調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

ローズステークス最終追い切り分析 ~ 【 1stSTAGE 】 ~ 

2011/09/15 Thu.

(※ 9/16 7:00作成完了! 9/16 12:55 消えてしまった補足とコメント返信アップ完了!)



一週前追い切り情報は,こちら >>> 馬三郎タイムス (リンク張ってます。)
               >>> umajin (リンク張ってます。)




※ 「☆」はフォトパドック掲載馬



エリンコート☆
栗坂単走強め52.3-37.9-24.9-12.6
前 回:栗坂54秒0-39秒4-25秒5-12秒7(強め)
1週前:栗東坂路で4F53秒5―12秒7(一杯)

助手を背に道中軽く気合いを付けられて単走で走り切る内容。時計面は文句ないが,若干フラつきながら走る内容は気になるところ。まぁ助手を背にしっかり追うことなくラスト3F13.0-12.3-12.6 だったら優秀の部類か。真っ直ぐブレずに走りきる感じが私の中の追い切りの理想形。走りの感じだったら,オークス出走時の真っ直ぐ余力十分に駆け上がる感じのほうが良い印象を抱く。身体面はパワーアップしてきたように見えるが,仕上げ面に関してはまだ「休み明け」の部類か。




キョウワジャンヌ☆
栗坂併せ馬馬なり56.3-39.5-25.0-12.2

一週前:栗東坂路で4F54秒0―12秒4(一杯)
うーん。併せ馬で馬体を併せようとしたらジャンヌのほうから離れていく。中盤過ぎて再度併せたが,顔をそっぽ向けてイヤイヤ走り切るそぶりを見せる。追い切りを見る感じだったら,馬群の中で脚を溜められない,馬群を割れないイメージ。極端な逃げか追い込みでないと能力を出せない感じか。過去のレースはどうやって勝ってきたのだろうか。
併せ馬調教としては,あまりほめられた追い切り内容ではない。
時計面ではラスト1F12.2とキレており,身体はフォトパドックとおり仕上がっているとみる。身体が小さい感じなので最終追い切りは軽め調整で良いタイプだろう。




ドナウブルー☆
栗坂単走終い強め52.7-38.0-24.9-12.2
一週前:栗東坂路で4F52秒1―12秒5(一杯)。


えー!映像なし!涙。
調教助手を背に終い強めに追った模様。


<< パパキトさんのリクエストにより追記 >>

シンザン記念で1番人気に支持されたドナウブルー。その後,フィリーズレビュー,ニュージーランドトロフィーと駒を進めましたが,結果を出せなかった。それは,この馬の調整の難しさがあったからだと思っています。小柄な馬だけに「馬体減りさせたくない」という点がありました。この点から,厳しいローテを組むことや,追い切りにしっかり負荷をかけることができなかった可能性があります。

夏を越し,しっかり心身ともにリフレッシュ,ここにきてしっかり追い切りをこなせるようになってきているとしたら,変わり身が見込めるタイミングといえば,そのタイミングでしょう。春は休ませるべきなのに,一口馬主の皆様のためにG1目指して無理使いしたからね~。

追い切り評価については,やはり映像を見なければなんとも言えません。

参考までに春先の追い切り時計を書いておきます。


ニュージーランドトロフィ:栗坂併せ馬一杯53.7-38.2-24.8-12.4
↑ 結構ハードに追ってました。ここをメイチに仕上げてきた模様。馬体は416K

フィリーズレビュー:栗坂併せ馬馬なり54.8-39.8-25.7-12.8
↑ 馬体回復に専念か。馬体は420K

シンザン記念:栗坂併せ馬終い強め52.6-38.3-25.0-12.6
↑ このときはキャリア3戦目。しっかりと勝負仕上げをこなしてきた。デビュー当時から馬体を減らし続けて422K




ハッピーグラス
栗坂併せ馬終い一杯55.3-39.6-25.2-12.3
オークス出走時:栗坂単走一杯54.0-39.1-25.9-13.2

川田騎手を背に併せ馬,前半楽走で後半からムチを入れてしっかり追ってくる。前半楽走した分,最後も余力たっぷり。もう少し難易度の高い調教(前半もそれなりのペースで走りながら終いもしっかりまとめてくる追い切り)をこなしてほしいところ。




ホエールキャプチャー☆
栗坂単走終い強め52.2-36.4-24.2-12.4
前 走:美坂4F50秒1-36秒5-23秒8-11秒8(馬なり)
一週前:美浦坂路で4F49秒9―12秒0(馬なり)。

調教助手を背に単走追い。いつものリズミカルなフットワークで淡々と走り,最後は若干辛くなってきたがそれでもしっかりラスト3F12.2-11.8-12.4秒 で走り切る。この後傾ラップで全体の時計52.2秒で走り切る内容は優秀の部類。やはり美浦の坂路とは感じが違うかな?美浦では再三鬼時計だしているからねぇ。同馬は早くも栗東入りして追い切りこなしている。このレースに対する陣営の勝負気配を感じることができる。
(坂路は前半よりも後半のほうが斜面がきつくなる。要するに時計をだしずらい。ラスト3Fしっかり時計出しながら全体の時計が早いということは,前半から飛ばして最後失速する同じ52.2秒とは「調教の質」が違う。)



マイネイサベル☆
美南W単走馬なり87.6-71.3-55.7-41.2-12.4
前 走:美浦南W 稍重 6F84秒8-69秒2-53秒8-39秒6-12秒9(馬なり)
一週前:美浦南Pで5F64秒6―11秒8(一杯)。

調教師を背に単走追い。コースの大外を回して直線向いて手前替え,しっかり加速して終いの反応を確認する内容。先週一杯追いをこなしているのでいつも最終追い切りは軽め調整の馬。やっぱり走りを見れば,東京・新潟で買いたいと思わせる馬。オークスは残念でした。



マイネジャンヌ
栗坂単走終い強め55.2-39.2-24.9-12.2

まさかのジャンヌ2頭出しか?(キョウワ・マイネ(笑))。しっかり真っ直ぐと走り切る感じは良い印象。内容的には追い切り強度が軽いため,一週前にしっかり一杯追いができていれば評価していい。ラスト2F12.7-12.2とキレているが,前半のラップを考えたらこのくらいで走って及第点というところか。




マルセリーナ☆
栗CW併せ馬終い一杯86.0-69.2-54.2-38.9-11.4
オークス:栗CW良7F98秒4-81秒8-66秒5-52秒3-39秒1-12秒4(一杯)
桜花賞 :助手栗CW良98.7 81.6 66.0 51.9 38.4 11.7[7]稍一杯追う

ラップで言ったら,オークス,桜花賞ともに全体の時計は81秒台,66秒台で流れるラップで追い切りをこなしているが,今回は,86.0秒,69.2秒と3.2~5秒緩い前半ラップでの追い切りとなっている。終いは11.4秒とキレにキレたので「桜花賞同様デキは良い!」とするのは早計であろう。(松博流は確かにいつもラストのキレを強調する追い切りを行っている。桜花賞時の追い切りはさほど追っていないでこの時計である。(映像確認))
今回の追い切り映像を確認したが,やはり桜花賞馬,終い11.4秒のキレを出すだけの終いの反応は圧巻。ユニバーサルバンクに余裕の先着(ユニバーサルバンクはキレない馬)。
とりあえず,出走できる状態には持ってきたが,万全かと言われると,そこまでのデキにはないと判断したい。あとは「格」でどこまで結果を出せるかが問われるレースだろう。



メデタシ
栗坂単走馬なり54.0-40.0-26.8-13.4
オークス:栗坂単走馬なり54.6-39.9-26.6-13.2
桜花賞 :栗坂単走一杯 49.7-36.5-24.3-12.3

桜花賞はメイチの仕上げ。激走後のオークスではやはりデキは落ちていた模様。追えば追うだけ時計が出るタイプ。勝負調教はやはり桜花賞時のようにビッチリ追う内容と見る。今回は馬なりで流した内容だが,単走でキビキビと真っ直ぐ走る姿はしっかり身体を作りきってきているように感じる。



ユースティティア
栗坂単走一杯51.0-37.3-24.6-12.6

リズミカルに走りながら長めをムチ一杯に追ってくる。気の良さそうなタイプで時計面は優秀。近走の成績の割にはもっと走ってきてもいい印象の気配。ここで走らなくても,先先走ってきそう。




リヴァーレ☆
美南W併せ馬終い強め65.0-51.0-37.6-12.7

江田照騎手を背にコースの大外を回り,その外から併せる形。コーナリングで1~2馬身置かれながらも馬なりで楽に前にでる。軽く仕掛けてパートナー(古馬1000万下)を突き放す。大人びた追い切り内容で,大外を回りながら大した追っていないで65秒は優秀の部類。デキは相当良いと判断して良い。




ビックスマイル
栗坂単走馬なり53.1-38.3-24.2-11.9

北村友一騎手を背に単走追い切り,馬なりながらも最後まで余力たっぷり。脚さばきは非常に力強く,ケリが強いのかウッドチップが見事に舞い散る。デキに関しては申し分ない。実はチューリップ賞5着のときから注目していた馬。スローであの位置から素晴らしい鬼脚を披露しての5着。前走できっかけをつかんだのなら面白い存在になりえるはず。まぁ,勝ち鞍は新潟,小倉。阪神,京都で勝てていないのは問題だが(笑)




ファーマペニー

栗DP64.8-51.0-38.3-12.2
(映像なし)




ナナクサ
(映像もデータもなし)




◎ ローズステークス 1stSTAGE 最終評価
*********************************


A+評価 : 勝負気配も感じ,調教内容,気配ともに絶好の馬 

     → 人気ブログランキングの1頭目(40~60位くらい)で公開!!(1頭)08


A評価  : しっかり調教できていて,調教内容や気配が良い馬

     →にほんブログ村 馬体・パドック理論(1位!いつもありがとうございます!)(2頭)01.12



B+評価  : A評価までではないが,調教からは注目する馬

     → FC2 Blog Ranking(35~50位くらい)で公開!(3頭)02.06.14
 


B評価   : 切るに切れない評価の馬の上位

     → FC2 Blog Ranking(35~50位くらい)で公開!(3頭)09.11.13


*********************************

※ 最終的な軸馬は,日曜の朝までに人気ブログランキングコメント欄にアップします。軸候補は「A+評価馬」の2頭です。A評価馬になることもあります。


( 補 足 )
 
 秋華賞のステップレース。秋華賞の切符を是が非でも手中にしたい陣営と,あくまでたたき台として使ってくる陣営の明暗がはっきりするレース。後者はだからと言って,凡走させるために使ってくる気はない。後者をピックアップするためにはどこまで仕上げてきているか見極めることが重要となる。 

 A+評価は1頭。
 
 こちらは冒頭の後者に位置する馬。調教駆けするだけに注意は必要だが,それでも調教の中身は非常に濃い内容である。しっかり追えば更に時計を詰めることは可能とみる。気もいいタイプなので,休み明けも苦にしないえらい子ちゃん(笑)。しっかり自分の能力を出せる仕上がりにあり,格もある。不利など,力を出し切れない状況さえなければ,3着以内は堅いとみてA+評価に抜擢する。


 A評価は2頭。

 1頭目は,デキは抜群に良く,ここでどうしても権利を獲りたいことが見え見えの馬。激走の余地は十分にある。

 2頭目も同じく,デキは抜群に良い馬。気になる点は,血統と騎手。デキだけは間違いないのでこの評価としたが注意は必要。

 
 B+評価は3頭。

 1頭目は,最終追い切りは若干不満もフォトパドックで素晴らしい成長した馬体を披露していた馬。フォトパドック掲載馬なので上位とした。

 2頭目も,最終追い切りは不満だが,フォトパドックでは今が絶頂と言わせる馬体を見せていた馬。実績馬に不安があるこの舞台でしか出番はない。距離も不安もデキの良さからピックアップ。フォトパドック掲載馬。

 3頭目は,休み明けで変わり身を見せることができるタイミングの馬。スケール感はあるが,適性距離は1200~1600mだと考える。それでも近走は追い込み競馬で我慢させることを教え込んでおり,距離をこなせる余地はある。変わってこない可能性もあるのでしっかりとパドックで確認することを勧める。フォトパドック掲載馬。


 B評価も3頭。

 1頭目は,格とフォトパドック掲載馬なので一応の押さえ。ある程度デキていれば秋華賞よりは得意の舞台のはず。

 2頭目は,適距離は1600~1400mだが,意外にデキがよさそうなので。

 3頭目は,基本的に東京狙いだが,フォトパドック掲載馬で馬体が成長しており,追い切りも悪くはないので押さえる。



 実馬券はスマートに買う予定です。追い切りだけで注目するのであれば,A+とA評価馬の3頭のみの強い評価を挙げたいと考える。




☆ 最終追い切り分析からの実績集計(3連複フォーメション)

フォメ1 軸馬(A+又はA評価馬から決定,日曜朝までに人気ブログランキングコメント欄で発表。)

フォメ2 A+,A,B+評価馬

フォメ3 A+,A,B+,B評価馬 





= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています☆



*** コメント返信 ***

> みーさん


みーさん!お疲れ様です!いつもありがとうございます!

ローズSは3強で決まるなら諦めるしかないですね~昨年はアパパネが馬券から飛んでいるようにマルセリーナにも、、、、と期待したいところですが。。。

家族には認知されていないんですね~うちはテレビに向かって吠えまくりです(笑)

当たったらいつも家族還元です。そうやって競馬を許容させる環境を作っています(笑)

でも函館記念は配当が大きかったので,外れたフリをしました^^;(絶対家電などをせびられるので(笑))

セントライト記念は,フルゲートですね~これは悩みがいがあります!今週は時間があるので,しっかりと見極めていきたいと思います!!今夜と明日とで!いやー時間があると楽しみです!ポイントは非根幹距離の中山2200mであることと,叩き台なのか,権利取りなのかの見極めですね!

今週もご助言等,よろしくお願いします!


> パパキトさん

パパキトさん!お疲れ様です!!

このブログは,私の競馬予想へアプローチするためのメモ帳のようなもの。どんどん書き込んでくれてかまいませんので☆

ドナウブルーについて,追い切りコメントに追記しておきました!リクエストありがとうございます!

ご意見等頂けたら,私程度で良ければ,掘り下げた見解を書いていきます!どんどん声を上げてください!

まぁ,結論は,「わかりません」みたいな感じですが(笑)。私にとって追い切り映像がないとなんともいえないのですよね~。でも変わり身がある可能性はあります!時計もシンザン記念と同じ感じ。勝負気配はなんとなく感じますね。

パパキトさんのガン見予想の投稿!待っています!


今夜以降!セントライト記念について分析を進めていきます!


*** コメント返信終わり ***




連休まであと1日!今日もお仕事頑張りましょう!!






いつも応援くりっくありがとうございます!励みになります!

今週も頑張りますので応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

edit

CM: 3
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2011-09