調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】NHKマイルカップ出走馬フォトパドック診断2012 

2012/05/03 Thu.


 さて,今週も予習作業が遅れています。週末に向けてしっかりと分析を行っていきます。前哨戦の復習をサボってきているのでしっかりとトライアルレースを見て各馬の評価を行っておくことが大事ですね~今週末は時間がかかりそうです。



◎ NHKマイルカップ出走馬フォトパドック診断2012


アルフレード

馬体は非常にスキッリしてきました。後躯の発達はそのままで,主に前駆の筋肉の質を高めたように見られます。kazuyaさんが前走懸念していた背中のラインも大きく変化してきました。馬体的にはG1仕様に研ぎ澄ませてきたというイメージを持ちます。




オリービン

ニュージーランドトロフィーでは,調教の良さが際立っていた馬。大外枠でなければ買いたいと思いましたが,残念ながら買いたい馬が不在で「見」したレースです。最後は大外枠の不利を克服して追いこんできた馬です。仕込み馬指定として狙っている馬です。馬体はというと,胸前が非常に発達しています。後躯もしっかりしており皮膚も薄そうです。若干胴が詰まり気味でタフな東京コース替りはどうなのかなぁ~というイメージは感じさせます。ただ,まだ若駒戦なので前走結果,調教で感じさせる充実度からは買い目からは外せない存在と位置づけています。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)




カレンブラックヒル

母チャールストンハーバーは,カレンブラックヒルの下に父ゼンノロブロイで東サラで募集があったので注目していたのが同馬でした。
(妹はダイワメジャーではなくゼンノロブロイかつ馬体が大きく出すぎているので,出資検討はしましたが,辞めました。ここで兄カレンブラックヒルが結果を出せたら,一気に売り切れそうですね。)
馬体は腰高体型でまだ完成しきっていないというイメージが強いです。現状でも能力を見せつけていますし,キッチリカッチリとした馬体が作れています。悪くはないと思います。
余談ですが,今ちょうどしっかりとニュージーランドトロフィのレースを見たのですが,持続的な脚を前で使いながらもう一段ギアを上げて突き放す内容。速い流れに身を置くと強い馬なのかなぁと思いました。

12.1 - 10.6 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 11.7 - 12.0 - 11.9
上り 4F 47.6 - 3F 35.6

逆を言えば,スローペースからの瞬発力勝負は不安がありそうに見えました。脚を溜めて爆発させる能力はあまりなさそうに感じたレースぶりでした。(最後追う段階では手ごたえがあやしそうに見えたが,もう一段突き放せる内容は素直に評価できるが・・・,うまくタメを作れるのか怪しい気配を感じました。)

ラップ的には,ラファエロさんが今週は気合を入れて考察してくれそうなのでそちらを参考に頭の中をまとめていきたいと思います。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)



シゲルスダチ

前走はたまたま見ましたが,強かったですね~レオアクティブに勝ちました。馬体はというと黒船産駒らしいあし毛ちゃんで可愛い!馬格は若干小さめですね~G1を意識すると,買いずらい評価になります。好走舞台も阪神の重い馬場でのもので高速仕様の東京馬場に適性があるかどうかでしょうか。黒船という父のイメージからは疑問符がつきそうです。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)



ジャスタウェイ

やっと東京出陣が叶いました!ずっと東京コースで走らせたいと言い続けていた(私が(笑))のが同馬です。ただ高速仕様の馬場になるとどうかなぁという点もあります。血統的には若干パワー・スタミナよりのイメージを持ちますし,重い馬場の阪神で高パフォーマンスを見せました。
肝心な馬体ですが,気になる点が一つ。こじんまりとして見えてしまうのですよね~きさらぎ賞の写真と比べるとトモ,お尻に威圧的な雰囲気を感じさせません。こういう馬なのかもしれませんが,もっと馬体に張りが欲しい!細く,こじんまりと見えすぎるという点が気になる点として挙げさせていただきます。



セイクリッドレーヴ

一方で張り・艶のある馬体を見せてくれているのが同馬。ワールドエースと同じく斜尻で急坂に不安がありましたが前走はしっかりとこなせましたね!前駆が強いのでこれがカバーしてくれたと思われます。馬体をみる限り,好調であることはわかります。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)



ブライトライン

前走レース見ましたが,オリービン以上の脚を最後使って3着を死守してきました。道中は馬群のなかに入れて,気持ちが前に出すぎている素振りを見せながらも鞍上がガッチリと押さえこんで折り合わせていました。(暴走しそうになっている素振りもありましたが,馬群の中にいたので救われたのかもしれません。)その折り合いに専念する姿を見ると,外枠,スローペースで流れると,暴走する可能性はありそうです。ニュージーランドトロフィーのラップで・・・そんな感じになるのなら・・・・これ以上のペースで流れると考えれば,ねらい目はありそうです。能力があっても気性が・・・・そんな成績を辿るような気がします。距離短縮は確実に合います。1400mでは相当強そうですよね。って全然フォトパドックの話になっていない(笑)
馬体は非常に張り・艶があります。依然好調と見て良いと思います。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)



マイネルロブスト

今回のフォトパドック撮影は4/12,他馬は4/24なのに約2週間の違いがあります。それが気になる点であまりフォトパドックは参考にしないほうが良いかもしれません。馬体は,スプリングステークスのときが一番研ぎ澄まされていますね~段々と崩れてきています。トライアル勝負,皐月賞勝負だった可能性の高い馬です。運がない馬です。



マウントシャスタ

前走の抜け出すときの脚のキレにはびっくり!という感想を持っているのが同馬です。(もちろんこれを差し切ったヒストリかるはもっと凄いです。)
フレンチデュプティの血が入っている牡馬の割には華奢だなぁというのが第一印象。父ディープインパクトのほうが強く出たのでしょうか。馬体もまだまだ成長力十分な感じに見えます。ここにメイチに仕上げてきた!!というイメージは感じさせません。それでも狙いたくなるのが「前走のレースぶり」です。
(過去のサンプルがないので縦の比較はできていません。)



レオアクティブ

朝日杯に比べて明らかに馬体が力強くなった,どっしりしてきた,緩さが抜けてきたというのが同馬で確実に成長している存在です。あとは,東京マイルに適性があるかどうか。臨戦過程が1400mに偏ってしまっている辺りがここを本番として仕上げてきたか不明確な部分でもあります。





≪ 総 評 ≫


少し個人的な想いも入っていますが,近走のレースぶりと調教過程も評価して

人気ブログランキングへ1頭目記載(80位~120位くらい)

です。


いかんせん,クラシックと違いこの裏路線は,フォトパドックの過去のサンプルが少ないので縦の比較がしっかりできないという弱点がありますので他の要素も少し加味させて強弱をつけます。


馬体的に不安要素のある馬

×マイネルロブスト(縦の比較で落ちてきている。ただ今回のFPは4/12なので,ここで結論付けるのはまだ早いか)
×ジャスタウェイ(馬体がこじんまりと出すぎている点は非常に気になる。大きく成長してきた雰囲気がない。)
×シゲルスダチ(クロフネ×ブライアンズタイムで馬格が小さい・・・G1で勝ち負けのイメージなし)



馬体は研ぎ澄まされてきた。あとは気持ちがあのころの時のように戻ってきたか・・・それは追い切りでしっかり確認する存在の馬

人気ブログランキングへ2頭目記載(80位~120位くらい)


不安点はありますが,馬体だけで言えば,絶好調です!

人気ブログランキングへ3頭目記載(80位~120位くらい)


edit

CM: 4
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-05