調教,パドックから競馬を読む!! ~ 追い切り情報分析・予想ブログ ~ 

馬のことは馬に聞け!調教から各馬の状態・本気度を的確に判断し,パドックで最終確認後、勝ち馬予想をします。JRAレーシングビュアーの調教映像から分析・予想します。

<< THANKS!! >>
各レースの基礎データ収集でお世話になっています☆ 無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
フォトパドックチェックでいつもお世話になっております★ 競馬道online競馬ブックコーナー
有志でPOG大会等を行っています♪ >>> 重賞攻略会議 【重攻会】

sponsor links

 sponsor links
 

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

エプソムカップ出走馬最終追い切り・調教分析2017 

2017/06/11 Sun.



--------------------------------------------------------------

※読み進める前のお願い

≪本ブログは,管理人が勝手な主観に基づいて書いています。取り扱いは”自己責任”でお願いします。≫


<< 更新情報 >>

〇 更新完了


◎ エプソムカップ出走馬最終追い切り・調教分析2017

 最初に書かれているコメントは時計の書き出しと同時に感じた第一印象を書いていきます。


アストラエンブレム小島茂

美坂3頭併せ馬なり51.9-38.5-25.6-13.0

3頭併せの真ん中に入れてしっかり内面に負荷を掛けながら楽に馬なりで前に出てきてフィニッシュします。差は僅かながらも明らかに楽な手応えで併走馬を圧倒しており,動きも無駄がなく内面にも磨きがかかっています。連戦して結果を出せているように心身レベルは非常に高い位置に仕上がっています。

→ ダイワメジャー産駒ですが,体力豊富な先行馬ではなく,産駒傾向から外れる「キレがあるタイプ」に属する馬です。内面はダイワメジャーの良い面をしっかり受け継いでレースでは真面目に走ります。11戦して掲示板を外したことは一度もないくらい毎回真面目に走る馬です。

→ ブラックエンブレム産駒はどうも早熟性が高い印象を受けます。



カムフィー池上

美南W3頭併せ終い仕掛け強め吉田隼68.3-52.9-38.3-13.2

前に馬を置いて直線大きく離れた後方から追いかける形で1馬身遅れでフィニッシュです。追い切りではちょっとズブさを見せていて最後までギュンと弾けきれていないです。レースでも同様に真面目に走れれば良いですが,加齢の影響がやはり気になります。




クラリティシチー上原

美南W併せ馬終い一杯68.3-53.2-39.3-13.1

併せ馬でインから併せます。馬体はガッチリしてきてパワフルさがある走りを見せてくれています。ちょっとパワーが強くなってきているのでキレが生きる馬場だと空回りしそうな走りをします。パワーが必要な設定だと逆に走れる。それが前走の不良馬場設定でのレースです。今回良馬場だったらどうかなぁという感じはあります。

→ 馬体はボリューム満点でこの馬なりに仕上がり度は高い。



クラリティスカイ斉藤誠

美南W3頭併せ終い一杯83.2-67.8-52.9-39.1-12.7

外から先行する形で直線向き終いギア上げてインから強襲する馬には差されてしまう形の追い切りです。馬体はしっかり引き締まっていて素晴らしいです。ただやはり硬さがあってトップスピード値には限界があるタイプで今の東京がマッチするかは適性値的に牡妙なところがあります。時計がかかる設定か瞬発力戦にならないレースが良い。

→ 馬体はスッキリみせるようになってきて最後まで集中させる負荷をかける追い切りです。それで頑張れています。前受けして頑張らせるイメージで田辺騎手が絶妙なペースでレースを進めることが考えられる。



タイセイサミット矢作

栗坂併せ馬終い強め51.4-37.7-24.8-12.5

併せ馬で併走馬を終始圧倒します。スムーズに手前を替えてしっかり末も伸ばせている。時計出しも良し。順調に仕上がって出走できる感じです。飛びが綺麗でコンパクトに四肢連動できている点も良い。重賞でも通用できるレベルにある走りと内面を確認できる。



ダッシングブレイズ吉村

栗CW併せ馬浜中馬なり81.6-65.7-51.3-37.6-11.8

併せ馬でインの後方から直線併せます。併走馬がしっかり仕掛けてくる中で楽な手応えでインで追走し最後キッチリと前に出ます。手応え的にもほぼ馬なりで自分の意志で前に出ている印象を受けました。ここ数戦結果自体は出ていませんが,デキ自体は安定して高い状態で作れています。今回もデキ自体は非常に良いです。

→ 京王杯SCは終始大外を前を意識しながら回らされていました。溜めれば末脚を出せますが,溜めを作れず
外々回される形だと厳しかった印象を受けます。闘争心・意志が強いタイプなので馬群を割るような形がベストだと思います。加速性能が高く,ロンスパ型ではないので2走前の京都も合いません。また2走前はフィエロの心労妨害の影響を受けて加速するタイミングでブレーキングさせられているのでこれも度外視で良いです。

→ 距離延長になるので,後方でしっかり溜めを意識する騎乗からイン立ち回って隙間を探して一気の加速!詰まって競馬にならない可能性もあるでしょうが,ハマるならこれで穴を開けられる可能性はある。

→ ただし、やはり理想は直線でパワーも求められる中京・阪神コースですね。




デンコウアンジュ荒川

栗坂単走終いムチ気合52.8-38.3-25.0-12.5

四肢の連動性も良く,見た目以上に時計が出せている。身体がしっかりしてきた証拠で,身体がスムーズに動くので内面もそれに伴って充実してくるという良い方向に改善してきている。

→ 過去からずっと「同馬は平坦適性が高い馬で新潟か東京コースを使って欲しい」と散々言及してきてヴィクトリアマイルで久しぶりに東京戻り,ここで激走してくれました。(しっかり狙って買っていましたが,買い方がミッキークイーン×アドマイヤリード軸からの3連複・単狙いだったのでドボン・・・・苦笑。)

→ 馬場も外差し馬場になるのが理想です。




トーセンレーヴ池江

栗CW併せ馬馬なり53.9-39.1-12.0

9歳ですが,字面の割には内面,馬体は若いです。ただ,戦績を見ると2016年から掲示板以上の走りができていません。過去以上のパフォーマンスを望むのは酷でしょう。



ナスノセイカン矢野英

美南W併せ馬終い一杯52.0-38.5-13.0

直線向いて一杯に追われますが,最後追われてズブいところみせるのはこの馬の調教パターンで気にしなくてよいです。むしろ直線を向くまでの走りをみていたら好調だということは感じさせてくれます。前脚もしっかり前に出してコンパクトに四肢連動できています。どちらかというとキレよりパワー兼備なタイプでキレ負けする設定だと適性負けしてしまいますが,体力勝負に持ち込める設定になれば一発はあります。デキは文句なし。



パドルウィール中尾

栗CW単走馬なり82.5-66.6-51.8-38.5-11.6

コースの大外をしっかり走れてはいますが,時計以上の良さは動きからは感じさせません。溜めがないダラっと伸び切ってしまっている走りになっている。スロー凡戦重賞で前受けで結果をだしてしまってからこの馬の良さを削ぐ「先行」keibaをするようになってしまった。スロー凡戦になる格下戦なら通用するでしょうが,重賞戦に出てくるとなると,心身リズムを崩したあと追い切りみてもそこまで戦える感じがないです。



バーディーイーグル国枝

美坂3頭併せ終いムチ52.1-38.2-25.1-12.7

最内で肩ムチで気合入れて走らせますが,真ん中から併走する馬に遅れます。ただ,一生懸命さは表情に出て走れてはいます。重賞戦では正直どうでしょうか。




ヒストリカル音無

栗坂併せ馬終い一杯51.3-37.1-24.8-13.0

併せ馬で終い一杯に追ってきます。追われて最後トップスピード負けして13.0,遅れます。意欲的に追われてきた点は評価したいです。8歳ですが元気いっぱいですね。

→ 本質的には軽い馬場だと合わないと考えていましたが,前走も上がり最速32.7で4着,自分の見立てとは違う走りをされてちょっと判断に迷うタイプの馬です。




フルーキー角居

栗CW併せ馬気合肩ムチ85.2-67.9-52.7-38.3-12.0

角居Qには珍しく,しっかり気合をつける追い切りを行ってきています。ムチも使っています。動き自体は問題はありません。併せ馬でスっと前に出た後,自分の中では満足して手を抜くのでしょうか。その辺を矯正するような内容での追い切りです。走り自体はしっかりしているのでデキに関しては問題なく高い設定で作られています。キャリアと加齢で少しズルくなってきている点の矯正でしょう。基本的には真面目な頑張り屋さんの性格をしている馬です。ただし,加齢とともに身体的パフォーマンスが落ちてきているのも確かです。

→ 新潟大賞典で上がり3F最速で4着,これは馬場も味方しています。パンパンの良馬場だと大きくギュンと弾けられる馬には劣るやや硬い走りをするタイプです。




ベルーフ池江

栗CW併せ馬終い強め53.9-38.9-11.7

終始併せ馬で併走させてゴール板過ぎてから気合をつけてすぐに辞めさせないようにしようと意図した追い切りです。キレ型ではなく,長く良い脚を使うタイプでパワーを併せ持つ走りができている。前脚がしっかり前に出せて後躯と連動できているので平坦適性もしっかり兼ね備えているタイプである。併せ馬で終始気を抜くことなく走れているので,内面に関しては追い切りの段階として悪い印象は受けません。

→ 小倉大賞典で注目した馬でしたが,連戦好走後のストレス疲労により凡走,その影響か,尾を引きづっている感じの戦績を残しています。ストレスがなければ能力は出してこれるタイプという判断はできます。今回は前走後方のままでのヤラズkeiba,負荷をかけられておらずストレスが抜けているタイミングです。あとは,消耗戦のようなハイラップレースになれば追い込んでこれる可能性はある。馬体はもうちょいシェイプできたら最高です。




マイネルハニー栗田

美南W併せ馬馬なり68.0-52.4-38.0-12.4

インから併せ馬で先行,最後併入する形でゴール板を過ぎます。馬体の感じはしっかり引き締まっている印象で動きも柔らかくこの馬なりに大きく動けています。本質的に東京タイプではないですが,前受け馬が有利になるチームプレイができるのであれば,ストレスと疲労を解放した今回はしっかり頑張れるタイミングである。

→ キレと軽さが求められる設定だと,適性的には合わない。一雨欲しいところです。



マイネルミラノ相沢

美南W併せ馬終い一杯69.8-53.7-39.8-13.6

併せ馬でインから走らせます。肩がしっかり前に出して大きく走れているので動きは非常に良く映ります。馬体の締まりも良い。中山記念時の追い切りを見て「あー、この馬はもう終わったかな」と思っていましたが,しっかり前走OP特別で同馬を目覚めさせてきました。目覚めた状態からの2戦目ということで集中状態のステゴ産駒,うまくのれば一発はあるかもしれません。

→ 理想はやはり「時計の掛かる馬場になって他馬が能力出し切れない設定」が理想です。



レッドレイヴン藤澤和

美南芝3頭併せ内田馬なり66.5-50.9-37.2-12.0

3頭併せの最内から併せます。初見で見ると,なんかスッキリし過ぎているというか,後ろの充実度が物足りないという印象を受ける。藤沢Qはしっかりウッドで負荷併せる追い切りが主体になってきているので,芝追い切りというのも評価しずらい。





☆ 追い切り評価 ☆

A+ 人気ブログランキングへ≪1頭≫

A  人気ブログランキングへ≪2頭≫

B+ アストラエンブレム,、ナスノセイカン、ダッシングブレイズ

B   クラリティスカイ, ヒストリカル,フルーキー

B- ベルーフ(目標はこのあとの夏競馬),マイネルハニー(適性が違いそう)

注  なし 

( 補 足 )



(1)オッズ配列チェック


1番人気10アストラエンブレム 単複2.5 1.4-1.6 馬連10-14 7.8 3複9-10-14 17.2
単複 → 押し出された1番人気ではなく,1番人気として位置されている評価
     ただし,オッズ配列的には下位人気馬が出現しやすい配列
馬連 → 1番人気として評価はされている
3複 → 1番人気として中心視もヒモ荒れする可能性有
短評 → 1番人気馬は,2、3番人気馬よりは信頼できる位置にある。伏兵以下の馬が出現しやすい配列
圏内 → 単勝14番人気レッドレイヴンまで出現しやすい配列,ヒモ荒れ注意


人気グループ --------------------

10アストラエンブレム 2.5 1.4
14タイセイサミット 7.7 2.2
09クラリティスカイ 9.9 2.4
06デンコウアンジュ 8.7 2.6

伏兵グループ-------------------- 

04ヒストリカル 13.8 2.9
07マイネルハニー 13.3 3.2
12ダッシングブレイズ 10.7 3.2

穴馬グループ-------------------- 

02フルーキー 22.7 4.3
01マイネルミラノ 20.6 4.4
13クラリティシチー 32.5 5.0
18ナスノセイカン 30.1 6.8

準穴馬グループ-------------------- 

11ベルーフ 27.3 5.3
15パドルウィール 38.0 6.6

17レッドレイヴン 38.6 6.5

-------------------- 以下略


(2)最終的な落とし込み

 オッズ配列的には,馬場やレース設定に合う穴軸馬を見つけ出して荒れ目狙いすべきレースです。

 ただ,週中で追い切りをチェックし,これはどう考えても今回の設定にピッタリやんという馬を見つけてしまっているので,個人的にはこの馬を軸にしないと納得できない。。。。(いつもこれが悪さする(笑))

 
 人気ブログランキングへ 
 〇01マイネルミラノ
 ▲10アストラエンブレム
 ☆12ダッシングブレイズ
 ☆14タイセイサミット
 ☆18ナスノセイカン
 △追い切り評価した馬たち


 軸馬は,もうこの馬と心中です。

 穴狙いの相手筆頭は,01マイネルミラノです。

 内馬場が荒れており走りずらい馬場,ただ,同馬はこういう馬場でもスイスイ走れるのでインに拘ってロスない競馬でセイフティーリードから残し切る競馬を期待したい。デキに関しても活性化してくるタイミングでしっかり評価できるタイミングです。
 
 土曜競馬を見ると,直線走力が高い馬が好走できている印象を受けました。

 そこから考えると,軸馬は素直に評価して良し。

 他には,追い切りの走りからも▲☆馬辺りをしっかり上げて評価おきたい。

 ヒモ荒れ想定で3頭目は14頭流しておけば,荒れ目はしっかけやすいと考えます。スマートに的中したいところですが^^;

 おーのさん、Sさん、コメント返信できずにすいません。















 ≪おまけ≫

デンコウアンジュ荒川

栗坂単走終いムチ気合52.8-38.3-25.0-12.5

おー!これはいいですね!坂路単走で楽に機敏に動けている。平坦タイプという見立てでしたが,坂路で楽に好時計だせるとなると,これは馬が相当充実してきていると判断できます。四肢の連動性も良く,見た目以上に時計が出せている。身体がしっかりしてきた証拠で,身体がスムーズに動くので内面もそれに伴って,「あれ?アタイ、凄いかもしれない!?」と自信を持てているゾーンに入ってきています。これは一言に「狙うべきタイミング」という評価を与えたい。(まだ各馬コメの最中なんですが(笑))

→ 過去からずっと「同馬は平坦適性が高い馬で新潟か東京コースを使って欲しい」と散々言及してきてヴィクトリアマイルで久しぶりに東京戻り,ここで激走してくれました。(しっかり狙って買っていましたが,買い方がミッキークイーン×アドマイヤリード軸からの3連複・単狙いだったのでドボン・・・・苦笑。)

→ 昨年のルージュバックの再現もありえる。54Kの斤量で外から弾けきる姿を観たい。馬場も外差し馬場になれば完璧です。


= 当記事内容の取扱いについて =

 あくまで,調教から読み解く評価です。データ解析の補助的な指標として参考下さい。私は,データ解析&パドック確認を経て,原則的に,A+評価もしくはA評価,B+評価の馬から軸を決めて馬券を買っています。パドックの感じから,A+,A,B+評価の馬からときめく馬がいない場合は,「 見 」しています

↓人気ブログランキングで公開します。
人気ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 1stSTAGE 【 1st IMPRESSION 】

安田記念メモ2017 

2017/06/07 Wed.


 書くことによってしっかり長期記憶化できるので,書いておきます(笑)



アンビシャス
 
後方追走もまったく弾けなかった。ハイラップで脚が溜まらなかったという見方もあるが,まったく弾けていないところを見ると,追い切りの雰囲気と線で繋げるとこれは停滞期に入りそうな感じです。まずは休ませて心身疲労をとってケアしてあげてほしい。



エアスピネル

闘争心タイプなので馬群の中から割って抜け出すという戦法は合っていたが,前受け馬が下がってくる展開でなかなかスムーズに前が開かなかった分の負けで勝ち負けできる状態ではあった。運が足りなかったという内容で悲観する内容ではない。大外ぶん回して末脚一閃というタイプではない精神型タイプなので武騎手の狙いは悪くなかった。


人気ブログランキングへ

ハイペ耐性がなかった中でのまさかの前受け設定です。前走ミルコが脚を溜めて末脚使う競馬を教え込んでいるのに,陣営の指示なのか4角3番手,予行練習とはまったく違うペースで追走させられた日には馬も能力出し切れません。逆に最後流しているので疲労は最小限,しかも辛いペースを走らせた後なので,次走は「ショック」をかけられる。距離延長ステップで差しにまわって位置取りショックをかける。しかも,相手弱化するレースを得あrべバ完璧です。次走レース設定次第では自信もって狙いたい馬です。


クラレント

しっかり能力出し切っている。馬もこれだけ走れるからデキはやはり良かった。



グレーターロンドン

直線の入りはうまく前開かなかったが,ステファノスとヤングマンパワーの隙間を見逃さずタイミングよく割ってくる。しっかり伸び切ってくるあたり心身的にもしっかりG1で通用するところをみせてくれた。スムーズに競馬はできたほうです。



イスラボニータ 

まったの能力出し切っていない度外視設定レースです。絶好調ルメール1番人気で完全に進路ふさがれてしまう判断ミス,ステファノスやブラックスピネルのような競馬がしたかった。



レッドファルクス

距離が長いと考えていた馬ですが,あれで外から差し込んでくるのだから相当なものですね。完全に覚醒している感じです。このあと休ませてくるはずですから,秋もこの心身状態を持続できるかがポイントになります。ミルコも1600mはぎりぎりとコメントだしているとおり。ハイペースなレースもこの馬にはマッチした形です。



 特に記述しておきたい馬はこのあたりです。また,前受けしてハイペが合わなかった馬,距離が長い設定で凡走した馬は次走条件替わりでの巻き返しに注意したい。安田記念組の次走同行には注目したいです。

競馬 ブログランキングへ
sponsor links

edit

CM: 0
TB: 0

page top




名古屋に行ったら行きたい店 しっちぃ☆ランキングNo.1!! あの ’ ドリンドル玲奈 ’ も唸った蕎麦屋
松寿庵
Welcome to ”パパキト亭
2017-06