調教,パドックから競馬を読む!! 追い切り情報分析・予想ブログ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。


Category: PROLOGUE 【 フォトパドック 】

キーンランドカップ、新潟記念フォトパドック分析 

2011/08/24 Wed.

(※8/24 22:10 記事作成完了。引き続き追い切り記事準備します。チョイネムイ~。)


おはようございます!しっちぃ☆です!



朝に更新予定でしたが、布団から出るタイミングで長男に見つかり、ギャン泣きされる始末。



本日の昼休みに頑張って書き込みにきます。キーンランドカップはほぼ軸馬確定です。堅軸ですね。



◎ キーンランドカップフォトパドック分析


アンシェブルー
函館SSぶりのフォトパドック。比べると好調はしっかりキープされている。むしろ身体全体がふっくらと張りが出ており,調子はかなり良いとみてよい。トモの張りは,函館SSのほうが好みだが,全体の毛艶,張りからは高い位置での好調という一言に尽きる。



カレンチャン
文句ないですね。函館SSの馬体も良いですが,こちらも良い。馬体の割にトモを凄く大きく見せている。ボディーは軽く,エンジンはスポーツカーのようなエンジンを積んでいる車のようなイメージ。
函館SS時と比べて,胸前筋肉がついてきた印象。これはデキは相当いいでしょう。



ジョーカプチーノ
まぁ休み明けなんだろうなぁといった馬体。本気仕上げとは言えない馬体である。あとは写真撮影後の期間でどこまで鍛え上げてきているか。



パドトロワ
函館SS時には,長距離輸送に失敗して調子を落とした馬。函館SS時のフォトパドックは輸送前のもの。今回の馬体は悪くは見えないが,函館SS時のフォトパドックのほうが半端なく良く見える。また,若干太目残りにも見える。



ビービーガルダン
高松宮記念あたりから調子が復活してきた馬。フォトパドックの感じからは,仕上がり具合はよさそうに見える。最終追い切りでしっかりと状態を見極めたい馬。



レジェトウショウ
初見。父キングヘイローと見て,「なるほどね~」と思わせる馬体。皮膚は厚く見えるが,馬体の張りは良く,前駆,後躯にしっかり筋肉がついており,丸みを帯びている。ケツの張りが特に良く見せる。この馬なりに好調であろう。



< 総 評 >

フォトパドック見た段階で,間違いなくカレンチャンが1番人気だろうと思った。個人的には文句ない。単勝1倍台もありかなと思わせる。


アンシェブルーも負けずとデキはよさそう。順調そのもの。


BBガルダンは久しぶりながらしてしっかり馬体を作っている。あとは内面も伴っているか,最終追い切りでじっくり観察する。


ジョーカプチーノは,いかにもたたき台といった仕上げ。だからと言って簡単に切れる馬ではないだけに取捨が難しい。



パドトロワは悪くはないが,過去に最高の馬体を見ているだけに更なる良化を期待したいところ。



レジェトウショウも好調そのもの。横の比較では,冒頭の2頭には及ばないイメージ。




〇 新潟記念フォトパドック分析

オペラブラーボ
七夕賞のときのパドックは抜けて良く見えた。間が空いているのであのときの絶好調さが調教やパドックから見極めることがポイントか。フォトパドックでは初見。馬体の毛艶,張りはすこぶる良い。皮膚は若干厚そうに見える。筋肉の付き方として,更なる出世を目指すためにはもっとバリっとついてきて欲しいイメージ。筋肉の付き具合が甘く,将来性を期待するとなると馬が小さく見える。



サンライズベガ
小倉記念時に調子が良いと評価した馬だが,あの結果を見ると調子は良くなかった。今回は小倉記念のときと比較して変わり身が見込めるかがポイントとなる。使い詰めであることから,精神的には疲れていそうなイメージ。(1週前追い切りで併せ馬で遅れているとのこと。)
馬体を見る感じでは,さほど良くなってきているようには感じない。デキは悪そう。



セイクリッドバレー
一度使われてトモがパワーアップしてきたように見える。前走は最後,脚色が一杯になって差し切れなかったが,後付けではあるがさほど得意ではなかったと思われるマイル戦でのもの。改めて得意の中距離戦で見直したい1頭。



タッチミーノット
初見。前走は七夕賞。差し有利馬場に恵まれた感じはあるが,しっかりとした差し足で2着を確保した。新潟大賞典では1番人気に支持され,人気を裏切る。再度の舞台で今回は好走できる余地があるかしっかり検討する必要がある。
当時,新潟大賞典時も追い切り気配は悪くなかったが,更に追い切りを強化してきたのが七夕賞。今回は七夕賞と比べて勝負気配の有無を追い切りからリサーチする。
フォトパドックを見て第一印象は「細っ!!」。胴に無駄肉なし。むしろガレているのか,究極の仕上げなのか。それでも胸前の筋肉はしっかり。トモの筋肉は寂しいように見えるが,顔や全体のバランスとを比較すると,これでも走れないことはないか。この馬は初見なので,この点を踏まえてしっかり追い切り映像を観察したい。



ナリタクリスタル
いやー太くないですか?苦笑。しかしながら,太目にみせやすい体型なのか。前走時と打って変わって胸前の筋肉は明らかにパワーアップしてきた。全体の馬体の張りは威圧感があって良い。昨年の新潟記念出走時のフォトパドックと比べると,甲乙つけがたく,この比較からはデキ関してはさほど問題ないとみても良さそう。



ヤマニンキングリー
小倉記念出走時でもしっかりと調教をこなし,身体を作れていたことから期待していた1頭だが,惜しくも4着だった。前走時は日陰,今回は日光ににっかり当てての撮影。毛艶がキラキラしていて良く見えやすい。デキに関しては大幅に変わった印象はなく,いい意味で高い位置で好調持続といったところか。小回りでこそとのイメージの馬なので,直線の長い競馬場が合うかどうかがカギか。



< 総 評 >

前走時といい意味で変わらないヤマニンキングリーはやはりいい馬体でデキは良い。ただし,適性面で新潟が合うかどうかが心配。


ナリタクリスタルは前駆の感じから明らかに前走以上。前走1番人気に支持されたほどの実力馬。ここでこそ買うべきステージなのかもしれない。


タッチミーノットは過去の馬体を見ていないので結論がここでは出しづらい。



セイクリッドバレーは,大きく変わった印象はないものの,好調はキープしている。条件好転以外にデキが明らかに良いということを追い切りで確認できれば,この馬が軸となるかもしれない。



サンライズベガは,割引き。オペラブラーボはデキは良いものの,馬体の格ではG3の舞台でギリといったイメージか。




***** コメント返信 *****

現在,8/24(水)22:00,追い切り映像が配信済なので,追い切り分析記事を優先します。コメント返信はのとほど!スケジュール負けしています。あー,回顧や気が付いたことや試行錯誤の結果などなど新たな気付きなどを書きたいことがたくさんあるのですが。すいません。

みーさん!大丈夫です(笑)。恐れ入ります!気を付けます!


***** コメント返信終わり *****



全然アウトプットしていないのに,多くの拍手クリックありがとうございます。恐れ入ります。m(_ _)m
 





いつも応援くりっくありがとうございます!励みになります!

今週も頑張りますので応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top


名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2011-08