調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

関屋記念出走馬最終追い切り・調教分析2012 ~【1stSATAE】~ 

2012/08/10 Fri.

<< 更新情報 >>
   
 〇 更新完了しました。(8/10 12:58)

 → 8/11~8/14まで道東の実家に帰省します。おそらくブログは更新できません。競馬もできません。関屋記念は前売りで軽く買って遊びます。ツイッターはチラチラみて返信等したいと思います。



◎ 関屋記念出走馬最終追い切り・調教分析2012

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アスカトップレディ
関屋記念  :栗坂併せ馬馬なり54.3-38.7-25.1-12.8
関屋記念一前: 
ヴィクトリア:栗坂併せ馬馬なり54.1-39.4-25.6-12.4
ヴィクト一前:栗東坂路で4F55秒8―12秒3(仕掛け)。
福島牝馬S :栗坂単走だけどある意味併せ馬終い一杯51.1-37.8-25.0-12.6
福島牝一週前:栗東坂路で4F58秒7―14秒0(馬なり)。
京都牝馬S :栗坂併せ馬馬なり55.7-39.8-26.1-12.8
京都牝馬一前:栗坂55.4-40.4-27.0-13.5(馬なり)
京都金杯  :栗坂単走馬なり56.7-41.0-26.6-12.9
愛知杯   :栗坂併せ馬馬なり53.0-38.8-25.6-12.7
 
 ブレることなく真っ直ぐ走る内容は◎。前走は映像はありませんが,ひと叩きして馬が良くなってきた可能性はあります。前走は末脚を伸ばすだけの競馬で勝ち負けというよりも調教的な内容になった点も◎。




エアラフォン
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯53.2-37.9-24.3-12.2
関屋記念一前:栗東坂路で4F58秒5―12秒7(馬なり)。
中京記念  :栗坂併せ馬終い一杯50.6-36.8-24.8-12.7
中京記念一前:栗東坂路で4F52秒9―12秒7(一杯)。
スワンS  :栗坂併せ馬終い一杯52.4-38.7-25.4-12.7
京王杯AH :栗坂単走終い一杯51.3-37.9-計不-12.8
関屋記念  :栗坂併せ馬終い強め53.0-38.8-25.1-12.3

 中京記念の調教履歴を見たら歴然にわかるとおり,一週前と最終追い切りと負荷は弱くなっていますね。おそらく鬼調教+出遅れての頑張る競馬をやった結果,疲れが残った可能性が高いです。最終追い切りの動きは,終い12.2秒と悪くはないですが併せた相手に劣る内容でした。
  



エーシンリターンズ
関屋記念  :栗CW併せ馬終い一杯79.8-63.9-49.8-36.6-11.9
関屋記念一前:栗東CWで6F83秒9―12秒0(馬なり)。
中京記念  :栗坂単走終い強め51.9-37.9-24.3-11.9
中京記念一前:栗東CWで6F83秒3―11秒5(一杯)。
メイS   :
阪神牝馬S :栗CW単走終い強め69.7-55.0-40.9-13.4(不)
阪神牝一週前:栗CW併せ馬終い一杯82.4-66.4-52.0-38.2-12.3
中山牝馬S :栗CW併せ馬終い強め82.6-66.7-52.8-39.6-12.6(重)
京都牝馬S :栗CW併せ馬馬なり82.1-66.9-53.0-39.5-12.8

 一週前はエーシンジーラインとの併せ馬。しっかりと集中して馬なりで前に出ます。最終追い切りは鬼時計を出す追い切りで全体の時計も速い中でラスト1F11.9秒は秀逸ですね。速い時計で終いまでしっかりと伸びきるというのは馬が走りに高い次元で集中できてないないと出せない内容です。




オセアニアボス
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯53.5-38.1-24.3-12.2
関屋記念一前:
中京記念  :栗坂併せ馬馬なり53.5-39.3-25.3-12.4
中京記念一前:
エプソムC :栗坂併せ馬終い強め53.7-38.2-24.8-12.8
エプソム一前:栗坂単走馬なり53.4-37.9-24.2-12.0
メイS   :連闘軽め調整
京王杯SC :
ダビ卿   :栗坂併せ馬終い一杯52.2-37.8-25.1-12.6
ダビ卿一週前:栗東坂路で4F52秒8―12秒8(馬なり)
阪急杯   :栗坂併せ馬終い一杯53.9-39.3-25.7-12.9(稍)
阪急杯一週前:栗坂55.6―13.2(馬なり)(重)
京都金杯  :栗坂単走馬なり58.4-40.6-26.0-12.4
阪神カップ :栗坂併せ馬終い一杯51.3-37.8-25.4-13.0
阪神C一前 :栗坂単走馬なり53.1-38.2-24.9-12.2
阪神C前走 :栗坂終い強め54.0-38.7-25.2-12.5
スワンS  :栗坂併せ馬終い一杯53.9-38.1-24.6-12.2

 昔ほど調教は動かなくなってきた印象です。使い詰めですが,前走は次につながる光るものがありました。ただ,馬場バイアス的にはパワー向きなので軽いスピードが求められる馬場だと適性負けする可能性もあります。調教は目立たないなりに確実に良化しつつあります。




キョウエイストーム
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯49.4-36.3-23.8-12.1
関屋記念一前:美浦坂路で4F50秒4―13秒2(馬なり)。

 凄い久しぶりな印象(笑)。動きは機敏で元気よく坂路を駆け抜けます。状態面は休み明けながら良いレベルにあります。走りを見るとやはりパワー型ですね。新潟の軽いスピードを求める馬場は合わない可能性も秘めています。適性値負けする可能性ありです。




ゴールスキー
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯53.5-38.2-24.6-12.3
関屋記念一前:栗東坂路で4F54秒2―12秒6(馬なり)。
中京記念  :栗CW併せ馬終い一杯83.7-67.2-52.1-37.9-11.7
中京記念一前:栗東坂路で4F52秒8―12秒6(仕掛け)。
富士S   :栗坂単走終い一杯51.1-38.1-25.3-13.1

 同馬も前走光るものを見せた馬。一頃に比べて馬が大分良くなりましたよね。追い切りでも気を抜くことなく走れています併せた相手はエアラフォンでしょうかね。前走より更に上昇という見方で良いです。あとは,同馬も新潟の軽いスピード質の馬場に適応できるかどうかでしょうか。こちらもパワー適性値の高い馬です。



シルクアーネスト
関屋記念  :栗CW単走馬なり82.7-67.3-53.0-39.1-12.2
関屋記念一前:
エプソムC :栗坂併せ馬終い一杯54.6-39.3-25.5-12.5
エプソム一前:栗東CWで6F80秒6―12秒2(一杯)。
湘南S   :栗坂単走終い一杯53.6-39.6-25.4-12.4
湘南S一週前:栗CW単走終い一杯83.4-68.9-54.9-40.4-13.0
昨年安田記念:栗CW単走馬なり83.1-67.2-52.7-39.3-11.9

 綺麗な飛びですね~!いかにも直線の長い競馬場が良いタイプですね。馬なりですが躍動感があって追ったら弾けそうな気配です。良いんぢゃないでしょうか。




スマイルジャック
関屋記念  :美南W3頭併せ馬なり81.9-66.9-52.5-39.1-13.0
関屋記念一前:美浦Wで6F83秒4―13秒1(一杯)。
宝塚記念  :美南W単走終い強め78.9-64.0-50.6-37.5-12.8(不)
安田記念  :美南W併せ馬84.2-68.2-53.5-39.2-12.7(重)
安田記念一前:美南W併せ馬終い一杯80.8-65.3-51.0-37.2-12.8(不良)
フェブラリー:美南W併せ馬馬なり83.6-68.0-53.7-39.9-12.8(稍)
フェブ一週前:美南W45.3―14.9(馬なり)
東京新聞杯 :美南W併せ馬終い一杯82.7-67.5-53.2-39.4-13.5
阪神カップ :美南P単走馬なり81.5-65.0-50.9-37.3-11.6
マイル   :美南D単走終い一杯52.8-37.6-12.8
マイル一前 :美P単走終い一杯82.1-65.5-50.9-37.7-12.1
安田記念  :美南W併せ馬一杯遅れ79.8-66.0-52.2-39.2-13.9

 勝負調教のときはガンガン鬼時計を出しますが,今回は馬なり調整ですね。馬なりながら弾ける躍動感があり良い動きです。楽に馬なりで併走馬も突き放しています。状態面としてはすこぶる良い状態に見えます。
 



チャームポット
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯52.3-37.7-24.8-12.8
関屋記念一前:
中京記念  :
中京記念一前:栗東坂路で4F52秒9―12秒6(強め)。
ヴィクトリア:栗坂単走終い強め54.5-39.4-25.3-12.4
阪神牝馬S :栗坂併せ馬終い一杯57.4-42.1-27.4-13.5(不)
阪神牝一週前:栗坂併せ馬終い一杯53.7-39.3-25.9-13.2
初音S   :栗坂併せ馬終い一杯56.7-41.0-27.0-13.4

 一杯に坂路を追って好時計を計時します。ただ,時計の出し方として力いっぱい走ってこの時計という感じですね。時計だけ見たら良さそうに見えますが,動きから観察すると,大きく評価を与えるほどではありません。50秒くらいの時計だったら別ですが。




ドナウブルー
関屋記念  :栗坂単走馬なり54.0-39.0-25.5-12.4
関屋記念一前:栗東坂路で4F51秒7―12秒0(一杯)。
ヴィクトリア:栗坂単走終い一杯51.8-38.0-24.6-12.2
ヴィクト一前:栗坂併せ馬終い一杯53.4-39.0-25.4-12.5(稍)
中山牝馬S :栗坂単走終い強め56.2-40.7-26.7-13.3
中山牝一週前:栗坂併せ馬終い一杯55.7-41.0-27.3-14.2
京都牝馬S :栗坂併せ馬終い一杯54.4-39.7-???-13.1
京都牝馬一前:栗坂併せ馬終い一杯54.2-39.4-25.9-12.9
11/19 1000:栗坂単走終い一杯52.4-38.2-25.1-12.5  

 素直に評価したい馬です。走法が非常に良くなってきました。前に対する推進力が生まれるように上手に身体を使えています。これは,厩舎・育成スタッフの努力の結晶でしょうか。馬なりで楽に良い走りができています。飛びも大きく,これから躍進していくだろうと思える器です。




トライアンフマーチ(回避のようです)
関屋記念  :栗CW併せ馬馬なり85.6-68.5-52.1-38.0-11.8
関屋記念一前:栗東CWで6F79秒8―12秒9(一杯)。
中京記念  :栗坂併せ馬馬なり52.2-37.8-24.9-12.6



ネオサクセス
関屋記念  :美坂単走馬なり48.8-35.4-23.8-12.4
関屋記念一前:美浦坂路で4F49秒5―14秒4(一杯)。
マイラーズC:美坂単走終い一杯51.2-38.6-26.8-14.8(稍)
マイラ一週前:
ダービー卿 :美坂単走馬なり50.6-36.6-24.6-12.7
中山記念  :美坂単走一杯49.7-37.3-25.6-13.5
中山記念一前:美坂単走馬なり50.2-37.1-24.8-12.5
中山金杯  :美坂単走強め51.4-38.5-25.6-13.2

 時計の出し方が少し気になります。いつもコースの大外を一杯に追ってくる同馬ですが,ショートコーナリングで内を回っています。大概,美浦坂路で調教する馬は大外を走らせるのでこの最内を走らせるのは珍しいですね。
好時計を出したい意図があるのでしょうか。時計は別として休ませた効果で動きは非常に良く見えます。



マイネイサベル
関屋記念  :美南W単走馬なり86.6-70.4-54.9-40.6-13.5
関屋記念一前:水野師を背に美浦Wで6F83秒2―12秒7(一杯)。
ヴィクトリア:美南W単走馬なり70.1-54.9-39.9-12.4
ヴィクト一前:美南W単走終い一杯69.2-54.0-39.7-12.5(稍)
福島牝馬S :美南W単走馬なり83.7-68.0-53.3-39.2-13.1(重)
福島牝一週前:水野師を背に美浦南Wで5F68秒4―12秒1(強め)。
中山牝馬S :美南W単走終い強め83.3-67.8-54.0-40.3-12.9(重)
中山牝一週前:美南W併せ馬終い強め74.2-57.5-41.6-12.2(稍)

 一週前にビッシリやって最終追い切りは反応を確かめる程度の調整を行うのが同馬の特徴で本来は一週前調教映像を観たい馬であります。飛びが大きくいかにも直線の長いコース向きで適性値は高いです。ただ,動きは8~9分といったところですね。適性値の高さでカバーしたいところです。




メイショウカンパク
関屋記念  :栗坂単走終い強め53.4-39.0-25.3-12.7
関屋記念一前:栗東坂路で4F53秒8―12秒8(一杯)。

 坂路で単走,終いにかけて脚運びのピッチが上がり真っ直ぐブレずに飛んできます。前に推進力が生まれる身体の使い方は非常に良いですね。しかも仕掛けてからの動きが非常に良い。時計には見えない動きの良さを感じさせる追い切り内容です。後躯のウッドチップの飛ぶ様はいい感じですね☆




レインボーペガサス
関屋記念  :栗坂単走終いムチ52.7-38.9-25.8-13.2
関屋記念一前:栗東坂路で4F52秒6―13秒3(強め)。
京王杯AH :栗坂単走終い一杯51.5-38.0-25.3-12.9
京王AH一前:栗東坂路で4F51秒3―13秒3(馬なり)
昨年関屋記念:栗坂坂単走終い一杯50.9-37.3-25.1-13.1

 動きの質が断然に昨年の方が上ですね。今年はしかもフラフラと駆け上がっています。追い切りを見る限りでは買えるレベルではないですね。非常に残念です!




レッツゴーキリシマ
関屋記念  :美坂単走終い一杯50.9-37.0-24.3-12.0
関屋記念一前:
中京記念  :美坂単走終い強め53.7-38.4-24.7-12.1
エプソムC :美坂単走馬なり50.4-37.4-24.9-12.7(重)
エプソム一前:美浦坂路で4F50秒2―13秒3(一杯)。

 2度叩かれて,一番良い状態に持ってこれた印象です。馬場の真ん中を走っているので時計は早くなりやすいですが,終いのみ追う調教なので余力はたっぷりです。追われてからビュっと伸びるメリハリある内容は◎です。



ドリームカトラス(映像なし)
関屋記念  :
関屋記念一前:
中京記念  :栗坂併せ馬終い一杯52.3-37.8-24.8-12.6
中京記念一前:
阪急杯   :栗坂単走馬なり59.3-43.9-28.8-14.4(稍)
阪急杯一週前:栗坂単走終い一杯57.7-42.6-28.1-13.6(重)
節分S   :栗坂単走終い強め56.6-41.5-27.2-12.8


スピリタス
関屋記念  :栗坂単走馬なり53.9-38.5-24.8-12.3
関屋記念一前:

 成績が示す通り,今は本当に調子が良いのでしょうね。ブレることなく真っ直ぐ駆け上がる様は非常に良い。フットワークも◎。時計は平凡ですが,時計を出す追い切りではないでのでこんなもんでOK。要注意です。



ラインブラッド
関屋記念  :栗坂併せ馬終い一杯53.2-38.4-24.5-12.6
関屋記念一前:

 パワーを感じさせる走りですね。調教を見る限り一本調子気味で少し集中力に欠けるそぶりを見せています。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ メイショウカンパク

A  ドナウブルー

B+ シルクアーネスト,エーシンリターンズ,スピリタス

B  アスカトップレディ,ゴールスキー,スマイルジャック  

次点 エアラフォン,マイネイサベル,レッツゴーキリシマ,ネオサクセス


( 補 足 )

 調教等を見ていて感じたことは,いい意味でメンバーが揃った一戦という評価です。

 調教見る限り非常に切りずらい馬が多いです。良い馬を評価するよりも,馬券から外す馬を選ぶ方が書きやすいですね(笑)

 (消し馬対象)

 レインボーペガサス 昨年の勢いなし

 ラインブラッド 適性はパワーより,一本調子気味で集中できていない

 チャームポット 時計は出しているが,横の比較から明らかに足りないイメージ



 久しぶりにA+評価をつけてみました。

 メイショウカンパクです。

 調教の動きも非常に良く,フォトパドックも最上位評価,前走評価も私の中では評価高いです。新潟適性値も持っています。

 総合的に勘案し,A+評価を与えて良いと考えての決断です。

 ちなみに,私は「ヤリ馬」だと考えています。

(追 記)

 一つ死角がありました。書く前に気づきませんでした!(笑)

 マイルという距離をしばらく走っていないという点は大きな不安ですね。中京記念のように距離バイアスがマイル以上のレース質になればよいのですが・・・・もう書いてしまったので変更はしませんが,不安点です。



 A評価も1頭

 ドナウブルーです。

 本来ならB+評価ですが,他のB+評価馬と差をつけるため,この位置にしました。

 走りを見る限り,キャリアを重ねることで馬が非常に良くなった印象を受けます。

 休み明けではありますが,一週前追い切りをしっかりこなし,最終追い切りで資質溢れる走りを見せているのでこの評価をしてみました。

 今秋の狙いは,京都のマイルチャンピオンシップでしょうか。牡馬混合戦で戦えるレベルまで馬を成長させるためにも重要な一戦といったところでしょうか。試金石です。
 


 B+評価は3頭

 スピリタスは,本当に具合が良さそうです。除外対象でしたがギリで出走に駆けこめたとのこと。今は「運」も持ち合わせている馬でもあり,注目すべきでしょう。距離短縮も合うと見ています。


 エーシンリターンズは,前走好調教で今回も高レベルな調教を行っていたこと,適性値が前走より向上しそうなことからこの評価としました。A評価としなかったのは,前走評価が低いことです。前走はある意味度外視でも良いでしょうから不当に人気が落ちるなら拾いたい存在です。


 シルクアーネストは,いかにも左回り&1600mが合うと思う馬です。調教もしっかりと大とびで飛べており,フットワークも上々です。完璧な状態かと言われると,そうではないでしょうが,同レースに対する適性値の高さを評価しました。完璧ではありませんが,状態面も悪いという訳ではありません。



 B評価は3頭

 B+評価馬とさほど差はないと思っております。ただ,無理矢理差をつけてみました(笑)

 ゴールスキーは,とにかく前走評価が高い馬。ムラっぽい気質は持ち合わせていますが,今は馬が走りに集中しつつあります。前向きな気持ちが前面にでているので今回も能力を十分に発揮できると見ています。馬場性質が中京記念とは若干異なるのでその点を加味してこの位置にしてみました。馬場が荒れてきていたとしたら,同馬が浮上しやすい環境にあると思われますので土曜日の馬場チェックは大事です。


 アスカトップレディは,前走「ヤラズ」だったと考える存在。大概ヤラズのあとは,「ヤリ」に変わるので押さえるべき存在です。調教でもブレずにしっかり真っ直ぐ走れていたので,良いレベルです。前走を調教と考えたら必然的に前進できるタイミングです。


 スマイルジャックは,調教の良さを大きくピックアップしました。近走のなかでは一番条件が向いているということもあります。今年に入って過去最高のデキであることは間違いなく断言できる存在です。


 押さえたいですが,評価メンバーが多くなり過ぎる。

 少し評価しなかった馬たちについてコメントします。

 
 エアラフォン

 状態面という部分では前走がピークなので今回大きく強調する点がないということで落としました。前走評価は悪くはないので最低限押さえても良い存在です。



 マイネイサベル

 適性値としては最上位です。ただ,調教の動きから「ヤリ」気配が正直感じられません。かといって悪いという訳ではないので適性という面からは押さえたい存在です。


 
 レッツゴーキリシマ

 近走の結果は不満ですが,近2走よりも動きは格段に良くなっています。


 
 ネオサクセス

 調教の動きは上々ですが,横の比較で上げきれず。


 あと、次点にもありませんが


 オセアニアボス

 近走では一番良い状態に見えます。ただ、適性は前走比で落ちるとみて大きく評価していないだけです。デキ自体は良いので,同馬の性質を当レースに大きく評価している方は素直に評価してよい状態レベルだと思います。





★ ブログ上の軸馬

 
(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合







(2) 想定4番人気以降から軸馬を選出する場合


 09スピリタス

 13メイショウカンパク 
 

 どちらかから攻めたいところですね!!




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています



*** コメント返信 ***

edit

CM: 10
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-08