調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

菊花賞最終追い切り分析 ~【1stSTAGE】~ 

2011/10/23 Sun.

一週前追い切り情報は,こちら >>> 馬三郎タイムス (リンク張ってます。)
               

 
 うー!木曜日の夜は鯖が重すぎて,調教動画がまともに動かない(涙)


 お疲れなので,データ整理終わったので寝ます^^;


 富士Sは荒れる匂いがプンプンしますよね!東京マイルは独特のレース質です!体力勝負を戦い抜くには,ストレスのないフレッシュな状態である必要があります。もちろん身体能力も有してなくてはいけません。



 富士Sも簡易版という形でフォローしたいと思っています。



(10/23 AM6:30)

 ヤヴァイ!時間が足りません(笑)

 とりあえず簡単にまとめていきます。

 富士ステークスは「不良馬場」は想定しておらず,駄予想でした。すいません。

 


※ 「☆」はフォトパドック掲載馬


01トーセンラー☆
栗CW84.0-67.6-52.4-38.4-12.0
一週前 :栗坂4F52秒8―12秒4(一杯)。
セント :栗CW併せ馬終い一杯82.2-65.8-50.6-37.2-11.8(良)
皐月賞 :栗CW併せ馬馬なり 84.3-67.7-52.4-38.8-12.2(不)
ダービー:栗CW併せ馬終い強め82.6-67.4-52.5-38.7-12.3(重)
FP診断:B+(変わりなく良い状態)




02ルイーザシアター
美坂併せ馬馬なり52.0-37.9-24.9-12.4

助手を背に併せ馬追い。まぁ可もなく不可もなく。時計的には悪くはない。気分よさそうに走り切る。




03スーザングレート
栗DP併せ馬島強め77.8-62.4-49.1-36.8-12.1

首の使い方がいまいちというか,高いですね~長距離適性があるようには見えない。全体を早めのラップで楽に走り切る内容は悪くはない。体力がある証拠。




04ユニバーサルバンク☆
栗CW併せ馬終い一杯89.8-72.8-56.2-41.0-12.0
一週前 :栗CW併せ馬6F83秒1―12秒5(一杯)。
セント :栗CW併せ馬終い一杯86.4-70.0-54.6-39.2-11.6
FP診断:B+(馬体は前走と変わらず良い)

時計を見てわかるとおり,前走より甘い。末だけ伸ばす追い切りで前走のように11秒台出せないと,デキとしては疑わしいところ。フォトパドックは悪くは見えないですけどね。前走の負け方がいやだなぁ。




05フェイトフルウォー
美坂53.0-37.9-24.8-12.4
一週前 :柴田善を背に美坂4F53秒7―12秒0
セント :美坂併せ馬終い一杯51.9-計不-25.0-12.3
FP診断:C(前走時のFPのほうが良く見える。上積みはさほど感じない。)

助手を背に単走追い。悪くはないが,前走以上という感じもしない。いい意味で平行線。




06シゲルリジチョウ
栗坂併せ馬終い一杯53.2-39.7-27.2-14.1

助手を背に併せ馬。最後は一杯一杯でお釣りなし。コノメンバーに入ると身体能力で負けている感がある。




07ゴトマスタング
栗CW併せ馬終い一杯83.8-67.2-51.4-38.6-13.8

助手を背に併せ馬。首も高いし追ってから味がない。




08ベルシャザール☆
栗坂併せ馬終い一杯54.1-39.1-24.9-12.6
一週前 :栗坂4F53秒0―12秒3(一杯)
セント :栗坂併せ馬馬なり55.6-39.6-25.1-12.3(良)
皐月賞 :栗坂併せ馬終いムチ一杯53.2-38.7-25.2-12.7(不)
ダービー:栗坂併せ馬終い強め  53.9-39.9-26.2-13.1(重)
FP診断:A(叩いて更に上昇!)

これは迫力のある追い切り!気持ちの面でスイッチを入れようと馬体をぶつけるくらい併せる追い切り。ベルシャザールは結構,併せ馬に先着できなくてもいいや~みたいなのんびりさんなのだが,今回は,先着したるでー!と気合いが入っていたように見える。前走時は明らかに叩き台といった内容だったのでここにきて大きく上昇してきたと判断する。



09ダノンミル
栗坂併せ馬終い一杯57.0-40.4-25.9-12.6
一週前 :栗坂4F56秒1―12秒6(一杯)
神戸  :栗CW併せ馬終い一杯68.9-52.6-38.4-12.0

浜中騎手を背に併せ馬終い一杯。いかにも気難しそうな感じで追い切りも真面目に走らなくなってきた。割引き材料。




10ロッカベラーノ
栗坂単走終い一杯52.1-38.5-24.9-12.4
一週前  :栗坂4F50秒7―12秒9(一杯)

川田騎手を背に単走追い。時計的にはしっかり走れており問題ない。前足の上げ方が特徴的な馬。




11サダムパテック☆
栗坂単走終い一杯52.0-38.0-25.0-12.5
セント :栗坂単走終い一杯(良)53.9-38.8-24.9-計不
弥生賞 :栗坂単走終い一杯(不) 53.7-38.7-25.1-12.5
皐月賞 :栗坂単走終い一杯(不) 52.7-38.2-24.7-12.3
ダービー:栗坂併せ馬終い一杯(重)51.4-37.7-25.2-13.0
FP診断:A(上積み見込める!)

岩田騎手を背に単走追い。やっと状態が良くなってきたな!と思わせる追い切り。脚さばきもキビキビで覇気が出てきており,追われてからもしっかり反応。若干最後は気配は落ちてきたが,それでも12.5秒。この馬は,後傾ラップのレースの体力勝負が向く馬だと分析している。1600m~2000mあたりならハイラップの体力勝負も可能。スローペースでオルフェーブルが圧勝する流れなら,この馬も押さえておいたほうがいいなと思わせるくらい良いデキになった。上積み必至!




12ハーバーコマンド
栗CW併せ馬終い一杯83.4-65.4-50.8-38.4-13.2

助手を背に併せ馬。ハイラップで飛ばした分,最後は一杯一杯でお釣りなし。最終追い切りでこの映像を見ると,正直買えない。まだ,良化途上の調教内容。




13ウインバリアシオン☆
栗CW併せ馬終い強め80.6-65.8-52.2-39.2-12.9
一週前 :栗CW6F83秒7―11秒8(仕掛け)
神戸  :栗DP併せ馬馬なり77.3-61.5-48.0-35.5-11.5
ダービー:栗CW馬なり85.3-68.9-53.4-38.9-13.1
FP診断:A(変わりなく良い馬体!)

安藤勝巳騎手を背に併せ馬追い。コースの大外を回して終いしっかり追って80秒台。長めをハイラップ気味で追っているので最後の伸びは1週前追い切りより見劣ったが,問題ないだろう。大外を回している分,時計は出ずらいはずだが,80.6-65.8と出しているので意外に良い時計。ブレずにしっかり真っ直ぐといつもの大きなフットワークで走り切る。更に大きく上昇!とまでは感じられないが,高い次元でデキをキープできている。




14オルフェーブル☆
栗坂併せ馬終い強め51.2-37.5-24.7-12.3
一週前 :栗坂4F52秒2―12秒2(強め)
神戸  :栗坂単走終い強め53.1-39.1-25.8-12.8
ダービー:栗坂併せ馬終い強め52.3-37.7-24.7-12.5
FP診断:B+(デキ落ちはないだろうが,あまり良く見えずらい。)

池添騎手を背に併せ馬。前半は折り合い重点で中盤以降ハミをかけて気合いをつけ追い,再度見せムチをして強めに追いフィニッシュ。各アクションにしっかり応えてギュン!と伸びる内容。手抜きなしに仕上げると公言してきたように,デキは明らかに前走以上にある。時計を見ても,大きく詰めてきていることがわかる。
なお,ピッチ走法気味なので,ステイヤー適性はあやしいと感じるが,スローペースで折り合い重視の長丁場(長丁場で極限の体力勝負にならないレース質)であれば,「圧勝」まであると見て良いだろう。



15サンビーム
栗坂併せ馬終い一杯54.1-38.8-25.7-13.4

ここまで追い切り走らない馬だっけな?ちょっとひどい内容。厳しいです・




16ダノンマックイン
栗坂併せ馬終い一杯52.9-39.1-26.2-13.3

小牧騎手を背に併せ馬。最後まで気を抜かせずに真っ直ぐ走る内容は良い。ラスト1ハロン13.3秒で身体能力的に上位人気に劣る感じだが,長距離&京都コースで補える余地は十分にありそう。




17フレールジャック☆
栗CW85.8-69.6-55.0-41.2-12.1
一週前  :栗CW6F82秒1―12秒2(仕掛け)
神戸   :栗DP単走馬なり83.5-68.2-54.0-40.7-12.2
FP診断 :B+(前走と変わらず良い)

追いだしてからビュッと反応する感じは非常にいいね!やっぱりこの馬は「折り合い」がポイント。折り合えれば鬼足炸裂できるだろう。追い切りでは折り合うのだが。当日の気配に注目。





18ショウナンマイティ☆
栗CW単走馬なり83.8-66.4-50.8-36.8-12.4
一週前 :栗CW6F79秒0―12秒7(一杯)。
神戸  :栗CW単走終い一杯79.5-63.7-50.0-37.4-12.5
前々走 :函館D終い強め70.8-55.6-40.0-11.7
FP診断:A+(更に極みを増した馬体になった!)

武豊騎手を背に単走追い。一週前に79秒台のハード追いをこなしており,今回はコースの大外を馬なりで走らせ,終い重点に伸ばす内容。スケール感では,上記3頭より劣るが,しっかり力強く走れており,この馬個体のデキとしては良いと判断できる。フォトパドックについては,これ以上良くなる余地があるのか?といったぐらい仕上がり過ぎている。



☆ 追い切り評価 ☆


A+ 14オルフェーヴル

A  13ウインバリアシオン,11サダムパテック,08ベルシャザール

B+ 17フレールジャック,18ショウナンマイティ,01トーセンラー,16ダノンマックイン

B  なし



(追い切り評価の定義)
*********************************

A+評価  : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

A評価   : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

C評価   : あまり評価するポイントがない馬

D評価   : 消し

*********************************



( 補 足 )
 
 素直な追い切り評価は以上のとおりだが,菊花賞は特殊な舞台。長距離適性やなんといっても「騎手」の好判断や力量が問われるレース。


 
 素直に考えれば,オルフェーヴルが軸になるが,ここはあえて「安藤勝巳騎手」に期待を寄せて,


 軸は13ウインバリアシオン,自信度「B」(オルフェのほうがデキはよさそうなため)

 レース見解は,中波乱。


 その他,富士ステークスの記事のコメント返信に色々書いたのでそちらを参照。




☆ 最終追い切り分析からの実績集計(3連複フォーメション)

フォメ1 軸馬(A+又はA評価馬から決定,日曜朝までに人気ブログランキングコメント欄で発表。)

フォメ2 A+,A,B+評価馬

フォメ3 A+,A,B+,B評価馬 




= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています☆



*** コメント返信 ***

> みーさん

 みーさん!お疲れ様です!

 なかなか面白いコメントの〆方です!笑っちゃいました(笑)

 富士Sは「不良」を想定しておらず。マイネルラクリマの体力が馬場にマッチした感じでしたね~。

 私の情報収集はネットと競馬新聞「優馬」のみ。記者の印は見ません(笑)。追い切り欄と馬柱と陣営のコメントのみですね~。
 
 思考転換は簡単です!本人次第です!(笑)

 何か「きっかけ」が必要ですよね!


 さて,菊花賞!私は「オルフェの3冠はない」ほうに賭けます。


 株式投資で学んだこと。それは「勝つのは少数派」だということ。


 オルフェが来て当てたところで「たいした儲かりません」


 少しでも隙があるなら,その「隙間」に賭けます。

 
 オルフェには,一般票や応援票がたくさん流れています。期待値以上のオッズです。


 2~5着に来る感じはしますが,1着を外した3連単で軽く買いたいと思っています。


 ダノンマックインは多方面から良い!というお話がありますね~私もみーさんに乗ろうかな!




> パパキトさん


 パパキトさん!お疲れ様です!

 昨日は昼間から酔いつぶれて競馬できず(笑)

 富士ステークスお見事です!マイネルラクリマ拾いはさすが!

 アプリコット選らぶ嫁さんもさすが(笑)

 素晴らしいコンビ予想です!

 結局今週も分析に時間を作れず,私は精度が悪い予感。

 パパキトさんのガン見&嫁予想を融合させた夫婦予想!期待しています!(笑) 



*** コメント返信終わり ***




 京都は馬場状態どうなるのでしょうか。馬場が悪ければ,トーセンラー,サダムパテックは割引きですね。ベルシャザールは大きく買いに替わります。


 うちは今日もおでかけで,ギリギリ菊花賞に帰ってくる予定です。
 

 本日も頑張りましょう!



いつも応援くりっくありがとうございます!励みになります!

今週も頑張りますので応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

edit

CM: 6
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2011-10