするべきでしたが,作業時間がなく回顧で。

 2008年は3Fで13.0秒を計時して大きく息が入る流れだが,基本は12秒台前半で淡々と流れる持続力戦になりやすい。馬場も絶好の時期なので前を意識した流れとなる。そしてロングスパート戦となる。このロングスパート戦で適性のある馬が結果を出すので,瞬発力&底力が試される天皇賞秋には直結しにくい前哨戦という位置付けでしょうか。

 今回は重馬場なのでラップ比較はしにくいですが,良馬場補正をすればほぼ例年並みの流れでしょうか。



【馬場状態】
 
 把握しておらず。


 
<< パドックtwitter >>

◎02ルルーシュ ○09ダコール、13ナカヤマナイト ▲15マイネルスターリー、16コスモファントム、03ダイワファルコン


【個人的にコメントしたい馬】

 レース後コメントをみていると,馬場に泣いた馬が多いですね(言い訳に馬場のせいにしている可能性もあるけど(笑))


 道悪に泣いてただ回ってきただけの馬をチェックしておきましょう。(レースにならなかった馬)


 他には,

 18コスモファントム 

 大外から先行ポジションを獲りに行くロスと4角で前足を滑らせてあぶない場面もありました。それでも集中して走り切って5着は非常に良いと思います。次走は内枠シフトで更に上位を狙いたい。持続質な競馬が好みの馬で冬将軍でもあるのでこれからどんどん調子を上げていくと思います。ちなみにパドックからも状態面は良くなっていることが確認できました。


 08ユニバーサルバンク

 基本的に道悪はダメな馬だったはずですが,今回結果をだしてきました。馬自身に気力が充実してきた可能性のある内容で充実期に入ってくる可能性がある馬とみています。チェックしておきましょう。




【レース後コメント】


1着 ナカヤマナイト(柴田善騎手)
「この馬は折り合い面が課題なのですが、今日は道中リラックスして自分のペースでレースを走ることが出来ました。それが最後の脚に繋がったと思います。道悪で少し脚を取られましたので、もっと馬場が良ければもっといいパフォーマンスが見せられたと思います。ジワジワとここまで成長して、思った通りになってきました。さらに上を目指すために、さらに成長することを願っています」

(二ノ宮敬宇調教師)
「この馬の筋肉は柔らかくて、調教をするとうまく筋肉がつくのです。しかし、今日のプラス10キロは思ったよりも増えていましたね。色んな経験を積んで、以前とは精神的に違います。馬がゆったりとしています。これでGIを使えることが決まりましたが、まだ目一杯に仕上げてはいないので、もう少し状態は良くなると思います」

2着 ダイワファルコン(北村宏騎手)
「コスモラピュタとラッキーバニラの2頭が前に行くのは分かっていたので、その外につけるのが理想でした。道中リラックスして走って、思ったように動かすことが出来ましたが、早めに先頭に立たされたのが誤算でした。少しこの馬場にノメっていましたが、やはり力はあります」

(上原博之調教師)
「今日は馬がリラックスして走っていました。ただ、この馬場で4コーナーからずっとノメって走っていましたし、勝った馬は道悪でも走れる馬ですからね。良馬場で今日のようにリラックスして走れれば距離もこなせるでしょう。ここに来てまた力をつけていますし、楽しみです」

3着 ユニバーサルバンク(ピンナ騎手)
「やはりこの道悪でしょうか。何度かこの馬のレースビデオを見たのですが、今日は行きっぷりが思っていたものと違いました。良馬場だったらもっと際どい差になっていたと思います」

4着 ルルーシュ(藤沢和雄調教師)
「スムースに先行出来て、前の2頭が下がってきた時もうまく捌けたんですが、外からユニバーサルバンクに来られたりしてスムースに動けなかったのが残念でした」

7着 サンテミリオン(三浦騎手)
「トモが良くなってきて状態も良くなって、ハミの取り方も変わってきました。これでいい方向に進んでくれればいいですね」


  <ダイワファルコン=2着>北村宏騎手 リラックスして運ぼうと思った。早めに先頭に立たされたのが誤算。少しのめっていたけど、やっぱり力がある。

 <ユニバーサルバンク=3着>ピンナ騎手 馬場を気にしたのか、ビデオで見ていた印象より行きっぷりが良くなかった。

 <ルルーシュ=4着>横山典騎手 頑張ったよ。まあ、競馬だから。

 <コスモファントム=5着>丹内騎手 もう少しスムーズだったら。

 <メイショウカンパク=6着>蛯名騎手 前がごちゃついてなければ、もっと前に来られた。

 <サンテミリオン=7着>三浦騎手 トモが良くなって、ハミの取り方も変わってきた。

 <マイネルキッツ=8着>松岡騎手 3、4角でごちゃつきすぎた。

 <ダコール=9着>佐藤騎手 1角で少しのめったけど、ぎりぎりバランスを崩さずに運べた。それでも、切れ味をそがれた。

 <アースシンボル=10着>木幡騎手 前走より調子は上がっていた。

 <ヒットザターゲット=11着>古川騎手 すごくいい手応えだったが、ぶつけられた。あれがなければ。

 <マイネルスターリー=12着>柴田大騎手 一瞬しか反応しなくなっている。気持ちの問題かも

 <ネヴァブション=13着>吉田隼騎手 少しずるさが出てきているのか、行き切れなかった。最後は決め手の差も出た。

 <ラッキーバニラ=14着>戸田師 道悪は駄目な馬なので厳しかった。

 <コスモラピュタ=15着>大野騎手 こういう馬場が合わないのか、走る気をなくしてしまった。

edit

CM: 3
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-09