調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

【フォトパドック】京都記念,共同通信杯出走馬フォトパドック診断2012 

2012/02/08 Wed.



◎ 京都記念出走馬フォトパドック診断2012


ウインバリアシオン
菊花賞時は研ぎ澄まされた馬体で素晴らしかった!それにくらべるとJCのFP馬体は,楽させたことが感じられる馬体だった。それでいて好走するのだから資質は大したものです。
今回もまだ皮膚は厚ぼったく,休み明けレベルでの仕上がりでしょう。それでもトモや前駆の筋肉の作りは悪くはありません。



ゲシュタルト
AJCCを使っているので,相変わらず無駄肉は感じられない。デキについては良い意味での平行線で順調と判断してよい。



ダークシャドウ
斜めから撮っているようで,腰が低く見える!ちゃんと撮って欲しいんですけど(笑)
休み明けとしたら合格点レベル。堀きゅう舎は仕上げが丁寧ですよね!圧倒的な人気となる場合は,疑問符レベル。休み明けとしては合格点ながらも,絶対的な存在かと言われると,「否」とさせていただく。



トレイルブレイザー
ジャパンカップ出走時と比べると若干太く見えるが,それ以上に成長が著しいのは「トモ」。
これは一目見てわかるので是非比べてほしい。馬体もいかにも「スタミナ・体力型」というイメージ。京都外回りよりもやはり東京コースや阪神コースでタフなラップでのスタミナ戦で浮上するイメージを感じます。



トーセンラー
仕上がりの早いタイプ。フォトパドックは菊花賞と比べてもそん色ない。あとは追い切りで末脚一閃の調教を確認したい馬。ディープインパクト産駒で京都外回りコースが合う。



ヒルノダムール
文句ないですね!明らかに有馬記念以上の状態にあります。研ぎ澄まされましたね。有馬記念時に次走の仕込み馬として名前を挙げた馬。現時点では堅軸ほぼ確定です。



<< 総 評 >>


◎ヒルノダムール
〇トーセンラー
△ダークシャドウ
△ゲシュタルト
△ウインバリアシオン


トレイルブレイザーは,適性面で横の比較をした結果,外しました。




◎ 共同通信杯出走馬フォトパドック診断



アーカイブ
馬体全体のアウトラインは悪くないけど,まだまだ成長の余地を残すイメージを抱かせる馬体。



コスモオオゾラ
一方でこちらは,現時点でもしっかり実が詰まっている馬体。皮膚は薄く無駄肉もなし。筋肉も前駆後駆しっかり。デキに関しては非常に良い。



ゴールドシップ
この馬も非常に良いですよね!あし毛馬は見栄えが悪いのですが,トモの丸みが非常に強調されています。馬体もしっかり締まっていますし,バランスも良い。非常に良いのではないでしょうか。



ジャングルクルーズ
ジャンポケ産駆だが,ジャンポケを感じない馬体だなぁ~というのが感想。馬体の実の入り方は悪くない。脚の感じから瞬発力がありそうな馬体である。



ディープブリランテ
やけに胴詰まりの馬体だなぁ~同馬の距離適性は2000mまで。秋以降はマイル以下,むしろ1400m以下のほうが良さそうな馬体かなぁ。現時点での完成度は高い。トモの作り,脚の感じはいかにも瞬発力を感じさせる。ハイラップの体力戦・スタミナ戦になった場合,遅れをとりそうなイメージ。ゆるい流れの瞬発力戦だったら完成度で圧倒しそう。



レッドブレイゾン
非常に完成度の高い馬体。無駄肉もなく研ぎ澄まされた馬体で張りもよい。若干胴が巻き上がり気味なのはきになるところ。立ち姿も大きく開いている点は好ましくない。



<< 総 評 >>

◎ゴールドシップ
〇コスモオオゾラ
▲ディープブリランテ




ディープブリランテは瞬発力戦で圧勝するイメージ。


レース質次第では浮きもするし,沈むケースもありえると見る。(馬体適性的な見方で)

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-02