調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

シルクロードステークス出走馬最終追い切り・調教分析2012 ~【1stSTAGE】~ 

2012/01/28 Sat.

<< 更新情報 >>

1/28 6:45 更新完了


一週前追い切り情報は,こちら >>> 馬三郎タイムス (リンク張ってます。)

        
 うー!今週末は3重賞か・・・・一応全部書ききるつもりだが,キツイかも。。。(笑)

 補足を簡略化するかもしれませんのであしからず^^;


◎ シルクロードステークス出走馬最終追い切り・調教分析2012 


アポロフェニックス
美坂単走終い一杯51.8-36.9-24.6-12.6(稍重)
一週前  :美坂50.6―12.3(一杯)
オパールS:美坂単走馬なり51.7-37.7-24.3-11.9
アイビス :美坂単走終い強め50.8-36.7-24.0-12.0

単走での坂路追い。前半は脚捌きが非常にキビキビと力強く,好印象。最後にかけて脚色が鈍りだし,ムチを入れてもう一追いしてくる。うーん?と思ったが,馬場が重い印象を受けた。一週前より時計がかかるコンディションで力がいる馬場になっている模様。一週前に好時計を出せて,最終追い切りもこの気配で走れていれば,仕上がり具合は良い部類と判断する。




エーシンヴァーゴウ
栗坂単走終い強め52.2-37.7-25.2-12.8
一週前  :栗坂38.6―13.5(4Fエラー馬なり)
スプリンタ:栗坂単走終い強め(良)49.9(13.1)-36.8(12.0)-24.8(12.2)-12.6
セントウル:栗坂単走終い一杯52.1-37.3-計不-12.7
アイビス :栗坂単走強め<ほぼ馬なり>50.1-36.6-24.3-12.3

スプリンターとアイビスSDと好時計出しているときは,騎手乗り,セントウルや今回は助手乗りですね。助手が乗ると時計がかかる傾向にある。昨年は夏から秋にかけて充実一途。調教VTRを見直したが,素晴らしいですね!スプリンターやセントウルで疲労面があると評価したが恥ずかしいという一言。精度の高い目を養わなければ。今回の最終追い切りは,過去の追い切りに比べて明らかに「勢い」がない。最後は脚がバタバタになりかけている。過去の追い切りは,最後まで力強さが垣間見られる。しっかり休ませてあげた分,今回のデキは休み明けレベルといったところか。資質はやはり高いモノを持っている。

(追 記)
馬場補正等を考え,かつ横の比較をすると,やはり必然的に上位評価。基本は高松宮記念に向けたステップなので,是が非でも「勝ち負け」ではないが。福永騎手がロードカナロアを選んだ点は,想像に任せる。





エーシンダックマン
栗坂単走馬なり55.3-40.9-26.7-13.2
一週前  :栗坂50.2―12.8(一杯)
淀短距離 :栗坂単走終い一杯51.-5-38.5-26.2-13.6
アンコール:栗坂単走馬なり53.0-38.8-25.6-13.0

一週前は鬼時計計時,最終追い切りは軽く流す形。一歩一歩力強く走れているので状態面はいいのだろう。最終追い切りもしっかり追ってきて欲しかったというのが本音だけど。最終追い切りを軽め調整でも走ってくる馬が多いので注意が必要!京都金杯のダノンシャーク,昨年マイラーズカップのクレバートウショウなど。




キョウワマグナム
栗坂併せ馬終い一杯53.4-39.8-26.2-12.8
一週前  :栗坂52.6―12.6(終い強め)
京阪杯  :栗坂併せ馬終い一杯53.0-38.6-25.2-12.6

正直な感想は,「短距離馬らしいスピードを感じさせない」と率直に感じる追い切り。マイル走らせるのかな?といった追い切りにみえる。馬体もパワー型で冬場の馬場は合いそうだが,その分スピードに欠ける面が垣間見える。重賞クラスに入ると横の比較で見劣る馬。




グランプリエンゼル
栗坂併せ馬終い一杯54.4-40.4-26.9-13.3
一週前  :栗坂54.0―12.5(強め)
京阪杯  :栗坂併せ馬馬なり53.6-38.9-25.7-12.9

馬場は綺麗で時計が出やすいコンディション。それでいてこの時計だと,正直なところ評価しずらい部分はある。内面には良い負荷がかかっており,前向きさが出ている点は良い。この馬はパドックでわかりやすい馬なので要チェックすべし。




ケンブリッジエル
栗坂単走馬なり54.2-39.3-25.7-12.9

ラチ沿いをピッタリと単走で楽に駆け上がる。この馬なりに前向きさがあり,しっかりと走れている点は良い。




サンダルフォン
栗CW単走終い一杯85.0-68.6-53.1-39.4-12.9
一週前  :栗CW79.6―13.1(一杯)
アンコール:栗CW単走終い強め67.6-52.0-37.6-12.0

うーん。。。。調教動かない。。。。ズブい(笑)




スギノエンデバー
栗坂単走馬なり54.9-???-???-???
一週前  :栗坂60.4(1Fエラー、馬なり)
淀短距離 :栗坂単走馬なり57.0-40.5-26.4-13.2

使い詰めなので,強い追い切りはいらないといったところだろうか。追い切りを見る限りは,馬の内面は高い位置にある。使い詰めで精神状態が硬くなっていない点は評価できる。




スペシャルハート
美坂単走馬なり51.4-37.0-24.2-12.2(稍重)
前走  :美坂単走終い強め51.1-36.9-24.2-12.2

この馬は,明らかに短距離馬!1400m以下でこそパフォーマンスを発揮できる。馬なりで楽に時計を出す身体能力は素晴らしい。併せ馬で内面に負荷をしっかりかけてくれればもっと良かった。



ダイワナイト
美南W併せ馬終い一杯67.2-52.7-38.8-13.1(稍重)
一週前  :美南W併せ馬終い一杯68.7-53.7-39.4-13.1
市川S  :美南W併せ馬終い一杯66.8-52.5-38.8-13.0

一歩一歩が力強く,パワーを感じる印象。ヒカリキャピタル(4歳500万下)と併せてしっかり前に出てフィニッシュ。逃げ馬の調教とは思えない内容なので,今回は逃げないで(逃げれないというのが本音か)好位差し込みを狙っているのかなと思わせる調教内容。




ダノンフェアリー
栗坂単走終い一杯52.7-38.2-25.6-12.9
一週前  :栗坂52.6―12.4(強め)
サンライズ:栗坂単走終い一杯52.2-38.1-25.5-12.7

心身共に充実してきた走りになっている。最後は若干一杯だよ~!という素振りを見せかかったが頑張った。二週連続しっかり負荷がかけられているので上昇は見込めそう。




ツルマルレオン
栗CW併せ馬終い一杯84.8-67.8-52.9-38.8-12.9
一週前  :栗坂単走終い強め51.0-37.9-25.2-12.7


うーん,ゆったり行かせた割には終いのキレが甘い。




マジンプロスパー
栗CW併せ馬終い一杯81.9-65.8-50.8-37.4-12.1
一週前  :栗CW単走終い一杯63.0-49.5-37.0-12.1
醍醐   :栗CW単走終い一杯80.3-65.4-51.6-38.2-12.6

長いところをしっかり追ってきた点は評価できる!最後もしっかり併走馬を突き放して12.1秒でフィニッシュ。もう少し動きに余裕が出てきたら文句ない。ここを叩いて次は前進できる。

(追 記)
馬場補正を考慮すると,素晴らしい時計。最後の伸びも12.1秒は横の比較をすると非常に優秀。岩田騎手を起用してきた点も評価できる。






ロードカナロア
栗CW併せ馬馬なり82.0-66.0-52.5-37.6-12.3
一週前  :栗坂50.1―11.8(一杯)
京阪杯  :栗坂併せ馬馬なり(見せムチのみ)51.7-37.7-???-12.2

フレデフォート(5歳500万下)との併せ馬。内から併せて直線は先行する形。外からフレデフォートが一杯に追って来るが,馬なりで楽に受けて終始前ポジションをキープしフィニッシュ。心身ともに充実一途という感じ。スピード感もあり,精神レベルも相当高い。短距離馬としての資質・状態面として非常に高いレベル。



ヘッドライナー
栗坂単走終い一杯51.9-37.7-25.0-12.7
一週前  :栗坂単走終い一杯50.5-37.1-24.5-12.4
スプリンタ:栗坂単走終い一杯54.5-39.1-24.7-11.8

映像なし。この馬は,テンが遅い逃げ馬なので,逃げれるかが問題。逃げれたら走れる状態にはある。




☆ 追い切り評価 ☆

A+ 07ロードカナロア

A  04マジンプロスパー,08ダノンフェアリー

B+ 03エーシンヴァーゴウ

B  13エーシンダックマン,02スギノエンデバー

※ 11アウトクラトール,09ヘッドライナーは映像なし。評価外。 


( 補 足 )

 京都内回り1200m戦というのが一つのポイント。内差し馬は,前が開けば台頭できるが,前が開かない可能性も高いのでピンかパーかの可能性が高い。軸には不向き。

 また,枠で言えば,外枠は大きな不利。エーシンダックマンのテンの速さを考慮すれば,この馬はクリアできそうだが,その他の馬は,不利になると想定している。


 追い切りでいえば,12スペシャルハート,16アポロフェニックスは良い部類。

 しかしながら,前者は1200mの上級戦経験がない,後者は内枠差しでハメた前走を考慮すると,レース適性という点から評価を下げた馬。次走以降狙いたいと考える。

 12スペシャルハートは自己条件東京芝1400mで大きく狙いたい馬。

 最後に,一番注目すべき点は「馬場状態」

 前残り馬場なのか,差し込み馬場なのか,パワー型が台頭しているか,スピードで押し切れているか。 

 馬場不良明けなので,コンディションには要注意。

 今週は3重賞なので簡略的に行きます。


☆ 想定1番人気馬診断 
 
 ◎07ロードカナロア 
 
 福永騎手もしたたかに同馬を選択。短距離馬としての資質はG1級。一週前にしっかり坂路で時計を出しており,最終追い切りも内面にしっかり負荷をかけられ,充実している面が垣間見れた。ここは順当に勝ち負けできる素材であると見る。



★ ブログ上の軸馬

(1) 想定1~3番人気から軸馬を選出する場合

 ◎07ロードカナロア 


(2) 想定4番人気以降から軸馬を選出する場合

 人気ブログランキング1頭目(50位~99位)

 追い切り面からも充実してきたことが伺える馬で勝負気配も感じる点は◎。鞍上も前走に引き続き手綱をとってくれる点は有り難く,馬格もあり,現在のパワー質の馬場適性も高そうなので素直に評価する。 

 


 荒れる重賞と言われているようですが,「堅く収まっても自然なメンバー構成」というのが感想です。

 実馬券は,ロードカナロアを1・2着に配置して3連単でも狙って見ます。




(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2012-01